スマホが普及された現代において、メールやlineを使って復縁したい気持ちを伝えるというのは基本中の基本ですが、手紙で復縁の気持ちを伝えて復縁が成功した人も珍しくありません。

手紙の内容は様々ですが感謝と謝罪などを書いた「別れの手紙」の方が、実は復縁の気持ちをストレートに書くより効果的だったりします。

今回は、手紙を送る効果と別れの手紙の方が効果的な理由と、元彼が重く感じないような書き方、元彼の心に響く例文をご紹介します。

手紙を送る効果

すこし時代遅れとも言われそうな手紙を送るという手段ですが、馬鹿にはできない効果があります。

手紙は、lineでのやり取りが当たり前になってきた今の時代では考えられない意外性があり、その意外性に手紙を貰った方も衝撃を受けます。

手紙には、lineやメールのような誰が送っても同じ字になる機械の字ではない手書きの良さがあり、温かさや優しさを伝えることができます。

手紙はlineやメールと違い、便箋を一つにしても一生懸命相手が気に入るような物を用意したり、手紙をわざわざポストに出したり、書くこと以外にも色々と手間が掛かります。

書くことでいえば、もちろんうまくかけなければ書き直しもあったり、仕事などで忙しければ深夜の遅い時間に書かなければならなかったりと手紙を書くことは本当に大変です。

その手間があり背景が想像できるからこそ、lineやメールとは違う効果があり、相手の心を動かしたり、感動させたりするのです。

また、手紙は送る方も貰う方も経験が少なく、その行為自体がプレミアムで、そういったことからして、特別に感じられ復縁に効果をもたらすともいえます。

そういった点からして、昔のスタンダードとも言える手紙ですが、今の時代でも十分通用してもおかしくありません。

別れの手紙の方が効果的な理由

感謝と謝罪の気持ちを書いた手紙は、復縁の気持ちを書いた手紙より元彼の色んな感情を引き出すことができます。

復縁の気持ちを書いた手紙は、どんなに気持ちを綴っても結局は、元彼の立場になって考えると、手紙をもらったことに対してうれしくなりますが「復縁するか、しないか」を選択するということに辿り着いてしまうのです。

結局書いた側も、それを求めているわけなので、そうなるのは仕方がありませんが、復縁の気持ちを前面に押し出されてしまうと元彼的に少し重さを感じてしまいます。

復縁したい気持ちを伝えることで答えを求めるのは、決して悪いことではありませんが、あまり書き方としては好ましくありません。

逆に感謝と謝罪を書いた別れの手紙は、そういった「復縁するか、しないか」を選択するということ答えを強制的に求めていません。

だから復縁したい気持ちを綴った手紙に比べて、手紙の文章もすんなりと入ってきて、相手に無意識のうちに色々と考えさせることができます。

感謝の気持ちを書いておけば、付き合っていた頃の自分の行動に対して肯定してくれていると感じとても嬉しくなります。

また元彼も手紙を読むことで感謝の気持ちが芽生え、感謝の気持ちを自分自身も伝えようと思うようになります。

謝罪の文章も同じで謝罪されることで自分にも非があったのではないかと、付き合っていた頃を思い出し自己反省するようになります。

そういった面でも感謝と謝罪を書いた別れの手紙は、読んだ相手も同じ気持ちになれる点からしても復縁の気持ちを書いた手紙よりも効果があるといえます。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

重くならない書き方

淋しさや不幸アピールは書かない

ただでさえlineやメールと違い手紙は存在自体が重くなりがちなので、重くならないように細心の注意を払うことが必要です。

まず、意外と書いてしまう内容として、「毎日泣いています」、「毎日とても辛い」、「食欲がない」、「この先、どうしていいかわからない」、などの言葉がありますが、間違ってもこういったことは書いてはいけません。

淋しさや不幸アピールは書けば書くほど、相手を困らせるだけで迷惑に感じさせてしまい元彼が引いてしまいます。

また、読んでいてもひたすら暗くなるだけで、「復縁に関して前向きに検討しよう」、「何とかしてあげよう」とはならないです。

重くならない為には、こういった言葉を使わず、「楽しかった」、「嬉しかった」、「面白かった」というような言葉を使った方が、元彼が読んでいて明るくなれるうえ、結果、復縁に繋がりやすいです。

