仕事を手伝ってくれる男性心理って好意のサイン?脈ありサインと勘違いしないためのチェックポイント   
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

職場の男性がいつも仕事を手伝ってくれるのは、好意のサインなのでしょうか?

脈ありサインかそれともただの勘違いなのか、見極めるためのチェックポイントをさっそく見ていきましょう。

仕事を手伝ってくれる男性心理について詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 
 

復縁メニューはこちら

仕事を手伝ってくれる男性心理

仕事を手伝って相手に頼ってもらえれば、承認欲求が満たされる

仕事を手伝ってくれる男性は、密かに承認欲求が満たされるのを感じています。

「手伝って〜!」と言われれば相手が誰であっても飛んでいきますが、人から頼られることが彼にとってのミッションなのです。

職場の女性たちも彼に声をかければ手伝ってくれることを知っているので、需要と供給のバランスとしてはバッチリでしょう。

しかし彼が人を手伝うのは、あくまで承認欲求を満たすのが目的です。

手伝ってと言われれば体が勝手に動き相手を満足させようとしますが、その点だけに意識を集中させるので今度は自分のことがおろそかになってしまうのです。

ですから、彼のケアレスミスは周知の事実です。

考えられないような凡ミスを連発すれば、さすがに誰もが彼に期待しなくなります。

でも彼はそれでいいと思っています。

彼にとって何より重要なのは、人に頼ってもらえることだからです。

多少ミスしたって何も問題ないと考える一方で、人によっては「なぜミスばかりしてしまうのだろう?」と疑問に思っている場合もあります。

原因は誰が見ても明らかです。

仕事においてまずは自分に課せられたことに意識を向けるべきなのですが、彼にはその考えがありません。

「手伝って」と言われれば迷いなく手伝うし、そう言われなくても手を貸そうとします。

彼の承認欲求が満たされるのが、このように人を手伝うことなのです。

仕事を手伝えば喜んでもらえるし、好きな女性に喜んでもらえるたら何より幸せ

男性が仕事を手伝おうとするのは、ひとえに相手に喜んでもらいたいからです。

さらにその相手が好きな女性なら何より幸せなのが、手伝って喜んでもらうことなのです。

彼にとって打算的な意識はほとんどありませんが、男性独自のプライドはあります。

そしてプライドが満たされるのが、好きな女性が喜ぶ姿を見ることなのです。

逆を言えば彼が手伝いたくなるのは手伝ってもらって嬉しいことを表現できる女性で、微笑みながら「ありがとう」と言われたら彼は嬉しくて飛び上がりたくなるほどなのです。

一方で手伝ってあげたのにものすごく反応が薄かったり、表情ひとつ変えない女性は彼にとって手伝いたくなくなる対象です。

表面には出さないものの「せっかく手伝ったのにまったく何様だ」と不服なのは、彼のプライドが傷ついたのです。

手伝ったらちゃんと喜んでくれる女性こそが、彼にとって理想の女性の条件なのです。

好きな女性にサポートの手を差し伸べても、相手が全く喜んでくれなければ「手伝ってあげたことが迷惑だったのかな」と考えるようになってしまいます。

相手も好意を持っているかはわからないから、気になって手伝わずにいられない

男性が手伝おうとするのは相手が自分に好意を持っているかわからない時で、相手がどう思っているかが気になりすぎて手伝わずにはいられないのです。

彼にとって非常に重要な点は、相手の気持ちを知ることです。

そのためには相手を手伝ったり、手を貸してあげるのが1番早いと考えます。

相手が快く手伝わせてくれれば、まず第一段階はクリアでしょう。

次に彼が気になるのは、相手の態度です。

相手の視線、表情、言葉のはしばしに「好き」が見え隠れしたら、彼はそれだけで手伝った甲斐があると感じるのです。

そうなるとますます彼は、手伝うことはないかと聞いてくるでしょう。

気づくといつも近くにいる、そんな状態です。

第二段階もクリアといきたいところですが、ここで彼にとって問題が勃発することもあります。

それが彼が手伝うことが当たり前になる場合です。

