ペットが原因で別れの危機!ペットvs彼氏どっちをとる?後悔しない判断ポイント&彼氏がペット優先する場合の対処法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

ペットが原因で別れの危機を感じているカップルは、意外に多いのを知っていますか?

あなたがもしそのような状況下で彼と別れたくないと思っているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

この記事ではペットと彼氏のどっちを取るか後悔しない判断ポイントと、彼氏がペット優先する場合の対処法について解説していきます。

ペットが原因で別れる理由には、どんなものがあるのでしょうか。

また自分のペットが原因で別れそうな時と、彼氏がペットを優先したがる場合の対処法についてもスポットを当てていきます。

さらに同棲カップルがペットを飼う時に慎重になるべき理由と、ペットが原因で別れた元彼と復縁する時に気をつけるべきことを詳しく検証します。

「ペットと彼氏を比べることなんてできない」と悩んでいたら、必見です。

 

復縁メニューはこちら

ペットが原因で彼氏と別れの危機!具体的な理由は?

彼はペットを飼ったことがないので、どう接したらいいかわからない

彼がペットを飼ったことがない場合、カップル間でトラブルが起きがちです。

彼は今までの日常生活で犬や猫などのペットがいるシーンがなかったため、どう接したらいいかわからないのです。

しかしペットたちはそんなことにお構いなしで、擦り寄ってきたり甘えたりしてきます。

ペットが大好きなら懐いてくるペットが可愛くてたまらないもの。

ペロペロと顔を舐めてきたり、ビュンビュンと尻尾を振るなど「大好きモード全開」です。

ところがペットを飼ったことがないと、ただオロオロするだけです。

小動物は嫌いではないけれど何しろどう扱っていいのかわからないため、つい邪険にしてしまうこともあります。

舐められることを嫌がったり、ベチョベチョになった顔を洗ったりします。

そんな様子を見て、飼い主であるあなたが良い気分でいられるはずがありません。

「もっと可愛がってよ」とも言えず、悶々としてしまうことでしょう。

そんなことが続けば、次第に別れる原因となってしまいます。

最悪なのが彼がペットアレルギーの場合

彼がペットアレルギーの場合、カップル間の問題としては最悪かもしれません。

ペットの毛にアレルギー反応を起こす人は、かなり多い傾向があります。

アレルギーの辛さはその人にしかわからないのですが、特に「喘息」が持病の彼ならさらに最悪です。

猫の毛は、アレルギー患者を最も苦しめるアレルゲンです。

一度喘息の発作が起きたら、普通に呼吸することもままなりません。

ひどい時は、救急車を呼ばなければならないこともあるのです。

なので猫アレルギーを持つ人は、猫を見るだけで命の危険性を感じ、恐れをなします。

猫に擦り寄ってこられた日には、一目散で逃げるしかありません。

彼が猫アレルギーだったら、基本的に猫とは一緒に住めません。

彼をどんなに愛していてもアレルギーによって自分の愛猫を避けなければならないなら、恋愛関係続行も無理ということです。

「どちらをとる?」と考えた時、猫は家族同然ですから絶対に離れるわけにいきません。

そうなると残念ながら、彼とは別れる以外残された道はありません。

ペットのしつけを巡ってケンカを繰り返してしまう

ペットのしつけを巡り彼とケンカを繰り返すようなら、あなたはいつも別れの危機を感じていることでしょう。

二人とも実家でペットを飼った経験があるなら、それぞれの家庭の飼い方があるものです。

厳しくしつける家庭もあれば「しつけってどうすればいいの?」という家庭もあります。

ということは「しつけは厳しくしたい」と考える人と「しつけなんてどうでもいい」と考える人が、同じペットを飼うのには無理があるというわけです。

ペットのしつけを巡り、二人がケンカになってしまうのは当然なのです。

例えば理由もなく犬が吠え続ける「無駄吠え」はストレスになるばかりでなく、ご近所にも迷惑がかかります。

なんとか対策を練らなければなりませんが「犬は吠えるもの」と考えている人は、周りの迷惑に気が向かないのです。

そういう人に限って、ペットを「ネコ可愛がり」します。

無駄吠えする犬にイライラしていたら、彼もいい気分はしません。

二人の間でケンカが増えるにつれ「別れ」を視野に入れるようになります。

彼が突然ペットに目覚め、何の説明もなく飼い始めたから

彼がペットに目覚め突然に飼い始めたら、あなたは開いた口がふさがらないでしょう。

それも「なんの説明もなく」だったとしたら、なんとも悩ましい気分です。

もし彼がペットを飼った経験があるなら、一切の世話は彼自身に任せれば良い話です。

しかし目先の可愛さだけでペットを飼い始めたら、あなたにとって頭が痛いことばかりが待っています。

日常的に最も世話が必要なのが「トイレ掃除」です。

猫の場合、毎日フンを取り、猫砂を取り替えることが求められます。

定期的にトイレ全体を掃除する必要もありますが、これが意外に大変なのです。

犬の場合なら、欠かせないのが「朝晩の散歩」です。

朝から大雨がザーザー降ろうとも、自分の体調が悪くても、朝もっと寝たくても、それとは関係なく絶対に行かなければなりません。

また猫でも犬でも共通する世話が「エサ」です。

切らすことのないよう、ストック分まで買っておく必要があります。

このようにペットを飼うには「しなければならないこと」がたくさんあるのです。

彼が一切の世話をしてくれない時、やむなくあなたがやるようになるのですが、望んでいないことをやらなければならないストレスであなたはイライラする毎日を送ることになります。

