別れようと言われたけど別れなかったカップルから学べ!別れを回避する方法が知りたい!
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

彼から「別れよう」と言われたら、あなたには別れない選択肢はありますか?

大好きなのに別れようとはなんとも信じられない話ですが、結果的に別れなかったカップルもたくさん存在します。

別れずに済むには、別れを回避する方法を知っておくことが重要です。

想定外の言葉に唖然としないためにもどう対応をしたらいいのか、この機会にぜひ知っておいてください。

 

 

復縁メニューはこちら

別れを決意するきっかけとは?

相手との価値観があまりにも違いすぎると感じた

別れを決意するきっかけで多いのが、相手との価値観の違いです。

私たちは多少なりとも他人との価値観は違いがありますが、その違いが大きければ大きいほど埋められないほどのギャップへと転じます。

ほんのささいな価値観の違いはありとあらゆる違いを生み出し、やがては相手に対する偏見へとつながります。

相手と恋愛関係にあるなら、さらに強固な偏見へと形を変えるのは確実です。

好きな相手には自分と同じ価値観でいて欲しいもの。

しかし一度価値観が違うとわかったとたんなぜか相手を受け入れられなくなるのですが、それは承認欲求を満たしてもらえる相手がそっぽを向いた状態だからです。

承認欲求が強い者同士のカップルの場合、別れのきっかけはこのように実にささいなことが発端です。

つまり自分の思い通りに承認欲求を満たせない相手と身をもってわかった時、それに耐えられず「別れよう」と決意するのです。

 

彼女以外に好きな人ができて、いい感じになってきたから

別れを決意するのは彼女以外に好きな人ができたりその人といい感じになってきた時で、心変わりがもはや決定的な状態が目安です。

別の人を好きになった程度では別れようとはしませんが、完全に相手に気持ちが移ったり相手からも好かれているのが決定的な場合です。

つまり相手の気持ちを確かめずに彼女と別れるような、早まったことはしません。

彼女の存在は保険なのです。

なぜなら好きになった人に振られる可能性も少なからずあるし、また相手の気持ちを確かめもせずに両思いと決めつけるのは大変にリスキーだからです。

このように彼女以外の女性を好きになったくらいでは別れは考えませんが、その女性との関係が一歩前進した時に別れを意識するのです。

こんなに都合のいい話はありませんが、彼にとってはもし好きになった女性との関係がうまくいかなくても、保険でとってある彼女の元へ戻ればいいだけのシンプルな話なのです。

しかし一方で好きになった女性とねんごろになりつつあるなら、彼女についてはいつ別れようかだけを毎日のように考えています。

 

彼女の束縛の強さに耐えられず嫌になった

彼女の束縛の強さに耐えられなかったり嫌になるのも、別れたくなるきっかけです。

束縛されたと感じた相手は、その場から逃げたくなる一方でしょう。

自由を奪われたも同然なので、必然的に別れを考えるようになるのです。

恋愛関係にあるからといって、自由を奪われるようでは意味がありません。

相手を束縛する気持ちもわからなくはないけれど、それでも束縛された方の身になって欲しいと彼は考えています。

しかし束縛する人は何があっても束縛の手を緩めることはありません。

また束縛する人は自分が束縛された経験がないため、その不快さを知りません。

ところが多くの男性は彼女からの束縛に甘んじることなく、音信不通にするなどして不快感をあらわにします。

すると束縛を否定された彼女は、束縛をやめるどころかもっと束縛するようになるのです。

束縛に耐えきれなくなった彼が、しまいには「もう別れる!」となるのは当然でしょう。

強い束縛から逃げるために別れると決めたら、もう一切後ろを振り返ることはないのです。

彼女にも言い分はあるでしょうが、彼にとっては筋が通らないばかりか聞く耳さえ持ちたくないのです。

 

