別れた後の男の心理!B型男に嫌われたら放置が復縁の近道って本当?
※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

もしあなたに復縁願望があってその元彼がB型だったら、この記事は知りたかったことだらけのはず。

また不透明なB型男性の心理状態がわからなくて悩んでいる時も、全てを把握できます。

大きく分けて4種類ある血液型の中で、最も自由奔放でとらえどころのない性格が多いと言われるのが「B型」です。

そのB型男性に大きくフォーカスし「別れた原因は嫌われたからか?」「どうすれば復縁できるのか?」を、とことん追求しました。

読み終わったと同時にあなたの不安は一挙に解消され、安心感に満たされることでしょう。

まずは別れた後のB型男性の心理と復縁の近道について理解を進め、気持ちを軽くするところから始めてください。

20代〜40代のB型男性100名を対象に行ったアンケートも必見です。

「彼女に冷めた時」「別れた彼女が気になる時」「どんなきっかけで元カノと復縁したか」などのアンケート調査結果と実際のエピソードもご紹介していきますね。

ではさっそくみていきましょう。

復縁メニューはこちら

B型男性100名にアンケート!彼女に急に冷めた事がある?

B型男性は、彼女に対して急に冷めることはあるのでしょうか?

もし過去から現在を含め好きな女性に冷めてしまうことがたびたびあるなら、将来的にもそうならないとは言えません。

ただしその対処法を押さえておけば、思ったほど困ることはないでしょう。

まず初めはアンケートの回答をもとに、B型男性に対する傾向と対策を検証します。

B型男性に質問!100年の恋も一瞬で冷めた…彼女に冷めた時って?

「冷めたことがある」と答えた男性が「冷めたことがない」と答えた男性をやや上回る結果となりました。

これは僅差のため「ほぼ同数」、もしくは「半々」と見ることもできます。

「冷めたことがある」男性は、物事の白黒をはっきりととらえられる男性です。

もともと彼女に対する感情は冷めていたかもしれませんし、彼女に対して期待を抱いていません。

また「冷めたことがない」と答えた男性は、彼女に対する熱意が高い人でしょう。

大好きな彼女に冷めるなんてとても考えられない!といったところです。

いずれにせよアンケート結果によって「2人に1人は100年の恋も一瞬で冷めるような経験している」ということが分かりました。

男性たちに詳しい内容を尋ねてみました。

28歳/男性/管理会社
28歳/男性/管理会社
出会ったとき好印象だったんですがある日些細なケンカで激怒され、それ以来冷めました。感情的になる女性がダメなんです。俺もキレちゃうことあるから、そのうち殴り合いになりそうで…、怖い。
31歳/男性/広告関連
31歳/男性/広告関連
彼女とはまぁまぁうまくいってますが、ある日スゲー機嫌が悪いときがあって取りつく島ナシ。参りましたね。あとで生理痛だってわかったんですが、はっきり言えばいいのに言わない。我慢すりゃいいってもんじゃない。こういう時冷めるんですよ、男子は。
24歳/男性/IT関連
24歳/男性/IT関連
貸した金をうやむやにされたんで軽く激怒したら、逆ギレされた。だから冷めました。もうどうにでもなれって感じ。
35歳/男性/個人事業主
35歳/男性/個人事業主
元嫁への嫉妬やフラストレーションがすごくて大変です。もう別れたんだから気にしなきゃいいのに。正直冷める。

