彼氏に会いたくないのは冷めたからじゃない!意外な心理と上手な断り方
※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

好きな彼氏と会う約束をしていても、当日になってなぜか「あんまり会いたくないな・・・」、「なんだか今日は気が乗らない」と思うことはありませんか?

別に嫌いになったわけではないし、ケンカしたわけでもないけれど、今日は彼氏に会いたくないと思ってしまうことはあります。

自分でもはっきりとした理由がわからないので、気になったり、また「会いたくない」と正直に言ってしまうと彼を傷つけたり、心配させてしまうのではという思いから、気が進まないけれどとりあえずいつも彼に会ってしまうということはありませんか?

どんなカップルでも付き合いが長くなれば、どんなに仲が良くても、「会いたくない」と思ってしまうことは誰にでもあります。

そもそも、彼氏だからといっていつも会いたいわけではないと思っている女性もたくさんいるので、「会いたくない」と感じることがない方が不思議なくらいです。

ただし、「会いたくない」という状態がしばらく続くようであれば、二人の関係が倦怠期に入っていたり、実はもう気持ちが冷めてしまったなど、意外な心理的理由があることがあります。

さらには彼に「会いたくない」状態が続いた結果、「別れたい」、「もう好きじゃない」と感じ始めることもあるでしょう。

また逆に、彼の方から突然「会いたくない」と言われてショックを受けることもあるかもしれません。

今回は彼氏に「会いたくない」と思ったときに、彼を傷つけずにスムーズにデートを断る方法や、そもそもなぜ「会いたくない」と感じるのか、その意外な心理について、さらに彼への気持ちが冷めてしまったときの対処法や、彼氏から「会いたくない」と言われたときにするべきことについてしっかりと解説します。

この記事を読み終わった頃には、「会いたくない」と思った時に彼の気持ちを傷つけずにうまく断りながら、自分の気持ちにも素直になれる方法が身についていると同時に、倦怠期を上手に乗り越えて彼と長く付き合える方法が見えるようになるでしょう。

復縁メニューはこちら

彼氏に会いたくないと思ってしまうのはこんな時

仕事などで疲れていてゆっくり休みたいとき

仕事を頑張っている大人の女性なら誰でもクタクタに疲れるまで働いた後、たまには「家でひとりでゆっくり休みたいな・・・」、「デートの約束があるけれど今日は外に出たくないな」という気持ちになるのはごく当たり前のことでしょう。

学生でも、毎日勉強やサークル、バイトなど目も回る忙しさです。うまく休めていない時もあるでしょう。

彼に会いたいという気持ちよりも、「疲れた」の方が勝っている時は、彼と会う約束があっても、「今日は早く帰って寝たい」というのが本音です。

彼氏に家に来てもらって一緒にのんびりするお家デートでもいいけれど、できればひとりで休みたい、その方が心身ともにリフレッシュできるという意見は多くの女性が共感できることでしょう。

そんな風に思う時は、身体が休みたがっていたり、SOSのサインを出している証拠です。

そしてできれば彼とのデートは心身ともにリフレッシュし、コンディションの良い状態で行きたいのが女心。

しっかり休んだ分、次のデートでは100%の自分で彼に会いに行けるでしょう。

そのためにも、必要不可欠な休息と言えます。

生理中で心身ともに調子が悪いとき

女性なら誰しも、生理中のときはイライラしたり、感情の波が普段よりも大きくなったりするといった経験があるでしょう。

そんな時は当然、彼氏に会うどころか仕事に行ったり、友達に会うのもおっくうになりがちです。

男性には生理の辛さはなかなかわからないので、彼の発言が無神経に聞こえたり、ちょっとした一言でイライラしてしまったり、彼に八つ当たりしてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は彼とせっかく一緒にいても気まずくなったりして、楽しめません。

