猫系男子の特徴は?恋愛傾向と顔で見る特徴&マイペース猫系男子と付き合うステップ
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「猫が好き」という女性は、男性にも猫系を求める傾向があります。

可愛いけれどどこかミステリアスで、抱こうとするとスルリと腕から抜け出してしまう。

そんな猫のような男子「猫系男子」に詳しくなれば、もっと仲良くなることができます。

この記事では猫系男子の恋愛傾向と顔で見る特徴&マイペース猫系男子と付き合うステップについて解説しています。

また猫系男子の性格や言動における特徴や猫系男子を落とすために大切なこと、さらに猫系男子と付き合うためのステップについても検証していきます。

気になる人がいつも猫系男子だったら、必読です!

 
 

復縁メニューはこちら

猫系男子って?犬系男子とどう違う?猫系男子の性格や言動における特徴

基本的にクールでマイペースで勝手気ままな性格

猫系男子は、基本的にはクールでマイペースです。

勝手気ままなイメージもあるため、ワガママにみられることもあります。

自分で決めて自ら行動に移したいタイプに多く、人の意見に左右されることを嫌います。

兄弟関係で言うと、長男より末っ子に多いのが猫系男子です。

しっかり者のイメージの長男に比べ、ちょっと頼りなげに見えるのが末っ子です。

そのため何となく手を貸したくなるのですが、実は内に秘めたるパワーを持つのが特徴でもある猫系男子。

簡単にはブレない強い芯を持っているので、見た目とはかなりギャップがあります。

人の意見に賛同しているように見えても、内心頑固に譲らない一面を持つ

猫系男子は人の意見に賛同しているように見えても、内心は頑固に譲らない一面を持っています。

かと言って、争い事を起こしてまで相手を自分に従わせようとはしません。

相手を論破しようとしたり、議論を戦わせることが大嫌いなため「そういうことにエネルギーを使いたくない」と考えます。

そのため一見同調しているように見せかけることも多いです。

あまりにもさりげないので、相手はそれに気づきません。

猫系男子の多くが世渡り上手と言われるゆえんは、このような姿勢にあるのです。

「合わない意見の人とはその場限り」と考え、相手に気づかれないようにそっとその場を離れます。

そして二度とその人の関わらないようにします。

一人が好きな割には、孤独が嫌いで寂しがり屋

猫系男子は、一人がとても好きです。

そのくせ「孤独が嫌い」という、まさに両極端な性格を持ち合わせています。

また「寂しがり屋」という点も猫系男子に多い特徴です。

一人の時間を作るために、色々と行動を起こすのが猫系男子です。

例えば「どこか遠くへ行きたい」と感じると、ふらりと気の向くまま出かけて行ったり、車を走らせたりします。

猫系男子が一人になりたい時は徹底して一人の時間を作るため、数日間音信不通になることもあります。

猫系男子の勝手気ままさは、このようなシチュエーションによく表れています。

かと思えば、孤独を極端に嫌うのです。

急に寂しくなったかと思うとどうしようもなく孤独を感じてしまい、身も蓋もない状態になりやすいです。

「昨日は素っ気ない態度だったのに、今日になって急に甘えてくる」という予想できない展開になるのも、猫系男子の特徴なのです。

好きなものはとことん熱中するが、興味のないことには見向きもせず飽きっぽい

猫系男子は好きなものに対しては並々ならぬ熱意を持ち、時間を忘れてとことん熱中します。

その姿勢は周りから見たらびっくりするほどで「極めればクリエイティブな才能が芽を出すのは間違いない」と感じるほどです。