好きという言葉を多用しない

手紙に「好き」という言葉があまりにも多すぎると、元彼も恐怖を感じてしまい手紙を読むどころか、手紙があることさえ恐くなってしまいます。

もちろん「好き」という言葉は書けば書くほど伝わりますが、度を越えて多用すると残念ながら逆効果です。

元彼の立場になって考えればよくわかると思いますが、「好き」があまりにも多いと、何か身に危険すら感じてしまいそうになります。

実際、手紙を貰った方は、自分のことを好きでいてくれているということを知っているので、無理に「好き」と書く必要はないので、適度な使用にしましょう。

超大作を作らない

どうしても手紙を書いているとあれもこれも書きたいと思ってしまい、気が付けば枚数も一枚二枚ともいえない何十枚ともいえる超大作ができていることがあります。

さすがにこうなると、手紙をもらった元彼も読む気が失せますし、手紙の存在自体が重いどころの騒ぎではなくなります。

またこの場合、文章をうまく書こうとし過ぎる傾向にあり、読み返してみると恋愛ソングの歌詞のようだったり、意味不明なポエムだったりします。

ムードを出そうとするとどうしても、こういった書き方にもなってしまいますが、重い以上にこうなってしまうと、もらった方もどうしていいかわからなくなってしまいます。

簡単なイラストやシールを貼る

重くなりがちな手紙でも可愛いシールや簡単な手書きのイラストを描くだけで、重くなるのを防ぐことができます。

実際、男性はこういった女性の可愛い部分というのが好きで、かなり簡単なことですが効果があります。

しかし、当然ながらイラストの書き過ぎやシールの貼り過ぎは厳禁で、あまりに多すぎると派手で楽しくなり過ぎて、重いどころか軽くなりすぎてしまいます。

あくまでシールやイラストは重さを隠したり和らげたりするためのものなので、それが目立ちすぎないようにしなくてはいけません。

普段通りの口調で書く

丁寧な言葉を使って手紙を書くこと自体は何も問題なく、むしろ良いことですが、あまりにも手紙だからといって普段通りの口調ではなくて、変に敬語や難しい言葉を使うと相手もどう受け止めいいか分からず、妙に重く感じてしまいます。

何も変に意識しなくて普段通りの口調で書けば良くて、実際その方が読みやすいですし、相相手も感情移入しやすいです。

しかし、普段の口調でいいのですが、しっかりとメリハリをつけることだけは忘れてはいけません。

メリハリがない文章になってしまうと、ただの普通の手紙になってしまうので充分をきをつけるようにしましょう。

相手を責めることは書かない

例えどんな理由があろうと、別れた原因が元彼ににあったとしても、それについて責めるようなことはしてはいけません。

そういった文章を書いてしまえば、元彼も気が引けてしまいますし、手紙を読んだあとに罪悪感でいっぱいになってしまいます。

別れた理由が元彼にあっても、別れているわけなので基本的には、そういったこともリセットされていると考えなくてはいけません。

「あの時、あんなことがなければ別れてないのに」みたいな捨て台詞のようなことは、復縁の気持ちがあるなら書かない方が賢明です。

語りかけるような口調で書く

「覚えてる?」「元気にしてる?」みたいな語り掛けるような口調で書くと会話をしているような感じになり自然な感じがしてとても読みやすいです。

この感じで書くと、多少深い内容の文章になってしまっても、明るさの方が印象強いので手紙自体が重くなりません。

また、会って語りかけられている感じが実際にするので、付き合っていた時の感覚を思いだすことができます。

しかし、何もかもに語りかける手紙にしてしまうと、読んでいて飽きてしまううえ、何を伝えたいのかが分からなくなってしまうので注意が必要です。

思い出の出来事を書き過ぎない

長く付き合えば付き合っていただけ思い出の数も多くなりますが、余りに多い思い出のことばかり書いても、すべての思い出が元彼の心に響くわけではありません。

どうせ思い出を書くなら、付き合っていた時、二人が一番楽しかっただろうというものをピックアップして書かなければいけません。

その方が、元彼的にも思い出しやすい心にも響き、一緒のことを思ってくれていたと喜びを感じることができます。

なので数を打てば当たるみたいな書き方はやめておいた方がいい場合が多く、一点集中のやり方で書いた方が効果的かつ重くならないの無難です。

文字を詰め過ぎない

枚数を多くするのも問題ですが、一枚の便箋に対して文字をびっしりと詰め込み過ぎるのもよくありません。

想像してもわかるように、間隔がほぼなく、黒い文字で便箋が埋め尽くされていれば誰が見ても異様な雰囲気を感じ取ってしまいます。

また怨念や呪いが込められているのではないかと感じ取ってしまう可能性があるので文字数やスペースはそれなりに考えてかいた方がいいです。

実際、そんなことはないと思う方は多いですが、読み返してみると案外そういった文字でいっぱいの黒っぽい手紙ができてしまっているので手紙を渡す際は、今一度チェックする必要があります。

