既婚者同士は別れても復縁しやすい理由と復縁したくなる男性心理とタイミング  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

既婚者同士は、別れても復縁しやすいのを知っていましたか?

こちらでは既婚者同士が別れても復縁しやすい理由とそのタイミング、また復縁したくなる男性心理について詳しく解説しています。

彼と復縁出来る方法はもちろんのこと、恋愛テクニックや復縁するためのNG行動についても解説しているので参考にしてみてください。

 

 

復縁メニューはこちら

既婚同士は別れても復縁するのは一度越えたハードルは簡単に超えやすいから

双方の家庭環境内の問題がまったく解決されていない

双方の家庭環境に問題があり解決の糸口さえ見えていない場合、復縁へのハードルはとても低いです。

またどちらか片方の家庭に問題がある場合も、復縁へとつながりやすい状況でしょう。

問題がある家庭の多くは、妻と家庭内別居状態です。

妻との折り合いが悪く、会話らしい会話もありません。

子どもがいる場合さらに夫婦間の会話は無くなり、仕事が終わりクタクタになって帰宅すれば妻も子もすでに寝ていることも多いです。

そんな様子を横目で見ながら彼は「なんのために結婚したんだろう?」と、深いため息をつくことでしょう。

こんな時思い出すのは、別れた彼女のことです。

しかし彼女も家庭のある身、再びW不倫へと逆戻りになることに不安になるため、つい二の足を踏むのです。

W不倫は、心を通わせることができなくなった夫婦がそれぞれ外に安らぎを求めた結果です。

家庭内に安らぎを求められないなら、その気持ちを外に向けるしかありません。

たとえ一度別れても復縁しやすいのは、相手に安らぎを求める気持ちが以前となんら変わりないからです。

また結婚がうまくいってないもの同士、お互いの気持ちを共有できたり相手を深く理解できる点も復縁に結びつく重要なポイントです。

すぐに恋愛関係になれるような相手を見つけられるわけではないし、面倒でもある

既婚同士が別れても復縁するのは、すぐに恋愛関係になれる相手を見つけられるわけではないし、また1から始めるのが面倒だからです。

つまり効率という点から考えた場合、復縁がもっとも面倒でない方法なのです。

既婚者同士の恋愛は、面倒なことを避けようとする傾向があります。

そのため少しでもリスクを減らすことを考えます。

もっとも大きなリスクといえば、それぞれの結婚相手に2人の関係がバレることでしょう。

もしバレてしまえば、離婚はもちろんのこと数百万円にもおよぶ慰謝料問題へと発展しかねません。

そのようなことは是が非でも避けなければならないのです。

お互いに結婚していて気心が知れているもの同士が別れた後も復縁を選べば、リスクを最小に抑えることができるし何より無難です。

ただし復縁できるのは「お互いが同じような想いになった時」というのが条件です。

たとえばどちらかが「会いたい」と相手に連絡した時、それに同意すれば復縁のきっかけへとつながります。

誰よりもお互いを深く理解していると自負している

既婚同士が別れても復縁するのは、お互いに相手のことを誰よりも深く理解しているからです。

それなりに付き合いが長い既婚者同士の場合、結婚相手よりもお互いのことをよく知っています。

たとえ別れても、2人の間にある絆やあらゆる経験を消すことはできません。

楽しい思い出も山のようにあるはずです。

2人の関係が楽しい思い出の数と比例するほどとてもうまくいっていたのなら、なおさら相手に対する理解度は高いはずです。

それに引き換え、結婚相手との相性は最悪かもしれません。

だからこそ心から愛せる彼を求め、そして出会ったのです。

そもそも結婚相手との相性が完璧であれば外に恋人を作ろうなどとは思わないからです。

相性の良い彼との復縁は、予想以上にスムーズに展開していくことでしょう。

それは誰よりもお互いを理解しているからに他なりません。

相手に未練があるので、こんどこそうまくやっていきたい

相手に未練を残していると既婚者同士でも復縁しやすく、お互いに「今度こそうまくやっていきたい」と本気で思うなら復縁へのハードルは低いでしょう。

相手に未練を残す理由は他に変わる相手がいないということもありますが、もし彼の浮気によって別れたのならあまり復縁に希望は持てません。

彼と別れた後、ただひたすら虚しく寂しい気持ちでいっぱいだったことでしょう。

だからと言って寝返ったかのように、夫に期待を寄せるなどとうてい無理な話です。

なぜなら恋愛関係になる既婚者たちの多くは、夫婦関係が機能不全におちいっているからです。

そのため新婚当時のアツアツな日常生活などとても望めないし、考えるだけで気落ちします。

それどころかいつ離婚してもおかしくない状況ですから、ますます相手に対する未練はつのる一方でしょう。

このように相手に未練がある時、2人の気持ちがマッチすればすぐさま復縁できるはずです。

 

