20歳年下の彼氏と幸せになれる?親子ほど離れた年上女性の魅力と年下男性が出す結婚も脈ありな本気のサイン  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

あなたの彼氏は超年下ですか?

もし20歳前後もの「超」がつくほど年下だったら、いろいろ不安なことも多いかもしれません。

でもその不安は、この記事を読むだけで必ず解決します。

この記事では親子ほど年の離れた彼氏から見てグッと来る年上女性ならではの魅力や、年下男性が出す結婚も脈ありな本気のサインについて詳しく解説しています。

また年上女性を本気で好きになる男性の心理的特徴や、20歳年下の彼氏が年上の彼女に感じやすい要注意な違和感、幸せな結婚をする超年の差カップルの共通点まで広くカバーしました。

彼氏が超年下でも、結婚して幸せな人生を歩んでいるカップルはたくさんいます。

まずあなたがやるべきことは、この記事に目を通し「超年下男性に対する理解を深めること」です。

ではさっそく一緒に見ていきましょう。

 

復縁メニューはこちら

彼女より超年下でも気にしない!年上女性を本気で好きになる男性の心理的特徴

年上女性は憧れの存在。一緒にいて精神的に落ち着く

「彼女より超年下でも気にしない」と言う男性にとって、年上女性は憧れの存在です。

また年上女性と一緒にいると「精神的に落ち着く」と感じています。

周囲にいる同年代や年下の女性がやたらと子どもに見えるため、恋愛の対象にすることができません。

年下男性にとって年上女性は、立ち居振る舞い、仕草、話し方など、何から何までが好みです。

その落ち着き方で、そのまま素晴らしい人生を歩んでいることまで連想させます。

「今の自分に満足していて、何もかも手に入れている」そんなイメージさえ起こさせます。

また若い自分から見たら「なんと羨ましい年齢の重ね方!」と、嫉妬さえ覚えています。

そんな生き方に少しでも近づきたい、そのような思いがいつしか恋心へと変わります。

一緒に同じ時間を過ごすうちに「やっぱり想像通り素敵な人だった」と実感するのです。

母親が高齢出産か、祖母に育てられると年上女性が好きになる説

年上女性を好きになってしまうのは、母親が30歳以上の出産だったか、あるいは祖母など高齢の女性に育てられたという説があります。

そのエビデンスは「顔の作り」にあります。

男性たちの多くは、生まれて初めて接する女性の顔に強い印象を持つと言われています。

生まれて初めて対面するのは、たいていが「母親」です。

生まれて初めて接する相手が母親以外でも「母親として認識してしまう」という小動物の話はよく聞きますが、どうやら人間にもそういうパターンがあるようです。

母親が高齢出産の場合、子供はシワが多い顔に強い印象を覚えます。

その後、成長するにつれ「シワのある顔が自分への愛情を持ってくれる人」と認識するようになることがわかっています。

また「若い女性の写真と、その女性に加齢加工した写真を並べてどちらを選ぶか」という実験を行ったところ、加齢加工した女性を選ぶ男性の方が多いという結果になりました。

一般的には若さイコール美しさでもあります。

しかし、年上女性が好きな男性に限っては「そうとも言えない」ということです。

年下男性が年齢の離れている女性に興味を持ち、恋愛対象として見るのはこのように明確な理由があるのです。

年上女性は言葉によるコミュニケーション能力が高いのが魅力

年上女性を好きになる男性たちの多くが、言葉によるコミュニケーション能力が高いのが魅力と感じています。

ですから見た目に若く美しい女性よりも、かなり年上の女性の方に圧倒的な魅力を感じるのです。

また年上女性は、若い世代の女性たちよりも「聞き上手」です。

一般的にどのような人でも、相手が親身になって話を聞いてくれるといい気分になるものです。

年下男性自身も「年上女性は話をよく聞いてくれる」というイメージを抱いています。

自分ばかり喋ってしまっても、年上女性はそれをすべて受け入れてくれるような温かさを持っています。