「いいとこ取り」の彼氏に、あなたが三下り半を突き付けたくなるのは当然でしょう。

ペットに対してひどい扱いをするのを見てしまったから

彼が愛するペットに対してひどい扱いをするのを見てしまった時、あなたは「完全に我慢ならない!」と感じるため、即行別れたくなるはずです。

我が子のように可愛がっているペットだったら、なおさらです。

例えば服に毛がつくのを極端に嫌がったり、ペットに向かって「しっしっ!」としたり、ペットの体臭に嫌悪感を示しながら「こいつ臭すぎる!」などと言い放ったり。

「ペットのことが嫌い」としか思えないような行動に、あなたは猛烈に腹を立てます。

しかし当の本人は、ひどい扱いをしているつもりはありません。

またあなたにイヤな思いをさせるつもりもないのです。

これはペットに対するお互いの価値観の違いから生じるギャップで、埋めようにも埋められないものです。

「臭い」と言われても、あなたは臭いと感じたことはあまり無いし、毛がつくのは仕方がありません。

でも彼は彼でそのことが強くストレスとなっているため、いつまでたってもそのギャップが解消することはありません。

【自分のペットの場合】ペットvs彼氏どっちをとる?後悔しない判断ポイントはココ

病気の時、ペット優先はやむを得ないことをわかってもらう

ペットの具合が悪かったり本調子でない時、あなたはとても心配でしょう。

「もしかすると病気かもしれない」と動物病院に行こうとした時、彼とデートの約束をしていたことを思い出します。

こんな時、ペット優先になるのはやむを得ないことを彼にわかってもらいましょう。

ペットも「一つの命」です。

健康で長生きしてもらうためには、動物病院が頼みの綱です。

ちょっとでも様子が変だったら、すぐにでも駆け込まなければなりません。

しかし彼がペットに興味がない場合、突然のデートキャンセルに機嫌を悪くするかもしれません。

こうなってしまうのが、ペットにとって動物病院の存在がどれほど大切かを彼が理解していないからです。

なので、あなたは彼に理解を求める必要があります。

ペットを飼っているなら、動物病院にかかるのは必要不可欠なのだ、と。

「俺とペットとどっちが大事?」と聞かれた時、病院に行くほどペットの体調が悪化しているなら、堂々と「ペットに決まってる」と答えましょう。

これで理解できない彼なら、もはや別れることに同意するしかありません。

彼氏がペットにやきもちを焼いたら「配慮が必要」のサイン

あなたがいつもペット優先にしていることで彼がやきもちを焼くなら、それは「彼への配慮が必要」というサインです。

やきもちを焼く彼の心情は、子どもと同じような状態です。

彼の深層心理は「もっとかまってほしい」なのですが、今の彼のライバルはペットです。

それはさすがにプライドが許さないため、彼は「もっとかまって」とは言えないのです。

