男性が彼女にしてほしいスキンシップはこれ!ずっと彼とラブラブでいられるテクニックを伝授
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

「スキンシップしてほしいのは男性も同じ」ということを知っていましたか?

さっそく男性が彼女にしてほしいスキンシップ&ずっとラブラブでいられるテクニックを伝授していきましょう。

自分からぐいぐい行くのは嫌われるのでは?と遠慮がちだったら、今すぐチェックしてくださいね。

 

復縁メニューはこちら

男性が彼女にしてほしいスキンシップ!彼を喜ばせてあげよう

いつされても嬉しいのは「頬にチュッ」と軽いキス

男性がいつされても嬉しいのは、頬への軽いキスです。

頬へのキスなら、人前でも大丈夫。

くちびるへのキスははばかられても、頬なら誰が見ても微笑ましい限りです。

彼が恥ずかしがり屋でもさりげないキスなら問題なさそうだし、彼の方も恥ずかしいながらも嬉しさを隠せません。

とは言え、彼の態度がなんだかウザそうだったり、めんどうそうにするかもしれません。

一瞬「嫌われたかな」と誤解するかもしれませんが、それは確実に照れ隠しです。

恥ずかしいからどうしていいかわからずに、めんどうそうにするのです。

多くの男性は彼女からの愛情表現に喜びを感じますが、それも「人前ではちょっと」とおよび腰です。

なぜなら「もし知り合いに見られたら」と思うとゾッとしてしまうのです。

彼女には甘えたいものの、人前ではクールでいたい。

それが男性の本音なのです。

それでも頬にキスは、本気で嬉しいので「どんどんしてほしい!」とさえ思っています。

 

横に座ったとき、そっと肩にもたれかかられる

横に座った彼女がそっと肩にもたれかかってきた時、彼は充足感と幸福感に浸っています。

これこそが超簡単な割に、男性にインパクトを与えられるスキンシップです。

このスキンシップの良い点は、彼に抵抗を感じさせないところです。

またスキンシップはタイミングが重要ですが、肩にもたれかかる程度のスキンシップならそれほどタイミングを選びません。

なにしろ隣同士で座るというシチュエーションさえあればできるのですから。

シチュエーションとして多いのが、電車での移動の際です。

隣同士で座り会話が途切れたら、そっと彼の肩にもたれかかってみてください。

眠くても熟睡しないように。

ましてやイビキはご法度です。

もたれかかるのはほんの数分にしてください。

なぜならずっともたれかかりっぱなしでは、彼も疲れてしまうからです。

ほんの一瞬でも彼はしっかり喜びを感じているので、一緒の時はお互いにリラックスできるよう配慮しましょう。

肩にもたれかかられてイヤな気分になる男性はいませんが、それでも中には「重い」と言って拒んだり、肩を揺らしてどけようとする男性もいます。

そういう時は無理せずに、別のスキンシップのチャンスをうかがいましょう。

 

彼女の方から手をからめ、ラブ握りで手をつなごうとしてくれる

スキンシップの中でも特に男性にエロティックなイメージを抱かせるのが「手つなぎ」です。

彼女の方から手をつなごうとそっと触れてきた時、彼のワクワクは急上昇しています。

しかも指一本一本をからめるラブ握りをしてきてくれたら、彼としては鼻血が出そうなくらい興奮しているのです。

段階的には「完全なる恋人まであと一歩」といったところでしょう。

しかしラブ握りも、デートのたびだと徐々に飽きがきます。

彼の喜びも半減なので正真正銘の恋人になったあとは、ラブ握りの頻度は減らすべきです。

彼女の方からラブ握りをしてこなければ、今度は彼の方からそうしたくなります。

なので自分から手を握ろうとはせずに、彼に先手を打たせてあげてください。

それが彼がもっとも幸せに感じることなのです。

そのためには最初のアプローチは自分からが必須です。

そして時々、思い出したように自分から手つなぎするようにしてみてください。

これがいつまでも新鮮さを失わない秘訣です。

 