既婚者の男性が別れた既婚女性と復縁したくなるタイミングは弱っているとき

家庭や仕事に問題があり、半端ない精神的ストレスを抱えている

既婚者の男性が別れた既婚女性と復縁したくなるタイミングは、半端ない精神的ストレスを抱えている時です。

特に家庭の事情や仕事上の問題などが積み重なった時「やっぱり復縁したい」と切に願うのです。

復縁したからといって問題が解決するわけではないのですが、少なくともストレスは軽減できそうだからです。

「ひと時の安らぎを得たい」そんな思いから既婚女性と知りながらも、彼は復縁を考えます。

彼の中では「彼女の家庭を壊すのではないか?」と考えることはほとんどありません。

なぜなら我が身のストレスが強すぎて、そこまで考える余裕がないからです。

一刻も早く彼女との復縁を望んでいる彼の本当の目的は、実は「ストレスを減らしたいだけ」なのです。

長引く体調不良のため、健康状態に強い不安がある

既婚女性と復縁したくなるタイミングは、彼の体調に理由が隠されている場合があります。

たとえば体調不良が長引いていたり健康状態に強い不安を抱えている時、彼は復縁を考えます。

多くの男性たちは好きな女性に「いつも優しくしてもらいたい」と考えていますが、特に体調不良の時は速攻で駆けつけ看病するくらい彼女に大事にされたいのです。

男性たちの多くは体調不良によって不安になると同時に、気も弱くなりがちです。

またちょっとした切り傷なのに、卒倒しそうなくらい気弱になる男性も少なくないです。

彼女に必死に助けを求めるその姿はとても大人の男性には見えないし、まるで小さい子どものように「かまってちゃん」になるのは好きな女性に母親像を重ね合わせるためです。

かと言って、うまくいっていない自分の妻に優しい母親像を求めることはできません。

彼にとって唯一心配してくれるのが、別れた彼女です。

体調不良が続いた時も思い出すのは別れた彼女のことだけで「心配させるかもしれないけれど連絡してしまおうか…」と心から思うのです。

誕生日やクリスマスなどイベントごとが盛況のとき、今すぐ復縁したくなる

彼が復縁したくなるのは、誕生日やクリスマスなどのイベントごとの時です。

特にクリスマスやバレンタインデーは、特別な人と過ごしたいもの。

イベント好きな彼なら特に、彼女不在は考えられないのです。

また誕生日の際、サプライズも絶対に欠かしませんが、それはひとえに彼女の喜ぶ顔を見たいからです。

彼にとって「イベントごと=彼女ありき」なのです。

別れたあとあいも変わらずイベントごとは巡ってきますが、そのたびに思い出すのは彼女のことです。

そして今すぐにでも復縁したいと思いますが、彼にとって彼女が既婚者であろうとなかろうとさほど重要なことではないのです。

お酒を飲んで酔ったときは、必ず別れた女性を思い出す

彼が別れた既婚女性と復縁したくなるのは、お酒を飲んで酔った時です。

酔いが周りやや酩酊状態になると必ずと言っていいほど彼女を思い出し、当時を振り返ります。