彼女への不満がもっとも冷める原因の一つ

恋愛感情がもっとも冷める原因の一つが「彼女への不満」です。

初めは良かった男女の付き合いも、気持ちのすれ違いが起きるようになると相手に冷めてくるものです。

冷める原因として考えられるのは、理想の相手の姿とのギャップが生じ始めるとそれを埋めることができなくなるためです。

またケンカや言い争いなど、相手をコントロールしようとすることも原因の一つです。

特にB型男性は、彼女に悩まされることが多くなると「あいつマジ嫌い!」ということになりかねません。

B型男の冷めた時の態度って?別れのサインはこれです

「毎日連絡を取り合うのが習慣だったのに…」連絡が急に途絶えてしまう

B型男性が恋愛に冷めた時の態度の中で一番わかりやすいのが「連絡が途絶えてしまう」ことです。

「興味のもった事には一直線」というB型ならではの性格から、あなたへの連絡を先送りにしてしまいます。

またその原因が何なのかもつかめず、急に彼の態度が「のれんに腕押し」状態になります。

あなたはすぐに彼が「変わってしまった」と、とらえどころのないような不安を感じるでしょう。

何を言ってもスルーか生返事になりますが、もし浮気が原因でそうなっているのなら真実を突き止めるのはちょっと怖いですよね。

もし彼と大げんかしたあとに連絡が途絶えてしまったら、あなたを嫌いになったか冷めてしまったかのどちらかに間違いなさそうです。

しかし冷めたというより「目が覚めた」と言った方が当てはまるかもしれません。

いったん恋愛にのめり込むと周りが見えなくなるほど熱中してしまうのがB型です。

また「熱しやすく冷めやすい」という性質もB型男性を形成している恋愛感情の一つです。

好きになったら猪突猛進ですが、冷めた時も同じように急激かつストレートです。

そこに迷いや葛藤はありません。

「おはようLINE」を入れても既読にすらならないこともあるでしょう。

こんなときはもしかするとブロックされてる可能性もあります。

やっと既読になってもそのままスルーだったら「読んでもらえただけいいか」と自分を納得させるでしょう。

連絡が取れないままだと彼が何を考えているのがわかりませんが、「冷めた」か「冷めたかもしれない」のどちらかに間違いありません。

わかりやすい性格から「冷めたことが見事に顔に出てしまう」

「今機嫌がいいか悪いか」を顔で判断するとしたら、B型ほどわかりやすい血液型はいないでしょう。

B型男性はいったん冷めてしまうと見事なほどに顔に出てしまいます。

不機嫌な時は口をへの字に結び、一切その口を開こうとしません。

あなたがそれにもし気づいたとき、なんとかしようとしても無駄な努力です。

それよりも期限の悪さを指摘された不快感で、さらに彼の機嫌が悪くなってしまうでしょう。

機嫌がいい時の明るさとはあまりにも対照的なので、いったん不機嫌になったら取りつく島がないほどです。

恋愛に冷めた時も不機嫌さを隠そうとせず、ネガティブなオーラを出し続けます。

こんな時、そばにいるとつらい事この上ないでしょう。

B型男性自身も自分のこういうところが「めんどくさい」と自覚しています。

しかし「冷めた」という感情が先走っているので、もはや改善しようがないのです。

B型男性がもし彼女と別れたいと思っていたら、会うたびに不機嫌さが顔に出てしまうでしょう。

マイペースな性格がさらにマイペースになり行動がつかめない

B型男性は自他共に認めるマイペースな性格の持ち主です。

「いつでもマイペース」なのがB型の代表的な特徴ともいえまが、こと恋愛に関してもマイペースさを手放すことはしません。

恋愛に冷めた時も、持ち前のマイペースさにさらに輪を掛けてしまいます。

そうなると行動がつかめなくなるばかりか、音信不通になったりもします。

本人にしてみれば「これって別に普通じゃない?」と言いたいところです。

しかし周りから「それがマイペースって言うの!」と思われていることに気づくことはないでしょう。

行動力そのものは高く評価されるところですが、次に何をするか行動がつかめないとう点は少し問題です。

結果的に彼の周囲にいる人たちはいつも、彼に振り回されるようなことが多いと感じているはずです。

また「気まぐれさ」においては他の血液型の男性には負けないのがB型男性です。

恋愛に没頭していた時はまるで熱病にかかっていたかのようでした。

ところがいったん冷めたてしまうと、その変わり身の早さに誰もが驚くほど。

このように、思ったことを瞬時に行動に移す気まぐれさは行動力にもつながります。

高い行動力は感服すべき点ですが、あなたもその行動力に惹かれたのではないでしょうか?

しかし気まぐれな彼氏に本気でついていこうとするのは、かなり大変だったかもしれません。

おいてきぼりをくったような感覚でいるあなたを気遣うようなこともなかったのでは?

