恋愛はしたいけれど、いつも辛いことばかりだと一歩前に進む勇気が無くなるものです。

ついダメな男性を選んでしまうのか、それとも自分の性格が悪いのか…。

もし今あなたが辛い気持ちを抱えていたらこの記事が役に立つはずです。

まずは辛い恋の体験談を読んでみてください。

もしあなたの気持ちが少しでも楽になったら、そのまま読み進めてください。

最後まで読めば、恋愛への恐れがなくなっていくはずです。

ではさっそく始めていきましょう。

 

復縁メニューはこちら

辛い恋とはこんな恋。辛い恋ばかり集めました

恋が一瞬にして砕け散るのは相手のことをよく知らないから

「あんなことはもう二度とごめんです」

そう言ってジュンさん(24歳)は、その時のことを回想し始めます。

あれは2年前のこと。

ジュンさんは、数年間勤めた会社を辞めたところでした。

自宅通いだし、しばらくはのんびりしようと思っていた時に友人からの着信がありました。

「沖縄のリゾート地で遊びながらバイトしない?」

そんなシチュエーションで仕事ができるなんて夢のようです。

ジュンさんは二つ返事で飛びつきました。

バイト先は、地元の人が足しげく通う小洒落た居酒屋でした。

数週間も経てば、すっかり地元民たちとも顔なじみになり、仕事の方もすっかり慣れてきます。

そんな折、仕事帰りに寄ったバーで出会ったのが、3歳年下のバーテンダー、トシです。

まぁまぁイケメンなのにチャラそうでもなく、真面目な仕事っぷりにジュンさんは惹かれていきます。

数回、バーに行くうちにトシが「仕事終わったら一緒に飲みに行こう」と誘ってきます。

トシの行きつけのバーに行き2人でガンガン飲み盛り上がった頃、トシがジュンさんにそっと耳打ちします。

「うち来る?」

ジュンさんは沖縄に来る前に、彼氏と別れたばかりでフリーの身。

「ま、いっか」と、気楽な気分で誘いに乗ります。

日付が変わった頃、トシの家へとタクシーを走らせます。

実家暮らしということで、かなり大きな家に住んでいることにまずびっくりのジュンさん。

もっと驚いたのは、足の踏み場もないほどの散らかった汚部屋でした。

「部屋の状態は心の状態か…」とつぶやくジュンさん。

酔った勢いも手伝って、男女の関係になるのにそれほど時間はかかりませんでした。

その時です。

彼の目が怪しい雰囲気に激変したのをジュンさんは見逃しませんでした。

すると高笑いしながら、ジュンさんの腕を後ろにひねり上げたのです。

「ちょ、ちょっとやめてよ!」

ジュンさんはただふざけているのかと思いました。

しかし怪しく光るトシの目を見たジュンさんに、直感が走ったのはその時です。

「これはまずいかも」

その場はなんとか切り抜けられました。

「このままでは危険な目に遭ってしまうに違いない」

そう思ったジュンさんは「トイレに行くふりをして逃げよう」と決心します。

いつ逃げようか、いつ逃げようかとその隙を狙っていると、やがて寝息が聞こえてきます。

(今だ!)

