※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

「彼に”重い”と思われるのだけはイヤ!」

そう考えているのなら、この記事をぜひ読んでみてください。

まずは「重さ診断」にチャンレンジ。

続いて詳しい改善方法もご紹介します。

あなたが彼にもし「重い」と思われていたら「それはなぜなのか?」すべての謎が解明できます。

反対に「ウチの彼氏、重いんだよね」という場合も、その心理状態を解き明かしていきましょう。

解決の糸口は「男女の基準の違い」にあります。

これさえわかれば、明日からはもう困ることも悩むこともなくなります!

 

復縁メニューはこちら

そもそも恋愛における「重い」ってどういう意味?

自分にとって付き合っている相手がとても重荷に感じること

恋愛における「重さ」とは、相手の存在そのものが重荷に感じてしまうことを言います。

命の大切さを訴える時の「命の重さ」とは言葉は同じようでも、まったく違う意味の「重さ」です。

恋愛における重さは、少なくともポジティブなものではありません。

もしかすると自分が彼の重荷になっているとしたら、これは大問題。

彼が好きだからこそいろいろ頑張ってやってきたことが「すべて重い」と思われているとしたら悲しすぎます。

どうすれば「重い」と思われないようになるのでしょうか。

恋愛関係は、あらゆる人間関係の中でも特にその関わり方が密接です。

相手との距離がとても近いがために、あらゆる問題を引き寄せてしまうことも少なくありません。

もし問題が起きたとき解決法がわからなければ、最悪別れることになる可能性もあります。

このようなことから、手遅れにならないうちに早期に改善することが求められます。

彼に「重い」と思われそうなのはどのようなときか、詳しくみていきましょう。

いつも相手に振り回されたり縛られるため「自由がない」と感じる

「重い」と感じさせてしまう理由の多くは、相手の存在によって「自由がない」と感じるときです。

具体的には、何かと相手に振り回される、縛られるような気がする、口うるさい、細かいことまで口出ししてくる、といったことです。

自由がないと感じると息も詰まるようにな気分になり、次第にストレスが溜まります。

人は誰でも自由を奪われると、そこから逃げたくなるものです。

ところが恋愛関係にあると、イヤだからといってすぐに相手から逃げるわけにもいきません。

逃げられないまま不自由さを味わいながらも我慢するしかないのです。

このような状態になると思考停止状態となり、相手のことをただ「重い」としか感じることができなくなります。

ネガティブな出来事があると必ず相手のせいにすること

「重い」と言われる人は、ネガティブな出来事があると必ず相手のせいにする癖があります。

相手のせいにして自分の保身をはかろうとする姿勢は、「めんどくさい」と感じると同時に「重い存在」でしかなくなります。

また相手のせいにする人は、いついかなるときでも「自分にはまったく責任がない」と思っています。

例えば何か問題が起きたとき逃げの体勢になるため、職場や友人関係でも「まったくめんどくさくて重いヤツだ」と、陰口を叩かれることになります。

そのようにめんどくさくて重い相手と、もし一度でも恋愛関係になったら、さらにその重さを感じることになるでしょう。

相手の都合も考えず何かと頼ってくるがまったく反省の色がない

相手を頼りにするのは、恋愛中ならよくあることです。

頼りにできる相手がいればさらに幸せというもの。

しかしそれが行き過ぎると「相手が重い存在」になってしまいます。

相手が格別に優しくて自分の言うことを何でも聞いてくれるなら、なおさらそのような状況を招きます。

恋愛中の優しさは「初めだけ」です。

頼られ過ぎが相手にとって負担に感じるようになると「なぜ俺の気持ちを汲み取れないのか」というような腹立たしさを覚えるようになります。

当然のことながら相手の都合を考えず、自分のニーズを満たそうとすれば嫌われるだけです。

このようなシチュエーションは「空気が読めない人」によくあるパターンです。

