恋人にいきなり別れ話をされた時、あなたならどうしますか?

お互いに別れたいと思っている場合は問題ないですが、別れたくない場合はどうすれば良いのでしょうか。

実は、別れ話の仕方やその理由によって、別れを回避する方法は異なります。

多くの場合話し合いをしてお互いに不満を言い合うことは効果があるのですが、話し合いが関係を悪化させる可能性も大いにあります。

今回は、別れ話の仕方や理由別の別れを回避する方法をご紹介します。

恋人に別れを切り出された時は、ぜひ参考にしてみてください。

別れ話の仕方や理由で別れを回避する方法が違う理由って?

相手の意思の強さが違う

別れ話をされた時、別れたくないのであればなんとかして相手を説得して気を引きたいですよね。

でも、別れ話をする理由や別れ話の仕方はそれぞれ違うので、説得方法も変わってきます。
例えば、相手がどれくらい別れたい気持ちが強いかによって、別れを回避する方法を選ぶ必要があります。

例えば、相手が自分の気を引くために、本当は別れる気はないのに別れ話をする場合は、どうして相手がそこまでして自分の気を引こうとしたのか、そこを考える必要があります。

この場合は本当に別れたくて別れ話をしているわけではないので、説得はそれほど意味がありません。

嫌なところを直して欲しいとか、何かを変えて欲しいわけではなく、あなたとの対話が足りないことが原因かもしれません。

付き合いが長くなってお互いにお互いのことを放置していたのではないか。

仕事が忙しくなって恋人を放っておいたから気を引こうとしているのではないか。

別れ話をしてまで気を引こうとしてきた原因を考え、話し合いましょう。

反対に、あなたと付き合うのはもう無理だと結論づけて、別れることを決めてから別れ話を切り出すこともあるでしょう。

その場合は、別れ話をした時点で別れる意思はとても強いので、説得するのは大変です。

まずはどうして別れたいのか、相手の言い分をしっかり聞くことから始めましょう。

もしもそれがあなたへの不満なら直して行くことを約束したり、努力することで別れることを思いとどまる可能性が高いでしょう。

その場合は相手があなたについて不満を伝えているときに相手の話を遮らず、必ず最後まで聞いてから話し合いをすることが大切です。

ときめかなくなった、将来が見えない、遠距離に耐えられないなど、関係性の問題であればお互いに歩み寄って解決策を探る必要があります。

どちらが悪いかが違うから

関係性の変化によって付き合い続けることが難しくなった場合は例外ですが、そうでなければ別れ話の原因はどちらかの問題が原因でしょう。

浮気や性格、相手との付き合い方、何かに問題があって別れを切り出されると思います。

その場合は、どちらがどれくらい悪いかが違いますよね。

例えば彼氏の浮気が原因で彼女から別れ話を切り出される場合、悪いのは彼氏の場合が多いでしょう。

反対に、彼女がわがまますぎて彼氏がついていけなくなり、別れを切り出されることもあるでしょう。

その場合は彼女の方が悪いです。

このように、どちらがどれくらい悪いのか、どちらが改善する必要があるのかが違いますので、別れを回避する方法も変わってきます。

交渉の余地があるかが違うから

別れを切り出されても別れたくない場合、必死に説得しようとしますよね。

でも、残念ながら交渉の余地が少ない場合もあります。

例えば、どちらかの年収がとても少なくて将来を考えられないことが別れる原因だった場合、すぐに年収をあげて生活を上げることは難しですよね。

その場合は交渉の余地は少ないと言えます。

ただし、より年収の高い仕事に転職を検討したり、積立貯金を始めるなど対策はあります。

仕事での遠距離が原因で別れを切り出される場合も、すぐに転勤をするのは現実的に不可能だと思うので、交渉は難しいでしょう。

さらに、相手に他に好きな人ができて別れたいと言われた場合も、ヨリを戻すのは一般的にはとても難しいものです。

反対に、ちょっとした生活のすれ違い、例えば部屋を綺麗にしないとか、家事を手伝わないなどが原因なら、少しずつ改善することができますよね。

このように、別れの原因が何かによって、どんな対策ができるのか、どうやって別れ話を回避することがでるのかは変わってくるのです。

別れ話をされて無理な説得や話し合いが関係を更に悪化させてしまう可能性があるのは何故?

