寂しいときの男性心理を見極めて復縁を目指す方法|彼からの「寂しい」サインを見逃さないで  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

復縁を目指すには、寂しい時の男性心理を見極めることが大切です。

そのためには、彼からの「寂しいサイン」を見逃さないこと。

たとえば「元彼からの突然のline=寂しい」というサインかもしれません。

男性が寂しくなるきっかけや寂しい時のサインを紹介しているので、復縁したいときの参考にしてみてください。

 
 

 

復縁メニューはこちら

寂しいと感じる時ってどんな時?男性も寂しくなる瞬間がある

休日はいつも予定なし。帰宅後も何もやることがないし楽しみもない

多くの男性が寂しく感じるのが、休日に何も予定が入っていない時です。

またやっとの思いで仕事から解放されても、帰宅後に何もやることがない時も無性に寂しくなるものです。

このような男性は普段から楽しみもなく、文字通りの寂しい人生を送っています。

だからと言って積極的に何かを始めようとか冒険しようという気は一切なく、寂しさに襲われても粛々とそれを受け止めるだけなのです。

予定がない休日の楽しみは寝ることだけ、という男性も決して少なくありません。

半日を寝て過ごしてしまえばあっという間に夕方ですから、何もしないままに夜を迎えることに。

これが日常的にもなれば寂しさにも慣れてきて、ひとりぼっちをなんとも思わなくなる男性も多いです。

しかし仕事が終わった後、帰宅するべく向かうのは明かりは点いていない真っ暗で寒い部屋です。

孤独に慣れたとは言えどうしようもない寂しさに襲われるのは、鍵を開け部屋の明かりを点けた瞬間です。

誰も帰ってくることのないひとりぼっちの部屋で「いったい俺は何のために生きているのか」と、深くうなだれたり考えこんでしまうでしょう。

彼の心の中は、たとえようのない寂しさでいっぱいなのです。

寒い季節が苦手。1人きりでいると人肌恋しくなるのが寂しがり屋の男性

寂しがり屋の男性は、総じて寒い季節が苦手です。

また1人きりでいると、やたらと人肌恋しくなるのも特徴です。

彼は思います。

「この寂しさを埋めてくれるのは…手取り早いのは元カノしかいない」と。

別れても人肌恋しくなると、真っ先に思い出すのは元カノなのです。

この時、元カノへの想いは以前と変わっておらず、優しく可愛い元カノが恋しくてたまらないのです。

つまりどんな経緯で別れたにせよ寒さをしのいでくれるような優しい女性に思いを巡らせた時、彼の中でそれは元カノだけなのです。

一緒に熱々の鍋をつついたことも思い出されるでしょう。

寒風吹きすさぶ中、ひんやり冷たい元カノの手を温めてあげた記憶も蘇ってくるはずです。

苦手な冬を迎える頃「絶対に元カノが必要」と彼が気づくのは、こういう時なのです。

しかし今となっては元カノはいません。

彼が激しく落ち込んむほどの寂しさに襲われるのは、このように元カノ不在の厳しい現実に向き合わされた時なのです。

好きな人に会いたくても会えない時、無性に孤独を感じる

男性が寂しいと感じるのは、好きな人に会いたくても会えない時です。

無性に孤独を感じ、いてもたってもいられないでしょう。

さらにもっと孤独を感じるタイプが、ひとりよがりでワガママな男性です。

好きな人に会いたくて会えない時、相手の都合など考えずになんとかして会おうと試みます。

そこで会えれば彼は満足なのですが結局会えなかった場合、それはそれは取り付くしまもないほど機嫌を損ねます。

「自分の機嫌が悪いのはあいつが会ってくれなかったから」と決めつけますが、これは実は哀しみの裏返しで「こんなに哀しんでいるの全然わかってくれない」という心理が働いているのです。