2人の関係がマンネリ化したため、付き合うのがつまらなくなった

2人の関係がマンネリ化すると、付き合うのがつまらなくなるもの。

そうなったら彼が別れを意識するのは、自分だけの時間に重きを置きたくなるからです。

付き合うのがつまらないなら付き合う頻度を減らせばいいそんな風に状況を冷静に見ているので、もっと興味があって面白いことに時間を費やすことを考えるのです。

それが彼の趣味であったり男友達と遊ぶことで、つまらない恋愛関係よりよっぽどマシなのです。

彼女がいる男性の多くが、恋愛初期の頃に比べ新鮮味が薄れつつあることを感じています。

もう飽きたと内心で思ってはいても、さすがにそんな正直なことは言えません。

マンネリは彼のモチベーションや情熱をも奪うのです。

一方でしぼんだ情熱が奮い立つのが、彼の趣味です。

どんな趣味であれ彼がひと時を費やすのは、興味があって楽しいからです。

彼女との関係がマンネリ化したのと反比例して、彼の情熱は再び目を覚まします。

恋愛関係の重要性もグンと下がるため、彼は「別れてもいいかな」と思うようになるのです。

 

忙しくて遊んでる暇もないし、仕事にも集中したい

別れを決意するきっかけで意外に多いのが、彼の仕事が忙しすぎる場合です。

忙しくて遊ぶ暇など全くない上に仕事にも集中したいとなれば、残る選択肢は別れだけでしょう。

彼女への関心が薄れてしまうことも、別れを考える理由です。

恋愛関係と仕事を両天秤にかけた時、彼は迷いなく仕事を選ぶと答えます。

彼のどんな思考が仕事を選ばせるのでしょうか?

それは恋愛の煩わしさにあると見られます。

彼は恋愛向きな性格ではないのかもしれません。

なので彼女との間に起きたちょっとした問題でも、仕事に影響するのを極端に恐れます。

仕事への熱意が高いのは一見プラスにしか見えません。

しかしそれと反比例するように恋愛への熱は冷める一方で、彼にはそれを止めることがどうしてもできないのです。

初めは好きで付き合ったもののどう頑張っても仕事への熱意が捨てきれなければ、仕方なく別れを選ぶことになるのです。

 

 

大好きな相手から「別れよう」と言われたときはどうしたらいい?

別れの言葉にパニックになりそうな時こそ、なんとか気持ちを落ち着かせる

大好きな相手から突然別れようと言われたら、誰もがパニックにおちいるものです。

深呼吸するなどして、なんとか気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

その場からいったん離れるのも有効です。

絶対に相手に詰め寄ったり、怒りをぶつけないようにしてください。

パニックになって取り乱せば何もかもが大混乱です。

問題があらぬ方向へと波及してしまうことも考えられるので、冷静さを取り戻すことに専念してください。

落ち着きさえすれば冷静に対応できるし、パニックになるよりは最小限にショックを抑えられます。

どんなにうまくいっているカップルでも、相手から「別れよう」と言われる可能性は少なからずあります。

ですからあらかじめそういったシチュエーションをイメージしておけば、いざというときにパニックにならずに済みます。

特に感情的な性格だったり、怒りっぽかったりすぐにヒステリックになる人は要注意です。

「別れたい」の言葉に強い反応を示さないよう、想像力を働かせることが大切です。

 

怒りや悲しみを見せずに、冷静になぜ別れたいのか理由を尋ねる

「別れたい」と言われたら、冷静に「なぜ別れたいのか?」と別れたい理由を尋ねてください。

驚いたことに、決定的な理由がない場合もあります。

また一時的な気の迷いという可能性も十分に考えられるし、実は別れなくてもすむくらいの大した理由ではなかった、ということも往々してあるのです。

たとえば「ちょっとだけ1人になりたい」と思っている時、なぜか思い余って「別れたい」と言ってくることがあります。

これでは完全に誤解してしまいます。

自分の気持ちに忠実に言葉にできれば、こんな誤解を招くことはありません。

しかし彼の語彙力がいまいちだったり思った通りに言葉にできない寡黙なタイプだと、誤解してしまうことも多々出てきます。

このような理由からもし彼に別れようと言われても、極力怒りや悲しみを見せない方が良いのです。

なぜなら彼は、彼女を悲しませるつもりなど毛頭ないのですから。

あくまで冷静に対応してください。

そしてきっちり理由を聞きましょう。

納得できる理由だったら、それ以上突っ込んだ話を聞くのはやめておきます。

 

