仕事に集中したいと別れを切り出した彼と復縁する極意!上手に距離を置くのがやり直すコツ
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「仕事と私とどっちが大事??」

こんな風に悶々としてしまうのが「彼氏が仕事に忙しくてかまってもらえないとき」です。

もし仕事を理由に彼に「別れたい」と切り出されたら、深い悲しみのあまり卒倒してしまうかもしれません。

今まさにそうなってしまったあなたも、これから別れを切り出されそうなあなたも、この記事は必ず役に立ちます。

今回は「仕事に集中したいからと別れを切り出す男性心理」について詳しくご紹介します。

別れを切り出す男性の中には「実は仕事は口実」というケースもあります。

その裏側にはどんな真相が隠れているのでしょうか。

たとえ別れたばかりで悲しみにくれていたとしても、前を向いて少しづつ歩き出しましょう。

ここで紹介する最善の方法を理解し実行すれば、復縁することだって可能なんです。

仕事が忙しい元彼を持つすべての女性にお届けする「復縁の極意」、さっそくひも解いていきましょう。

 

復縁メニューはこちら

「仕事に集中したいから別れよう」と彼女を振る男性の心理

結果的に振ったとしても、別に彼女を嫌いになったわけじゃない

「仕事が忙しいから」と彼女を振る男性のほとんどは、彼女を嫌いになったからではありません。

彼女のことが好きとか嫌いに関係なく、仕事を優先した結果、彼女を振ってしまうことになったのです。

これは男性にとって非常に悩ましい問題です。

いくら仕事に集中したいとはいえ「恋人と会う時間が作れないわけではない」からです。

仕事に没頭したい人の中には、家庭を持っている人だっているのです。

どんなに忙しくても帰る時間が来たら家に帰るのが当たり前だし、未婚なら仕事後に恋人に会うことだって可能なはず。

「仕事に集中したい」のが彼氏が振る原因とはいえ、他に何か別の理由があるはずです。

「仕事以外に理由はない」と言われれば、彼女としては納得いくはずがありません。

なぜ振るのかという真実を知らなくては、別れることさえちょっと考えてしまいます。

しかし真相を聞いたところで、おそらく彼の口は固く閉ざされたままでしょう。

自分にとって「仕事は人生そのもの」と考えているから

「仕事に集中したいから」と彼女を振ってしまう男性にとって「仕事は人生そのもの」です。

仕事がない自分なんて考えられない、というくらい自分の仕事を重視しています。

そのように人生を賭けた仕事にもし何らかの悪影響が出るとしたら、徹底してその原因を排除しにかかります。

いろいろな問題が起きるたびに、バッサバッサと切り捨てます。

もし切り捨てなければならない相手が彼女だとしたら「振ってしまうのはやむおえない」ということです。

これは全身全霊を傾け仕事に取り組んでいる、いわば仕事人間だからです。

彼女の方はまさか自分が仕事に悪影響が出ている張本人とは気づきません。

その後、彼から告げられる突然の別れに右往左往することになるでしょう。

どんなに哀れなその姿を見てもその後仕事に影響が出ないことを本気で望むのであれば、別れを撤回することはありません。

最近ずっと彼女の存在が重く感じるようになったから

仕事に集中したいからと彼女を振る男性の多くは「最近になってずっと彼女の存在が重い」と感じています。

原因は、ひんぱんに出される彼女の「もっとかまってサイン」です。

彼女の「かまってサイン」は、彼の仕事に油が乗ってきたり、責任ある部署に配属され激務の毎日が続いたときに限って、発動されます。

彼としては誠心誠意、出来る限り彼女の相手をしてあげてるつもりでも、本人は満足できません。

「もっと会いたい」

「もっと一緒にいたい」

「もっと!もっと!」

このような彼女の「もっと」に彼は辟易とし、やがて存在すら重く感じるようになります。

「もう面倒だから別れよう」

このように彼女を「重い」と感じることに耐えられなくなると、次に別れることを考えます。

仕事と彼女を両天秤にはかけられない

仕事を理由に「別れたい」と言い出す彼氏は、内心「仕事と彼女を両天秤にはかけられない」と思っています。

彼にとって彼女は、ほかに変えることのできない存在です。

付き合っているならデートするのは当然だし、好きなら毎日でも会いたいと思うもの。