別れた原因や経緯はなんであれ、彼にとって彼女の思い出は良いことだけです。

そしてあれこれ思い出しているうちに「また会いたいな」と考える自分に気づくのです。

ところがまだこの時点では、復縁願望があるかないかは非常にあいまいな心境です。

単純に「会いたい」とだけ思っているのですが、それさえも彼女がどう反応するか分からないので不安なのです。

「素っ気なくされたらどうしよう」

「嫌われたら元も子もない」

こんな風に思っていると復縁はおろか、会うためのアプローチにさえ彼は恐怖を抱くのです。

そのため会いたいさに我慢できなくなった時は、たいていお酒の勢いを借りて連絡してきます。

もはや夫婦として機能していない妻に対する不満が溜まったとき

既婚者の男性が別れた既婚女性と復縁したくなるタイミングは、彼の妻に対する不満が溜まった時です。

このような場合、夫婦関係として機能していない可能性も高いです。

一緒に住んでいても、妻への不満は溜まる一方でしょう。

顔を合わせるたびに、ケンカしてばかりかもしれません。

彼は、彼女を思い出しながら妻と比べ「同じ女性なのになぜこうも違うのか」と不可思議な気持ちを隠せません。

また妻と一つ屋根の下に住むことにも、彼は違和感を感じています。

かと言って自分が家を出るわけにはいかないのですが、簡単に家を出られないのは他に行くところがないからです。

そこまでして家を出たところでその後はどうしたらいいのか分からないのも、彼を迷わせる一因です。

それなら多少無理してでも家にとどまるしかありません。

しかし不満だらけの妻との生活は、どう考えても息苦しくつらいことに違いありません。

別れた彼女と復縁したくなるのはこういう時です。

家に居場所がない男性は、自分の存在価値を別れた女性に求める

既婚者の男性が別れた既婚女性と復縁したくなるのは、自分の存在価値をその女性に求めるためです。

存在価値がないと感じているのは、自分の家に居場所がないためです。

子どもがいるならさらに落ち着ける場所は皆無でしょう。

子どもがいる家庭では、夫よりも子ども中心の生活になりがちです。

さらに子どもが数人ともなると、もっと居場所がなくなります。

子ども好きの男性なら何ら不満に思わないところですが、そうではない場合「自分の存在っていったい何?」と首をかしげずにはいられません。

妻は子どもにかかりっきりで取りつく島もないほどだし、かまってもらおうにも素っ気なくされるだけです。

しかし一歩家庭から出ると、そこには同僚の姿あり、友達あり、仲間ありといった具合に自分の存在価値を確かめることができます。

また彼の中でもっとも自分の存在価値を認めてくれる人が、別れた既婚女性です。

別れたあとも彼女に自分の存在価値を認めてもらうために残された選択肢は、復縁だけなのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

