同棲解消後の男性心理。元彼が「またやり直せるかも」と思わず復縁を考えてしまうスキルのポイント
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

同棲解消してしまうと、彼との別れは決定的になりそうです。

その後もうまく付き合うために、何か秘策はあるのでしょうか?

この記事では元彼が「またやり直せるかも」と思わず復縁を考えてしまうスキルのポイントを、同棲解消後の男性心理を交えながらご紹介していきます。

同棲生活を解消しなければならなくなる理由や、同棲解消から復縁までのプロセス、復縁しない方がいいパターンまで詳しく見ていきます。

お互いに繊細な気分になってしまうこの時期にどう過ごせばいいのか、どう元彼に接すればいいのかが明らかになるはずです。

もし同棲解消して不安だらけだったら、ぜひ読み進めてみてください。

復縁メニューはこちら

夢にまで見た同棲生活を解消しなければならなくなった理由とは

どちらかに好きな人ができたか、浮気が発覚し同棲を存続する気が無くなったから

「どちらかに好きな人ができた」という時、どんなに夢見ていた同棲生活でも解消することになります。

あるいは隠れて浮気したことが発覚、という場合も同棲生活は存続の危機を迎えます。

軽い気持ちで誰か別の女性を好きになったのなら、「まぁそういうこともあるよね」と不本意ながらも受け入れることができます。

たとえるなら好みのタレントや女優などにゾッコンになる時です。

夢中で鼻の下を伸ばしながらテレビを見入る彼の様子に、あなたはあきれるばかりです。

つい自分とテレビに映る女性とを比べてしまいますが、そんな時の気分は「最悪」です。

しかしこれは一緒に住んでいるからには避けられない、日常生活の一コマです。

明らかにファン心理なので、放っておけば良いこと。

ところが問題なのが「彼氏の様子がちょっとおかしい」と感じた時です。

スマホを見る時にいつもコソコソしている、通話する際に家を出ていく時が増える、などの行動が頻繁になったら要注意。

イヤな予感は的中するものです。

離れて住んでいるなら分かりにくい彼氏の浮気も、同棲していれば「即確定」です。

あなたは遠い目をしながら「自分に気がない相手と生活を共にする意味なんてある?」と考え、「いよいよ同棲解消か」と覚悟を決めるようになります。

一緒に住んでみて初めて「同棲すべき相手ではなかった」と後悔したから

一緒に住んでみないと、本当に同棲すべき相手かどうかはわからないものです。

同棲という新鮮な体験にワクワクしたのも束の間、実際に同棲してみたら「これはミスった」とばかり、後悔することも出てきます。

100%うまくいっている同棲カップルを除き、ほとんどの人たちは「後悔」を感じるシーンを迎えます。

これは理想と現実にかなりのギャップがあったためです。

また同棲に対する期待に加え、相手に対する期待もあったはずです。

例えば、「普段はすれ違いが多いから休日には朝からノンビリ」と期待しても、いざ蓋を開ければ「相手との休みが合わなかった」「会社がブラックだから休日が無い」いうように残念な事態になることもあります。