別れ話でお互いに傷つけ合うこともある

別れ話をされた時、無理に説得したり話し合いをすることで、関係性が悪化する可能性もあります。

それはなぜだか分かりますか?

別れ話をする時、冷静に落ち着いて話し合いができる人は多くありません。

別れたい側はどうにかして相手に別れを納得してもらおうと必死ですし、別れたくない側はなんとか説得しようと必死になります。

つまり、お互いに冷静でないので、心にもないことを言って相手を傷つけてしまうことがあります。

喧嘩の際に思ってもいないことを言って相手を傷つけてしまったり、言葉遣いが悪くなった経験がある方は多いですよね。

別れ話の際の話し合いでも同じようなことが起きます。

無理に説得したり、お互いに感情が高ぶったままで話し合いをしようとするのは難しいのです。

感情が高ぶっていると、相手の気持ちに配慮することができず、自分の気持ちをコントロールすることも難しくなります。

関係性の修復を目的に話し合いを行っても、それが憎しみを生むと意味がないですよね。

そのため、別れ話の後に話し合いをする場合には、気持ちが落ち着いてからすることをお勧めします。

別れを切り出されたら、少なくとも一晩離れて考え、それから二人で話し合いをしましょう。

この時、第三者がいきなり話し合いに同席すると二人が本音を話すことができず話し合いがうまく進まない可能性が高いので、できれば二人で話すのが良いでしょう。

なるべく感情的にならずに話し合いをするために、二人きりの密室ではなく、カフェやレストランなど人の目があるところで話すのが特におすすめです。

気持ちが高ぶりにくいので傷つけ合うリスクも減ります。

話し合いの際は、どうして恋人が別れを切り出してきたのか、その原因を把握することが大切です。

相手の発言を途中で遮ったりせずに、最後までしっかり聞きましょう。

また、あなたに対する不満を言っていても、できればすぐに反論せずに、一旦自分の非を認めることが大切です。

自分の非を認めることは難しいものですが、それが話し合いの第一歩です。

また、別れを切り出した原因を詐欺でもあとは、それをどのように改善したらまた付き合い続けることができるのかを一緒に考えましょう。

相手が怒っているポイントや、怒っている原因、別れたい原因が別れば、別れないために何をすたらいいのかも自ずとわかってくるはずです。

別れたいという気持ちを返させるためにも、別れの原因はしっかりと聞き、重要なポイントを整理する必要があります。

話し合いで解決できないこともある

多くの場合、別れ話は話し合いをすることで解決しますが、そう出ない場合もあります。

例えば、相手がすでに別れることを決定している場合、つまり相手の別れたいという意思が強い場合です。

この場合はあなたに何かを改善してもらうということを諦めている、もしくは改善できないと思っているので、相手には話し合いをする気持ちもないかもしれません。

でも、何がダメだったのか、何が原因なのか分からないと、説得のしようがないし、別れた後も気持ちを引きずってしまいますよね。

そんな時は、「別れるのを思いとどまることは無理でも、このままだと別れを引きずりそうだから、別れる理由を教えて欲しい」と正直に伝えるのが良いでしょう。

そして、できれば話し合いの場を持ち、何が原因で別れたいと思ったのか、本心を探りましょう。

そして、その原因を一度しっかり受け止め、相手の気持ちに寄り添う必要があります。

相手も、あなたに別れる原因を伝えることでスッキリし、話し合いをする気持ちになることもあります。

相手が話し合いに応じてくれたら、どうやって改善するのか、どのようにこれから努力するのか伝え、これからも一緒にいられるように努力したいという気持ちを言いましょう。

ただし、相手はもともとあなたとこれからも付き合い続ける気持ちはなかったのですから、これから改善すると言っても信じてくれない可能性もあるでしょう。

その場合は無理に説得したり、すがったりしないほうがヨリを戻せる可能性は高まります。
冷静に話をすることができず、「とにかく別れたくない」と相手にすがっても良くありません。