理由を言わない場合は「言ってくれるまで別れない」と告げる

理由を聞いても教えてくれない場合は「言うまで別れない」と告げます。

別れたいからには、理由があるはずです。

仮にその理由を知っていても、彼の口からきちんと聞くこと。

また素直な気持ちを聞きたいなら、何か言いたくても我慢してください。

彼から理由を話してもらうことで初めて、別れというトピックについてのコミュ二ケーションができるのです。

理由を聞く際は一切反論せず、彼の話を100%聞くようにしましょう。

相槌を打ったり「それで?」というように会話を促す言葉だけに徹すれば、言いにくいことでも彼は言葉を濁す必要がなくなります。

 

感情のコントロールを忘れない。いきなり泣くのは超NG

別れようと言われたら、感情のコントロールを忘れないようにしてください。

完全に制御不能になったあげく、いきなり泣くのは超NGです。

泣いても解決しないどころか、状況をさらに悪化させてしまいます。

とは言えあまりのショックにフリーズしてしまうと、コントロールなどとても考えられません。

なので気づいたら涙が出ていた、そんな状況も考えられます。

実はいきなり泣くようでも、涙は勝手に出てしまっている状態なのです。

感情とはそもそもコントロールしにくいものなので、それをコントロールするとなると相当な努力が必要です。

なので完璧にコントロールできなくても良いと考えましょう。

完璧を求めるのは失敗の元ですから、できる範囲で取り組んでみてください。

 

彼を責め立ても何も解決しない。強い口調は控える

彼を責め立てても何も解決しません。

別れようと言われたことに怒りが沸騰しても、強い口調だけは控えてください。

彼を責めるのは、別れることに真っ向から否定的だからです。

別れに納得していないのなら、責めたくなるのは当然でしょう。

別れたくないことをなんとか彼にわかってもらいたいし、それが突然なら怒りたくなるのも仕方ないと言えます。

しかしこの場は、責めたくなる感情をグッとこらえなければいけません。

もし責めてしまったら、彼はよりいっそうかたくなになってしまいます。

責められたことがイヤになって、もう2度と口をきいてもらえなくなる可能性も出てきます。

なぜなら彼にとってまるで敵のような存在に見えるからです。

せめて感情的になったり強い口調になるのは控えましよう。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

別れようと言われたけど別れを回避するにはどうしたらいい?

別れたくないことを素直に伝え、彼の反応をうかがう

別れを回避するには、別れたくないことを素直に伝えることが先決です。

伝えたあと彼はどんな表情をしているか、あるいはどんな返事が返ってくるか、彼の反応をうかがってください。

予想できるのは「別れたくない」という彼女に否定的なスタンスを見せること。

彼は彼なりに考えたうえでの別れです。

そう簡単にひるがえすわけにはいかないのは確かです。

しかし仮にそうであっても、思っていることを伝えずに彼の言いなりになってしまうことが問題なのです。

黙っていたら、OKと同じことです。

別れを承諾したくないなら、そのことをきちんと伝える必要があります。

まして絶対に別れたくないなら、まずはそこからです。

 

距離をおきたいと言われたら、反論も否定もせずその場ではいったん承諾する

距離をおきたいと言われたら、いったんは承諾してください。

承諾するということは、相手の意見を認めるということ。

そんな彼女のスタンスに、彼は少しホッとすることでしょう。

なぜなら反論されたり否定されることをあらかじめ予想していたからです。

緊張感がスルリと解けひと安心した彼は、心の中に微妙な変化が起きます。

別れを宣言したはずなのに、今度はなぜか彼女に肯定的な目線を持つようになるのです。

とは言え「別れよう」は否定的な言葉です。

なので別れたいと伝えた相手から否定的に見られても仕方がありません。

しかしここで否定せず別れを受け入れ、そして承諾することでその後の関係がもっとスムーズになることもあるのです。

そのためにも別れを否定的に見ないことが大切です。

 