彼の背中に胸をギュッと密着させながらのハグ

ハグも男性がもっとも好むスキンシップですが、背中からそっと抱きしめるハグは確実に彼を「ドキッ」とさせます。

彼の背後からハグするということは、胸を密着させるということです。

女性にしてみればさほど抵抗は感じませんが、それは彼のことが好きだからです。

相手が好きなら胸が密着しても決して嫌ではなく、むしろ嬉しいことです。

ところがこれがまた彼にとって、鼻血もののスキンシップです。

背中にあたった柔らかな感触は、彼を興奮させるのに十分なのです。

心の中では狂喜乱舞でしょう。

すぐさまそのまま振り返った彼は彼女を思い切り抱きしめたくなる衝動に駆られますが、それを無理やりおさえます。

なぜならハグされながら、背中に感じる彼女の体温と柔らかい感触に「いつまでもこのままでいたい」と心から願っているからです。

このように背中からの彼へのハグは、彼女にしてほしいトップクラスのスキンシップです。

「私貧乳だから自信ない」と思っていても、大丈夫。

女性の優しく温かみあるボディラインは、彼を感動させるほどたおやかですばらしい感触です。

この世の男性は爆乳好きな人ばかりではなく、スリムな女性が好きな人も大勢いますから、自分に自信を持ちましょう。

そして愛情と共に彼をハグしてください。

 

エッチしなくても彼女の隣で添い寝するだけでも幸せ

エッチは恋愛関係において欠かせないスキンシップです。

しかし男性の中には「エッチにそれほど興味がない」とはっきり言う人もいますが、いわゆる草食系男子に多いのがこのタイプです。

そういう男性は行為に及ばなくとも、彼女の隣で添い寝するだけでも幸せと感じています。

むしろ「エッチはすごく疲れる」と避ける男性もいて、それも意外に多いのが現実です。

彼女の隣で添い寝しながらおしゃべりを楽しんだり、時にはくすぐり合いっこしたり。

そんなひと時が彼にとって最高の幸せなのです。

つまりエッチという行為そのものよりも、彼女との添い寝の方がより相手に深い愛情を感じるのでしょう。

実際のところ「エッチは恋愛というよりもどちらかと言えば生殖行為に近い」と考えている男性も多いです。

またあろうことか「終わったらさっさと寝たい」と考えている男性も少なからず存在します。

このことから男性が考えるエッチと女性が考えているエッチとは、相当なギャップがあることがわかります。

そういった草食系男子が増えつつある背景も影響し、最初からエッチしなかったりいつのまにかレスになったカップルも枚挙にいとまがありません。

そういう男性たちは例外なく「彼女の隣で添い寝するのがホッとする」「エッチだけがスキンシップではない」と考えているのです。

しかしさすがに付き合って1年以上もエッチがない時、どうすればいいのでしょうか?

解決策はこちらで詳しく解説しています。

 

 

暗い場所が怖くて手を握ってきた時、守ってあげたくなる

男性は彼女からのスキンシップによって、守ってあげたくなる心理が働きます。

たとえば暗い場所での一幕。

遊園地のお化け屋敷に入ったときや、暗がりの中を歩いているときです。

暗闇がトラウマという人もいるし、暗いだけで恐怖を感じる人もいます。

彼女がそんなタイプなら、すぐに彼の手を握りたくなるでしょう。

そんな彼女に、彼はたまらなく愛おしさを感じているのです。

あとはびっくりするような出来事に、思わずしがみついてきた時も同じです。

「そんなに驚かなくても良さそうなのに」と思いつつもしがみついた手を離さない彼女に、彼は内心ホクホクなのです。

また揺れる電車内で吊り革よりも自分の腕を選んでくれたとき、彼の喜びは想像以上です。

彼の承認欲求は最大限に満たされ「彼女から信頼されている」と確信します。

そしてもっと守ってあげたいと心から思うのです。

男性たちの多くは女性に頼られたいと思っていますが、特に好きな女性から頼られたらもっと頑張って頼られようとします。

怖がる彼女を守ってあげたいと思うのも、そのような心理が働くからです。

 