しかしそれを叶わなくしてしまうのが「仕事」です。

彼女がどんなに大切でも、仕事が忙しければ会うことはできません。

気がつけば長いこと会っていないこともあるでしょう。

このようなことが続くと、たとえ辛抱強い彼女でもさすがに怒りをあらわにします。

彼の苦悩はここから始まります。

「どんなに頑張っても仕事と彼女を両天秤にはかけられない」と強く思うと同時に「別れた方がいいのかも」と感じるようになります。

会うのはやぶさかではないがスケジュールを合わせるのが困難

お互い好き同士で付き合っていても、スケジュールが合わないことには「デートなど夢のまた夢」です。

頑張ればなんとか予定を合わせることができそうですが、忙しさのあまり休日も出勤、ということになるとかなり問題です。

もし休むことができても、時には外すことができないくらい大事な予定が入っていることもあります。

こうなると「次にいつ会えるのかわからない」ということになってしまいます。

お互いになんとか都合をつけないことには、顔を合わすことすら困難です。

このような状態にヤキモキした彼は「会えないなら仕事に集中したい」と言うようになります。

「仕事に集中したい」が実は嘘の別れの理由であるケース

彼女の存在が重いから

「仕事に集中したい」と言う彼氏の中には「彼女の存在が重い」と感じている場合があります。

つまり「仕事が大切」と言うのは「建前」ということになります。

もちろん男性たちにとって、仕事は重要なミッションです。

日々の糧(かて)を得たり、趣味に費やすお金を得るためには無くてはならないものです。

しかし彼女の存在が仕事への足かせになっていると感じていると、必然的に「もう無理」ということになります。

彼は、どんなときに「重い」と感じるのでしょうか。

それは「自由を奪われたように感じるとき」です。

自由を奪われたように感じるシチュエーションはさまざまですが、その状態が続くと彼のストレスもMAXとなってしまいます。

ストレッサーとなっているのが彼女です。

その彼女から逃れるためには「仕事」と偽って関係を解消することが、彼にとって一番楽な選択肢なのです。

付き合ってみて「やっぱり合わない」と感じたから

彼が「仕事に集中したい」のを別れの理由にするとき、「彼女と合わない」と感じていることがあります。

多くの場合が、彼女の方からのアプローチによって付き合い始めたケースです。

「なんとなく付き合い始めたけれどやっぱり合わない」

彼がこのように感じ始めると、会う時間を作ることさえ無駄に思うようになります。

彼女にとってはなんとも残酷な話ですが、相性の良し悪しは付き合ってみなければわからないものです。

いざ付き合ってみたらイメージとはかなり違っていた、となったら、いったんリセットしたくなるのは当然と言えます。

彼にとってこのようなときに別れを切り出すなら、仕事を理由にするのがもっとも簡単なのです。

他に気になる女性がいるため、とりあえず別れたい

彼女より他に気になる女性がいるとき「仕事に集中したい」と嘘を言って別れようとすることがあります。

この時点ではまだ「二股」というわけではありません。

彼にとってできるだけ避けたいのが「二股」です。

二股を避けるには、今カノと別れる必要があります。

今カノと別れる、別れないと揉めているとき、新しい女性が彼にとって「本命」になるかどうかの瀬戸際です。

もし気になる女性と恋仲になったら、それと同時に今カノと別れる決定的な口実を作らなければなりません。

迷いなく別れを切り出せる口実が「仕事」です。

なぜなら今カノが同じ職場でない限り、現場の状況を知るよしもないためです。

「仕事に集中したいから別れる」と言えば、別れは決定的なものになるでしょう。

また別れに際し、彼は新しい女性の存在を絶対に匂わせないようにします。

これは別れようとしている今カノを、少しでも傷つけないようにするためです。

もしかすると元カノと復縁するかもしれないから

彼氏が元カノと復縁しそうな時「仕事に集中したい」と偽って別れようとすることがあります。

今カノからすれば耳を疑うような事実ですが、この場合も「今カノに迷惑にならないように」と二股を避け、別れを持ちかけます。

今カノにしてみれば「彼と元カノは今どのような関係なのか」ということは恐ろしくて聞けません。