なぜなら、相手の気持ちが汲み取れないことも相まって、その態度に反省の色がまったくみられないためです。

「何が悪いの?」と逆に質問されてしまうかもしれません。

「お金がない」のを理由に相手に経済的負担をかける

経済的負担をかけることも相手に「重い」と思わせてしまう原因の一つです。

恋愛関係の2人がお互いうまくやっていこうと思うなら、経済的なバランスはとても重要なことです。

どちらか一方に支出が増えないように、暗黙のうちにバランスを取ろうとするものです。

しかしもし相手から「お金がない」と言われたら、自分がなんとかするしかありません。

また相手の口癖が「お金がない」なら、本当にお金がないのか、経済的支援が欲しいのか、判断しかねるものです。

そんなとき、いつでも潤沢にお金が回っていれば問題ありませんが、そうでないことの方が多いもの。

ギリギリで生活しているなら特に、自分の経済的負担が日々大きくなるにつれ相手のことが「重い」と感じるようになってしまいます。

原因が複合的で解決できそうもないから、別れるか距離を起きたいと思われる

「重い」と感じる原因が一つに特定できずいくつかある場合、相手が「距離を起きたい」と思うようになります。

「相手の重さ」に決定的な原因がないと、なんとなくイヤな気分を抱えたまま我慢せざるを得ません。

しかし我慢にも限界があります。

そもそも相手を「重い」と感じること自体がストレスです。

かと言えそのストレスを抱えたまま何もせずにいても、結局何も変わりません。

解決策が見出せないと、やがて「距離をおきたい」ということになるでしょう。

距離をおきたいということは「いずれ別れるのも視野に入れている」ということです。

それほど「相手が重い」ということは、恋愛関係を続けていく上でネックになるものです。

暗に結婚を匂わせるような言動がたびたびある

恋愛中、相手に「重い」と思わせてしまうワードに「結婚」があります。

暗に結婚を匂わせるような言動があると、迷わず相手は「重い」と感じてしまうでしょう。

結婚にまつわる言動がたびたびあると、その重さにさらに負荷がかかります。

相手が「結婚を前提として」と考えているのであれば、結婚に関するトピックは逆に嬉しいかもしれません。

婚約中ならなおさらです。

しかしそうではないとき、「結婚」という言葉は、一切使わない方が無難です。

どんなに彼と結婚したくてもまだ時期尚早な上、ガツガツしていると思われてしまいます。

焦っては元も子もありません。

結婚は相手の存在があるからできること。

独りよがりの態度で相手に接すると「重い」と思われるだけです。

価値観を無理強いされる

相手の価値観を無理強いされたら、誰でも「重い」と感じてしまいます。

恋愛中の場合も相手に無理強いしているつもりはないけれど、つい自分の価値観を認めてもらおうと一生懸命になるものです。

例えば休日の過ごし方や、デートしたい場所、食べ物の好みなど、自分の好みや趣味などの価値観を相手と共有しようとします。

しかしいくら相手が好きだからといって、すべての好みや価値観を共有できるわけではありません。

それらを無理強いされると起きる感情は「抵抗」だけです。

抵抗を感じると、次に「重い」という感情へと移行してしまいます。

価値観の違いから「相手が重い」と感じるようになると、恋愛関係としてはやや致命的と言えるでしょう。

相手のことを考えず自分の考えを押し付ける

相手のことなどお構いなしに何でも自分勝手に決めてしまったり、自分の考えを押し付ける人も「重い」と思われる対象になります。

また「こうでなくてはいけない」という決め付けや、かたよった物の見方も同じように「重い」と思われます。

どんなに自分の考えが正しくそれを相手に認めてもらいたいからといっても、自分の考えを強引に押し通すのはNGです。

いわゆる「ゴリ押し」な状態が続くと、相手の我慢も限界に近づくでしょう。

ゴリ押しに我慢している時点で、相手は「重い」としか感じられなくなっています。

徐々に相手は話を聞くのさえめんどうになってしまいます。

 