同世代の女性や年下女性の中に「聞き上手な人がほとんどいない」という点も、年上女性の株をさらに上げる要因となっています。

同世代や年下女性たちの多くは、自分の話をしたがります。

付き合っている女性が自分の話をし続けたら、男性は聞く側に回るしかありません。

その話が興味を持てる内容なら、楽しい時間を過ごせますが、そうでないなら聞いてて飽きるだけです。

思わず逃げ出してしまいたくなることでしょう。

その点自分の話をしっかり聞いてくれる年上女性は、男性にとって「自分を一番理解してくれる人」です。

ですからこれはもう理屈抜きに「好きにならずにはいられない」のです。

人を好きになるのに年齢は関係ないと思っている

年上女性が好きな男性は「人を好きになるには年齢は関係ない」というのが信条です。

好きになった人がたまたま年上だった、とか、気になる人や好意を持てる人がみな年上だった、というだけのことです。

彼らにとってそれは不思議なことでも何でもなく、年齢は「単なる数字に過ぎない」と考えています。

欧米では「人を年齢で判断しない」のは当たり前のことで、初対面の人に年齢を聞くのは失礼なこととされています。

しかし日本では「年功序列」が一般常識です。

年齢で判断したくなくても社会的に右へならえという風潮があるため、それに従わざるを得ません。

日本人なら誰でも相手の年齢を聞いた時、年上なら敬語を使います。

ところが年下男性は、好きになった相手が何歳なのかは気になりますが、あえて聞くことはしません。

「好きだけれど年齢が離れ過ぎていたらどうしよう」という考えが一瞬頭をよぎりますが、すぐに打ち消します。

次に「自分の気持ちに正直に生きることが一番自分らしい」と考え「たとえ相手の年齢が離れ過ぎていても好きなことには変わりない」と自分に言い聞かせるのです。

圧倒的な包容力を持つ年上女性がやっぱり魅力

年上女性が好きな男性は、その魅力が「圧倒的な包容力にある」と感じています。

彼にとって全てを受け入れてくれる年上女性の許容範囲の広さは、尊敬に値するほどなのです。

その包容力は相手との距離感に表れています。

男性が疲れている時はそっとしておいてくれる、会っている時は目一杯楽しんでくれる、といった感じです。

つまり彼にとって、ベストな距離感なのです。

さらに年上女性は、男性には多くを求めず、過大な期待を抱くこともありません。

これが、まさに「無条件の愛」です。

これと反対なのが、条件付きの愛です。

「私がこれだけしてあげてるんだから」というように「あなたのために」という言葉を振りかざし、相手をコントロールしようとします。

相手の行動を監視したり縛りつけようとしますが、条件付きの愛とはお互いに苦しい状況を招くだけの関係なのです。

それに比べ、年上女性の包容力の中には条件付きの愛は見当たりません。

ですから男性にとって、これほど楽な関係はないのです。

「この居心地の良い関係を絶対に手放したくない」と思うほど、年上女性に魅力を感じています。

しっかりした大人のイメージの裏にある可愛さがたまらない

親子ほど年齢が離れていると「しっかりした大人」というイメージがありますが、好きになった年上女性にはそのイメージの裏にある「可愛さがたまらない」と感じています。

自分の親は自分をサポートしてくれる存在であり、また教師のような存在です。

経済的な面や教育的な面、精神的なことも含め、社会に通用する人間に育つまでのトレーナー的役割でもあります。

年齢は親と近くても、男性として関わる年上女性は、その役割が全く違います。

つまり年齢は親くらいに離れていても、当然ながら「その中身や人間性はまったく別」と考えているのです。

落ち着いた風情はさすがは親ほどの年齢なのですが「どこかが違う」のです。

その違いは「可愛さ」です。

時折見せる無邪気な可愛さは、年齢が近い親とは対極なものです。

年上彼女はしっかりした大人のイメージがあるからこそ、この可愛さとのギャップに彼氏は「ヤラレてしまう」のです。

 

親子ほど年の離れた彼氏から見てグッと来る年上女性ならではの魅力

 