また彼と元カノとの過去も、聞くに聞けないような闇に包まれたものです。

しかし勘のいい女性なら、心ここにあらずな彼氏の胸中を察するに余りあります。

このような曖昧な状態で、彼が別れを切り出してきたらまず間違いなく「新しい女性の影」を疑うべきでしょう。

ただし、彼は元カノとの距離が近づいたことを決して今カノに悟られないようにします。

元カノとの二股に気づかれでもしたら、今カノの信頼を失ってしまうためです。

なぜならもし元カノとの復縁が白紙になった時、今カノをキープしておけばすぐに元サヤになれるためです。

これは苦し紛れな行動とは言え、計算づくな一面も潜んでいます。

キープが目的と知ったら、今カノは愕然としてしまうでしょう。

すべてがめんどうになったが本音を言えないから

「すべてがめんどうになった」という彼氏の胸中も、別れを決意させる要因です。

しかしめんどうだから別れたいという本音は、口が避けても言えません。

これは「めんどう」という言葉に、あらゆる誤解を招く恐れがあるためです。

そんなとき、彼女が誤解せずに別れを承諾してくれる可能性が高いのが「仕事に集中したいから」です。

また「めんどう」と思う男性の中には「元々男女関係に興味が持てない」という人も少なくありません。

「彼女に押されて渋々付き合っている」という男性もいるくらいです。

また「彼女より仕事が大事」と思っている男性も意外に多いのが現実です。

このような男性にはいつも「女なんてめんどくさい」という感情がつきまといます。

めんどうな気持ちが最大限になると、これ以上めんどうなことを避けるために「仕事」という手を使うようになります。

仕事を言い訳にすれば、もはや彼女は別れを承諾するしかありません。

正直なところ彼女は嫌いなタイプだったことがわかったから

彼氏が好きなら、絶対あってはならないことが「正直嫌いなタイプだった」と思われることです。

彼氏が性悪で複雑な性格の持ち主なら、歪んだその心を読むことは困難を極めます。

元々、好みがはっきりしていたり「嫌いなものは嫌い」とはっきり言う性格ならなおさらです。

そういう性格であれば、嫌いなものはとことん敬遠したいのです。

「無理なものは無理、譲れない」となると、あと課せられた彼氏のミッションは「どう別れを切り出すか」です。

体裁がいい別れ方は「仕事に集中したい」と告げることです。

この言い方であれば、無慈悲な性格が伝わらない分、まだマシといったところです。

休日はやりたいことがあって会う時間が取れないから

「仕事に集中したい」と嘘の別れを告げてくる場合、休日にやりたいことが山ほどあることが考えられます。

もし彼に趣味がある場合、休日はその趣味に没頭したいと考えるもの。

趣味がある男性にとって休日はそのためにある、と言っても過言ではないでしょう。

趣味を通してイキイキとしていられることは、とても好ましく感じるもの。

仕事に頑張れるのも趣味があるからかもしれません。

しかし趣味に没頭するあまり、彼女のことを忘れてしまう男性も多いのです。

彼女がいても「デートはほとんどできない」ということになります。

趣味の重要度が高いほど、彼女は後回しです。

こんな時、彼女から少しでも改善命令が出ようものなら、彼氏はとたんに嫌気がさします。

「仕事に集中したいから」という理由を告げ、別れを実行させようとします。

彼にとって趣味はもはや仕事の領域かもしれません。

彼女がそれを理解できないうちは、必ず別れが訪れてしまいます。

誰にも言えない理由があるが仕事を理由にするのが良さそうだから

彼だけが知る誰にも言えない別れたい理由。

それを隠すために「仕事に集中したい」と、嘘の別れを告げてくることがあります。

つまりどんな理由があるにせよ、もっとも良さそうな別れの言い訳が「仕事」なのです。

「仕事に集中したい」と言えば、彼を好きな彼女ならその足を引っ張るようなことはしないはず。

別れることはつらくても「彼のためになるなら」と必死に耐えようとするでしょう。

これらのことから総合的にみれば「仕事に集中したい」という彼のセリフとは、別れるための最後通告とも言えます。

この言葉が出たら別れは決定的で、現状維持は難しいということです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

