【虹のスピリチュアル】幸運を運ぶサイン!場所と形状で変わる解釈と願いが叶うおまじない
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

虹が幸福を運ぶサインと言われるのはなぜでしょうか?

こちらでは虹が出る場所と形状で変わる解釈と願いが叶うおまじないについて紹介しています。

虹に込められたジンクスや、珍しい虹のスピリチュアルな意味についても詳しく見ていきましょう。

恋愛や願い事が叶う簡単にできるおまじないも紹介しているので、運気を上げたい人は参考にしてみてください。

  

復縁メニューはこちら

虹からスピリチュアルメッセージ受け取りたい!虹の見える条件とは?

虹のメカニズムは空気中の水滴がプリズムとなって太陽光を7色に見せる

虹が出るメカニズムは、空気中の水滴がプリズムとなって太陽光を放出するためです。

空気中の水滴に屈折する形で入った太陽光は、水滴の中で反射し再び外へと光が出ていきます。

この光が虹を作っています。

太陽光は白色に見えますが、実はこの光の中にはたくさんの色がまざっています。

そして水滴に入った太陽光がたくさんある光の色の中から7つの光に分散するのは、色によって屈折する角度が違うためです。

7つの光とは、赤、だいだい、黄、緑、青、藍色、紫ですが、赤はあまり屈折せず、紫はの屈折は大きく屈折します。

このように7つ色が屈折により分かれ、虹という形になって私たちの目に届くのです。

虹が見えるタイミングは太陽光が降り注ぐ中に水滴があることが条件

虹が出る条件は、まずは太陽がさんさんと輝いていること。

その太陽を背にした時、正面に虹が出ますが、この虹に欠かせないのが水滴です。

水滴ができるのは、晴れの日に遠くで雨が降っている状態や、ついさっきまで降っていた雨が止み太陽が出てきたときなどです。

晴れた日にジョウロで植物に水やりをしていると、虹が見えることがたびたびあります。

またダムが放水しているときや、勢いよく水しぶきをあげる滝にも虹は出現します。

これらはいずれの時も太陽光が水滴の中を通りながら屈折した結果、虹となって見えるのです。

幸運を呼ぶ虹は彩雲(さいうん)・日暈(ひがさ/ハロ)・二重虹(ダブルレインボウ)に3つの種類に分けられる

幸運を呼ぶ虹の種類は大まかに3つに分けられ、それぞれ独自の形で出現します。

その中の一つ彩雲は、空高く広がる薄い雲に美しい虹色が現れる現象です。

彩雲を見ることができるタイミングはうろこ雲やひつじ雲の時で、そばに太陽があれば出現する確率は高いです。

また太陽光だけでなく月の光でも彩雲が出現することがあり、昼間よりさらに幻想的です。

日暈(ひがさ)はハロ現象や白虹とも呼ばれ、太陽をグルリと囲む光の輪のことを言います。

メカニズムは一般的な虹と同じで、太陽光が水滴の中を屈折することで光の輪になって見えます。

日暈が出現するのは低気圧が近づいている証拠で、その後は雨が降る確率が高いです。

古代の中国では日暈は不吉なものとされ、国勢の乱れや反乱を象徴していたと言われています。

二重虹はその名の通り二重にかかった虹のことで、メインの虹よりもやや薄い方の虹を副虹(ふくこう)と呼びます。

2本の虹を見比べると、色の順番が逆になっているのが特徴です。

英語ではダブルボウと呼ばれ、ラッキーサインとして知られています。

虹の色は7色だけではなく国によって違う

「虹はなないろ」と考えるのが当たり前になっていますが、実は国によって色のとらえ方は違います。

虹は7色あると定義づけたのは、万有引力の法則でおなじみのニュートンと言われています。