悪い部分を指摘されたら、言い訳せずに謝る

「別れたい」と言われるのと同時に、悪い部分を指摘されることもあります。

「こういうところがイヤだ」

「なんでいっつもそうなの?」

「もう顔も見たくない」

特にケンカの際、こんな風に言われてしまうもの。

彼の怒りが最高潮になれば、勢いで「別れよう!」と言われるのは当然です。

いくら怒っているからと言って悪い部分を指摘されるのはつらいし、認めたくないのが正直なところです。

しかし別れたくないなら、言い訳せずに素直に謝った方が絶対に得策です。

謝られた方の彼は素直に認めた彼女に肩透かしを喰らうのは確実なので、それまでの怒りが一気に消えていくことでしょう。

彼の言い分が気にいらなかったり反論したくても、それをやってしまうと別れは避けらない事態へと発展します。

グッとこらえて「そうか、悪かった、ごめん」とだけ言ってください。

あれこれ言い訳する必要はありませんが、謝るのは一方的に自分が悪いからではなく、別れないための一つの作戦と考えてください。

 

悪い部分は直したい旨を伝え、具体的な方法を提案する

自分の悪い部分は直したい旨を伝えましょう。

具体的な方法を提案すればさらにベストです。

もっとも良い方法は、彼を自由にさせてあげることかもしれません。

これなら彼も納得するだろうし、別れなくても済みます。

ただし別れたくない気持ちに必死さや焦りを見せてはいけません。

彼はそういう態度に見えない圧力を感じるので、なぜかそれに抵抗したくなるのです。

彼女が見せてくる必死さは、彼にとって不快でしかありません。

立場的にも公平ではなく完全に彼が上位に立っているので、選択権をも彼に委ねたことになるのです。

もし別れを回避できたとしても、その後も延々と彼から上から目線で見られることになるでしょう。

これらのことを未然に防ぐためには、冷静に対応することが重要です。

別れたくないからといって、彼にすべてを委ねないようにしてください。

 

自分磨きで自分に自信をつける。彼を忘れるくらいでちょうどいい

別れたくないなら、自分磨きで自信をつけましょう。

その際、彼のことは忘れるくらいでちょうど良いと考えてください。

別れようと言われたことに関しては、保留を提案します。

そして熱中できる自分磨きをすぐに始めます。

こうして彼と距離をおけば、お互い別れについて冷静に考えることができます。

絡まった糸の末端を探し出すことができれば、ほぐすのは意外に簡単です。

でも別れ話の原因となった末端を探さなければ、別れは避けられません。

そのためには、彼といったん距離をおくこと。

しかし距離をおいても、始終彼のことばかり考えていたら逆効果です。

彼のことはいったん忘れるくらいがベストな距離のおき方です。

距離をおいている間は、自分がもっとも夢中になれるようなことをやっていってください。

これが本当の自分磨きで、心身ともに磨かれる上に魂も磨かれるのです。

 

別れる前に距離を置くときの注意点

彼と距離をおくときは「いついつまで」と期間を決めること

距離をおくときは、期間を決めておくのが別れなくて済むコツです。

もし決めないで距離をおくと、フェードアウトは避けられないでしょう。

たとえば「今日から一カ月くらいは連絡しない」「明日から○月末までは会わない」のような感じで、おおまかな期間を決めておきましょう。

「しばらく会わない」「連絡するのはいつになるかわからない」などのようにはっきり期間を決めない伝え方だと、相手にまったく関心がないか最後通告のように受け取られてしまいます。

これでは別れを承認したも同然ですから、期間を決めることはマストなのです。

また不安や恐れを回避できるのも、期間を決めるメリットです。

ただ単に距離をおくよりも、ある一定の期間を設けることで相手に対する感情に変化が見られるので、別れる原因に対するこだわりや執着も薄れ、再び以前のような関係に戻りやすいのです。

