執着心や依存心は心の病?執着や依存を軽減させれば恋の悩みは速攻解決!執着された時の対処も紹介
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「好きな人に執着心を持つのはつらい」

このように、わかっていながらもなかなか手放すことができないのが「執着心と依存心」です。

無意識に相手を頼りすぎたり、気になるからと激しく束縛してしまうようなら要注意です。

もし自分で自分の首を絞めているような気がするなら、心の病かもしれません。

この記事では、執着や依存を軽減させることで恋の悩みを速攻解決させる方法と執着された時の対処法について詳しくご紹介しています。

心理学から見た執着心と依存心の特徴や心療内科に行くべき時、執着と依存を手放せた時に起こることまで広い範囲までチェックできるので、あなたが本来「こうあるべき」という理想の形を目指していたら、必ず役に立つはずです。

ではさっそく一緒に見ていきましょう。

復縁メニューはこちら

心理学から見た執着心と依存心の特徴

「無価値感」によって自分には価値がないと感じている

心理学から見た執着心や依存心の特徴が、自分に対する「無価値感」です。

無価値感でいっぱいの人は「自分には価値がない」と信じているので、他者に依存したり執着することで自分のスタンンスを保とうとするのです。

自分に価値があると認められる「自分への価値感」を持つのは、自分で自分を尊重し自らを愛することができる人です。

周囲の人に「自分は好かれている」と感じているので、周囲の人を巻き込むような問題が起きにくいです。

これとは反対に「自分には価値がない」と考える無価値感を抱えている人は、あらゆる方面で執着や依存が起きやすいです。

自分の価値を認められないので、自分に自信が持てません。

何かと引っ込み思案になったり、失敗を恐れるためにいつも不安を感じています。

無価値感を抱えている人は、他者と自分を比べ自分のマイナス面を探そうとしてしまいます。

人と比較した時、どう頑張っても自分のコンプレックスを引き出してしまいます。

自分に足りないものを感じ、それをバネにして向上できるのは自分への価値を認めている人です。

しかし無価値感によって人と比べた時は、虚しさや悲しみといったネガティブな感情を引き起こすだけです。

ネガティブな感情によって苦しみを感じても、なぜか人と比べるのをやめられません。

「手放したらもう二度と手に入らない恐怖」を感じている

執着心と依存心には「二度と手に入らない恐怖」が隠れています。

その中でも大きな割合を占めるのが「命」です。

命以上に大切なものはありませんから、そこに強い執着を持つのは当然です。

「生きる」ということは、命に対する執着があるからこそ、なのです。

ところが強い執着心や依存心を持ち合わせていると、今度は「死」に対する大きな不安に襲われてしまいます。

誰にでも人生に終わりを迎える時が来ます。

終わりがあるからこそ、今を大事に生きることができるのです。

しかし今を大事に生きることよりも「不安」を選んでしまった時、執着心や依存心がピークになってしまいます。

執着心や依存心の強い人は、日常生活においても「二度と手に入らないもの」に対する恐怖を感じています。

「断捨離できない」という性質は、執着心の代表的な事例です。

別れた元彼に対する執着心も同様です。

あきらめなければいけない気持ちと別れた現実が交錯し、葛藤します。

これは、執着心や依存心が心の中で嵐を巻き起こしている状態です。

このように「二度と手に入らない」と感じているものに対し、執着や依存はことさら強く働きます。

孤独への恐れが執着の原因。一人ぼっちになった寂しさは苦しみでしかない

執着の原因の多くは「孤独への恐れ」からくるものです。

一人ぼっちになった寂しさは苦しみでしかありません。

彼氏や夫など、執着する相手が「人」の場合、相手の気持ちがつかめないことから強い孤独を感じてしまいます。

中には人生を共にしてきた相手と別れた後「1人が好きだし、1人になれて良かった」と気丈に考えられる人もいます。

完全に自立していて1人を楽しめる人ですから、別れた相手に対してさほど執着を抱きません。

しかし執着が強い人の孤独感は、他の人が想像できないほど強烈なものです。

時には孤独感に身悶え、涙を流すこともあるかもしれません。

その姿はまるで親を失った子どものようです。

いつも孤独感にさいなまれてしまうタイプは、心の隙間を埋めてくれる人をいつも探しています。

やがて恋人や夫と出会っても、別れてしまった時に人生の危機と思えるほどの最大の孤独感に襲われます。

この孤独感が更なる執着を生んでしまうのです。

 