 7色あるといってもその境界線ははっきりとしていませんし、見方によっても非常にあいまいです。

たとえばアメリカでは6色で、ドイツでは5色です。

またアフリカでは4色ととらえていて、一部の部族では8色あると考えられています。

またロシアでは虹のことを「たくさんのカラフルな色」のように数でとらえずに、全体像で見る傾向があるようです。

国によってこれだけ違うのは、虹そのものに対するとらえ方や見方に相違があるためです。

<スピリチュアル>虹にまつわる言い伝えとジンクス!虹を見たら運気アップ

中国の言い伝えでは虹は巨大な蛇。吉凶の両方に解釈されていた

中国の言い伝えによると虹は巨大な蛇を象徴し、吉凶どちらにも解釈されていました。

虹が出るときは両端に頭がある蛇が地上に水を飲みに来る時で、そのために虹がアーチ型をしていると言われています。

虹が蛇と言われている理由は、虹という漢字が虫へんということから読み取れることができますが、同じように虫へんの感じには、蛙、蚊、蚤などがあります。

いずれも虫のカテゴリーということから、虹と蛇には深い繋がりがあるというわけです。

また虹が富の象徴とも言われるのは、水を飲ませてもらったお礼に金塊を置いていってくれるという伝説があるためです。

このように虹のイメージは吉兆だけのように思われていますが、凶兆として恐れられていた一面もあります。

それが動乱や戦争です。

虹が現れる=世の中が乱れる前兆というわけで、虹を見ない日が続くことが先人たちにとっての平和だったのです。

精神と肉体をつかさどるチャクラは7色ありレインボーチャクラと呼ばれる

現代ヨガのルーツであるハタヨガは、精神と肉体はレインボーチャクラによってバランスが保たれていると考えます。

スピリチュアルに精通していなくても、チャクラという言葉は一度は聞いたことがあるはず。

チャクラとは車輪や円盤という意味で、循環を表します。

生命や地球環境を始め体内の血液循環まで、私たちを取り囲むありとあらゆるものは循環しながら一定のバランスを保っています。

全てのものが循環しているからこそ、私たちはこの地球で生きていられるのです。

また人体には、7つのチャクラがあります。

尾てい骨あたりの第1チャクラが赤、頭頂部の第7チャクラは紫といったように、7つあるチャクラすべてが虹と同じ7色なのです。

これがレンボーチャクラと言われるゆえんです。

このことから虹と人体には、大いなる共通点があるのです。

虹を見たら願いが叶うラッキーサイン

虹を見たら、願いが叶うラッキーサインと読み取ることができます。

圧倒するようなスケールの虹を見ただけでもテンションアップするものですが、スピリチュアルな意味もあります。

それまでふつふつとした悩みがあったり内に秘めたる願い事がある場合、虹の出現=現状打破と見ます。

虹が出る時は、それまで雨が降っていることが多いです。

しとしとと降る雨が体を濡らすこともあるでしょう。

この雨が、ちょうど悩みや願い事を抱えている状態です。

雨がいつ止むかのは、見当もつきません。

しかし不意に空を見上げると、壮大で美しい虹が輝いています。

予想もしていなかった展開、これがラッキーサインです。

本来、悩みは解決するようにできているし、願い事も叶うようにできているのです。

ただし止まない雨をネガティブにとらえてしまうと、せっかく「虹」というラッキーサインが出ているのにも関わらず、それを見逃してしまうことになります。

虹は幸運な未来がやってくる前兆

虹はこれから先の遠くない未来に、幸運がやってくる前兆ととらえることができます。

