連絡を取り合わないカップルはお互いの信頼度が高い。大人カップルの恋愛に隠された長続きの秘訣
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「彼氏との連絡は頻繁にしてる」というあなた。

しかし連絡を取り合わないカップルの方が大人の恋愛をしていて、お互いの信頼度も高く長続きするということを知っていましたか?

この記事では、なぜ連絡を取り合わないカップルがうまくいくのか、大人カップルの理想の連絡頻度、連絡を取り合わないカップルの男性心理、連絡を取り合わないとなぜ長続きするのか、またこまめに連絡をとった方が良いカップルの特徴まで、幅広くご紹介しています。

あなたと彼氏が理想的なカップルに近づくために、やるべきこと、知っておくべきことをわかりやすく解説しました。

信頼度の高い大人カップルを目指した2人は、いったいどんな嬉しい変化が訪れるのでしょうか?

一緒に見ていきましょう。

 
 

復縁メニューはこちら

周りにもけっこういる…カップルなのに連絡を頻繁に取り合わない理由って?

お互いに仕事が忙しいので連絡を取るヒマがない

カップルなのに連絡を頻繁に取らない場合の多くは「お互いに仕事が忙しい」ためで、頻繁に連絡を取り合わない、というよりも「連絡を取るヒマ」がないのです。

また、どちらか一方が忙しいというより、2人とも忙しい場合が多いです。

多忙ゆえに相手のことを考えたり、スマホを取り出す余裕はほとんどありません。

仮に休憩中などにスマホを開く時間があったとしても、よほどのことがない限り相手に連絡しようとは考えません。

これは自分だけでなく「相手も忙しいだろうから」と考えるためです。

連絡するからには相手から何かしらのレスポンスが欲しいところですが、相手が忙しいと返信はほとんど期待できません。

既読スルーが当たり前だったら「連絡してもしょうがない」と思うのです。

このように相手に頻繁に連絡を取らない理由は、お互いに仕事が忙しい場合と、相手の仕事が忙しいだろうと察する場合とがあります。

自分のペースを大切にしていることをお互いに理解しあえているから

連絡を頻繁に取り合わないカップルは、それぞれが自分のペースを大切にしています。

またそのことをお互いに理解しあっているため、相手に連絡を求めるようなことはしません。

このような傾向があるカップルは「連絡は取りたい時にする」という暗黙の了解がありますが「自分のペースを大切にする」ということは恋愛中のカップルにとって必要不可欠です。