しかし彼だって彼女に優しくされたいときもあります。

それさえも許されないなら、ちょっとしたことで彼の不満が噴出することがたびたび出てくるはず。

もし彼がペットにやきもちを焼いているようなら「大の大人がみっともない!」と言ってしまいそうですが、それを口に出してはいけません。

彼が何を求めているのかを察し、少しだけ配慮するよう努めてください。

ペットに手がかかる時は、彼のことが後回しになってしまうことも多いです。

でも彼と本当にうまくやっていきないたら、そういう時こそ彼の様子に注意をはらうことが大切です。

しつけのことで彼がイライラしているなら素直に謝る

ペットのしつけのことで彼がイライラしているなら、素直に謝ることが大切です。

言い訳はせず「ごめんね」だけで大丈夫。

例えばペットが粗相してしまった時、彼はかなり興奮状態で怒りを爆発させることでしょう。

ペットの中には、体調が良くない時や何かを知らせたい時、ついオシッコを漏らしてしまう子もいます。

これは仕方がないことなのですが、彼がそのことでイライラしているなら、その場で素直に謝る方が後々こじれないで済みます。

彼の機嫌を直そうと、ペットを責めるようなことはしないように。

ペットのせいにすると、今後も同じようなことで彼をイライラさせることが多くなってしまいます。

彼のイライラを誘っているのは、あなたの言動なのかもしれないのです。

ペットを飼うなら飼い主が全ての責任を負う必要がありますが、しつけやその他、何らかのトラブルの際、いつもすぐに「ごめんね」と詫びる姿勢が大切なのです。

彼も詫びられたら、もうそれ以上イライラすることはありません。

彼に「 犬と俺とどっちが大事なんだ!」といわれたら「もちろんあなたに決まってる」と言う

自分のペットの場合、彼に「犬と俺とどっちが大事なんだ!」と言われたら「もちろんあなたに決まってるじゃない」と答えましょう。

心の中では「ペットの方が大事」と思っていても、です。

これは彼とのいさかいを避けるための、やむを得ない手段と考えましょう。

「どっちが大事なんだ!」という言葉からは、彼が普段からペットと差をつけられていることへの不満が伺えます。

怒りよりは悲しみの方が強いかもしれません。

おそらく彼は「俺よりペットの方が大事なのか?」と疑問に思うと同時に、とてつもない不安や悲しみに襲われるのです。

悲しみは怒りとなって爆発するので、そのことを口に出さずにはいられないのです。

このような心情を察することができるなら、彼がペットのことで怒っても「あなたの方が大事よ」と言うのが何より効果的なのです。

あなたが迷いなくそう言えば、彼はあっさり満足してくれます。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

【彼氏のペットの場合】彼氏がペット優先したがる…ペットが原因で別れたくない。どう対処する?