何ごとにおいても期待すればするほど、その期待は裏切られるものです。

ガッカリな現実を目の前に「同棲解消するしかない」と実感するのはこういう時です。

経済的な問題によって、生活を共にする意味がなくなったから

同棲を解消しなければならなくなる大きな原因の一つが、経済的な問題がある時です。

経済的な問題は、相手と生活を共にする意味を失います。

問題をさらに大きくする原因が「あらかじめお金に関するルールを決めておかなかった」ことです。

2人に同等の収入がある場合、きっちり折半するのは難しいのでどう折り合いをつけるかが課題です。

どちらかが多く支払うことが続けば、明らかに不満が溜まります。

これが正式な夫婦なら、不満に思っても仕方がないのでそこは我慢できるところです。

しかし同棲の場合、そのあたりの金銭感覚はとてもファジーで、お金に関する話はタブー視される場合すらあります。

腹を割って話し合うことも避ける傾向があるため、ちょっとした問題が大きなトラブルを招きやすいのです。

このように経済的な問題は同棲生活を解消させる十分な力を持っているため、大きな障壁になる場合が多いです。

相手に対する気持ちが冷めてしまい、同棲ではなく同居になってしまったから


相手に対する気持ちが冷めてしまった時も、同棲生活を解消するきっかけになります。

愛に満ちた同棲生活から一転、単なる同居人との生活ということになってしまいます。

この時の相手に対する気持ちは、同棲に至るまでの恋愛感情とは大きくかけ離れています。

何らかの理由で相手への気持ちが冷めたと言っても同棲生活の場合、すぐにそれを解消できるわけではありません。

同棲とは「生活」であり、それをすぐに変えるためには「費用や手間」という大きなリスクが伴うためです。

たいていの場合、同棲を続けながら様子を見ます。

冷める気持ちに変わりなかったりさらに冷めるようであれば、同棲解消に向けた動きへと進みます。

顔も見たくないほど冷めてしまったのなら、同棲解消まで急ピッチでしょう。

同棲に魅力を感じなくなり、いったんリセットしたくなったから

同棲に魅力を感じなくなることから、同棲解消してしまうカップルもいます。

「この状態で同棲を続けるのは無理」と感じ、今すぐにでもリセットしたくなってしまいます。

これは、夢にまで見た同棲にあっさり飽きてしまったり、意外に面倒なことが多いと分かったためです。

同棲解消したくても、もしお互いに一人暮らしだったらすぐに別れるのは現実的に不可能です。

なぜならそれぞれに家を借りるためには資金が必要な上、家具やその他共有しているものがあるからです。

このように2人の間にある「しがらみ」を考えると「すぐ」というわけにいきません。

しかしリセットが必要と感じたからには、そこから先は引越すための準備を始めることになります。

それぞれが帰る実家があるなら、同棲解消はそれほど大きな問題にはなりません。

時期を見計らって、引っ越す日を決めるだけで済みます。

ケンカやいざこざ、束縛など、あらゆる問題によって日々の我慢が限界に達したから

ケンカやいざこざ、相手に対する強い束縛など、2人の間に介在するあらゆる問題によって、日々の我慢が限界に達することがあります。

同棲を解消するきっかけとしては、これが一番多い原因と見られます。

好きだから一緒に住み始めたのに、同棲は幸福な現実を引き寄せてくれるばかりとは限りません。

好き同士の2人が物理的に近づくと、お互いの縄張り争いのようなことが起きてしまいます。

例えば、自分の快適なゾーンを守るために相手を変えようとします。

相手への束縛は、最も相手を自分の思い通りに変えようとするものです。

特にひどいいざこざを招いてしまうのが「相手の自由を許さないこと」です。

また自分の思い通りにならないこと全てを相手のせいにします。

初めは耐えられる範囲のいざこざでも、そのような状況が重なるといつかは我慢の限界に達します。

我慢の限界の先には「同棲解消」が顔を覗かせています。

「別れる別れない」というケンカを繰り返した結果「お互いに平和を求めるなら同棲解消しかない」ということになります。

別れたあと後悔してる?ホッとしてる?同棲解消した後の元彼の心理を推測する方法

普通に見える時こそ、実はかなり後悔して落ち込んでいる

同棲解消した後、元彼が普通に見える時こそ、実はかなり後悔して落ち込んでいます。

恋人との同棲を解消した後ものすごく落ち込んでしまう心理は、多くの女性には理解できません。

一般的に女性は男性よりも、破局した後の回復が早いです。

男性よりも「吹っ切れる」のに、時間がかかりません。

それに比べて男性は、いつまでも別れを引きずります。

別れた原因が、男性側の浮気という場合でもなぜか落ち込みます。

同棲解消の原因が男性側にあったとしてもいざ恋人と別れとなると、そののつらさは想像を絶するものなのです。

だからと言って落ち込んだ姿を見せることは、プライドにかけても我慢します。

一見何ごともなかったかのように見えても、1人で過ごすひと時、心の中は寂しさでいっぱいなのです。

あなたからのたびたびの結婚話にウンザリしている様子だったら、かなりホッとしている

同棲解消する前、あなたがたびたび結婚話をするようになっていた時、明らかに元彼が聞く耳を持たなかったり、どことなくウンザリしているようだったら、同棲解消にかなりホッとしています。