彼氏にこんな特徴があったら「重い男」と診断できます

自分のことを好きかどうか確認したがる

自分のことを好きかどうか、いつも確認したがるのは確実に「重い男」です。

これは、相手が自分に対して愛情があるかないかをいつも確認しないと不安になってしまうからです。

いつか彼女が自分の元を去っていくのではないか、自分を嫌いになってしまうのではないか、という不安でいたたまれない気持ちでいるのです。

また「俺のこと好き?」と聞いたときに、相手からどんな返事が返ってくるかわかっていてもなぜか聞いてしまうのです。

彼女としては「もうめんどくさい!」の一言につきます。

「他に気の利いた話題はないの?」という気分でしょう。

人をねたんだり焼きもちを焼くなど凄まじい嫉妬心がある

彼氏がよく人をねたんだり凄まじいほどの嫉妬心がある場合、もっとも重度の「重い男」です。

焼きもちを焼かれても、それがごくたまになら許せる範囲です。

逆に「愛されてる」と思えて少し嬉しくなりますよね。

でもしつこいほどの嫉妬心を激しく燃やすようであれば、さすがにその重さにイヤ気がプラスされるでしょう。

イヤ気がさしてしまったらどんなに魅力的な彼氏でも、その価値はグンと下がってしまいます。

大幅に価値を下げてしまった彼は、彼女を苦しめる嫉妬心が自分の不安から起きていることに気づいていません。

そのため「重い男」と烙印を押されてしまった彼氏は、そこから抜け出すのは簡単ではありません。

彼女の行動の一部始終をすべて把握しようとする

彼氏が彼女の行動の一部始終をすべて把握しようとするなら「重い男に決定」です。

彼女のスマホをのぞき見しようとしたり、あろうことか「スマホ見せて」と言い放つ男性もいます。

スケジュールはどうなっているのか、lineの友達に男性はいるのか、など、自分が知らない彼女の裏側について何とか知ろうとします。

時には連絡をしてこないのに腹を立て「何してた?」「何で連絡できない?」と問い詰められることもあるでしょう。

このような行動をとる原因は、彼女のことをすべて知らなくては満足できないからです。

また行動をすべて把握すれば、彼女を支配できたかのように勘違いするためです。

このように重い男は常に、彼女の動向が気になって仕方がありません。

lineの頻度が多く必ず返信するよう要求する

lineの頻度が多すぎる彼氏も「重い男」です。

ヒマだからなのか、あるいは彼女いつでも関わっていたいからか、1日に何度もlineしてきます。

その内容も、大したことではありません。

返信を急がないような内容だからと彼女が既読スルーでもすれば、怒りやイヤミのlineを送ってくるのも「重い男」の特徴です。

さらに、lineを既読にしたなら、そこで必ず返信するように要求します。

このような状態の日々が続けば「重い」どころか「めんどくさいから別れたい」ということになるでしょう。

着信があったときは必ず出るかすぐに折り返すように命令する

lineを強制するだけでなく、着信についてもうるさいのが「重い男」です。

彼女は「もうカンベンして!」と泣きたくなるのをジッとこらえてばかりでしょう。

lineよりもめんどうなのが「通話」です。

「仕事中は私用の電話には出られない」という人がほとんどですが、それを察している人なら通話に関して無理な要求はしないはずです。

ところが、そこが「重い男」たるゆえんです。

自分の思い通りに物事が進まないと、何とかしようとあがき、相手を変えようとします。

そこで「着信があったら必ず折り返せ」と要求してくるのです。

彼女としてみれば「何でそこまで通話にこだわるの?」と疑問に思うでしょう。

しかし重い男は、自分の行動を変える気はさらさらないのです。

 