別れを回避できなければ、冷却期間をおいて、それから連絡を取ることがおすすめです。

例えば、仕事をちゃんとしないので将来性がないということが別れる原因なら、別れた後により良い仕事を見つけ、生活を安定させましょう。

それから相手に連絡を取って、ヨリを戻したいから将来性のある仕事に就いたことを伝え、また会えないか打診します。

そして、別れてからも努力してきたことを伝えて、もう一度やり直すためにアプローチしてみましょう。

別れ話がこじれていなければ、それで復縁できる可能性も少なくありません。

ただし、この時に気をつけておくべきことがあります。

それは、別れた後にすぐ連絡をして、ヨリを戻そうとしないことです。

相手はあなたが別れる原因となったことをすぐには改善できないと知って、別れを切り出しています。

それなのに別れた後すぐに、悪いところを直したからヨリを戻したいと言われても、信じられるはずがありません。

もっとしっかりお互いの未来について考え、根本的に解決するために努力し、それから連絡しないとうまくいきません。

別れた後にまた付き合い始めるのは時間がかかるものです。

焦らずに、相手からもう一度信頼を勝ち取るために時間をかけて努力しましょう。

また、その期間も友達としてたまには連絡をして、気があることに気づいてもらうことも非常に大切です。

そうすれば、相手がすぐに新しい恋人を作ってしまうリスクが減ります。

精神状態がよくない場合

どちらかの精神状態が著しく悪い場合も、別れ話の後に無理な話し合いをするべきではありません。

感情が高ぶっている時には、冷静な話し合いをすることはできず、それどころか話し合いがこじれてより関係悪化することに繋がります。

話し合いは必ず、お互いが冷静になってから行わないと意味がありません。

話し合いの目的はお互いに不満をぶつけ合って傷つけ合うことではなく、別れる原因となったことを解明して、それを直すことはできないか考えることです。

お互いにそれを考えられる状況になってから話し合いをしましょう。

また、どちらかが精神的な病気を抱えていて、極度に相手への依存度が高い場合も話し合いはうまくいかないでしょう。

まずは精神状態を落ち着けてから話し合いをすることを強くお勧めします。

そうすることでお互いに納得して次に進むことができるでしょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

別れ話をされた仕方別の別れたくない時の注意点や対処法

メールやlineで別れ話をされた場合

別れ話をされた方法によって、別れたくない時に取るべき行動も違ってきます。

まず大事なのは、どうしてその方法で別れ話を切り出してきたのかを知ることです。

メールやラインで別れ話を切り出す理由は何なのでしょうか。
メールやラインだと、顔を見ずに別れ話をすることができるというメリットがあります。

別れ話をするのも面倒なくらい冷めているか、もしくは直接会うと別れ話をしにくくなる、別れを切り出しにくくなるという理由からメールやラインで連絡をしてきます。

確かに、別れ話を切り出すタイミングは難しく、できれば会わずに済ませたいという気持ちもわかりますよね。

また、自分の気持ちをしっかり整理して話すのが苦手な男性、気持ちを整理してしっかり伝えたい男性も、メールやラインでじっくり文章を考えてから伝える傾向があります。

メールやラインの文章が素っ気なく、短いのなら、会って話すのがめんどくさいと思っていて、文章が長くてちゃんと考えられていたものであれば、会って話すのが面倒なわけではなく、じっくり気持ちを整理して伝えたかったのだと思います。