マイペースさは恋愛関係でも同様です。

もし恋愛に冷めてしまったら、「音信不通からのフェードアウト」に持ち込むでしょう。

これは喧嘩やいさかいもない状態で自然に別れられればそれが2人のためになる、と考えているためです。

こんなことから、もしB型男性が音信不通になったり連絡が来なくなった時は「別れのサイン」とみて間違いありません。

「え?約束してたのに…」デートの予定を急にキャンセルされることが何度も続く

B型男性の別れのサインの一つとして「デートのキャンセル」が挙げられます。

それも土壇場になって急なキャンセルが何度も続いてしまいます。

今までほとんどの休日はデートの約束をしていたのに、意味不明なキャンセルを告げられたらもう途方に暮れるしかないでしょう。

予定がなくなったあなたは1人で部屋に引きこもったまま、何もせずに一日が終わってしまいそうです。

「今までそんなことはなかった」のであれば、彼は本気で恋愛に冷めたと考えるよりほかないでしょう。

彼女としては何があっても、自分を最優先して欲しいと思うものです。

デートのキャンセル理由があなたにも納得できるものだったら「まぁ仕方がないか」とあきらめるでしょう。

しかしそういうことが何度も続いたり、理由もなくキャンセルを告げてきたとしたらちょっと問題です。

「もううちら終わりかな」と思っても不思議ではありません。

もし彼に「もう冷めたの?」問いただしたとしたら「別に」と冷酷に返すでしょう。

あなたとすればもはやなすすべなしです。

彼が必死で謝りながら「この穴埋めは必ずするから!」と言われ、仕方なく納得したことがあったかもしれません。

しかしこれが2度3度と続いたら、きっと怒りより「もう終わっても仕方がないね」といった悲しみがこみ上げてくるでしょう。

ショック!「もう飽きた」と言われる

「もう飽きた」

彼女としてはこれほどショックなことはないでしょう。

この言葉の意味を掘り下げてみても「彼女に飽きた」のか「付き合いに飽きた」のか「自分が退屈で飽きた」のかがはっきり読み取れません。

しかし一つはっきりしていることは、少なからず「もう別れたい」と思っているに違いないということです。

彼氏がなぜこのような配慮に欠けるようなことを言えるのかが、あなたにはまったく理解できないでしょう。

彼女であった女性に対して考えもなしに「飽きた」という言葉を使ってしまうのはB型ならではで、マイペースすぎる言動です。

B型男性は、常に「本音で勝負」が信条のため、あらゆる物事について遠回しには言えない性格なのです。

恋愛関係にある彼女には、特に遠慮なしにストレートなことを言ってしまいがちです。

その上自分の言ったことに対して、相手がどんなに傷つこうが嫌いになられようがお構いなしという一面もあります。

もしあなたがB型の彼から傷つくようなことを言われても、気にしないようにすることが大切です。

彼はあなたを傷つけようとして言っているわけではないのです。

これはただ「本音を言った方が伝わりやすい」と単純に考えているためです。

いずれにせよ「飽きた」と、いうことはいつでも「サヨナラOK」という見方ができます。

B型男性のうわの空「今なんか言った?」を連発

B型男性は興味のない話にはいつでも「うわの空」となることが多いもの。

「今なんか言った?」を連発することがあり、彼女をガッカリさせてしまいます。

人の話を聞いていないなんて、思わず人間不信になってしまいそうですよね。

しかし、もし彼が今の恋愛に冷めていたらこうなったとしても少しも不思議ではありません。

さらに会話中に彼氏の目線に気をつけていると、自分と目を合わせないようにしたりスマホの画面に釘付けになったりします。

あるいはうなづくことだけを繰り返したり、返事のタイミングが微妙にズレたりします。

この時100%に近い確率で人の話を聞いていません。

大事な話でもそうでない話もすべてがうわの空と思って間違い無いでしょう。

「今なんか言った?」

B型らしい配慮に欠けるこんな言葉が出た時には、彼女としても怒りを爆発させるか猛烈にガッカリする以外ないでしょう。

こんな時の彼の心の中は明らかに別のことを考えています。

もはや「彼女には興味なし」という風にとらえられても仕方がないでしょう。

相手に興味がない態度は、B型男性の別れのサインとしては最も分かりやすいものです。

あなたとの恋愛関係ももう冷めてしまったことは確実です。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

B型男性に嫌われたら放置で復縁できるって本当?冷却期間の目安は?

「あ、これは嫌われたかな?」こんな時B型男性はこう思っている

B型男性は一度興味を失うと、あれよあれよという間にそのモチベーションが失われてしまいます。

その気分の落ちこみ方は他の血液型の人には理解できないほどです。

そうなると次に人とのかかわりを持ちたくなくなり、内側に引きこもってしまいます。

こんな時、恋愛関係にある彼女は反射的に「自分は嫌われた」と思ってしまうでしょう。

実はB型の男性のみならず、一般的な男性は激しく落ち込むと人との距離をおきたがる性質があります。

中でもそういう性格が際立っているのが、B型男性なのです。

「次回のデートの話なんてとてもじゃないけど無理」

「彼女が能天気に見えて頭にくる」

「もうほっといてくれ」

B型男性のふさいだ気持ちの背景には、このような感情が渦巻いています。

B型の彼の心情を理解できない彼女と、彼女を思いやれないB型彼氏の間はすぐにギクシャクしたものになるでしょう。

「放置してくれたらいいのに」と思う彼氏と、「嫌われた」と思い込む両者間の深い溝はいつまでも埋まる事はないでしょう。

放置するも、ただ「放っておけばいい」というものではないB型男性

B型男性が放っておいてほしい時は、「顔に出たり引きこもったりすることもある」ことが分かりました。

放置した方がいいとわかっていても、ただ放っておけばいいのでしょうか?