ところが「興味のないもの」に対することに関しては、呆れるほど無関心なのも猫系男子です。

「こんなに違うの?」というくらい、興味のないものには一切見向きもしません。

そうかと思うと、飽きっぽいところもあるのが猫系男子です。

「あんなに熱中していたのに」と言われることも多いため、その飽きっぽさが今に始まったことではないことがよく分かります。

このように好きなものにはとことん熱中し、興味のないことには見向きもしないのが猫系男子です。

実は女性に対してもこのような傾向が見られます。

本命彼女がいても興味をそそられる女性がいると、ついよそ見をしてしまう癖があります。

なのでもし彼女の座を射止めても、決してそれが安住のステイタスとは言えません。

束縛するのもされるのも嫌いで、自由主義者

束縛するのもされるのも嫌いなのが、猫系男子です。

また「心から自由を愛する自由主義者」というのも猫系男子の特徴です。

猫系男子の多くが「自由がない人生など考えられない」を座右の銘にするほど、自由が大好きなのです。

また自分が束縛されるのを嫌うばかりか、相手を束縛することも嫌います。

猫系男子にとって「束縛はあってはならないこと」なのです。

自分が自由であるためには周りの人たちも自由でいることがマストなため、周囲のすべての人たちの自由を尊重するし彼女がいる場合も彼女の自由意志を尊重します。

お互いに自由を尊重し合うことで、自分らしく平和な気持ちでいられると考えるのです。

束縛のない関係とは、相手と程よい距離があるということです。

猫系男子が相手との程よい距離感を図れるは、猫が嗅覚に敏感なのと同じように「鼻が利く」ためで、これは本能的なものです。

もし彼女から強い束縛を受けたら、たちまちご機嫌斜めになってしまうでしょう。

しかし抵抗を見せることはあっても、猫系男子は反論してきません。

一生懸命になると、周りのことが一切目に入らなくなる

猫系男子は何かに一生懸命になればなるほど、周りのことが目に入らなくなる性質があります。

猫で言うなら「猫じゃらしに一心不乱でじゃれている状態」です。

あなたも猫を飼っているなら、野生の本能がかき立てられる「じゃれる」という行為を利用して猫と遊ぶのはとても楽しいものです。

ところが、次第に猫の本気度の高さと集中力に驚くこともあります。

獲物を捕獲するための行動なのですが、脇目も振らず一心に猫じゃらしを追う猫の姿はまるで猫系男子そのものです。

つまり一つのことに集中できるのは、猫系男子の素養でもあるのです。

趣味であれ仕事であれ、興味深い分野に集中して取り組むことによって、その世界に精通する力を養うことができます。

猫系男子にクリエィティブな才能の持ち主が多いのは、そのような理由があるからです。

感情を表に出すのが嫌いなので、感情的になる人のことが理解できない

猫系男子は感情を表に出すのが嫌いです。

また感情的な行動をとる人のことが理解できません。

「怒る」「責める」「叱る」など、一連の負の感情を伴ったアクションを起こされると、多大なる拒否反応が起きます。

例えばその相手が上司であろうと、身内であろうと、彼女であろうとも、です。

世の中には、感情的になって相手に詰め寄ってくるような面倒な人が少なからずいます。

猫系男子が最も苦手とするタイプがそのように感情でぶつかってくる人たちです。

もしそのような人が目の前に現れたら、全速力で逃げてしまいたくなるのです。

逆に大好きなタイプが、冷静かつユーモラスな人たちです。

猫系男子は愉快なことが好きなのですが、これはいっときもつまらないことに時間を費やしたくないためです。

そのため人間関係を厳選するのはもちろんのこと、つまらない関係と見抜いたら即行で断捨離します。

 