同年代や年下女性にはない大人なセクシーさ

同世代には無い年上女性の魅力は、なんと言っても「大人なセクシーさ」です。

いわゆる「キレイなお姉さん」に憧れる男性は世代を問わずとても多く、若年層にはないセクシーさが最大の魅力です。

これは多くの男性たちが、女性のことを「性の対象」と見ているためです。

性の対象として見る本来の目的は「種の保存」です。

子孫を絶やさないようにするための「本能的行動」なのです。

男性目線で「相手がセクシーに見える」ということは、本能的行動を触発される最も強い感情なのです。

ですから思わず男性が「付き合ってみたい」と考えるのは、仕方がないことなのです。

また相手が年齢がかなり離れていると「自分ひょっとして相手にされないかも」という不安も出てきます。

超年上だからきっと「手に入れられそうもない」と認識すると、次に男性の「狩猟本能」が始動します。

もし狙い通りに年上女性を落とせたら「相手にされないかも」という不安はクリアできたということです。

年下男性にとって、これに勝る喜びはないでしょう。

ワガママ言っても余裕でかわされ、ケンカにならない

親子ほど年齢が離れていると、つい彼女にワガママを言ってしまうことがあります。

また、ちょっとしたことで怒ったり、不機嫌になることもありますが、これは「若さゆえの態度」です。

同世代や年下の彼女だったら、とっくにケンカになっているところですが、ケンカにならないのは年上女性の辛抱強さにあります。

また、何が起きても「別に大したことじゃない」と考えているからです。

年齢を重ねていると、酸いも甘いもおおかた経験しています。

良いことの後には必ず悪いことが起きる、というような感じです。

もしかすると命に関わるような出来事も経験しているかもしれません。

自分だけでなく、周囲の人たちの悲惨な状況もたくさん見てきたことでしょう。

それに比べたら、彼氏のワガママなど実に「取るに足らないもの」なのです。

年上女性はつまらないことでケンカするより「ケンカを避ける」方に気持ちを傾けています。

そのため、年下男性が自分を煽るようなワガママを言っても余裕でかわせるのです。

何事においても経験豊富だから心から頼ることができる

何事においても経験豊富なことが、年下男性をグッとさせる一つの要因です。

なので一緒にいるだけで、心から年上彼女を頼ることができます。

年上彼女は「頼られる喜び」を感じ、その彼氏は「頼る喜び」を感じる、まさにwin-winの関係です。

この信頼関係は年齢差が生んだものです。

年齢差を受け入れ前向きに捉えたことで、お互いがお互いを必要とする理想の関係が築けたのです。

年上彼女にとっていくら当たり前のことでも、彼氏にとって初めてのことも多く何もかもが新鮮です。

また反対も然りです。

トレンドにアンテナを張り逃さずキャッチするのは、若い世代が得意とするミッションのようなものです。

年上女性は若い世代と同じ目線でいられるため、いつも新たな刺激を受けることができます。

年齢よりも若く見えるのも、新たな刺激を受け続けるためです。

自立している大人な女性と付き合えば自分も大人になれる

年下男性は自立している大人な女性と付き合えば、自分も大人になれると信じています。

なぜなら若い世代の男性たちの多くは大人の女性を前にした時、なぜかコンプレックスを抱いてしまうためです。

彼らは大人の女性の「強さ」を欲しています。

自分の持つパワーをも渡してしまいたくなるような年上女性たちの強いパワーに、思わずひれ伏してしまわんばかりなのです。

この感情は、相手が年上女性ならではのもの。

それは、羨望であったり、嫉妬心であったりもします。

「自分も強い大人になりたい」とか「どうすれば真の大人になれるのか?」と考え、「真の大人になるためには、このように自立している女性と付き合うことが最も早いのではないか」という結論にいたります。

こうなると、もはや目標とした年上女性にアプローチせずにはいられないのです。

束縛してこない。自由でいられるから逆に相手を大事にできる

年上女性を魅力に感じる一つの理由に「束縛してこない」ということがあります。

いつも自由でいられることから、逆に彼女を大事にします。

年齢の離れている女性の大半は、彼氏を束縛しません。

なぜなら「束縛することにメリットは何一つない」と考えるためです。

束縛するのは「彼氏が離れていくのではないか」という不安の現れです。

年上女性は長く生きている分いろいろな問題を乗り越えてきていて、そのたびに不安を解消してきた経験があります。

なので、ちょっとやそっとのことでは不安に思わないのです。

また年上女性も実は過去に、彼氏を束縛することもあったのです。

でももう束縛しないのは、そんなことをしなくても自分は大丈夫と気付いたからです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