B型男性と別れたあと、もし復縁できたとしてもその後もうまく付き合うにはテクニックが必要です。

行動に移すタイミングは「ある程度の冷却期間をおいたあと」です。

B型は得意分野や興味あることについては大きな関心を寄せます。

しかし復縁するには「きっかけ」が必要です。

それまで連絡を一切とらない状況が続いていたのですからいきなり本題に入らず、まずはあいさつ程度に連絡をとってみましょう。

長いこと放置されていても、久しぶりに元カノから連絡がくれば嬉しいものです。

本題に入ったら、何らかの情報を交換することから始めましょう。

元彼の趣味や嗜好などについて質問したりアドバイスを求めます。

B型男性は好きなことに対しては貪欲なので、もしそのことについて聞かれたら嬉しくて気分はハイになるはずです。

その時「元カノが復縁を望んでいるのでは?」などという深読みはできません。

復縁を仕掛けるためには、元彼の好きなことに対して共感し賛同することがとても役立ちます。

あなた自身も自分の趣味に対して、もし彼が褒めてくれたらとても嬉しいですよね。

このように復縁を望むのであれば、まずは信頼関係を立て直すことに着目してください。

これだけは避けたい!「感情のぶつかり合い」

B型男性は、感情のぶつかり合いだけは避けたいと思ってます。

そんなB型男性ですがその特徴の一つが「自己中心的な性格が多い」ということです。

また「自分の考えを曲げない」という頑固さも持ち合わせています。

そのため彼女に対して気に入らないことがあると、途端に態度を変えます。

もし2人とも同じように頑固な姿勢を崩さないタイプだったらこういう時、相手に対しめんどくささや気難しさを感じてしまうでしょう。

付き合いが長くなるにつれ、どうでもいいようなことやつまらないことが原因で喧嘩が起きるようになります。

すぐにどちらかが折れれば済むことですが、双方ともに頑固なため譲ろうとしません。

こうなるとあとは言わずもがな。

初めはどちらからともなく文句を言い始めるますが、次には言い争いになってしまうでしょう。

さらにはお互いを言い負かそうと必死になるはずです。

B型男性は決して後には引きません。

ここでプッツリと感情の糸が切れた時が「終わりの時」です。

感情のぶつかり合いによる喧嘩は、避けられるのならば避けたほうがベストです。

「自分の思い通りに相手を変えることはできない」と分かっていれば、感情的にならずに喧嘩を避ける事ができます。

どれくらい冷却期間を置くかは別れた原因を元に決める

元彼がB型の場合、どれくらい冷却期間をおけばいいのでしょうか?

一般的な冷却期間については諸説あります。

しかし状況により大幅に変わる可能性もあります。

ですから「数ヶ月おけばOK」とか「数日だけじゃダメ」といった基準はありません。

この基準はあくまで「目安」として心得ておくといいでしょう。

例えば別れた原因がもし喧嘩の場合、早めに謝りの連絡を入れた方がベストです。

100%彼に非があるように思えても「自分もこういうところが悪かった」と感じる部分があるはずです。

それをきちんと伝えられれば、再び元彼と信頼関係を築けることができるでしょう。

自分が低姿勢になれば彼氏も「自分も悪かった」となるはずです。

もし彼から散々注意されていたことを直さずにいたことで嫌われたとしたら、ここもいさぎよく自分の非を認めましょう。

ただしこの場合は、数週間程度の冷却期間をおいたあとがベストです。

あなたにしてみれば、相手から全く連絡が来ないのは不安でしょう。

そういう時こそ気分を切り替えましょう。

できる限り彼のことを忘れるようにします。

気分が安定し「そろそろ連絡してみてもいいかな」と思ったら、その時点で冷却期間は終了です。

しかし連絡をとっても相手からのレスポンスがまるで無かったり、思うようないい返事がない時は再び冷却期間を続行してください。

彼には彼の事情があります。

もしかすると、彼の心がもう遠いところへと去ってしまったのかもしれません。

いくら元カノとはいえ、そこへ土足で入り込むことはやめておきましょう。

冷却期間中はくれぐれも元彼について思い悩まないようにします。

元彼のことで頭が一杯になったり元彼の連絡を待つようなことをすれば、なおさら彼があなたから離れていってしまいます。

こんな時こそ趣味や仕事に没頭し、彼を忘れるようにしましょう。

B型男性100名にアンケート!自分から振っても別れた彼女の事が気になる事はある?


次のアンケートは「B型男性は自分から振っても別れた彼女の事は気になる?」です。

振られて別れた多くの場合、「相手から嫌われた」と思う人がほとんどです。

女性側が振られると「自分は彼女として認められなかった」という自己否定感でいっぱいになるでしょう。

「そんなことはないよ」と優しく否定してくれる彼氏ももういません。

友達に慰められても何の説得力もないどころかますます落ち込んでしまうでしょう。

実際のところはどうなのでしょうか?

集計結果をグラフにしたので確かめてみましょう。

B型男性に質問!どんな時に別れた彼女が気になる?

「気にならない」が大きく数字を伸ばした結果となりました。

その対比は「8 : 2」です。

10人のうち8人が「気にならない」というこの数字は、いったい何を意味しているのでしょうか?