またたいてい頭痛や、身体のだるさ、お腹が痛いなどの身体の不調も伴いますので、薬を飲んでもなんだか身体がだるかったり、頭がぼんやりしたりします。

そんな生理中の期間は彼とのデートにはどうしても向いていないので、家でゆっくり休んでひとりの時間を贅沢に楽しんじゃいましょう。

こうすることで生理中の期間が身体と心のデトックス期間になり、身体と心の調子を整えることもできちゃいます。

久しぶりに女友達と会いたいとき

「彼氏とは週末しか会えないから、いつも週末彼氏とデート。そう言えば最近女友達と全然会ってないな・・・」、「女友達と一緒に泊りがけの旅行やホテルでの女子会をしたいな・・・」
と感じ、女子会不足の状態を感じることはないでしょうか。

彼氏と週末しか会えないという場合は、どうしても週末をデートにあてがちで、そのほかのことに時間を使えなくなってしまいます。

たまには女友達と思い切り遊びたいけれど、週に一回もしくはそれ以下しか会えない彼とのデートを断るのは彼に悪いので気が引けるという気持ちから、なんとなくいつもデートで予定を埋めてしまってはいないでしょうか。

年頃の女性にとっては、デートも女子会も、その両方が充実した日々を送るためには欠かせません。

女子会の楽しさは彼氏とのデートの楽しさとはまったくの別物なのです。

女性同士でしか話せない話題で盛り上がったり、一緒に買い物やスイーツバイキングに行ったりするのは日々忙しい女性にとってはガス抜きのために必要不可欠な潤いです。

恋が盛り上がるのも女友達と思う存分語り合える場があってこそです。

友達と遊びたい時は、彼には後から埋め合わせをするからと言って、たまには女友達との週末を楽しみましょう。

特に何をするでもなく自分の時間をゆっくり楽しみたいとき

人間誰しもときにはひとりの時間が必要です。

特に彼氏と頻繁に会っていて仕事も忙しいと、なかなか思うようにひとりの時間が取れないことがあります。

そんな状態が長く続くと、気づくとなんだか心が酸欠不足のようになって、何をしていても集中できず調子が出ない、というようなことにもなります。

ひとりの時間をたっぷりとって、家でゆっくり見たかったドラマや映画をネットで見たり、漫画を読んだり、はたまた趣味に没頭したりすることは、いわば心のメンテナンスとして、必要な時間です。

たとえば、デートに行くとき、たいてい女性にとってはメイクをしておしゃれして抜かりなく可愛い状態で行くものですが、いつも頑張るお肌も時にはメイクをお休みしてダウンタイムが必要です。

また、目一杯おしゃれに気合いを入れてスカートにヒール、メイクバッチリの状態でいるのは女性にとっては完全武装状態です。

時にはカジュアルに、スニーカーにジーンズで、身体をリラックスさせてあげることも必要でしょう。

女性にとって時にはデートよりも家でひとりで過ごす時間を優先させるのはこれらとほぼ同じことです。

「ひとりでゆっくりしたいから」という理由ではなかなかデートを断りづらいかもしれません。

そんな時には「たまには男友達と遊んできなよ」、「たまには趣味の時間も必要なんじゃない」と聞くことで、彼に「休みはいつもデートばかりでなくても、友達と会ったり好きなことをするのに使ってね」と遠回しに伝えてみてはどうでしょうか。

彼ももしかすると男友達と会ったり、趣味の時間が欲しいなど、あなたと同じ気持ちでいるかもしれませんし、あなたがひとりの時間が必要だと感じていることを察してくれるかもしれません。

デートがマンネリ化し、ワンパターンのデートが続いているとき

長く付き合っているカップルにとってはほとんど避けられないことですが、彼に会うといつもお家デートだったり、いつも行くところが決まっている・・・など、デートのパターンがたいてい決まっている場合は、デートがマンネリ化しやすいです。

「いつものパターンでも悪くはないんだけど、たまには違うことをしたいな・・・」という気持ちが出てくるのも、もっともでしょう。

デートがマンネリ化すると、一緒にいても楽しくないどころか、お互い会話が少なくなり、ドキドキやワクワクといった感動を感じられなくなっていきます。

そして、その状態が続けば、もはや会う前から「今日も同じパターンか・・・」といつものパターンが予測できてしまうので、彼に会うことがもはや楽しみではなくなってしまうでしょう。