虹は天気雨の時によく出現しますが、この雨によって望んでいない未来が浄化されるのです。

それまで何かと困難や問題がついて回っていたら、浄化が進めば何もかもが変わってしまうかもしれません。

本来、私たちは誰もが幸運な人生を約束されているのです。

しかしそれはある程度、潜在意識内の浄化が進んでいることが条件です。

なぜならネガティブな要素のけがれが残っていると、幸運がブロックされてしまうのです。

けがれは今世だけでなく、前世の影響も大きいです。

ところが望めばチャンスはやってくるもので、それが虹の出現です。

虹を見たら、今こそ浄化するべき時と考えてください。

そして虹を見せてくれた見えない存在に「ありがとう」と感謝しましょう。

これで浄化は完結し、より一層パワフルかつラッキーすぎるほどの未来がやってきます。

新たな出会いによって幸せな恋愛が始まるサイン

虹の出現は、新たな出会いの可能性も示唆しています。

それは望んでいたパートナーとの出会いだったり、幸せな恋愛関係を育める相手との出会いかもしれません。

このようなサインはしばしば見えない世界から発信されてくるのですが、気がつかないことも多いです。

しかし見事な虹が目の前に出現したらさすがにこれは何かのサインとしか思えませんが、まったくその通りで、これは見えない存在からのサインなのです。

新たに良好な関係を築けるのは、予想もしなかった相手という場合もあります。

でもどのような人であっても、判断を下さないように。

自分で「この人はダメだ」と判断してしまうと、順調な流れが滞ってしまいます。

また自らなんとかしようと頑張りすぎるのも、せっかくのサインを無駄にしてしまいます。

二重虹(ダブルボウ)がもたらすのは強運でしかない

二つの虹、二重虹がもたらしてくれるのは、強運でしかありません。

おそらく今までも「私ってラッキー」と常々感じていたことでしょう。

でももし二重虹を見る機会に恵まれたら、今後もさらに強運が続きます。

やるべきことは、何もありません。

ただ一つ、望むことに対して葛藤を抱かないこと。

これが重要です。

葛藤すると、守護してくれている存在が混乱してしまいます。

葛藤を抱くくらいなら、願い事を忘れてしまう方が良いのです。

今後もさらに強運を引き寄せるには、全てを天に任せリラックスすることが何より大切です。

きらびやかな彩雲は阿弥陀如来からのメッセージ

キラキラときらびやかに輝く彩雲は、阿弥陀如来からのメッセージととらえてください。

阿弥陀如来といえば、平安時代の仏画「阿弥陀如来迎図」が有名です。

この仏画は、西方浄土から阿弥陀如来が彩雲に乗って現れる様子を描いたもので、瑞相と言われています。

瑞相とは、縁起が良いことが起きる前触れという意味です。

また仏教の経典の中にも釈迦如来が生まれ出た時、5色の彩雲をたなびかせている様子を吉兆として説いています。

彩雲を仏教でとらえるなら、良いことの前触れなのです。

彩雲を見たら、その上に阿弥陀如来が鎮座する姿を思い浮かべながら「南無阿弥陀仏」と唱えましょう。

その後にどんな変化が起きるか、楽しみにしていてください。

金運アップの理由は、虹の根元に宝物が隠してあるから

「虹の根元には宝物が埋められている」という伝説があることから、虹を見ると金運アップの効果もあります。

アイルランドの森には、靴職人の要請が住んでいると言われています。

そしてその妖精たちは、金塊の入った壺を虹の根元に大事に隠しているそう。

このように「虹の根本に宝物がある説」は、世界各国でも同じような逸話があるようです。

では虹の根元まで行ってみたら、その壺は見つかるのでしょうか?