宣言することは書かない

元彼の気を引こうとして「この先、恋はしません」、「きっといい人に巡り会うことはありません」というような、ネガティブでマイナス要素全開の宣言は、元彼の重荷になるので書くのは控えましょう。

恋をするのもしないのも、巡り会う、会わないのも、別れている状態なら元彼に何の責任もないですし、元彼のせいにされても迷惑なだけです。

また、「出会わなければよかった」などは特に、元彼に失礼で不快な気持ちにさせてしまうので使わない方がいいです。

年齢のことを書かない

恋をするのにもちろん年齢は関係ないのですが、「私も歳だから」といったように年齢のことを書いてしまうのはフェアではないです。

もちろん、何十年と付き合っていればそれなりにお互い歳をとりますし、いい結果に結びつかなかったとしたら、それなりにショックを受けるのは仕方がないことです。

しかし、別れてしまった以上は現実を受け止めるしかなく、それを武器として手紙に書くということはあまり良い感じはしません。

実際、そんな手紙をもらうと元彼も責任を感じ、責任から逃げ出したくなり、最悪まったく連絡が取れない状況になってしまったりします。

もちろん、元彼にも責任がある場合がありますが、年齢が年齢だからと「ああして欲しい、こうして欲しい」というのは、恩着せがましくもなるので書かない方がいいです。

年齢関係なく、気持ちがしっかり伝わり相手が納得できれば復縁することは可能なので、年齢についてはあまり触れなくても大丈夫です。

余計な心配をさせることを書かない

勤め先の話や仕事の話、家族の話など、元彼に聞いてほしくなりますが、こういったことは書いてはいけません。

「会社の経営が良くない」、「家族の体調が悪い」などと聞けば、元彼に余計な心配をさせてしまうことになります。

意識を向かせることは可能ですが、復縁に繋がることはなく、ただ元彼に気を使わせてしまうだけなので効果はありません。

あくまで、手紙は元彼と自分の話なので、他の第三者を登場させたり使ったりして、気を引くようなことはやめましょう。

いいわけを書かない

終わってしまったことに対して今更何を言っても仕方がないと分かっていながらも、逆転復縁を狙って、言い訳じみたことを書いても気持ちは元彼には届きません。

どんなに真実でも、なぜ今更ということの方が先行してしまい、復縁には結びつかないどころか元彼を怒らせてしまう原因にもなります。

万が一、自分ではなく友達や知人など、他の人のせいにした場合、余計に元彼を悲しませてしまうことになるでしょう。

そうなれば、重い手紙以上に元彼にとって最悪の手紙となってしまうので、変にいいわけした文章を書いたりするのはやめておいたほうがいです。

心に響く例文

感謝を前面に出す場合

二人で色んなところに行ったり、色んなことで笑えたりしたこと、今でも嬉しくてありがとうという感謝の気持ちでいっぱいです。

付き合った時のことを振り返ってみても、ずっと笑顔でいたような気がして、今でもなんか嬉しくて楽しくなります。

どんな時でも優しくて、わがままを聞いてくれて、いつも他の人より大事にしてくれたこと今でも感謝しています。

本当は会って「ありがとう」を伝えたかったんだけど、こんな形になってしまってごめんなさい。

もっともっと書きたいことはあるけど、余りにも長くなりそうだから、この辺で書くのをやめておきます。

もう二人は恋人同士ではないけど、また何かあったら気軽に相談してもらえれば、できることなら協力したいと思っています。

謝罪を前面に出す場合

いっぱい優しくしてくれたのに、困らせてしまったり、淋しい思いをさせてしまったり、傷つけてしまったことを本当に反省しています「ごめんなさい」。

どれだけ謝っても許してもらえないのはわかっているけど、どうしても気持ちを伝えたかったから手紙を書きました。

もっと自分に出来たことがあったんじゃないかって、今でも一人になると思い出して考えたりします。

二度とあの時は戻らないけど、付き合えて楽しかったことは、ずっと忘れないしこの先もずっと良い思い出です。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「とにかく書くことが大事」

占い師 姫乃

手紙を書くのはとても難しいことで、なかなかうまく書くことができないので、とにかく何枚も何枚も書いて自分の納得できる手紙を作りあげるしかないわ!

手紙を書いているうちに色々思い出したり、初めて気づくことがあったりと手紙を書くことでしか分からないことに気付けたりするの。

恋愛は愛だけで繋がっているわけではなく、「ありがとう」といった感謝の気持ちや、「ごめん」といった気持ちでも繋がっているわ!

そういったことを自分なりにでも手紙で伝えることできれば、自ずと復縁成功に繋がっていけるわよ!

【期間限定・8月25日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事