自分のコンプレックスは消すことができないと信じている

心理学から見た執着心と依存心の特徴の一つに「自分に対するコンプレックス」があります。

執着心や依存心が強い人ほど、このコンプレックスは消すことができないと信じています。

なぜなら「コンプレックスがある状態がスタンダードな自分」と思い込んでいるためです。

本来なら自ら認識しているコンプレックスがある時、それを改善しようと努めるものです。

しかしそれをしないのが執着心や依存心の強い人です。

例えば部屋が汚くなっていくのを横目で見ながら「いつまでたっても掃除ができない」というコンプレックスを抱えていたとします。

もしコンプレックスを改善しようと本気で思うならほんの数分あれば掃除機をかけることは可能ですが、掃除ができないのではなく「掃除をしないことを選んでいる」のです。

これはコンプレックスに甘んじるているだけでなく、掃除をしないことに執着しているからです。

掃除をしない執着によって、そこから一歩も動けなくなってしまうのです。

「自分の不幸は元彼のせい」と恨んだり、許せないと思う

強い執着心と依存心を持つ人は「自分の不幸は周りのせい」と感じています。

別れた相手がいるときは「自分は悪くない!悪いのは向こう!」とかたくなに信じ、恨んだり許せない気持ちでいます。

この恨みや許せない激しい怒りは、やがて復讐心へと形を変えます。

この時点で復讐心を抱えた心は、十分に傷ついていますが「この傷の痛みが消えたら、相手を許さなきゃならない」と考えます。

特に相手を猛烈に恨んでいる時、このように誤った考えで自分の正当性を確実なものにしようと試みます。

これは「自分の心の痛みに執着している」ということです。

痛みに執着しているといつまでも相手を許せません。

相手を許せないとさらに痛みが強くなるという「無限ループ」におちいってしまいます。

元彼を手放したくない思いにしがみついてしまう

執着や依存が強い人の多くが、元彼と別れた後激しい後悔に襲われ、元彼を手放したくない思いにしがみつきます。

元彼の動向が気になったり、SNSをチェックします。

LINEが来ていないか、SNSを投稿していないかを確認するために、一瞬たりとも気を抜けずにいます。

また今までのLINEのやり取りをすべて読み返し、チャットの中に何かヒントが隠れていないか探します。

元彼の写真や一緒に撮った写真も一枚一枚チェックし、楽しかった頃の画像を見ながら切ないため息の連続です。

とは言え、デートした場所にはあまり行きたいと思わないのが執着心の強い人です。

デートした場所に行っても、そこには元彼はいません。

過去の記憶とは明らかなギャップがあるため、執着や依存心がある人にとってはただつらいだけなのです。

しかし元彼の情報はわずかでも欲しいと思っているため、その手段としてスマホをずっと持ち続けます。

スマホでの主な検索ワードは「元彼との復縁方法」です。

これらの行動に、ついて回るのが「執着」です。

もし元彼に執着がないなら、「次の休みには友達とスイーツ食べ放題行こうかな」となったら、元彼とはまったく関係のない検索ワードでスマホを使うはずです。

もし無意識に元彼の情報をスマホで検索していたら、それは「執着の表れ」ということです。

恋愛における執着と依存のデメリット

相手を嫌っているうちは執着に苦しんでいる状態

「相手のことが好きで好きでたまらない」という時はもちろん、嫌っているうちも執着に苦しんでいる状態です。

執着の度合いにもよりますが「恋愛に執着を持つとデメリットになるだけ」といういい例です。

もめ事やケンカの後の別れの場合、「元彼のことが大嫌い」「相手の顔も見たくない」と誰もが思うものです。

相手が嫌いということは「自分を認めてもらえなかった悲しみを感じている」ということ。

別れた相手がハッキリと「お前なんか認めない」と言っているわけではないのに、なぜかそう決めつけてしまいます。