玄関までそっと降りると、自分のサンダルが無いことに気づきます。

「隠された!」

全てを悟ったジュンさんは恐る恐る部屋へ戻り、隠していたサンダルを探し当てます。

やっとの思いで家の外に出たものの、外はまだ夜明け前。

しかもタクシーで連れてこられたので、ここがどこかなど全くわかりません。

「そうだ!スマホ!」

危うくバッテリ切れになりそうなスマホに祈るような気持ちで、現在地を確認します。

いつあのヤバいヤツが追ってくるかわからない状態に、生きた心地がしません。

必死に走り続けること数十分。

やっと見慣れた景色がジュンさんの目に飛び込んできた時、ジュンさんはヘナヘナとそこに座り込んでしまいました。

喉はカラカラ、足の爪からは血がにじんでいました。

その後、ジュンさんは「この恋は間違っていた」と、心から悔やみました。

危険を顧みず飛び込んでしまったものの、助かったからまだラッキーだったのです。

「どんなに素敵な男性でも、影ではどんな闇を背負っているかわからない」

ジュンさんにとってこの恋は、重く辛い教訓しか残りませんでした。

辛い不倫「境界線を知ることで辛い恋を乗り越える」

マナミさんは28歳。

転勤で東京にやってきているという、3つ年上の男性と知り合いました。

31歳といえば働き盛り。

帰省すればもちろん家族が待っています。

しかしマナミさんは、彼を好きになってしまいました。

一部上場企業のエリートサラーマンの彼にとってマナミさんは、楽しい時間を共有できる友人のようなものでした。

激務の彼にLINEを入れて誘うのはいつもマナミさんの役目でした。

会員制のバーや、セレブたちが集うクラブに連れて行ってくれるなど、彼のエスコートにはいつも大満足なマナミさんでした。

しかしある日飲みに歩くうちに終電を逃してしまいます。

相手に好感を持つ2人が向かう先は、決まっています。

しかし彼と抱き合いはしたものの、最後まではいきませんでした。

マナミさんは「きっと疲れているんだろう」とそのまま寝てしまった彼の頭をそっと撫でます。

次に会った時は、すでに彼がホテルを予約してくれていました。

最高の幸せに浸りながら彼の腕に抱かれていると、やっぱり「彼の様子がなんだかおかしい」と気づきます。

その日も最後まではいかず、まるで子猫がじゃれ合うようなことをしただけで終わりました。

マナミさんは「なぜなんだろう?」と不思議に思います。

元々肉体関係は嫌いではないマナミさんは、ちょっと欲求不満気味でした。

次に会った時、マナミさんは何気なくスーツの下に覗くシャツの袖口に目がいってしまいます。

ブルーのYシャツは袖口にアルファベットが刺繍され、仕立ての良いものと一目でわかります。

その袖口が、擦り切れていたのです。

「おや?」とマナミさんは首をかしげます。

「一流企業の課長クラスなのになぜYシャツが擦り切れてるの?」

その途端、マナミさんの脳裏には彼の家が思い浮かびました。

もちろん見たことも無いし、彼から家庭の話をされたこともありません。

おしゃれな一軒家に、おそらく子供が1人。

帰省の時は、目を細めながら可愛い子供の世話もするでしょう。

そして自分と同じように、この彼を好きになって結婚した奥さんがいる。

そして会ったこともない奥さんの悲しそうな表情まで見えてきます。

そう考えているうちに、マナミさんの心が急速に萎えてくるのを感じます。

「私はいけないことをしてしまっている」

彼が「最後までしなかった」のは、奥さんに対するせめてもの「侘び」だったのではないか?