既婚者同士の恋愛で別れて復縁してしまう男性心理

精神的にも肉体的につらいとき、癒しを求めずにはいられない

既婚者同士の恋愛で復縁しようとする男性は、精神的にも肉体的にもつらいときにどうしても癒しを求めずにはいられません。

男性にとっての癒しは女性の存在そのものです。

ところが共に生活を営む妻に、癒しを求める男性はほとんどいません。

結婚生活が長くなるにつれ夫婦としての形にも変化が現れますが、たとえば子どもの誕生と共にそれまで夫に注いでいた愛情の全てを子どもに捧げるようになります。

これは母性本能によるもので、夫への愛情とは違うものです。

だからと言って夫への愛情がなくなったわけではありません。

しかし母親へと変化した妻が、もう彼にとって癒しの存在ではないことに気づくのです。

精神的にも肉体的にもつらいとき妻に癒しを求めようにもそれができないとなると、外に気持ちを向けるようになるのは自然な流れなのです。

不倫はお互い様。ずるさも弱さも理解しあっているから楽

既婚者同士の恋愛で別れて復縁してしまおうと考える男性は、不倫関係になるずるさも弱さも理解し合っていると考えます。

お互いにとことん理解し合っているだけに、彼にとって復縁が1番楽なのです。

彼が復縁しようとするもう一つの理由が、家庭では得られない幸福感が味わえるからです。

それと共に、日常のストレスを解放できることに多大なる魅力を感じています。

しかしそれもお互い様で、相手も「ずるいこと」と知って彼と会っているのです。

そしてずるい自分たちをつなげているのが、恋愛感情です。

別れてもなお恋愛感情があるなら、復縁は簡単です。

復縁を実現させる強い意志の根底には「お互い理解し合っている」という、2人に共通した意識があるのです。

お互いに相手を深く知っているので、肉体面だけでなく精神的なつながりも感じている

お互いに相手のことを深く知っていると思うと、彼は既婚者同士の恋愛で別れても「復縁したい」と考えます。

深く知っているのは肉体的な面だけでなく精神的にも深いつながりがあると感じていますが、これは今までに感じたことのない新たな感情です。

その感情とはたとえば新鮮さであったり、熱くたかぶるような気持ちです。

また精神的なつながりを強固にしているのが「それぞれのバックボーン家庭がある」ということです。

それぞれ結婚していて家庭があるならそれをえていくべきところですが、そこに精神的なつながりを見出すことができません。

多少精神的なつながりがあるとしても、求めているものと大きく違うのです。

一方で誰よりも彼女のことを深く知っているうえに精神的に強いつながりがあるとなると、たとえ別れてもいずれ復縁を考えるようになるのです。

割り切った関係と知りながらも相手に甘えたいし、絶対に受け入れてくれるだろう

復縁したい男性は、既婚者同士の恋愛は割り切った関係と知りながら相手に甘えたいと考えています。

そして絶対に受け入れてもらえるだろうと強気です。

なぜなら「別れてもきっと自分のことを好きでいてくれる」と思っているからです。

多くの男性は、別れた彼女はいつまでも自分に気があると信じています。

しかし女性たちにしてみれば「彼女はずっと自分を好きでいてくれるだろう」という思考回路がなぜ働くのか、大変に理解しがたい点です。

女性たちの多くは別れたつらさを早く乗り越えたい一心で、何とか吹っ切ろうと努力します。

その速さは尋常ではなく、吹っ切った後彼のことを思い出したくもないと感じています。

一方で、多くの男性は別れをズルズルと引きずる傾向があります。

このように別れのとらえ方は、男女間で天と地ほどの差があるのです。

既婚男性が別れたあとも「また甘えたいし必ず彼女は受け入れてくれる」と考えるのは、自分自身が別れを受け入れられないからなのです。

同じ秘密を持つ背徳感や罪悪感にゾクゾクする

既婚者同士の恋愛で別れても「何とか復縁したい」と考える男性は、背徳感や罪悪感にゾクゾクしている一面があります。

「誰にも言えない秘密」や「口が裂けても言えない」ようなことがあると、それだけで高揚感を覚えるのです。

このような感情にたまらない魅力を感じるのは、一つの性癖と言えます。

反対に背徳感や罪悪感にさいなまれる既婚男性は、別れたあと完全に距離をおいたりなど決して復縁を求めてきません。

復縁を求めてくるのは既婚恋愛は罪ではないと感じていたり、社会的な倫理に反しているわけではないと思っている男性です。

また強い冒険心を持つ男性も、背徳感や罪悪感をもたずに既婚女性と恋愛関係を持とうとします。

男性ならではのベネフィットが「結婚を迫られることがない」「後腐れなく付き合えるなら既婚女性しかいない」という点です。

相手が独身女性だったらそういうわけにいきませんが、既婚女性なら実にハードルは低いのです。

既婚者同士が別れて復縁するために必要な恋愛スキルと考え方

相手を頼らずに精神的にも経済的にも自立を目指しておく

既婚者同士が復縁するための必要なのは、お互いに自立を目指すことです。

しかも精神的のみならず、経済的にも相手からの自立が必要です。

なぜ自立が必要なのでしょうか?