年下男性が出す結婚も脈ありな本気のサイン

「親から早く結婚しろと言われている」と言ってくる

年下男性が「早く結婚しろと親からいつも言われてるんだよね」と言ってきたら、これは「結婚に本気なサイン」と見られます。

結婚のイメージは「好きな人と家庭を持つこと」ですが、その一方「大人として自立する」ということでもあります。

親にとって子の自立は最も望んでいること。

子が結婚し、家庭を築いた時点で親の役目はほぼ終わります。

また親は子が結婚することで、さらに人間的に成長できると期待しています。

いつまでも親元にいても大きく成長できるチャンスはほとんどやってこないので、さらに親は結婚を勧めてきます。

しかし年下男性が改めて周囲を見渡した時、家庭におさまれるような自分好みの女性が意外に少ないことに気づきます。

なぜなら「この人だったらいいな」という女性たちはすでに結婚しているか、彼氏がいるためです。

年下男性が「結婚相手」として年上女性を意識するのは、このような時です。

人生経験も豊富なため、安心して家庭を任せられるという、理想の結婚の条件にぴったりだからです。

家で過ごす様子や作った料理を写メで送ってくる

年下彼氏が結婚したい本気度が現れている行動に「休日に家で過ごす様子や、自分で作った料理を写メで送ってくる」ということがあります。

またその様子を動画にして送ってくることもあります。

休日に年上彼女と一緒に過ごすことができなくても、家でどう過ごしているかをマメに伝えてきます。

結婚は共に一つ屋根の下で生活を共にすることです。

彼氏がどんな風に過ごしているかを彼女に伝えれば、いずれ結婚するかもしれないイメージを抱いてもらうことができます。

これは彼氏が「結婚の意思を伝えるにはまだ早い」と考えているために、行動で示す「お試し」なのです。

年下彼氏は自分が送った画像や動画について、相手からどんな返信が来るかも楽しみです。

なぜなら、年上女性は褒めることしかしてこないからで、彼氏が気分を良くする方法を熟知しているのです。

このように離れて過ごしていてもますます強い絆で結ばれるため、より一層相手を必要とするようになります。

あらゆるシチュエーションで年上女性をリードしたがる

年下男性が脈ありな本気のサインが、あらゆるシチュエーションで「年上女性をリードしたがる」ことです。

たとえばちょっとしたことで手を貸してあげたくなったり、サポートしようとします。

寄り添って歩く時にそっと背中に手を回したりなど他の女性にしないような気遣いを見せますが、これは「若い世代に比べ彼女はあまりアクティブには動けないかも」と思っているためです。

このように彼女と年齢が離れている場合「若い自分とは何かとギャップがある」と常に感じています。

そのためサポートせずにはいられないのです。

また精神的にも「彼女のことを大事にしたい」という思いがあるので、どんなに気遣ってきても彼氏は負担に感じません。

年上女性がこの気遣いに上手に甘えることができるタイプなら、二人はこれ以上ないほどうまくいきます。

将来的なことを考え収入を増やすための転職を考える

年下男性が脈ありな本気のサインの一つが「収入を増やすために転職を考えるようになる」ということです。

結婚するためには、どうしても安定した収入を得る必要があります。

男性である自分がしっかり働き十分な収入が得られるようになれば、もっと相手の女性を幸せにすることができると信じています。

年下だけでなく男性たちの多くが仕事に一生懸命になるのは、情熱を傾ける対象となる「恋人」や「妻や子供」がいるからです。

結婚して家庭を持つということはさまざまな責任が生じると共に、お金も必要になってきます。

「今のままでは何も変わらない」と考えるので、遅かれ早かれ「転職したい」と思うようになります。

あるいは資格を取ろうとしたり、転職のための勉強を始める男性もいます。

このように人生を変えるような年上女性との出会いによって、年下男性が本気で今後の人生を考えた時、必ず「転職」を考えます。

デートの後、なかなか帰してくれない

年下彼氏がデート後「なかなか家に帰してくれない」ということがたびたび続くようなら、これは彼女に対する脈あり本気サインです。

さぁそろそろ帰ろう、という時、決まって彼女を引き止めます。

「もう少しいいでしょ?」

「ちょっとだけお茶しよう」

「まだ帰る時間には早いよ」

このように理由をつけ、彼女と離れたがりません。

でも彼女が「ううん、もう帰るね」と言えば、無理強いすることはありません。

「彼女をリードしたい」という思いはあっても、無理強いして嫌われたら元も子もないからです。

逆に年上彼女でも引き止めることをしない場合もあります。

それは、彼女に「帰りたくない」と言われたり、自分が引き止められた時です。

このような時、彼氏はさっさと帰りたくなることでしょう。

つまり、彼氏にいくら引き止められても思いとどまらずに「帰る」と言えれば、彼氏を自分にゾッコンにさせることができるというわけです。

 