もし自分のペースをないがしろにして相手にばかり合わせていたら、いつかはその関係も破綻してしまいかねないでしょう。

相手に合わせてばかりいるのは、相手に自分のパワーを譲り渡しているのと同じことです。

最終的には相手に振り回されてばかりになりますが、これも結局は自分が撒いた種です。

自分のことを管理できるのは「自分しかいない」のです。

相手の要望に合わせ頻繁に連絡を取るようにしてしまったら、少なくとも「自分のペースは守れていない」ということです。

相手からの連絡を要求しない理由は自分が自由でいたいから

どちらか一方にしろ、あるいはお互いにしろ「自分はいつでも自由でいたい」考えている場合、頻繁に連絡を取り合うことはしなくなります。

自分が自由でいられるためにしてはいけないことが「相手からの連絡を要求しない」こと。

連絡を要求する、ということは、相手の自由を奪うのと同じことです。

今日あったことを伝える、ということを事細かに聞くだけでなく、中には「今何をしているか連絡して」という要求を突きつけてくる人もいます。

さらには外出先の写メを撮るように連絡してくるなど、その要求は過激さを増すこともあります。

ここまでくると相手からの連絡に求めるものが、「自分の不安の解消」でしかありません。

相手の行動を疑う結果、相手の行動に制限を設けます。

行動を制限し、自由を奪った先には明るい未来はありません。

これに対して相手に対する信頼関係が成り立っているのが、「連絡を取る取らないは相手の自由」と考えることです。

相手の行動に不安材料がまったくないから

カップルなのに連絡を頻繁に取り合わないのは、相手の行動に不安材料がまったく見当たらないためです。

恋愛関係にあるカップルが、危機を迎える多くのパターンが「相手の浮気」です。

どちらかの浮気が発覚した時、必然的に別れることになってしまいますが、水際でなんとか止められれば別れなくて済む可能性もあります。

その方法の一つが、相手に対して「マメに連絡してもらうようにお願いする」ことです。

少しでも浮気が疑われるときや浮気防止のためには、これ以外最善の方法は思い浮かびません。

相手は「自分が疑いをかけられている」と感じ、いい迷惑でしかないでしょう。

浮気の疑いを持たれた結果「連絡を頻繁にしろ」とは、かなり抵抗を感じるはずです。

しかしうんざりする反面「信頼関係を気づくためには仕方のないこと」とあきらめるかもしれません。

これに対して、相手の行動に不安材料がまったくないカップルは、自分から連絡を取る必要もないし、相手からの連絡を要求することもありません。

恋愛の重要度が低く、ほかにもっと重要なことがある

カップルなのに連絡を頻繁に取り合わない理由の一つに「恋愛の重要度が低い」という場合があります。

恋愛の重要度が低いということは「恋愛のほかにもっと重要なことがある」ということです。

恋愛に対する見方は人によって大きく違います。

人生において恋愛を特別なものに考えたくない、とか、必要があれば連絡すると考える人もいるのです。

つまり必要でなければ連絡はしないし、そのことに時間をかけたくないのです。

他にやるべきことを最優先したいがために、恋愛関係のランクははるか下の方です。

かと言え、彼女の存在も大切に考えているし、決しておろそかに思っているわけではありません。

あなたがマメな連絡が欲しいと考えるタイプだったら、このような男性が彼氏だったらかなりストレスに感じます。

また男性側も彼女からのプレッシャーによって、やはりストレスを感じてしまいます。

この二人が理想的な信頼関係の恋愛を続けていくのは、少々難しいかもしれません。

このように男女ともに恋愛の重要度が低い時に限り、お互いの信頼度が高いカップルというわけです。

大人の恋愛をしているカップルにとっての理想の連絡頻度

恋愛初期なら朝と夜に各一回程度が望ましい

恋愛初期の理想の連絡頻度は、朝と夜に各一回程度が望ましいです。

朝は「おはよう」、夜は「おやすみ」のあいさつだけでも十分です。

お互いに知り合って間もない頃は、相手の情報をより多く仕入れたいと思うもの。

そのため、連絡頻度も高くなりがちです。

