同じ言葉を遣う男性心理って?あなたへの好意の本音と脈ありサイン&彼ともっと親しくなる恋愛テクニック  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 
今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。
 

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

 
実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

 
それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。
 

>>大人の誕生日占いで診断する<<
 

 

同じ言葉を遣う男性はどんな心理状態なのでしょうか?

あなたへの好意の本音と脈ありサイン「ミラーリング」について熟知しておけば、彼ともっと親しくなる恋愛テクニックを手に入れることができます

彼が何を考えているのかが手に取るようにわかるだけでなく、もっと親しくなれるでしょう。

 

復縁メニューはこちら

同じ言葉を使うと男性と恋愛関係が発展しやすい?心理学的観点から解説

自分の考え方と似ていたり、同じ発想の人に親しみを感じやすい

同じ言葉を使うと男性と恋愛関係に発展しやすいのは、自分の考え方と似ていたり同じ発想の人に親しみを感じるためです。

また相手にとても興味がある場合も、同じ言葉を使ってくることがあります。

これが相手に対する同調です。

たとえば相手のことがとても気になっているものの、まだそこまでお互いの気持ちを確かめ合っていない場合、どちらともなく相手に同調する傾向があります。

むしろ会話中は何かと同調せざるを得ません。

なぜならもし相手の意見に同調せず否定的な姿勢を見せてしまったら、たったそれだけでそっぽを向かれる可能性があるからです。

嫌われそうなことだけは、何としてでも避けたいもの。

このような否定的な姿勢の対極が、同調です。

しかし相手に対する同調も度を越してしまえば、一転して気まずい雰囲気になることもあります。

何でもかんでも同調するのはお互いのために良くないのですが、相手に嫌われたくないからとつい同調してしまう点が問題なのです。

また相手が「好きなら同じ意見なのは当然」と、プレッシャーをかけてくるのが同調圧力と呼ばれるものです。

同調圧力とは自分の意見に賛同させようとして、圧をかけてくることを言います。

たとえば「俺の言うこと聞けないの?」と言うだけならまだしも「どうなっても知らないよ」などと、圧力がいつのまにか脅しへとスタンスを変えることも往々にしてあるのです。