この数字はB型男性特有の、自由奔放な性質を象徴しています。

たとえ自分から振ったとしても、彼女の落ち込んだ気持ちまで思いやれるような性質を持ち合わせていません。

その性格は「唯我独尊」を地で行くようなイメージと考えると分かりやすいでしょう。

実際にはどう考えているのか、男性たちの声を聞いてみましょう。

33歳/男性/大手飲料系会社
33歳/男性/大手飲料系会社
え?別れた相手のことなんてまったく気になりませんよ。気にし始めたらキリがないですよ。気にしてる人なんているの?
28歳/男性/総合商社
28歳/男性/総合商社
臨機応変に対応しています。彼女のことはもう過去のことなので。今、仕事が忙しいので彼女を作るのはもう少し先になりそうです。
22歳/男性/学生
22歳/男性/学生
先日ちょっとしたケンカが原因で自分から振ってしまいました。でもまだ彼女のことは好きなので当分忘れられないと思います。新しい彼女とか、まだ無理です。
29歳/男性/出版
29歳/男性/出版
別れても気にしないですよ。そう言うと「さすがB型」ってみんなに言われます。何が違うんですかね。俺はその違いがわからないです。

B型男性は一度振ったら過去を振り返る人はごくわずか

B型男性は、もし一度彼女を振ったらほぼ過去を振り返ることはしません。

別れたカップルが復縁する可能性もごくわずかです。

特に相性面でB型とはマイナス要素が多いA型が相手の場合、元サヤは高いハードルとなるでしょう。

なぜならB型男性の自由度は、周囲を巻き込むほどの強さがあるためです。

どちらかが広く大きな心でカバーしないとうまくいきません。

別れた後のB型男性の心理

別れた直後はかなりショック

B型男性の場合、別れた直後はかなりのショックを抱えています。

またB型男性は他の血液型の男性に比べ、感情を表に出す傾向があります。

別れによるショックさの表現も堂々としたものです。

「寂しい」

「つらい」

「くやしい」

「頭に来る」

「なぜ別れなくちゃならなかったのか?」

このように心の中はネガティブな思いであふれています。

別れるまでの経緯も怒ったりイライラしたりなど、かなり感情的な展開だったことでしょう。

付き合っていた女性から見ると何とも大変な別れ方だったとしても、その後は嘘のようにパッタリと連絡が途絶えたはず。

これは別れた時にツラい感情を最大限に爆発させたたためです。

未練を訴えられることもなく、あとはケロっとしています。

別れた直後のショックさとはあまりにも違うため、あなたは驚きを隠せないでしょう。

このようにB型男性には別れた直後はショックを感じていますが、一度感情を爆発させれば後は引きずりません。

「別れてすっきり」しばらく自由を楽しむ

別れた原因にもよりますが、たいていのB型男性は別れてほとぼりが冷めた頃「別れてすっきりした」とか「別れて良かった」と思います。

また自分が自由になれたことを、心から楽しむようになります。

B型男性が恋愛関係にある頃、楽しかった反面何かと自分の時間を奪われていると感じるものです。

自分が夢中になれることに時間を費やすのは大歓迎なB型男性。

しかし元カノとうまくいかなくなった時には、大歓迎どころかすでに「別れたい思い」でいっぱいだったはずです。

何度か別れ話もしたけれど、こういった話し合いですら時間の無駄に思えるのがB型男性です。

また自分のやりたいことに時間をかけたいのに、別れ話がもつれればもつれるほど嫌気が差していた可能性もあります。

しかしこれは元カノのことを嫌っているわけではありません。

自分の好きなことに対し、元カノにも共感してもらいたいと考えています。

そうでないときっと付き合いもうまくいくわけがない、とも感じています。

元彼は、別れたことを前向きにとらえ、今度は自分のためだけに時間を使おうと考えます。

寂しい気持ちがないわけではありませんが、自分の思い通りになったことは良いことです。

とりあえず「ホッ」とひと安心といった状況です。

1人になれたことで、これからしばらくは自由を楽しもうと思っているでしょう。

「1人でいる時が最高」自分の趣味や好きなことができて幸せに思う

B型男性は1人でいる時が最高と思っています。

また自分の趣味や好きなことができるのが一番の幸せと感じています。

集団行動はあまり好きではなく、スポーツや趣味の世界も1人でやれることに魅力を感じます。

そんなB型男性が自分の趣味に時間を費やそうとした時、問題になるのが彼女の存在です。

休日はそういった趣味を楽しみたいのに、彼女からは「デートどこに行く?」と笑顔で言われたら断ることができない状態です。

なんとか趣味の時間を作ることができてもその頻度は激減してしまうでしょう。

こういう時、彼はあなたが想像するよりももっと我慢を強いられています。

恋愛関係を持っているとこのように彼女の存在が思わぬ「足かせ」になってしまうことがたびたび出てきます。

B型男性にとって、自分の好きなことと彼女との板バサミになっているのがいつも悩みの種です。