マナミさんは、やがて彼との連絡を断つようになります。

業を煮やした彼が、とうとう連絡を入れてきました。

「きっとマナミは新しい彼氏ができたんだな、そうに決まってる」

最後に会った時、冗談交じりにそう言った彼。

まるで別れを悟ったかのような問いかけに、マナミさんは返す言葉を失いました。

「家庭を持つ男性に惹かれることはもうないだろう」

最後まで彼が自分に対して本気になってくれなかったのは「彼の本気は家庭にある」からです。

マナミさんはこの経験をもとに「自分と彼との境界線がどれほどなのか」という学びを得ました。

相手が変わるまで待つような恋愛はただ辛いだけ


ミユキさんはバツイチ32歳。

二年前、ツイッターで同じ歳の男性と知り合いました。

LINE交換すると、すぐに意気投合。

「ネットで知り合った人は怖い、なんていうけど全然OK」

「マジ出会えて良かった!」と思っていました。

トントン拍子に付き合いが始まったある日。

「俺、彼女いるんだよね」

彼からの告白に驚きます。

「でもちょっと困ってるんだ」

聞けば「性格にかなり問題あり」とのこと。

その彼女とはもうほとんど会ってないし、別れようと思っていた矢先にミユキさんと出会った、と聞かされます。

「そうか、もうほとんど別れてるんなら」

まだちゃんと別れてはないものの、彼女がいる前提で付き合うことを承諾したミユキさん。

むしろ彼女がいることで、ミユキさんの中に「闘志めいた何か」が燃え始めます。

彼とのデートは、ミユキさんにとって心から安らげるものでした。

彼との会話には笑いが絶えません。

夜、彼の腕の中で眠るときの幸福感は、今まで味わったことのないものでした。

「この人と一生を共にしたら楽しいに決まってる」

そう思い始めていた頃。

「今日はヤツと会ってくるから」

元カノと会う時も、ちゃんと自分に報告してくれる彼。

そういう日のミユキさんは、さすがに心おだやかではありません。

「今頃何をしているんだろう?」

そう思うと寂しさと切なさで気が狂いそうでした。

「彼の二股の苦しみを理解しているのは私だけ」

そう思わずにはいられませんでした。

そんな付き合いも、あっという間に一年が経ちます。

ある晩、いつものようにホテルにチェックインした2人を襲ったのは、予想外のことでした。

彼の行動を怪しみ始めていた元カノから「今どこにいるのよ!」と突然、連絡が入ります。

その時の彼の慌てっぷりは、ミユキさんの苦い思い出の一つです。

その日は元カノに苦しい言い訳をして、ことなきを得ます。

その日を境に、ミユキさんに対する元カノの逆襲が始まりました。

ある晩、レストランでの食事を終え店を出たところでミユキさんは何者かに腕をつかまれます。

「あんた誰よ!」

そう絶叫する女性が、彼の元カノだとすぐにわかりました。

大声で騒ぎ出す元カノをなだめつ、別の店に入ります。

彼は元カノを落ち着かせるために、全て「嘘」で固め、説得し始めます。

ミユキさんは、それを冷めた目で見続けました。

その日からミユキさんは、興信所の探偵らしき女性に尾行されているのを感じます。

元カノの差し金だとすぐに分かりました。

「まぁいつかは別れるんだし」

そんな風に呑気に過ごしていたミユキさん。

ある日、彼の家に泊まりに行った時、深夜激しくドアをノックする音に目覚めます。

なんと元カノが乗り込んできたのです。

押入れに隠れたミユキさん。

心臓の鼓動が早まります。

2人は言い争っている様子でしたが、すぐに外に出かけて行きました。

「心配しなくていい。ちょっと話し合ってくる」という彼からのLINE。

2人は深夜のファーストフード店で「別れる別れない」で大揉めだったようです。

1人取り残されたミユキさんは「もし帰ってきたらやばいことになる」と、家を出ます。

彼が心配なミユキさんはとりあえず深夜営業の居酒屋に入り、彼からの連絡を待ちます。

結局、悶々としつつウトウトしながら一夜を明かします。

その後、「元カノが手首を切って大変だった」と彼から聞かされたミユキさん。

流れる血を見ながら「見て、見て」と泣き叫んでいたそうです。

これを聞いてミユキさんは「あ、もうダメだ」と意気消沈します。

彼も疲労困憊で「どうしたらいいかわからない」と言うだけです。

その後、ミユキさんは身を引くことを決心します。

やがてミユキさんは、彼と元カノの不毛な恋愛を「気の毒に」と思えるようになりました。

「相手が変わるのを待つだけでは、いつまでたっても辛さは変わらない」

「辛い恋は自分が変われば終わらせることもできる」

ミユキさんが学んだことは、この二つです。

辛い恋を諦めるならこの方法。終わらせ方

「自分の本当の幸せとは何か」を考える

今の恋に何か問題がある時「自分の本当の幸せとは何だろう?」と、今一度考え直してみましょう。

もし「この恋が辛くて仕方がない」など、うまくいっていないのなら、その恋にしがみついていないかどうか確認してみましょう。

相手にしがみついている恋なら、今のあなたはとても幸せな状態とは言えません。

例えば、いつでも彼のためになるなら、と何かと先回りしたり根回しすることに生きがいを感じているかもしれません。

彼に尽くすことが何より幸せなのは、一見いいことのように見えます。

しかし、彼とうまくやっていきたいからと気遣うあまりにいつも彼の顔色を伺ったり、ご機嫌取りをしていませんか?