何か要望があるならはっきりと伝えること

彼氏がペットを優先したがったりケンカが増えるような時、彼に何か要望があるなら「はっきりと伝えることが大切」です。

彼がいつもペットに付きっきりだったら、楽しいはずのデートに水をさされたように感じるものです。

つい不機嫌になってしまいますが、あなたがなぜ不機嫌になっているのか彼にはよくわからない場合が多いです。

言葉少なでふくれっつらな表情を見ても、彼は「どうしたの??」と意味不明な気分でしかないのです。

こういう時、あなたの心の中では「言わなくてもこんなことくらいわかるでしょ!!」という言葉がリフレインしています。

しかしこれは、勘違いというもの。

多くの男性たちは、ほとんどみな「はっきりと言わないとわからない」という性質を持っています。

ですから彼への要望は、言葉にしてはっきりと伝えましょう。

はっきりストレートに伝えたからといって、嫌われたりなどしません。

むしろはっきり言ってもらえば、よりあなたのことを理解できるし、彼にとってもその方が助かるのです。

ペットのことで苛立っていても、原因は別のことが多い

彼がペットのことで苛立っていても、実は他のことで苛立っていることの方が多いのです。

例えば「職場でとてもイヤなことがあった」とか、「大事な仕事をミスってしまって敗北感に襲われている」場合です。

イヤなことがあると、立て続けにイヤなことに襲われるものです。

普段なら気にならないちょっとしたことでも、速攻で怒りに着火します。

ですから彼がペットのことで苛立っているようでも、それほど心配いりません。

イライラは一時的なものと考え、そっとしておいてあげましょう。

無理に彼の機嫌をとるようなことはしないように。

少しの間、放っておけば、またいつもの彼に戻ってくれます。

しつけや育て方で意見が食い違うときは彼に任せる

彼のペットの場合、しつけや育て方で意見が食い違うようなら、完全に彼に任せてしまうのがベストです。

あなたの方がペットに詳しい場合でも、口出しは厳禁です。

良かれと思って意見したことが、彼にとっては「大きなお世話」と感じることもあるのです。

人は誰でも否定的に見られると、抵抗を感じるものです。

特に自分なりのやり方で一生懸命取り組んでいるところを上から目線でアドバイスされると「チッ」となってしまいます。

アドバイスした方はした方で、そういう態度に怒りを覚えます。

「せっかく教えてあげたのにその態度は何??」と、臨戦態勢です。

ケンカっぱやい性格なら、もう引き返せないほどの激しいケンカになるのは目に見えています。

このようなことから、飼っているのが彼のペットの場合、飼い方やしつけについてあまり意見を言わない方がうまくいきます。

ペットは彼の子どものようなもの。できるだけ口出ししない

彼氏のペットの場合、ペットが原因で別れたくないなら、できるだけペットに関することは口出ししないよう心がけます。

彼にとってペットは子どものようなものです。

彼自身がこの子をペットにすると決めた日から、そのすべての責任は彼氏にあります。

ペットは可愛さだけでは飼えないことをよく理解しているし、自分のペットについて「知らないことはない」と考えています。

そのため周囲から口出しされると、自分の無力さを感じてしまうのです。

飼い主ではないあなたが何気なく言った一言が、彼にとっては深く刺さることもある、と考えましょう。

このようなことから、飼い主の彼にとって大切な子どものような存在のペットについて、気安く口出しするのはなるべく避けたほうが無難です。

彼の機嫌を損ね、結果的に別れに繋がる原因となってしまいます。

「ペットと彼女はまったく別」と考えている

彼は「ペットと彼女とはまったく別」と考えています。

つまり「彼女は彼女」で「ペットはペット」ということです。

彼がペットを優先にしているように見えるのは、確かにあなたに対する配慮が足りないのかもしれません。

しかし彼がいつでもペットを優先することが日常的であれば、あなたの不満はいつ爆発するかわからないほど煮えたぎったものです。