自分の趣味と彼女の存在を両天秤にかけることは決してできないのですが、こうなってしまうと「1人になって好きなことをしたい」と切望するようになります。

やがて別れられたあとは寂しさも感じていますが「嬉しさもかなりある」といったところでしょう。

何かに夢中になってる時が一番自分らしい反面、元カノを思い出す時もある

B型男性は、何かに夢中になっている時が一番自分らしいと感じています。

しかし時には元カノを思い出すこともあります。

B型男性は興味を持つ対象がとても広く、好奇心旺盛です。

今一番興味を惹かれるものにトライすることが自分の使命と考え、次々と新しいことにチャンレンジします。

これはB型の気まぐれな性格からきていますが、逆に一つのことについて探求したり突き進めていくことが苦手です。

またあれこれ手を出してはすぐにやめてしまうのも、B型ならではの性格です。

別れたあとそうやってしばらくは自分の世界を作り、楽しもうとするでしょう。

しかし何かがきっかけで元カノを思い出したとき「また会いたい」と願うようになります。

長いこと元カノに会わないと、彼の中にある元カノのパワーが目減りしていきます。

そんな元カノのパワーをチャージしたい、そんな感覚が無意識に起きるようになります。

これがB型男性が「復縁を考えるとき」です。

しかし行動力あるB型とはいえ、こういうときなかなか行動に移せません。

復縁したらどうなるだろう?と考えることもあるでしょう。

しかし現時点では夢中になれるものが他にもあることから、元カノとの復縁は先送りにしてしまうでしょう。

「元カノどうしてるかなぁ」急に感傷的になり会いたくてたまらなくなる

B型男性は、急に感傷的になり元カノに会いたくなることがあります。

自分だけが楽しめる世界を堪能している日々は、B型男性にとって理想とするところです。

しかしふと元カノのことを思い出した時「何か自分に欠けているような気がするのは元カノがいないからだ」と感じるようになります。

いくら楽しく過ごすことができるとしても、元カノの存在とは別の世界です。

B型男性が元カノと別れたことを後悔するのはこんな時です。

「やむおえず別れたけれど今ならまた付き合えるかもしれない」と、ふと頭に浮かぶようになるでしょう。

しかしこれは元カノの気持ちは一切考えていません。

かなり一方的ですが、これもB型男性特有の発想ですね。

「元カノから連絡来ないかなぁ」などと考えることもあり、あなたの思いとのタイミングが合えば即復縁というパターンに落ち着く可能性もあります。

また誰かと付き合いたいけど「束縛だけはカンベンして」

B型男性は「今度また誰かと付き合うならこれだけはカンベンして」ということがあります。

女性に対する興味には並々ならぬものがあるのは、どの血液型の男性でも同じです。

新たに女性との出会いがあったらたいていの場合、付き合うことを選びます。

もしその女性のことを好きになれば再び「わき目も振らず一直線」でしょう。

ただし「これだけはカンベンして」というマイルールがB型男性にはあります。

それは「束縛すること」です。

どんなに素敵な女性と付き合えたとしても、B型男性にとって自分の自由を奪われる付き合いだけはNGなのです。

束縛された途端にB型男性はその熱が冷めていくのを感じるでしょう。

特にまだ付き合い始めて間もない頃に冷めてしまったら、別れるまでは即行です。

なぜならお互いの絆がまだ形成されていないためです。

いったん冷めれば両者ともあっという間に「サヨナラ」を決めるでしょう。

そんな時、思い出すのが元カノの存在です。

もしかすると元カノの束縛がイヤで別れたのかもしれません。

しかしネガティブな思い出は忘れてしまうもの。

復縁は無理としても、元カノに会いたいという気持ちは十分にあるといえます。

B型男性100名にアンケート!自分から振った元カノとの復縁経験はある?

B型男性に質問!どんなきっかけで元カノと復縁した?

約90%という高い数字で「自分から振った元カノと復縁したことはない」という結果になりました。

この結果から読み取れるのは、B型男性は「いつも前を見て突き進むタイプ」ということです。

「後悔はしても執着はしない」という性格でもあり、これはB型男性のもっとも代表的な性質です。

次に、復縁経験について具体的にどのように考えているかを尋ねてみました。

25歳/男性/サービス業
25歳/男性/サービス業
今まで3人の女性と付き合ってきましたが、別れたあとは連絡もしません。だって何だかバツが悪いしめんどくさい。
31歳/男性/医療法人系
31歳/男性/医療法人系
先日、半年付き合ってた女性と別れました。別れたことはちょっと後悔してます。でもしょうがないのでもうあきらめました。今は仕事が楽しいので新しい彼女はいません。
36歳/男性/営業
36歳/男性/営業
くっついたり別れたりしてますよ。腐れ縁ってやつですね。長い付き合いだったらこんなもんでしょ。
20歳/男性/専門学校生
20歳/男性/専門学校生
過去に言い寄られて付き合った元カノがいます。別にそれほど好きでもなかったので別れたらそれっきりです。新しい彼女もすぐにできました。