どんなに好きでも…20歳年下の彼氏が年上の彼女に感じやすい要注意な違和感

「本当は若い子がいいんじゃない?」と別れを予感させることを言う

年下彼氏が違和感に感じるのが「本当は若い子がいいんじゃないの?」と言われてしまう時です。

普段はほとんど年齢差を感じない年下彼氏もさすがにこの時ばかりは違和感を感じ、一気に恋愛感情が冷めてしまうこともあります。

このようなセリフが出る時は、たいていちょっとした言い争いになっている場合が多いものです。

全く関係のない内容の言い争いからいきなり年齢差の話になってしまうのですが、これは女性の方が日常的にコンプレックスになっているためです。

年下彼氏へのイヤ味とも取れるようなこの言動は、相手を呆れさせるだけです。

年齢だけはどう頑張っても変えることができないし、それを言ったところで何も解決しません。

若い子がいいかどうかは、相手が決めることです。

年齢差についてのコンプレックスをあえてさらけ出すようなことを言うと、年上女性ならではの品格や魅力を失うことになってしまいます。

つい年齢を気にするような言動で年下彼氏を引かせてしまう

年齢のことが気になりすぎて、つい年下彼氏を引かせてしまうような言動には注意が必要です。

たとえば若い年代の会話に追いつこうと、無理に話を合わせるのはNGです。

年下彼氏はそれを承知の上で付き合っているし、話を合わせようが何をしようが好きなことに変わりはないからです。

二人の間にあるジェネレーションギャップも、前向きにとらることができるなら全てがメリットなのです。

なぜならギャップがあるからこそ、お互いにいつまでも新鮮な気持ちでいられるからです。

年齢差を気にしそれがたびたび言動に現れるようであれば、自分ばかりでなく相手も心地良さを感じません。

お互いの趣味や好みが全く同じなら年齢差も気にならないし、無理に話を合わせることもしなくて済みます。

もしそうでなくても心配は要りません。

趣味や好みが何もかも同じでなくても、うまくいっている年齢差カップルはたくさんいます。

むしろ分かり合えない部分があるからこそ、そのミステリアスさが魅力なのです。

相手に合わせず自らの快適さを維持してください。

男性にとって魅力的に感じるのは、自分に合わせてくれる女性ではなく「彼女自身が幸せでいられる人」です。

気を抜いた時に老け顔になっていることに気づかない時

彼氏が年上の彼女に感じやすい最も要注意な違和感が「気を抜いた時の老け顔」です。

彼氏に会っている時はそれなりに気をつけているつもりでも、ふと気を抜いた時が危険です。

年齢を重ねるとどうしても、顔が乾燥しやすくなったりシワっぽくなります。

これは顔の筋肉や皮膚が全体に下がってしまうためで、ほうれい線や、おでこのシワ、首のシワなど、目立つ部分でもお構いなしに現れるため誰にとっても悩みの種です。

予防策としてはいつも口角を上げて笑顔でいること。

これが一番簡単かつ重要なのですが、つい忘れてしまいがちです。

気を抜いたとたんに老け顔になってしまいますが、当の本人に「老け顔になっている」という自覚がないのも問題なのです。

年上女性たちの多くが「笑顔」と「気を抜いた時の一瞬の表情」との差が激しいため、年下男性がそれを目の当たりにした時「彼女はかなり年上」と改めて実感します。

老け顔を防ぐためには、いつも緊張感をキープする以外にありません。

彼氏のためにいつまでも若くいようと思うのなら、表情には特に注意が必要です。

年下彼氏の経験値の低さを上から目線で見てしまう

年上彼女が自分との経験値の違いを比べるように上から目線で見られた時、どうしても年下の彼氏は違和感を感じてしまいます。