尽くすことで満足するはずが、なぜか疲労困憊でしょう。

彼の方もあなたの誠心誠意の努力に対して、特に感謝を言ってくれるわけではありません。

あなたとしてはそんな彼の態度が悲しく、時には腹立たしくもなるでしょう。

本当の幸せとは「相手が自分のことをどう思うか」ではありません。

「自分がいかに楽しく嬉しく自分らしく生きているか」

このことが、どれだけ実現できているかにかかっています。

100%なくてもいいのです。

もし自分らしさで生きているパーセンテージが60%でも大丈夫。

これから少しづつ「自分らしい楽しみ」を増やしていけばいいだけの話です。

「結果的にやっぱり彼が好きだから離れられない」というなら、それでも構いません。

あなたが本当の幸せを欲する時は、遅かれ早かれ必ず来るはずです。

そうなった時、あなたが別れを選ぶかどうかは自ずと決まるでしょう。

アルコールによる辛い恋を終わらせるには「エスケープする」

彼がアルコール飲んだ時、もし性格が変わるようなら、この恋はかなり辛いものでしょう。

辛い恋を終わらせるには、その状況から「エスケープ」ことも大切です。

適度のアルコールは気分を和らげ、ストレスから解放させてくれるものです。

ただし飲み方によっては、冷静で正しい判断ができなくなってしまいます。

大きな揉め事にならないよう、そっとフェイドアウトしていくことも考えておきましょう。

あなたがどんなに頑張っても「本人がお酒をやめたい」と思わない限り、この状況が変わることはありません。

アルコールに依存する深層心理は「寂しさ」や「孤独」からです。

不安やネガティブな心境でいると、何となくお酒を飲みたくなるものです。

しかし不安な時の飲酒は、さらに不安な状態を悪化させてしまいます。

そこからがアルコール依存症とのせめぎ合いが始まります。

彼とお酒を飲んでいる時、もし彼を「イラッ」とさせたら要注意です。

飲酒中は、やや興奮状態にあります。

そのため些細な言い争いでも、あっという間に大ゲンカへと発展してしまうでしょう。

アルコール依存症の特徴は、お酒が入っていないと調子が悪くなる「離脱症状」がみられることです。

また飲酒により酔った時に暴言を吐いたり、人が変わったようになります。

依存症かどうか診断するのは医師ですが、もしそのような兆候が少しでもみられたら、アルコール依存症という「病気」に間違いないでしょう。

しかし周囲がいくら「お酒をやめて」と言っても、そう簡単にやめられるものではありません。

やめるためには専門の知識や医療機関のサポートが必要なのです。

また「アルコール過剰摂取は認知症になりやすい」ともいわれています。

アルコール依存症の男性と付き合うのは、現在、未来の両方にハイリスクなのです。

あなたがそこまで責任を負う必要はありません。

一刻も早くその環境から逃げましょう。

フェイドアウトの道を選んでも、何も問題はありません。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

辛い恋を幸せな恋に変える方法

幸せな恋は「嫌われたって別にかまわない」辛い恋は「「嫌われたくない」

幸せは恋とは「誰が何と言おうと嫌われても別にかまわない」というスタンスでいられることです。

彼に嫌われたくないからと我慢してばかりだと、逆に嫌われてしまうでしょう。

このような恋は辛いばかりで、何も実になるものはありません。

もし嫌われないようにしようと性格を変えようとしても、無駄な努力に終わる可能性大です。

なぜならあなたを嫌うポイントは、彼の感情によって変化するためです。

根本は彼のネガティブな視点にあります。

物事をネガティブに見ることしかできない人にとって、あなたは突っ込みどころが満載なのです。

嫌われないようにするポイントが毎日のように変わることは、あなたにとってかなりストレスです。