疲れているとき頼まなくても優しくマッサージしてくれる

彼がもっとも喜ぶスキンシップが、マッサージです。

疲れているとき、頼まなくても優しくマッサージしてくれる彼女が彼の誇りです。

実は彼にとってマッサージそのものはそれほど重要なことではなく、上手下手はどうでも良いのです。

むしろ積極的にスキンシップに励み、マッサージしてくれる彼女をみんなに自慢したい、そんな風に思っているのです。

彼の疲れた体に添えられた彼女の手は、優しさと暖かさに満ちています。

マッサージというスキンシップは、彼にとって癒しでもあるのです。

いつのまにか彼はウトウト眠り始めるかもしれません。

しかし彼女は「眠っちゃったらせっかくのデートが台無し!」と怒ったりなどしません。

彼の寝顔は彼女にとっても最高の癒しなのです。

彼が安らかに寝ている姿を見れただけでも、マッサージした甲斐があるというもの。

他の方法では、彼をリラックスさせることはむずかしいでしょう。

だからこそマッサージは、スキンシップの最高峰でもあるのです。

つまりお互いにとってもこれ以上のものはないスキンシップなのです。

 

頭をなでてくれると、子ども心に返ることができた気分でホッと安心できる

彼の頭をなでるこれもスキンシップのひとつですが、彼は瞬時に子ども心に返れるはず。

そして心からホッとします。

数あるスキンシップの中で、意外に忘れられがちなのが相手の頭をなでることです。

バリバリに固めてセットしてあるヘアスタイルならちょっと無理かもしれませんが、頭をよしよしされるのを嫌いな男性はいません。

ホッとするのは、頭へのスキンシップにはヒーリング効果があるからです。

たとえば頭をなでられると、同時になぜか目を閉じたくなります。

これは自分の内側に意識を向けるためです。

そしてこの感覚は、私たちの祖先からDNAによって受け継がれてきたものです。

人によっては頭をなでられるとなんだか嬉しくて、ワクワクすることもあります。

それらの感情は自分の子どもの頃の記憶が関係してると思われがちですが、ほとんどの記憶は前世から持ち越したものです。

数え切れないほどの生まれ変わりの中で、いつも経験してきて強く記憶に残っているのが頭をなでられることなのです。

彼女に頭をなでられるとホッとしたり気持ち良くなって目をつぶりたくなるのは、今世での経験というよりもこのようにたくさんの人生を過去生として経験してきたからです。

 

彼女にスキンシップをしてほしいと思う瞬間とは?

2人きりでいるとき、さりげなく触れてきてほしい

男性が彼女にスキンシップしてほしいと思うのは、2人きりでいるときです。

自分からモーションを仕掛けなくても、さりげなく触れてきてほしい、そう思っています。

2人きりで」と考えるのは、人前でベタベタするのが苦手だからです。

なので2人ともリラックスしているシチュエーションが、彼にとってベストなタイミングなのです。

とは言え例外もあります。

それは彼女といるのに全く別のことを考えていたり、忙しさで頭が回っていないときです。

そういうときの男性は確実に「放っておいてほしい」と考えていますが、なぜなら彼女のちょっとしたスキンシップでも一瞬にしてそちらに気持ちを持っていかれてしまうからです。

場合によっては彼の怒りをかってしまうこともあるし、正直なところ迷惑でしかありません。

彼が忙しそうに見えるとき、あるいはゲームや漫画を読んだりなど自分の楽しみに没頭しているときのスキンシップは避けた方が無難でしょう。

そういう時は交感神経が優位になっているため、少なくともリラックスしている状態ではありません。

反対に完全にリラックスしているときは副交感神経が優位ですから、スキンシップも有効に働くのです。

せっかくの愛情表現が台無しにならないよう、スキンシップは彼がホッとリラックスしていることを確かめてからにしてください。

 

彼女のかわいい仕草にキュンとなった時

多くの男性は彼女の可愛い仕草にキュンとなったときに、スキンシップを求めます。

自分からスキンシップしても良いのですが、彼女からしてほしいのは彼なりに甘えがあるからです。

「あんなに可愛い彼女が甘えてきたらキュン死してしまうかも」と内心ワクワクなのです。

一方で彼がいつも冷めた態度という場合、相手の可愛い仕草に全く反応しないことも多いです。

むしろ「キモい」と言われてしまうでしょう。

せっかく彼の前では可愛くいようと努力していても、これでは頑張りようがありません。

冷めた性格の彼氏には、可愛い仕草は逆効果と考えましょう。

またそういうタイプの男性は、可愛さよりも男前なところやかっこいい一面に惚れるものです。

つまり彼女を恋人というよりも親友のような意識で見ているのです。

親友に可愛く甘い仕草は求めません。

しかしそれでもふと彼の腕に触れたとき、彼女のほんのりと温かい手のぬくもりは感じているはずです。

このように冷めたタイプの惰性は日常的なスキンシップを求めていなくても、ほんの一瞬の肌の触れ合いはその意外性にキュンとなっているのです。

 