ほとんどのB型男性は自分の考えを貫き通すドSタイプ

B型男性は、言うなれば「ドSタイプ」で、自分の考えを貫き通す傾向があります。

その他の血液型人間にとってB型男性は、とても自由に振舞っているように見えます。

これはB型男性に、経営者肌の人が多い理由の一つでもあります。

しかしいくらB型男性がドSにふるまおうとも、周囲の人たちに支えられていないと生きていけません。

彼女の存在も同様です。

ところが付き合っている彼女への対応は「一度振ったらもう戻らない」とドS全開です。

このように自分の考えを最後まで貫き通すのが、B型にとってのスタンダードなのです。

別れた後のB型男性の心理を活用し復縁するテクニック

本気で復縁したいなら「B型は追っちゃダメ」

一般的に恋愛関係にある男女の間には「追えば逃げる」という定説があります。

その中でも特にB型男性と本気で復縁したいのなら、絶対に追ってはダメです。

しかし「元彼の心がどうしてもつかめない」という時、不安はますばかりです。

「いつまでたってもこちらを振り向いてくれない」などという時、無意識にストーカーのように追ってしまうかもしれません。

「追ってるつもりなんてまったくないわ」と思っていても、潜在的な圧力は相手に伝わるものです。

また元彼と付き合っている時も、何かにつけ元彼にプレッシャーをかけてしまっていたのかもしれません。

このように元彼を追いつめてしまったとしたら、いくら頑張っても復縁は難しそうです。

ではどうすればいいのか、考えてみましょう。

2人の間に「あれをしてはいけない」とか「これはダメ」などといったルールはありましたか?

元彼はそういったルールも「束縛」と感じてしまいます。

全てを取っ払い、一から出直すつもりで接すれば元彼も考え直してくれるはずです。

自由さを栄養にして生きてるB型の彼は、追うより追わせた方がうまくいきます。

元彼が自由が大好きなら、好きなようにさせてあげましょう。

復縁へのスタートはまずここからです。

自分を楽しませる工夫で手がかからない女性になる

一般的に男性に評判のいい女性のタイプは、手がかからず自分で自分の世話ができる人です。

さらにいつでも自分を楽しませることができる人なら最高といったところでしょう。

もし自分では何もしよとせずに彼に頼りつぱなしだったら、彼はどう思うでしょうか?