気に入らないことがあるとすぐに不機嫌になったり怒ったりする

重い男の多くは、気に入らないことがあるとすぐに不機嫌になったり怒ったりする性質があります。

特に彼女に対しては、とても些細なことで機嫌が悪くなります。

自分の思い通りにしてくれない、自分の言う通りに動いてくれない、などがその理由です。

一度機嫌が悪くなると、しばらくその状態を引きずります。

彼女が謝ろうが、ご機嫌を取ろうが、何をしてもダメなままです。

もし相手が重くない男性だったらどんなに機嫌を損ねたとしても、相手が謝っているのだから「まぁいいよ」と許してくれるでしょう。

しかし「重い男」は、かたくなに許す気配を見せません。

元々重い男が、さらに重い存在になるのはこのようなときです。

相手の都合はお構いなしですぐに何でも勝手に決めてしまう

相手の考えを無視し、すぐに何でも勝手に決めてしまうのが「重い男」の特徴の一つです。

重い男を相手にしても疲れるだけですから、彼女の方は「あきらめの境地」といったところでしょう。

あらゆる決定権は「重い男」である彼に委ねることになります。

仮に彼女の方が何かを決めなければいけない時も、それを否定的にとらえるのが「重い男」です。

「そんなのダメ!」とか「嘘でしょ?」というように、まるで彼女を変人扱いします。

このように何かにつけマウントをとる態度の彼氏は、誰が見ても「重い男」です。

恋に恋するタイプのため「君が生きがい」と言う

「君が生きがいだよ」と言われたら、よっぽどでない限り、誰でも「ちょっと重いな」と感じるものです。

これは恋に恋するタイプの人が言ってしまいがちなセリフです。

どちらかといえば女性に多いセリフなので、これを男性が言ってしまうとかなり「重い発言」になってしまいます。

しかし男性の草食化傾向に伴って、このような発言をする男性がグンと増えました。

「生きがい」と言われたとたんに、どっかりと全体重で上からのし掛かられた気さえするでしょう。

その重圧に耐えられず、ギブアップしたくなるかもしれません。

しかし「君が生きがい」と言った本人は、まさかそれほど重圧をかけているとは夢にも思ってません。

これこそ「潜在的依存心100%」といったところでしょう。

発想がネガティブで不安を感じていることが多い

口を開けばネガティブなことばかり。

これも重い男の特徴的な性格です。

考えることや発想のほとんどがネガティブなのは、深層心理に「不安」が隠れているためです。

防衛本能と言えば聞こえはいいですが、自分を守るための行動が無意識となって現れています。

迷惑千万なのが彼女の方です。

彼の前でいくら明るく振る舞ったとしても「重い男」は一刀両断で切り捨てるでしょう。

足を引っ張られた状態の彼女は、もはや「なす術なし」です。

リスキーなことを想定するなら、彼女も彼と同じようなネガティブな性格に染まってしまう可能性も出てきます。

楽しいはずのデートも、ネガティブなことばかりのつまらないものになってしまうでしょう。

元彼がどんな未練を感じているのか?そのサインについては、こちらの記事がおすすめです。
 


 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

重い女の診断はこちら!この基準に当てはまるならあなたは重い女性です

彼に会えない時、心細く感じたり寂しくて仕方がないことはある?

・いつも寂しくてついメソメソ泣いてしまう …… 5点

・時々無性に寂しいことがある …… 3点

・寂しく感じる時はめったにない …… 1点

気づくと自分だけがしゃべっていて彼氏が困った顔をしているようなことはある?

・たいていいつも自分だけがしゃべっているので彼氏が聞く側になることが多い …… 5点

・時と場合によるが、自分がしゃべることの方が多い …… 3点

・いつも会話のピンポンを楽しめているので、どちらかが黙ったままということはない …… 1点

2人で将来のことを話し合っているときが一番ワクワクする?

・2人で将来のことを話し合っている時が一番ワクワクするけれど、彼があまり乗り気じゃない感じがする …… 5点

・2人で将来のことを話し合いたいけれど、ほとんどその話にならない …… 3点

・将来のことを話し合うより、いつも「今を楽しみたい」と思っている …… 1点

彼氏が浮かない顔をしていると気になって仕方がない?

・彼氏が浮かない表情をしているのは「自分に原因があるから」と深刻になり彼氏に「どうしたの?」と聞いてみる …… 5点

・「何があったんだろう?」と気になるけれど、きっと疲れてるんだろうなと思うようにしている …… 3点

・彼氏が浮かない顔をしているときは「そっとしておくのがいい」と思っている …… 1点

あなたは重い女?「診断結果」発表!

20点
かなり重い女になっています。

彼に気を使うあまり、彼の顔色を伺ったりしていませんか?