これは元彼にとって結婚話がとても重く感じていたためです。

「同棲したからと言って結婚しなきゃいけないわけじゃない」と元彼は考えています。

結婚によって自分の自由を奪われることを何よりも恐れているのです。

同棲を選んだのは「まぁ同棲くらいなら別にいいか、縛られることもないだろうし」と考えた結果です。

しかし同棲したらしたで、今度は彼女と一緒の時間が増えるようになります。

女性側が、「同棲の延長線上には結婚がある」と考えている時、2人の会話も自然に将来について話し合うことになります。

「いずれは結婚したい」と願う彼女に対して、いい返事ができないのが結婚を望まない彼氏です。

結婚を望まないのに「結婚したいけど、どう思う?」と聞かれたとしても、聞く耳を持てないのは当然と言えます。

このように同棲中、結婚話にウンザリしている様子があったら、元彼は確実にホッとしています。

同棲中に体の関係がほとんど無かったら、女性としての魅力を感じなくなっている

同棲中に体の関係がほとんど無かったら、元彼が女性としての魅力を感じなくなっている可能性があります。

同棲解消しても、残念ながらそれは変わることはないでしょう。

男性が女性に魅力を感じるのは「すべてをさらけ出した時ではなく隠された部分」です。

もし同棲したら、隠された部分はほぼ無くなります。

こうなると男性の欲求である「もっと知りたい」という感情が起きなくなります。

他の女性に目がいってしまう原因は、このようなことからが多いです。

「彼女をもっと知りたい」と思っても、もうほとんどすべて分かち合っているので知らないことがありません。

男性によっては、相手の女性のすべてを知ることで安心できる人もいます。

しかし多くの男性は、女性の隠された一面に強い興味を抱きます。

同棲した後、彼女に女性としての魅力を感じるのは、同棲直後だけです。

同棲を続けるうちに徐々に体の関係が減っていくのは、もはや避けられないことかもしれません。

 

音信不通になったら、同棲の束縛から逃れられた自由を味わっている

もし元彼が音信不通になったら、同棲の束縛から逃れられた自由を味わっていると見られます。

もちろん「仕事が忙しい」とか「今は元カノを考えたくない」という理由もあります。

しかし同棲の束縛から逃れ、自由になれたからこそ連絡を絶つのです。

この時、焦って連絡を取ろうとしてはいけません。

これは、自由を味わっている元彼の足を引っ張るような行動です。

音信不通がどんなに長引いても、そっとしておけば大丈夫。

放っておかれた方があなたを思い出して連絡を取りたくなるものなのです。

もし気になるようだったら「元気にしてる?」くらいの簡単な連絡を入れてみてください。

自由になりすぎてあなたを思い出すヒマがなかったのかもしれません。

軽く簡単な連絡を入れれば「おっと忘れてた」とばかりに、レスポンスが返って来ます。

まったくしゃべらない状態になるのは、元彼なりに復縁を考えている

元彼がまったくしゃべらなくなる時、元彼なりに復縁を考えている場合があります。

その心理を推測するとたいていの場合、元彼にとって復縁を「やや重い案件」として見ています。

どんなに復縁願望があっても相手のあることですから、なかなか思い通りにはいかないものです。

思い通りにならないことをあれこれと考え、どうにかしようと思案するとどうしても口が重くなってしまうのです。

まったくしゃべらなくなるか、何を聞いても上の空です。

「元彼がこんなに不機嫌な状態なら、やはりこのまま別れてしまうのかも」とあなたは不安に思います。

しかし元彼が不機嫌に見えたり心ここにあらずのような状態の時、元彼なりに復縁を考えている可能性がとても高いです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