いつでも彼が手伝えるわけではないのですが、それを理解できないことを相手が不満に思うのです。

急に不機嫌になった相手に対し、彼はどうしていいかわかりません。

このように好意があるかどうかを確かめるために相手を手伝った彼は、思わぬ展開に見舞われることもあるのです。

相手を妹のように感じていて、1人で大丈夫かな?と手伝いたくなる

仕事を手伝ってくれる男性の中には、相手を妹のように感じている場合もあります。

そのため「1人で大丈夫かな」「ちゃんとできてるかな」という思いで相手を見ています。

おそらく彼には同じ年頃の妹がいるのでしょう。

手伝いたくなる相手と妹の姿が、オーバーラップして見えるのです。

小さい頃から妹の世話は、彼の役目だったのかもしれません。

なので妹に向ける愛情は親と同じくらいか、それ以上なのです。

そんな妹への愛情は、大人になった今となっては過去のもの。

その愛情がいつしか職場の女性に向けられていることに、彼は気付いていないでしょう。

だから無意識に手伝いたくなってしまうのです。

彼が相手に感じているのは恋愛感情というよりも、身内に対する平和で穏やかな気持ちです。

仕事を手伝ってくれる男性は、このように相手を妹のように思って接してくることもあるのです。

純粋に仕事のことだけが気になっていて、チェックを兼ねて手伝おうとする

仕事を手伝ってくれる男性は、純粋に仕事のことだけが気になっている人も多いです。

真面目なタイプがほとんどで仕事上で何か問題はないかをチェックするために手伝ってきますが、好意があるかないかで考えるとおおよそ無いと言えます。

仮に好意があるとしても、まだこの段階では期待しない方が良さそうです。

ところが彼のことが好きだと、つい期待してしまうものです。

「こんなに手伝ってくれてるんだからきっと好かれてる」というように。

しかしこれは主観に過ぎません。

仕事をスムーズにこなすには、たとえ相手を好きでも恋愛感情を見せないことが大切です。

また今後も彼といい関係を築きたいなら、現状では仕事は仕事と割り切ることが大事です。

それが恋愛関係につながるかもしくは仕事上の関係のままか、今はまだ判断できる状況ではありません。

このように男性が仕事を手伝ってくれる時、純粋に仕事のことが気になっているだけという場合もあるのです。

心もとない様子が心配で仕方がないから、つい手伝ってしまう

職場の男性がいつも仕事を手伝ってくれる時、相手のことが心配で仕方がないと思っている場合があります。

心もとない様子が見ていてとても不安なため、つい手を貸してしまいたくなるのです。

心もとないと思わせるのは、相手のたび重なるミスが原因と見られます。

この場合、男性が手伝おうとするのは、相手を異性として気遣っているというよりも、仕事面でミスを防ぎたい思いの方が強いです。

たとえ男性に多少なりとも好意があっても、ミスの尻拭い的なことが続けば流石に愛想が尽きるというもの。

ミスを防止するには、男性自ら率先して手伝うのが何より安全です。

なので男性が相手のことを心配せずに済むようになるまでは、相手を手伝うことをやめないでしょう。

いずれにせよ仕事中の話です。

地に足のついた男性なら、もし相手に恋愛感情があってもそれを表面上に出してくることはありません。

仕事を手伝ってくれる男性の特徴

冷静沈着で感情に流されないタイプで、誰に対しても分けへだてなく親切で優しい

仕事を手伝ってくれる男性は、冷静沈着で感情に流されないタイプが多いです。

また誰に対しても分けへだてなく親切なのが特徴です。

特に女性に対して格別に優しいのですが、女性の年齢に左右されないところも周囲の評価が高い理由です。

こういう男性は自分軸がないと相手の言いなりになってしまうため、いいように利用されてしまうこともあります。

たとえばあからさまにイヤな仕事を押し付けられたり、ミスの責任を負わされることもあり、表面上では気にしなくても精神的負担になっていることが多いです。

しかし感情に左右されないタイプならちょっとやそっとではへこたれないし、利用されることも滅多にないです。

ブレない精神力のたまものと言えるでしょう。

その精神力の強さが「仕事を手伝う」という心遣いに表れるのです。