「仕事に集中したい」と別れを切り出した彼に言ってはいけないNGワード

「何か私にできることはない?どうしたらいいか教えて」

「仕事に集中したい」と別れを切り出した彼に「私にできることはない?」と聞くことは、全くの見当違いです。

「困っている様子の彼をなんとかしてあげたい」

このような心優しい性格も、このような時は無用の長物となってしまうでしょう。

「仕事に集中したいからなかなか会えないよ」というならまだしも、彼は単刀直入に「別れたい」と言っているのです。

これは暗に「彼女との距離をおきたい」と言っているようなものです。

距離をおきたいのに、彼女を頼りにしたら本末転倒です。

彼はそのまま押し黙ってしまうか、「大丈夫」と答えるしかありません。

「一緒に頑張れば何とかなるよ!」

仕事を理由に別れを切り出した彼に「一緒に頑張ろう」などと言うのは、筋違いというものです。

そんな風に言われたとき、彼の胸中は「何を一緒に頑張ればいいの?」という感じでしょう。

「一緒に頑張れば何とかなるよ」と言えるのは、将来がある2人が発する言葉です。

「仕事に集中したいから」と、別れを切り出す彼との未来は、残念ながらほぼ期待できないのです。

彼女に「一緒に頑張ろう」と言われても、彼は戸惑いを隠せないでしょう。

さらに別れたい気持ちを強くするだけです。

「疲れてるだろうから今度のお休みはマッサージしてあげるよ」

好意で言う「マッサージしてあげる」が逆効果を生むことがあります。

特に「仕事に集中したい」と別れを切り出したとき、彼女からこう言われたら肩透かしを喰らった気分でしょう。

彼が求めているのはそういう「好意」ではありません。

「彼女に頼りたい」とか「なんとかして欲しい」というのとはまったく違う気持ちなのです。

「別れたい」と言うからには、それ相応の決意が感じられることです。

その決意を無視したかのような言動がいくら好意であれ、彼にとって「それは無理」ということになります。

また「今度のお休みにやってあげる」と言われるのも抵抗を感じるものです。

彼にとって多忙な日常から離れられる休日は、待ちに待った1人を楽しむ時間です。

大切な時間を自由に過ごせないほどストレスになることはありません。

いくら好意でも彼の休日まで占拠してしまったら、彼にとってはさらに別れを決意させる要因となります。

 