「こうなってしまったらもう復縁は無理かも」同棲解消が決定的な別れになるパターン

会話が成立しないか、コミュニケーションがまるでない場合

「復縁はもう無理かも」と思ってしまうシチュエーションが、会話が成立しない時です。

これは決定的な別れになるパターンの一つです。

元彼と話し合いたいのに、まったく話が噛み合いません。

それどころか元彼から避けられている感じがしたり、コミュニケーションもまるでありません。

あなたと元彼の存在そのものに、何かギャップのようなものを感じてしまいます。

借金や金銭感覚の違いなど、お金の問題が絡むと関係修復は難しい。

最も決定的な別れになるパターンが「お金の問題」です。

借金や金銭感覚の違いなど、お金の問題が絡むと関係修復は難しくなります。

お金に関する問題は恋愛関係だけでなく、どのような関係においても非常にシリアスなシチュエーションを招きます。

特に借金に関しては、状況が悪化しやすいです。

同棲する前から相手に借金があることを知らされていなかった時、相手に対する信頼を失うこともあります。

あるいはお互いの金銭感覚に違いがある時も、相手の考えに寄り添うことが難しく感じるものです。

2人で買い物中「こんなに高いものを買うの?」というあなたに対し、相手がもし「安いもんじゃん」と答えたら、その金銭感覚の違いは明らかです。

浪費家は欲しいものがあるといつでも見境いなく、すぐに入手しようとします。

反対に倹約家は欲しいものがあっても、必ずいったん見送ることを心がけます。

この2人が同棲したら、うまくいくのは初めだけかもしれません。

お金を使いたい人と使いたくない人が一緒に住んだらどういう状況になるかは簡単に想像できます。

少なくともお互いに、かなりのストレスとなるのは間違いないでしょう。

同棲解消後に元彼が「もう同棲なんてやめよう!」の一点張りの時

別れが決定的になりそうなのが同棲解消後、元彼に「もう同棲なんてやめよう!」と言われた時です。

同棲解消ですでにその関係がギクシャクしていた矢先の、元彼からのその一言は、残念極まりないものです。

それなりに同棲のメリットデメリットを味わった経験が、そう言わせているのは確かです。

元彼は「同棲にはいいこともあった」と感じていますが「もう同棲はやめよう」と言うからには、デメリットの方に軍配が上がったと言うことです。

そうはっきり言わない限りは、元カノに押されて再び不本意な同棲生活に逆戻りしそうだからです。

しかしこの発言の陰には「しっかり足元を固めて将来を見据えたい」と言う元彼の密かな思いも混じっています。

「ズルズルした同棲は潔くやめて、次のステップへと進みたい」と考えているのです。

そこには「将来的にはきちんと家庭を持ちたい」と言う真面目な願いがある場合も多いです。

 