実際に虹の根元まで行ってみると根元のように見える場所はありますが、行っても行っても虹にたどり着くことはできません。

虹の根元は、見ることだけが可能なのです。

ちなみに太陽を背にして42度くらいが、虹と地面との境目まで見える角度です。

いずれにせよ金運に関して虹は世界中で抜群のインパクトととらえられていることから、運気上昇は間違いないようです。

虹の出現は別れた元彼との復縁が叶う予兆

別れた元彼と復縁を考えている時に虹が出たら、その想いは届けられたという証拠です。

虹の出現は、復縁が叶う予兆と見て良さそうです。

しかし予兆通りめでたく復縁するには、自分に向き合ってみる必要があります。

「何がなんでも復縁したい」という強い執着があるか、自分に聞いてみてください。

「めっちゃ執着ある」という答えが返ってきたら、予兆通りにはいかない可能性が高いです。

「前ほど執着はない」とか「どっちでもいい」という答えが返ってきたら、予兆通りに復縁できる可能性がグンと高くなるでしょう。

このように元彼に執着があるかないかで、結果が変わってきます。

虹はラッキーな出来事の予兆であることに、間違いありません。

でも心に住みついている執着が邪魔すると、引き寄せたい彼を逆に遠ざけてしまいます。

困難な状況でも虹を目にしたらトラブル回避は目前

困難な状況で悩んでいる時に虹を目にしたら、あらゆるトラブル回避は目前です。

虹を目に飛び込んできた瞬間にとてもハイな気分になったら、さらにトラブル回避率が高くなります。

トラブルや困難な状況は、自ら引き寄せるものです。

また悩みが尽きない人は、日常的に不安や恐れを抱いています。

困難な状況は、不安や恐れといったネガティブな感情が大好物です。

また、困難な状況には緊張がつきものです。

ところが壮大なスケールの虹を見た時、緊張の糸がプッツリと切れ、ネガティブな感情とは対照的な気分で胸いっぱいになるはずです。

感じるのは平和や嬉しさ、ドキドキするような感覚です。

そして、それが困難な状況回避への入り口となるのです。

虹は思考を変えるきっかけに過ぎません。

常日頃ポジティブな感情を抱くよう心がければ、不思議なことに困難な状況が少しずつ消えていくことでしょう。

虹は現状打破し次なるステップに進むことができる象徴

虹は、次なるステップに進むことができる象徴としてとらえることもできます。

次に進むために必要なのが、現状打破です。

「今の生活は不満だらけ」という時、現状打破するためには、どこかに突破口を見つけなければなりません。

しかし日常生活に追われていると、突破口はもとより現状打破するきっかけすら見つからないもの。

ところが虹は自ら7色の光を発しながら「今がチャンス!」と教えてくれているのです。

そのサインをスルーせずにちゃんと受け止めれば、必ず突破口は見つかります。

あきらめてはいけません。

現状維持で満足するのは一見良さそうに思えても、間違いなく上昇は望めないばかりか、そこから脱落する一方なのです。

この先いつ虹が見れるかはわかりませんが、もし見ることができたら次なるステップに進むことができるまたとないチャンスなのです。

虹のエネルギーが場を浄化してくれる

虹は、場を浄化してくれるエネルギーを持っています。

たとえば滝の中に虹が見える時、マイナスイオンの放出という相乗効果があります。

その美しさとすがすがしい空気に思わず深呼吸したくなるのは、浄化された場だからです。

虹が出現するためには、太陽の光が欠かせません。

ひとくちに太陽と言っても、私たち地球人には想像できないほどのエネルギー量で輝き続けています。

そしてその膨大なエネルギーが光となって水滴を通し、虹を作るのです。

太陽光には並外れた殺菌力があることでも知られているほか、骨が丈夫になるため適度な日光浴は必須です。

このように地球に住む人間にとって太陽光のエネルギーは、生きていくためになくてはならないものなのです。

そして太陽光が降り注いでできた虹のエネルギーも、同じように重要なポテンシャルがあると言えます。

虹の7色の光は天使からのメッセージ

虹の7色の光をスピリチュアル的に見た場合、天使からのメッセージととらえます。

たとえば虹が放つ7色のうち、どの色が一番心に響いているかで天使たちが何を伝えようとしているのかがわかります。

天使たちは、いったいどんなことを伝えようとしているのでしょうか?

実はどんな内容かは受け取る人によって違うため一概には言えないのですが、喜びと祝福に満ちたメッセージであることに間違いはありません。

なぜなら、天使たちは悲しみや失意、怒りや恐怖の感情がよくわからないからです。

なので、こちらの世界で言うところの、悪い出来事が何なのかを理解できません。

天使たちは落ち込んでいる人を見ると「なぜそんなに暗い表情をしているの?」と首を傾げながら、その人をギュッと抱きしめる勢いで守護します。

天界は、何もかもが明るい世界です。

そしてメッセージにもそれが表れていて、守護する人を励ましたり元気付けることに熱意が傾けられているのです。

虹を見たらいついかなる時も天から愛されているサイン

虹を見たら、何があってもどんな時でも天から愛されているサインと見てください。

楽しいはずの恋愛関係も、時には暗雲が立ち込めるものです。

また全てが順調なのに、なぜか強烈に孤独を感じることもあるはずです。

それどころか何もかもがうまくいかない、どうしたらいいかわからないという時は、絶望の淵に立たされていることでしょう。

無性に寂しくてつらくてたまらない時、ふと空を見上げたら虹が出ていた…。

こんな時、真っ先に思い出して欲しいのは「いついかなる時も天から愛されている」ということ。

幸福の絶頂にいる時でさえ、天からの守護が止むことはありません。

そして天空に虹を出現させることで「いつも変わらず愛してますよ」と伝えてきているのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