一方で精神的に脆弱なところがある男性は、利害関係抜きで手をかすことなど一切考えません。

たいてい見て見ぬフリをしますが、これは手伝うことにメリットを感じないからです。

つまり相手によって態度が変わるのです。

しかし誰に対しても分けへだてなく親切で優しい男性は、相手が誰であれ同じように接します。

仕事を手伝ってくる時もほとんど何も考えずに、ただ持ち前の親切心からそうしてくれるのです。

管理職ポジションに多く評価も高い上、精神的にも余裕がある

仕事を手伝ってくれる男性は、ある程度の管理職ポジションで、かつ周りの評価も高いのが特徴です。

また精神的にも余裕があります。

人の扱い方にも手慣れていますが、これこそが管理職に求められる能力です。

人の表情や行動を見ただけで、どんな状況かを推しはかることができます。

と言っても、誰にでも手を貸すわけではありません。

精神的余裕がある人は様子見することで、相手が本当に手を必要としているかを判断するからです。

やぶれかぶれに手伝っても、その人のためになりません。

そんな状況もきちんと踏まえているのは、やはり精神的な余裕があるからに他なりません。

そういう男性はすぐに手伝うことはなくても「大丈夫?」というように一声かけてきます。

この一声ほど、手伝って欲しい人にとって助けになるものはないのです。

手伝いたくなる女性との相性の良さや、強いつながりを感じている

仕事を手伝ってくれる男性は、手伝いたくなる女性との相性の良さ強い感じていることがあります。

他の女性とは明らかに違うその感情ですが、一部例外を除けば確実に恋愛感情なのです。

しかし彼はそのことに気付いていない可能性もあります。

彼の内に秘めたる感情については誰も知るよしもないし「好き」とか「恋愛感情がある」と決めるのは自分自身だからです。

「そういうのを恋愛感情って言うんだよ」と彼に教えてあげたら、きっと「へぇそうなんだ」と他人事のように驚くでしょう。

このように恋愛感情にうとい男性は意外に少なくないのが現実で、恋愛に対し非常に現実的な捉え方をしています。

そのためにいわゆる恋愛の熱に浮かされた状態の「うっとりするほど惚れちゃった」とか「寝ても覚めても恋しくて仕方がない」といった状況にピンと来ない男性がとても多いです。

ただ何らかのつながりを感じることはあるようで、相手といつも話が盛り上がるためにその点だけにフォーカスし相性の良さを感じることもあります。

いずれにせよ、一緒にいて居心地よく感じられるのがポイントです。

手伝いたくなるのもごく自然な流れと言えるでしょう。

「弱い人を守れるのは自分だけ」強いプライドが彼を奮い立たせる

自分の強いプライドを持つ男性は「弱い人を守れるのは自分だけ」と自分自身を奮い立たせるので、率先して仕事を手伝ってくれます。

このようなタイプの男性は女性にとって守護神のような存在で、困っている女性がいたらとても見捨ててはおけないのです。

すぐに手を貸してくれたり手伝ってくれますが、これは「弱い女性は男性が守らなければいけない」という彼独自の理念があるからです。

そのため女性から「手伝って欲しい」と言われなくても、サッと手を差し伸べてきます。

ところが「これが自分の使命」とばかりに動き回るのは良いのですが、先読みしすぎて空回りすることも多々出てきます。

つまりやりすぎてしまうのです。

彼にとっては良かれと思っていることでも、実はあまり良くない結果に終わることも多いのです。

女性によっては「先回りして手伝われると嫌味でしかない」と思う人もいます。

また手伝ったせいで「仕事が遅いと言われてる気がする」とウンザリする女性もいるのです。

人には人のやり方があります。

それを考慮して手伝ってくれれば何も問題ないのですが、もしかすると「ありがた迷惑」かもしれないのです。

「手伝ってもらって文句?」と思われそうですが、手伝うこと全てプラスになるわけではありません。

一方でこのタイプの男性にパーフェクトに頼り切ることができる女性なら、おそらくその後もうまくいくことでしょう。

彼は自分の理念を通すことができるのでとても満足だし、相性も良しと言えます。

「フォローせずにいたら仕事のクオリティーが下がる」と思っている可能性も大いにアリ

 

