大好きな彼とお付き合いしている関係は夢見心地で天にも昇るものです。

中にはその幸せに慣れすぎて、彼がいることが当たり前になってしまっている女性もいるかもしれませんね。

そして最近彼が冷たい、と別れの危機を感じている女性もいるかもしれません。

大好きな彼から別れ話を切り出されてしまったら・・・。

どうしても彼とは別れたくない、別れられない!と藁にもすがる思いで別れの回避方法を求めている女性もいるのではないでしょうか。

別れを回避するためには果たしてどうしたらいいのでしょう。

そしてもし別れに至ってしまったら・・・。

復縁につなげるにはどうしたらいいのでしょう。

アンケートによると、7割以上の男性が元彼女との復縁も「アリ」と思っていると答えています。

予想以上に多い割合ですね。

仮に別れに至ってしまった場合、復縁に結びつけるには、どうしたらよいのでしょうか。

復縁メニューはこちら

自分から別れを切り出す時の男性心理って?

何か集中したいことがある


進学や就職で今までとは環境が変わる場合、仕事が忙しくなった、趣味などに没頭したい場合、男性から別れを切り出すことがあります。

「私より仕事が大切ってこと?」「恋愛とは別物なのに何故?」と思うかもしれませんが、男性は女性ほどマルチタスクをこなすことが得意ではありません。

特に女性からの束縛が多く、仕事が忙しい時に会えないと彼女が不機嫌になってしまうなどの要素があれば、仕事も恋愛も中途半端になっていると感じ、まずは仕事で成果を上げなければ、と感じる男性もいるでしょう。

また、進学や就職で今までとは違った環境になる場合、新しい環境へのプレッシャーもあります。特に、必死に努力をして仕事で成果をあげたい!という意気込みが強い場合、プライベートに時間を割ける余裕がなくなり、恋愛との両立は難しいと考えるのです。

自分の人生がこれから先どうなるのかさえまだ分からないという状態で、彼女の人生まで責任を負えない、という心理から別れを切り出す場合もあるでしょう。

それが遠距離恋愛になるのであれば、なおさらのことです。

これは趣味や彼の持っている夢についても同じことが言えます。

趣味や夢に没頭していて、そのことに割く時間の割合が多い場合は、彼女のことを気遣うことができない、恋愛までは手が回らない、という考える男性もいるでしょう。

とりあえず今は、趣味や夢を追いかけることに集中したい、という心理から別れを決断する場合もあります。


性格や価値観が違いすぎる


付き合っていく中で、価値観の違いの多さを目にすることによって、彼女との結婚は無理そうだと感じて、別れを選ぶ男性も少なくありません。

自分にないものを持った異性には惹かれるものです。

しかしその違いがあまりにも大きすぎると戸惑い始めます。

そして長い時間を一緒に過ごす中で、このまま一緒にいても結婚する相手としては難しいだろうと結論を出してしまうのです。

付き合い始めは彼女のわがままも可愛く感じていたのに、度が過ぎるとうんざりするようになり、これ以上一緒にやっていくのは無理という決断を下すことも。

金銭面においても、おねだりが多い、誕生日やクリスマスに高いものばかり要求される、彼女が行きたがるのは高いレストランばかり、ということが続けば、これ以上付き合いを続ければ破産しそう、彼女は自分には無理だ、という判断に至ってしまうのです。

男性もある程度の年齢になってくると、「家庭を築きたい」「子供が欲しい」と将来のことを考える人もいます。

親や周囲から「結婚はまだ?」などと聞かれることが多くなって、結婚を意識し出す人もいるかもしれません。

それまでは単に好きな女性、その時に一緒にいたいと思う女性と付き合っていればよかったものの、結婚を意識し出した時に、この彼女と結婚しても大丈夫なのか?と自問自答するようになります。