相手への同調は、基本的に「適度に」がポイントです。

付き合いが長くなるほど相手に圧力をかけやすくなるので、また相手もそれに抵抗を感じるようになるのです。

一方でまだ相手のことがまだよくわからない場合、彼が盛んに同調してくるようなら少なくとも親しみを感じているのは確かです。

このままいけば、やがて恋愛関係に発展する可能性は十分にあると考えてください。

両想いの人とは気持ちが通じやすいため、愛情も深まりやすい

「相手とは確実に両思い」という場合、同じ言葉を使うことによって気持ちが通じやすいメリットがあります。

お互いの気持ちが通じ合えば、当然ながら愛情も深まりやすいです。

恋愛関係において相手とのコミュニケーションが大事なのは、それ以上に愛情が深まる物がないからです。

会話の他にはボディタッチもお互いの気持ちを高められるコミュニケーションスキルですが、何よりも愛情が深まるのが相手と同じ言葉を使うことなのです。

特別に意識していなくても「いつのまにか好きな相手と同じ言葉を使うようになっていた」ということがよくあります。

これは一緒にいる時間が増えるつれ、それぞれが使っているちょっとした言葉の言い回しや口癖などがそのまま相手に移ってしまうためです。

相手との関係によりますが、言葉はお互いに伝染しやすい性質を持っているのです。

また同じ言葉を使うのは「模倣」とも言えます。

模倣とは相手を真似ることです。

真似るつもりはなくても好きな相手を前にした時、なぜか相手と同じような言葉を発している自分に気づくことがあります。

わかりやすい例としては、大ファンのアイドルの服装や髪型を真似るのも模倣です。

模倣によってより大好きなアイドルに近づくことができる、そういった心理が働くのです。

ただし模倣はわざと相手と自分を似せようとすることです。

一方で相手と同じ言葉を使うのは、わざと似せようとしているわけではなくあくまで無意識の領域です。

相手を好きだったり関心があれば、知らず知らずのうちに相手と同じ言葉を使うようになるものなのです。

これは相手を好きだからこそ、です。

好きだから自分への影響力が言葉として、色濃く現れるのです。

それが両思いならなおさら同じ言葉を使ううちに、さらに相手に対する愛情が深まっていくことでしょう。

片思いの相手とは好意が伝わりやすくなるため、両想いにつながることも多い

相手に片思いという場合、同じ言葉を使っていると、そうでない時よりも相手に好意が伝わりやすいです。

相手もまた好意を感じるので、両思いにつながるケースも多くみられます。

両思いになれば、お互いにもっと同じ言葉を使うようになるでしょう。

そしてそれがさらに2人の距離を近づけてくれるのです。

しかし人によっては、自分の言葉をそのまま彼がオウム返してくるのを嫌がります。

嫌がる理由は「なんだかおちょくられているような気がするから」です。

彼はおちょくっているわけでもバカにしているわけでもありませんが、でも彼女が「いや、バカにしてるでしょ」ととらえてしまったら嫌な気分は避けられないでしょう。

このように相手によっては、同じ言葉を繰り返されるのことに猛烈な違和感を感じる人もいるのです。

また片思いという状況下であれば、相手に誤解を与えかねません。

このような時に役立つのが「傾聴」です。

傾聴とは、ひたすら相手の話を聞くことを言います。

また傾聴できる人は聞き上手な人でもあり、周囲の人たちから厚く信頼されるところが特徴です。

ところがそんな傾聴も、実は相手の言葉をオウム返しするのが外せないポイントです。

大切なのは単純に聞き役に徹するだけでなく、適度に自分の言葉でレスポンスすることなのです。

そうなればただやみくもに同じ言葉を使うのはマイナスと考えるべきで、その点、傾聴ならやり方によっては相手から絶大な信頼感を得られます。

それが片思いならなおさら恋愛関係へのステップアップが期待できるでしょう。

さて男性が「好きから愛してるのに変わる」のはどういう時でしょうか?

彼の気持ちが変わる瞬間については、こちらで詳しく解説しています。

いろいろな面で似ていたり共通点があると、親近感からお互いに居心地良く感じる

いろいろな面で共通点があると、恋愛関係はよりいっそう発展しやすくなるものです。

次々に共通点が現れると、お互いに親近感が湧いたり居心地よく感じるのでもっと寄り添いたくなるのです。

そのうち自分が考えていることを、そのまま相手が代弁することも出てくるでしょう。

以心伝心とはまさにこのことです。

同じ言葉を使う頻度が増えるたびに、まるでもう1人の自分がそこにいるように感じるはずです。

共通点は2人をさらに結びつけるためのヒントなのです。

時には「2人はソウルメイトでは?」と思わせるようなヒントも隠れています。

たとえば過去に同じ場所に同時期に行っていたことが発覚したり、共通の友人が何人もいたり2人の出会いのキーパーソンとなる人がいたり。

面白いほどに共通点が見つかるのがソウルメイトの特徴でもあって、普通ではあり得ないような共通点が多いのも興味深いところです。

ソウルメイトの観点から見た時、共通点とは今世での出会いを後押ししてくれるヒントとなるのです。

一緒にいて他人では感じないような居心地の良さがあるのは、今世で出会うべくして出会った相手だからです。

同じ言葉を使うのが日常的になれば、恋愛関係への扉を開け一歩踏み出す準備ができているということです。

 