LINEでトークが始まったら、いつ終わるともしれないエンドレストークになってしまいます。

むろん恋人になりたての頃は会話が盛り上がるのは楽しいことですし、恋愛関係のハイライトでもあります。

しかし大人の恋愛を望むなら、ここは少々コントロールが必要です。

相手からたくさんのトークが来ても「返信は相手よりも少なく」がポイント。

どんなに会話が盛り上がっても、相手よりも控え目なレスポンスが大切です。

なぜなら自分をさらけ出さないでいればいるほど、相手はよりいっそうあなたに興味を持つためです。

連絡も相手から先に来る方が望ましいです。

いつも自分から先に連絡をしていたら、今後は相手からの連絡が先になるよう工夫します。

「彼から連絡来ないかもしれない」と心配だったら、何か別のことをして気を紛らわせてください。

半年以上経ったカップルでも会う前の連絡は必須

知り合って半年以上経ったカップルなら、デートの前の連絡は必須です。

それ以外の連絡は、特別何かがあった時以外はしない方がいいかもしれません。

もちろん相手から連絡があった時は返信しますが、大切なポイントを忘れてはいけません。

それは「即レスをしないこと」。

LINEの場合、だいたいの内容が把握できます。

その内容によっては、すぐに返信しない方がベストです。

これは即レスがたびたび重なった時、相手からガツガツした印象を持たれてしまうためです。

連絡が来たことがどんなに嬉しくても、ここはジッとガマンしてください。

既読にした後、少なくとも半日程度は返信せずにおきます。

あなたと連絡が取れない相手は悶々とし、あなたのことを考える時間が増えます。

ただし普段ほとんど通話しないカップルの場合、相手から着信があった時はもしかすると急用かもしれません。

そういう時はできるだけ早めに折り返しの電話を入れましょう。

後でトラブルの原因にならないよう、臨機応変に判断することを忘れずに。

同棲カップルであっても、連絡はコミュニケーションの一つと考える

同棲カップルは「あまり連絡を取る必要がない」と思われがちですが、大人カップルたちの連絡は「コミュニケーションの一つ」と考えています。

言葉で伝えられないことを LINEで伝えれば、相手との距離が縮まります。

ここで重要なのが、伝える言葉の選び方です。

例えば、相手に何か要望がある時、「そうやってくれると私は嬉しい」というように、自分の感情をいれること。

ケンカした後は「ケンカになってしまって私はすごく悲しかった」とか、しばらく会えなかった時は「あなたと会えるのを私は楽しみにしてたよ」というような感じです。

これは男性心理をうまく活用した方法です。

一般的な男性たちの多くは「女性が喜ぶことをしたい」といつも考えています。

ところが彼女からポジティブな感想が出ないと、彼は気分はガタ落ちなのです。

そして女性たちの多くが「言わなくてもわかるでしょ」的な思考を持っています。

しかし「男性はストレートに言わないと理解できない性質」と考えましょう。

言わなくても分かってくれる、空気が読めるのは、相手が女性の場合だけです。

もし長い付き合いなら、理想的と言える連絡頻度はない

もし数年にもわたる長い付き合いなら、理想的と言える連絡頻度はありません。

むしろ長く続いているからこそ自分たちのやり方が正しいことを証明しているようなわけですし、それを実行していけば問題ありません。

付き合いが長くなればなるほど、お互いに心地良い連絡頻度が自然と育まれます。

相手の性格にどんな特徴があるかもほぼ理解していたり、相手が浮気するかどうかもあまり興味がなくなるため、ほとんど連絡を取らなくなるかもしれません。

お互いに平和な気分でいられるので、連絡が来ないことがリスクにならないのです。

これは恋愛関係が長くうまくいっているご褒美のようなものです。

しかしそうは言っても相手の嫉妬心が強かったり、不安を感じやすいタイプならこううまくはいきません。

これは自分が相手に合わせることで、なんとか恋愛関係が継続できているためです。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

