【冬至とスピリチュアル】デトックスと浄化を目指す運気の上がる過ごし方
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

冬至はスピリチュアル的にどんな意味があるのでしょうか?

こちらでは冬至をスピリチュアルな観点からとらえたデトックスと浄化を目指す運気の上がる過ごし方について解説しています。

冬至近くに起こる体調不調や冬至の過ごし方、身体の整え方や冬至に食べるとよい食べ物とレシピについて紹介しているので参考にしてみてください。

  
 

復縁メニューはこちら

冬至は12月21日or22日!冬至の意味を知って年末を迎える

冬至とは1年でもっとも夜が長い日で二十四節気のひとつ

冬至とは1年でもっとも夜が長い日で、二十四節気のひとつです。

そして二十四節気とは古代の中国から伝わる、1年を24個に分けた暦のことを言います。

夏至、冬至、立秋、春分などは普段からよく耳にする言葉ですが、たとえば2月中旬の雨水(うすい)、5月中旬の小満(しょうまん)、6月初旬の芒種(ぼうしゅ)、9月初旬の白露(はくろ)、10月中旬の霜降(そうこう)などは、初めて聞くものばかりでしょう。

24ある節気には、すべてその時期に照らし合わせた意味があります。

冬至は毎年12月21日もしくは22日となりますが、これはうるう年の場合のみ1日遅れで冬至がやってくるためです。

冬至がやってくれば、大みそかまであと少し。

年末のせわしなさを感じるのも、冬至の時期の特徴です。

昼の時間が短いために、日が暮れてしまうのもあっという間です。

冬至を迎えると、この日を境に今度は日々昼間の時間が長くなっていきます。

昼間の時間が短いとなると日の出も遅いと考えがちですが、実際にはそうではなく、一年のうちでもっとも日の出が遅いのは冬至の約2週間後です。

そして1年のうちで日の入りがもっとも早いのも実は冬至ではなく、冬至よりも2週間ほど前の12月初旬です。

時刻は冬至の日に比べ、日の入りの時刻は4分ほど早いです。

いずれにせよ冬至をはさんだ前後は「時刻はまだ夕方頃なのに外は薄暗い」という印象が強いです。

天文学における冬至とは太陽が冬至点を通過する瞬間

冬至を天文学的に見た時、黄道と呼ばれる太陽の通り道を1年かけて一周する間に赤緯が最小となる点にあたる冬至点を通過する瞬間のことを言います。

厳密に言うと黄道上において太陽の視黄経が270度になる瞬間で、これによって北半球では太陽の高度がもっとも低い位置になります。

視黄経とは、地球から見た太陽の位置を表しています。

また地平線から太陽までの角度も、夏と冬では大きな違いがあります。

もっとも高度が低い冬至は約30度で、もっとも高くなる夏至は約76度にもなります。

太陽の高度が高ければ昼間の時間も比例して長くなり、高度が低ければ夜が長くなるのは当然でしょう。

南半球ではこの現象が逆転し北半球における夏至のように、冬至の時にもっとも昼が長くなり夜が短くなります。

このように冬至とは、地球の地軸の傾きによって生じる現象なのです。

ちょっと難しい話になりましたが、これが現在の天文学的な冬至のとらえ方です。

冬至は年の瀬を前に1年を振り返るとき

冬至は、年の瀬を迎えた私たちに1年を振り返る機会を与えてくれる日です。

二十四節気を大まかに分けた八節で見た時、立春からスタートした締めくくりにあたるのが冬至です。

立春とは2月4日頃にあたり、二十四節気では最初の節気です。

暦の上では新しい年で新たに目標を定めたり望む未来を設定するなど、ひとつの節目です。

その立春から始まった八節の最後が、冬至です。

冬至は、立春で定めた目標へ到達できたか、望む未来を手に入れられたかを振り返る時なのです。

「冬至ってカボチャを食べてゆず湯に入ればいいのかな?」となんとなく思っている人も多いことでしょう。

冬至の風習は今も根強く残っていて、食によって長い冬を乗り切る知恵はぜひ取り入れたいところです。

しかしそれ以上に冬至は、この1年を振り返る大事な機会でもあるのです。

冬至は宇宙のゲートが閉じる日

「冬至は宇宙のゲートが閉じる日」ともっぱらの噂です。

「もう閉じてしまっている」「ゲートを通過するには目覚めなければならない」など、宇宙のゲートをめぐりさまざまな憶測も飛びかっているようです。

そもそも宇宙にはゲートはあるのでしょうか?