だから機嫌が悪くなるのです。

多くの男性たちが不機嫌な態度になる時、深いゾーンでは多かれ少なかれ哀しみを感じています。

その哀しみの源は、満たされない孤独感や自分を理解してもらえない寂しさなのです。

1人きりで過ごす日が続くと、女性から嫌われている気がする

男性によっては1人きりで過ごす日が続くと、なんとなく女性全員から嫌われているような気がしています。

そういう時はたいていメンタルも落ち込んでいるので、暗く寂しい気分なのは間違いありません。

「女性から嫌われているかもしれない」というのは男性の主観に過ぎないのですが、寂しさもピークになると自分に自信が持てなくなってしまうのです。

自分に自信がなければ、女性たちから距離をおかれるのは当然です。

そうなるとさらに弱気になるため、ますます1人の時間が寂しく切ないものになるのです。

大勢でワイワイ騒ぐのが何よりも好きな男性なら、その寂しさは想像を超えるものでしょう。

このように決して嫌ってるわけではないのに「嫌われてる気がする」という勘違いが仇となると、男性は簡単に孤独におちいってしまうのです。

お酒を飲んで酔っ払った時、湧き上がるような切なさや虚しさを感じる

男性が寂しさを感じる多くのケースは、お酒を飲んで酔っ払った時です。

酔い始めは気分が軽くなるといった変化が見られますが、酔いが回るにつれ徐々に愉快な気分へと変わります。

ところがその後、急激にテンションアップしたかと思うと、今度は急激に気分が落ちてしまうことも往々にして見られます。

これがお酒に酔った時の特徴でもあるのですが、次第に気分の上げ下げが激しくなると、今度は突然怒り出したり大声で笑ったりなど誰が見ても正常ではいられなくなるのです。

「お酒は飲み方次第で毒にも薬にもなる」と言われるのは、このように精神状態がおかしくなることが頻繁にあるからです。

そんなお酒ですが、男性が寂しくなるのはお酒によって寂しさを紛らわそうとした時です。

しかし寂しさが紛れるのは最初だけです。

なぜなら酔いが気持ち良くて盛り上がっていても一転、今度は急降下が待っているからです。

極端に寂し過ぎる気持ちを抱えていると、大の男が泣いてしまうこともあります。

このようにお酒を飲んで酔うと、内に秘めたる感情が次から次へと表面化します。

そのため寂しさを紛らわそうとしてお酒を飲んで酔えば、その後はもっと寂しくなってしまうのです。

体調不良やメンタルが落ちていたり、正体不明な不安を感じている時

体調不良やメンタルが落ちている時も、男性は寂しさを感じています。

また正体不明な不安を感じている時も、パワー不足な自分に一抹の寂しさを味わっています。

この寂しさをなんとかしようとした時、男性が考えるのは運動です。

たとえばジョギングしに行ったり、ジムでトレーニングして自分を保とうと試みます。

またサウナで心身共に整えようとしたり、マッサージを受けに行く男性もいます。

むろん寂しくなくても、日常的に運動やマッサージを取り入れている男性もいます。

しかしそういう習慣がない男性が寂しさを埋めようとする時、考えるのは運動やサウナ、マッサージといった体を癒すことなのです。

これらの方法は一般的にはリフレッシュのために行いますが、体調がかんばしくない時やメンタルが落ち込んでいる時にもとても役立つことを彼らは知っているのです。

たとえば男性が筋トレに励んでいる内にムキムキになるのはそこに安息の場を見つけられたからで、自分というアイデンティティを発見できた場所に執着し汗を流すのは、ひとえに寂しさを感じたくないからなのです。

男性が特に寂しさを感じるのは自分が寂しい人間だと思ったとき

「正直な話、俺って誰からも必要とされていないのでは?」と思ったとき

男性が特に寂しさを感じるのは、誰からも必要とされていないと思ったときです。

まったくの憶測という場合もありますが、たいてい何らかの根拠によって「正直な話、俺ってたぶん誰からも必要とされていないんじゃ?」と信じ始め、さらに疑うことすらしなくなるのです。