機嫌の良し悪しは自己責任のはんちゅうです。

もしあなたに原因があったとしても、彼の機嫌は彼にしか治せないものです。

あなたが一生懸命に彼氏の機嫌を直してもらおうとしても「はい治りました」というわけにはいかないのです。

また普段から彼氏の機嫌を損ねないようにと努力しているようであれば、それも「重い」ととられてしまいます。

彼に尽くしすぎたり、彼を思い通りに動かそうとするのはもうやめましょう。

そのエネルギーを自分へと向ければ、もっとあなたが輝くはずです。

18点〜12点
場合によっては重い女になっています。

そのままでいくと、もっと「重い」と思われてしまうので要注意。

もうすでに彼があなたのことをたびたび「重い」と思っていたら、彼の気持ちが離れていくことも考えられます。

今からならまだ間に合います。

彼のニーズを満たしてあげようと一生懸命になっていたら、少しだけ彼との距離をおきましょう。

毎日のようにあなたから連絡をとっていたなら一日おきにする。

彼との会話するとき一方的にあなたがしゃべるのではなく、彼にもしゃべってくれるようにうまく誘導する。

まずは、以上のことをやってみてください。

8点以下
彼氏に「重い」と思われることがあっても、特に問題のない程度です。

空気が読めるタイプなので、もし「重い」と思われることがあったとしてもそれを悟ることができるはず。

今のままでも心配ありません。

ただし状況によっては「重い」と思われることも出てきます。

彼の考えを全否定したり彼を変えようとすることだけはやめましょう。

しかし付き合いが長くなればなるほど、相手を変えたくなるものです。

ケンカになりそうなときや相手が引き気味のとき「重いヤツ」と思われています。

解決策は「あなたも数歩引くこと」。

いつまでも仲良くいられるためには、意図的に居心地の良い距離感を保つことが大切です。

 