男性は女性に比べて、恋人と結婚相手を別に分けて考える傾向にあります。

結婚とは本人同士の関係のみでなく、お互いの親や家族、親戚、他のさまざまな要素も絡んできます。

そして恋人としては不満のない相手であっても、結婚には向かない相手と判断した場合は、別れを選択する場合もあるでしょう。

まだ結婚したくない


また、女性の依存心が強すぎる、結婚願望が強くプレッシャーとして重くのしかかる、などの理由で別れを決断させてしまう場合もあります。

まだ結婚したくない男性の場合、いつまで彼女を待たせるのか分からない、彼女と結婚するかどうかも分からないのに期待を持たせたくない、待たせた挙句に彼女の婚期を逃させてしまうかもしれない、といった心理があります。

そういった心理から、彼女のことが好きでも別れを選ぶ男性もいるのです。

女性側からすれば、「好きで付き合っているはずなのに結婚は考えられないって、遊びなの?」と疑いたくもなりますが、好きだからといって、必ずしも結婚に至るわけではありません。

しかし、女性側に結婚願望があるのに、自分は結婚したくないので別れよう、と言える男性はある意味、真面目で誠実な男性とも言えるのかもしれません。

気持ちが冷めてしまった


彼に他に好きな人ができたり、単に彼女への愛情が冷めてしまったりする場合、たいていは何らかのサインがあるものです。

素っ気なくなったり、冷たくなったり、連絡が来なくなるなどすれば、たいていの女性には女の勘が働くでしょう。

男性の心理としては、別れ話を切り出すのはなるべく避けたいと思っているため、別れ話をするタイミングを掴むまでは素っ気なくなったり、冷たくなったりするようです。

特に彼女が自分に強い愛情を持っていることを自覚している場合には、別れ話を切り出すことによって、相手が泣いたり取り乱したりと、面倒なことになることは出来るだけ避けたいと思っているのです。

また、自分が悪者になりたくない、良い人のままで終わりたい、女性を傷つけたくない、とも思っているため、あわよくば、女性の方から察してもらって別れを切り出してもらいたい、自然消滅に持っていきたい、とさえ思ってる男性も少なくありません。

彼女のことを女性としては見られなくなっても、人としては好きな場合は、なおさら別れ話をする決断をする時間が必要になってしまうでしょう。

こちらから連絡してもなかなか返事が返ってこない、という状況の場合には、別れたくても別れ話をすると面倒臭いことになるので、その間どう接していいか分からない、本音で話す自信がないという背景があります。

男が彼女と別れを決意するきっかけ

お互いの会いたい頻度が違う


交際開始当時はお互いが毎日でも会いたい、暇さえあれば連絡を取り合っていたい!と二人とも盛り上がっていたことでしょう。

しかし、それがいつまでも続くとは限りません。

月日が経つにつれ、もう少し自分の時間が欲しいと感じる男性もいるでしょう。

男性は、束縛を嫌がる生き物です。

自分のペースで物事を進め、自由に行動することを好むため、それが出来なくなると強いストレスを感じてしまいます。

女性から見ると、「好きだからこそいつも一緒にいたい」「好きだからこそ相手の行動が気になる」と捉えられることでも、男性の方は必ずしもそうとは限りません。

ほぼ毎週末、彼女と会っているから、たまには男友達との付き合いもしたいと趣味のスポーツをしに出かけると、「どうして会えないの?」と彼女が不機嫌になる、会社の同僚に誘われて飲みに行けば、「今どこにいるの?」と連絡がひっきりなしという状態が続けば、男は参ってしまいます。

本来、束縛は相手への愛情が強いがゆえにしてしまうものですが、過度の束縛は、相手の行動を制限することになり、窮屈な思いをさせてしまいます。

束縛されることによって、監視されているような重圧感を感じる男性は少なくないでしょう。

学生ならともかく、男性には仕事やその他の付き合いもあります。

仕事で疲れて一人で過ごしたい時もあるでしょう。

仕事以外の時間を全て彼女のために使うことに限界を感じて、別れを選択することもあるのです。

自分を一番に考えてくれない


男性はプライドの高い生き物です。

自分を一番に考えて欲しいと思っている男性は意外に多いのです。

彼の方から交際を申し込んできたからといって、彼は常に自分に夢中であると錯覚し、自分でも知らず知らずのうちに彼をないがしろにしてしまったという女性もいるかもしれません。