誰がどう見ても年下である自分の方が経験値は浅いに決まっていますが、それを知ってて彼女から上から目線な態度を取られると、まるでバカにされたような気がするのです。

しかし年上彼女は彼氏をバカにするつもりなど全くないし、彼氏がイヤな気持ちになっていることにも気付かないものです。

「大人な態度」と「上から目線」のボーダーラインは、非常にあいまいで判断が難しいところです。

年上彼女にはごく当たり前のことでも、若い世代の男性にとってはこの世界はまだまだ未知のことだらけです。

ちょっとしたことでも彼氏が「知らなかった」と言った時、まるで重箱のすみを突くように上から目線になったり、バカにしてはいけないのです。

男女問わず年上の人間は若年層の人たちに対し、このようなことをけっこう意識せずにやってしまうために注意が必要です。

つい「疲れた」「どっこいしょ」を連発してしまう

気づかずについやってしまう言動に「疲れた」や「どっこいしょ」があります。

多くの年下彼氏はこの言葉を聞くと「やれやれ」とため息をつき、改めて年齢差を実感するのです。

年下彼氏は、いつでも彼女に無理をさせないようにと配慮しています。

アクティブに動ける彼女なら問題ないのですが、やたら「疲れた」を連発する彼女ならやはり違和感を感じざるを得ません。

「どっこいしょ」もつい口をついて出る言葉です。

もちろん若い世代でも「どっこいしょ」が口癖の女子はかなりいます。

しかし若い女子が言うのと、年の離れた彼女が言うのには大きな違いがあります。

年下彼氏は、彼女に「いつまでも若く美しくいて欲しい」という願望を持っています。

彼女の老いる姿を見たくないのです。

年齢差を感じないようにするには、それなりに努力が必要です。

それが発する言葉であり、態度であったりします。

「疲れた」「どっこいしょ」を言わないよう少し気をつけるだけでも、年下彼氏との精神的な年齢差がなくなります。

若く見せようとして不似合いな若作りをしてしまう

若く見せようとつい不似合いな若作りをすると、年下彼氏は猛烈な違和感を感じます。

なぜなら年上彼女が、20代の女子たちが着る服に「若さ」を期待し頑張ってチャンレンジしてしまうと、逆に老けて見えてしまうためです。

「若作りしてる」と思われますが、当然ながらこれは褒め言葉ではありません。

しかし年齢相応のファッションにするといかにも不釣り合いな上、年下彼氏とのギャップはますます開いてしまいます。

お互いに気分良くお付き合いするためには、彼氏に「好きなファッションを聞いておく」というのも一つの方法です。

どんな色が好きか、どんなスタイルが好みかを聞いておけば、無駄なギャップに違和感を感じることも無くなります。

彼の好みを踏まえながら自分らしさを出せるようになれば、さらに二人の関係もうまくいきます。

「好きだけど(年齢差がありすぎるから)結婚は無理かも」と決めつけられる

年下彼氏が「え?」と違和感を感じるのが、年上女性が「好きだけど結婚は無理かも」と、年齢を理由に「無理」と決めつけられた時です。

二人の間で年齢の話はタブーかもしれません。

しかし気にしないようにしていても、内心気になっているのは年上女性の方です。

年下男性は明らかに自分より長く生きる可能性が高いし、極端な話彼氏が自分のことを介護するようになるかもしれません。

このように結婚となると年上彼女はかなり先のことまで見据えてしまいますが、彼女が結婚に臆病になると逆に情熱的になるのが年下男性です。

どちらかと言うと彼氏の方が年齢差をあまり気にしないおかげで、恋愛関係が成り立っている状態です。

結婚についても「年齢差は何も問題ない」のですが、これは何より「本気度が高い証拠」です。

ところがこの後に及んで結婚に後ろ向きになっている彼女の様子に、彼氏が感じるのは違和感だけです。

 