たとえば友人たちが次々と結婚し、家庭を持ち一家の主(あるじ)になった場合です。

友達が家庭を持てば当然ながら一緒に遊ぶ機会は減ってしまうので、顔を合わせる機会はほとんどなくなってしまうでしょう。

そうなるといまだ独身の男性は、我が身を振り返りとてつもない寂しさを感じてしまうのです。

結婚など夢のまた夢だし独身は気楽でいいけれど、時には家庭を持った友達が羨ましくも感じます。

そうこうしているうちに、遊べる友達が1人もいないことに気づくのです。

「彼女もいない、友達もいない…俺って誰からも必要とされていない」

我を振り返った瞬間、このように誰からも必要とされていないと感じた男性は「なんて寂しい人間なんだ」と思い、強烈な寂しさに肩をすくめるのです。

ただでさえ自分に自信がないのに、さらに自信を失ったとき

男性が寂しさを感じるのは、自分に自信をなくした時です。

ただでさえ自信がないと思っている男性は、寂しさと共にいつも強い焦燥感に襲われているのです。

また自信がない男性は、常に孤独と隣り合わせです。

孤独がつらすぎるため自分を誇張して自信たっぷりに見せかける人もいますが、それがいわゆるモラハラタイプの男性です。

モラハラタイプの男性は、自信のなさをカバーするためにマウントを取ろうとしてきます。

しかしどんなにマウントを取ろうとも、彼の中の空虚な部分は満たされません。

心の中は寂しさと孤独で埋め尽くされていて、マウントを取ろうが何をしようが変わることがないのです。

また自信がない男性は、思わぬ失敗を招くことも多いです。

モラハラ男性も例外なく失敗を繰り返しもっと自信を失うと、その原因を外に見つけようとします。

「こんな風になったのは〇〇のせい」のように。

うまくいかない原因は常に自分の中にあります。

そして問題が解決しないのは、その責任を自分を負おうとしないからです。

このようにモラハラ男性のほとんどは自分に自信がなく、さらに寂しさと孤独にあらがおうとするあまり寂しい人間のままで終わるのです。

比べても意味がないとわかっていながら誰かと比べたとき

男性が寂しいと感じるのは、自分を誰かと比べたときです。

人は人、自分は自分なので比べても意味がないとわかってはいても、つい比べてしまうのは一つの癖なのかもしれません。

なのでいつもの癖で他人と比べるのですが、どうしたって隣の芝生は青く見えてしまうため、そこでいやがおうにも嫉妬心が生まれてしまうのです。

嫉妬心は寂しさへと形を変え、さらに自らをおとしめます。

「こんなに寂しいのは、比べた相手が自分より優れているから」

こんな風に結論づけ納得するのはそうするしか解決方法を知らないからなのですが、これは寂しさを感じる男性特有の一つの方程式でもあるのです。

この方程式を抱えている限りなぜ寂しいのか理解できないし、寂しさを手放すことができないのは寂しくなる原因をギュッと握りしめているからです。

つまり寂しいと感じている男性は、実は自らそう仕向けている事実を知らないのです。

とにかく人恋しいし寂しくてたまらないから、誰かに甘えたい

いつも「誰かに甘えたい」と考えている男性は、自らを寂しがり屋と自覚しています。

そういう男性はとにかく人恋しいし、寂しくてたまらずにいます。

このように「誰か」を求める依存体質な男性は、いつでも頼れる人がそばにいないと不安です。

女性にも姉御肌的タイプを求めます。

彼の寂しがり屋で甘えん坊体質から感じとれるバックボーンは、どうやら家庭環境にあるようです。

特徴としては末っ子が多く、甘え上手な一面も持っています。

また幼少期に親から十分な愛情を受けずに育った場合も、寂しがり屋になる傾向が強く現れます。

内に秘めた寂しさや孤独感は、大人になってもあまり変わらない場合が多いです。

その影響が、大の大人なのに1人でいるのが嫌いだったり、友達と群れるのが好きという点に現れるのです。

恋愛に関しても放っておかれるのをイヤがる、俗に言うかまってちゃんタイプです。

かまってちゃんな性格が強く出ると、好きになった女性を束縛しようとします。

その割には束縛されるのを嫌うので、女性にとっては何かと面倒な存在に見られやすいです。

なので適度に干渉できる大人な女性なら、お互いに楽な関係でいられるでしょう。

復縁の可能性が高いのは、男性が寂しさを我慢しているとき

復縁の可能性が高いのは、男性が寂しさを我慢しているときです。

なのでどんな時に寂しさがピークになるか、そしてどんなタイミングで寂しさを我慢するシチュエーションになるかを察することができれば、復縁へのゴールは近いでしょう。

男性がもっとも寂しさを感じるのは、いつでしょうか?

彼が寂しいと感じるタイミングは、1日の中でも刻一刻と変化します。

寂しいと感じるのは、朝や昼よりも圧倒的に「夜」です。

夜、寝る前のホッとするひと時。

ホッとしながらも、満たされない切なさや寂しさを抱えているものです。

また1週間の中では、確実に休日前夜です。

翌日、予定が何も入っていなければ、彼の寂しさと虚しさのピークでしょう。

いつものように昼まで寝るか、起きても夜までグータラ過ごすかのどちらかだからです。

毎週末そんな感じだったら、確実に寂しさを我慢しているはずです。

一方で寂しさを感じていないシチュエーションが、休み明け前夜です。

彼の頭の中はすでに仕事のことでいっぱいで、寂しいどころか「ほっといてくれ」と言わんばかりでしょう。

このようにタイミングひとつで、復縁に結びつく可能性が決まります。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

女性が寂しいのは自分を理解してほしい時

1人ぼっちで休日を過ごしたり仲良さげなカップルを見ると、とてつもなく寂しくなる

女性がとてつもない寂しさに襲われるのが、1人ぼっちで休日を過ごしている時や仲良さげなカップルを見た時です。

孤独と寂しさが相まって、狂おしいほどのつらさを感じることでしょう。

特にイチャイチャするカップルを見たときは、思わずイライラしたり気分が悪くなることもあります。

なぜイライラするのでしょうか?