実は、常に彼の顔色を伺われている彼の方もストレスを感じているのです。

主従の関係のこの状況は、まるであなたが彼に対して「突っ込みどころを提供しているようなもの」なのです。

本当に彼に好かれたいのなら「嫌われないようにする態度」を改める必要があります。

「嫌われたって別にいいじゃん」というような強い姿勢になれば、きっと彼のネガティブな目線に変化が表れるでしょう。

彼への不信感が自爆を起こし辛い恋にしてしまう

辛い恋だと感じてしまう原因の一つは、彼への不信感です。

しかし人に対する不信感は、自分で自分の首を絞めるような「自爆」を起こしてしまいます。

なぜなら不信感は「誤解」から生じるものであって、本当の彼ではないからです。

不信感はさまざまな妄想をかきたてます。

もっとも多いのが「浮気」や「二股」疑惑でしょう。

それが事実だったら「ほうら!やっぱり!」と、あなたはまるで鬼の首を取ったかのようです。

ところが、もしそういう事実がなくても、あなたは彼に対して不信感を持つことをやめないでしょう。

いつか必ず不信感を増大させるような不安材料を見つけます。

そして、しっかりそれをつかみ、自分を怖がらせるのです。

これが不信感からくる自爆です。

「だって以前に裏切られたことがあるから不信感があっても当然!」

しかし、あなたの不信感はすでに過去のものです。

また彼への不信感は、新たな火種を作ってしまうでしょう。

過去は忘れ、「今」を見据えることが大切です。

彼への不信感が辛いのなら、その考えをやめるだけです。

相手に対する誤解を無くす

辛い恋を幸せな恋に変えるには、相手に対する誤解を無くすことが重要です。

誤解が全て解ければ、これ以上ないほど幸せを感じるはずです。

そもそも男性と女性では、恋愛関係に対する考え方にかなりの違いがあります。

男性は彼女をゲットできれば、あとは安心しきって手を抜き始めます。

彼女の方は「さぁこれから愛情を深めてもっと彼を好きにならなきゃ」とアツアツな想いでいっぱいです。

男女でこれだけの違いがあるのですから、付き合った当初から誤解を生みやすい状態といえます。

安心しきった彼は、ほとんど彼からマメに連絡しないし、デートもあっさりです。

そんな態度に彼女は「もう冷めたんだ」と、泣いてしまうかもしれません。

このような男女の意識の違いは、お互いに知るよしもありません。

その後も相手を信頼しようとすればするほど、誤解を生みギクシャクしてしまうでしょう。

彼に対する誤解はさらに誤解を生み、深いミゾとなってしまいます。

しかし、男女の考え方の違いを踏まえた上で根本的な誤解を無くせば、これからも2人の関係は安泰でしょう。

長続きする恋愛関係は基本的な人間関係を学ぶことも大切

恋愛関係を長続きさせるには、基本的な人間関係を学ぶことも大切です。

これは長続きしない理由が相手だけにある時(例えば浮気など)は、話は別です。

あなたがもし彼とよくケンカしていたら「もうケンカはウンザリ」と思っているはずです。

長続きする恋愛を望むなら「なぜケンカになるのか」その根本の原因を探っていきましよう。

直接のケンカの原因とはあまり関係ありません。

ケンカになるシチュエーションを改善するには、人間関係を学んでいくことが必要です。

「相手に意見するとき、お互いに感情を傷つけ合わずに伝えることができているか」

「お互いに同じ目線でいられるか」

チェック項目はこの二つです。

相手に意見する時、つい上から目線になっているとケンカの元になってしまいます。

また同じ目線でいられれば、相手とのギャップが無いのでケンカになることもないでしょう。

このように相手と長続きできるコツは、やってみれば簡単なことです。

今後、何か問題がおきた時も、やんわりと解決できるはずです。

 