もしも相手がめんどくさがっている場合は、別れ話の後に話し合いを持つことができる可能性はとても低いでしょう。

別れ話に返信しても、相手からは返事が帰ってこない可能性がとても高いです。

つまり、相手は一方的に自分の気持ちを伝えたいだけで、話し合いをする気はさらさら無いのです。

この場合、別れたくないのであれば、メールやラインで引き止める必要があります。

とにかく別れたくない、一度会って話したいという気持ちを伝えましょう。

それでもうまくいかない場合は、一度別れることを保留にして、しばらく時間を置いてから連絡するのが良いでしょう。

相手も冷静になり、話し合いに応じてくれる可能性が高まります。

また、相手が気持ちを整理して伝えてきた場合は、話し合いをする余地があります。

「あなたの言っていることは分かった。私も直接会って話して、反省したいので、時間をもらえないか?」

と丁寧に伝えてみましょう。

相手はあなたとしっかり向き合うつもりがあるので、話し合いにも応じてくれるはずです。
もしも相手がメールやラインでやり取りをしたいと言うのであれば、直接会わずに連絡をするのもありです。

ただし、メールやラインでは気持ちがしっかり伝わらないこともあるので、最終的には一度会うのうがおすすめです。

電話で別れ話をされた場合

電話で別れ話をしてくる心理は一体どういうものなのでしょうか。

メールやラインと同じように、直接会うよりも別れ話が切り出しやすく、電話の方がダメージが少ないと思っている可能性があります。

特に男性の場合は女性よりも繊細で傷つきやすく、気持ちを引きずる人も多いので、直接会うよりは電話で別れ話をすることを好む傾向にあります。

また、なんとなく別れそうな雰囲気になっているカップルであれば、わざわざ別れを切り出すために会う必要はないと思っていることも。

これは、お互いに忙しいカップルや、付き合いが長く、お互いの気持ちがわかるというカップルに多くみられます。

確かに、お互いに別れることがわかっていれば、別れ話にわざわざ時間を割く必要はないですよね。

また、プライドの高い人の場合は、直接別れ話をすると戸惑ってしまうので、それをみられるのが嫌で電話するということも。

男性は女性に対して、うろたえている姿や弱っている姿を見られたくないという人が多いので、男性から別れを切り出す時にこのように考える人も多くいます。

女性からすると、直接会わずに電話だけで別れ話をしようとするなんて不誠実だと思ってしまいがちですが、男性もちゃんと考えていないわけではなく、しっかり理由があるのです。

さて、このような理由から、電話で別れ話をされた時にはどのように説得すればいいのでしょうか。

相手は、電話だと別れを切り出しやすく、直接会って別れ話をするのは難しいと思っています。

そのため、「一度会って話し合おう」と言っても直接会って話すのは難しいでしょう。

別れ話を切り出された時点で、あなたには別れる気はなく、話し合いたい、せめて別れる原因を知りたいと伝えましょう。

お互いに冷静であればその場で電話で話し合ってもいいですが、どちらかが感情的になっていて話をできる状況ではなければ、日を改めて電話する約束を取り付けましょう。

この時、いつ、何時に電話するかしっかり約束しないと、相手がめんどくさくなって音信不通になる可能性もあるので、ちゃんと約束してください。

再度連絡する際には、別れることを決意した原因を聞き出し、何を改善すればもう一度ヨリを戻すことができるのか、あなたの何を直せばいいのかを話し合いましょう。

そして、ダメなところを直すように努力するから別れたくないということをしっかり伝えます。

ここで話がまとまれば、一度会って話をしてみましょう。

話し合いで大事なポイント

電話であれ直接であれ、別れ話を回避するための話し合いでは大事なポイントがいくつかあります。

まず大切なのは、別れたいという相手の気持ちに理解を示すことです。

別れたいと言うのだから、其れ相応の理由があるはず。

その理由を話してもらって、一度受け入れましょう。

それはあなたに対する不満、関係性に対する不満で、受け入れがたいものかもしれません。

でもそれに不満を抱いて、別れたいと思ったことは確かなので、認めてあげる必要があります。

それを認めた上で、なぜ別れたくないのか、どうしてその相手でなければいけないのかを説明しましょう。

この説明のためには、あなた自身が自分の気持ちに正直になり、さらに事前に気持ちを整理しておく必要があります。

もしもそれが別れ話の相手でなくてもいいなら、あなたは誰かにそばにいて欲しいだけの可能性が高いので、別れ話を回避することは難しいでしょう。

どうしてもその恋人でなければダメだと思ったら、その人に対してどんなことをしてあげられるのかを伝えましょう。

一緒に居続けることで彼、もしくは彼女がどんなメリットを享受することができるのか、伝えるのです。

過去に付き合っていた時に相手を支えてあげた実例などを挙げるとより良いですね。

そして、別れ話をされる前と後であなたが変わったことを伝える必要があります。

別れ話をされたことで自分を見直し、好きになってもらうために、ヨリを戻すためにどんなことをしたのか、どんな努力をしたのか、これからするつもりなのかを誠実に伝えるのです。