そんな彼の態度を変えてほしくて、今まで何度か不満や文句を言ったことはあったはず。

そのたびに問題に向き合ってくれない彼氏に、毎回イライラしたことでしょう。

何度言っても取り合ってくれない彼氏にはほとほと愛想が尽きてしまいますが、これはペットとあなたを同じ土俵で考えるから問題になってしまうのです。

彼は「ペットも彼女もどちらも大切」と考えています。

ところが彼氏には、どうしても悩まされる点があります。

それが「彼女が自分に対して不平不満を並べること」です。

彼女は事あるごとに自分に文句を言ったり、問題点を改善するように訴えてきます。

しかしペットは、そのようなことは一切言ってきません。

彼にとってどちらが可愛く感じるかは、もうお分かりですね。

このあたりに、ペットと彼女との見えないボーダーラインがあります。

「手伝いが欲しい時は言って」と伝えておく

彼のペットが原因でいさかいが起きるような時、彼と別れたくないなら「手伝いが欲しい時は言って」と伝えておきましょう。

それ以外はできるだけノータッチが良さそうです。

飼い主である彼は、彼女が自分のペットにベタベタしすぎるのを嫌がるものです。

逆に放置しっぱなしというのも歓迎されませんが、いずれにしても彼氏は飼い主の自分が全ての主導権を握りたいのです。

彼が赤ちゃん言葉でペットをネコ可愛がりする姿に、呆れることもあるでしょう。

でも彼のことが好きなら、それを認めることが大切です。

事あるたびに「(ペットのことで)何か手伝えることがあるなら遠慮なく言ってね」と伝えておくだけで、彼は安心します。

それが飼い主の尊厳を守る、ということです。

要注意!同棲カップルでペットを飼う時は慎重になった方がいい理由

「ペットにかかるお金やどちらが引き取るか」など別れた時に問題が起きるから

同棲カップルがペットを飼う時、慎重になった方がいいのは「別れた時に問題が起きる」ためです。

「絶対に別れない」という自信があるならいいのですが、いつどんな展開で別れを迎える日が来るかは誰にもわかりません。

おそらく悲しい別れになるであろうシチュエーションにさらに加わる打撃が、愛するペットとの別れです。

まずは「どちらがこの子を引き取るか」で揉めますが、そのことが「別れ」をますますややこしくしてしまうのは確実です。

次に養育費的な問題に取り組まなければなりません。

ペットは何かと出費がかさむものです。

生活に必要な出費はそれほど大したことない金額としても、問題なのが病院にかかった時です。

「手術」ということになると、動物病院から10万円以上の請求書が来るのはザラです。

その金額の高さに思わず震えてしまうことになりますが、ペットの生死がかかっているなら手術を受けさせないわけにはいきません。

そうなる前にペットの保険に入っておくことが重要なのですが、保険に入るにも費用がかかります。

次に問題となるのが「彼が引き取ることになった時」です。

あなたはペットにすっかり情が湧いていて、離れることなど考えたこともなかったはずです。

ペットもあなたに懐いているなら、もっと最悪です。

生活を共にしていたペットとの別れは、あなたにとって二重の苦しみとなるでしょう。

同棲が長くなればなるほど揉め事が起きる可能性が高まる

同棲期間が長くなればなるほど、揉め事が起きる可能性が高まります。

「可愛いから」という理由でペットを飼うと後で必ず後悔することになるため、同棲カップルの場合、特に慎重になるべきなのです。

中には「やってみなければわからない」という人もいます。

確かにその通りで、何事も経験ですから。

しかし同棲カップルがペットを飼おうとして一番ネックになるのが「責任の所在」です。

「何かあった時、どちらが責任を持って見るか」

この点をはっきりさせておかないと、揉め事としては大きくなる可能性大です。

なにしろペットは生命体だから。

可愛いけれどその反面、本当に手がかかります。

場合によっては、自分のことを後回しにしなければならないことも多々出てくるし、「なんで私だけが大変な思いをしなくちゃいけないの?」という不満を感じるようにもなります。