残念ながら「リアルなゲートはない」と断言できます。

仮にあったとしても、想像上の産物と考えてください。

スピリチュアル的には、イメージできないものは存在しないからです。

本題に入りましょう。

宇宙のゲートとはすなわち、人類が二極化する象徴です。

二極化とは「混乱」と「平和」です。

つまり混乱する人々VS平和な人々、これが人類の二極化です。

同じように地球に住んでいるのに、二極化によって意識は完全に別次元となるのです。

宇宙のゲートが固く閉じてしまうと、その中には永遠に入れません。

「平和な生活を送りたいと願っているのに、なぜか混乱が避けられない」

そんな状況ならゲートのこちら側に存在していて、日常的に恐怖や不安だらけの生活を抱えていることでしょう。

しかし「何が起きても私は平和と共にある」と考えられる人なら、ゲートを超えた向こう側の、平和で幸福な世界に生きています。

二極化が進み完全に分離すると、反対側の人々のことを理解できなくなります。

そればかりか接点がなくなるので、相手の存在すら目に入らなくなります。

風の時代に入りますます二極化は進むとみられますが、冬至の日は宇宙のゲートについて考えてみるチャンスです。

それができる人とできない人でも、二極化がおきます。

なぜなら前向きに覚醒しようとする姿勢は、宇宙のゲートの向こう側に行ける片道切符を手に入れたも同然だからです。

冬至の日までは陰のバランスが強まる時。自分の内面を見つめるのに適している

冬至を迎える日までは、陰陽でいうところの陰の気が強まる時です。

この時期、自分の内面を見つめるのに適しています。

陰の気がピークになるにつれ、気後れしたりやる気が起きなかったりが激しくなることもあります。

しかしこうなったからといって落ち込む必要はなく、自然のバランスととらえてください。

やがて陰から陽へと転じる時期がやってきます。

太陽が昇る日が増えるのと同時に、明るい話題も増えることでしょう。

その前に自分の内面を見つめておくことは、とても重要です。

なぜなら明るい空気に流されるがままにしておくと、またいつもと変わらない1年を送ることになってしまうからです。

冬至の日を迎えるまでが勝負です。

新たなスタートを切る前に「こうなりたい自分」を考えておいてください。

冬至ならではのベストな過ごし方!デトックスを意識して

冬至までに断捨離と浄化に意識を向ける

冬至までに、断捨離と浄化に意識を向けるようにしましょう。

まずは初めは物理的な断捨離を行います。

断捨離に必要なのは、古いものや要らないものを十分に見極めることです。

そしてできるだけバッサリと断捨離し、部屋に多くの空間を作ります。

こうすることによって、最大限の結果を生み出すことができます。

次に人間関係の断捨離を行います。

lineの場合、長いこと連絡をとっていない人を非表示にします。

これでlineのトークページがすっきりします。

また連絡先電話帳もチェックします。

lineで連絡を取り合えるなら電話帳は必要ないはずですから、削除しましょう。

公式などのトーク履歴も削除してください。

部屋の浄化には、朝の新鮮な空気を入れ替えることが何より必須です。

30分ほど家の窓を全部開けて、空気を入れ替えてください。

雨の日は湿気が入りやすいので、窓を開けての空気入れ替えは短めにし、換気扇をつけておいてください。

また夜は邪気が入りやすいので、窓を開けっぱなしにするのは避けてください。

ゆず湯に入れば冬至ならではのデトックスができる

デトックスといえばお風呂ですが、ゆず湯なら冬至ならではのデトックスができるのでおすすめです。

ゆずは冬の寒さに非常に強い性質があるため、まさに冬向けの果実と言えるでしょう。

特に皮部分にはビタミンCを多く含み、その割合はレモンの約1.5倍ほどにもなります。

また表皮のペクチンは血行不良を改善する効果もあり、冷え性に高い効果が見られます。

「冬至にゆず湯で風邪知らず」と言われているように、古くから風邪に良く効く漢方としても知られています。

現代までゆず湯の風習が伝承されていることから、効果のほどは立証済みです。

ゆず湯のやり方は、買ってきたゆずを2〜3個、軽く洗ってそのまま湯船に浮かべるだけと超簡単です。

ほのかなゆずの香りに癒されることでしょう。

もっと香りを楽しみたい時は、半分に切ったゆずを一つ加えてみてください。

肌がピリピリするようなら刺激が強すぎる恐れがありますから、様子を見ながら入浴しましょう。

ゆず湯の後、よく洗い流さずに日光に当たるとシミの元になるので、その点だけ注意してください。

来年に向けた目標と願いごとを明確にする

冬至はこの1年を振り返る機会であるとともに、来年に向けた目標と願いごとを明確にする良い機会です。

陰陽のバランスが転換するため、大事なのはここからです。

大きくステップアップできるチャンスは、冬至の時だけと思っていてください。

まずはこの時期に、心から楽しめることを見つけておきましょう。

たとえば美味しいパン屋さんを発見するとか、心から落ち着けるお気に入りのカフェを探してみるなど、簡単なことからでも十分です。

ほんの些細なことのように思えても、ステップアップにつなげることが可能なのです。

次に具体的な目標を自分に課してください。

願いごとも、できるだけこと細かに考えておきましょう。

考えたらすぐにメモしておくことも忘れずに。

ロウソクだけで夜を過ごすキャンドルナイトでヒーリング効果を楽しむ

冬至の日にはロウソクだけで夜を過ごすキャンドルナイトで、ヒーリング効果を楽しんでみてはいかが?