最後に大切なのは、相手のことを大好きで、一緒にいたいと言う気持ちを伝えることです。

結局はその気持ちが相手に伝われば、復縁できる可能性はとても高くなります。

別れ話を切り出されると動揺してしまい、悲しくなってしまうのですが、こんな風に手順を踏めばまた一緒にいられるようになるでしょう。

あくまで相手の気持ちを一番に考えて話し合いに臨みましょう。

別れ話をされた理由別の別れ回避の注意点や対処法

浮気が原因の場合

自分の浮気が原因で別れ話をされた場合は、まずは相手からの批判を受け止め、しっかりと反省する必要があります。

別れ話の直後は相手も頭に血が登っているので、お互いの気持ちが落ち着いてから話し合いの場を設けるのが良いでしょう。

感情的なまま話し合いをしてしまうと、ひどい言葉で傷つけあって関係修復が困難になることもあるので注意が必要です。

どうしても二人で会うのが気まずい場合は、共通の友人に話し合いの場に同席してもらうこともおすすめです。

相手の浮気が原因で別れ話をされた場合はどうしたらいいのでしょうか?

まずは、なぜ相手が浮気したのに別れたいと言ってくるのか話を聞きましょう。

浮気をした罪悪感か、または浮気相手のことを本気で好きになってしまったのが理由かもしれません。

相手に浮気されてもなお相手と別れたくないのであれば、まずは別れたくないと素直に伝えましょう。

そして、これからもお互いが気持ちよく付き合って行くために、今回のことをどう処理するか考えます。

相手からの謝罪、もしくは二人がこれから付き合って行く上でのルールを決めるのも良いでしょう。

謝ってもらったり、ルールを決めることで、今までの関係の延長としての付き合いではなく、新しく関係性を始めやすくなります。

セックスレスが原因の場合

セックスレスは長く付き合っているカップルの多くが直面する問題ですが、確かに付き合って行く上ではとても大切なことです。

セックスレスが原因であれば、セックスレスを改善するしかありませんが、どうしたらいいのでしょうか。

まずは、セックスレスについて真剣に話し合うことがとても大切です。

直接話し合うのはとても大変だと思いますが、二人にとってはとても重要なことです。

そして、どうしてセックスレスになってしまったのか、その原因を探りましょう。

また、相手に対してプレッシャーになるようなことを言わない、相手の性的嗜好を探るなども効果があります。

また、いつも同じ部屋でしていると気分が上がらないと言う人は多いので、たまには外泊してホテルなどに泊まるのもとても効果的です。

定期的に近場に旅行に行く計画をするのも、良い刺激になって良いでしょう。

なぜか性欲がなくなってしまった、やる気が出ない、疲れているといった状況がずっと続く場合は、専門医を一度受診してみるのもおすすめです。

モラハラ・暴力が原因の場合

モラハラ、暴力が原因で別れ話をされた場合、どちらの暴力であっても、復縁することはあまりおすすめできません。

と言うのも、パートナーに対する暴力は改善しにくいと言う特徴があるからです。

一時的に反省しても、また忘れた頃に暴力をふるってくる人は多いものです。

モラハラ・暴力が原因で別れ話をされたら一度別れて、専門医に相談してみることをおすすめします。

結婚が原因の場合

お互いの結婚観があまりに違っていると、ずっと付き合い続けるのは難しいですよね。

一方が結婚を望んでいて、もう一方は結婚をしたくない場合などはその典型例です。
もしも相手が結婚願望が全くなく、あなたの方は結婚願望がある場合は、ダラダラと付き合っても結局結婚を原因に別れる可能性がとても高いです。