その結果、彼に「会いたくない」という気持ちにもつながっていくのです。

こうなると、彼に会うのも、連絡を取ることですら面倒くさく感じるようになるかもしれません。

そしてここまでになると残念ですがこの恋はそろそろ賞味期限切れという証拠かもしれません。

よほど二人が一緒の将来を望んでいて、そのためにこの状況を変えたいという強い決意がない限り、二人の関係に新鮮味が戻ってくることはほとんどありません。

肌荒れがひどく、ニキビができているとき

女性たるもの、彼氏と会うときはできるだけ綺麗な自分でいたいもの。

自分と一緒にいる時はできるだけ「きれいだな」と彼に思ってもらいたいのが女心です。

そのために女性は日々メイクやおしゃれ、ダイエットに余念がないものですが、どんなに美容に気を遣っていても、ある朝起きて鏡を見ると、肌荒れやニキビを発見してしまうことがあります。

そんな日は朝からショックでその日1日ブルーな気持ちで過ごした、ということに見覚えのある人も多いでしょう。

肌の調子はホルモンバランスや睡眠、食事に非常に左右されやすく、また季節の変わり目などにも肌が荒れることがあります。

また、仕事や学校で忙しい女性の場合は、不本意ながらお化粧を落とさずに寝落ちしてしまったり、夜ふかしが原因で肌が荒れてしまうことがあります。

そんな時はどんなにメイクでごまかそうとも限度があり、メイクでも隠せないほど肌が荒れている日は、彼にはとうてい会いたい気分にはなれません。

「肌の汚い自分を見られたくない」という気持ちはもちろん、「生活習慣が乱れていると思われたくない」という気持ちもあるので、彼に会ってもどう思われているかばかりが気になり、自意識過剰になってしまいがちです。

とにかく、女性にとっては肌の調子が心にダイレクトに影響するので、肌が荒れていて、ニキビがあるときは「デートに行っているどころではない!ビタミン剤を飲んで家でゆっくりパックして肌をケアしたい!」というのが多くの女性の本音ではないでしょうか。

彼氏に会いたくないと感じる意外な心理や理由

ホルモンバランスによって気持ちに波がある

女性の場合、生理周期に合わせてホルモンバランスにも周期があります。

特に生理前はホルモンバランスが崩れるため、気持ちが落ち込んだり、イライラしたりしがちです。

特にこれという理由もないけれどなんだか気が乗らない、外に出たくない、人と話したくないということもあるでしょう。

そんな時は一時的ではありますが「彼氏に会いたくない」と思うことがあっても不思議ではありません。

やんわり彼氏とのデートは断って、またデートに行きたい気分になるまで待てば良いだけです。

ただし、ホルモンの周期ではなく、疲れやストレス、心身の不調などが原因でホルモンが低下することがありますので、不調がしばらく続くようであれば「これくらいのことで」と思わず、病院に行って検査を受けることも視野に入れましょう。

気づかないうちに二人の関係が倦怠期に入っている

彼氏とのデートがマンネリ化して「会いたくない」と思うことがしばしばあるようなら、二人の関係は今、倦怠期に入っているのかもしれません。

会っても会話が少ない、いつもデートは同じパターンだけどわざわざ新しいことをするのが面倒くさかったり、また彼氏と会うときにメイクやおしゃれに気を使わなくなった、などが倦怠期のサインです。

付き合いが長くなると、倦怠期はどうしても避けられないことですが、一緒の将来を考えている相手であれば、うまく倦怠期を乗り切ることが必須です。

倦怠期と聞くとどうしてもネガティブなイメージがありますが、これは二人の仲を一層深めるために避けては通れないステップです。

ここを乗り切れば二人の関係は安定期に入ることが多いです。

倦怠期にはまりやすいカップルの特徴としては、「二人の狭い世界に閉じこもりがち」、「付き合い始めてから、お互い友達づきあいが少なくなった」、「自分の趣味や仕事など、個人で熱中できるものがない」などがあります。