これが執着心です。

また相手に対する依存心も隠れています。

執着も依存も、どちらも自分でコントロールするのは難しい感情です。

「気付いたら苦しい気持ちになっていた」

このようにコントロール不能なのが執着なのです。

恋愛の経験値が高く「執着は苦しい」と理解している人でも、いざ好きな人と別れ相手に不信感を抱いたり嫌いになると同時に執着が出てくるものなのです。

執着と依存を抱えているうちは本当の幸せを味わえない

執着と依存を抱えているうちは、本当の幸せを感じることはあり得ません。

もし「幸せ」と感じることがあっても、それは一時的なものです。

仮に幸せと感じても永続的な幸福を許さないのは、相手の態度によって幸せのパーセンテージが変わるからです。

「幸せ!」と感じた時が一番のピークで、後は下降するだけなのです。

下降してしまう原因が「執着と依存」です。

相手に対する執着や依存によって自ら、幸福感を取り消してしまうのです。

幸せとは本来自分の中で感じるものです。

しかし執着と依存は、幸せの基準を外に設けています。

好ましくない出来事によって執着の感情が吹き出すため、一気に気分はどん底までまっしぐらです。

本当の幸せには、執着や依存がほとんど見当たりません。

正しい判断ができなくなるので、やることなすこと失敗が続いたり何かとうまくいかない

恋愛における執着と依存のデメリットの中には、やることなすこと失敗したりうまくいかないことばかり、ということがあります。

これは冷静になれないことで、正しい判断ができなくなるためです。

恋愛における執着や依存の対象は「彼氏」や「元彼」です。

相手の男性に強い執着や依存を持つと、いつもその存在が頭の中を占めていて離れることがありません。

それは仕事中も同様です。

多くの仕事は、正しい判断が求められます。

しかし脳内が執着や依存に占有されていると、正しい判断ができなくなってしまいます。

また「ここぞ」という時に、クリアな選択ができません。

正しい判断ができないと、何かとうまくいかないことばかりを招きます。

失敗も続くので「これはおかしい」と思いますが、ネガティブな進路から冷静な進路変更は難しいのです。

なぜなら失敗の原因が「執着や依存」と気づきにくいためです。

たとえばボーッとしていていて大事なミーティングで本領を発揮できなかったり、些細なミスを連発します。

このように執着や依存が思考の大半を占めている間は、予想もつかないような失敗を繰り返します。

復讐心に燃えたりなんとかしようと頑張りすぎると魅力が半減する

恋愛における執着や依存のデメリットの一つが、復讐心に燃えたりなんとかしようと頑張りすぎることで、持ち前の魅力が半減してしまうということです。

相手の男性からもし突然別れを告げられた時、意味不明の中から「なぜ?」と原因を探ろうとします。

別れた原因がケンカだったときも「どうすれば2人の仲が元通りになるのか?」と悩んでしまいます。

相手のことを考えすぎて悲しみふさぎ込みますが、この悲しみの後にやってくるのが、怒りからの復讐心です。

また別れた現実をなんとかしようと頑張りすぎた時も、行き場のない怒りが復讐心に変わることもあります。

この時「自分はこんなに悲しんでいるのに」とか「なんでこんなつらい思いをしなきゃいけないの?」という心情で、復讐心に到達するまでは苦しみの真っ只中です。

このような時、明るく美しい姿とは言いにくい状態で、魅力は半減しています。

たとえメイクでなんとかしようと思っても、輝くような美しさは内面から出てくるものです。

心の中が復讐心に燃えていたら、表情にもその影響が表れてしまいます。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「人生大吉」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