冷却期間としてもよく知られていますが、距離をおくことはお互いに冷静さを取り戻すために必要不可欠です。

ケンカした時も無理に仲直りするよりも、距離をおく方がより良い結果を生み出します。

またその期間をいついつくらいまでと決めることも、忘れてはならないほど必要なことなのです。

 

距離を置いている間は一切連絡しない。しつこくすればさらに距離をおかれる

彼と距離をおいている間は、一切連絡しないこと。

しつこくすればさらに距離をおかれてしまいます。

彼の立場になって考えてみましょう。

こちらがしつこくしているつもりはなくても、彼がどう思っているかは彼にしかわかりません。

ちょっとしたアクションでも、彼は過敏に反応してしていることもあるのです。

その結果「しつこいやつ」という烙印を押されるかもしれません。

さらにそのまま永遠に「しつこい人」に成り下がってしまう可能性もあるのです。

別れを前提とした状況は、非常に繊細なシチュエーションです。

なぜなら普段なら全く問題ないことでも、お互いに過剰に反応することが往々にしてあるからです。

また彼への連絡は、それがたとえ一瞬であっても彼の気持ちをこちらに強く引きつけるアクションです。

彼女への意識が全くない時に彼女から連絡が来たら、彼はどう思うでしょうか?

もししばらく忘れたいと思っているなら、連絡が来ることさえ迷惑かもしれません。

あなたができることは彼に連絡することではなく、彼の頭の中から自分のイメージを消すこと。

そのためには一切彼に連絡しないこと。

これしかありません。

 

SNSなどのチェックに血まなこになればストーカー級にしつこいと思われる

SNSなどのチェックに血まなこにならないよう気をつけましょう。

スマホを開けば、いつも彼のSNSチェックが習慣だったかもしれません。

距離をおくようになればもっと彼の様子を知りたくなるものですが、一歩間違えれば「しつこい」と思われてしまいます。

閲覧するだけなら何も問題ないでしょう。

しかしいいねやコメントは、絶対にNGです。

さらにメッセージは論外です。

せっかく距離をおいているのに「SNSでのアクションはOK」と勘違いしないように。

全くの逆効果どころか、彼はますます別れたいと思うことでしょう。

彼女のチェックが入っていると知るや否や即、彼は逃げの体制に入ります。

なぜなら密かにストーキングされていると誤解するからです。

最悪ブロックされたり音信不通になることも考えられますから、そうなれば別れを回避したいのに逆に別れを認めざるを得ないことに。

気軽にコメントできる点ではSNSは非常に優れたコミュニケーションツールと言えますが、使い方を誤ると相手に誤解される元となるだけです。

彼のSNSは、見るだけに留めておきましょう。

 

別れたい気持ちに変化が見えない場合は、無理矢理引き留めず自由にさせる

別れたい気持ちに変化が見えない時、どうしたらいいかわからないかもしれません。

しかしこういう時こそ、無理に引き留めないでください。

彼を自由にさせることに努めましょう。

自由にさせることで、彼はじっくり考えることができるのです。

今までのこと、そしてこれからのことを改めて振り返るのは、2人の関係性の前進につながります。

ところが寂しい、かまってもらいたいと彼の自由を奪うようなことをやってしまうと、彼はじっくり考えることができなくなってしまいます。

2人の関係は、確実に元の木阿弥でしょう。

これは変化を恐れる人がやってしまいがちです。

2人の関係性を向上させるには、変化がつきものです。

つまり彼が「別れたい」と思ったのは、変化の前触れなのです。

変化を前向きにとらえられた人は関係性の向上を手に入れられますが、変化を恐れる人は相変わらず同じところで足踏みしたままです。

深層心理に相手を失う不安や恐れが渦巻いているカップルは、ケンカや別れを繰り返します。

恐れや不安を手放さない限り、再び別れることになるでしょう。

 