辛い恋愛ばかり繰り返してしまう女性の考えや行動

「強い思い込み」は、ただ辛いだけの恋愛になってしまう

辛い恋愛ばかり繰り返してしまうとき、あなたに強い思い込みがある場合があります。

思い込みによっては、恋愛もただ辛いだけになってしまうでしょう。

彼の服のわずかなほころびを見て「彼の全部がダメ!」と決めてしまうのは代表的な「思い込み」です。

また自分が「こうだ」と思っていたら、彼も同じように思っていないと嫌いになってしまうのも、単なる思い込みです。

自分の考えがどんなに正しくとも、相手がそれを正しいと思っているとは限りません。

自分に対する思い込みも同様で、そのほとんどが自分のコンプレックスによるものです。

「自分に自信がない」という思い込みが強いと、相手が「そうでもないよ」と言っても頑なに否定するでしょう。

こんな時、彼は「頑固者!」と思うかもしれません。

これは外部に目を向けないことが原因で、正しいこともそうでないことも、自分の世界だけで判断しまうためです。

もし彼が言ったことに対して拒否反応が出たら、自分の思い込みをいったん外し「そうかもしれないね」と肯定しましょう。

これは思い込みグセを改善できる方法ですから、ぜひやってみてください。

否定的に見る癖があるため辛い恋愛を引き寄せてしまう

辛い恋愛を引き寄せてしまう原因の一つに「物事を否定的に見る癖がある」と考えられます。

自分の理想と食い違うことが起きると、それだけで「愛されていない」と思い込んでしまいます。

またちょっと連絡が取れないだけで「浮気しているんじゃないのか」と誤解します。

これらの反応のベースとなっているのが「恐怖」です。

あなたの隠れた潜在意識が、恐怖を起こさせているのです。

恐怖という反応は、彼の行動に対して一瞬にして起きます。

恐怖を感じたあとすぐにその原因を探り、「これしかない」と思い込んでしまいます。

その原因は、さらにあなたを恐怖におとしいれるものばかりでしょう。

それは自分がされるとイヤなことばかりだからです。

自分がされるとイヤなことに対し、あなたは「愛情が減ったというサイン」とみなしてしまいます。

これと同じことを彼にされると、自分に愛情がないと勘違いしてしまうのです。

このように否定的な物の見方は、さらに否定的な出来事を引き寄せてしまうでしょう。

なぜか同じタイプの男性を選んでしまう

辛い恋愛ばかり繰り返す人は、同じタイプの男性を選んでしまうことが原因の一つです。

これは無意識にとってしまう行動で、同じタイプを選べば大きな変化が無いことから安定感が得られるためです。

問題のある性格として一番に挙げられるのが「嫉妬深い男性」です。

そういう男性は、出会ってから付き合うまでかなり一生懸命にアプローチします。

マメな連絡は当たり前で、あなたが好きなものを何でも買ってくれたりします。

この時の彼は、自分の嫉妬深さを微塵にも感じさせないように努めます。

しかしいざ付き合い始めた途端に、彼の性格が激変します。

初めはあなたの浮気を疑うようなことを言ったり、わざと気を引くようなことをします。

例えばあなたの知らない女性と遊びに行ったり「ある女性から告白された」などと言うでしょう。

これは「自分に依存させたい」という間違った意識の表れです。

女性をアゴで使うようなことをします。

また自慢話が多いのも特徴です。

本来自信がある人は自慢話はしないものです。

またあなたに興味を持つこともないので、あなたがどんなに楽しい話をしようともつまらなそうにします。

もしこのような男性が近づいてきたら要注意です。

またあなたのことをけなす男性は切るべき対象です。

いい面を褒めてくれる男性と、ネガティブな面を意地悪く指摘する男性とでは、ストレス度が大きく違います。

ただし、いい面だけを褒めるだけでなく「ここは変えたほうがいいよ」とアドバイスしてくれるなら、もっといい関係が築けるでしょう。

 