恋愛で好きな人と同じ言葉を意図的に遣う男性の本音

男性が好きな人と同じ言葉を遣ってくるのは、無意識に「信用されたい」と思っているから

男性が恋愛で好きな人と同じ言葉を意図的に遣うのは、相手から信用されたいと思っているからです。

意識してそうしているわけではなくほとんど無意識で同じ言葉を遣ってきますが、これは男性に「信用されないかも?」という恐れがあるからです。

潜在的にそういった恐れを抱えているのは確かでしょう。

好きな人に近づくには、まずは相手の防御を外さなければなりません。

男性たちの多くが「女性はそう簡単には気を許してくれない」と知っているからです。

防御を外すことができて初めて、相手は自分に心を開いてくれるのです。

同じ言葉を使ううちに、女性はどんどん気を許したり心を開いていくことでしょう。

ここまで来れば男性の思う壺で、男性は信用されていると実感します。

何か問題が起きない限り、彼は相手から勝ち取った「信用」を盾にもっともっと踏み込もうとするでしょう。

恋愛関係において、まずは相手に信用されること。

これが男性たちが最も重要視していることなのですが、好きな女性に信用されることを目的として同じ言葉を遣ってくることはまれです。

好意があることを知ってほしいので、さりげなく相手との距離を近づけるため

相手に好意があることを知って欲しい男性が、好きな人と同じ言葉を意図的に遣うこともあります。

また相手との距離を近づけたい、という描いも持っています。

しかし彼はあくまで「さりげなく」を死守します。

なぜなら好きな女性に、不躾な態度と思われたくないからです。

彼としては、あからさまに好意を見せるのはもってのほかなのです。

この点は男性ならではのプライドがそう思わせているのでしょう。

好意があることを表明したくても彼のプライドが「好意を見せるな」と戒めているので、彼自分のプライドと感情とのはざまで頭を悩ませ葛藤します。

「じゃどうすればいいのか?」

そう考えた時、彼はなんとか好きな女性に近づこうと試みますが、好きなら近づきたくなるのは当然でしょう。

次に相手との会話の前に、彼はさらに無意識の領域から何かをつかみとります。

それが同じ言葉を遣うことで、もっと近づくためには相手からの共感を得ることが必須だからです。

同じ言葉を遣って会話しているうちに、相手から少しずつ共感を得られていることを感じるはずです。

なぜなら同じ言葉を遣うのは、相手に対する共感以外の何ものでもないからです。

こうして彼は好きな人と同じ言葉を遣うことで、相手の共感を得られれば「相手と近づける」という彼本来の目的が果たせるのです。

彼女に好かれたいが、まずはどう思っているか確かめたい

好きな人と同じ言葉を意図的に遣ってくるのは、彼女が自分のことをどう思っているかを確かめるためという意味もあります。

彼の本心は「彼女に好かれたいから」です。

それを聞いた誰もが「じゃ自分から告白するのが筋じゃない?」と思うかもしれません。

しかし男性たちは例外なく臆病さを隠し持つ人間であることを忘れてはいけません。

男性のイメージは、圧倒的な力強さと包容力です。

どんな試練にも負けない精神的なパワーを持っている、つまり精神的、かつ肉体的な強さが男性特有のイメージなのです。

ところがこれは頭の中にある空想であり、大まかなイメージに過ぎないのです。

ひとつの刷り込みとも言えるでしょう。

みなぎる強いパワーを持つのは、むしろ女性の方です。

またうちに秘めたるパワーによって、マルチな力強さを発揮できるののも女性ならではの特徴です。

出産が良い例です。

命をかけてひとつの生命を産み出すことができるのは、女性性が限りなく壮大な宇宙のパワーとつながっているからです。

出産を終えた女性が、怖いもの知らずになるのはそのためです。

自分の身の安全ばかりを考えていたら、命をかけて生んだ大事な子供を守ることなどできないからです。

男性と女性は、このようにマクロな観点から見ても大変に大きな違いがあります。

女性なら誰もが「好きなら告白してきて欲しい」と思うものですが「そういうわけにはいかない」というのが男性たちの本音です。

仮に告白するとしても、相手に対し絶対的な信頼がないとできません。

最初から危ない橋とわかっていたら、渡ることなど考えもしないのです。

その点、同じ言葉を遣って相手の反応を確かめることくらいなら、危ない橋を渡らずに済みます。

自分も傷付かずに済むし好きなのか、それとも少なくとも好意を感じてくれているかを確かめるには、最も効率が良い方法なのです。

緊張のため何を話したらいいかわからず、ついオウム返しになってしまった

好きな人と同じ言葉を意図的に遣ってくる男性の中には、緊張のため何を話したらいいかわからない人もいます。

相手を好きすぎてついオウム返しのようになってしまう状況ですが、これは恋愛初期の男女で多々見られることです。

また気の利いたセリフを言おうと思っている時も同じようにオウム返しや同じ言葉を遣ってくることがありますが、理性で話そうと思っていても咄嗟に何を言っていいのかわからなくなると、ますます混乱を招いてしまうのです。