別れる際に感謝の気持ちを伝えれば、復縁の可能性は飛躍的に高まる

もしも別れることになっても、復縁の可能性が飛躍的に高まる方法があります。

それが感謝の気持ちを伝えることです。

感謝の言葉を発したとたん波動的に非常に強いエネルギーを発し、それが相手に伝わります。

そのため感謝された方は、何とも言えない良い気分を味わうのです。

通常であれば「別れよう」となった時、泣いたり怒ったりなど否定的なシチュエーションになるものです。

そうなれば否定的な言葉使いになるのも当然なので、2人を取り巻く状況は悪化の一途を辿ります。

たとえば「もう2度と会うことはないだろう」「もう会いたくない」など、相手を否定する言葉ばかりを並べますが、相手が嫌いなわけではないのにそうなってしまうのは、心の中が悲しみや怒りでいっぱいだからです。

結果的に自分を受け入れてもらえなかったことは強い悲しみとなって、どう転んでも元どおりにならないと自覚します。

だからこそ最後の悪あがきとして、思い切り否定的な言葉が出るのです。

一方で感謝の言葉は、それとは正反対の状況を招きます。

少なくとも相手に悪いイメージは抱きません。

それどころか今度は自分が相手に感謝したくなるのです。

これが相手に感謝するメリットであり、思いもよらぬご褒美でもあるのです。

 

別れようと言われたけど別れなかったそれはこんな言葉があったから!

「私にはどうしてもあなたが必要なの」

「私にはどうしてもあなたが必要!」というように完全に別れを押しとどめる一言があれば、たとえ別れようと言われても最終的に別れにつながることはありません。

彼にとってこのひと言は、効きすぎるほど効果がある言葉なのです。

なぜなら、他の男性では代理がきかないとはっきり表明したようなものだからです。

思っていることをはっきりと伝えるのは、とても重要なことです。

しかしはっきりと言えずに悶々とする女性は、枚挙にいとまがありません。

そういう女性たちの多くが「本音を言ったら嫌われる」という観念に怯えています。

つまり彼氏に嫌われたくない一心で、本音を言わないのです。

ところが男性たちのほとんどが、言わなくてはわからない性質を持っています。

このように「言わなくてもわかるだろう」と考える女性と「言ってもらえなきゃわからない」と考える男性とでは、思考のあり方に途方もないほど雲泥の差があるのです。

この場合、思い切って本音を言った人が勝ちです。

それ以外の人は本音をいうことをためらうので、いつまでたっても彼と他人行儀な一面が抜けません。

 

「あなたと別れたらきっと一生後悔すると思う」

彼女が別れを後悔するような言葉も、別れにブレーキをかけます。

たとえば「あなたと別れたらきっと一生後悔すると思う」のような感じです。

彼との間に何があったのか、後悔すると思わせたきっかけについてはこの際どうでも良いのです。

彼が問題点とみなすのは、確実に彼女が後悔しそうなのが間違いないからです。

別れるに至った経緯はなんであれ彼女への気持ちがまだあるなら、後悔させたかもと考えただけで身震いするほどなのです。

多くの男性は、好きな女性に後悔させるような嫌な男には絶対になりたくないと考えます。

いつまでもいい男に思われたいし嫌われたくない、そう思っているのです。

このような点から、彼女から「別れたら後悔するかも」と言われてしまった彼は、さすがに別れを考え直すはずです。

彼が別れを望んでいても、実際にそうなるかは誰にも決められないのです。

 

「今までで一番好き!だから別れたくない」

「今までで1番好き」という言葉も、彼を別れたい気持ちから遠ざけてくれます。

また「好きだから別れたくない」と、彼にはっきり伝えることは大変に重要です。

「別れたくないなんて言いたくない」と思っているだけでは、彼に本気度が伝わることはありません。

むしろ「彼女は何を考えているかわからない」と勘違いされてしまう可能性もあります。

実は彼は勘違いしているわけではなく、はっきり言ってくれない彼女の気持ちを推測しているだけです。

しかし推測は推測でしかありません。

別れたくないという本音を知るには、彼女の口から彼女自身の本音を言ってもらわなければなりません。

ところが彼の方にはっきり言って欲しい気持ちがあっても、それをあえて懇願しないケースも多いです。

プライドがそうさせているのでしょう。

もし彼女から「別に好きじゃないし」と言われたら身もふたもないし、彼のプライドは物の見事に崩れ落ちてしまいます。

そんなリスキーなことはしたくないのが、彼の正直な気持ちです。

なので彼女の本音を聞きたい反面、実際のところは聞くに聞けない状態なのです。

 