じっと見つめられたとき、ついでにスキンシップして欲しい

彼女からじっと見つめられたとき、そのついでにスキンシップして欲しいと彼は考えています。

スキンシップの際、オキトシンというホルモンが分泌されます。

オキトシンは幸せホルモンと呼ばれ誰もが心地よさや愛情を感じますが、その他にもストレスを軽減させ精神安定の作用もあります。

たとえば弁慶の泣き所とも言われているスネをぶつけてしまうと思わずさすって痛みを我慢しますが、無意識にさすることはオキトシン分泌へとつながります。

さすることは自分へのスキンシップとなり、痛めた部位を自ら手当てしているというわけです。

さて相手をじっと見つめること=オキトシンの分泌の前兆なのですが、相手を見つめることは幸せホルモン分泌のプロローグなのです。

一例を挙げると赤ちゃんとのコミュニケーションにおいてもやはりスキンシップが重要とされていますが、これは発育に必要なオキトシンが分泌されるからです。

肌着を着替えさせ、オムツを交換し、ミルクをあげる。

これらの一連のコミュニケーションにおいて「赤ちゃんの目を見ること」が大変に重要視されています。

彼の場合、彼女にじっと見つめられたら少し気恥ずかしさを感じているかもしれませんが、スキンシップの心地良さを一度味わったら恥ずかしさなど吹き飛んでしまうでしょう。

それほどホルモンバランスは、人に多大なる影響を与えるのです。

 

近づいたときに彼女からふわっといい香りがして、たまらなくなった時

彼女からいい香りがしてきたときも、彼はスキンシップして欲しいと感じています。

いい香りがするのはいつものことですが、彼女のことがたまらなく愛おしく感じる時もあるのです。

そういうときこそ彼女の方から触れて欲しい、そう思っているのです。

なぜ自分からスキンシップしないのでしょうか?

それは恥ずかしいのはもちろんのこと「嫌われるかも」と考えているからです。

彼女としては嫌うことなどないのですが、それでも彼はその点をしっかり計算していることが多いです。

つまり嫌われるくらいなら衝動のままに彼女に触れることはやめておこう、と制御が働くのです。

またいい香りがする彼女を、崇高な存在と考えている場合もあります。

崇高な存在とは、気高く近寄るのもはばかられること。

つまり自分が触れることで、彼女が汚されることを極端に恐れているのです。

この意識は一瞬で消えていくものなので、崇高とはいえ重く考えているわけではありません。

男性としては、好きな彼女にはいつでも近寄りたいというのが本音だからです。

一時的とは言え、いい香りはそれほどまでに彼から遠い存在にさせます。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