彼が自分に対し何かやってくれても、それが当たり前になってしまって、ありがとうと言うことさえ忘れてしまっていたり、笑顔が少なくなってきたり。

彼との約束よりもいつも友達との約束を優先する、というような状態が続けば、男性だって、もしかしたら彼女は自分に対して愛情はないのかな、俺のことはどうでもいいのかな、と不安になってしまいます。

ましてや、彼女が男友達とも遊んでいるとなれば、浮気を疑ったりもしますし、自分の存在が否定されているような気持ちになってしまいます。

自分が彼女のことを好きな気持ちと同じくらい、彼女も自分のことを好きなのか、常に彼女の本当の気持ちはどうなのか考えることに疲れてしまった結果、別れを選ぶこともあるでしょう。

男性は女性よりも早く白黒させる傾向にあるため、諦めてしまうのも早いようです。

やはり男性は彼女に尊敬されたいものですし、認めて欲しいものなのです。

喧嘩でうんざり


男性が別れを切り出す理由は、あなたのことが嫌いになったからとは限りません。

大きな喧嘩をしてしまい、本心ではないのに「こんな関係や嫌、もう終わりよ!」と言ったあなたの言葉を相手が本気にしてしまったり、彼の方も本心ではないのに「別れよう!」と言ってしまった手前、後に引けなくなってしまったりということもあります。

売り言葉に買い言葉でエスカレートしてしまった喧嘩が理由で、お互い謝ることができないままでいると、別れにつながる場合もあるのです。

喧嘩の際に彼女から罵られたりしてプライドがズタズタに傷ついてしまった、外見をバカにされた、人格を否定された、あの一言がどうしても許せない!と言う場合もあるでしょう。

また、会えば喧嘩ばかり、彼女から文句ばかり言われる、ということが続けば、彼女のことは好きだけど、なんだかもう疲れてしまった、となってしまうケースも少なくありません。

それでも関係を修復するために彼女の要求通りにし、自分ではベストを尽くしているつもりなのに、それでも彼女を怒らせてしまうという状況が続けば、何をやっても彼女を幸せにすることはできない、俺たちは合わないのかも、と別れの決断へと至ってしまうのです。

マンネリ


二人で会っていてもお互いスマホばかり見ている、会話がないというカップルも少なくないのではないでしょうか。

そして、それが心地よいと感じている人もいるかもしれません。

相手も同じに思っているのなら問題ありませんが、そのような状況が長く続くと「最近マンネリだなあ」「結婚もしていないのに老夫婦のようだな」とネガティブに捉える男性もいます。

なんやかんや言っても、男は刺激が好きです。

毎回デートでやることは同じ、なんだかときめきもなくなった、となれば、彼女との関係に疑問を持ち始めてしまうのです。

彼女が母親のような存在に


日本人女性の中には、好きな男性にあれこれしてあげたいという女性も多いと思います。

料理を作ってあげるのを嫌がる男性はあまりいないかもしれませんが、必要以上に食事の用意をしたり、彼の部屋に行く度に、掃除、洗濯と何でもしてあげてしまったりということが続けば、引いてしまう男性もいます。

加えて、財布やスマホなどをちゃんと持ったか聞いてくる、彼の生活に口を出す、説教が多くなる、となれば、「俺の母さんも同じこと言ってたな」と母親とオーバーラップしてしまい、「何だか萎える」という結果になりかねないのです。

女性側が「面倒見がいい献身的な彼女」のつもりで尽くしていても、彼からしてみれば、大人だからそれくらい一人でできるし、一人前の男性として十分ではない、と言われているような気になってしまうのです。

彼女に浮気をされた


彼女に浮気をされた事が分かったら、嫉妬に狂う男性は多いものです。たとえ自分が浮気していたとしても、男性の浮気とは違うとさえ思っています。

なんとも自分勝手な考えですが、一般的に男性は愛情がなくても浮気はできるのに対し、女性はどこかしら、魅力的な男性でないと浮気には発展しないというような考えが浸透しています。