辛い恋を一度終わらせてから幸せな復縁を叶える方法

彼も「自分が完璧な男性とは思っていない」と考えれば理解が深まる

幸せな復縁を叶えるには、彼のことを今までよりもっと深く理解することが大切です。

あなたの意識を変えるだけで、辛い恋をその場で終わらせることもできるのです。

あなたが「辛いな」と思う原因は、男性心理を理解する余裕が抜け落ちているためです。

これが恋を辛くしてしまう原因です。

彼も自分を完璧な男性とは思っていません。

あなたが彼に発するネガティブな言葉を耳にするたびに、自信を失っています。

「会えなくて辛い」

「何で連絡くれないの?」

「寂しい」

「辛い」

このように不機嫌さばかりを訴えていたら、2人の関係にいつかはヒビが入ってしまうでしょう。

彼は「俺は彼女を幸せにしてあげられないダメな男だ」と自信をなくしてしまいます。

そんな時の彼の態度は、落ち込んだり、不機嫌になったり、言い訳をする、などです。

そのような彼の態度に、あなたがさらに不安をかき立ててしまいます。

このように負の連鎖が起き始めると、彼はあなたを「重い」と負担に感じるようになるでしょう。

この後、男性がとってしまいがちな行動が「浮気」です。

自信を無くしている時に、誰かに優しくされたらそうなっても仕方がないことです。

こうならないためにも、彼の心を読み取り理解を深めることは、何より大切なことです。

「私は幸せになる権利がある」と考え、自分に自信を持つ

「私は幸せになる権利がある」と一度でも考えれば、自分に自信が湧いてくるでしょう。

今まで辛いと感じていた恋も、全ては自分の不安や恐れが引き寄せていたものです。

「恋愛は自分では何もコントロールできない」という発想も正しそうで、実は誤ったものです。

あなたのコントロール次第で、恋愛は面白くもつまらなくもなるのです。

そのためには相手の心理を読み取ることが大切ですが、もっと大切なのが「決心する」ことです。

「もう辛い恋はやめる」

「もう二度と辛い恋はしない」

このように誰に何と言われようと、固く決心することが重要です。

なぜなら今後も以前と同じような辛さを味わう誘惑が、あなたの前にゴロゴロと転がってくるためです。

「辛いか」「楽しいか」の見極めは、難しいかもしれません。

しかしこれも慣れれば簡単です。

どんなことがあってもその基準は「自分は幸せになる権利がある」という点です。

これさえ忘れなければ、2人の関係が「なんだか怪しくなってきたな」と思った時、そのスタンスを変えることが容易にできるはずです。

いくら好きだからと言っても彼の言いなりにならない

幸せな復縁のためには、相手の言いなりになっていてはいけません。

理想的なパートナーシップを築くためには「自分の意見を持つ」ことが大切です。

もし今まで彼の言うことは何でも「はい、はい」と否定せずに聞いていたら、うまくいく関係もいずれ終わってしまうでしょう。

または、あなたが極度に不満を持ち続けるため、我慢の限界を迎えてしまうかもしれません。

彼は職場でもプライベートでも、自分の言ったことに全て言いなりの人を「イエスマン」と見ます。

イエスマンはいつでも彼の味方です。

しかしそういう人たちに彼は「本当に自分の気持ちをわかってくれてるの?」と疑惑の目を向けています。

心では「そんなの調子がいいだけ」と思っているのです。

一般的な男性が理想とするのは「打てば響くような関係」です。

お互いのノリが一緒で、冗談や皮肉も笑い飛ばしながら言い合える、そんな関係が大好きです。

これからは言いなりにならず、持ち上げることをしなくても大丈夫です。

自分らしく彼に接することだけは、忘れないように。

「瞑想が効く」心の雑音を聞かなくても済むようになる

幸せな復縁のためには「瞑想」が効果的です。

瞑想を日常的に行っていると、だんだん心の雑音が減っていくでしょう。

心の雑音とは、あなたの焦り、不安、恐怖のことです。

あなたの言葉で聞こえてくることもあれば、映像で訴えかけてくる雑音もあります。

瞑想で不安な雑音を落ち着かせ、おとなしくさせるだけで、自ずと復縁への道が明るく照らされるでしょう。

具体的な瞑想法は、多種多彩で「これが正しい」というものはありません。

あなたがいかにリラックスできるかが大切です。

椅子に座り、目を閉じ、楽な姿勢で深呼吸を続けるだけでも十分に効果はあります。

BGMはヒーリングミュージックがベスト。

静かな場所であれば、音楽はなくてもかまいません。

瞑想により、心の雑音が無くなるメリットは山ほどあります。

まずは迷いのほとんどが、消えて無くなります。

迷いが無くなると、それまで迷っていた時間を有効に使うことができます。

また表情もスッキリとするので、周囲の人のあなたへの印象も変化します。

筋肉の緊張も取れるので、肩こりや頭痛、胃の重苦しさも楽になるでしょう。

こうして全てが良い方向へと変化しますから、それを楽しみにしつつぜひ「瞑想」をやってみてください。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「彼氏との関係を変えて辛い時間を終わらせるのか、この恋自体を終わらせるのか。よく考えて」

占い師 姫乃
これはあなたにとって、とても悩ましい選択肢でしょう。

もしかすると、あなたは「この恋自体を終わらせたくない気持ちの方が強い」のでは?

実は彼への執着が強いのであれば、もしこの恋を終わらせて別の人と付き合ってもまた振り出しに戻るだけなの。

あなたが成長したいと願うなら、彼氏との関係を変えて辛い時間を終わらせることをおすすめするわ。

ただし、一つの可能性として考えておいてほしいのが「彼との関係を変えた途端別の男性が現れる」ということ。

あなたが変われば、あなたのオーラも変わる。

これもあなたの成長の証よ。

今までよりもっとあなたらしく輝いていくプロセスを、ぜひ楽しんで!

 

【期間限定・8月25日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事