「いつもありがとう、そしてこれからも一緒にいたい」

「いつもありがとう」という日頃の感謝は、そう思っていても口に出すことはほとんどないのが現実です。

しかし別れるとなった時ほど、この言葉が相手の心にしみることはありません。

そして別れがまだ本決まりではない場合に限り「そしてこれからも一緒にいたい」という言葉を必ず付け加えてください。

別れたいの一点張りだった彼の心が、突然揺れ動くのがこの言葉なのです。

当然ながら別れを考え直すことになるでしょう。

感謝の言葉をサラリと言える人は、性格の良さも滲み出るものです。

結局、人が一緒にいたいと望む相手は、たいてい性格の良さがポイントであったりもします。

もちろん外見的な要素も魅力に映る点ですが、徐々にその重要性は下がるものです。

いずれ彼も「これからも一緒にいたい」と言ってくれる人が人生においてのキーパーソンだったことを知ることでしょう。

それまでにいろいろ迷いはあるかもしれません。

また別れたいと言ってくる可能性もゼロではないのです。

しかしバックボーンに性格面がずば抜けて良い彼女の存在があれば、迷いがあっても一時的なものです。

くっついたり離れたりしながら寄り添って行ける相手が、何より求めていた関係と理解できる日がいつか必ず来るはずです。

 

「一緒にいると落ち着くし、もうあなた以外に考えられない」

「一緒にいると落ち着く」という言葉も、別れを考えた彼の心をとらえて離しません。

さらに「もうあなた以外に考えられない」と付け加えれば、別れようとした気持ちを彼は帳消しにするでしょう。

もう知っている人も多いかもしれませんが、言葉には「言霊」と呼ばれるエネルギーが宿っています。

言霊のエネルギーはプラスマイナスのどちらにも傾いておらず、フラットな状態です。

そしてそのフラットなエネルギーにパワーを与えるのは、言葉を発した人の思考です。

プラスに働くのは、ポジティブな思考によって発せられた言葉です。

ポジティブな言葉を発すると、相手はそれに反応します。

すると相手はなぜかポジティブな言葉を返したくなるのです。

恋愛関係にある2人がポジティブな言葉のやりとりをするだけでますますうまくいくのは、プラスのエネルギーをお互いに交換するためです。

これが言霊の相互作用です。

言霊は使い方次第で、相手を生かすこともあやめることもできます。

彼と別れたくないなら、別れたいという気持ちを尊重することから始めましょう。

それが言霊に生かされれば、彼を否定することなどとてもできないはずです。

また別れは悪いことではなく、恋愛関係のプロセスの一部です。

いったん別れたとしても、その後の可能性は無限大です。

なので別れることを悪いことと判断しないでください。

判断してしまうと、可能性の広がりはストップします。

別れようと言われた時こそ、別れを重大にとらえないことが何よりも大切なのです。

もし重大にとらえてしまうと、それを重くとらえた彼はもう2度とあなたの前に現れないでしょう。

別れを回避するためには、非常に逆説的ですが「別れるのもやむなし」と考えることが結果的にプラスに働くのです。

これをぜひ覚えておいてください。

最後に、別れを回避するための前兆について解説した記事を紹介しておきますね。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「別れようと言われても諦めないで!別れのピンチを乗り越えて絆を深めよう」

 

占い師 姫乃

別れようと言われても素直にそれを受け入れないことが重要!

諦めてしまったらそれで終わっちゃうから。

別れのピンチを乗り越えることは、あなたにとって一つのミッションなの。

あなたにはそれができる。

一度乗り越えてしまえばもう振り返ることもしなくて大丈夫だし、台風の荒れ狂った大波もやがておさまる日が絶対に来る。

そしてそのあかつきには、彼との絆はもっと深まると信じてね。

【あなたの恋愛をいつも心から応援してる姫乃がお届けしました】

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事