だからこそ彼女の浮気を「もう自分は愛されていない」と捉え、別れの決断につながるのです。

もともと男性は征服欲の強い生き物ですので、他の男に身体も心も持って行かれてしまった、という悔しさでいっぱいになります。

そして男として一人前ではなかった、彼女を許せなくなってしまうのです

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

別れを切り出された時、絶対にやってはいけない事

彼を責め立てる


別れ話を切り出されても、復縁を望むのなら彼を責め立ててはいけません。

特に彼に新しく好きな女性ができたのでは?と疑っている場合などは、相手を責めてしまいがちですが、長時間質問攻めで尋問のように責め立てるのは逆効果です。

誰だって非難をされたり、責められたりするのは嫌なものです。彼が告げる別れの原因によっては、「えっ、それって私のせいなの?」と非難したくなる場合もあるでしょう。

そして実際に、彼の言うことが理にかなわない、と反論したくなる場合もあるでしょう。それでも、彼には彼側の言い分があるものです。

それならば、「私が◯◯の行動を取るのはあなたのする××が不快だからなんだけど、なぜ××をするのか教えてくれる?」と、お互いなぜそのような言動を取るのか、素直に話し合えるように持って行った方が賢明でしょう。

感情的になって泣きわめく~


大好きな彼に別れを切り出されて、すんなり別れを受け入れることのできる女性はなかなかいないでしょう。

それでも決して、ショックのあまり取り乱して泣きわめいたりしてはいけません。

こんな女とは早く別れて解放されたい、といっそう別れたい心理に拍車をかけてしまいます。

相手に警戒心を与えてしまえば、その後の連絡を無視されたり、Lineをブロックされたりすることもあるかもしれません。

少なくとも相手に警戒を与えないためには、感情的になることは避けましょう。

男性は面倒臭いことは嫌う傾向にあります。

特に、女性に泣かれたり、わめかれたりするのは好きではありません。

面倒臭い女だなあ、早く解放されたい、と面倒くさい女認定されれば、ますます彼の心は離れていってしまうだけなのです。

可哀想な自分を演じる


別れを切り出された女性で案外多いのが、可哀想な自分を演じる女性です。

彼の別れに対しての決意が固いことが分かる場合など、泣いてもわめいてもきっと無駄、それが分かっている女性は、悪いのは全部私、全部直すから、お願いだから別れないで!と復縁を乞ってみたり、もう死にたいなどと言って彼を心配させてみたり。