こんなときはやめてほしい!好きでもスキンシップをしたくないとき

精神的に疲れているときや眠いときはそっとしておいて欲しい

好きでもスキンシップは避けておいた方がいいのが、彼が精神的に疲れているときです。

また明らかに眠そうなときもやめておいた方がいいでしょう。

疲れているときも眠いときも、どちらもスキンシップには最適なタイミングではありません。

「疲れているなら癒してあげれば良いのでは?」と思うかもしれませんが、リスキーな橋を渡って後悔するよりは、そっとしておくべきでしょう。

精神的な疲れは、彼と一緒に過ごすのも避けた方がいいくらいです。

彼に気を遣わせないよう、その場を離れてください。

男性たちの多くは精神的な疲れがあるとき「1人になりたい」と思うものです。

1人になってじっくり考えるのが男性の特性でもあるのです。

一方で女性は1人になって考えるより、誰かに相談したり打ち明けたりして解消しようとします。

おしゃべりに花を咲かせているうちに「なんかスッキリしちゃった!」という経験は誰にでもあるはず。

しかし男性にはそういった観念は持ち合わせておらず、とにかく1人で引きこもって考えしっかりとした答えを手に入れたいのです。

そのためには誰も必要としません。

好きな彼女であってもそれは同じなのです。

なので彼が引きこもってもなんとかしてあげようと思わなくて大丈夫なのは、彼は彼なりに自分で解決する能力を持っているからです。

スキンシップでなんとかしてあげよう、癒してあげようとするのは悪いことではありませんが、こと男性に対しては余計なお世話にならないよう十分に配慮する必要があります。

彼が眠そうなときも「なんで寝るの?」と怒ったりせずに1人でそっと寝かせてあげましょう。

相手がどうしたいのかを読み取り配慮することが、ひいては好きな男性と長く付き合えることにもつながるのです。

 

体調が悪いときやイライラしてるときはそばにも来てほしくない

体調が悪いときやイライラしているときは、そばにもきて欲しくないと考えています。

なのでそういうときのスキンシップは、もってのほかと考えましょう。

そばに来て欲しくないのは、彼女のことを嫌っているからではありません。

彼としては「1人にしてもらえるのが何よりありがたい」のです。

このあたりを勘違いすると不仲の原因にもなりかねないので、注意が必要です。

また彼にイライラする原因をしつこく聞くのもアウトです。

彼自ら口を開いて話してくれるなら別ですが、自分から原因を聞かないようにしてください。

彼が言いたくなったら、こちらが聞かなくても話してくれます。

話したくないから言わないのです。

体調が悪い時も、必要以上の心配は彼を疲れさせるだけです。

あれこれ尽くすのは彼女として当然と思うかもしれませんが、しかし彼はもう立派な大人です。

「大丈夫?」「よく寝てね」といった言葉だけでも十分に愛情は伝わります。

一方でやってはいけないのは、彼に余計な気を遣わせること。

食べ物をたくさん買い込んで、なんとか食べさせようとするのは逆効果です。

食欲がなくなるのは、体が自然治癒力を最大限に発揮させる一つのシステムです。

彼が食べたくと言うのなら、無理に食べさせてはいけません。

「何か欲しいものは?」「して欲しいことは?」とリクエストを聞き、それから行動に移しましょう。

 

仕事が忙しすぎるときはスキンシップのタイミングじゃない

彼の仕事が忙しすぎるときは、スキンシップのタイミングではありません。

それはわかっているけど、ついスキンシップしたくなる!」という気持ちもわからなくはありませんが、タイミングを見計らうことの重要性はやってみればわかるはずです。

特に彼が仕事関係に気を取られているとき、スキンシップしてもスルーされるだけです。

スルーならまだいいかもしれません。

場合によっては、彼は怒りを見せます。

「邪魔するな!」と。

そんなことがたびかさなれば、彼から三下り半を突きつけられても仕方がありません。

彼女として愛情表現したくても、それは自分のエゴに過ぎないのです。

エゴは真実の愛ではありません。

相手に伝わらないばかりか、マイナスのブーメランとなって跳ね返ってくるだけでしょう。

多くの男性にとって恋愛と仕事を比べることができません。

忙しすぎる彼に「仕事と私どっちが大事??」などと聞いてはいけないのです。

もしそう聞いてしまった時、彼が「仕事!」と言ってきたら、どん底まで落ち込んでしまうはず。

そういう質問そのものが、もっとも彼に対してやってはいけないことなのです。

 

友達や家族がいるときは恥ずかしいからやめて欲しい

「友達や家族がいるときは、恥ずかしいからスキンシップはやめてほしい?」と彼は考えます。

男性は何があっても体面を意識します。

女性から見れば大したことないことでも、ひどく外面(そとずら)を気にすることが多いです。

相手にもよりますが、対人関係においても自分が原因で問題が起きたと知るやいなや、体裁を取り繕うのに必死です。

彼女からのスキンシップも同様で、その場に誰が居合わせるかによってスキンシップを拒んだり受け入れたりします。

受け入れるのは、2人の関係をよく知っている共通の友人くらいでしょう。

そういうときは彼女に手をつながれようが腕を組まれようが、わりと平然としています。

スキンシップを拒むときも彼の態度はいかにもこともなげですが、恥ずかしい意識の他に見られた相手に変に勘ぐられることを何よりも恐れています。

結局「後で何やかんやと言われるのでは?」とただひたすら面倒なので、それを避けたいがための行動なのです。

このように恥ずかしく思う原因は彼女にあるわけではなく、彼女にスキンシップされているところを人に見られたくないだけなのです。

 