冬至と夏至の日に電気を消しロウソクだけで夜を過ごすイベント、キャンドルナイトは約20年前のカナダからムーブメントが起きました。

冬至と夏至がその日に選ばれたのは、地球上に生きる人々にとって共通のタイミングだからです。

日本各地においても毎年2回「100万人のキャンドルナイト」と題したイベントが行われています。

スローガンは「電気を消してスローな夜を」とし、夜20時から22時まで電気を消しキャンドルの灯りだけで過ごします。

その様子はライブ配信されるので、家にいながらにしてキャンドルナイトに参加できるしくみ。

気軽に参加できることから、毎年のように参加者が増え続けているようです。

全国各地それぞれの土地において100万人の想いを込めたキャンドルナイトは、心癒される貴重なひと時となることでしょう。

師走の喧騒から離れ自然の中を散策すればエネルギーチャージできる

冬至は慌ただしい師走の真っ只中です。

そんな師走の喧騒から離れ、自然の中を散策してみてください。

エネルギーチャージできるのは確実です。

パワースポットと呼ばれるところがベストですが、日帰りで行けるような緑豊かな場所ならどこでもかまいません。

またちょっとした空き時間に、近所の公園でひなたぼっこするのもおすすめです。

私たち人間にとって、自然は癒しの宝庫です。

植物にそっと触れたり、川のせせらぎに手をつけるだけでも、大自然からパワーチャージできるのです。

年末で忙しい時だからこそ、大自然に触れる時間を作ってください。

冬至後も、運気アップの手助けとなってくれます。

瞑想でアンバランスになりやすい冬至の時期の感情を乗り越える

瞑想をすることによって、冬至の時期のアンバランスな感情を乗り越えることができます。

冬至の時期は陰陽のバランスが逆転するため、感情面もアンバランスになりやすいです。

「なんだかキツイ」「何もかもうまくいかない」と感じる時は、バランスを失っています。

これでは何をやってもうまくいきません。

坂を転げ落ちるように、悪いことが続く可能性もあります。

さらにいろいろなことが同時に起きたりなど落ち着かないことも多く、いつもより気疲れしやすいかもしれません。

「そんな余裕ないわ」とウツになっている時こそ、自分を助けてくれるツール「瞑想」にトライしてみてください。

混沌とした自分の感情がほぐれると同時に、くもったガラスがピカピカになるよう感じます。

解決の糸口が見えてくれば、後は早いです。

このように悩みが多くて苦しい時やタスクに襲われてつらい時、瞑想に解決の糸口があるのです。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