切れ長の目がクール!猫系男子の顔と外見面における特徴

印象的な切れ長な目が魅力。その目で見られたら誰でもハートを奪われてしまう

猫系男子は切れ長の目が印象的で、それが全体の魅力を増している要因でもあります。

その目で見られたら誰でもハートを奪われてしまうでしょう。

猫系男子は、そのように魅了されるような不思議な雰囲気の男性なのです。

「切れ長の目」をイメージすると、普通は日本人的ないわゆる「しょうゆ顔」を連想します。

ところが猫系男子の全体の印象は、ふんわりとソフトなイメージです。

これはヘアスタイルの影響もありますが、昭和なイメージのしょうゆ顔とは一線を画しています。

パッと見、アニメや漫画のキャラクターに似ているような印象もあります。

本人は「キャラに似せよう」などという意識はまるでありませんが、もしかしたら無意識に好きなアニメキャラとシンクロしてしまっているのかもしれません。

色白で顔が小さい。ユルフワなヘアスタイルがよく似合うタイプ

猫系男子は、顔がやや小さめで色白という印象があります。

ヘアスタイルはパーマ、もしくは天然の巻き毛という場合が多いです。

色白タイプの男性は、髪の色も薄めの傾向があります。

真っ黒というよりもダークブラウン、ライトブラウン系の髪色です。

またヘアカラーをするなら、アッシュ系が抜群に似合います。

猫系男子はユルフワな印象のヘアスタイルがよく似合うのですが、髪のボリューム感によってさらに顔が小さく見えます。

色白、顔が小さい、ユルフワヘアとくれば当然ながらそれに似つかわしいスタイルも求められますが、たいていの猫系男子は顔やヘアスタイルと調和したスタイルをしています。

体の線が細く華奢な印象。男っぽさよりも中性的な雰囲気の方が強い

猫系男子のほぼ9割近くが「線の細い体型をしている」という印象です。

男らしいというよりも中性的な雰囲気が強いのですが、少なくとも筋骨隆々で胸板が厚いようなガッチリした体型ではありません。

むしろ風が吹いたら折れそうなほど華奢なイメージなのが、猫系の特徴なのです。

全体の線も細いことから、背中から腰までガッシリと筋肉がついている感じではなくいわゆる柳腰タイプです。

柳腰の場合、お尻も小さいのですが「そこから伸びる脚がとても長い」という印象があります。

全体のシルエットは欧米系のティーンエイジャーに近い雰囲気です。

そのため、細身のデニムがよく似合います。

見た目にもとてもスタリッシュな男性が多いので、女性からは一目置かれるのも猫系男子の特徴と言えます。

子どもっぽい童顔なイメージとあどけない表情が特徴

猫系男子の顔ですが「子どもっぽい童顔」という場合が多いです。

またその表情にはあどけなさが残りますが、このあどけない童顔が女性の心をつかむのです。

たとえばどんなに気が強く言うことを聞かないようなタイプの猫系男子でも、あどけない表情とのギャップに女性はイチコロです。

どんなに激しくケンカしようともその表情を見たらきっと許してしまうし、ケンカしたこともすぐになかったことにしたくなるはずです。

恋愛関係においては無敵とも言える状態なのが、猫系男子であることの最大のメリットとも言えます。

若いうちはもちろんのこと、年齢を重ねてもこれだけはほとんど変わることがありません。

イケメンとはまたちょっと違う、独特の雰囲気を持つのが猫系男子

猫系男子はイケメンとはまたちょっと違う、独特の雰囲気を持っています。

整った顔が特徴のイケメンは、何もせずともただそこにいるだけで目立つ存在です。

イケメンな猫系男子もいることはいるのですが、たいていはイケメンとは違うオリジナルの雰囲気を持っているのです。

イケメンとの大きな違いが「カッコつけずに済むからすごく楽」と感じていることです。

実はイケメンたちは、イケメンなりのプレッシャーを感じています。

周りの女性たちから熱い視線を集めるたびに「いつでもカッコよくいなきゃ」とか「ブサイクに見られないようにしなきゃ」というプレッシャーが彼を襲います。

「イケメンだね」と言われても「いや〜そんなことないですよ」と返すことにもすっかり慣れてしまっているので「イケメンと思われることが面倒」と思っている場合もあります。

つまりイケメンは「イケメンであるがゆえに自分らしくいられない」という代償を抱えているのです。

そんな真性イケメンに比べ「イケメンだね」と言われる機会があまりない猫系男子は、余計なプレッシャーを抱えずに済んでいます。

しかし「イケメンだね」と言われなくても、何とも言えない魅力や雰囲気に女性たちの視線は必然的に集まります。

人は周囲から見られることで、どんどん洗練されていきます。

猫系男子も女性たちから羨望の眼差しで見られることで、ちょっとした自信がついています。

しかし無駄にプレッシャーを感じることがないので、いつでも自分らしくいられるのです。

それがさらに猫系男子の魅力をアップさせる要因となっています。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「人生大吉」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