つまり、付き合っていてお互いがお互いしか見ていないと、倦怠期にはまりやすいです。

また、女性の場合は彼氏が「自分を幸せにしてくれる」と思い込んでいる場合がありますが、幸せとは自分がつくりだすものなので、人から与えてもらうものではありません。

どんな状況にあっても、幸せはあなた次第です。

逆に、人がうらやむようなどんな素敵な彼氏であっても、あなた自身が愚痴ばかりで不満ばかり口にしているようでは、どんな人といても幸せになれることはありません。

女性は特に、このことをしっかり覚えておく必要があります。倦怠期をうまく乗り切るカップルは、それぞれ友人付き合いや趣味、仕事など自立した個人としての人生があり、お互いを一緒に人生を生きていく上での「パートナー」という風に捉えていることが多いです。

この場合、人生のステップが進むにつれて、お互いを高め合いながら付き合っていけるので、行き詰まったり、小さな世界にこもってしまうことはありません。

倦怠期の訪れを感じたら、二人の関係を見直す良い機会と捉え、今一度お互いの人生にとって二人の関係をどんなものにしていきたいのか一緒に考えてみると良いでしょう。

将来一緒になりたいと思っている相手ならなおさら、倦怠期をうまく乗り切って二人の関係を一層深めるきっかけにしてください。

気づいていたけれど・・・心の中では実はもう彼への気持ちが冷めている

「会いたくない」と思い始めてから、よくよく自分の心に向き合ってみると、実はもう彼のことは「嫌いではないけれど異性として好きではなくなった」、「恋人としてはもう見られない」
という気持ちが隠されていたことに気がつくことがあります。

「会いたくない」という気持ちはその心理の表れです。

付き合っていて自然と気持ちが冷めたという場合もあれば、ケンカや相手の浮気をきっかけに冷めたり、はたまた自分に気になる人ができたという外的な要因の場合もあるでしょう。

いずれにせよ、あなたが自分の気持ちが冷めていることに気がついたのなら、無理に彼に会っていても、彼にも嘘をついているようで失礼だし、あなた自身も本意ではないことをしているのでストレスが溜まる一方です。

ここで別れるにせよ、冷却期間を置いて様子を見てみるにせよ、二人の関係は今、「いったん保留」が必要なタイミングが来ていると言えるでしょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

彼氏に会いたくない時の傷つけない上手な断り方

家庭の事情や仕事など、自分ではどうしようもない理由を使う

彼氏に会いたくないときに、彼を傷つけずに断る最も無難な方法の一つが、家庭の事情や仕事を使った理由にすることです。

家庭の事情や仕事が理由だと、「本当はとても行きたかったんだけど、どうしても行けない」という気持ちをニュアンスとして出すことができる上に、言われた相手の方も、家庭の事情はデリケートで個人的なことなのでなかなか突っ込んで聞きづらく、また仕事の場合も話が複雑になったり、内部事情もあることからそこまで詳細を追求されることはほぼありません。

この理由で断るのが一度きりの場合は、ほとんど突っ込まれずにすんなりと断れますが、何度も繰り返して使った場合は、彼氏に浮気を疑われたり、気持ちが冷めたと思われて、詳しい話を聞きたがられることがあるでしょう。

その場合に備えて、入念なストーリー作りも忘れずに。

また、様子がおかしいと思った彼があなたに直接聞かずにあなたの家族や同僚伝いにそれとなく聞き出される場合もあります。

その可能性がある場合は、人づてにバレないように工夫が必要です。

「今日はどうしても気分が悪い・・・」と体調不良を使う

彼を傷つけずに断れる理由無難な理由その2は体調不良です。

「今日はどうしても気分が悪くて・・・申し訳ないけれど後日埋め合わせをするから」と言えば彼の気分を害することなく、スムーズに断ることができます。

次に会った時には小さなプレゼントを渡したり、彼の行きたかったところに一緒に行くなどすれば、後々まで引きずることはありません。

この方法で断ることのメリットとしては、あなたがボロを出さない限り、嘘であることがバレづらいことが挙げられます。

彼には体調が悪いと言っておきながらほかの人と会ったりしなければ、バレることはあまりないでしょう。

また生理中ならば、あなたに抵抗がなければ正直のその理由を話しても良いかもしれません。

ただし、優しい気の利く彼氏の場合は、体調の優れないあなたを気遣ってお見舞いに食べ物などを差し入れてくれることがあるかもしれませんので、その場合は、少々あなたの良心が痛むことでしょう。