冬至の時期は医学的・スピリチュアル的にも心身の不調が起こりやすい

【冬季うつ】秋から冬にかけて発症しやすいが春には自然に回復するのが特徴

冬季うつはウィンターブルーとも呼ばれ、秋から冬にかけて発症する季節性うつ病のことです。

春先には回復が見られますが、一度発症すると毎年のように症状が出ることも多いです。

冬の寒さが厳しい北国に多いことから、冬の日照時間の短さと関連づけられています。

冬季うつは、気分の落ち込みや倦怠感、気力減退やイライラなどが主な症状です。

これは一般的なうつとも共通する点なのですが、冬季うつの場合、やたらと眠かったり過食傾向からくる体重増加が加わります。

改善するためには、積極的に太陽の光を浴びること。

もしそれが無理なら1日に数時間でも良いので、昼間、蛍光灯の光に当たるようにしてください。

そして生活リズムを整え、適度に運動することも大切です。

栄養面のバランスも重要です。

特にタンパク質を補うようにするといいでしょう。

寝ても寝てもひどい眠気に襲われるのも冬至の特徴

「よく寝たはずなのに眠くて仕方がない」

このようにひどい眠気に襲われるのも冬至の特徴ですが、これも冬季うつと関連があります。

原因は二つ考えられます。

秋から冬にかけて日の入りが早くなるためになんとなく憂鬱な気分になるためと、体内時計によるものです。

多くの人たちは午前中に太陽の光を浴びることで、目の網膜を通し体内時計が調整されます。

本来なら日の入りとともに周囲が暗くなるので自然に入眠できるのですが、夜も昼間のように明るい場所にいると体内時計が狂ってしまうのです。

夜になってもこうこうと明るい場所は、決して少なくありません。

むしろ真っ暗なところを探す方が難しいくらいです。

こうなると「体内時計の狂いは慢性的なもの」と考えることもできます。

それをさらにひどくしているかもしれないのが、冬季うつを発症しやすい冬至の頃なのです。

冬至の頃に不眠になるのは日の出時刻が遅いことが原因のひとつ

冬至の頃に不眠になるのは、日の出時刻が遅いことが原因のひとつです。

朝の日差しを浴びることで体が目覚めるのですが、日の出が遅いと朝なのに外は真っ暗です。

そのようなことも影響し、冬は夏と比べ起床時間が遅くなる傾向があることがわかっています。

「いつまでもぬくぬくと温かい布団に入っていたい」と思うのは、夏ではなく真冬です。

当然ながら、外は木枯らしが吹くほどの寒さ。

誰でも「できるなら外へ行きたくない」と考えるものです。

そうやって二度寝三度寝を繰り返していたら、夜なかなか眠れなくなるのは当然と言えるでしょう。

このように日の出時刻が原因で睡眠サイクルが狂ってしまうと、不眠につながってしまいます。

冬至は心に潜むネガティブなメンタルが不安を招くこともある

冬至を迎える頃、心に潜むネガティブなメンタルが不安を引き寄せることがあります。

無病息災を祈る冬至は、古代から間近に迫った冬の厳寒期を乗り越えるという意味でもありました。

現代と違い冬の厳しい寒さは、命を守る戦いでもあったのです。

このように命との駆け引きを強いられるような時代を生きてきた可能性があるのは、ネガティブなメンタルは過去生の記憶の影響を強く受けるためです。

よくよく考えてみれば心配することなど何もないはずなのに、不安で仕方がないのはそういう理由があるからです。

精神的に敏感なタイプの人は特に、一度不安を感じるとさらなる不安を引き起こします。

これが冬至の頃によく現れる、不安の無限ループです。

冬至の頃の原因不明の不調は冷えから起きることが多い

 