どちらかの親が2人の交際に難色を示すか反対してきた場合

同棲解消後、どちらかの親が2人の交際に難色を示してきた時、決定的な別れとなる可能性が高いです。

また「今後付き合うことには絶対に反対」と言われた場合は、もっと別れは決定的となります。

このように親が介入してきた時、2人の間で決めるべきことすべてが「NG」と決めつけられてしまいます。

親には親の考え方がありますが、若い世代に比べかなり保守的な意見であることは間違いないでしょう。

もちろん子どもの意見を尊重する親もいますが、「同棲したのならいずれ結婚」で「同棲解消したなら別れる」がスタンダードな考えです。

「(親の意見を聞けないのなら) 後どうなっても知らないよ」などと言われることもあります。

こうなると、親の意見で動かなければならない自分を窮屈に感じます。

しかし家族に心配をかけるわけにはいきません。

結局最後は、親を納得させるか、親の言う通りにするかのどちらかを選ぶしかありません。

「顔を合わせるのすらもう無理」といつも感じている時

「復縁はもう無理」と思える時が「顔を合わせるのももうイヤ」という場合です。

同棲解消までもかなりのストレスを感じていますが、住まいを別にしたと同時に「同棲はもうコリゴリ」と実感します。

一刻も早く引っ越したかった願いも叶い、その後は「やれやれ」といったところでしょう。

「顔を合わせるのが無理」という心理は「生理的に受け付けない」ということです。

例えば元彼の嫉妬心が異常に強かったり、DVや言葉の暴力が日常茶飯事の「モラハラ男」という場合です。

いくら相手のことが好きでも、このような要素がある男性なら「同棲など二度とごめん」です。

別れた後どんなに冷却期間を置いても、別れは決定的なものとなります。

元彼が思わず復縁を考える瞬間を逃さない!同棲解消から復縁を成功させるための理想的なプロセス

距離をおいて元彼をそっとしておけば、復縁を考え始める

同棲解消した後、復縁を成功させるためには「元彼との距離をおくこと」が重要です。

元彼との距離をおくことで、元彼は復縁を考え始めるようになります。

理想的なプロセスのまず初めは「元彼をそっとしておく」ことから始めます。

これは元彼の心のモヤモヤを解消させるためには必須です。

1人になってじっくり考える時間ができることは、元彼にとって何より大事なことなのです。

同棲中、元彼は家で1人になれる時間がほとんどありませんでした。

元彼的に同棲解消は、今までのこと、これからのことをじっくり考えるいい機会が巡ってきたととらえています。

この時にあなたの方から、アプローチをかけたら元彼はますます混乱してしまいます。

復縁を成功させるためには、ここは「ジッと我慢が大切」です。

元彼に気を使いすぎず、以前のように明るくふるまうようにして普通に接する

同棲解消後、元彼が思わず復縁したくなるのが「普通に接すること」です。

元彼に気を使いすぎずに普通に接し、以前のように明るくふるまいます。

もし同棲解消の原因がケンカ別れなら、「そんなことがなかったかのようにする」のがポイントです。

元彼が復縁したくなるのは、元カノの態度次第です。

普通に接するだけで、以前のように付き合える可能性がグンと高くなります。

元彼にとって同棲解消は、少なからずストレスを感じる要素となっています。

「自分もこれだけストレスを感じているのだから、元カノもかなりストレスになっているはず」と考えますが、意外に明るい元カノに心からホッとします。

ネガティブな雰囲気がまったくないので、想像していた険悪な状況とはまるで違っていることに驚きすら感じます。

同棲解消でどんなに心の中がドロドロしていても、元彼と会う時は「何事もなかったかのように接する」と心してください。

復縁への道を切り開いていけるのは、あなたのちょっとした努力も必要なのです。

結果的に同棲解消でリセットできたのはプラスだったと前向きに考える

元彼との同棲解消で「2人の関係をリセットできたのはプラスだった」と前向きに考えることは、とても大切です。

同棲から同棲解消までいろいろあったけど、結果的に良かったんだ、と思った時、前向きのそのエネルギーが元彼の心をつかみます。

逆にネガティブな思いにとらわれ続けた時、マイナスのエネルギーがあなたの復縁願望を遠ざけてしまいます。

別れた後、いつまでも愚痴や不満を言い続けるのはやめ、問題があれば解決するように努めます。

愚痴や不満を言うだけでは何も解決しません。

言いたい気持ちが出てきたらグッとこらえ、気分転換をはかりましょう。

ただ単純にぐっすり眠るだけでもネガティブな思いを消す効果があります。

同棲解消そのものはマイナスな出来事だったかもしれません。