自立には「相手と適度な距離感をおく」という意味合いもあります。

婚外恋愛は、なぁなぁになりがちなです。

相手に頼っているうちは楽かもしれませんが、そのうちその状態にも慣れてくるとさらに依存度が高くなります。

たとえば金銭面のサポートを頼んだりデートの支払いは全部彼任せとか、週に一度は必ず会うと決めるといった感じです。

スマホチェックをしたがる人や束縛する人も彼への依存度が高いので、気をつけていないと底無しに相手に依存してしまうでしょう。

自立と依存はまるで正反対です。

依存されるよりは自立してもらった方が、家庭を持つ彼にとって何よりありがたいことなのです。

冷却期間は3カ月ほどが目安。復縁話にすぐ飛び付かない

既婚者同士が別れて復縁するまでの冷却期間は、およそ3 カ月を目安としてください。

それ以上長くなると完全に彼は熱が冷めたり、あきらめてしまいます。

また別れてひと月もたたないうちに復縁話を持ちかけても、彼にその準備ができていないことが多いです。

効率の良さを狙うならせめて2カ月後、少なくとも3カ月は空けてください。

その間、彼への連絡は一切絶つよう心がけましょう。

もし連絡したくなっても、グッとこらえます。

冷却期間をうまく過ごすためには、彼のことを考えないようにすることが重要です。

思い切りリフレッシュできることを考え、できるだけ早く実行に移してください。

この時点でどれだけ行動力があるかで、その後の展開も決まります。

とは言え、彼を思い出す方が自然かもしれません。

そういう時は無理に忘れようとすると、逆にもっと思い出してしまうものです。

彼のことを考えても良いのですが、時間を決めるといいでしょう。

時間が来たら彼のことを考えるのはやめ、必ず別のことを始めてください。

戸外でのウォーキングなら気軽にできてリフレッシュにもなるので、おすすめです。

太陽の光を浴びれば、鬱々とした気分もすっきり解消できるはずです。

冷却期間中は待つ姿勢を崩さず、焦りも見せないこと

既婚者同士が別れて復縁するためには、冷却期間中は待つ姿勢を崩さないこと。

そして彼に焦っている様子を絶対に見せないことが大切です。

彼のことが気になるからこそ、別れたことを肝に銘じてください。

執着は本来持つ魅力を半減させてしまうし、どんなに強く復縁を望んでいても実現は遠のく一方でしょう。

しかし焦りを抑えようとすると逆に焦ってしまうので、そういう時こそ焦っている自分を受け入れてあげてください。

焦ることは悪いことではなく、記憶のひとかけらに過ぎません。

今までの経験や思い出したくもないような記憶によって、不安に襲われているだけなのです。

怖がっている自分を受け入れ「大丈夫」「ありがとう」と声がけしてあげてください。

この声がけは心の中で唱えてもOKです。

潜在意識にしっかり届いているので、たちまち不安が消えていくのを感じるはずです。

結婚に期待しすぎず彼の家庭を尊重すれば、彼の好感度が上がる

既婚者同士が別れて復縁するために必要なスキルは、彼の家庭を尊重することです。

また結婚に期待しすぎないようにしてください。

難しいのはわかっています。

しかしこれは彼の好感度を上げるための、唯一のスキルをいうことを理解しましょう。

今まで彼が家庭の話をしてくるたびに、気分が悪くなっていたかもしれません。

確かに家庭の話など聞きたくもないし、彼女としてはまったく関係ないことです。

また家の用事があるからとデートをキャンセルしてきた時、猛烈に怒ったこともあったでしょう。

「怒るのは当然!」と鼻息を荒くしていたら、実はここがうまく復縁するための最も重要なポイントなのです。

復縁後は、彼の話はどんな内容でも真剣に聞く耳を持ってください。

頭では「私には関係ないこと」と思っていても良いのです。