彼はどう思ってる?連絡を取り合わないカップルの男性心理

「用事がある時は連絡するが、それ以外に彼女に連絡しないのがスタンダードだから」

連絡を取り合わないカップルの男性の多くは「用事がある時以外は彼女には連絡しない」と答えています。

「連絡しない」のがスタンダードになっているため、頻繁に連絡を取り合うというカップルのことが信じられません。

大人カップルは「ベタベタする熱愛の期間はほんのわずかな間だけ」と考えます。

なぜなら、彼氏が彼女に頻繁に連絡するのは恋愛初期だけだからで「彼女のことをすみずみまで知りたい、彼女のすべてをゲットしたい」という欲求の現れです。

その時期を過ぎれば、もう彼女のことで知らないことはほとんど無くなります。

この後、もし恋愛初期のように活発に連絡を取り合うようなら、お互い盛り上がるような共通の趣味があるか、あるいはどちらかが半強制的に連絡させている時だけです。

「一人の時間を大事にしてるのは、きっと彼女も同じだろう」

仕事から解放されたあと、一人の時間を大事にする彼氏。

そんな彼氏は、彼女もきっと自分と同じように一人の時間を大切にしているだろうと信じています。

一人でくつろぐ時間が大切なのは、一日の疲れを取り明日への活力を養うためです。

たまに同僚と飲みに行くことはあっても、翌日の二日酔いや寝不足のことを考えると、やはり一人でのんびり過ごすことは外せないと考えます。

仕事の後、一人で好きな動画でも観ながら飲む一杯のお酒にたまらない幸せを感じます。

このように心からリラックスしている時こそ、頭の中を空っぽにしたい時です。

彼女のことを思い出しても「きっと彼女もリラックスしているかも」と思うと、それを邪魔する気になれません。

男性たちの多くは「連絡をして欲しい」と言ってくる女性より、自分の時間を大切にする自立した女性が好きです。

また一人で過ごすことが快適に思う男性は、彼女がどんなに寂しい思っていても、その気持ちに沿うことができません。

いくら彼女のことが好きでも「なんで連絡くれないの?寂しいから連絡して」とたびたび嫌味のように言われたら、リラックス気分も一気に吹き飛んでしまいます。

「暇だったら連絡するかもしれないが、何かと忙しいので連絡するのを忘れてしまう」

連絡を取り合わないカップルの男性は「彼女への連絡は暇だったらしたい」と考えています。

しかし何かと忙しいシチュエーションが多いと、連絡するのを忘れてしまうこともあります。

このような時、もし彼女が怒って相手を非難するようであれば、即行でケンカの種になってしまいます。

あなたがもし彼氏と頻繁に連絡を取りたいタイプなら、これが原因でケンカになることも多かったのでは?

しかし非難を受けた男性は「付き合っているからと言って、いつも連絡をしなければいけないということはない」と考えています。

むしろ連絡をしなかった時、なぜ怒られるのかが理解できません。

このような時でも良好な関係を築いているカップルは、たとえ連絡がなくても相手を非難することはありません。

もし彼氏から「暇だったら連絡するよ」と言われたら「暇な時なんて私を大事に思ってくれていない!」と、自分が低く見られていると感じないのです。

彼氏から低く見られていると感じる人は、自己肯定感が低くプライドが高い人です。

何かにつけ彼氏の態度に「自分を低く見ている」と感じてしまうのです。

このようなカップルに対して、連絡を取り合うことがマストではないカップルは「連絡=相手を肯定している」と考えません。

連絡があるかないかで、お互いの関係性に影響が出るとは思っていないのです。

「正直なところ、連絡するのが面倒だから」

連絡を取り合わないカップルの男性の多くは「連絡するのが面倒」と考えています。

これは男性たちのとても正直な一面なのですが、彼女には絶対に内緒にしておきたいことです。

なぜならいくら面倒とはいえ、彼女との関係までもが面倒と思われないようにしたいから。

また「自分のペースと相手のペースが同じとは限らない」とも考えていますが、それは自分から連絡を入れても、相手がそれに応じられないことの方が多いからです。

いざ連絡しようと思った時、このようにさまざまな思いが頭の中を駆け巡るため、つい「なんだか面倒」と思ってしまうわけです。

「面倒」と考え、あらゆることを深読みするために連絡をしてこない男性の多くは、慎重派です。

これは元々の性格なので、変わることはありません。

これに反して、普段から何も考えずに行動に移す男性であれば、迷わず連絡することを選びます。

しかし行き当たりばったりで行動することが多いので「連絡があったかと思うと急になくなる」など、常に連絡が期待できるわけではありません。

「次回、会う前に連絡がとれればいいかな」

連絡を取らないカップルの男性は「次回のデートの前に連絡が取れればいい」くらいに思っています。

そのため普段はほとんど連絡を取ることがありません。

もし連絡をとるなら、そうしなければいけないような必要があるときです。

たとえば「緊急を要する用事」とか「お互いに共通する何か」などで、連絡の頻度としては最小限です。

多くても週に一度か、あるいは週末の夜くらいかもしれません。

デートの日時や場所が大体いつも同じなら、もっと連絡は少なくなります。

待ち合わせ場所に着いたことを知らせる連絡だけ、ということもあります。

また同棲カップルなら連絡を取る必要さえ無くなるでしょう。

「音信不通や連絡がない」といった、連絡を無視する男性心理については、以下の記事が参考になります。
 

 