しかしそれを無理やりにでもプラスに考えるようにすれば、復縁はそれほど難しいものではなくなります。

やるべきことは、今からすべてのことを前向きにとらえるだけです。

同棲中に起きた問題を進んで解決するように努める

同棲解消から復縁を成功させるプロセスに必ず加えたいのが、「同棲中に起きた問題を進んで解決する」ということ。

2人が寄り添う形で同棲した時、1人で生活していた時には予想もつかなかったような問題が起きるものです。

問題の中には責任を伴うものや面倒なこともあったはずです。

例えば住まいや地域に関する問題、あらゆる支払い関係など、つい後回しにしたくなるものばかりです。

また同棲中は、お互いの感情的な問題もいろいろと出てきたことでしょう。

同棲しなければわからなかった、どちらかと言うと面倒な感情のぶつかり合いも、できるだけ早く解決する必要があります。

面倒だからこそ再び同じことでぶつかり合うことは、何としても避けなければいけません。

このように様々な問題に的確かつ迅速に解決するよう努めるだけで、その後の復縁が早いです。

お互いに「楽しみ」と思えるためには、会うのは半月〜月に一度くらいがベスト

お互いに「相手に会うのが楽しみ」と思えるには、半月〜月に一度くらいの約束がベストです。

「会う頻度」は、復縁を成功させる理想的なプロセスとしてとても重要なことです。

同棲解消したあたりではいったん会うのを避け、数週間〜数ヶ月程度の冷却期間を置きます。

この頃になれば気持ちはすっかり落ち着いているので、元彼に「ご飯でも」と声をかけてみましょう。

冷却期間さえおけば、元彼は「待ってました」という気分に間違いありません。

最低限、悪い気はしないものです。

ここからが復縁に向けてのプロセスのエピローグです。

自然に復縁するのが理想であれば、次に会う約束はせず別れましょう。

元彼が復縁する気があるなら、ここでなんらかのアプローチがあるはずです。

もし何もアプローチがなくても、ガッカリしないで。

半月後にあなたから誘ってみましょう。

元彼が二つ返事で誘いに乗ってくれたら嬉しいですよね。

会ったその日も楽しい時間が過ごせた時、元彼は復縁を含めた今後のことを真剣に考え始めます。

同棲解消しても別れずに済む方法はある!同棲解消を踏み台にして幸せになるケース

寂しくなってあなたに会いたくなるようにするには「元彼を放っておく時間を作る」しかない

同棲解消を踏み台にして幸せになるには「元彼を放っておく時間」を作りましょう。

誰でも放っておかれると、寂しくなってしまうもの。

その心理を利用し、あなたはただ放っておくだけで良いのです。

もし元彼のことが気になったら忘れてしまえるよう、趣味や女子会など楽しい企画を次々に計画し、忙しくしてください。

元彼から「近づきたい」と思わせるには、こちらは離れるしかないのです。

この方法にもしデメリットがあるとしたら、元彼の出した「かまってサインが面倒に思えること」です。

これは元彼への執着がなくなったことを表しています。

このように元彼から愛されるには、あなたがちょっと引いた方がベスト。

その代わり元彼の「ねぇかまってよ」が増えるかもしれません。

それをうっとおしいと思うか、愛されていると思うかは、あなた次第です。

連絡はマメに取らない!向こうからの連絡を待つくらいがちょうどいい

同棲解消後、別れずに済む方法としてマストなのが「連絡はマメに取らない」ということです。

向こうからの連絡を待つくらいがちょうどいいかもしれません。

相手から連絡がないと不安になってしまう人には、ちょっと高いハードルかもしれません。

「いつまで音信不通なんだろう?」と気持ちが揺らいでしまいますよね。

これもお伝えしている通り、元彼との関係を良好にするためには「相手との距離をおくこと」が必須なのです。

相手の自主性を重んじましょう。

元彼が「連絡を取ろう」と思うタイミングを見計らっている時に、あなたから連絡が来ると多かれ少なかれ混乱します。

「いつ連絡くるかなぁ、まぁいずれは来るだろうけど」と、なるべくなら待たない姿勢が大切です。

連絡が来ないことにイライラしてしまうとどんなにきれいにメイクしていても、魅力半減です。

元彼は「大事にされている」と感じれば、優しくしてくれる

もし元彼に優しくして欲しかったら、元彼が「大事にされている」と感じさせる工夫をします。

同棲解消に至るまでには、お互いに相手を大事にしてこなかったことも一つの原因です。

相手の行動に不満をあらわにする、相手を縛ろうとする。

これらの行動は、相手にとってかなりマイナスな印象です。

少なくとも大事にされているとは感じません。

同棲生活の目的のほとんどは、生活を共有することです。

相手を思い通りに動かそうとしても、それは無理な相談なのです。