ところが混乱すればするほど、言葉は出てきません。

彼としては混乱している姿を絶対に見せたくないし、好きな相手に「なんだか焦ってるみたい」と思わせないようにしたいと必死です。

何としてもこの急場をしのぐ必要がありますが、やっとの思いで出てきたのが「同じ言葉」なのです。

彼は同じ言葉を発しながらも、実は自分が何を言いたいのかを懸命に模索しています。

すぐに見つけ出せていたら、同じ言葉は遣ってきません。

しかし模索するにはある程度の時間が必要なので、その間、同じ言葉を遣うだけでそれまでの時間稼ぎができます。

このように彼が同じ言葉を遣ってくる時、何を喋っていいいのかわからなくてさらに緊張していることもあるのです。

無意識に相手と同じ言葉を使う癖があって、出てしまってから気づくことも多い

恋愛で好きな人と同じ言葉を意図的に遣ってくるように見えても、それは単なる「癖」という場合もあります。

そのため会話中も頻繁に同じ言葉を繰り返す「オウム返し」をしてきます。

癖なので本人はいたって無意識だし、出てしまってから気づくことも多いです。

たとえば無意識にオウム返しを繰り返しているうちに相手が怪訝そうな表情をしていたりオウム返しを指摘された時に、初めて自分が何をしていたのかがわかるのです。

癖とはそういうものです。

昔から「無くて七癖有って四十八癖」と言われるように、人は誰もがその人特有の癖を持っているものです。

癖の種類はさまざまですが、たとえば「貧乏ゆすり」などは、特に男性に多くみられる癖です。

その他「女癖が悪い」という表現も癖の問題だし、鼻をこするのが癖という人もいます。

いずれの場合も無意識にやっていることが多く、自分の癖に気付いても治ることは滅多にありません。

むしろ治さなければいけないほど偏った行動とは考えないため、放置する人がほとんどです。

相手の言葉をそのまま繰り返すのも、それが頻繁であれば癖に間違いないでしょう。

本人にそれを告げたら「え?そうなの?」と返ってくるのは確実で、たいてい癖とは気づいていません。

好きな人の前でも癖を連発するでしょう。

なぜなら緊張感も高まっているので、無意識な癖がさらに強化されるためです。

このように同じ言葉を遣うのが彼の癖なら、好意はあるかどうかの本音はイマイチつかめないでしょう。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特に大人の誕生日占いは近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「大人の誕生日占い」を初回無料でプレゼントしますね。

 