虹の色と形状でスピリチュアルな意味が変わる!虹の形状別メッセージ

パワフルな二重虹は確実な運気上昇を約束

圧倒さにおいてはずば抜けた迫力の二重虹を見た時は、確実な運気アップが約束されたも同然です。

二重虹が見られる機会は非常にまれであるということと、出現することはあってもやがて消えてしまうことから、目にすることができただけでもかなりラッキーと言えます。

一度ラッキーなことが起きると、芋づる式にラッキーが起こるもの。

二重虹を見た時に「これはラッキー!」と素直に大喜びできる人なら、その後もどんどんラッキーなことがやってくるはずです。

ハワイでも二重虹はラッキーサインで、ダブルボウと呼ばれています。

ツーリストがダブルボウを見ると「帰国した後もまたハワイに遊びに来れる」という嬉しいサインとしても知られています。

彩雲は天からのご褒美。頑張りを褒め称えてくれている現れ

美しく7色に彩られた彩雲は、天からのご褒美ととらえましょう。

彩雲の出現は、日頃の頑張りを褒め称えてくれている象徴なのです。

そして彩雲を目にするのは、ちゃんと意味があるのです。

彩雲が消えるまで、存分にそのパワーを取り込んでください。

ゆっくりと深呼吸しながら、彩雲を見つめているうちに「じわじわと心に響く何か」を感じるはずです。

極楽浄土から彩雲に乗ってやってくる阿弥陀如来の姿を想像しながら「南無阿弥陀仏」と唱えた後、「ありがとうございます」と感謝しましょう。

太陽を取り囲む円型の虹「ハロ」は天からの祝福

天からの祝福としてとらえて欲しいのが、円形の虹ハロです。

太陽を取り囲むように光の輪となって出現するハロは、何とも神秘的です。

古くから災厄の前兆としてとらえられていたハロですが、これは過去の歴史において不安定な政情が庶民を不安にさせたためと見られます。

天からの祝福は、虹を見た人によってその意味が変わってきます。

・元彼から卒業できた

・困難が去って一回り成長できた

・依存から抜け出ることができた

・悩みを解決するために積極的に行動できた

これらはほんの一例です。

ハロを見たら、今一度自分についてじっくりと振り返ってみるといいでしょう。

短い虹は守護されていることを示す

短い虹を見た時は、守護する存在から「守っています」と示されている証拠です。

立派で壮大なスケールの虹でも部分的な短い虹でも、その解釈に変わりはありません。

天から伝わってくるのは「力強い守護」です。

大きくて立派な虹よりも目にする確率はとても低いので、それだけに発見した時は無上の喜びを感じることでしょう。

短い虹は、今後見ることはないかもしれません。

しかし守護する存在からのサインに一度気づけば、その後はあらゆるところで目にすることができます。

赤い虹の光からは膨大なエネルギーが降り注いでいる

夕焼けや朝焼けに照らされた赤い虹から出る光からは、膨大で強力なエネルギーが降り注いでいます。

赤い虹を見る機会はめったにありませんが、それだけに貴重な体験と言えます。

「赤」は第一チャクラで、生命力や情熱、勝負などを表します。

また主導権、リーダーシップ、足元を固めるという意味もあり、全て能動的で積極性を感じる色です。

悩み事に心を痛めていて「もっと強い精神力を養いたい」と願うなら、赤い虹の画像を待ち受け画面にしてみるのも一つの方法です。

赤い虹の強烈なエネルギーによって、試練に耐えられるパワーを授かることができます。

夜の月を取り囲むように光る月暈(つきがさ/げつうん)は、幸福と平和の象徴

夜の月を取り囲むように丸く光るのが月暈と呼ばれる虹で、幸福と平和を象徴しています。

満月の日とその前後の3日間だけ観ることができる虹で、月を背にした方角に出現します。

昼間の虹とは打って変わり、色は白一色です。

7色の虹とはかなりかけ離れた印象なのですが、虹ができるメカニズムはほぼ同じです。

月暈を観るためには、満月付近を狙って夜空を見上げ続けなければなりません。

でも観よう観ようと思って頑張るより、すっかり忘れている方が逆に目にしたりできるもの。

スピリチュアル的には、偶然はないと考えます。

月暈が観れたのも、観るべきタイミングだったからなのです。

街灯の光に虹を見ることができる人は、スピリチュアリティの高い人

 