心の病かも。こんな症状なら診療内科へ。

吐き気やめまい、頭痛に悩まされる日が続く

吐き気やめまい、頭痛に悩まされるようなら、心の病を疑ってみるのも一つの方法です。

その状態が一時的なものだったら、ほぼ問題ないので経過観察します。

しかしもし心の中のダメージやストレスが強い時、全身の血行が悪くなってしまいます。

慢性的な血行不良は、首こりや肩こりを招きます。

この「こり」は、吐き気やめまい、頭痛の原因ということが非常に多いです。

このような時、お風呂にゆったり入りリラックスすればかなり改善されます。

また頭の中の多くの思考を静かにさせることで、さらに効果を上げます。

まずは目を閉じて、目から入る情報を遮断します。

リラックスできる姿勢で、ゆったりと深呼吸を行います。

これを一分程度続けます。

毎朝、仕事に出かける前にやってみてください。

また通勤途中でも、気付いたらやってみましょう。

心が落ち着くと、不思議と頭がスッキリします。

しかし吐き気、めまい、頭痛の症状がまったく改善しない、どんどんひどくなる、という時は早めに医療機関を受診してください。

夜なかなか寝付けないので昼間に眠くなる

強い執着心を抱えていると夜なかなか寝付けず、慢性的な寝不足になってしまいます。

時にはほとんど眠れないまま朝を迎えることもあります。

このような時「昼間に眠くなって仕事にならない」ということもよくみられます。

あまりに眠いのでトイレでちょっと休憩、なんていうことは避けたいものです。

睡眠不足の影響は、あらゆるところに出てきます。

首こり、肩こり、頭痛、食欲不振etc…。

このような時、医療機関を受診する前にマッサージを受けてみると、改善できる場合があります。

全身のコリが解消されると気持ちよくリフレッシュできるだけでなく、その晩はぐっすりと眠れます。

メンタル的につらい時も、リラックスできれば改善の糸口が見つかるかもしれません。

それでもやはり「眠れない」という時は、交感神経が常に優位になっている状態とみられます。

自分に合うリラックス方法が見つからない時は、心療内科への受診が早い解決となる可能性が高いです。

食欲が無くなったり、意欲が失せてうつ状態になる

食欲が無くなったりうつ状態になった時が、心療内科を受診する目安です。

まずは、日常生活のあらゆるシーンで意欲が失せるのを感じます。

また、よく眠れない、眠りが浅いというように、睡眠の質が低下します。

このため朝からひどい倦怠感に襲われたり、いつまでも寝床から出られません。

さらにお腹も空かないので「食べたい」という意欲も無くなります。

何か食べるものを口にしても、まるで砂を噛むようです。

味も素っ気も感じず「美味しい」と思うことはほとんどありません。

これが続くと、やがてうつ状態を招くことになります。

うつ状態は「家から一歩も出たくない」というように、人とのコミュニケーションをシャットダウンし、引きこもることを選びます。

しかしこの時に感じるのは「気分の重さ」だけです。

気分が重いと感じていただけでは「自分はうつかも」と気づきにくいのです。

医療機関を受診するにあたって自分の症状を把握していないことには「医者に行こう」という気さえ起きません。

ですから、もし食欲が無くなったり、意欲が減退したら「うつ」を疑ってみるべきです。

軽いうつであっても、医師の適切な治療を受ければ必ず改善します。

つらい時こそ勇気を持って、医療機関に相談してみてください。

 