二人の間には揺るぎない信頼がある。連絡を取り合わないカップルが長続きする理由

大人の恋愛が目標。マメに連絡を取るからと言って愛し合っているとは限らない

連絡を取り合わないカップルは、大人の恋愛を目標としています。

またマメに連絡を取り合う間柄だからと言って、それが「愛し合っている証明にはならない」と考えます。

二人の間に強固なつながりがあるために、わざわざ連絡をとって愛を確かめ合う必要がないのです。

これはお互いに揺るぎない信頼関係が築かれているからこそ、です。

揺るぎない信頼関係が築かれていると、相手を不安に感じてしまうような要素がありません。

常に気持ちが安定しているため、相手に向ける気持ちを仕事や他のことへと転換できるのです。

しかし信頼関係が築かれていないと、相手の気持ちが理解できず、考えることすべてがネガティブな方向に発動しがちです。

「なぜ連絡をくれないのだろう?」とか、「忙しくても一本くらい連絡してくれても良さそうなのに」と考え、相手に要求を投げかけます。

これらの思考や行動を取る理由は、ひとえにネガティブな思いを解消したいから。

ネガティブな思いを解消するために相手をコントロールしようとするのですが、たいていうまくいきません。

「自分を理解してくれていない」と考えた結果、お互いの信頼関係に自然とヒビが入ってしまいます。

相手を監視したり縛ったりせず、自由にさせてあげることが恋愛には一番大切と考えている

連絡を取り合わないカップルは、相手の行動を一切監視せず「自由にさせてあげることが一番大切」と考えています。

これこそお互いに信頼関係がないと成り立たないものです。

信頼関係がきちんと築かれているからこそ、連絡を取り合わずともその関係は長続きします。

しかし中には「相手の行動を監視しないと心配」という人もいます。

単純に「相手の行動を知りたい」という場合と、信頼できないために「相手の行動を把握したい」という場合があります。

そのような場合、相手に一日のスケジュールを聞くだけでなく一日の終わりに「今日どこへ行き、何をした」というような報告を要求します。

このような要求に対し、初めは抵抗を示すかもしれませんが、相手の要求があまりにも強い場合、結局あきらめるよりほかありません。

しかし常に監視されているような気がしたり相手の呪縛がキツいと感じると、すぐさまその関係から逃げたくなるはずです。

相手の自由を奪うようなカップルが長続きしないのは、このような理由からです。

「他の異性に興味がない」ということをお互いに理解しているから浮気の心配がない

連絡を取り合わないカップルは、相手が「他の異性に興味がない」ということをお互いに理解しています。

浮気の心配が一必要ありません。

また、もし浮気が心配でガンガン連絡を取ろうものなら、それが逆効果になることも知っています。

「心配することはお互いにとって良くない」と感じているので、もし不安が起きた時も連絡することはせず別のことに意識を向けるようにします。

このようなカップルが連絡を取るのは、生存確認くらいです。

またはデートする前、スケジュールを確認する時くらいでしょう。

このように相手の行動に関心はあっても「心配しない」「不安に思わない」カップルは長続きするのです。

危機を何度も乗り越えた強い絆があるため、連絡をとる必要がない

過去に何度も危機を乗り越えたカップルには、強い絆があります。

その絆はそう簡単には切れない、強靭なものです。

二人の関係には揺るぎない自信があるため、頻繁に連絡を取る必要がないのです。