冬至に原因不明の不調におちいる多くの原因は、冷えからくるものです。

冷えは万病の元です。

そのため冬を迎える前の冬至に、古来から体を温めるための工夫が今も風習として残っているのです。

そのひとつがゆず湯であったり、カボチャを食べるということです。

カボチャは、冷え性を緩和するビタミンEの宝庫です。

そのためカボチャを冬至に食べることで、冷えの改善が期待できるのです。

また冷えにはむくみがつきものです。

生理前や朝起きた時、手足や顔がパンパンにむくんでしまうようなら、冷えによって内臓機能が低下しているのかもしれません。

冷えが改善すれば血液の循環がよくなるため、むくみもとれるので一石二鳥です。

実は冬至に食べるとはいえ、カボチャは冬の野菜ではありません。

カボチャの収穫シーズンは、初夏から夏にかけてなのです。

そしてその実の中には、夏の力強い太陽エネルギーが詰まっているのです。

冬至にカボチャを食べる意味が大アリなのは、このようにとても理にかなっているからなのです。

冬至は体調回復を優先させて!心と身体をリラックス&デトックスさせるために

睡眠のメカニズムを知って効率よく眠る

冬至に体調回復するためには、睡眠のメカニズムを知って効率よく眠ることが重要です。

効率よく眠るためには、睡眠の質を上げることが重要です。

私たちは、誰もが寝る時間が近づくにつれ体温が下がります。

これは活発に働いていた脳を休ませるためでもあります。

眠くなると手が温かくなりますが、これは手足から熱を放出することで体の中心となる部分の体温を効率良く下げるためです。

足が熱くて寝られないという時は、掛け布団から手足を出して寝ればスッと入眠できます。

さらに睡眠時の体温調節をスムーズにし睡眠の質を上げるためには、ぬるめのお風呂に入るのが効果的です。

髪の毛より細いと言われる毛細血管は全身を網羅しているうちの、約80%以上が手足や頭に集中すると言われています。

ところがあまりに細いために、流れも滞りがち。

このようなことから毛細血管を含めた血流改善を視野に入れれば、睡眠の質もおのずとアップします。

ややぬるめのお風呂にゆっくり入ることで、滞っている多くの毛細血管も一気に開きます。

活発な血流は、質の良い睡眠の条件です。

ただし温まりすぎて汗が出るようなら、睡眠の質は落ちてしまいます。

快適な眠りをもたらすためには、寝る1時間以上前に入浴を済ませましょう。

室温は、暑すぎず寒すぎずが目安です。

冷え性のため寝るときに靴下は欠かせないという人は、靴下選びも重要です。

寝るときの靴下は体温調節の邪魔になりかねないのですが、どうしても冷えて眠れないのならしめつけないタイプの靴下やゆるんだゴムのものにしてください。

血流を妨げないので、質の良い睡眠を維持することができます。

心地いいヒーリングミュージックは心身ともにリラックスできる

冬至の頃におすすめなリラックス法が、ヒーリングミュージックを聴くことです。

心地よさの秘密は、アルファ波です。

ヒーリングミュージックを聴くと、脳からアルファ波が出ることがわかっています。

このアルファ波が、心身ともにリラックスしている状態へと導いてくれるのです。

リラックスが生み出してくれるのは、ストレスの軽減です。

心地よく聴いているうちに、ストレスで疲弊した心が修復されていくのを感じるでしょう。

さらに脳が活性化することによって免疫力が高まったり集中力がつきますから、さっそくヒーリングミュージックを日常のBGMとして、取り入れてみてください。