重い男性に効く!恋愛で重くなるのを改善する方法

重い男の重さを回避するには「距離をおく」

彼氏が重い男で、ここ最近ますます重さを増しているようだったら「距離をおく」ようにしましょう。

彼との距離をおけば、彼自身が1人で考える時間を作ることができます。

一般的な男性は何か問題が起きた時、誰かに相談するということはほとんどありません。

相談はせずに「一人きりになって考える時間が欲しい」と考えます。

「彼との仲がうまくいっていない」というときほど、彼氏を1人にしてあげる時間を作ってあげましょう。

彼氏が一人きりで過ごす時間は、その後の2人の関係をさらにより良いものにしてくれるでしょう。

彼よりマメな愛情表現が彼を安心させる

もしあなたが「ベタベタするのは嫌い」だとしたら、彼が重い男になるのは目に見えています。

彼はもっとあなたに甘えたいのかもしれません。

もしそうだとしたら「彼女にもっと甘えられたら安心できるのに」と思っている可能性大です。

でもあなたがいつもクールな対応だったら、彼ははっきりしないネチネチとした態度になってしまうでしょう。

もし心当たりがあるなら、今よりほんの少しだけ愛情表現を増やしてあげてください。

たったそれだけで「重さ」を回避できるはずです。

このように「重い原因」が判明し改善できるようなら、すぐにやっていきましょう。

ネガティブな雰囲気になったら「笑えるネタ」を探す

彼が重いと感じるとき、たいていネガティブな雰囲気になっているものです。

このままネガティブな底無し沼にズブズブと浸り切ることもできます。

でもそれを願わないのなら「笑えるネタ」で一気にプラスに転じましょう。

この作戦はあなた自身が「よし、今だ!」と気づくことが大切です。

2人で大笑いすることができれば、「重い男」の汚名は返上できます。

彼氏とのコミュニケーションもよりスムーズになるでしょう。

重い男に気を使いすぎるのは逆効果

いくら彼が好きだからといって、気を使いすぎるのは逆効果です。

「重い男」には気を使わなすぎても、気を使いすぎてもダメです。

「彼の言いなりにはならない」「でも気持ちは汲んであげる」というスタンスがベストです。

彼の提案に否定はしなくても、もし反対の意見があるなら、毅然とした態度で伝えることも大切です。

彼を重い存在にしてしまうのは、彼のせいばかりではないのです。

彼のことが「重い」と思ったら「今私はこんな風に思ってるよ」というように、彼に伝えることも必要です。

あなたが強く思ったことは我慢せずに伝えることができれば、2人の間に心地よい風が吹き始めるでしょう。

彼の要望をスルーせずいったん受け入れてあげる

重い男である彼の要望はいつも多いので、イライラすることもあるかもしれません。

そんな時こそ彼の要望はスルーせず、いったん受け入れましょう。

イライラしてばかりだと「また重いこと言ってる」とマイナスに考えるようになるので、さらに悪い状況を引き寄せてしまいます。

要望を受け入れたからといって、彼のイエスマンになるというわけではないのです。

否定せずに受け入れるだけで、彼との関係がうまくいきます。

言葉使いや態度で重くならない工夫をする

彼氏が重い男の時「言葉使い」や「態度」を工夫してみましょう。

ちょっとした工夫で重く感じないようになるはずです。

まずは「重い」と感じたことに対して「そうだね」と快く返事をしたあとは完全にスルーします。

次に、あなたが彼に対して感じるプラスの印象を取り上げ、彼を褒めます。

この時、わざとらしく褒めすぎないようにするのがポイントです。

もし彼が木に登るタイプでなくても、褒められれば飛び上がるほど嬉しいはず。

とても気分が良くなるため、また同じことをしてくれるでしょう。

このように重くならないような工夫次第で、彼の良い面がどんどん引き出されるようになります。
 

重いのを直したい女性必見!重い女を抜け出す方法

彼の前で泣くのは厳禁!泣きたい時は1人で泣く

自分のことを「重い」と自覚していたら、いくら悲しくても「泣く時は1人で」が鉄則です。

今までたびたび彼の前で泣くことがあったら、そのたびに「重い」と思われていたことでしょう。

どんな男性でも、好きな女性に泣かれることは一番の悩みです。

こういうときの彼は「俺にどうしろって言うの?」と、喉元まで出かかっている状態です。

「重い」の一言につきる「彼の前で泣く」ことは、できるだけ避けましょう。

これだけでも重い女を抜け出せるきっかけになります。

結婚話に熱を入れすぎない

「重い」と思われないためにも、結婚話には熱を入れすぎないようにしましょう。

男性にとっての結婚は、大きな責任を伴う一大イベントです。

ウエディングドレス姿を思い浮かべてウットリする女性と違い、現実だけを見据えるのが男性です。

相手が結婚を前提として考えているならまだしも、そうでないことの方が多いと考えておきましょう。

もしどうしても結婚について彼と語りたくなったら、まずはサラッと軽いノリで話し始めます。

相手が興味を持っているかどうかを確認した上で、話を続けるか、もしくはやめておくかを判断してください。

結婚に関してはこれくらい慎重になった方が、相手に「重い」と思われることはありません。

いくら彼が好きだからといっても「好き」「好き」と言葉で伝えると逆に伝わらない

いくら彼が好きでも、それを伝えたくて何度もしつこく「好き」を伝えたところで、残念ながら相手には伝わりません。

きちんと伝わるようにするためには、伝えるべきタイミングを感知したり、空気を読むことが重要です。

相手に愛を伝えることは、恋愛中のコミュニケーションとしては欠かすことのできない大切なことです。

しかし、いくら自分が言いたいからと一方的に「好き」を伝えたところで、相手にまったく伝わっていなかったら残念極まりません。

せっかくの愛の告白が無駄に終わってしまいます。

このようなことを避けるためにも「好き」を連発しないようにしましょう。

彼を大切に思うなら、なおさら「好きと伝えるのはごくたまに」にした方が効果的です。

デートや電話で話すとき一方的にしゃべり続けない

デートの時、あなたがいつも一方的におしゃべりしていませんか?