同じ言葉を使う男性心理|あなたのことが好きすぎて同調行動を取る心理

好きすぎることを遠回しに伝えたいため。仲間意識をアピールしようとして同じ言葉を使う

同じ言葉を使う男性は、好き過ぎることを遠回しに伝えようとする心理がはたらいている場合があります。

そのためにはまずは相手を承認することが必要だし、相手を承認するには仲間意識も必須です。

彼が同じ言葉を使ってくるのは、仲間意識があることをアピールするための手始めとして…、なのです。

つまり「こちらはあなたを仲間として認めてるよ」という意味なのでしょう。

まずは仲間意識があることを相手に理解してもらうこと。

とは言え彼の本音は「彼女が好きすぎる」なのですが、いきなり好きすぎるとはさすがに言えません。

仲間意識をアピールし彼側に心を開いてくれれば、もはや彼の手のうちに入ったようなものです。

その後は「好きすぎる感情」を、彼はもれなく行動に表してくることでしょう。

このように同じ言葉を使ってくる背景には、仲間意識アピールを意識していることが多いです。

そしてその本音は「好きすぎるから」で、それを遠回しに伝えたいからです。

好きすぎて相手の様子を観察しすぎてしまい、いつの間にか相手の言葉がうつってしまった

好きな人との同調行動を取る男性は、相手を好きすぎて観察しすぎることからその行動が始まります。

好きすぎるために相手の様子を観察するのはまだしも、相手の言葉までもがうつってしまうのです。

これはつまるところ、相手のエネルギーを自ら感染させた状態とも言えます。

このように気になっている人と自分のエネルギーとが混在してしまうのは、日常的によくあることです。

相手に共感しすぎると、相手のオーラを自分に取り込んでしまうのです。

良いことだけなら問題ないのですが、人によってはネガティブなオーラを取り込んでしまうことも出てきます。

自分の人生を問題なく生きていきたいのなら、相手に共感しすぎるのはよくありません。

最初は「好きな相手のしゃべり方や雰囲気が似てきちゃった」と嬉しくてたまらないはずですが、そう思えるのは本当に最初だけです。

やがて相手の問題なのに、自分までもが頭を抱えることになるのは確実でしょう。

「2人で頑張って乗り越えればいいじゃない」と思うかもしれませんが、魂の目的はその人個人の問題です。

つまりその人オリジナルのミッションなのであって、他人が介入しないほうがいいのです。

もし介入すれば話がややこしくなるばかりで、解決を遠ざけます。

介入を検討するのは相手からサポートを頼まれた時だけで、自分から進んで介入するべきではありません。

「好きだからそんな冷たいことはできない」というなら、自分が望む通りにやってみてください。

私たち地球人は感情に左右される人間たちの集合体です。

しかし感情に左右されることすべてが、良い結果を生み出すとは限りません。

「彼を好きだからサポートしたい」と考えるのは一見良い話に思えますが、それが相手のためになるわけではないのです。

むしろ遠くから見守る姿勢が、相手を成功へと導きます。

彼を幸せにしたいなら、まず自分が幸せになることを考えるべきです。

自分をどう思っているか、相手のその気持ちを少しでも理解したい

好きな相手と同調行動を取る理由は、相手の気持ちを少しでも理解したい思いがあるからです。

また同時に、自分のことをどう思っているかもとても気になっています。

そこで彼は、相手と同じ言葉を使ったらどう反応するかを確かめようとします。

と言うよりも、彼は良い反応を期待している部分が大きいです。

実は彼女自身、彼から注目されているように思えるのでちょっとした気分の良さを感じていますが、彼はそれを彼女の表情や立ち居振る舞いから察しています。

また同時に親近感も感じているので、やがては「他の人と違って彼は自分に近しい人」と思えるように。

これが同調行動を仕掛けられた相手に起きる心境の変化です。

明らかに好意を感じる男性からの同調行動にイヤな気分になる人はそう滅多にいないはずですし、どちらかといえば女性にとって好ましい行動に分類されます。

すぐにその後、相手との距離がグンと近づいたことを実感するはずです。

これはお互いの気持ちがひとつに寄り添い始めた、ごく初期段階によくみられることです。

このように同調行動は、あらゆる面で2人の絆を強化させます。

これは彼だけでなく、彼女の方も彼の言葉を使うようになるためです。

そうなればもはや無理に相手に気遣うこともなくなるので、徐々にツーカーの関係へとステップアップできることでしょう。

 