音楽配信サイトには、1/fゆらぎ、モーツァルト、せせらぎ、鳥の声、雨の音など、ヒーリングミュージックが数多く公開されています。

いろいろ試聴してみて、心に響く楽曲を選びましょう。

体を温めるためにはいつもより水を多めに飲むのも必須

体調回復のためには体を温めることが大事ですが、その際いつもより水を多めに飲むことも重要です。

特にゆず湯に入る前に、必ず一杯お水を飲みましょう。

体を温めると血流は良くなりますが、発汗とともに体内の水分量も減ってしまいます。

たとえば「ダイエットのために」と汗をかいたのに水分を摂らないでいると、血液がドロドロになってしまいます。

血液循環に悪影響を及ぼす可能性が出てくるため、必ず水分は摂らないといけません。

また普段、汗をかいていないようでも、体温によって体内の水分は徐々に失われています。

夏は喉が乾くので水分が必要だなと分かりますが、冬はそういう実感がほとんどありませんから、なおさら意識して水分補給する必要があります。

なお緑茶やコーヒーなどは利尿作用があるため、摂取以上に水分を排出してしまいますから、水分補給としてはおすすめしません。

ミネラルウォーターやほうじ茶、麦茶などが無難です。

マイボトルを持ち歩き、こまめに水分補給してください。

グラウンディングで大自然からエネルギーをもらう

グラウンディングによって大自然からエネルギーをもらうことができます。

心身ともに疲れている時に、特におすすめなのがグラウディングです。

グラウンディングとは「大地に足をつけること」です。

裸足で大地を踏み締めることで、大自然を通し地球から湧き立つエネルギーを吸い上げることができるのです。

そのためには、まずは自然の中に入らなければなりません。

緑いっぱいの大きな公園でも良いのですが、海や川、山など、手付かずの自然の方がさらにグラウンディングが有効に働きます。

方法は裸足になって、ただそこを歩くだけです。

草や砂、土の上を歩くのは、久しぶりでしょう。

懐かしい子どもの頃の記憶が、あれこれとよみがえるかもしれません。

記憶の反すうは、心の癒しにもつながります。

足の裏にあたるブツブツした小石、さらさらした砂、ちくちくした芝、そういった感触全てが全身を貫き、脳へと刺激が伝わります。

グラウンディングをしてみると、人間は自然の一部なのだということがより深く理解できるようになります。

自然界のエネルギーは壮大かつ、無尽蔵です。

尽きることのない大自然のエネルギーを、裸足になることでもらえるなら、ぜひやってみるべきです。

冬至に食べるとよいものと運気が上がる「ん」の付く食べ物レシピを紹介

【小豆粥】小豆の赤は厄払いの意味がある

冬至に食べると運気が上がるのが、小豆粥です。

カボチャほど知られていませんが、小豆も冬至に食べるべきパワーフードです。

その秘密は、小豆特有の赤い色にあります。

日本では昔からおめでたい行事にはお赤飯を用意し、親戚縁者の振る舞う風習があります。

そしてお赤飯に欠かせないのが、小豆です。

小豆の赤は太陽を意味する魔除けの色で、強い生命力を表しています。

冬至に食べると良いのは、その強い生命力と魔除けの色によって厄払いできるためです。

小豆をお粥仕立てにした小豆粥は、難しそうですがそれほど手間はかかりません。

優しい味で身も心も温まるので、ぜひ一度試してみてください。

小豆粥

材料(4人分)小豆半カップ、米半カップ、水3カップ、塩少々

作り方

1.洗った小豆と水を鍋に入れ、火にかける。

2.小豆に火が通ったら湯を捨て、捨てた湯と同量の水を加えて火にかける。