もし連絡をとったとしても「相手の返信が予想できる」ということもあります。

相手のレスポンスに大体の予想がつけば、連絡したことによって時間を無駄にする可能性も低くて済みます。

また相手に「何してるのかなぁ」と思わせることは、二人の距離を縮めます。

しかし頻繁に連絡を取っている場合、こうはいきません。

連絡がないと相手のことを考える時間ができますが、連絡を頻繁に行っているカップルだと、なぜかだんだんと相手に対する関心が薄れてしまうのです。

付き合い始めは連絡を無理強いしていたが、その後相手があきらめたため

付き合い始めの頃は、相手に連絡を無理強いすることがあります。

これは相手のことをよく知らないために、暗に頻繁に連絡を取るよう義務付けるためです。

しかし付き合いが長くなるにつれ、誰でも自分のペースを死守したくなるものです。

どちらかが連絡を欲しても相手がそれに応じない場合、ケンカの元になってしまいます。

このような状態がたびたび勃発した時、「ケンカだけは避けなければならない」と学習します。

残された選択肢が「あきらめる」ことです。

連絡が欲しくても相手がそれに同意しない限り、望みは叶いません。

でも、相手の意思を変えることはできないのです。

相手を変えようと迫るより、「仕方がない」と、一歩引く。

これが長続きするカップルです。

相手からの連絡が来なくても無理強いせず、あきらめることも大切なのです。

適度な距離感により、居心地の良さを感じるから

適度な距離感は、二人の間に居心地の良さを生み出します。

ストレスフリーなので、相手により良いイメージを持ち続けることができます。

これに反して、近すぎる距離感なのが「頻繁に連絡を取るカップル」です。

このカップルの特徴が、「連絡が来たらすぐに返すのが習慣になっている」こと。

しかし日常生活の中で「すぐに返せない」ということも往々にしてあります。

仕事で手が離せない、飲み会でスマホをチェックできない、寝ている時などです。

相手からの連絡が来た後だいぶ経ってからそれに気づいた時、すぐに返せなかったことが罪悪感となってしまうこともあります。

相手が連絡を返すことができない事情を理解していれば、何も問題ないはずです。

ところが今まで頻繁に連絡をしてきてしまったがために、すぐにそのスタンスを変えることはできません。

このように頻繁に連絡を取ることが日常化していたカップルは、のちのちストレスを抱えてしまうことが多いです。

マメに連絡を取り合わないと、いつまでも新鮮さを失うことがないため

マメに連絡を取り合わないカップルは、いつまでもその関係性が「新鮮なまま」です。

しかしどちらかが「相手にベッタリな関係」を求めている場合、次第に相手に対し新鮮さを失うことになります。

頻繁に連絡を取り合うということは、相手に「より多くの自分の情報を与える」ということです。

自分の全てをさらけ出す、ということは果たして良いことなのでしょうか。

これは新鮮さを失いやすい盲点です。

恋愛関係において、相手に「自分をもっとよく知ってもらいたい」と思うのは、当然の成り行きです。

しかし永続的に新鮮な関係を保つには「隠された部分」が絶対的に必要なのです。

相手の見えない部分や、隠された「何か」があると、人は「もっと知りたい」という欲望が湧きます。

相手の「知りたい」という欲望を保持するためには、全てをさらけ出すのはNGなのです。

あなたの全てを知ってしまった段階で、彼氏はあなたへの興味を失ってしまいます。

それに対して頻繁に連絡を取り合わないカップルは、付き合いが長くなっても相手に対する興味を失うことはありません。

 