周りに大勢の人の目があると、スキンシップされても落ち着かない

一部男性は周りに大勢の人の目があると、スキンシップされても落ち着かないと思っています。

彼女からのスキンシップされることはやぶさかではなのですが、単純に気が乗らないのです。

他人の目を気にするあまり気が乗らなくなるのですが、日本人の大半は人目を気にします。

周囲の人に同調することで得られる安心感は、日本人であれば誰もが持っている一面です。

そういう点から彼も彼女からスキンシップされた時、それが人前であったらたいてい拒みます。

手を振りほどいたり、さっと身をかわしたりなど。

しかしその反面、2人きりの時は甘々だったり彼女にベッタリでしょう。

彼の方からスキンシップしまくりかもしれません。

このタイプの男性は内弁慶が多く、人前と2人きりでは別人のようです。

それもこれも人の目がとても気になるからです。

かと言ってスキンシップが嫌いなわけではなく、拒んでくるのは人前だけです。

 

男性が彼女にスキンシップをしてほしいと思ったときにとる行動

珍しく甘えてきたり頼ってきたとき、男性はスキンシップを求めている

男性が珍しく甘えてくる場合、たいていスキンシップを求めています。

その心理は、孤独や寂寥感を抱えている状態です。

つまり寂しいために、スキンシップによって心の中に巣食っている孤独感や寂しさを埋めたいのです。

また彼女を頼りたいと思っている時も、無意識に触れ合いを求めてきます。

そういう男性は、外では鎧に身を固めている戦士のような人がほとんどです。

強そうに見える男性ほど実は心はノミの心臓だったり、根本は非常に繊細な性質がほとんどです。

たとえばなんら問題なさそうなことでも、深く傷ついたり心底悩みます。

これはガチガチに身を固めている自分に限界が来た時です。

そして頼れる人は彼女だけと気づきますが、これは「彼女なら!」と厚い信頼をおいているからです。

そしてさらにスキンシップという、肌の温もりをも欲します。

それでようやく気が済んだ彼は、また重く苦しい鎧を身につけ、社会という戦場へと向かう勇気が出るのです。

 

「好き」「愛している」などの愛情表現をしてきたとき

好きとか愛してるといった愛情表現をしてくる男性は、スキンシップを求めているのが明白です。

言葉による愛情表現の延長線上にあるのは肉体関係です。

男性にとって愛の言葉は延長線上にあるその行動へと導くためのツールであって、それ無くしては彼女は同意してくれないとわかっているのです。

一方で、女性は言葉での愛情表現からのスキンシップが恋愛の醍醐味と考えていて、恋愛の目的はまさに「それオンリー」と断言できるほどです。

そこから肉体関係になるのはいたって普通のことですが、女性の誰もがその行為だけを恋愛の目的にしているわけではありません。

もしそれだけなら単にセフレという関係です。

女性が肉体関係を受け入れようとした時「彼から愛されていることを確かめる」というのも一つの目的です。

そうなる前に自然な流れとして、スキンシップは間違いなく必須な行動です。

このように性への向き合い方は、男女間でこれだけの違いがあるのです。

 

じっと目を見つめてきた時がスキンシップのタイミング

男性が彼女にスキンシップをしてほしいと思ったとき、じっと目を見つめてくることがあります。

「目は口ほどに物を言う」ということわざ通りですが、これはスキンシップして欲しい時の一つの目安として覚えておきましょう。

相手の目を見れば、おおよその人柄は読み取れるものです。

口元は笑っていても目が怒っていたり悲しげなら、心から笑っていないのが手にとるようにわかります。

とは言え、じっと見つめながらも彼は具体的にどうしたいのか自分でもはっきりわかっていないかもしれません。

しかしその目を見れば一目瞭然です。

すぐに彼に手を差し伸べたり腕に触れたりなど、スキンシップを図りたくなることでしょう。

その行動は決して間違っていませんし、彼がそれを望んでいるかどうかなどどちらでも良いのです。

潜在的に彼が望んでいたことが、目を通して伝わってきたのですから。

目には強いエネルギーが宿っています。

そしてどこを見るかで、その人のエネルギーは微妙に変化します。

彼女をじっと見つめるのは、彼の中の秘めたる感情が最も強化される行動です。

彼のエネルギーを感じ取ってすぐにスキンシップできるなら、お互いにエネルギー交換ができているということ。

相性的にも問題ありません。

 