アルコールを多量に摂取したくなった結果、毎日体調が悪い

執着や依存に苦しんでいるとき、お酒に強ければついたくさん飲みたくなるものです。

つらい記憶がよみがえった時もお酒の力を借りれば気分が軽くなるので、さらに酒量が増えてしまいます。

しかしその結果、翌朝の体調に多大なる影響を与えてしまいます。

このようにお酒をたくさん飲みたくなる時、心の病が影響している場合が多いです。

すでにもう「お酒がないと生きていけない」なら、大変に危険な状態です。

これはアルコール依存症になっているか、なってしまう可能性大です。

確かにお酒を飲めば、一時的に気分が楽になるかもしれません。

しかし度を越したアルコール摂取は内臓に極度の負担をかけるので、遅かれ早かれ体を壊す原因となります。

こうなってしまうとなんとかアルコールを断ち、体調を元に戻さなければなりません。

お酒を飲んで執着心と依存心を消したいと思っても、体調を崩したのではリスクが高すぎます。

このような時、アルコール依存対象の専門医、もしくは心療内科への早めの受診をおすすめします。

怒りの感情から原因不明のからだの痛みを招くことがある

原因不明の体の痛みは、「怒りの感情が原因」ということも考えられます。

強い執着心や依存心は、常に怒りと隣り合わせです。

怒りの感情はそのままストレスとなり、全身の筋肉を緊張させてしまいます。

ギュッと力が入った状態から血流も滞りがちになり、血行不良を招きます。

これが直接体の痛みを引き起こすわけではありませんが、その延長線上には原因不明の痛みが待ち受けています。

執着や依存心から強い怒りを感じている時こそ、リラックスすることが大切です。

とは言え、怒りとリラックスはまったく正反対のこと。

もし「リラックスなんて無理!」と思ったら、すぐにリラックスできなくてもいいのです。

少しでも気持ちが別の方向に向くよう工夫しましょう。

やがてリラックスできる方角へとシフトチェンジすることができます。

方法としては、好きな音楽を大音量で聴く、好きなデザートを食べて自分を甘やかす、などがおすすめです。

しかし原因不明の痛みがもし引かなければ、上記の方法ではもう効かないということです。

整形外科を受診しても痛みの原因がよくわからないのなら、これは心療内科の分野かもしれません。

何をしても治らなかったひどい腰痛が、心療内科を受診し適切な治療を行なった結果、軽快することも実際にはあるのですから。

相手から執着された時や依存心をもたれた時の対処法

「断る勇気を持つ」優しさが相手の執着や依存を引き起こす

相手から執着される原因の一つが「優しさ」です。

もしあなたが誰に対しても優しくなんでも受け入れるタイプだったら「断る勇気」を持ちましょう。

具体的な執着や依存は、優しさにつけ込んで相手からどんどん踏み込まれるようになります。

最初はほとんど気づかずにいた「踏み込み」も、やがて「これはちょっと…」と困惑することが増えます。

相手との程よい距離感によって快適さを感じるパーソナルスペースにもお構いなく踏み込んでくるので、不快極まりません。

例えば、相手の都合を考えずに頼みごとをしてきたり、面倒なことを言ってくることがあります。

優しく断っても全く動じないのが、執着や依存度の高い人です。

いわゆる「エナジーバンパイア」と呼ばれるものが、これに当たります。

相手の優しさから生まれる弱さを見抜き、ジワジワとエネルギーを吸い取ります。

あなたの優しさをたくみに利用して、良い気分を味わいたいのです。

気を許していると、その依存度はますます激しくなっていきます。

「どんなに断ってもわかってくれない」「依存されて本当に困っている」など、依存される側の悩みもピークです。

こうなる前に断る勇気を持てば、相手はあなたから離れてくれます。

相手は執着してると思っていない。ダメなものはダメと毅然とした態度で

執着している相手は、まさか自分の執着や依存によってあなたに迷惑をかけているとは思っていません。

相手がどんな方法を使って依存してきても「ダメなものはダメ」と毅然とした態度で接することが大切です。

また状況によっては、相手と距離を置く工夫をすることも重要です。

依存度の高い人は、一度相手に執着すると味をしめます。

それはまるで美味しそうに見える擬似餌に食いつく魚のようです。

しかし食いつかれた方はたまったもんではありません。

初めは我慢することはあっても、我慢することが続けばいずれは限界を感じてしまいます。

この時にいかに毅然とした態度が取れるかが、要(かなめ)です。

言葉を濁したり、あいまいな態度をとっていたのではお互いのために良くありません。

もし言葉で言いにくければ、なるべく接する機会を減らすことも有効です。