束縛されるのは大嫌い…でも意外とツンデレ?猫系男子の恋愛

好きな女子には尽くすが、それ以外には目もくれない

猫系男子は好きな女子にはとことん優しいし尽くしますが、それ以外はどんなに相手が美人でも目もくれません。

それはまるでご主人様のことが大好きすぎて頭が上がらない猫ちゃんのようです。

好きな相手が「束縛しないタイプ」というのが前提ですが、その女性が猫タイプなら最高の組み合わせです。

猫系同士、相手の気持ちに共感できるので絶対に束縛はしようとしません。

たとえば1日連絡がないと心配したり「毎日必ず連絡して!」と言ってくることなどまず無いし、浮気しているんじゃないかと疑ってみることもありません。

相手を自分の思い通りに動かそうとすると、それが結果的に自分の首を絞めてしまう行動と知っているのです。

優しさも押し付けがましくないようなさりげないものですが、何事においても猫系男子は気が利きます。

先を見越してサッと根回ししておいたり、相手の気持ちを察するのが得意なのです。

束縛されたように感じると機嫌が悪くなるが、放っておかれると不安になる

束縛されたように感じるととたんに機嫌が悪くなるのが、猫系男子ですが、かと言って放っておかれると不安になります。

猫系男子は束縛されたと感じた途端、顔色をサッと変えて寡黙になります。

そんな性質を知っているなら「あ、機嫌悪くなったな」とはっきり分かります。

機嫌が悪くなると、次にその相手と距離をおこうとします。

と言っても長期にわたって音信不通になるわけではなく、長くても2〜3日連絡してこない程度です。

逆に放っておかれると不安になるのも猫系男子なのですが、束縛は嫌うけれど適度にかまって欲しいのと考えているのです。

彼女から放りっぱなしにされると自分の存在価値を疑うようになり、自信を無くします。

放りっぱなしにしてしまった後に会うと恨みがましい雰囲気で接してくることもあり、何となく「機嫌が悪そう」と思わせます。

しかしそのことについて、あからさまに文句や不満を言ってくることはありません。

時には甘えたいが、意外に気を使ったり顔色をうかがうのが猫系男子

猫系男子は「時には甘えたい」と考えています。

甘え上手な一面を持ちますが、その場の空気を読んだり相手の顔色をうかがうことが上手なのも特徴の一つです。

猫系男子は一方通行的な態度にはなれないのですが、甘えるための雰囲気がどうかを瞬時に悟り、状況判断する能力を持っています。

甘えられるときは存分に甘えますが、そうでない時そっけない態度なのはそのようなバックボーンがあるためです。

何よりリラックスした関係を求めるため、彼女に甘えるだけでなく彼女からも甘えて欲しいと考えます。

そういうことから猫系男子はさりげなく、状況判断と空気が読める能力を相手にも求めます。

自分が甘い雰囲気を求めていない時に彼女に甘えれられてしまうと、実にそっけない態度をとります。

彼女としてはガッカリですが、嫌いになったわけではないのでご安心を。

顔には出さない嫉妬心も、実は誰より嫉妬深いのが猫系男子

猫系男子は、嫉妬心をあらわにしません。

嫉妬心を煽られるようなことがあっても一切顔に出すことはないのですが、実は人一倍嫉妬深い一面を持っています。

実際の猫も大好きなご主人様が他のペットを可愛がっていると、その様子に嫉妬の視線を送ってきます。

あからさまに猫パンチすることもないしちょっかいを出すこともない代わりに、妙な雰囲気を作るのです。

またいつもと違う変な鳴き方をすることもありますが、これは猫を飼ったことがある人ならわかるはずです。

これは嫉妬していても、それを見抜かれたくない猫独自のプライドからの行動とみられます。

猫系男子も彼女に嫉妬することはあっても、相手にイヤミや不満を言って困らせるようなことはしません。

猫同様「察して欲しい」という気持ちで、じっと我慢します。

猫系男子が好きなのは猫系女子。お互いに適度にかまって適度に放置する関係が理想

猫系男子が好みとするタイプが、自分と同じ猫系の女子です。

猫系男子は「お互いに適度にかまいあえる関係が何より楽」と感じています。

時々相手を放置することもありますが「申し訳ない」とか「寂しい思いをさせた」というような罪悪感に襲われることもありません。