そしてこれがのちのち、別れにつながるような揉め事に発展してしまうのです。

ペットは意外にお金がかかるのが、飼ってからわかる

同棲カップルがペットを飼うことに慎重になるべきなのは、飼ってみて初めて「意外にお金がかかる」とわかるからです。

それまでカツカツの生活をしていたらとてもペットなど飼う余裕はないはずのですが、手に入れたい衝動が勝つため先読みできません。

しかし「飼うのは無理だったと」と本当にわかるのが「飼い始めてから」というお粗末な話をよく耳にします。

ペットは飼い始めたら、その命が尽きるまでなんとしても守らなければいけない存在です。

勢いで飼ってしまい、後で経済的に破綻していたのでは元も子もありません。

しかも破綻したとしても、飼い続けなければならないのがペットです。

ペットとの生活を夢見ていたら、現実は思ったほど快適なものではないかもしれません。

このようなことから経済的なことを含め、ペットのことは慎重になるべきなのです。

ペットがいると長期旅行ができないし、海外などもってのほか

ペットを飼うと長期旅行ができない上、海外などもってのほかということになります。

2〜3泊でも難しいでしょう。

ペットホテルという手もありますが、かなり経費がかかります。

旅行好きなカップルはもちろんのこと、ほとんど旅に出ないというカップルでも「ちょっと温泉へ」と遠出したい時もあります。

しかしそこには「ペットはどうする?」という問題が、必ず待ち受けています。

どこかへ行きたくても、結局はあきらめざるを得ません。

だんだん旅行の話すら出なくなるため、あなたは悲しみにくれるはず。

「二人でリフレッシュしたいのに」と不満に思っても、適切な解決策はいつまでも見出せません。

このようなことから将来的に彼と旅行に行きたいなら、ペットを飼うのは慎重になった方が良いのです。

ペットが若くて元気の時ならいいが、病気の時は大変すぎるから

ペットを飼うことに慎重になるべきな理由の一つが「若くて元気な時はいいけれど、病気の時が大変すぎるから」です。

生まれてまだ間もない頃や、小さいうちのペットは健康そのもので、病気の心配はほとんどありません。

スクスク育つペットは、まるで我が子のよう。

とても幸せなひと時を味わえます。

しかしこんな平和な生活も、ペットが年齢を重ねていくことで暗転することが非常に多いです。

「急に餌を食べなくなった」とか「ウンチがゆるい」などという症状と共に、体調になんらかの変化が生じます。

こういう時「病院に行くべきか、否か」という選択に迫られます。

我が子同然なので、具合が悪いペットをすぐにでも獣医に診てもらいたいと思うのは当然です。

それが夜中であろうと、早朝であろうと。

あなたの疲労はピークに達しますが、しかしそんなことは言ってられません。

年齢を重ねたペットは、どの子もそうなる可能性は否めないのです。

病気の時の大変さを知っていたら誰もが「ペットを飼うのはちょっと…」と、慎重になるものなのです。

やり直せる?ペットが原因で別れた元彼と復縁する時に気をつけるべきこと

純粋な気持ちでお互いにペットと向き合えるなら友人から始める

ペットが原因で別れた元彼と復縁したいなら、お互いに純粋な気持ちでペットと向き合えることが条件です。

二人の別れはペットにとって、全く関係のないこと。

しかしそのペットが別れた原因なら、悲痛極まりませんよね。

一つ救いがあるとすれば「同じペットを育てたという共通の経験があった」ということ。

別れがどんなに辛いものだったとしても、ペットとの生活は良い思い出しか残っていないはずです。

そこに焦点を当て後は目をつぶることができるなら、やり直すことは可能です。

復縁方法は「友人」として始めます。

ペットが犬なら「一緒に散歩すればワンコもきっと喜んでくれるよ」と申し出るのもいいでしょう。

猫だったら「ニャンコが大好きな猫缶、買っといたよ」と、連絡してみてください。

ペットも喜びますが、実はもっと喜んでいるのは元彼です。

ここからスタートすれば、想像より容易に復縁することができるでしょう。

ペットとの生活を見直す。お世話の役割分担をすれば問題解決できる

元彼との復縁が決まったら、ペットとの生活を今一度見直してみましょう。

今まで曖昧だったペットへのお世話やその他もろもろを、二人できっちりと役割分担します。

二人が一致協力することで二人の関係はもとより、ペットとの関係ももっと良くなれるのです。

大事なペットだからこそ、あなたと彼が今までよりもっと仲良く過ごすことが最も大切なのです。

何かと彼氏に頼っていた部分も解消できる上、彼も自分ができる範囲で動くため、無理しないようになります。

二人の愛はペットへの愛へと昇華していき、その後も必ずうまくいくことでしょう。

ペットが原因で別れた場合の復縁には、相互理解が必要

ペットが原因で別れた場合、復縁する前には相互理解が必要です。