こうして距離を置くようにすれば、多少なりとも勘が働く相手ならおそらく察してくれるはずです。

逃げると追ってくる!逃げずに堂々とする

依存心や執着が強い人の多くは、逃げると追ってきます。

しかしいくら相手の執着から逃れたいからと言って、逃げるのは逆効果。

逃げずに堂々とすれば、相手の執着から逃れることができます。

問題なのは、依存度の高い人が「相手に避けられていると感じた時」です。

素直にあきらめてくれるなら問題ありませんが、中には怒り出す人がいます。

「なぜ避ける?」と詰め寄ってきたり、怒りをあらわにします。

ここでひるんでいたのでは、いつまでも相手の執着から逃れることはできません。

ただし相手の怒りの度合いによっては、その場を治めることも考えておきます。

これは、もし怒りが爆発した時にあらゆる手を使って攻撃してくる可能性があるためです。

強い執着心を持つ人の攻撃は、並大抵のものではありません。

時には脅すような態度に出てくることもあります。

何しろ相手は、自分の命をおびやかされているような恐怖を感じているのです。

「逃げずに堂々とするには状況的に良くない」と判断したときは、状況が落ち着くまでいったん様子を見ます。

はっきりしない態度に食いつくのが執着の強い人

はっきりしない態度に食いついてくるのが、執着の強い人の大きな特徴です。

と言っても。初めから一気に食いついてくるわけではありません。

あくまでも「ジワジワ」です。

これが依存度の高い人が相手に取り付く特徴的なやり方です。

気づいた時には、相手の操り人形のようになっていることも。

このようになってしまうのはすべて「はっきりしない態度」が原因です。

「自分はこうしたい」とか「これは無理」とピシャリと断言し、後は相手から何を言われても素知らぬ態度を貫きます。

何か強要してきても、動揺したり相手にしてはいけません。

こういう時に少しでも相手に優しさをみせたら、間髪入れずに再び食いつかれてしまいます。

無意識に代償をもとめる尽くしたがりには「もう大丈夫」と断る

「尽くしたがりの人」も依存度が高く執着も強いので、自分の条件に合う特定の人にめっぽう尽くすことで満足を得ようとします。

そういう尽くしたがりの人に何かと尽されるようになったら「もう大丈夫」とはっきり断ることが大切です。

また相手は無意識に尽くしたことの代償を求めます。

無言でも「こんなにしてやってるのに」と態度で見て取れるものです。

または、実際に具体的な代償を求めてくることもあります。

一方的に尽くしてきたのに代償を求めてくる身勝手さには憤りを感じますが、これも依存度が高い証拠です。

断る目安は、あなたが「重い」と感じるようになった時です。

重いと感じながらも我慢したり不本意ながらも受け入れていると、最終的には断りきれなかったりさらに関係がこじれてしまいます。

何事も最初が肝心です。

「相手は好きでやっているから放っとけばいいいんじゃない?」と思うかもしれません。

しかし尽されることが面倒と感じる時は、いずれやってきます。

尽くしたがり屋も「まさか尽くす相手が迷惑に感じているとは思っていない」というところも、さらに面倒さを引き起こします。

つきまとわれたり、ストーカー行為には迷わず相談機関へ

相手からつきまとわれたりストーカーされていると思ったら、迷っている場合ではありません。

執着心や依存心がことさら強い人ほど法的スレスレの行動に出てしまいますが、これは明らかに犯罪行為です。

場合によっては相手の迷惑行為が加熱してしまうこともありますから、早いうちに警察の生活安全課など信頼できる相談窓口に一報を入れるようにしましょう。

執着心と依存心を軽減させる方法とその後に起きること

現状を受け入られると同時に気持ちが楽になる

執着心と依存心を改善するためには、あなたの今の状態を受け入れることからまず始めます。

執着や依存で悩んでいる自分をまず受け入れることができれば、かなり気持ちが楽になるでしょう。

受け入れるとは「これで良し。なぜならここから自分は変われるから」と思うことです。

もし好きな人のことばかり考えていて何かとうまくいかなかったら「執着がこの苦しみを生んでいる」「依存心によって思い通りの人生を歩んでいない」ということです。

執着や依存は「無意識の領域の感情」です。

「そうしたくなくてもなぜかそうしてしまうもの」なのです。

無意識にやってしまうからこそ、意識的に自覚しないことにはいつまでも執着や依存から抜け出ることはできません。

執着や依存は苦しみでしかないことが理解できるのは「苦しむのはもううんざり」という境地になった時だけです。

そういうネガティブな感情を遠くに追いやってみた時、初めて「こんなにつらかったのだ」と思えるのです。