結婚に関する考え方の違いは、別れる原因になりえます。

また、女性は結婚を人生の優先順位の上位に持ってくる人が多いですが、男性はそれよりも仕事・趣味を優先したいと言う場合もあります。

ただし、そんな男性もいつかは結婚したいと思っているもの。

つまり、結婚の優先順位が違うことが、結婚観の違いとして現れている可能性があります。

その場合は、男性もいつかは結婚したいと思っているので、それがいつなのか、二人で話し合うことで問題が解決することがあります。

絶対に結婚したくない人であれば議論の余地はありませんが、そうでなければお互いの将来についてこの機会に話し合ってみてはいかがでしょうか。

絶対に譲れないポイントだからこそ、ちゃんと話し合う場を設けてうやむやにしないことが大切です。

遠距離が原因の場合

距離が原因の場合は、転勤などで近くに引っ越すことができれば問題ないですが、なかなかそうはいかないものです。

これからいつ近くに住むことができるのか、転勤で近くに住むことができるのはいつなのかを考えて相手に伝えましょう。

どんなに話し合っても距離を縮めることは難しいですが、絶対に別れたくないのであれば、結婚して近くに住んだり、転職するなど方法はあるはずです。

それでも遠距離が原因で別れてしまう場合は、それまでの縁だと思って次の恋愛に向かうのもアリだと思います。

冷めた事が原因の場合

長く付き合っていると、どうしても気持ちが冷めてしまうことがありますよね。

そんな時、どうやって別れ話を回避すれば良いのでしょうか。

まずは、気持ちが冷めたのに、どうしてあなたが別れたくないと思っているのかを考えましょう。

どうしても恋人がこの人でないといけないと言う理由があるのか、単なる執着心なのか。・

どうしてもこの人でないといけないと思ったら、その理由とともに相手に伝えましょう。

でも、一度気持ちが冷めてしまったカップルが、また昔のように付き合い続けるのは難しいものです。

そこでオススメの方法は、あえて一度距離をおくこと。

別れ話をされた後に、一度謝罪し、自分の気持ちを伝え、1ヶ月ほど距離を置きましょう。
その間にお互いに冷静になれば、相手への気持ちを再確認することができます。もしそれでも相手の気持ちが変わらなければ、このまま付き合い続けるのは難しいということなので、別れることも選択肢に入れましょう。

病気が原因の場合

まず、どうして相手が別れを切り出してきたのか考えましょう。

まだ好きなのに病気が原因で別れ話をしてきたということは、病気になってしまってあなたに負担をかけるのが申し訳ないという気持ちである可能性が高いと思います。

それでもあなたが付き合い続けたいのであれば、正直にその気持ちを伝えましょう。

病気のサポートも必要になると思いますが、その覚悟があり、まだ相手のことを支えたいと思うのであればそう伝えるべきです。

病気になると心細くなるものなので、優しく包み込んでもらえれば相手も別れたいという気持ちがなくなって行くはずです。

転勤が原因の場合

別れ話をしてきたということは、相手は遠距離で付き合い続けることが難しいと思っているということです。

まずは、遠距離でどれくらいの頻度で会うことができそうか具体的に考えて、それを相手に伝えましょう。

遠距離でも、日本国内であれば頻繁に会うことも可能です。

それだけでなく、遠距離になっても愛情は変わらないし、これからも付き合い続けたいとはっきり伝えることも大切です。

遠距離になると簡単には会えない分、連絡を頻繁にする必要も出てくるでしょう。

連絡の頻度を決めたり、電話する日を決めるなど、二人のルールを決めてみるのも効果的でしょう。

それでも相手が別れたいと言うようなら、まずは遠距離を頑張って見て、それでもダメなら別れようと提案してみましょう。

意外と遠距離でもやっていけると思ってもらえるよう、連絡の頻度をあげたり、愛情をこれまで以上に表現することが大切です。

束縛が原因の場合

束縛というのは、自分では気づかないこともあります。

相手が自分のどんな行為を嫌だと思っているのか、どんな束縛を嫌っているのかをまずは聞いてみましょう。

あなたは、好きな気持ちが強すぎて束縛してしまうのだ、それは当たり前だと思っているのかもしれませんが、好きな気持ちが強ければ強いほど束縛してしまう気持ちが強くなるとは限りません。