3.小豆が完全に柔らかくなるまで、水を足しながらじっくりと煮る。

4.といで水切りしておいた米を加え、弱火で柔らかくなるまで煮る。

5.全体が粥状になったら好みで塩少々を振りかけたら、出来上がり。

さらにおいしくなるヒント:甘党なら、砂糖をかけた小豆粥もおすすめ。

【かぼちゃ】中国の南京(ナンキン)が由来の冬至の風物詩

冬至といえばかぼちゃです。

冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない上冬至の風物詩としてかぼちゃはよく知られています。

実はこのかぼちゃ、中国ではナンキンと呼ばれています。

さすがは冬至に欠かせない食材だけあって、ナンキンには「ン」が2つも付いています。

より運気アップを狙うなら、午前中かもしくはお昼時までに食べるといいでしょう。

薄切りにしてオリーブオイルで焼いたり茹でてサラダにしてもおいしいですが、ここではオーソドックスな煮物をご紹介します。

かぼちゃの煮物
材料(4人分)かぼちゃ1/2個、水、顆粒だし少々、調味料(酒、砂糖、みりん、醤油)各大さじ1

作り方

1.かぼちゃは種を取り、皮ごと乱切りにする。

2.鍋にかぼちゃとひたひたの水、顆粒だしを入れ、強火にかける。

3.煮立ったら弱火にし、柔らかくなるまで15分ほど煮る。

4.調味料を加え一煮立ちさせたら火を消し、10分ほど余熱で煮含ませたら出来上がり。

かぼちゃを煮る時のコツ:意外に煮崩れやすいので、こまめにチェックを。

【人参】冬至に絶対に食べたい野菜のひとつ

冬至に食べたい野菜として、人参もメニューに加えておきましょう。

カレーにスープにとあらゆる料理の立役者的存在の人参ですが、冬至に食べる人参の場合、体を温めるレシピがおすすめです。

ベータカロテンが豊富な人参をたっぷり使ったスープをご紹介します。

人参スープ

材料(4人分)人参(中)2本、玉ねぎ半分、ベーコン2枚、固形スープ、ニンニクひとかけ、オリープオイル少々、塩こしょう少々、水2カップ

作り方

1.人参はサッと洗って皮をむき一口サイズの乱切りにし、玉ねぎは薄くスライスする。

2.弱火にかけた鍋にオリーブオイルを入れみじん切りにしたニンニク、1センチ幅に切ったベーコン、玉ねぎも入れてしんなりするまで炒める。

3.水を注いだら、人参と固形スープを入れる。

4.人参が柔らかくなるまで煮たら、出来上がり。

おいしくなるヒント:シュレッドチーズやクルトンを入れるとよりボリューミーに。

【レンコン】冬至の七草で健康を手に入れる

冬至の七草と言われているレンコンも、健康を手に入れるためにこの時期に一度は食べたい野菜です。

天ぷらや煮物などどんな料理でも美味しくいただけるレンコンですが、ここでは超簡単なレシピをご紹介します。

レンコンのスープ煮

材料(4人分)レンコンふた節、固形スープの素ひとつ、水、塩少々

作り方

1.洗って皮をむいたレンコンを、1センチ幅に切る。

2.鍋にレンコンを入れ、水をひたひたに入れて火にかける。

3.煮立ったら弱火にし、固形スープの素を入れる。

4.15分ほど煮てレンコンが柔らかくなったら、塩少々で味を整えたら出来上がり。

おいしくなるヒント:料理の付け合わせにも最適なレンコンスープ煮は、一口大の乱切りにすると食感が変わる。

【ギンナン】冬の七草のひとつ。硬い殻の中に至福がいっぱい

やはり冬至の七草と言われるのがギンナンです。

茶碗蒸しで食べることが多いですが、殻付きが手に入ったら簡単なおつまみにチャンレンジしてみては?