その原因はカップルと自分とのギャップが、天と地ほどもあるからです。

どう見てもカップルは幸せそうにしか見えません。

「それに引き換え、私はずっと1人ぼっち…」と厳しい現実に、つい後ろ向きに考えるしかないのです。

彼氏が欲しくてもすぐにできないのはわかっているし、たとえできたとしてもすぐにイチャイチャできるわけではありません。

「ひょっとして元彼と復縁できたらまたイチャイチャできるかも」とも思いますが、これもすぐに復縁できればの話です。

このように手が届きそうで届かない幸せを目の前にして、心底「ぼっちの寂しさ」を感じるのです。

冷たいしかまってくれない彼が不安で、いつ振られるかわからないと寂しくてたまらない

付き合っている彼がかまってくれない時、女性は不安を感じ寂しくなることが多いです。

また自分の想いとは裏腹に彼の態度が冷たくそっけないと無性に孤独を感じ「これじゃいつ振られてもおかしくない」とさらに寂しさをつのらせてしまうのです。

かまってもらえない寂しさは、彼に依存しすぎているからかもしれません。

そういう意識はなくても日常的に依存が当たり前になると、必然的に相手は冷たい態度になるものです。

多くの男性は、依存体質かつ手が掛かる女性を「めんどくさい」と思っています。

また彼女が依存すればするほど、そこから逃げたくなります。

その理由は、彼女の存在そのものが重たいからです。

重くてめんどうだと自由を奪われた気さえしてしまうので、そんな彼女と距離をおきたくなるのです。

人は誰でも自由でいたいものです。

なので「自由でいたいから逃げる」という彼の行動は、何一つ間違っていないのです。

彼にかまってもらえない、いつ振られるかわからないという不安を抱えている女性は寂しくて仕方がないのは当然なのですが、彼にもちゃんと言い分があるのです。

とことん落ち込んだ時に誰も自分を理解してくれないと、寂しさと絶望感にさいなまれる

とことん落ち込んだ時に誰も自分を理解してくれないと、女性は寂しさと絶望感にさいなまれるものです。

多くの女性たちは、同性同士でおしゃべりしながらお互いを理解しようとします。

女性同士の会話といえばテンポやリズムなどが男性たちのそれを上回る激しさで、脳をフル回転させておしゃべりに興じるのは女性ならではの性質と言えます。

ところが深く落ち込んでいる状態で事情を訴えたところで、誰にも理解してもらえない場合もあるのです。

こうなると寂しさと絶望感は、ピークを軽く超えることでしょう。

しかしこれにもきちんとした理由があります。

絶望感や寂しさをわかってもらおうとしても、相手の気分次第でスルーされてしまいます。

つまり相手に共感してもらうには、相手も同じように絶望感を味わった経験がなければ共感しようがないのです。

あるいは何か楽しいことがあって、相手のテンションがものすごく高い状態かもしれません。

そういう人に落ち込んでいることを理解してもらうこと自体、そもそも無理な話なのです。

このように落ち込んだ自分を理解して欲しくても相手が聞く耳を持ってくれなければ、さらに寂しさや絶望感を味わうことになるのです。

自分が寂しいときこそ復縁したくなる。しかしタイミングとしては適切ではない

多くの女性は、寂しい時に復縁したくなる傾向が強いです。

しかしタイミングを見誤れば、スムーズに進まないだけでなく元サヤも望み薄でしょう。

もちろん男性も例外ではありませんが、女性と比べると寂しさをコントロールするパワーは数倍強いです。

寂しさや孤独は感情の一つですが、女性はそういった感情を平衡に保つことが苦手な人が多いです。

寂しさがピークの時になぜか体調不良になったり不眠に悩まされることもあるのは、女性独自の感情の強さが体にも影響を与えるためです。

ところが男性の場合、寂しい時もじっと我慢したり理論的に考察するなどして解決に努めます。

つまり感情に振り回されないよう一人きりになって自分に向き合ったり、自分軸を保とうとするのが男性の性質なのです。