ただ自分には関係のない話だからといって、機嫌が悪くなるようではダメということです。

彼はただ単純に彼女に話を聞いてもらいたいのであって、そこに悪意はありません。

むしろ普通に聞いてあげるだけで、彼女への好感度はグンと上がります。

また家庭を優先するべくデートをキャンセルすることがあっても、その場で彼を許してください。

快く許してあげれば彼は心から悪いことをしたと反省し、さらにもっと優しくなるはずです。

一方で家庭の事情でのデートキャンセルに激怒すると、再び同じようなことを引き寄せてしまいます。

そうなると復縁後の関係継続は、確実に難しくなってしまいます。

彼のことばかり考えず、自分の生活をより充実&向上させる

既婚者同士が別れて復縁するために必要なのは、自分の生活をより充実させたり向上させることです。

別れたことが原因で落ち込んでいるからといって自暴自棄になっていたら、復縁は遠のきます。

仮に復縁できたとしても生活そのものが荒れていると思考も混乱するため、また別れることになりかねません。

「別れたのは自分の生活を向上させるための必然だった」と思うようにしましょう。

この世に偶然でないことは何一つありませんし、良いことを引き寄せるには何と言ってもポジティブなスタンスが重要です。

また考え方ひとつで、今までの状況が全部ひっくり返るほど大きく変わることもあるのです。

彼のことばかり考えて幸せな気分になるならどんどん考えてください。

でも少しでも暗い気分になるなら自分に目を向け、生活の充実をはかりましょう。

彼が褒めてくれるチャームポイントを主に磨きをかける

既婚者同士が別れて復縁するための大前提が、彼が褒めてくれるチャームポイントを主に自分に磨きをかけることです。

より良い自分になること、そして今までよりももっと最高の自分になるための行動を開始してください。

運動によって体を鍛えると、精神の鍛錬にもつながります。

スポーツ選手が皆キラキラした目をしているのは、厳しい練習のたまものだからです。

そこまで厳しく鍛錬する必要はありませんが、今までよりも上を目指すのは良いことです。

また美しさに磨きをかけるために、美容院を変えてみるのも一考です。

たとえば激戦区と言われるような美容院は、それなりに企業努力をしているものです。

彼にとって1番の女性を目指すなら「恋人より親友」

彼にとって1番の女性を目指すなら、断然「親友の関係」がベストです。

恋人ではないのは、恋人は一時的な関係だからです。

それにひきかえ、親友は永続的な関係です。

響きは明らかに恋人の方が強いものを感じますが、永遠に恋人同士でいられるカップルはほとんど存在しないと言ってもいいでしょう。

一瞬にして燃え尽きるような恋愛関係を望むなら恋人同士でも良いのですが、永続的な関係が理想なら恋人よりも親友の関係でいるべきです。

親友と恋人の関係には、大きなギャップがあります。

親友は相手を自由にしますが、恋人はお互いを束縛したがります。

また親友は無条件の愛で相手に向き合いますが、恋人は条件付きの愛を求めます。

たとえば「こんなに愛しているのだから、あなたも愛して」というのが、条件付きの愛です。

それに対し無条件の愛は「相手がどう思っていても私はその人のことが好き」と考えます。

条件付きと無条件とではこれほど違うのです。

このように彼とは親友の間柄でいればもっとも楽に、そして永遠にベストな関係でいられます。

「あなただけ」の特別感を打ち出した悩み相談で、彼との心理的距離をグンと縮める

「あなただから相談するけど」というように特別感を打ち出すと、彼との心理的距離を縮めることができます。

誰にも言えないことを相談してきた彼女に、彼は激しく心を揺さぶられていて「俺だから相談してくれるのか」とはやる心を抑えられません。