束縛してしまう人は、相手への依存がとても高い傾向があります。

他人と自分を比較してしまったり、考えなくても良い心配をしてしまったり、相手も自分と同じ気持ちだと考えてしまったり、相手に依存してしまいます。

無意識に相手への依存が高くなり、相手がいなくなると自分もダメになると思い込んでしまい、過度な束縛をしてしまうのです。

相手もあなたも違う人間で、過度に束縛をすることは相手を信じていないことだと思われることもあるのを理解しましょう。

現に、相手はあなたからの束縛が理由で別れを切り出してきています。

それを理解して、相手から独立し、依存を減らす努力をしましょう。

相手のことを全てコントロールしようとするのは無理ですので、自分の行動に集中して、様々な不満をすぐに相手にぶつけるのではなく、自分で処理する努力をしましょう。

新しい趣味を見つけたり、仕事に力を入れたりして、恋愛以外のことに集中してみるのもとてもおすすめです。

具体的に、相手がどんなことを嫌がっているのかを聞いて、それをしないと約束するのも良いでしょう。

別れたく無い時の説得方法

これまでお伝えしたように、まずは別れたいと言っているその理由を聞き出して、受け入れる必要があります。

自分の欠点や至らない点、過ちについて責められる場合もあるので、別れたい理由を聞くのはとても辛いことでしょう。

しかし、別れを回避するにはその理由としっかり向き合う必要があります。

まずは相手の言い分をしっかり聞き、自分のことを振り返って反省しましょう。

そして、なぜ恋人と別れたく無いのか自分自身で振り返り、考えてみます。

どうして自分はその人でないといけないのか、どうして相手は自分でないといけないのかを考え、整理しましょう。

それから、付き合い続けることでお互いにどんなメリットをあげられるか、つまり、お互いにどんな良い影響を及ぼせるのかを考えて見ましょう。

それは大したことでなくても、お互いにとって良いことであればなんでも大丈夫です。

最後に、別れる原因となったことを反省し、反省した自分、新しくなった自分を見せる必要があります。

人が変わるのには時間がかかるので、最初の話し合いから復縁までに時間がかかるのは当然です。

時間をかけてまで付き合っていきたい相手であれば、その時間も耐えましょう。

前向きに努力すれば、相手も受け入れてくれる可能性が高くなります。

また、相手のことを大好きで、これからも一緒にいたいということは素直に伝えるべきでしょう。

別れたいと言われても、自分はその欠点を直して、どうしてもあなたと一緒にいたい、付き合い続けたいという意思表示をしましょう。

また、できればその気持ちは直接伝えたほうが相手の心に響くので、一度直接会う機会を設けることがおすすめです。

できれば相手も自分も気持ちが落ち着いてから、別れ話をされてから1ヶ月ほど時間を置いた後が理想的です。

別れ話をされた後に少しの間距離を置くのは不安だとは思いますが、よりを戻すためには少し離れて冷静に考えてみることはとても大切です。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス

占い師 姫乃

恋人から別れ話をされた時、どうやって別れを回避すればいいのか、別れ話の方法やその理由別に対応方法をご紹介しました。

ただし、あくまでこれは基本的な方法です。

相手は人間で、それぞれに考えていることは違うので、相手の気持ちに寄り添うことが何よりも大切です。

相手を大切に想う気持ちを忘れずに、別れたくないという自分の思いをしっかり伝えましょう。

そうすれば、これからも付き合い続けることができるでしょう。

しっかり話し合ってもなお相手の気持ちが変わらないのであれば、それは次の恋に進む合図かもしれません。

ぜひ、後悔しないように頑張ってみてくださいね。

あなたの恋を応援しています!

【期間限定・8月25日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事