元彼との再会デートはテンションも上がり、とても嬉しい事ですが、考えることがいっぱいで、うかうかと呑気に喜んでばかりはいられません。

再会デートは、元彼との復縁に近づくきっかけであり、最大のチャンスでもあり、今後の関係を占う一大イベントです。

ここでは、そんな再会デートで、元彼と復縁に一歩でも近づく為の、役立つテクニックをご紹介します。

元彼が好きなファッションで行く


身だしなみは大事と言われるように、再会デートでも、もちろん服装は大事になってきますし、元彼がファッションに対してうるさいとなれば、最高にできるお洒落をしていかなくてはなりません。

しかし、自分でファッョン雑誌などを読み漁り、最先端のトレンドを取り入れる事よりも、元彼が好きな服装を思い出して、元彼好みな服を着ていくのが実際いちばん良いです。

約束の時間より早く行く


再会デートでは、基本的にどこかで待ち合わせという場合が多く、元彼より待ち合わせの場所に早くついて待っておくというのは、もはや基本であり常識です。

大きなビジネスの商談でクライアントより遅く、待ち合わせの場所に行くような人は、いないと言うのと一緒で、元彼を少しでも待たせるようなら、復縁の可能性はグンと下がってしまいます。

また、1時間遅れるとなれば、日を変えるとの提案をされ、再会デートが流れてしまう可能性もあります。

実際、先に待ち合わせ場所に着き元彼を待つことで、時間の余裕ができ、本番前の心の準備を余裕をもってできるので、早めに行って待つぐらいが、慌てていくよりよっぽどいいです。

何よりも、再会デートの待ち合わせは、新たなスタートのはじまりなので、スタートを失敗すると、中々、軌道修正ができなくなるので注意が必要です。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

食事は元彼が好きな料理がある個室完備のお店を選ぶ


再会デートの食事は、デートの中でのメインイベントと言っても過言ではないぐらい、とても重要なことです。

ここで、店選びを失敗してしまうと、今までしてきた準備をはじめとした何もかもが無駄になってしまいます。

想像しただけでわかるように、周りに人がいたりすると、気になって、良い雰囲気を作ることができませんし、大事な会話ができません。

なので、できれば再会デートでは、店内があまりうるさ過ぎず、個室完備のお店で、贅沢を言えば、個室オンリーのお店で食事できれば一番ベストです。

当たり前のことですが、行き当たりばったりで、そんなお店は中々見つかることも無く、偶然見つけても満席というパターンが多く、元彼とお店を探し彷徨うようなことがないように事前に予約を入れておかなければいけません。

もちろん、お店で提供される料理は、自分が好きな料理ではなく、元彼が大好きな料理が食べれるお店でなくてはならず、それはお店選びの前提です。

デート代は支払う


基本的に再会デートに掛かる費用は、元彼が経済的に余裕があったり、いつも会計をしてくれていたとしても、再会デートでは、元彼に支払いをさせてはいけません。

どんな人でも基本的に、奢ってもらうことを嬉しく感じるのが普通で、得した気分になれますし、それが再会デートならば、特別な扱いを受けたと感じます。

多少、再会デートに掛かる費用が安くなく、結構なお金が掛かってしまったとしても、幸せな未来への先行投資と考えれば安いものです。

次回会う約束をする


再会デート1回目で復縁に成功する人もいますが、全員が全員、成功するわけでもなく、もちろん、うまくいかない人もいます。

何事もそうですが、1回目がダメなら2回目に期待して頑張ればいいだけのはなしで、何も悲観することはありません。

2回目のデートは、1回目の再会デートより、さらに復縁に近づく可能性があり、2回目のデートの約束ができれば復縁はすぐ目の前です。

終始いつもより笑顔をつくる


再会デート中は、常に表情をつくる必要があり、特に笑顔に関しては、どの表情より、うまくつくらなければいけません。

無理につくろうとしなくても、嬉しさから笑顔はこぼれそうですが、それだけでは、まだまだ物足らず、プラスアルファ少しの笑顔の追加が必要です。

笑顔は楽しさをアピールするのに必要で、どんなに気の利いた言葉よりも効果的で、男性のハートに訴えかけることができます。

ニコニコしていると元彼も楽しくなりますし、自分のことで喜んでくれていると感じられ、元彼的にも嬉しくなります。

デートの時間帯は夜が良い


再会デートは間違いなく、言うまでもなく夜の方が、朝や昼に比べて、それなりの良い雰囲気がでるので、絶対に夜が適しています。

また、長時間デートも再会デートには不向きで、長時間一緒にいると何かしら失敗を起こしてしまう可能性が高くなります。

人の緊張感や集中力は、そんなに長く維持できず、それは自分だけでなく、元彼も一緒で、さらに拘束されていると感じてしまう危険があります。

実際、何時間も一緒にいるとダラダラした感じばかりが印象に残ってしまう場合があるので、メリハリをつけると言う意味で、短期集中にした方が無難です。

出来る限り接近する

再会デートでは、距離感も気にするポイントで、出来るだけ元彼に接近したほうが、間違いなく良いです。

近すぎると、元彼に対して馴れ馴れしいという感じがしてしまいそうですが、遠すぎるより、かなり効果的です。

街を歩いている時は、手や肩が軽くぶつかる距離が、一番理想的な距離で、うれしいことに、お互いの手が触れた時、元彼が手を握ってくれると言うハッピーサプライズ発生の可能性があります。

また、接近することで、元彼に効果的なボディタッチも自然にしやすく、体的な接近以上に、お互いの心の接近にも繋がります。

スマホをあまりいじらない


インスタやツイッターなどをしている人は、常にスマホが気になってしまい、ついついスマホが気になってしまいます。

ツイートやインスタ投稿を優先していると、元彼は、ほったらかされていると感じてしまい、退屈な時間を過ごさせてしまいます。

インスタやツイッターで、自分を応援してくれているフォロワーも、とても大事ですが、目の前にいる一番大事な存在を忘れてはいけません。

プレゼントを渡す


物で釣ると言うとやらしく聞こえてしまいますが、プレゼントをもらっても悪い気になる人は、ほとんどいません。

むしろ、自分の好きな物を突然プレゼントされるような事態が起きたら、誰でも嬉しくなるのは、当然です。

プレゼントは、元彼の閉ざされた気持ちを、躊躇なく一気に開放してくれる、最高の手段の一つです。

また、プレゼントは、元彼的にも、自分の為に選んでくれた、自分の事を知ってくれている、覚えてくれていると思わせることができるので、かなり元彼の心理にプラスな色々なことを響かせることができます。

過去の話はしない


付き合っていた時の話は、当時を思い出してもらいたいと言う気持ちから、話してしまいがちですが、これだけはやめておいた方がいいです。

せっかくフレッシュな気持ちで元彼が、デートに来てくれているのに、変に元彼に重い雰囲気を与えてしまいます。

もちろん、話だけでなく、思い出の場所や二人の行きつけのお店に行くというのも、やめておくべきです。

過去の話は、自然と流れで元彼から言ってくるようになるので、自分からは、話さないのが賢明でしょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「再会デートは楽しむことがいちばん」

占い師 姫乃
再会デートで、復縁に近づけると言うのは、最終目標だということに違いはありませんが、元彼とのデートを楽しむということを忘れてはいけませんよ!

落ち着く暇もなく失敗できない緊張感もありますが、再会デートを楽しむいうことは、復縁の為に欠かせない一番のテクニックで、実際、どんなテクニックよりも効果がありますよ!

【期間限定・8月25日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事