男性が感情に流されずブレないのは、それなりに頭の中で考えてから行動に移すからです。

一方で女性は頭で考えるのがつらくなると、感情のおもむくままに行動する性質があります。

切羽詰まって「復縁したい!」と彼に詰め寄っても、彼がそっけなければ復縁はほぼ100%不可能です。

しかしそっけない態度になるのは、感情むき出しな女性に引いてしまったからです。

このように男性の基本的な性質を理解していれば、適切な復縁のタイミングを見計らうこともできるのです。

寂しいときの男性からの「寂しいサイン」とは?

用事もないのが明らかな「今何しているの?」のメールやLINE

男性が寂しいとき「何してるの?」といった、さほど内容のないメールやLINEが来ます。

女性なら誰もがすぐにピンときますが、内容の薄さに「彼は明らかに用事はない」のが丸わかりです。

「じゃ何のために?」

すぐに想定できる答えは、単純に「寂しいから」です。

でも彼は口が裂けても寂しいとは言いません。

もうすっかりお馴染みの男性の特徴として「素直さと単純さ」のこの2つが挙げられます。

用事もないのに連絡してくるのは、彼にしてみれば深い意味などなく単純に寂しいだけなのです。

そのほかに、連絡してくる時の彼の心情を代弁する言葉を挙げてみましょう。

・「どうしてるかな?」

・「久々に声が聞きたくなった」

・「今、何してんの?」

・「オレ、めっちゃ今ヒマなんだけど」

・「ちょっとその辺で会う時間ない?」

以上のような気持ちでいますがこれを言いたいために連絡してくるのではなく、あくまで彼の表面的な心情です。

しかし彼の深い部分の意識では「寂しい」という感情が、うっすらと見え隠れしているのです。

弱音を吐いたり愚痴を言ってくるだけでなく、激しく同意を求めてくる

男性が寂しい時のサインは、弱音や愚痴を言ってくることでわかります。

また男性の愚痴に対し激しく同意を求めてくることもありますが、これも男性の内面に隠された寂しさを象徴しています。

多くの男性は、寂しい時に「寂しい」という本音を絶対に口に出しません。

寂しいと言ってしまった瞬間に、自分の弱さをさらけ出すようなものだからです。

小さい頃から事あるごとに周りの大人たちから「男なら泣くな」と言われ続けていたことが、弱さを見せられない原因なのです。

大の男だって時には寂しすぎて泣きたい時もあるのです。

しかしほとんどの男性は「男は強くあるべき」と洗脳されて育ったようなものですが、洗脳を解くのは簡単ではないのです。

弱音を吐いたり愚痴を言ってくるのは、その人に心を許しているからに他なりません。

また自分の中にある「寂しさ」という感情をうまく表現できないために、愚痴や弱音に言葉を変えて伝えてくるのです。

過去の思い出を語り始めたり、昔の出来事を振り返って郷愁にひたる

男性が寂しい時、過去の思い出話を始めることがあります。

また「昔、こんなことがあったよね…覚えてる?」というように、昔の出来事を振り返って1人郷愁にひたることもあります。

このようにとうに過ぎ去った過去を振り返るのは、今この時に寂しい思いを抱いているからです。

「昔は良かった」が口癖だったり「あの頃にまた戻りたいな」と言いながらぼんやり遠くを見つめることもあります。

このように過去にとらわれるタイプの男性は、現状の寂しい気持ちを認めたくありません。

そんな寂しさから少しでも逃避するために、過去を振り返ろうとするのです。

しかしそうやって振り返ってみてもひと時の郷愁にひたれるだけで、寂しい気持ちにはなんら変わりないのが現実なのです。

一方で過去を振り返らない男性は、寂しさなど微塵も感じていません。

昔を語りたがらないのはもう終わったことであって「過去を振り返っている時間はもったいないし、少しでも前に進みたい」と考えているからなのです。

そういう男性が自分から振った場合、元カノに未練があると寂しく感じるものなのでしょうか?