街灯の光に虹を見る人は、スピリチュアリティの高い人と言えます。

つまり誰でも見ることができるわけではなく、意識の違いによって見れたり見れなかったりするのです。

街灯の光に虹を見るには、トラタック瞑想という方法があります。

街灯をボーッと眺めていると、電球を取り囲む白い光が見えてきます。

次にリラックスしつつ集中しながら若干寄り目気味に街灯を見ると、電球の周りに薄い虹が現れるようになります。

集中して見ていると、虹色の光がギザギザに変化していくのがわかります。

最後、電球が真っ暗になるまで見ると、脳波は超熟睡モードのデルタ波になります。

これがトラタック瞑想です。

スピリチュアリティの高い人は、いとも簡単にこれができるのです。

虹を見た場所ごとに異なるスピリチュアルメッセージ

神社で虹を見たら神様からの熱烈な歓迎を受けている

神社に参拝した時に虹を見たら、それは神様からの熱烈な歓迎を受けているという証拠で幸運のサインです。

神社でもっとも多い神様による歓迎サインは、天気雨です。

太陽がさんさんと輝いているのにサーっと降り出す雨、これが天気雨です。

そして天気雨の時に出現しやすいのが、虹なのです。

美しい虹に神様の熱烈な歓迎っぷりを想像し、神様へのあふれる愛が止まらないでしょう。

その他、神社に参拝したおりに結婚式や祭典行事などに出くわした時も、幸運のサインです。

お墓参りで虹を見たらご先祖様が総出で出迎えてくれている

お墓参りの際に虹が出た時は、ご先祖様が総出で出迎えてくれているサインです。

霊感の強い人でなくても、ご先祖様との交流が楽しめるひと時となるでしょう。

またご先祖様の霊が、蜂や蝶、てんとう虫、猫などになって現れることもあります。

墓石を掃除したりお線香をあげたりする間中、ずっとその場から離れません。

風もないのにお供えした仏花が揺れたり、供物が落ちたりする場合もご先祖様が歓迎してくれているサインです。

「見守っていることを知らせたい」

このようにしてご先祖様たちは、必ず何かしらのサインを送ってきてくれているのです。

虹を部屋で見たら「気づいて」のエンジェルサイン

部屋にいる時に虹を見たら、それはエンジェルサインです。

虹は大変によくわかりやすい、天使の「気付いて!」のサインなのです。

部屋で虹が見えるのは、雨上がりの湿度の高い日、開け放った窓から太陽の光がキラキラと差し込んでいるような時です。

天使はときおりサインを送ってきてくれていますが、代表的なエンジェルサインがゾロ目の数字です。

時計などのデジタルの数字がゾロ目になるのをたびたび目にするのですが、偶然とは思えないほど「たびたび」です。

虹の場合、部屋で見る機会はそうめったにないのですが、それだけに絶大な天使の守護と愛を感じるひと時と言えます。

滝に出た虹は龍神様が出現しているサイン

ごうごうと流れ落ちる滝を見ているとよく虹を目にしますが、これは龍神様が出現しているサインとみられます。

神社の境内付近に流れ落ちる滝から虹が出た時は、間違いなく龍神様でしょう。

東京都檜原村には「竜神の滝」があります。

こちらでは条件が揃うと、美しい虹を見ることができます。

パワフルでダイナミックな滝と虹のコラボレーションに、思わず手を合わせずにはいられないでしょう。

滝の浄化作用によって、身も心もすっきりリフレッシュできるはずです。

最強のパワースポット富士山の虹は崇高な存在のご加護を表す

最強のパワースポットとも言われる富士山に虹が出現した時、それは崇高な存在のご加護を表しています。

ボルテックスとも呼ばれるパワースポットは、地球上に点在するエネルギーが集中する場所で、海外ではセドナが有名です。

山岳信仰の場としてまた霊山としても唯一無二の存在「富士山」に虹が出た時、それは崇高な存在によるご加護とみて間違いありません。

写真を撮ると、虹とともにオーブが映り込むこともあります。

これはパワーのみなもと富士山に集まってきた自然霊という場合が多いです。

いずれにせよパワースポット富士山に出現した虹に、これ以上ないほどのご加護を感じることでしょう。

 