B型男性も初めのうちは頼られることに幸せを感じるので、2人の関係も良好でしょう。

そのうち、付き合いが長くなればなるほど彼を頼り過ぎる状況も出てきます。

彼に「ワガママだな」と思われてしまうのはこんな時です。

B型男性は自分のことで手一杯なことが多いもの。

頼りにされることが「愛されてる証拠」だったはずが、それが徐々に重いと感じるようになってしまいます。

何をするにも彼に相談しできそうもないことは彼にやってもらうなどしていると、彼への依存度がどんどん高くなっていくでしょう。

挙げ句の果てに彼にとっては「手がかかる彼女」という存在に成り下がってしまいます。

このような関係がこれからも続くかと思うと彼氏の方は「ゾッ」としてしまうでしょう。

もし元彼を頼ることが多かったと感じていたら、これからは少し考え直しましょう。

あなたは「付き合っているのだったら頼っても良いのでは?」と思うかもしれません。

しかし頼り切ってしまった結果、手がかかる女性と思われ敬遠されることもあるのです。

なるべく自分でなんでもやれるよう自立の道を進むのは、お互いのために大切なことです。

「いつでも優しいのは付き合い始めの頃だけ」と考えてください。

休日も元彼との復縁ばかりを考えず、自分を楽しませる工夫をして余暇を過ごしましょう。

たったこれだけのことで、あなたは以前とは違うオーラを出し始めます。

人に手をわずらわせることがない自立した女性は、元彼にとっても魅力にうつるでしょう。

「B型の男心と秋の空」コロコロ変わる彼に負けないようにする心理戦とは

俗に言う「女心と秋の空」はB型男性にも使えます。

気まぐれさが前面に出ると、気持ちがコロコロ変わるのがB型男性です。

「昨日まで考えていたことが今日になったらコロっと変わる」というのが多くのB型男性にみられる特徴です。

「まったく何を考えているのかわからない」とあなたはいつもボヤいているかもしれません。

行動や思考が一定せず、いつも変わるので「ついていけない」と感じてしまうでしょう。

しかしそう考えているのはあなただけではありません。

職場や友人関係でも同様の声が上がっているとみられます。

家族や親戚間でも、もはや周知の事実かもしれません。

「性格に問題がある」というわけではないのですが、あまりにその考えが変わるので周囲も引き気味のはず。

そんなことから、あなたも引き気味くらいがちょうど良いのかもしれません。

すぐに気が変わるB型男性の意見について不平不満を言ったり、愚痴っぽくなってしまっては逆効果です。

ありのままの元彼の存在を認めてあげましょう。

それには少し距離をおいて接するのが一番です。

「そういう性格なのだから仕方がない」と気楽に構えることができれば、もう悩まなくて済みます。

「嫌われてる」そう思っているのはあなただけかも

「嫌われた」と思い込む前に、本当に元彼はあなたを嫌ったのかどうか検証してみましょう。

連絡が来ない、既読スルーされっぱなし、などのような状況から「嫌われたのかな」と思ってしまうものです。

しかしこれだけの判断材料だけだと、嫌われたとは言えません。

「嫌われた」と思い込む原因は「自分の自信の無さ」から来ています。

また自虐的な状態におちいりやすいので、「自分がこんなにダメなのは元彼に嫌われているからだ」と決めつけてしまいます。

こうなると負のループにはまってしまいます。

または元彼から直接「嫌いになった」的なニュアンスで言われた人もいるかもしれません。

もし本当にそう言われたとしたら、そういう言葉がけしかできなかった元彼にもちょっと問題がありそうです。

嫌いになるのは自由ですし誰にも止められませんが、そんな風に言われて傷つかない人はいないでしょう。

嫌いになったと言ってしまう元彼には配慮のなさをうかがい知ることができます。

今後もあなたが配慮に欠けた人と付き合っても大丈夫と言えるなら問題はありませんが、そうでないならもう元彼から離れた方が良さそうです。

別の見方をすると、あなたに「嫌いになった」と言って、自分から離れさせた方があなたが幸せになってくれると思っているのかもしれません。

いずれにせよ、いくら元彼から「嫌いになった」と思われたとしても、あなたの足元がぐらつかなければ何も心配することはありません。

いつでも連絡が取れるようにしていても連絡は待たない

B型男性と復縁するテクニックとして「いつでも元彼からの連絡は取れるようにしておく」というものがあります。

しかし「元彼からの連絡は待たないことがコツ」です。

B型男性は他の血液型の男性に比べ、やや子供っぽいところがみられます。

そのため女性から見たら考えなしに行動に移したり、予定があってないようなものだったりと若干ルーズな一面も感じられるでしょう。

別れた後もすっかり元カノのことは忘れているようでも、ある日ふと思い出して声を聞きたくなる時があるようです。

そんな時、元彼からの着信があったらすぐにわかるようにしておきましょう。

めんどくさいからとブロックしてしまわないように。

しかしその連絡がいつになるかは明らかではありません。

元彼が今夢中になっていることがひと段落ついたら…、でしょうか?

それとも今カノとうまくいってない状態の時…、でしょうか?

いずれにしても元彼からの連絡が来た時、もうあなたは「別れたのに」とか「めんどう」といった抵抗感がないくらいに冷却期間をおいているはずです。

また「連絡を待つ」ということは、ある意味「追っている」ということになります。

これを機会に元彼のことを忘れましょう。

連絡を待たないようにすると、自然に元彼のことが頭の中から消えていきます。

あなたが「今度の休日にはアレとアレをやって〜、友達とランチして〜」などと盛りだくさんのスケジュールを考えられるようになったら本物です。

「待ってる時間がもったいない」と考え自分を楽しませる工夫を続けましょう。

そんなある日、突然元彼から着信が。

あなたはどんな反応を示すでしょうか?

おそらく「待たないで良かった!」と思うはずです。

「放置イコール冷酷」という固定観念を外す

もしB型男性に嫌われたりうとまれたりしたら「放置がベスト」。

こう言われてもにわかには信じがたいかもしれません。

しかしこれこそ「最大にして最良&最短のB型男性との復縁方法」です。

「放置なんて復縁とは真逆は行動で冷酷でしかない!」とあなたは思うかもしれません。

まずはそういった「放置イコール冷酷」という固定観念を外しましょう。

私たちはあらゆる固定観念の中で生きています。

それには今までの経験から養ったものもあるし、人からのアドバイスもあったでしょう。

その中で「人を放置する」という項目がなかったのかもしれません。

「放置」とは一見、親切や優しさからはかけ離れた「冷酷」なイメージです。

いつでも優しさを持って彼に接したいと思っていたら、放置するのはとても抵抗があるはず。

こんな時こそ固定観念から抜け出した発想にチャレンジする時です。

放置したら、B型の元彼にはどんなことが起きるのでしょうか?

あなたが急に引いてしまう「放置」という行動に出ると、今度は逆に元彼が「あれ?どうしたんだろう?」とあなたのことが気になり始めます。

今まで何かとあなたに押されっぱなしだった元彼が、今度は1人でじっくり考える時間ができます。

元彼の心の中を占めてしたネガティブな思考が、いつしかポジティブなものに変化するのはこの時期です。

放置するだけで元彼にこれだけの変化が起きてしまいます。

また元彼の気持ちの変化は、あなたの復縁願望が一気に叶う可能性へとつながるでしょう。

放置することはとても難しいかもしれませんが、慣れてしまえば「これほど楽で簡単なものはない」と分かるはずです。

恋愛中のプロセスの全てにおいて、相手の考えや行動が先読みできないのはとても不安なことです。

しかし、元彼のことをすべて把握することは「愛」ではありません。

「何の心配もない、不安のない恋愛がしたい」

そう思ったら「放置」が一番の復縁への近道です。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「B型男性との復縁の近道は放置すれば分かる!」

占い師 姫乃

どうすれば放置できるの?って?

それはこちらからは一切連絡をしないってことだけよ。

もし元彼がSNSをやっていたらそれを覗くのもやめときましょ。

今回のお話で一番大切なポイントが「あなたの心がブレのない状態にすること」。

そうすれば復縁への近道に加え、あなたの魅力が一段と増すというオマケもついてくるわ。

お楽しみに!

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事