つまり腹を割って話し合うのです。

とは言え、男性は回りくどい話や複雑な話は苦手です。

話し合うことですら「めんどう」と感じてしまう男性が多いのが現実なのです。

ですが、お互いを理解するためにまず初めにしなければならないのは、固く閉ざした彼の口を開くことです。

「彼が何を思っていて、どうしたいのか」

彼が素直にスラスラ言ってくれれば良いのですが、なかなか難しくハードルは高いです。

なぜならあなたとは一度壊れた仲だから。

復縁しても自分がどう思っているかを言わないのは、彼なりに考えがあってのことです。

しかしタイミングさえ図ることができれば、彼はそのことについて語ってくれます。

機嫌が良いこと。

お腹がいっぱいでも空腹でもないこと。

眠くないこと。

仕事で疲れていないこと。

この4つの条件に見合った時が、彼の重い口が開く時です。

彼の話を聞く時、決して責め口調にならないよう注意してください。

あくまで穏やかな雰囲気の中で聞くことが重要です。

きっと彼のことを理解できる答えを導き出せることでしょう

彼のペットなら踏み込みすぎたり、介入しすぎないよう気をつける

彼のペットが原因の場合、お世話について踏み込みすぎたり介入しすぎないよう気をつけます。

長い恋愛関係になるにつれ、つい相手とは「なあなあ」になりがち。

彼のペットなのにまるで我がもの顔でお世話したり、ため息をつきながら嫌々面倒をみたりなど、やっていませんでしたか?

挙げ句の果てにはやりたくもないトイレ掃除とか、雨の中の散歩までやらされて、いつもイライラしていたかもしれません。

あなたにこのようなことが思いあたるなら、それは改善すべき点です。

実は彼はあなたがお世話することを望んでいなかったかもしれないのです。

それどころか、あなたに大事なペットを取られたかのように思っていた可能性もあります。

そのことに対して彼が一切文句を言わなかったのは、あなたとの関係が壊れることを恐れたためです。

ペットが原因で二人の関係が壊れるのは、心に溜めた辛い思いをちゃんと相手に伝えないから、ということもあります。

また「どこまでやっていいのかわからない」という場合もあります。

いずれにしても、相手とのコミュニケーションが不足しているのは明確です。

もっと彼と話をしましょう。

避けて通りたい話ほど、しなければならないのです。

それがお互いの成長へと繋がるのです。

自分のペットが原因なら、きちんと線引きする

自分のペットが原因で別れたなら、復縁後はきちんと線引きする必要があります。

彼との間に引くボーダーラインをはっきりと決めておきましょう。

「ここまではやってもらう、でもこれ以上は彼を頼らない」という風に。

恋愛関係という一歩踏み込んだ関係だからこそ、彼との適度な距離感が重要なのです。

同棲生活をしているカップルがペットと生活する場合、お互いの一部始終を縛ります。

なぜならペットには「しなければならないことが山のようにあるから」です。

健康状態に気を配ることも「しなければならないことの一つ」です。

今後、彼とペットが同時に調子を崩すことも出てくるはず。

この時、あなたがペットのことばかりに奔走していたら、彼だって良くなる病気もどんどん悪くなるというもの。

もう少しだけ彼を気遣ってあげましょう。

あなたができる限りのことを一生懸命にやっているのを理解できるなら、彼も無理を言わないようになります。

彼と一度は別れたとしても、その後復縁できたのなら、まだミッションは残っているのです。

それがペットとの生活です。

ペットとの生活には、たくさんの学びが隠れています。

別れからやり直す機会がやってきたのは、ここから学べることがあったからです。

このチャンスを与えてくれたが、実はペットなのです。

「同棲解消後の男性心理」と「元彼が復縁を考えるスキル」について詳しくなれば、もう怖いものナシです。


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「ペットとの出会いはそこに学びがあるから」

占い師 姫乃
ペットとの出会いは可愛さを楽しめる反面、なかなか大変なことも多いのよね。

でもそこには必ず「学ぶべきこと」があるわ。

私も数年前、10年飼っていたニャンコを天国に見送ったの。

今にして思えば、彼から学んだことはここに書ききれないほどたくさんあったし、今でも彼には感謝しかない。

さて彼とペットとは、三角関係のようなもの。

「どちらを取るか」などと考えても、所詮比べることなどできないわよね。

彼氏がペットを優先しているようでも、それはそれ。

あなたとの恋愛関係とペットとを一緒くたにしないように。

マイナス面にとらわれないよう、テンション上げてさらに彼との人生を楽しんでいってね。

【期間限定・8月9日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事