「放置しても心配ない」とわかっているためで、これは猫系同士、相手の心の在り方に共感できるからこそと言えます。

放置されているようでも、相手とは心が繋がっているのです。

猫系女子が同じ猫系の彼氏に甘えたい時、相手の雰囲気からそれが許される状況でないことを敏感に感じ取ることができます。

逆もまたしかりです。

猫系は男女問わず、そのように微細な空気を読めるのを得意とします。

このようなことから猫系同士の恋愛関係は、うまくいかないわけがないのです。

怒ったり泣いたり感情を丸出しにする女性は、猫系男子の対象外

猫系男子が恋愛関係の対象外とする女性が「感情を丸出しにする人」です。

何かあるとすぐに怒ったり「そんなことで?」と思うようなことで泣いてしまう女性です。

また不平不満ばかりでネガティブな女性も対象外です。

猫系男子の最も苦手とするタイプが、このような女性たちなのです。

「女性って何を考えているかわからない」と言う不満を抱える男性が多い中、感情丸出しな女性の方がまだ分かりやすいかもしれません。

しかし猫系男子は「彼女が何を考えているかわからない方がまだマシ」と考えるのです。

実は女性に大変に多いのが、感情的になるタイプです。

猫系男子が今までそのようなタイプと付き合ったことがあるなら金輪際彼女にしたくないタイプだし、友達としても最も遠ざけたいタイプなのです。

追いすぎる恋愛はNG!猫系男子を落とすために大切な心構え

LINEの返信が遅いのは猫系男子のスタンダード。とにかく気にしないこと

LINEの返信が遅いのは猫系男子にとってはスタンダードです。

猫系男子はLINEに重きを置いていないのが原因の一つなので、とにかく気にしないことが大切です。

また猫系男子のLINEは、短文すぎるほど短文です。

内容はいつでも「ワンフレーズ」です。

「了解」「おけ」「じゃまた」

このような感じで、今までに一度も長文のLINEを送った経験がないのでは?と思わせるほどです。

しかし猫系男子にとってLINEは、自分の心の内を伝える手段ではありません。

思ったことをスマホの画面に打ち連ねるようなことは、性格上できないのです。

これとは逆に、女性は思ったことを全てLINEに打ち込む性質があります。

なのでつい長文になってしまうのです。

猫系男子の短文LINEが物足りないからと「私みたいにLINEで気持ちを伝えて欲しい」などと要求してはいけません。

彼は彼のやり方があるので、無理な要求をすれば彼が引いてしまうだけです。

急に近づこうとするあなたを敏感に察知し、距離をおかれてしまう

猫系男子はとにかく追われるのが嫌いなのですが、親しくなりたいからと急に近づこうとするのもNGです。

迫りくる危険を回避するために敏感に反応する野良猫のように、猫系男子も近寄ってくる人には敏感です。

危険な目に合わせるつもりはなくても、必ず距離をおかれてしまいます。

猫系男子がそっけない態度をとってくるのは、そのような意味もあるのです。

またそれまで何もなかったのに、突然素っ気なくなる時もあります。

そういう時も彼の中で何かを敏感に感じとった可能性があります。

このように、猫系男子は猫のように敏感に察知する能力に長けています。

猫系男子と仲良くなるには、初めから一定の距離をおきそれを維持していくことが必要です。

仲良くなった時が要注意。猫系に踏み込みすぎると冷める

猫系男子とは、仲良くなった時こそ注意が必要です。

「すっかり打ち解けたから」と気を許してどんどんに踏み込んでしまうと、猫系は急速に冷めてしまうことが多いです。

なので仲良くなり始めた時と同じように、一定の距離をおくことが大切です。

LINEのやりとりも必要最低限を心がけてください。

どんなに彼が好きでも自分のやり方を相手に求めてしまうと、それだけであなたへの魅力を感じなくなってしまうのです。

それほど猫系男子は自分のやり方を重視します。

なぜなら相手によって自分の調子が狂ってしまうのが、とてもイヤなのです。

周りから見たら自由気ままに見られがちですが「猫系男子は自分のやり方を否定されるような言動は大の苦手」なのです。

かまい過ぎはアウト!相手を放っておくくらいがちょうどいい