そのようなネガティブなアプローチは、あなたが謝罪した言葉さえも逆効果にさせてしまいます。

悲劇のヒロインを演じていいのはドラマだけです。

「重い女」に成り下がり、ますます鬱陶しがられるのを避けたいならば、悲劇のヒロインになるのはやめましょう。

彼の話を遮らない


別れ話をする際に注意することは、相手が話している最中に彼の言葉を遮らないことです。

話し合いの中では、彼から自分が聞きたくないような言葉も発せられるかもしれません。

それでも、彼の話を遮ったりすれば、あなたに話し合う準備ができていないと取られてしまうでしょう。

彼女とは話しても無駄と判断されれば、別れ話自体がそこで終了し、その場を去って行かれる可能性もあります。

そうなれば、話し合いにおいて別れを回避する可能性はなくなってしまうかもしれません。

彼氏との別れ話で別れたくない時の対処法

冷静な話し合いを


別れ話を切り出されて、理解のある女を演じるために「うん、分かった」とあっさり言える女性はなかなかいないでしょう。

しかし、理性で話し合うことは大事です。

あっさりと受け入れることはできなくても、彼の言い分を理解したということを伝えることが大事になります。

いったん相手の言い分を受け入れて、自分の彼に対する想いを伝えましょう。

取り乱すのが目に見えている状況で、なかなか男性は別れる本当の理由を言わないものです。

しかし、「辛いけどあなたの気持ちは分かった。どんなところが嫌だったのか聞いてもいい?」と冷静に聞いてみれば、本当の理由を教えてくれる可能性は高くなるでしょう。

別れの本当の理由を彼から聞き出すことは、復縁につなげるのに重要な役割を果たします。

彼が大切な存在であることを伝える


彼が別れを決断する原因の中には、マンネリだったり、関係が冷めているように感じたりして、あまり愛されていないと思っている場合もあります。

でも実際のところは、気恥ずかしかったり、今更感があったりして、彼への愛情を上手く伝えることができないでいる人も多いのではないのでしょうか。

愛情の裏返しで彼のことをいつもけなしてみたり、彼がしてくれたことに反応しなかったり、わがままになってみたり。

彼が大切な存在なのであれば、素直に自分の気持ちを伝えましょう。

男性は自分が一番の存在であることを喜ぶものです。

特別な存在として頼られることを嫌がる男性はあまりいないでしょう。

冷却期間を置く


話し合いでなかなか別れの回避に持っていけそうにない場合、相手の言い分を十分に聞いた上で、「考えさせてくれる?」といったん冷却期間を置いてみるのもいいでしょう。

別れを切り出されたばかりでショックな状態の自分より、いったん冷却期間なる時間を設けることで、冷静でより良い判断ができるようになります。

冷却期間は自分からの連絡は出来るだけ控えるようにしましょう。

そのことで、自然消滅になるのでは?と言う不安もありますが、十分な期間を置かずに連絡を取り続けても、相手の本当の存在価値が見えにくくなってしまいます。

一人で居たくないだけではないか、恋人が欲しいだけではないか、辛い時に彼に頼りたいだけではないかといったことも、見極める必要があります。

お互いの考えが何も変わっていなければ、彼との冷えた関係は何も変わらないでしょう。

別れた直後は双方ともどうしても感情的になってしまうものですが、ある程度の時間と距離を置くことによって、自分の悪かった部分も見えてきます。

その上で改めて、話し合いの機会を持つことにより、別れを回避できる可能性は高まります。

彼氏と別れたくない!話し合いで説得できるケースと別れ回避の方法

マンネリが原因で別れる場合


関係のマンネリ化が原因となって別れる場合は、この関係が自分には心地よかったこと、関係を修復したいこと、そのためにいかなる努力もする気力がある、ということを伝える必要があります。

別れ話をされるかもしれないという予感があるのなら、次のデートは初めて会った場所や思い出の場所にしてみるというのもアリでしょう。

初めてのデートの時のように、ヘアやメーク、服装にもこだわって、彼好みの外見で臨みましょう。

話す時にも彼の目をしっかり見て、彼の話もしっかり相槌を打ち、決してスマホばかり見ることのないように気を付けなければいけません。

「今度◯◯に行ってみようよ」と今まで二人で行ったことがない場所、または二人で行って楽しかった場所に行くことを提案してみるのも良いでしょう。

もし彼に行きたい場所があったけれどあなたが「興味ない」で終わらせていたならば、そこに行くことを提案したり、彼の趣味を自分もやってみたりするなど、案外やってみたら楽しめることが見つかるかもしれません。

そして、このまま付き合いを続ける価値があるかもしれない、もう一度チャンスを与えればマンネリが解消される可能性がある、と彼に思わせることができれば、別れは回避できるでしょう。

環境が原因で別れる場合


進学、留学、就職、遠距離など、環境的が原因となって別れる場合は、お互い嫌いになって別れるわけではないため、復縁を望める可能性は少なくないでしょう。

そのためには、彼が勉学や仕事など集中したい場合には、その意思を尊重しつつ、どのように今の関係を続けることができるのかを話し合う必要があります。

また、遠距離になってしまう場合も同じで、週に何度メールする、月に何回しかに会えないことに同意など、彼が納得できる方法で話し合うことができれば、別れを回避することができるかもしれません。

彼の意思が固い場合、別れを回避できないこともあるでしょう。

それでも、彼が勉学、仕事に専念したいという場合は、あなたの存在を思い出す事もあるでしょうし、遠距離になったとしてもあなたがいないと寂しいと彼が思う可能性は十分に考えられます。

その場合は、彼の近況を聞きつつ、たまに連絡をしてみたり、相手の誕生日にメッセージを送ったりしてみるのがいいでしょう。

ただし、頻繁にならないように気をつけなければいけません。

あまり頻繁だと、今までと変わらないじゃないか、と相手を遠ざけてしまうことにもなりかねるからです。

喧嘩が原因で別れる場合


彼にあなたへの気持ちがまだあれば、話し合いで別れを回避できる場合もあります。

例えば喧嘩が多いのが原因で別れを切り出された場合などです。

喧嘩が多くなればお互い意固地になったりして、自分の非を認めなくなってしまいがちです。

その結果、それについて話し合う機会もなかったりするものです。

彼があなたのことをまだ好きだけど、喧嘩などで関係が上手くいかないことが原因で別れようとしている場合は、話し合いを持つ良い機会を与えてもらったと真摯に受け止めて自身を振り返ってみましょう。