手伝ってくれる男性の中には、仕事のクオリティを下げないことを目的としている人もいます。

フォローせずにいれば仕事の効率も悪くなるし、自分がやった方が早いので手伝ってくるのです。

このようなタイプは、たいてい自分至上主義派です。

他人よりも自分が断然優れていると思っているため、常に上から目線です。

女性に接するときは優しいかもしれませんが、しかし彼の中ではいつでも相手にマウントを取れるような意識でいます。

そんな感じな彼なので、仕事も人任せにできません。

完全に任せ切ったら絶対にうまくいかないと信じてるため、はなから相手を信用していません。

手伝ってくれる男性がこのタイプなら、ちょっと怒っている風に見えることも多いです。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

仕事を手伝ってくれる男性が好意があるときの脈ありサイン

特定の女性(自分)を特別扱いし、他の女性の仕事には見向きもしない

仕事を手伝ってくれる男性が好意がある場合、特定の女性(自分)だけを特別扱いします。

他の女性の仕事には見向きもしないのが、彼の脈ありサインです。

とにかく好きな女性の仕事のことを気にかけますが、その様子はまるで2人共同で仕事をになっているかのようです。

ミスのないようにチェックしてくれたり、もっと良い案や方法がないか模索してくれます。

彼のこの行動には、彼女よりも上に立ちたい思いが見え隠れしています。

マウントと取りたいというわけではなさそうですが、今後付き合うとしたら傾向としてあり得ることを頭に入れておくといいでしょう。

男性たちの多くは征服欲があるため、彼女となった女性にもいずれマウントを取る形になるものなのです。

これが対立へとつながり、ケンカとなるのです。

普段仲が良くてもささいなことでケンカになるのは、カップルに対立はついて回るものだからです。

そうならないようにするには、せめてマウントを取られないよう工夫してみてください。

彼に手伝ってもらわなくても大丈夫なときは、はっきりと「大丈夫!」と伝えること。

これが重要です。

何も言わないでいれば、いずれ彼はマウントを取るようになってしまいます。

このようにスムーズで問題ない恋愛関係を育むには、自分の考えをはっきりと相手に伝えることが何より大切なのです。

暇さえあれば近くに寄ってきて手伝おうとするが、忙しくなくても寄ってくる

仕事を手伝ってくれる男性の脈ありサインは、暇さえあれば近くに寄ってくることです。

また忙しくない時でも、いつのまにか近くに寄ってきます。

これはどう見ても彼に好意があるのは明らかです。

また周りもそう勘づいている人が多いです。

彼は何をしたいのでしょうか?

実際に本人に尋ねても、おそらくその理由を聞くことはできないでしょう。

でも彼の行動にはさすがに誰もがピンとくるはずです。

この場合「忙しくない時でも近くに寄ってくる」という点が見極めポイントです。

忙しくない時に彼がどんな行動をとるか、一度注視してみてください。

そうとも知らずに、彼は思惑通りに近くに寄ってくるでしょう。

脈ありがほぼ決定的なのは、もはやその行動が彼の基本だからです。

足が勝手に好きな人のところへ向いてしまうのは、まさに潜在意識のなせる技です。

彼にとって暇だろうか忙しかろうか、それは大した問題ではありません。

手伝うという行動に見せかけて、好きな女性のそばに近付きたいだけなのです。

困っていたり手が足りない時の行動が俊敏過ぎて、誰が見ても好意がわかる

彼に脈ありな時、手伝って欲しいとわかった時の行動が俊敏すぎるという特徴があります。

あまりにも素早い行動なので、誰が見ても好意ありなのが手にとるようにわかるでしょう。

彼はいたって平然とそれをやって退けますが、周りの人たちはそう見てはくれません。

なぜなら相手の女性に熱を上げているため、ここが一か八かの分かれ目でとにかく必死です。

女性が喜んでくれる行動をとるのが彼のミッションなので、喜んでもらえなければ彼的には失敗です。

当然ながら余裕もなくまた場合によっては必死の形相になってしまうのですが、彼はそのことに気付けません。

百戦錬磨の恋愛経験の持ち主であれば、誰にも気づかれずにシレッと手伝うことも可能でしょう。

しかし恋愛経験が浅い彼の場合、頑張りが目に見えてしまうのです。

なので素早い行動力で対処しようと思っても、周りにも行動の趣旨がバレてしまうのです。

さてそんな男性が「好きから愛してる」に変わる心理は、どのような行動に隠されているのでしょうか?