彼はすんなり相談を聞いてくれるはずです。

笑顔でお礼を言ったらその後、どうなったかをきちんと報告してください。

そして「おかげさまで助かったよ、アドバイスありがとう!」と、彼を持ち上げるのを忘れずに。

たったこれだけで、彼はもっと彼女の役に立ちたいと思うようになります。

これが彼との心理的距離が縮まったという証拠です。

男性は女性のか弱さに勝てない。あえて弱みをみせる

既婚者同士が別れて復縁するために必要なのは「あえて弱みを見せること」です。

男性たちは結局のところ女性のか弱い部分を見てしまうと、放っておけなくなる傾向があります。

たとえば相手がメンヘラな女性の場合、完全に縁を切れないのは彼女がいつ無謀な企てを起こすかわからず戦々恐々としているからです。

メンヘラ度が高いとリストカットなどの自傷行為によって、離れていく彼をなんとか引き留めようとする女性もいます。

これは極端な例ですがいずれにせよ精神的に弱い彼女とは、別れた後でも彼女に対する何らかのフォローは必要と考えているのです。

彼女の弱った姿を見たら、いてもたってもいられないでしょう。

一方で、男性によっては弱さを見せる女性を「めんどう」とか「重い」と感じ、敬遠する人もいます。

なので相手の性格によっては弱みを見せると逆効果になる場合もあるので、見極めが必要です。

露骨な未練や深刻な恋愛モードはアウト。重すぎず軽すぎない態度が大切

彼と復縁するにあたって、いつも露骨な未練や深刻な恋愛モードになっていなかったか、よく思い出してみてください。

相手に「重い」と思われるのは恋愛関係においてかなりNGなパターンですが、意外にも多いのが現実です。

恋愛モードは「重すぎず軽すぎず」がキーワードです。

とは言え、自分で重い恋愛をしていると気づけない場合もあります。

彼が「(彼女が)重い」と感じている時の態度は、かなり素っ気なく冷たいです。

そのような態度を見せてきたら、一時的に彼と距離をおいてください。

そういう態度になるのは何か理由があるからです。

冷たさが気に入らないからといって、無理やり改めさせようとしてはいけません。

「なんで冷たいの?」と詰問したところで、彼はあいまいな返答をするだけでしょう。

彼の気持ちを尊重するなら、理由は聞かないでください。

少し時間をおけば、彼は元に戻ります。

既婚者同士が別れて復縁するときに気を付けたいポイント

嘘をつかない。彼を引き止めたいなら別の方法を考える

既婚者同士が別れて復縁するときに気を付けたいポイントとして挙げられるのが「嘘をつかないこと」です。

嘘をつかずに済むよう別の方法を考えてください。

彼を引き止めたいと頑張れば頑張るほど、彼は離れていきます。

嘘をついてまで彼を引き止めようとするなら、結局また彼は離れていくことになるでしょう。

また一度嘘をつくとまた嘘をつくようになることに気づいてください。

その場ではうまくいったようでも、彼の信頼を裏切ることになるのです。

嘘も方便と言いますが、自分に正直であるべきです。

しかし「嘘をつくしか方法がなかった、やむおえなかった」という場合、せめて罪悪感を抱かないようにしてください。

罪悪感や後悔は、ネガティブな感情です。

ネガティブな感情は悪い方へと連鎖します。

罪悪感は不安や心配を生み、やがて後悔や自責の念に襲われます。

ネガティブな感情を断ち切らずにいると、さらにネガティブな事象を引き寄せてしまいます。

その一つが、必ず嘘がバレます。

独占欲を捨て彼には家庭を優先してもらうようにすれば、女性としての格が上がる

復縁できたあかつきには、彼を独占したい気持ちを捨ててください。

そして家庭を優先してもらえば、女性としての格がグンと上がります。

非常に悩ましいところですが、慣れてしまえばそう難しいことではありません。