いつもあなたが怒ってしまう事で喧嘩が始まるのであれば、その原因は何か考えてみてください。

例えば、彼があなたの話にあまり反応してくれなくて無視をされたような気になり、それで怒ってしまうのであれば、まず怒るのをやめる努力をすることです。

そして怒る原因は無視されていると感じることを相手に伝えることです。

彼の方は無視しているつもりはないかもしれませんし、お互いが相手に不満を与えていることをやめる努力をすることを提案することで、別れが回避できる可能性もあります。

あなたの会いたい頻度が多すぎて別れに至る場合


あなたがいつも会いたいと束縛してきたことが別れの原因となったのなら、彼の自分以外の人との関係や社会生活も尊重しなければなりません。

今までよりも会う頻度は減ることになったとしても、別れて全く会えなくなることを考えれば、我慢できるのではないでしょうか。

まずは、彼のことが好きだからいつも会いたいという自分の気持ちにばかりフォーカスしてきた、という気付きを伝えましょう。

このことにより、あなたが冷静に状況を判断できるようになったのだというメッセージを彼に伝えることができます。

常に会いたい気持ちは変わらないが、男の付き合いが大切なことを理解出来たことも伝えましょう。

そして今後も付き合っていけるのなら、自分も趣味や女友達との付き合いなど、他のことに目を向けていき、彼とのデートにフォーカスしすぎないようにしたいと思っていること伝えてみましょう。

あなたが本気で問題を改良したいと思っているのなら、別れを回避できる可能性はあるでしょう。

あなたが彼よりも他の友達を優先することが原因の場合


彼がいつも会いたい側で、あなたが友達との約束を優先してきたのであれば、今回彼を失いそうになったことで、彼の存在の大きさに改めて気づかされたのではないでしょうか。

彼から、「俺よりも他の友達と出かけるほうが楽しそう」「俺にあまり愛情を持っているとは思えない」などと言われた場合、つまり、あなたが彼よりも他の友達との付き合いを優先させることが原因で彼が別れたがっている場合は、嫌われているわけではありません。

むしろ、「好きだからこそもっと構って欲しい」が本音なのです。

あなたともっと一緒に過ごしたいのに、それが出来ないことで別れたいと思うほど傷ついているとうことです。

あなたにとっては青天の霹靂で、「彼のことは大好きなのにどうして別れなければいけないの?」という思いかもしれません。

しかし、なぜそのように彼に思わせたかというと、「あなたの彼への本当の思いが本人に伝わっていなかったから」なのです。

それならば、あなたにとっても彼がいかに必要不可欠な存在であることを伝えることです。

そして、これまでの行動と彼に寂しい思いをさせてしまったことについて心から謝罪をし、基本的に週末は二人で一緒に過ごすなど、改良したいと思っている点を伝えましょう。

あなたの本心が彼に伝われば、話し合いで別れを回避できる可能性は十分にあるでしょう。

話し合いでは別れは回避できない一度別れを受け入れた方がいいケースと復縁へ繋げる方法

彼の別れへの決意が固い場合

あなたにとっては突然の別れ話であっても、相手にとっては長い間考えて出した結果であることも少なくありません。

その決意が固い場合は、残念ながら話し合いで別れを回避することは難しいでしょう。

相手の決意は固まっているのであれば、こちらがどんなにジタバタしても変わることはありません。
別れ話を長引かせれば長引かせるほど、相手の気持ちは遠ざかり、面倒な女に格下げされていきます。