詳しくはこちらをご覧ください。

ミスした時、味方になってくれたりかばってくれるのが彼のスタンダード

彼が脈ありな時、ミスしても100%味方になってくれたりかばってくれるでしょう。

それが誰であっても、失敗をカバーする。

それが彼のスタンダードなのです。

もしかすると脈ありでなくても、ミスをカバーしてくれる人かもしれません。

しかしその場合、あくまで仕事上でのカバーなので、それ以上の感情はないに等しいです。

一方で脈ありの場合の彼は、個人的な感情があるのでは?と思わせる「何か」を持っています。

その「何か」とは、この人に決めたという意識でいるかもしれないし、変えがたい存在と思っているかもしれません。

いずれにせよ彼がミスをかばってくれるのは、ほんのわずかでも恋愛感情があるか、もしくはそれに近い感情を持っているのは確かでしょう。

ただし恋愛感情を意識していなくても相手に好意を感じていて、かつ精神的余裕があればミスをカバーしようと試みてくれます。

このように仕事面でのフォローしてくれる男性の場合、脈ありの可能性とほとんど関係ない可能性はフィフティフィフティと考えるといいでしょう。

仕事を手伝ってくれる男性の行動を好意のサインと勘違いしないためのポイント

仕事を手伝ってくれるだけで脈ありと判断するのは早過ぎる

仕事を手伝ってくれる理由が単に好意からという場合もあるので、手伝ってくれたからと言って脈ありと判断するのは早過ぎると言えます。

つまり恋愛感情がなくても、相手の女性に多少なりとも好意があれば手伝うのはやぶさかではないのです。

たとえ相手の女性に彼氏がいても同じで、基本的に女性に優しい男性はその女性に彼氏がいようがいまいがさほど気にしません。

だからこそ手伝おうと思うのです。

一方で「彼氏がいるからやめておこう」と考える男性は、何ごとも条件付きで考えたりメリットのあるなしで決める傾向があります。

なので手伝う価値ありと考えるのは、完全なるシングルで彼なしの女性のみです。

差別化半端ないのですが、彼女を欲する男性は効率を考えた上で相手探しをするので、そのようなことになってしまうのです。

ですからたとえ仕事を手伝ってくれても、それを好意のサインと判断するのはやや危険です。

将来的な話と考えた方が無難と言えるでしょう。

男性の視線や会話の内容などの脈ありサインをリストアップし、総合的に判断する

男性の脈ありサインを見極めるには、視線や会話の内容などをリストアップしてみるとわかりやすいでしょう。

総合的に見ればおおよそ脈ありか、あるいは期待薄かが判断できるはずです。

・相手の視線を感じる

・会話は質問されることが目立つ

・たびたび飲み会に誘われる

・空いている休日はないか聞かれる

・仕事後にご飯に誘われる

・会話の内容がかなり突っ込んだトピック

・同僚から「好意を持たれてるのでは?」と指摘される

以上の項目をチェックしていき、該当が多いほど脈ありです。

すぐに誘いをかけるのは時期尚早。強引に進めずに様子を見る

男性が手伝ってくれるからと、すぐに彼に誘いをかけるのはちょっと早すぎます。

あらゆるシーンで積極的な行動は何かと功を奏するものですが、この場合に限っては強引さがマイナスへとつながります。

男性の恋愛感情が確証できていない場合、一歩間違えると勇み足で終わってしまいます。

そうなるとせっかくのいい雰囲気だったはずが、強行突破的に行動を起こしたおかげで全てが台無しになってしまうでしょう。

また彼に迷いがある場合も、こちらから強引に進めてしまうと完全に引いてしまいます。

恋愛とは、果実がたわわに実るまでのプロセスをじっくり味わう、そんな余裕が大切です。

やらなければいけないことは、何もありません。

ただそこにいて、微笑んでいるだけで幸せはやってくるものなのです。

彼との波動が同じレベルなら、彼を引き寄せないことの方が難しいです。

手伝ってくれることについても、心の中で感謝しつつ言葉で伝えましょう。

彼の本心を確認するには、会話や飲み会の席で少しずつ距離を縮めてから

手伝ってくれる男性の本心を確認するには、会話や飲み会の席などで少しずつ距離を縮めてからにしてください。

「悩んだ末にいきなり告白」はもっともNGなパターンです。

相手の気持ちが知りたいと思っても、通常業務中にそれは無理というもの。