服を引っ張ったり邪魔したりなど、気を引こうとしてきたとき

スキンシップして欲しいのに彼女がそれをわかってくれないと、彼は服を引っ張ったり邪魔してきます。

彼女の気を引こうとしているのは明らかですが、これもスキンシップを求めているサインです。

言葉で言わずに態度でわかってもらおうとしますが、これはどちらかというと男性よりも女性に多いパターンです。

多くの女性は好きな彼に嫌われたくないのが理由で、言いたいことがあっても言えずに我慢してしまいますが、男性の場合、我慢するよりも先に行動に移します。

言葉にはしませんが、その代わりにスキンシップを求める気持ちを態度で表すのです。

それが服を引っ張るなど、彼女の気を引こうとする態度です。

ところが彼女がポカンとしていて、彼が何を言わんとしているのが気づかないことがあります。

そういう時の彼は、怒ったように手をつないだり背中に手を回してくるかもしれません。

別に本気で怒っているわけではないのですが、気付いてもらえなかったことに苛立ちを感じているのです。

このように相手の気を引こうとして失敗すると、やけっぱちな態度になるケースもよく見られます。

スキンシップは、やはり男性にとってとても照れることなのです。

そんな彼でも付き合いが長くなり、慣れてくるに従って照れることがなくなります。

その代わりなぜか彼からのスキンシップが激減します。

嫌いになったのでは?と疑ってしまいますが、そうではありません。

彼がスキンシップを求めなくなったのは、2人の関係が安定した証拠です。

なのでスキンシップが減っても決して焦らないようにしましょう。

2人の間が平和であればそれで良しとしてください。

問題が起きないことが何より幸せなのですから。

 

心身ともに疲れていて、癒されたいアピールをしてきた時

心身ともに疲れていて癒されたいアピールをしてきた時、彼は間違いなくスキンシップを求めています。

彼女の柔らかく温かい手は彼にとって癒し以外の何ものでもなく、彼女と付き合っているのはそれが目的と言っても過言ではないのです。

スキンシップは彼にとって最大の恩恵ですから、癒された彼は「また頑張れる!」と鼻息を荒くします。

そして彼女の存在をありがたく感じますが、いつしかそれが当たり前になる時が来たら要注意です。

彼女としてはいつでも癒しを提供できるわけではありません。

そこで無理してしまうと、必ずあとあと彼に対する不満がたまります。

スキンシップはお互い様という気持ちがあって成り立つものですから、一方的ではいけません。

そのためには何より無理は禁物です。

気が向いた時だけでOKなので、自分がしてもらいたいようにしてあげるのがコツです。

そして彼からのスキンシップを受けたら、心から喜び、そして感謝しましょう。

ただ「ありがとう」というだけでも十分です。

そうやっていくうちに2人の間に、かけがえのない愛が育まれていくことでしょう。

いずれスキンシップしなくなる日が来るかもしれません。

そうなったらあえて「またスキンシップをしてみよう」と考え行動に移すことは、2人の関係性向上において何よりも重要です。

しかし難しいスキンシップは必要ありません。

出かける前にポンと軽く背中を叩いてあげるのも、立派なスキンシップです。

簡単なことだからこそスキンシップは長く続けられるのです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「彼が喜ぶスキンシップをタイミングよくすることがラブラブカップルの秘訣」

 

占い師 姫乃

ラブラブカップルは彼が喜ぶことをしてあげることと、タイミングを見誤らないのがポイント。

そして彼に嬉しいスキンシップをしてもらったら、それを当たり前と思わないこと。

せめて微笑みだけは忘れないで。

機嫌のいい彼女がそばにいるだけで、彼は癒されるのです。

それも精神的なスキンシップかもしれないわね。

 

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事