同じ言葉を使ってくる男性が見せる脈ありサイン

気づけばいつも一緒だったり近くにいつ、暇さえあれば話しかけてくる

同じ言葉を使ってくる男性とは「気づけばいつも一緒」というシチュエーションが目立つようになりますが、これはれっきとした脈ありサインです。

また暇さえあれば話しかけてきたり、話したそうなそぶりを見せることもあります。

彼が話したいのは同じ言葉を使うことによって、相手の反応を確かめられるからです。

なのでいつでも話せるように近くにいるのです。

とは言え特に話すことはないのに気づけばいつも一緒なのは、似たような波動を発しているからでしょう。

同じような波動の人とは近寄りたくなるものなのですが、それは安心感や平和な気分をずっと味わっていられるからです。

一方でどうしても馴染めない相手がいる場合、相性的な問題に加え波動的な違いがあるからです。

そういう人が近くにいるとまったく落ち着かないし、その場からさっさと逃げたくなってしまいます。

話も合わないし共通点も見つからないので、そういう人と一緒にいても疲れるだけです。

しかし同じ仕事をしている同僚という場合、逃げたくても職場から離れるわけにはいきません。

無理に一緒にいることになるので、波動は乱れまくりでしょう。

なぜならその人の波動に合わせようとして、大変なストレスがかかるからです。

そして相手の波動に合わせてしまったが最後、その瞬間から自分らしさを失ったり運気を下げる流れへと変化が生じます。

高次元で繊細な波動を持つ人でもひとたび低次元の波動に合わせようとすれば、とたんに多大なる精神的ストレスを抱えてしまいます。

たとえばネガティブな出来事とは無縁だったはずなのに、なぜか自分にとって不利益なことばかりが起きることも多いです。

仕事関係なら相手と接触を避けたりなど、回避することしかできません。

しかしあまりにも波動の違いがありすぎる人とは離れたほうが無難です。

同じ言葉を使ってくる彼の場合、いつも一緒にいて違和感を感じないなら大丈夫でしょう。

また波動は状況によってさまざまに変化します。

どうも気分が乗らないとか気落ちするような時は彼に合わせようとせず、1人になって気持ちを落ち着かせてください。

会話中こちらが言った言葉をオウム返しのように繰り返す

具体的な彼の脈ありサインは、会話中こちらが言った言葉をオウム返ししてきたり同じように繰り返してきます。

また人によっては、整理オウム返しと呼ばれる方法を使って会話してくる男性もいます。

整理オウム返しとは相手の言葉をそのまま繰り返すのではなく、相手の話を反芻しつつ自分の話をアクセントとして加えることを言います。

ただ繰り返すオウム返しよりも相手にとってもっとプラスの印象になるので、彼の存在そのものもイメージアップすることでしょう。

彼は整理オウム返しのスキルを、元々知っていたのかもしれません。

そのため好意を持った相手にもそのスキルが効果的とわかっているので、迷わず使うのです。

整理オウム返しは、普通のオウム返しに比べそのスキルは格段に上級者向けです。

「こんなに自分の話を熱心に聞いてくれた人はいなかった」

誰もがそう思い感動すら覚えるのが、整理オウム返しなのです。

彼と話していて心地よさを感じたりもっと話したくなったら、彼は整理オウム返しのワザを使っているのは確実でしょう。

表情まで同じにしようとしたら、かなり高い確率で相手に気がある

彼が言葉だけでなく彼女の表情まで同じにするようなら、それはまぎれもなく脈ありサインです。

かなり高い確率で、彼に気があるとみていいでしょう。

女性は男性に比べ、感情のおもむくままに言葉にして表現する傾向があります。

驚く時は大げさなくらいに驚き、また悲しい時は肩を震わせて悲しみます。

これは男性にはあまりみられない傾向ですが、女性を好きになった時ばかりはそうとも言えないのです。

相手と同じ言葉を使うのはもちろん、同じような表情になることも多々みられるのです。

これこそが彼の脈ありサインで、脈がなければこのような現象はないに等しいです。

スピリチュアルで見るなら、脈があるということは自分のエネルギーをすっかり相手に明け渡してしまったということ。

つまりエネルギー的には、相手と同化しているのです。

むろん相手はそれを知るよしもありません。

しかし彼の表情があまりにも自分とそっくりだと、ちょっと薄気味悪くも感じるはずです。

それだけ彼は彼女に夢中なのですが、彼の方も彼女と同じ表情をしているとは思っていません。

食べたり飲んだりのタイミングがほぼ同時のミラーリング的行動が特徴

相手と食べたり飲んだりのタイミングが相手とほぼ同時なら、ミラーリング的行動による脈ありサインです。

また普段の行動にも、脈ありサインとしてのミラーリング的行動が現れることがあります。

ミラーリングにはどのような行動があるのが見ていきましょう。

・相手が「いったん休憩しようか」と言った時、自分も「じゃいったん休憩ね」と言う

・相手がうなずいた時、自分もうなずく

・メールやlineの文章表現を相手と似せてみる