猫系男子はかまい過ぎはアウトと覚えておきましょう。

放っておくくらいでちょうど良いのです。

あなたがもし彼氏に尽くすタイプなら相手が猫系であろうが何だろうがきっと尽くしてしまうかもしれません。

でもそれはあまり良くないのです。

猫系男子は、パーソナルスペースを何より大事にしています。

かまわれ過ぎると、まるで自分の領域を侵害されたかのように感じてしまうのです。

そのためどんなに彼女のことが好きでも、その時点で急速に冷めてしまいます。

猫系はかまって欲しい時何らかのサインを出すので、それまでは放っておくのがベストです。

何かしてもらった時に素直に喜べば、あなたの株が上がる

猫系男子を完全に落とすには「彼に何かしてもらった時は素直に喜ぶ」、これにつきます。

たったこれだけで、あなたの株が目に見えて上がります。

猫系男子は彼女の役に立つことが何より嬉しく感じる上、自分の存在価値が高まるのでもっと喜んでもらおうと頑張るのです。

まさに「豚もおだてりゃ木に登る」といった風情です。

どんな小さなことでも、彼がしてくれたことに対して「ありがとう」と言ったり「嬉しい」と喜びましょう。

彼はきっとあなたを離さなくなるはずです。

しかし通りいっぺんの喜び方や、わざとらしく「嬉しい!」と言っても、彼に気持ちは伝わりません。

本当に嬉しいのなら、素直にその気持ちを込めて…、が大切です。

飽きてしまうと理由も明かさず、急にそっぽを向かれることもある

猫系男子は彼女に飽きてしまった時、理由も明かさず急にそっぽを向いてしまうこともあります。

連絡は途絶え「LINEも未読のまま」ということもよくあります。

しかし猫系が飽きるのは一時的なもの、と考えた方が良さそうです。

なので音信不通になっても慌てることなく、平静を保ってください。

平常心でいられれば、彼は何事もなかったかのように戻ってきます。

良くない例が、平静でいられずに戻ってきた彼に対して不平不満をぶちまけること。

付き合っているからといって密に連絡を取らなければいけない、という規則はありません。

恋愛関係においてお互いに自由意志を持つことは、とても大切です。

思い通りにいかないことがある時こそ、今までのあなたの考え方を修正する時です。

特に猫系男子には「こうして欲しい」と強く要求すればするほど「素直に従ってはくれない」と思っていた方が賢明です。

共通の趣味で友達に!気になる猫系男子と付き合うためのステップ

まずは共通のインドアな趣味で友達になれば、次第に仲良くなれる

猫系男子と付き合いたいなら、まずは共通のインドアな趣味で友達になる工夫をしてみてください。

いきなり距離を近づけることがNGでも、あなたと共通の趣味があるなら間違いなくラッキーな展開が見込めます。

彼は何が好きなのか、どんな趣味を持っているかをまずはリサーチします。

あなたにとってまったく興味のない分野でも、彼が好きなことならこの機会に知識を増やせるチャンスです。

タイミングを見計らい、彼に質問を投げかけましょう。

自分の好きなことに関する質問ならドンと来い!とばかり、いろいろ教えてくれるはずです。

それがきっかけとなり、次第に仲良くなれることでしょう。

アプローチは控え目に。さりげなく近づけば警戒されない

猫系男子へのアプローチは控えめに、が大切です。

あまり親しくない人が近寄ってくると、即警戒してしまうからです。

さりげなく近づけば、警戒されることはありません。

警戒されない程度に近づくことができても、そこで安心してはいけません。

「もう大丈夫かも」と思っていきなり積極的になってしまうと、元の木阿弥です。

控え目な態度は、そのまま維持してください。

このように猫系男子は他の男子と違ってやや繊細な一面を持っているため、ちょっとした工夫が必要です。

安心できる存在でいることが大切。猫系男子を頼りすぎてはいけない

猫系男子と付き合うためには、彼を頼り過ぎないようにすることがポイントです。

常に安心できるような存在でいるように心がけてください。

まずは自分一人で過ごす時間を、有意義なものにしましょう。

彼を頼り過ぎて、あなたの存在が「重い」と思われてしまうようなら、もうこの先二人の未来は無いも同然です。

なぜなら猫系男子は「手がかかる彼女ならいらない」と考えているから。