虹を見たら試してみたい!願いが叶うスピリチュアルなおまじない

虹を見た時に好きな人の名前を9回唱えれば両思いになれる

虹を見た時、好きな人の名前を9回唱えるというおまじないがあります。

「両思いになりたい」という願いが、見事叶うことでしょう。

繰り返しますが、虹は幸運の前兆です。

そしてその幸運をもっと強く引き寄せるのが、このおまじないです。

まだ相手の気持ちがわからない時に、ぜひやってみてください。

虹を見た後、ポジティブシンキングを3日間続ける

虹を見たら、ポジティブシンキングを3日間続けてみるという方法があります。

これによって、願いごとが叶う確率が急上昇します。

虹の出現は大変なラッキーチャンスなのですが、その後のどう過ごすかによっても幸運の度合いが違ってきます。

普段からプラス思考を心がけているなら3日間はあっという間ですが、マイナス思考にとらわれやすいようなら3日間のポジティブシンキングは少々苦行かもしれません。

しかし天から与えられたラッキーチャンスを、みすみす逃すわけにはいきませんよね。

願いごとを叶えるためには、常にプラス思考でいることが大事なのです。

まずは騙されたと思って3日間だけ、全てのことに「はい」と答えるようにしてみてください。

「でも」「だって」はマイナス思考の人が発する言葉です。

3日間頑張った後はそれまでのことがまるで嘘のように、さまざまなことが急展開したり大きな変化がやってきます。

虹が消えるまで願いごとを唱え続ければ抜群の効果

虹が見えた時は、その虹が消えるまで願いごとを唱え続けることが重要です。

「虹が消えるまで何時間もかかっちゃうのはちょっと困る」

そう考えていたら、安心してください。

太陽の移動とともに虹独特の鮮やかな色は薄くなり、やがて消えてしまいます。

虹を目にした時によって違いますが、虹の出現から消滅で約数分といったところでしょう。

消えるまでの時間がそれくらいなら、願いごとを唱えていられそうです。

虹が完全に消えたら「ありがとうございます」というような、感謝の言葉を忘れないようにしてください。

虹を描く夢は良い夢。人間関係の向上と眠っていた才能が復活するサイン

虹を描く夢は、とても良い夢です。

中でも人間関係の向上については、予想以上の結果が期待できます。

それだけでなく、今まで眠っていた才能が復活する象徴という見方もできます。

思ってもみないような展開が起きたり、急に花開いたりするので、自分も周囲もびっくりでしょう。

夢を見る時、何もかもがとても奇妙な展開で物語が進んでいきますが、そこには見えない存在からのメッセージが含まれています。

それは顕在意識が休憩中の睡眠時でないと、夢の中にアクセスできないからです。

夢の中は顕在意識と潜在意識がバッティングするスペースなのです。

そしてその中にたくさんのヒントが隠されていて、虹を描く夢もヒントの一つです。

人によっては、どんな人間関係に影響が現れるかは違うので一概には言えません。

でも虹を描く夢を見たら、きっと思いあたるような「何か」を見つけられることでしょう。

虹の女神に祈れば、好きな人の気持ちが1週間でわかる

虹には好きな人の気持ちがわかるおまじないがあります。

具体的には虹の女神にリクエストするのですが、一週間以内でわかると言われています。

虹が出たら、チャンス到来です。

7色の光を放つ虹を見ながら、以下のように唱えます。

「虹の女神様、いつも守護していただきありがとうございます。○○さんが私をどう思っているか知りたいです。彼の心の中をどうぞ見せてください」

唱えているうちに、虹が消えてしまっても大丈夫です。

一週間以内に、好きな人の気持ちがわかるような出来事が起こるでしょう。

相手も同じように好感を持ってくれていたら嬉しいですが、そうではないこともあります。

虹の女神は、あくまで中立であるがままを教えてくれるのです。

好きな人と手をつなぎながら虹を見ると2人の愛が深まる

 

虹が出た時、好きな人と手をつなぎながら見ることができたなら、2人の愛が深まると言われています。

「彼はソウルメイトだった」と気づく場合もありますが、そもそもそういうシチュエーションを引き寄せたのはスピリチュアル的には必然なのです。

もし彼とはまだ手つなぎするような間柄ではない時、2人で並んで虹を見るだけでも大丈夫です。

美しく光り輝く虹を見て感動した彼が、思わず手をつないでくる可能性があることもお忘れなく。

2人仲良く感動を共有しているうちに、お互いにかけがえのない存在になっていくことでしょう。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「虹のスピリチュアルを信じると願いはかなう!ポジティブな気持ちが幸運を運ぶ」

占い師 姫乃
虹のスピリチュアルを信じると、願いや望みは叶うことになってるの。

ただ自分が望んだ結果と少し違う形になる場合もあるから、それを覚えておいてほしいな。

あとはいろいろなことを、できる限りポジティブにとらえること。

一見悪いように思える出来事があっても「もうダメだ」と判断しないように。

実はどんな時であれ、すぐそこまで幸運がやってきてるのよね。

ポジティブな気持ちでいればその流れが少しずづわかるようになるし、次にどんなことが起きるか余裕で楽しむことができるはずよ。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事