・相手が髪を触って整えるのを見たら、自分もさりげなく整えてみる

 以上はほんの一部ですが、ミラーリングの特徴はポジティブな面だけにフォーカスしている点です。

ネガティブ面をミラーリングしてしまうと、相手から否定的に思われるため逆効果でしかありません。

たとえば相手がひどい頭痛でキツそうな時、同じように「頭痛がしてきた」と言わないように。

一方で相手がショックで肩を落としているときに、元気いっぱいで明るい態度なのもマイナスです。

同じようにミラーリングする必要はありませんが、そっとしておいてあげるのがせめてもの優しさです。

同じ言葉を使う男性心理|ミラーリングを利用して彼と距離を縮める方法

相手と会話のテンポを合わせれば、ミラーリング効果によって気が合う人と思ってもらえる

ミラーリングを利用して彼との距離を縮めるには、まずは会話のテンポを合わせてみてください。

間違いなく彼に「気が合う人」と思ってもらえます。

彼の口から出る言葉がゆっくりゆったりペースなら、自分もそれに合わせてゆっくりゆったりペースを守ります。

それでも自分のペースが出てきてしまうこともあるでしょう。

もし嬉しすぎて突然、今までと打って変わって声だか&ハイテンションになったら、彼はびっくりしてしまいます。

それだけは避けるよう心がけてください。

逆に彼が声だか&ハイテンションタイプなら、ゆっくりゆったりな会話はNGです。

彼のテンションに完全に合わせるよう工夫してみましょう。

最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが「これはミラーリングなんだ」と意識すれば、きっと上手になるはずです。

徐々にではあっても、彼は「気が合う」と思ってくれることでしょう。

言葉や仕草を相手とまったく同じにしようとしないこともコツ

ミラーリングのテクニックで重要なのは、言葉や仕草を全部相手と同じにしようとしないことです。

私たちはロボットではないので、まったく同じにするのは無理があります。

また頑張って同じ言葉や仕草を真似ようとしても、相手が違和感を感じるだけでしょう。

基本は「ナチュラルに」です。

相手に違和感を感じさせないよう、ナチュラルさだけを念頭においてください。

会話中たったひとつだけミラーリング が入っているだけでも、むしろその方がより効果的なこともあります。

臨機応変にトライしてみましょう。

ミラーリングは少々コツが要りますから「あ、ダメだ」と思ったら、決して無理をしてはいけません。

何ごともほどほどが大切です。

少しずつ取り入れていくうちに、きっと難なくできるようになるはずです。

地方出身なら方言女子をアピールすれば、より自分本来の良さを見せられる

地方出身なら「方言女子」をアピールするのも手です。

方言女子は一部男性たちの間で隠れた人気となっており、話題沸騰中です。

好きな彼にもミラーリング効果を期待しながら方言を使えば、自分本来の良さを彼に見せることができるでしょう。

彼の方もいつのまにか方言がうつっているはずですから、会話もさらに盛り上がること請け合いです。

彼が地方出身の場合、方言を教えてもらってください。

それぞれの地域の方言をマスターしたら、2人の会話は止まるところ知らずでしょう。

相手をミラーリングし、今度は逆にミラーリングされる側に回る。

これほど楽しい恋愛関係はありません。

彼との距離もグンと縮まることでしょう。

lineを返信するタイミングを相手と同じようにしたり、似たような言葉使いによって親近感を出す

 

lineを返信するタイミングも相手と合わせれば、ミラーリング効果が期待できます。

また文面や言葉使いも相手と似たような雰囲気にすれば、これもミラーリングです。

彼は突然、彼女に親近感を感じるようになるでしょう。

気を良くした彼は、返信の回数を増やしてくるかもしれません。

あるいは「もっと会いたい」と言ってくるようになるはずです。

彼の気持ちの変化は、ミラーリングが成功した証です。

そのあとも彼へのミラーリングを忘れなければ、きっと末長くうまくいくでしょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「同じ言葉を使う男性はあなたに好意がある可能性大!」

 

占い師 姫乃
「同じ言葉を使う男性はあなたに好意がある!」と断言してもいいくらいなのは、心理学でも立証されているミラーリングを彼なりに噛み砕いて実行しているわけだから。

そんなミラーリングをおすすめする理由は、絶大な効果が見込めるからなの。

同じ言葉、同じ動作、同じ仕草、全部がミラーリング効果が期待できるものだけど、ちょっとコツが要るから最初はまず彼の言葉尻やワンフレーズだけコソッと繰り返してみて。

その瞬間に彼の心にポッと明かりが灯るはず!

生まれた日から、あなたの本質をズバリ読み解く「365日の大人の誕生日占い」


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事