話し合いの中で、あらゆる対話を試みても彼の別れの決断は固いと判断した場合、早い段階で別れを受け入れることです。

もう相手の方は「早く別れたい」という心理になっているため、面倒な別れ話を早く終わらせたいのです。

なぜ面倒なのかというと、彼女が別れたくないと言って話が長引くことを想定しているわけです。

しかし、あっさりとは行かなくても、割と早めの段階で別れを受け入れることによって、相手側は肩透かしを食らったような気持ちになります。

これは相手の筋書きの「想定外」だからです。

するとちょっとだけ「惜しいことをしたかも」という気持ちになる場合もあります。

別れ際に好印象を与えることは、その後の復縁の可能性に影響を与えます。

それならば、今後の復縁につなげる可能性を少しでも高めるために相手の意思を尊重して、別れを受け入れるほうが賢明な選択と言えるでしょう。

あなたへの興味がなくなっている場合


理由は分からないけど、彼が冷たくなった、連絡をくれなくなったなど、明らかに彼の心があなたから離れているのが分かる場合は、別れを回避するのは難しいでしょう。

相手に自分の事を受け入れる気持ちがなければ、泣いてすがっても逆効果になります。

別れを受け入れて、きれいに別れた方が少なくとも最悪の印象として残るのは避けられます。

ただし一度別れてしまっても復縁するカップルもいます。

そしてその多くが復縁するまでに一切会ったり連絡を取ったりしなかったケースです。

一度冷却期間を置くことで、今まであなたの嫌なところにしか目につかなかった彼が、あなたと一緒に行った場所や一緒に聴いた曲が流れたりした時に、良い思い出として思い出すこともあるかもしれません。

そのためにも、別れる時の最後の印象は大事と言えるでしょう。

相手からどうしても受け入れてもらえない場合、もう二度と会うことはできないの?と不安に思うかもしれません。

時々なら連絡してもいいかな?と思っても、別れた後の1カ月は避けましょう。

お互いにまだ気持ちの整理がつかず、復縁につながる可能性も低いからです。

いくつかのアンケートによると、復縁したカップルがお互い連絡を取らなかった期間として一番多いのが3カ月から半年のようです。

それくらいの期間があればたとえ一度嫌になった相手でも十分な冷却期間を置くことによって、冷静に自分の気持ちや相手との関係を見極めることができるようになります。

それ以上になると時間が経ち過ぎて、お互いがいないことに慣れてしまうため、だんだんと思い出すことが少なくなったり、新しい交際相手ができたりと、疎遠になる傾向にあるようです。

彼に他に好きな人ができた場合


彼に他に好きな人ができてしまった場合は、別れたくない!とすがればすがるほど、相手の気持ちは他の女性の方に向いていきます。

残念ながら、この場合はいったん別れを受け止めるしか選択の余地はなさそうです。

しかし、彼はその女性とうまく行くとは限りません。

新しい女性と付き合ったからこそあなたの良さが分かって、向こうから復縁をお願いしてくる可能性もゼロとは言えないのです。

また、新しい彼女の欠点が見えてきたり、喧嘩したりした時、マンネリ化した時などに、元彼女のことを思い出す男性も少なくはありません。

彼女とお幸せに、などと思ってもいないことは言う必要はありませんが、「私たちがうまくいかなかったことは残念だけど、すごく幸せだった、ありがとう。」と感謝の気持ちとポジティブな言葉を残して去ることができれば、彼女は良い女だったな、と彼の心に残ることでしょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「どうしても別れたくないなら諦めない事!」

占い師 姫乃
彼の気持ちがあなたに少しでもある場合は別れを回避できる可能性があるのに対し、彼の気持ちが離れてしまった場合は、別れを回避するのは難しくなちゃうこともあります…。

一度別れてしまったとしても、数年後にお互いが成長していれば、復縁の可能性も充分にあるでしょうね!

別の言い方をすれば、数年後に望み通り復縁が叶ったとしても、お互いの成長がなければ結局、また同じ原因で別れる可能性が高くなりますよ!

そのためにも男性心理を理解し、彼が別れたい本当の理由を知ることは重要なキーとなります。

どうしても復縁したい!という場合は、長期戦になりますが、ピンチをチャンスに変える!と言う前向きな思いで、内面も外側も磨いて自身の改革に努めていきましょうね!

【期間限定・8月25日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事