そうなると「あとは自分から告白するしかない!」と孤軍奮闘的な気分になるものです。

しかし果たしてそれがどんな結末を迎えるか、やってみなければわかりません。

たいてい相手の好意を感じているから告白するのですが、見事にその感覚が外れることもあるのです。

告白されても応じることができないのはなぜでしょうか?

相手のことが好きでも、恋愛関係になる自信がないのかもしれません。

また仕事のことで手一杯で、とても恋愛する気になれない可能性もあります。

どんな理由が考えられるのか、見ていきましょう。

・お金がない

・失恋した元カノが忘れられない

・他にも告白されている女性がいる

・恋愛に興味がない

・面倒だから恋愛関係になりたくない

・彼女と別れたばかりでそれどころではない

・相手が本気かどうかわからないから

・女性を恋愛対象として見ることができない

・職場内恋愛はしないと決めている

手伝ってくれる男性に対して好感を与える対処方法

「優しいね」と褒めて、男性の行動を認めてあげる

手伝ってくれる男性に対して「優しいね」と褒め、彼の行動を認めてあげれば好感度を上げられるでしょう。

アメリカの心理学者の研究によると褒められた子どもとそうでない子どもを比べた場合、成績に明らかな差が出ることがわかっています。

褒められること=相手から期待を寄せられるということ。

これはピグマリオン効果と言われる現象ですが、褒められればやる気が起きます。

逆に何も言われなければ、その差は歴然でしょう。

また人は褒められた瞬間、脳からドーパミンが放出されることもわかっています。

これは何を意味するのでしょうか?

つまり褒められると気分が良くなったり、幸福感に満たされるのです。

手伝ってくれる彼を褒めれば、彼はもっと手伝いたくなることでしょう。

そればかりか、褒めてくれた人に好意を抱くようになるのです。

また褒めてくれた人について彼の中ではプラスのイメージでしかないので、周囲の人たちにも良い評判だけを広めてくれます。

このように相手を褒めるともっと手伝ってくれるだけでなく好意を持ってくれる理由は、脳の仕組みに秘密が隠されていたのです。

「ありがとう」どんなに小さなことでも使える最高のミラクルワード

手伝ってくれる男性に対して好感を与える言葉でもっともインパクトを与えるのが「ありがとう」です。

どんなに小さなことでも使える最高のミラクルワードと言えます。

言葉に言霊が宿ることはすでによく知られていることですが「ありがとう」には強いプラスのエネルギーが宿っています。

ことあるたびに「ありがとう」を言うようにしている人は、プラスの磁力を発している状態です。

そのためプラスのことをどんどん引き寄せます。

一方でマイナスの言葉を発する癖がある人はマイナスのことをどんどん引き寄せますが、こういう人に限って「自分は不幸ばかり」と嘆きます。

幸せになりたいのになぜか不幸になってしまうのは、言葉に鍵があるのです。

言葉に注意する必要があるのは、自分の発する言葉ひとつで人生が決まるようなものだからです。

言葉の持つエネルギーは実際の行動にも影響を与えます。

プラスの言葉とマイナスの言葉を比べてみましょう。

・「行きたくない」→「行けばきっと何かいいことがある」

・「あの人嫌い」→「誰にでも相性はある」

・「どうしてこうなっちゃうんだろ?」→ 「良くなる前ぶれ」

・「つまらないものですがどうぞ」→ 「これをぜひあなたに食べてもらいたかったの」

・「どうもすみません」→「助かりました、ありがとうございます」

このようにマイナスからプラスへと言葉の変換を行えば、底辺に近いエネルギーをトップレベルに持っていくことができます。

さまざまな言葉の中で、いつでもトップに位置する言葉が「ありがとう」です。

「ありがとう」はこれ以上ないほど最高の言葉です。

手伝ってくれた男性にはもちろん、周囲の人たちにもことあるごとに「ありがとう」を伝えてください。

職場の雰囲気も、今までより数倍レベルアップします。

そして「ありがとう」を自分にも言うようにしてみてください。

自分に「ありがとう」とは不思議な感じですが、自分への感謝は意外に忘れられています。

とは言えいつ「ありがとう」を言ったらいいのでしょうか?