もし何かやってもらおうとしたら「やるのが当たり前」と思うと間違った方向へと進んでしまいます。

「やってくれると嬉しいな」とお願いし、「ありがとう」の感謝を伝えることが相手に対する礼儀です。

でも「わかっているけどなかなかできない」という人も多いです。

元彼を大事に思ってもついぞんざいな態度で当たっていたかもしれません。

これは潜在的な「我慢」が原因です。

「自分だけがやっている」「自分だけが苦労している」というような我慢が続くと、いつかは爆発してしまいます。

ケンカへの誘発材料となって、あっという間に「別れ」となるでしょう。

これを未然に防ぐには「相手に対する感謝」しかありません。

自分がどんなに苦労していても、相手はもっと苦労しているかもしれないのです。

それを思いやってあげれば、相手からも思いやってもらえます。

大事にされたいのなら、もっと相手を大事にするべきなのです。

「同棲解消で思い悩んだこと」を聞く側に立てば、元彼はあなたを信頼するようになる

元彼が「同棲解消で思い悩んだこと」を聞く側に立つようにすれば、同棲解消しても別れずに済みます。

これは信頼関係が成り立った証拠です。

同棲生活するには信頼関係はマスト。

しかし同棲解消してしまったが最後、お互いに築き上げた信頼関係は、あっという間に崩れてしまいました。

相手に対する期待が高かっただけに、心のダメージも深くつらいものです。

こういう時こそ、傷だらけの心のダメージを修復する必要があります。

方法は「相手の話をじっくり話を聞いてあげること」のみです。

あなた自身も本当は「聞くより聞いてもらいたい」と思っているはずです。

でもまずは元彼の話を聞いてあげてください。

固く蓋をした心を開けられるのは、共に同棲生活を送っていた「あなた」しかいません。

ところがダメージを負った心を開く作業は、痛みを伴うものです。

悲しみや苦しみの感情に襲われるかもしれません。

しかしここは一切、反論、意見を言わず「聞くこと」に徹します。

この時少しでも反論や意見でもしようものなら、復縁は難しくなってしまいますから注意してください。

心を開いて話すことができた元彼は、あなたが想像するより爽快な気分です。

辛抱強くあなたが話を聞いてくれたことに感謝し、今度はあなたの話を聞く側に回ってくれます。

一連のこのプロセスによって、よりいっそう2人は強い信頼関係で結ばれます。

元彼に不満があっても「パーフェクトな人間はいない」と考えれば、別れなくて済む

同棲解消が別れのきっかけにならないためには、元彼に対する不満があっても「パーフェクトな人間はいない」と考えることが大切です。

別れる、別れないは、究極あなたの考え方次第と言えるでしょう。

どんなに優れて見える人でも、どこかに欠点はあるものです。

また周囲のカップルたちがどんなに幸せそうに見えても、それは外見だけかもしれません。

人目につかないところで、壮絶なバトルを繰り広げているかもしれないのです。

この世にパーフェクトな人間はいませんし、付き合いが長くなるにつれ必ず相手のマイナス面が目についてしまいます。

そのうちマイナス面を探し始めたりもします。

これは健全なリレーションシップにあってはならないことです。

相手の良い面だけを見るようにしなければ、思い通りの幸せは得られません。

同じように「パーフェクトな人間はいない」と考えることもとても大事です。

同棲解消した後別れずにうまくやっていくためには相手のマイナス面はスルーし、良い面だけにフォーカスする習慣を身につけましょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「同棲解消後、元彼が"またやり直せるかも"と思わず復縁を考えてしまうスキルのポイントは、あなた次第!」

占い師 姫乃
同棲解消後、元彼が復縁を考えてしまうスキルの重要なポイントは、結局「あなた次第」なの。

この時期、元彼は自分に自信をなくしているから、無駄に復縁を迫ってしまうと逆に相手を遠ざけちゃう。

程よい距離感と、相手に対する思いやりが必ず復縁を実現させると言っても過言ではないわ。

どんなに元彼が好きでも「見守る姿勢」が大切で、後は元彼がどのような反応を示すかで、あなたの対応も変えていく、といった言わば駆け引きのようなスキルが求められるの。

要所、要所でしっかりポイントを押さえておけば大丈夫。

くれぐれも同棲解消をネガティブにとらえないことも大切よ。

「元彼とより良いリレーションシップを築くために必要なことだった」と理解しましょう。

あなたの末長い幸せをいつも応援しています。

【期間限定・8月9日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事