出来立ての香ばしさを、ぜひ味わってみてください。

おつまみギンナン

材料(2〜3人分)殻付きギンナン10〜20個、塩少々、茶封筒一枚

作り方

1.ギンナンはキッチンバサミで殻にヒビを入れる。

2.茶封筒にギンナンを入れ塩を振って、折り曲げて蓋をする。

3.600wに設定した電子レンジに入れ、約1分半ほど加熱する。

4.はじける音がしたら出来上がり。

おいしく食べるヒント:殻は熱いので気をつけて。冷めるとむきにくくなります。

【キンカン】のど飴でおなじみ風邪予防にも

のど飴でもおなじみですが、キンカンも冬至の七草のひとつです。

レンジで簡単にできるキンカンの甘煮をご紹介します。

キンカン甘煮

材料(2人分)キンカン1パック、はちみつ大さじ3〜4

作り方

1.ヘタを取ったキンカンをよく洗う。

2.爪楊枝かペティナイフで、数カ所穴を開ける。

3.耐熱容器に入れたキンカンの上にはちみつを回しかけ、ふんわりとラップする。

4.600wに設定したレンジで5〜6分ほど加熱し、冷ましたら出来上がり。

コツ:多めに作れば冷凍も可能ですが、食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあるのでご注意を。

【寒天】寒天を使えばデザートが簡単にできる

寒天を使ったメニューには、デザート向けのものが多いです。

粉寒天を使えば、超簡単。

みんな大好き、水ようかんの作り方です。

水ようかん

材料(4人分)こしあん約300グラム、粉寒天3g、水350cc、砂糖大さじ2、塩少々

1.鍋に水と粉寒天を入れ、混ぜながら火にかける。

2.ぶくぶくと湧いてきたら弱火にし、砂糖と塩を加えて混ぜたら火を止める。

3,こしあんを入れ、よく混ぜる。

4.グラスや小鉢に分け、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固めて出来上がり。

コツ:こしあんは市販のものを利用すれば簡単です。

【うどん】運盛りに欠かせない冬至の一品にマスト

うどんも冬至に食べると、運盛りできるひとしなです。

風水的にも長いものを食べると運気アップできるので、冬至に食べるとさらに運を引き寄せることができるでしょう。

おすすめは、かぼちゃ、人参、レンコンなど運盛りできる食材をできるだけ入れた、味噌仕立てのうどんです。

デザートに小豆由来の水ようかんやキンカンの甘煮を食べれば、冬至の運盛りはバッチリです。

運盛りうどん

材料(2人分)豚肉150g、人参1/2本、レンコン5cm、かぼちゃ1/8個、長ネギ1/4本、うどん2玉、めんつゆ3倍希釈70cc、水600cc、サラダ油少々

作り方

1.材料は全て食べやすい一口大に切る。

2.鍋にサラダ油を熱し、豚肉、野菜の順に炒める。

3.水を注ぎ、沸騰したら弱火にし、材料が柔らかくなるまで煮る。

4.うどんは茹でておくが、茹でうどんならそのままでもOK。

5.めんつゆで味を整えたらうどんを入れ、ひと煮立ちさせたら出来上がり。

おいしく食べるヒント:仕上げに長ネギの小口切り少々を入れるとおいしい。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「冬至はエネルギーゲートが完全に閉じるタイミング!体調不調に気を付ける」

占い師 姫乃
冬至はエネルギーゲートが完全に閉じるタイミング。

体調不良になるのはエネルギー不足という可能性も高いから、冬至に効くメニューをできるだけたくさん取り入れてみて。

寒さや暗さはネガティブな象徴でもあるけれど、それも考え方次第なのね。

まずは自分の体を大事にすること。

体を温めたりリラックスしていれば、体の機能は自然に整うわ。

厳しい寒さも「あれ?」っと思うくらい、きっと楽に乗り越えられるはずよ。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事