おすすめは、嫌なことがあった時です。

私たちはいつも機嫌よくハッピーでいられるのが理想ですが、なかなかそういうわけにいかないことも出てきます。

深く落ち込んだり、悲しすぎて動けなくなったり。

そういう時に「ありがとう」とつぶやいてください。

やってみるとわかるのですが、落ち込んでいる時に「ありがとう」と言うのはかなり難しいです。

しかし落ち込んでいる時の波動は、暗く粗い状態です。

だから「ありがとう」といったプラスの言葉は、頭の片隅にすら浮かばないわけですが、だからこそ「ありがとう」とつぶやくのです。

すると波動は急反転しプラスへと転じますが、たとえるなら厚い雲の隙間から太陽の日差しが差し込んだ状態です。

暗い気分が少しずつ軽くなるのを感じることでしょう。

場合によっては「あれ?なんで落ち込んでたんだ?」と思えるほどです。

「ありがとう」の不思議なパワーをぜひ体験してみてください。

きっと使わずにいられなくなるはずです。

「いつも助かる」「頼りにしている」は、あらゆる人間関係円満にマストなパワフルワード

手伝ってくれる男性に好感を与えるには「いつも助かる」と笑顔で伝えることが必須です。

また「手伝おうか?」と聞かれたら、ここもまた笑顔で「うん!頼りにしてる」と伝えましょう。

これらの言葉はあらゆる人間関係を円満にさせたり、スムーズに進行するパワフルワードとして覚えておいてください。

一方でこのようなシチュエーションでよく使われるのが「悪いね」とか「申し訳ない」という言葉です。

しかしこれらの言葉はまったくもっておすすめしません。

お伝えした通り、これらの言葉はマイナスなエネルギーをまとっているので「良くない」と言わざるを得ないのです。

言葉の使い方の見極めは、何よりも大切です。

「悪いね」とか「申し訳ない」は、古い思考を刷り込まれた言葉で、自分の本当の考えではないのです。

その他にも古い思考の刷り込みはたくさんあって気づかないだけなのですが、刷り込まれている言葉の方が多いくらいです。

現代に生きる私たちは、過去に生きた人たちの思考で出来上がっていると言っても過言ではありません。

だからこそ自分の頭で考え、良い気分になれる言葉を選ぶ必要があるのです。

なのでそれ以外の言葉は使用不可にするくらいでちょうど良いのです。

人によっては「いつも助かるばかり言ってたらしつこく思われない?」といぶかしげかもしれません。

確かに多用するとありがたみが減るかもしれませんが、しかしこの場合、実は自分の考えがマイナスへと転じさせているのです。

つまり「しつこく思われる」というマイナスな意識が、それを実現化させるのです。

だからもし「イヤだな」と思ったら、その言葉を使わなければ良いのです。

言葉を使うときの意識がプラスであれマイナスであれ、確実に反映されます。

言葉と意識の関係は本当に不思議で一見コントロールできなそうですが、少し練習すれば誰でもコントロールできるものなのです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「仕事を手伝ってくれる男性心理は恋愛だけとは限らない」

占い師 姫乃
仕事を手伝ってくれる男性は恋愛感情があるわけではなくて、じゃなんなんだ!?」って話になるわけだけど結局のところ男性心理ってファジーで繊細なのよね。

男性と女性とでは意識の格差があるから仕方がないのだけど「本音中の本音は本人でさえわからない」という男性も多いの。

これじゃお手上げよね。

でもヒントは確実にある。

そしてそのヒントに従って自分をコントロールしたり、相手の動向を確かめて行動に移せば必ず「何か」をつかめるはずよ。

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事