このようにつらく苦しい気持ちを第三者的立場から見ることができれば、執着や依存を遠くに追いやることができます。

常にどうすればもっと自分らしくなれるかと考えれば、ネガティブな視点が変容する

執着心と依存心を軽減させるためには、常に「どうすればもっと自分らしくいられるか」が重要なカギです。

ネガティブな視点を変容させるには「自分らしさを追求すること」、これが一番早く結果を出せます。

どんなに相手が好きでも、自分らしさがなければ好きになる意味がありません。

軽やかで明るい性格が一番自分らしいのであれば、執着や依存とは正反対です。

少なくとも「つらい」とは感じないことです。

しかし執着と依存は「つらい」と感じることがほとんどです。

さらに輪をかけて相手に執着や依存するのは、そのつらさをなんとか変えようとするためです。

本来の自分らしさとは、相手を変えるのではなく「自分を変える」ことです。

嵐の中で突風に立ち向かったとしても、怪我をするだけです。

なすすべなしで、むしろ状況は悪化するばかりです。

荒れ狂う嵐の中でできることは、そっと身を引くことだけです。

つまり自分らしさとは「頑張りすぎない」で「一歩引く」ということ。

執着と依存を抱えていると、一歩引いて考えてみる、という余裕がありません。

ですから、相手を思って苦しい時は「自分らしくない」と考え、押すばかりでなくそこから一歩引いてみてください。

「不安定な気持ちはもう味わいたくない」と感じるので、執着や依存から抜け出せる時が来る

執着と依存から抜け出せた時「不安定な気持ちはもう味わいたくない」と感じます。

執着と依存のはかりしれないパワーによって自分が苦しんでいたことも「今となってはいい経験だった」と思えるようになります。

軽い気持ちでいられるようになるので、心に余裕が生まれます。

執着心で一杯だった頃に比べると、雲泥の差です。

なんとか状況を自分よりに持っていこうと、必死でした。

自分の思い通りにするためには自分が頑張るしかない、と考え、それをひたすら実行したこともまったく無意味だったのです。

なぜなら頑張れば頑張るほど、状況が悪化してしまったからです。

この時「努力してきたことが実は執着と依存だけだった」と理解できれば、あなたにより良い変化が訪れたということです。

こうして執着心や依存心から脱出できた後は、執着に満ちた日々は完全に過去の遺物となるでしょう。

執着していた相手のことをほとんど思いださなくなる

執着していた相手のことをほとんど思い出さなくなったら「執着と依存を軽減できた」という証拠です。

その頃は、自分の思い通りにしたいがためにいつも相手のことが頭から離れませんでした。

相手が何をしているか、気にならない時はなかったかもしれません。

ところが執着を忘れると同時に、相手のことが頭から離れてくれます。

相手を自由にさせてあげれば、やがて執着を持つことが無意味なことと理解できるはずです。

執着や依存は、できるだけ持たない方がより良好で永続的なリレーションシップが保てます。

自然に相手を思い出さなくなる、この状態になればもう執着で苦しむことはなくなるでしょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「なりたい自分を想像し、それに向かって突き進む努力が重要」

占い師 姫乃
「なりたい自分」を想像してみたことはある?

もしなければ「何事にもとらわれず生き生きとした自分」を想像してみて。

執着心や依存心は、私たちが生きるために必要な感情なの。

でも相手に対する束縛がひどくなっちゃうと自分も楽しくないし、相手だっていつかは逃げ出しちゃう。

すべては幸せになるためなのに、これじゃいつまでたっても幸せにはなれない。

じゃあどうしたらいいのでしょう?

なりたい自分と大きなギャップがあるなら、まずはそのギャップを少しでも埋められるようにしましょ。

相手を自由にさせるのは恐怖に感じるかもしれない。

でもそれができない限り幸せにはなれないと思ってほしいな。

あと、あなたがやれることは「キラキラするようなこと」。

あなたの周りにいるキラキラしている人は、自分を大切にして好きなことをやっている人よね。

あなたも必ずそうなれる。

そうやって向上したら、男性たちがあなたを放っておかないわ。

あなたの恋の悩みが速攻で解決するよう、いつも願っています。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【人生大吉】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【人生大吉】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事