お見舞いに来る可能性がある場合は、「とにかく寝て休みたい」、「病院に行く」などと言っておくのも良いかもしれません。

友達との約束を忘れていた、またはどうしても付き合ってと言われた

1回きりの断り方として使えるのは、「友達と先に約束していたのを忘れていた」、または「どうしても友達に付き合って欲しいと言われた」という理由です。

彼には少しがっかりされるかもしれませんが、謝りつつ、次のデートの約束を取り付けておけば、理解してくれる場合がほとんどです。

たとえ友達との約束は後からだったとしても、「久しぶりに女友達と遊びたい!」という場合は、友達との約束が先だったということにして、デートをキャンセルすることもできます。

ただしこの理由が使えるのは1回限りです。

2回も3回も同じ理由で断ると、どうしても不自然で、彼に怪しまれてしまいます。

また、体調不良や仕事などの王道の理由を使って過去にすでに断ったことがある場合に、1回限りのバリエーションとしても使える理由です。

実際に友達と約束をしていない場合は、万が一後からバレることがないように、彼からあなたの友達に直接連絡を取って確認され得るような、共通の友人の名前は使わないことが鉄則です。

今日は疲れているからゆっくり休みたいとかわいく伝える

仕事などで心身ともに本当に疲れている時は彼とのデートよりも休息を優先させたいのが正直なところです。

でも、前々から約束していて、彼が楽しみにしてくれているデートだったら、断りづらいでしょうし、特にあまり会えない彼だと余計に断ることに罪悪感を感じます。

でも、あなたの心も身体も休まない限り疲れが取れることはありませんし、クタクタに疲れた状態でデートに行ってもなかなか楽しめず、彼に悪いと思いながらデートをすることになってしまいます。

妙齢の女性は日々、仕事に恋に多忙を極めます。

そんな女性こそ、身体が資本です。なので、疲れている時はデートに無理して行くのではなく、男心をくすぐるかわいい断り方を考えましょう。

たとえば、「どうしても疲れが取れてないからゆっくり家で休みたい。疲れているから今日はあんまり可愛くないし、せっかく一緒にいても楽しめない。

貴重なデートの時間に、会うときはいつも楽しみたいから、次回に備えて今日は休ませて欲しい」などと彼に言って、わかってもらいましょう。

「あなたといるときはいつも可愛い自分でいたい」、「せっかくの貴重なデートでは毎回楽しみたい」、「次回のデートを楽しみにしている」と言うことで、彼も男心をくすぐられて、快く休ませてくれるでしょう。

もう好きじゃない…心から冷めたのならこう対処しよう

しばらく距離を置きたいと彼に伝えて、ひとりで考える時間をつくる

あなたがもしも「もう彼のことが好きじゃない」と、気持ちが冷めてしまったことに気づいたなら、とりあえず二人の関係はいったん「保留」の合図です。

積極的に彼のことが嫌いになったというわけでもない限りは、後から後悔しないためにも、すぐに彼に別れ話を切り出すのではなく、とりあえず2、3日は連絡を取ったり、会わずにひとりで考えてみることが大切です。

もう少し時間が欲しい場合は、「しばらく距離を置きたい」ということを彼に伝えましょう。

「距離を置きたい」と伝えることで、わかりやすい形でいったん二人の関係を「保留」するので、彼の方もあなたの気持ちを察して心の準備ができるので、別れ話をする時には受け入れてもらいやすくなるでしょう。

また、一度距離を置いてみることで冷静になって自分がどうしたいのか、彼との将来を今一度考えることができます。

たとえ一時的に「好きじゃない」と思っていても、まだ二人の将来を諦めきれない、今後また彼に気持ちが向く可能性があると思うのであれば、別れずに今の危機を一緒に乗り切るという可能性もあります。