何とも身勝手な印象ですが、実際に猫系男子は依存心の高い女性を苦手としているのです。

「彼がいないと生きていけない」などと考えるような女性なら、彼女として対象外なのです。

告白はストレートな中にもさりげない「そういうとこが好き」が効く

猫系男子への告白はストレートな中にもさりげなさが大事です。

例えば「そういうとこがすごく好き」のような、彼を全面肯定するようなセリフが効きます。

「やっぱり私の目に狂いはなかった」

「マジいい目してるよね」

「愛してる」というような抽象的な言葉より、このように具体的な言葉の方がより響きます。

このほか、着ている服のセンスを褒めるのも彼の心にグッと刺さります。

結局、猫系男子にはありきたりな愛の告白よりも、日常的な褒め言葉の方がその心をガッチリととらえるのです。

愛の言葉を伝えられた猫系は、その言葉の重みにおびえ逃げたくなってしまいます。

猫系男子の性格は変えられない。ひとたび要求すればあなたから離れてしまう

猫系男子の性格は、どんなことがあっても変えることはできません。

これは猫系に限ったことではないのですが、彼に自分と合わない部分があってもそれを変えようとしてはいけません。

変えられるのは、自分だけです。

特に猫系男子は強い意志を持つタイプがとても多いので「あなたのこういうところがイヤだから変えて!」と、ひとたび要求すれば、即あなたから離れてしまいます。

離れていってしまった彼を思いながら「なぜ変わってくれないの?」と悲しむのは致し方ないことです。

しかし彼に「あなたが変わってくれないと私が困る」のように懇願しても、それはできない相談なのです。

彼の良き理解者になる。猫系男子をあなたのトリコにさせたら強い

猫系男子の彼の良き理解者になることを目標にすれば、万事うまくいきます。

良き理解者とは、彼のワガママを許したり、彼の言いなりになる、ということではありません。

ざっくり言うと、適度な距離感を持ち、彼を否定せず、おおらかに見守る、ということです。

あるがままの彼を認め、受け入れるのです。

これだけで、猫系男子はあなたのトリコになるはず。

しかしあなたが少しでも彼を否定的に見たり、彼のマイナス面を受け入れられないなら、猫系男子のすべてがNGとなってしまいます。

マイナス面を受け入れるのは、実はそれほど難しくありません。

マイナス面を見つけてしまったら「大したことじゃないわよ」と自分に言い聞かせるのです。

あるいは「そういう彼でも好きな事に変わりないし、そんなことどうでもいい」と、キッパリ決意するのです。

相手が誰であれその人のマイナス面をガッツリ捕まえてしまうと、さらにマイナスな部分が強化されてしまいます。

マイナス面を消すには、マイナス面に気持ちを向けないこと。

逆説的ですが、これが一番効果的なのです。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「猫系男子はペースを乱されるのが嫌いなことだけ覚えておいて」

占い師 姫乃
猫系男子は、とにかく自分のペースを乱されるのが嫌い。

だからどんなに彼女のことが好きでも、その子のペースに飲み込まれた途端にものすごく冷めてしまうの。

その理由が、自分らしくいられないことで、すごく苦しくなってしまうから。

そんな猫系の性質を知っていれば、むやみやたらと彼の時間を奪おうとはしないはず。

まぁちょっと難しい性格かもしれないけれど、一歩引いて見守るスタンスでいれば大丈夫。

そっけない態度のリアル猫ちゃんも、ご主人様への愛は常に心に秘めているの。

猫を飼ったことがあるなら、わかるわよね。

猫系男子の彼とも、そんなイメージで接してみて。

好きになってしまう男性がいつも猫系だったら、この記事をブックマークしていつでも読めるようにしておいてね。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【人生大吉】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【人生大吉】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事