「何があっても別れるのだけは絶対イヤ!」

もっともNGワードなのが「別れるのだけは絶対イヤ!」です。

このワードは、お互いの緊張感をさらにアップさせてしまいます。

彼にしてみればこれは「とても子供じみたセリフ」と感じます。

彼の事情をかんがみず、一方的な否定にドン引きでしょう。

この言葉を発した直後から彼の心の中では「別れは決定的」となってしまいます。

その後、別れを巡ってどんなに揉めたとしても、別れたい気持ちが変わることはありません。

事態を収束させるために一時的に元サヤになったとしても、遅かれ早かれ再び彼が別れを切り出すのは目に見えています。

「仕事と私、どっちが大事?」

もっとも言ってはいけないNGワードのトップクラスが「仕事と私、どっちが大事?」です。

これは言ってはいけない、というより、むしろ「言っても仕方がない」セリフです。

別れたくない感情が爆発したときに不意に出てしまう言葉ですが、仕事と彼女を同ラインで比べること自体、全く無意味なことです。

常日頃「仕事が大切」と思っている彼氏なら、このように安易に比べてしまう彼女の脳内を疑うことでしょう。

もし今まで、このセリフを言ってしまった経験があるなら要注意。

「この言葉を彼に言ったら100%マイナス」ということだけは覚えておいてください。

「嫌いになったんじゃないなら別れる必要ない!」

仕事を理由に別れを切り出した彼氏に言ってはいけないNGワードが「嫌いになったわけじゃないんでしょ?だったらなぜ別れるの?」という質問です。

確かにこう聞きたくなる気持ちもわかります。
しかし彼が仕事を建前として別れたいという心情には「好きとか嫌いに関係がなくただ別れたい」のです。

彼女のことが嫌いでなくてもズルズルと付き合うことに、もう限界を感じている場合もあります。

このようなとき「別れよう」と言いにくい状況ですが、別れを決心したからには何としても別れないければ気が済みません。

この辺りは非常に慎重になりますが、結局「仕事に絡めて別れを切り出すのが一番無難である」という結論にいたります。

また女性側が感情的になりやすい質問は、相手を追い詰めるようなシチュエーションになりがちです。

多くの男性たちが最も不得意とするのが、詰問されることです。

きちんと当てはまるような答えが見つからないとき、もし彼女に「なぜ?なぜなの?」と詰問されたら、おそらくその場で逃げ出したくなることでしょう。

仕事に集中したいと別れを切り出した彼と復縁する極意

別れたあとはしばらく彼と距離を置くことに専念する

別れを切り出した彼とその後、復縁するためには、しばらくは彼との距離をおくのがベストです。

別れたい理由が「仕事に集中したいから」というのであれば、距離をおく以外に方法はありません。

逆効果なのが別れそうな不安から彼に積極的に会おうとしたり、別れを撤回させるような行動に出ることで、これは絶対NGです。

彼はますます離れていく一方でしょう。

最悪、lineやSNSをブロックされるような事態も招きます。

これを避けるためには、冷却期間を設定することが求められます。

具体的には、最低3ヶ月から半年以上、連絡をしない、会わないなどで、彼の前から姿を消します。

冷却期間をおくことで、彼氏の気持ちが変わる可能性があります。

連絡を一切しないことがもっとも大切

復縁したいときにもっとも大切なのが「一切連絡をしない」ということです。

「連絡をしないとなるともう彼とはもう一生サヨナラ?」というように、不安になってしまうかもしれません。

でも一見、理想とはかけ離れた結果になるように見えても、実はそれが一番良い結果になることもあります。

これがパラダイムシフトと呼ばれるものです。

「良いと思っていた健康法が、実は間違いだった」という経験が一度や二度はあるのでは?