ただし、もうあなたの気持ちが彼に戻ることはないだろうと思うのであれば、二人の関係が今後良い方向に向くとは考えづらいので、別れるのが最良の選択でしょう。

自分の時間と彼と過ごす時間のバランスを見直す

あなたの彼への気持ちが冷めていることに気がついたら、この機会にぜひ自分の時間と彼と過ごす時間のバランスを見直してみてください。

付き合い始めてから休みの日は彼とのデートばかりで、気がついたら自分の時間が思うように取れていなかったり、丸一日何も予定がない日が何ヶ月もずっとなかったりすると、忙しさや自分のしたいことができないストレスから、彼への気持ちが冷めてしまったように感じられることもあります。

そんなときは、ぜひこれまでの自分の時間の使い方を見直してみてください。

例えば、土曜日は彼と会うけれど日曜日は自分のことをするようにしたり、今週末はデートをするから来週は会わない、などと彼と会う頻度やリズムを変えることで、また彼と会った時には新鮮味が増すようになるかもしれません。

また、そうすることで彼と会っている時間がより貴重に感じられ、お互いに一緒にいる時間をより大切にできるので、二人の関係にもハリが出るという良い効果もあります。

それで彼をがっかりさせたり、離れていってしまわないか心配かもしれませんが、ぜひ素直にあなたの気持ちを打ち明けて、「あなたといる時間をもっと大切にしたい」と思っていることを伝えてみましょう。きっと彼もあなたの気持ちをわかってくれるでしょう。

バレないようにこっそりほかの男性と会ったり、デートをしてみる

ちょっとリスクが高いのですが、もしバレない自信があるなら、彼氏以外のほかの男性に会ったり、デートをしてみるのもいいでしょう。

こうすることで、あなたは本当に「彼への気持ちが冷めた」のか、それともただ彼と過ごすことに慣れすぎて、付き合い始めた頃のワクワクやときめきを感じられなくなっただけなのかがわかります。

いったんほかの男性とデートをしてみると、なんだか緊張して落ち着かなかったり、相性が合わなかったりして、「やっぱり彼が一番」と感じる可能性は十分にありますし、彼のかっこよさに今一度気づくことがあるかもしれません。

逆に、出会った男性が素敵に感じられた場合は、「私の彼とは違って気が利く」、「センスがある」などと比較してしまって、いっそう彼氏への気持ちが冷めてしまうこともあります。

出会う相手としては、もともと知っている男友達ではなかなかときめきを感じたりすることもないでしょうから、できれば出会い系アプリを使ったり、合コンに行ったりするなど、知らない男性と会うのがいいかもしれません。

新しい出会いを通じて彼氏のことや二人の関係をより客観的に見られるようになります。

出会った男性を好きになってしまい、彼氏と別れてでも付き合いたいと思い始めた場合は、覚悟を決めて彼と別れる選択をするか、もうほかの男性とは一切会わないようにするのがベストでしょう。

また、内緒でほかの男性に会っていることが彼にバレるとトラブルの元になりますので慎重に自己責任で。

自分の気持ちを正直に彼に話してみる

ひとりでウジウジ悩んでいてももんもんとするばかりで、解決策が何も思い浮かばない!というときは、もう正直にあなたの気持ちを彼に話してみるのも一つの手です。

ただし、あなたが別れたいと思っているのか、それとも別れたくないのかははっきりさせておいた方が良いでしょう。

もしかすると、彼が気になるところを直してくれたり、二人で一緒に乗り越えられるといった可能性もあります。

あなたにも彼にもやり直したい、どうにか続けていきたいという気持ちがない場合は別れることが二人にとって最良の選択です。

彼氏側に会いたくないと言われたらやるべきこと

彼の気持ちを尊重していったん距離を置く

彼氏に突然「会いたくない」と言われたら、ショックで理由を問い詰めたり、1日に何度も電話をかけたり家まで押しかけたくなります。

でも、そんなことをすると男性はうっとうしく感じ、余計に気持ちが遠のくばかりです。「会いたくない」と言われたらその場で理由を聞いても大丈夫ですが、追求しすぎないようにするのが良いでしょう。