「今までも彼を独占しないよう気を付けてきた」と言うかもしれません。

しかし既婚男性に家庭を優先してもらうのは、心の中は大変な葛藤状態です。

葛藤による苦しみは、抑えようとしても表面に出てきてしまうものです。

どんなに苦労して抑えても家庭を背負っている彼になんらかの反応を示してしまうものなのです。

やはりそこは恋愛関係、彼を独占したくなるのは当然です。

しかし「女性としての格なんて上がらなくていい」と考えるなら、そこで成長は止まってしまいます。

どんな関係であれ人と出会うのは成長するためであって、人を独占したくなるのは独占欲を手放すためです。

独占欲の苦しみは仏教でいうところの、貪欲です。

貪欲は108個の煩悩の中で、もっとも忌み嫌われる3毒の一つです。

「独占したい」という貪欲は、マインドに毒が回るために苦しくなるのです。

苦しみを手放し平和でいるためには、独占欲を捨てる覚悟が必要です。

心して復縁に挑んでください。

「きっといつかはバレる」と既婚恋愛に不安なら、発覚した時のリスクを前もって考えておくこと

既婚恋愛がいつかは夫にバレると不安になら、前もって発覚した時のリスクを考えておくことをおすすめします。

うまくいっている時は不安などどこ吹く風ですが、ちょっとしたことがきっかけで「いつか必ずバレるかも」と不安に襲われるようになります。

女性の勘は大変に鋭いので、その不安は見事に的中することになるでしょう。

そうなってからでは遅すぎます。

想定できる範囲内で、対策を考えておいてください。

しかしバレそうだからと過剰に防衛本能を働かせてしまうと、逆にバレやすくなってしまうため効果です。

また相手によっては、多額の慰謝料を請求してくることも考えられます。

慰謝料の額は数百万円にものぼることはざらで、リスクとしてはこれ以上のものはないでしょう。

脅かすわけではありませんが、これが既婚恋愛のリスクなのです。

彼との復縁できないことも想定しておいて。すがるのは超NG

彼との復縁が心願だとしても、そうならないことも想定しておいてください

突然彼が、既婚恋愛に対して及び腰になるかもしれません。

そうなると連絡も途絶えがちになったり、会うこともままならなくなるでしょう。

嫌われたのか、それとももう会えないのか、超絶不安になるのはこういう時です。

しかしそういう態度の彼に、泣いてすがるのは超NGです。

無理に引き止めても、彼は逃げたくなるだけです。

また彼の目を完全に家庭に向けさせてしまいます。

そうならないためにも、彼に考える時間を与えてください。

彼をコントロールしようとしてはいけません。

強引に動かそうとすればするほど、思い通りにならなくなるのは確実です。

既婚恋愛を経験した男女のアンケートと、実際の体験談をまとめた記事がこちら。
 

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「既婚者同士は別れても復縁しやすい!冷却期間と彼との関係性がポイント」

占い師 姫乃
既婚者同士は別れても復縁しやすいのだけれど、要所要所に大切なポイントが隠れているの。

今後、復縁を考えていたら再度、記事内容をチェックしてみて。

彼が復縁したくなるかそれとも「もう金輪際会わない」と思わせてしまうかは、既婚恋愛の理解度次第と言えるわ。

別れたことで一時的に離れるけれど、あきらめない限り彼との縁は切れないから、あとはいかに彼への執着や依存を手放すかにかかってる。

一つ言えるのは物事に正しい間違っているはなくて「私たちは経験を通して成長するために生まれてきた」ただそれだけなの。

難しく感じることもあるだろうけど、不安になったらまた読み返してみてね。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事