「連絡を絶つ」ことは難しそうでも、いざやってみれば意外に簡単です。

理屈は横に置いておき、まずはやってみる。

そこから始めましょう。

別れてしばらくは元彼を忘れる

別れたあとしばらくは元彼を忘れるようにしましょう。

ところが忘れようとすればするほど、なぜかいつまでも思い出してしまうもの。

日がな一日忘れられなくて、結局苦しい思いをしてしまいますが、実は心理学的にもこれは立証されていることです。

こんな時は無理をして忘れようとしない方が、精神的なデメリットが少なくて済みます。

元彼を思い出したとき同じような思考を繰り返すため、頭の中がいっぱいになってしまいます。

そのような時は、すぐに気分転換をはかりましょう。

おすすめは、食べたいものを食べる、マッサージをうける、散歩する、好きな音楽を聴くなどです。

脳をリフレッシュすれば、いつの間にか元カレのことを忘れている自分に気づくはずです。

もし元彼から連絡が来ても平静を装うこと

もし元彼から連絡が来ても、いたって平静を装うことが大切です。

まずはそっと深呼吸し、平常心を取り戻します。

こういうときに限って、焦って変なことを言わないかと心配になるかもしれません。

そんな時は「元彼の話を聞くこと」に重きをおきましょう。

沈黙が怖いからとペラペラ喋りすぎないようにしてください。

元彼が連絡をしてきたのは、何か伝えたいことがあるからです。

それをさえぎって話の主導権を握らないように、気をつけましょう。

仕事に集中したい忙しい彼を上手にサポートできる彼女になる方法

自分の要求だけを突きつけない

仕事に集中したい彼を上手にサポートするためには、まずは自分の要求だけを彼に突きつけないようにします。

彼が優しい性格の場合、今までも何かと頼ってしまったのではないでしょうか。

全てがあなたの言いなりではなくとも、つい頼み事をしていたかもしれません。

あなたの「あれして」「これして」に対して「うん、いいよ」「わかった、任せて」と、彼は快く引き受けてくれていたら、改善の余地ありです。

もし思い当たるフシがあるなら、これからは彼への頼み事を少々減らしていくことを視野に入れましょう。

「ちょっと彼に頼りすぎていたかも」と思うようなら、すぐにでも自分のことは自分でやるようにします。

たったこれだけで、彼が仕事に集中できるのです。

あなたの評価もグンと上がります。

彼に全幅の信頼を寄せる

彼に全幅の信頼を寄せることは、忙しい彼を上手にサポートするための条件の一つです。

恋愛関係において特に大切なのは「信頼」です。

どんなに相手を好きでもそこに信頼がなければ、円満な関係を築くことはできません。

たとえ相手がどんなに怪しい行動を取ろうとも、疑いの目を持たなければ何も問題は起きません。

もし疑いの目で見た時、相手は非難されていると思い込んでしまいます。

そうなると面倒に感じ、次第に些細なことでも隠そうとします。

隠し事がある恋愛関係は、とても理想の関係とは言えません。

恋愛関係を長続きさせるためには、彼を信頼し、彼を信じることはとても重要です。

彼に全幅の信頼をおけば、必然的に彼もあなたを信頼してくれるようになります。

何があっても嘘だけはつかない

信頼関係が崩れる代表的なミスが「嘘」です。

嘘には嘘を重ねるという悪循環が待っています

嘘をつくのが日常的であれば、永遠に正常な信頼関係は築けません。

かと言って何もかも全てを正直に言うだけでは、上手にサポートできているとは言えません。

「嘘も方便」ということわざ通り、臨機応変に対応できる能力があればそれに越したことはありません。

しかし、できるなら嘘はつかない方がいいに決まっています。

そこで基本は「嘘をつかない」、でも「何かあったら必ず彼に相談する」

これを死守すれば、大きな問題にならずに済みます。

遅刻しない&約束を守る

遅刻しないようにすることと約束を守るということは、彼を上手にサポートするための必須事項です。

ところが、中には「遅刻がスタンダード」という女性もかなりの割合でいます。

デートは毎回遅刻するのが当たり前、何ならドタキャンもしてしまう。

このように約束や時間にルーズな人は、それだけで「だらしない」と思われますし、誰に対しても本当の信頼関係は築けません。

相手からの期待もゼロに等しいうえ「その程度の人」とばかり低くみられてしまいます。

しかし遅刻やドタキャンを繰り返しても「別に大したことないじゃない」と、まったく罪悪感を抱かない人も多いのです。

これはさらに致命的な状況を引き寄せます。

遅刻の常習化は「悪癖」です。

悪い癖は治す必要があります。

またどんな事情であれ、約束も破らないに越したことはありません。

将来的にもし各方面にも素晴らしい人間関係を築きたいのであれば、これらの問題点は改善すべきでしょう。

約束の時間の少し前に到着すれば遅刻しないばかりか、かなり余裕です。

それには、ギリギリに到着する一本前の電車やバスに乗ることです。

彼を上手にサポートできないタイプは自分の中心軸がブレる女性

仕事に集中したい彼を上手にサポートするためには、自分の中心軸がブレない女性になることが大切です。

「中心軸がブレる」とは、どのような女性なのでしょうか。

まずは「感情的になる女性」です。