今彼は「会いたくない」、「距離を置きたい」、「ちょっと放っておいて欲しい」という気持ちです。

男性がそう感じているときは、その気持ちを出来るだけ尊重して、そっとしておいてあげるのが一番です。

気になるあまり、彼の家まで押しかけたり、電話を何度もかけたところで逆効果になります。

あなたにとっては不安でたまらない気持ちもわかりますが、彼から連絡が来るまではぐっとこらえ、彼を信じて待ちましょう。

気になっても最低1、2週間程度はこちらから連絡しない方が良いでしょう。

状況把握し、自分なりに原因を分析してみる

彼に「会いたくない」と突然言われると、あなたは「嫌われたのかな・・・」、「もう私たちダメなのかな」という不安な気持ちでいっぱいのことでしょう。

ただし、彼と会わないでいるこの不安な期間にもあなたにもできることはあります。

それは、「状況の把握」と「原因の分析」です。

まず、なぜ彼が「会いたくない」という気持ちになったのか、冷静によく考えてみましょう。

たとえば、最近彼とのデートではあなたが彼に甘えるばかりでわがままに見えていたり、彼の仕事が忙しい時にも会いたいと言って困らせたりということはなかったでしょうか。

または、あまりに頻繁に会っているので彼が友達と会う時間や一人の時間が取れていなかったのではないでしょうか。

男性は彼女を甘やかしてあげたい、なんでもしてあげたいという思いから多少のわがままも快く聞いてくれますが、度を超えると重く感じたり、疲れてしまったりします。

「自分のわがままを聞いてくれて当然」というような態度では、彼があなたといて疲れるのも無理はありません。

時には彼をあなたの母性で優しく包んであげるような癒しが必要です。

これらはごく一例にすぎませんが、なぜ彼が「会いたくない」と思うに至ったのか、自分なりに原因を分析してみましょう。

そしてその次は今後のシュミレーションをして、彼と話し合いを始める準備を始めましょう。

基本的には相手から連絡が来るまではこちらから連絡をしない方が良いのですが、それも最大2週間が目安。

2週間もあれば彼の「放っておいて欲しい」欲はある程度落ちついてきますので、すぐには会えなくてもあなたの「話し合いたい」という気持ちは伝えておいて、くれぐれもタイミングを逃さないようにしましょう。

自分磨きをするなど自分の人生に変化をつける

自分磨きをすることも彼に会わないでいる間の良い時間の使い方です。

おしゃれや美容、ダイエットなど目に見える部分はもちろん、英会話や習い事を始めてみるなど、自己成長に役立つことを始めてみるのも有効です。

ひとりでウジウジしていたり、友達に延々と愚痴をこぼしているよりも生産的な時間の使い方と言えるでしょう。

不安な気持ちが紛れると同時に、実際に自分磨きのために行動を起こしている自分自身に対する自信も自然と湧いてきます。

自分の視野も広がり、ほかの男性から声がかかることもあるでしょう。

そして、そんなあなたを見て、彼があなたの魅力に再度気づくことがあるかもしれません。

ぜひ彼にあなたを手放したくないと思わせてやりましょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「倦怠期や彼氏に会いたくない気持ちは誰でも経験すること。上手に乗り越えて

占い師 姫乃
付き合いが長くなるほど、倦怠期はどんなカップルにでも訪れます。

また、同時に彼氏に会いたくないという気持ちも誰もが経験します。

この倦怠期をどう乗り越えるかが、長続きするカップルのコツと言えるでしょう。

倦怠期とは言っても、付き合っていく上でのフェーズのようなもので、ネガティブに捉えるのではなく、「関係を見直すきっかけ」という風に捉えれば、いっそう二人の絆を深める機会にもなります。

ポイントはお互いに依存するのではなく、それぞれが個人として自立した人生を歩んでいることと、お互いが尊重し合っていること。

彼氏は「あなたを幸せにしてくれる存在」として考えるのではなく、あなた自身が自分の力で幸せになることを考えられる自立した女性であることが必須です。

幸せは決して彼が与えてくれるものではなく、自分自身でつくるものなのよ。

そんな精神的に自立した女性であることこそが、本当の幸せをつかむ上で欠かせない、大前提。

そしてそんな成熟した女性は相手のことも尊重して思いやれるのはもちろん、男性も一緒にいて成長できると感じるので、彼に絶対放したくないと思われます。

ぜひ、そんなハッピーサイクルを自ら作り出せるイイ女を目指してね。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事