こんなカップルは無理せず連絡を取り合った方がいいかも。こまめに連絡した方がいいカップルの特徴

仕事があまり忙しくない彼が、暇をもてあましている時

彼の仕事があまり忙しくなかったり暇をもてあましているような時は、こまめに連絡をとった方がいいかもしれません。

もちろん無理に連絡を取ろうとする必要はありませんが、あなたの気持ちに余裕がある時にさりげなく連絡してあげましょう。

いつでもスマホを手放さない彼氏だったら、LINEチェックは毎日欠かせないルーティンワーク。

大した用事でなくても、彼女から連絡がくるのは嬉しいことです。

なぜなら「彼女から連絡が来る」ということは「彼女から好かれている」というサインだから。

この時、彼氏の承認欲求は大きく満たされ、とても良い気分です。

あなたのちょっとした気遣いで彼氏の気分が良くなるなら、連絡する価値は十分にあります。

ただし忙しい彼氏なら、これは当てはまらないので注意してくださいね。

カップルのどちらかが連絡を待てず、すぐ怒ったりイライラするタイプの場合

カップルのどちらかが相手からの連絡が待てない性格の場合、こまめに連絡をする必要があります。

もし相手がすぐにイライラと感情的になる性格と知っていたら、その気持ちを汲んであげることも大切です。

イライラの根源は「別れてしまうかもしれない不安」です。

連絡が来ないことで不安になってしまうためにイライラするのです。

相手がすぐにイライラするような繊細な性格の場合、あなたはそれに相反してのんびり屋さんかもしれません。

「たかが連絡が来ないことくらいでなんでそんなにイライラするの?」とあなたは思うことでしょう。

しかしこれは性分なので、変えることができないのです。

相手の性格が変えられないなら、変えるべきは「自分」だけです。

連絡が来ないことでイライラさせるなら、連絡をマメにしてあげれば良いこと。

しかし無理だけは禁物です。

無理のない範囲で、もう少し連絡をする回数を増やしてあげてください。

ストレスが溜まりやすい性質のため、相手に話すことでストレス解消している場合

世の中には様々なストレス解消法がありますが、「話すこと」でストレスを解消する人もいます。

その特徴としては、聞き手に回った場合に驚くほど相手は喋りっぱなしになります。

とにかく喋り続けるため「あ、この人はストレス溜めてるな」とすぐに分かります。

このようにストレスを溜めやすい性格でも、話を聞いてくれる相手がいるからこそそのストレスを解放できるのです。

ですからこのような相手には「連絡はマメに」が望ましいです。

「連絡が面倒」だからと相手を避けてしまうと、良好な関係を続けるのは難しくなってしまいます。

相手に何か問題が起きている時、連絡を取ることで少しでも支えになれそうな時

相手に何か重大な問題が起きている場合、マメに連絡をとってあげることで相手の支えになれることがあります。

困った時こそ救いの手が必要です。

まずは話を聞いてあげることから始めてみてください。

状況によっては話を聞けるような段階ではないかもしれません。

そのような時は、相手からの連絡を待ちます。

相手の気持ちが落ち着けば、必ずあなたに連絡してきます。

特に男性は、自分の話をじっくり聞いてくれる女性の優しさに心打たれます。

ただし相手の状況に、自分の判断を加えないことが大切です。

相槌を打ちながら「聞くこと」に徹してください。

これは「傾聴」と言って、心理的に相手が心を開く方法です。

相手が極端な寂しがり屋な時は、状況に合わせ臨機応変に連絡を取る

相手が極端な寂しがり屋な性格の時、臨機応変な対応が必須です。

寂しがり屋の多くは、自己否定感を抱えていて、連絡が来ないだけで「自分は嫌われている」と思ってしまいます。

実際にはそのようなことはないのですが、意外に頑固な一面を持っているため「嫌われている」と一度信じたら、それを疑うことはしません。

そのようなかたくな態度をゆるめてあげるためには、あなたがどんな風に連絡してあげられるかにかかっています。

今までよりほんの少し連絡する機会を多めにするだけで、相手の不安を取り除くことができます。

寂しがり屋はいつでもあなたの連絡を待っています。

しかし自分のことを放り出して相手に連絡をすることだけは避けてください。

まずは自分のことをやり、次に相手に連絡する。

このスタンスを守ることができればあなたもストレスが溜まることなく、相手とのコミュニケーションもうまくいきます。

彼氏がそっけない時や冷たい彼氏を振り向かせるための方法は、下の記事に詳しく載せています。


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「相手に関心を持ってもらいたかったら、思い切って連絡する頻度を減らしてみて!」

占い師 姫乃
連絡を取り合わないカップルは、どんな風にしているのかわかってもらえたかしら?

もし「まだそこまでできない」というなら、思い切って連絡する頻度を少しだけでも減らしてみて。

特に夜のリラックスタイムは、彼氏を思い出して連絡したくなるわよね

でもこの時間帯だからこそ、あなたから連絡をしないだけで彼氏に変化が現れるわ。

まずはあなたへの連絡が驚くほどグンと増える。

これは相手があなたに関心を持った証拠なの。

連絡を取らないだけであなたへの関心が増えるのは、まさにアメージング。

もう一つだけアドバイスしておくと、もし彼氏に「好き」とか「愛してる」と頻繁に言っていたら、これをやめてみて。

「言わなきゃ伝わらないんじゃない?」と思う?

いいえ!と、力を込めて言うわ。

この言葉だけは頻繁に言ってしまうと逆効果だから、覚えておいて損はないはずよ。

あなたの恋愛をいつも全力で応援しています!

 

【期間限定・7月5日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事