すぐに怒る、すぐに泣く、などネガティブな感情に襲われたときの態度が「ブレ」となって現れます。

喜びや幸せ感を極端に表す女性も中心軸がブレやすく、ポジティブな感情がおさまると同時に、なぜか急激な怒りや悲しみに襲われることが多いです。

つまり感情の上げ下げが激しいということです。

感情の上げ下げが激しい人は自分を制御不能にし、ひどいときには周囲をも巻き込みます。

「迷いが多い女性」も中心軸がブレています。

物事を決めるとき、迷いなくしては決められません。

「何かを決めなければいけない」というとき、心の中は不安と焦りでいっぱいになってしまいます。

即決できる女性に比べ明らかに手が掛かる感じがするため、あまり良い印象でないことは確かです。

「断れない女性」も中心軸がブレやすいタイプです。

はっきり断れない女性は、それが良かれと思って断らず、何でもホイホイと引き受けます。

相手の立場にたち、相手を尊重するからこそできることですが、しかしそれも度を越したときに感情のブレとなって表れます。

心ならずも受け入れたとき、それがストレスを引き起こすためです。

相手にしてみれば「本音はどうなんだ?」と聞きたいところです。

はっきり断らない曖昧な態度に、相手は腹立たしさを覚えてしまうこともあるでしょう。

これら中心軸がブレる態度は、日本人特有の「奥ゆかしさ」の名残りともいえるものです。

女性らしく控えめな態度が好まれた時代は、もう終焉を迎えているのです。

彼を上手にサポートできる女性は中心軸がブレず、平和な心模様で何があっても落ち着いていられるような女性です。

 

いくら自分の話をしたくても、まずは彼の話を聞いてあげよう

自分のことを話したくても、まずは彼の話の聞き役に回りましょう。

女性の多くは、とかく自分のことについて話したがります。

しかし自分の話ばかりする女性は、彼をサポートするには役不足と言えます。

まずは自分だけが喋り続けていることに気づくことが大切ですが、実は話の主導権を握っていることにさえ気づかない女性がほとんどです。

しゃべりたくてもグッとこらえましょう。

忙しい彼のために彼をサポートできるようになりたいのなら、ここが一番重要なポイントです。

おしゃべりしたい相手は、あなたの親友や同僚を選ぶことをおすすめします。

初めは聞く方に回るのは苦痛に感じるかもしれません。

しかしそれにもやがて慣れてきます。

何より彼の表情が生き生きとしてくるのに気づくはずです。

意見も反論もせず、ただ聞き役に回るだけで「これだけ彼が変わるのか」と目を見張るほどでしょう。

あなたが彼の話を聞き、たまに質問もするといいでしょう。

これは彼の話をあなたも興味が持てるようにするマジックです。

質問すると彼は今までにないほど、胸の内を話してくれるようになります。

2人のコミュニケーションは、これで成功したも同然です。

仕事に集中したい彼を上手にサポートできる女性になったあなたのことを、彼はもう二度と離したくないと思うはずです。

本当に好きなら彼に条件をつけない

彼が本当に好きなら、彼に条件をつけてはいけません。

条件付きの愛とは「私がこうしてあげるから、あなたはもっとこうして」のようなセリフを言ってしまうことです。

このセリフは一見「愛し合っているからこそ言えるのでは?」と勘違いしてしまいがち。

しかしこれは本当の愛ではありません。

相手に何かを求めた時点で、愛から離れてしまいます。

では何が「本当の愛」なのでしょうか?

それは「彼に条件をつけない」ということです。

「彼が元気でいてくれたらそれだけでいい」

これこそが「愛」です。

何も要求せず、見返りも求めない、これが本当の愛です。

仕事に集中したいと言うのなら、彼には彼の考えがあってのことです。

だからといって落ち込んだり悲しんだりすると、状況は悪化する一方です。

彼の考えを否定せずに、いったん受け入れましょう。

彼が離れていきそうでもあなたがブレなければ、いずれ必ず戻ってきます。

そのためにも彼に対する条件を外さなければなりません。

「自分を好きでいてくれないならもう知らない!」

このように条件を出してしまったら、おそらくもう二度と彼はあなたに近づかないでしょう。

彼が求めているのは「怒ったり悲しんだりするあなたでない」のです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「仕事に集中したいと考えるのは男性ならよくあること。復縁は難しくない!」

占い師 姫乃
男性なら「仕事に集中したい」ってよくあること。

だからそれが原因で別れたいって言ってきても、決して怖がらないで。

もしかしたら「ちょっとだけ距離をおけば何とかなる」って考えているかもしれない。

あるいは本当に仕事に熱中してて面白くなっているときだから「ちょっと放っといて」という気分かもしれないわ。

そういうときの男性は放っておくのが一番!

ほとぼりが冷めれば、必ずあなたのところに戻ってくるわ。

だから復縁も難しくはない。

ただし感情的になったら絶対ダメ。

だってどんな人間だって怒られるより、優しくされた方が幸せ感じるってもんじゃない?

これから先、2人がうまくいくように応援してます!

【期間限定・5月31日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事