「だって彼は黙ったまましゃべらないし、いつも聞く側だから」

このようにあなたは反論するかもしれません。

しかしこのような時、女性がしゃべり続けることで、彼の方は相づちを打つくらいしか会話に入り込めないでいます。

これが原因でたいていの場合、女性側の一方的な会話で終わってしまいます。

女性のおしゃべり好きは、女性なら誰でも自覚しているものです。

おしゃべりするために生まれてきたといっても過言ではないでしょう。

彼がそのような女性と会話しようものなら、とても太刀打ちできるわけがありません。

彼が興味のある話ならいざ知らず、まったく興味のないことまで一方的に話し続けられたら「重い」と思わざるを得ません。

いつしか彼にとって、苦痛や不満となる日が来てしまいます。

会えなくて寂しくても「寂しい」と言わない方がベスト

彼に会えなくても「寂しい」と言わない方がベスト、と覚えておいてください。

仮にそれがあなたの本心だとしても、寂しいことを彼に伝えても彼にはどうすることもできないのです。

彼にどうして欲しいのかを伝えられるなら話は別ですが、ただ「寂しい」「会いたい」と言うだけではただの愚痴にすぎません。

愚痴はネガティブな発想の元に出てくるセリフです。

彼が同意すればまだしも、本来なら聞きたくもない言葉です。

もしあなたがあまりの寂しさにいたたまれないような気分のときでも「寂しい」と伝えるのではなく、明るい印象になるよう心がけてください。

例えば「今度会うのが楽しみ」とか「あなたの夢見るね」などといった具合です。

愚痴や不平不満を言いたいとき感情的になってはいけない

自分が彼女であるなら、彼に愚痴や不平不満を言いたい時ってありますよね。

しかしそれを伝える時、絶対に感情的になってはいけません。

よくみられるのが、我慢した挙げ句に感情的になって不満をぶちまけるシチュエーションです。

怒ったり泣いたりなどの感情は相手を困らせるだけでなく、2人の関係にも暗雲が立ち込めてしまいます。

遅かれ早かれいずれは、後戻りできないようなケンカへと発展してしまうでしょう。

ですから、良かれと思って我慢するのは逆効果と考えてください。

相手に何か言いたいときは、やんわりと冷静に「こうして欲しいな」というように伝えます。

相手の気になる部分は、実は自分にもみられることです。

もし彼氏に不満が出てきたら「そういう私はちゃんとできている?」と自分に問いかけてみましょう。

例えば彼がたびたびデートに遅刻する常習者だったとしても、あなたも「私は100%遅刻しない」と自信を持って言えるでしょうか。

生まれてからこのかた遅刻したことがない、という人なら彼を非難してもいいかもしれません。

でも自分もできていないことを相手に求めるのは、いかがなものでしょう。

このように相手への不満を訴えるのは、自分もちゃんとできているかを確認してからにします。

彼にあまり厳しくし過ぎると、いつかしっぺ返しがくるかもしれませんよ。

彼氏の機嫌が悪いとき無理に機嫌を治してもらおうとしない

彼の機嫌が悪いからと、無理にご機嫌とりをするのはやめておきましょう。

彼から常日頃「重い」と思われているとしたら、余計になんとか機嫌を治してもらおうと考えるのは一切ダメです。

このようなとき「放っておく」のが一番です。

ところが「重い女性」は、放っておけないばかりか、相手をかまいたくなってしまいます。

また彼の機嫌が悪いのを自分のせいにしてしまうこともよくあります。

たとえどんなに一生懸命になったところで、彼の機嫌は治るどころかますます不機嫌さを増してしまうでしょう。

彼の機嫌が悪いのはあなたのせいばかりではないし、まったく別のことで不機嫌なのかもしれません。

それを包み隠さずあなたに話すことさえも、彼は不機嫌なために億劫なのです。

ですからとりあえず彼には構わず「放っておく」。

たったこれだけで、意外に早く一件落着します。

 

彼氏への依存を減らしていく

「重い」と思われないようにするためには、彼氏への依存を減らしていくようにしましょう。

彼への依存を減らすには「彼に頼りきらない」「彼をあてにしすぎない」ということから始めてください。

「重い」と思われる原因は、あなたが彼氏を好き過ぎるからかもしれません。

しかしそこにはあなたの「不安」が隠れています。

「彼が離れていくんじゃないか」

「彼に嫌われるのではないか」

「いつかは別の人を好きになるのではないか」

このような不安や恐怖があるなら、今からきちんと向き合うことが先決です。

すべての不安は未来への不安ですが、未来はまだ「ここ」にはありません。

未来を不安に思っていたら、いつまでも幸せにはなれないでしょう。

また、あなたが不安に思うことは、そのまま現実となる恐れがあります。

想像することやイメージすることには現実化するパワーがあるため、注意が必要です。

彼と居心地の良い距離感を生み出したいのなら、それができるのは「あなただけ」です。

そのためにも、彼に対する過度の期待や安定を求めること、すべてをいったんやめてみてください。

彼以外に自分の心が満たされることや好きなことは何かないかな?と考え、思いついたらさっそく行動に移しましょう。

そうしているうちに、まもなく心の平和が訪れるはずです。

今が平和なら、不安に思っていた未来も消し去ることができます。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「彼への接し方次第で恋愛はうまくいく」

占い師 姫乃
あまりにも「重い」存在は、お互いのために良くないわ。

でも「どうしたらいいかわからない」というとき、困っちゃうわよね。

こんなとき、彼が離れていく不安があったり、自分に自信がないということも考えられるわ。

もし不安を感じたら、すかさずその不安を感謝に変えるのが効果的よ。

彼に「ありがとう」と伝えましょう。

「ありがとう」ならどんなにたくさん言っても大丈夫。

いつまでも仲がいい2人でいられるように応援しています!

【期間限定・11月24日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【奇跡のスピリチュアル診断】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【奇跡のスピリチュアル診断】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事