20歳年下の彼氏とゴールインできる?幸せな結婚をする超年の差カップルの共通点

年下男性は甘え上手で年上女性は頼り上手

20歳前後も年齢が離れている夫婦は、お互いに相手に甘え上手だったり、頼り上手だったりするものです。

甘えるのが上手な年下旦那様に対し、年上妻はいつも幸せを感じているはずです。

また多くの男性たちは、好きな女性から頼られることに生きがいを感じます。

なので「自分は年上だから」と気張らずに年下男性を頼るようにすれば、それだけで二人の関係はうまくいきます。

これには逆のパターンもあり、年上彼女の方が甘え上手の場合でも男性は喜びを感じます。

また経済力がある、ドシンと構えた頼りがいのある年上女性に魅力を感じる男性もいます。

一般的に男性は「経済力=男としての自信」につながります。

しかし年上女性の方が経済力がある場合、それに引け目を感じてしまうとうまくいきません。

逆に素直に甘えられる男性なら、全く問題ないでしょう。

ここ最近「主夫」の存在が目立ち始めているのは、年上女性の経済力を頼りにする男性が増えていることも一つの要因です。

休日に一緒に楽しめる共通の趣味がある

超年齢差で結婚してうまくいくカップルの多くは、休日に一緒に楽しめる共通の趣味があります。

一人でも楽しめる趣味でも、夫婦ならその楽しみも二倍です。

共通の話題で盛り上がったり話が尽きることがない、理想的な夫婦になれるはずです。

いつでも仲がいい様子は、周りも羨むほどでしょう。

もし彼氏の趣味が一緒に楽しめるものでなくても、彼女がグンと年上なら必ず理解を示します。

なぜなら「共に過ごすだけが円満でいられる方法ではない」ということを知っているためです。

むしろ趣味に没頭する自分を放っておいてくれることに対し、彼氏は心から幸せを感じることでしょう。

一度話を始めると話題が尽きないか、黙っていても分かり合える

幸せな結婚をする超年齢層差カップルの共通点は、一度話が始まるとキリがないくらい話題が尽きないところです。

そうかと思うと何も話さない沈黙の一時もありますが、そういう時でもお互いに不満に思うことはありません。

黙っている時もお互いに「心地良い」と感じることができるのです。

これは「相性の良さ」を物語っています。

話が盛り上がっている時はそのひと時を、またお互いに沈黙している時も、そのひと時を楽しめるのです。

どんな時も、自分の思い通りに相手をコントロールしようとしません。

つまり自分が自由でいるためには、相手を自由にしなければならないのです。

相手を自由にしてあげられる関係なら、無駄に頑張らなくてもうまくやっていけるでしょう。

同年代にしかわからない共通の話題がなくても気にしない

結婚している超年の差カップルは、同世代にしかわからない話題を共有することが難しくても、あまり気にしません。

たとえば年上彼女が子供の頃に観たテレビの話は、年下彼氏との会話ネタとしてはふさわしくありません。

「あ、あれね」というように、二人で当時の思い出に浸ることができないためです。

こんな時年上彼女がどんなに話したいことがあっても、じっと我慢するしかないのです。

しかしうまくいっているカップルたちは、このことをストレスに感じないようにしています。

「より良いリレーションシップのためには、相手の良い面だけを見る」ということを、無意識に実行しているのです。

具体的な方法は「なるべく共通の話題を見つけ、それについて会話する」と、いたってシンプルです。

このように日常の些細なことでもお互いに理解し合えば、必ずうまくいきます。

お互いに相手を尊重し大事にしているが無理をしない

幸せな結婚をする超年の差カップルは「無理をしない」ということが最大の特徴です。

いかに自分らしくいられるかが、幸せでいられる秘訣と考えます。

恋愛時代と違い、結婚は「日々の生活をともにする」ということです。

恋愛中は相手によく思われたくて、無理していたかもしれません。

しかしいざ結婚生活が始まれば、無理は通用しないことに気づきます。

無理をし続けた夫婦は、破綻への道を進んでいるのです。

と言っても「無理せずに自分のしたい放題する」ということではありません。

相手を尊重し、大事にする。

これさえできていれば、後はリラックスして生活できるはずです。

相手の期待に応えようとすればするほど、理想からはかけ離れてしまいます。

相手が超年下でも「若く見せよう」などと無理をする必要は一切ありません。

いついかなる時でも「自分らしくいられるか」が大切です。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「どんなに年齢が離れていても「幸せ」なら万事オーケー。あなたオリジナルの人生を楽しんで!」

占い師 姫乃
親子ほど年齢差があると、いくら相手が好きでも「たら」「れば」が出てくるもの。

「もっと若ければ」とか「もっと早く生まれていれば」のような。

そう考えてしまう気持ちもわからなくはないけれど、明らかに「ネガティブな考え方」って気付いてるかな?

誰が何と言おうと、二人が良ければ万事オーケー。

もし少しでもネガティブな考え方が出てきたら、心の中で彼氏に会えたことを感謝するといいわ。

「感謝」は、迷いを消して明るい気分にさせてくれるから、ぜひやってみて。

これからもあなたの恋愛をしっかり後押ししていきますね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事