詳しくはこちらで解説しています。

ラーメン食べに行こう!飲みに行こうと、軽いノリで誘うのは寂しさを悟られたくないから

寂しい男性が軽いノリで誘ってくるのは、寂しさを悟られたくないからです。

少しでも重い雰囲気を出さないよう誘い方にも気を使いますが、たとえば「美味しいラーメン屋さん知ってるよ」とか「飲みに行こう」といった感じです。

こんな風に男性から誘われたことは1度や2度ではないはずですが、もし思いあたるフシがあるならそうやって誘ってくるのは寂しさからだったのです。

親密なデートの誘いではないので、気軽な気分で誘いに乗っていたら間違いなく彼の寂しさは一時的とはいえ解消されたことでしょう。

一方で彼女もいない男性が誘ってくるのは「寂しいからでしょ」などと指摘したら、彼は即行で傷ついてしまいます。

なぜならそれだけは指摘してほしくないことだからです。

彼はもう2度と誘ってこないかもしれませんが、女性の方から誘えば渋々ながら誘いに乗ってきます。

なにせ彼は心の底から寂しさを抱えているのですから。

かと言って、それを女性から指摘されたくはないのです。

不機嫌そうな雰囲気のLINEやメールを送ってくることもある

寂しい男性は、いかにも不機嫌そうな雰囲気のLINEやメールを送ってくることもあります。

「なんで怒ってるの?」といぶかしげな気分かもしれませんが、何が彼を怒らせているかはいっこうにわからないままでしょう。

彼はなんと「言わなくても雰囲気でわかるだろう」と思っているのです。

一部男性は、寂しさが怒りの感情へと転じることがあります。

寂しさも極限になると、どうやってその感情を解放したらいいかわからなくなってしまいそれが怒りになってしまうのです。

しかし元カノならわかってくれるかもしれない、そんな淡い期待を抱いてLINEしてくるのです。

寂しさを隠そうとすればするほど不機嫌な雰囲気のLINEになってしまうのですが、彼はそれに気付きません。

とにかく寂しさを解消したい、ただそう思うだけでLINEを受け取る人の気持ちを考える余裕がないのです。

このように不機嫌な雰囲気のLINEやメールには、彼の寂しさが思い切り込められているのです。

彼からの復縁のサインがあったら寂しいときの男性心理を利用して

まずは感情抜きの業務連絡的な短文で返信する

彼からの復縁のサインがあったら、まずは感情抜きの業務連絡的な返信を考えましょう。

コツはできるだけ短文にすることです。

短文にすれば、さほど工夫しなくとも感情抜きな返信にすることができます。

ところが「彼は寂しいに決まってる!」と思うと、つい余計な優しさを出してしまいがちです。

重要なのは「彼が連絡してくるのは寂しいから」と決めつけないことです。

もしかしたら寂しいと思っていない可能性もあるので、余計な優しさを出しても無駄になるだけです。

それどころか、変な勘ぐりを入れられる可能性も否めません。

また彼の心情をなんとかして聞き出そうとするのもNGです。

まずは彼の用件を聞きましょう。

何か尋ねられたら、素直な気持ちを返信してください。

決して連絡の主導権を握らないように。

彼からの連絡なので、主導権は彼にあるのです。

何を言いたいのかわからないLINEが続いたら「何かあったのなら、何でも話して」と彼に告げる

寂しいと感じている彼は、何を言いたいのかわからないLINEが続くこともあります。

そんな時は「何かあったのなら、話して」と言ってみてください。

彼は「別に何も」というかもしれません。

しかし何度も意味不明のLINEが続くということは、何かしら伝えたいことがあるからです。

何か言いたいことがあるのは確実なのですが、言いたくても何となく言い出せない場合もあるのです。

そんな時「何でも話して」とさとせば、彼はうんと話しやすくなるのです。

彼は内心「助かった」とそれまで感じていた抵抗感を手放し、重い口を開くことでしょう。

これが相手に対する気遣いです。

胸の内を話せた彼は、じっくり耳を傾けてくれた元カノに再び熱い想いを抱くはずです。

そうなれば復縁もすぐ目の前です。

「たまにはお茶でも飲む?」とさりげなくアポを取ってみる

寂しさを感じている様子の彼から連絡が入ったら、それはほぼほぼ復縁のサインです。

そんな時はすかさず「たまにはお茶でも飲む」とさりげなくアポを取ってみてください。

この時点ではまだ復縁が可能かどうかは、判断しないように。

彼にはまだ迷いがあります。

「どうしてはっきりしてくれないの」とイライラするかもしれませんが、どうにも結論を出せないこともあるのです。

なので彼のはっきりしない態度にイラッと来ても、決して早急に結論を求めないでください。

慌てさせれば、彼は再び引きこもってしまいます。

男性は女性が思うよりも、もっともっと繊細です。

繊細でナイーブなことを理解していれば、結論を急がせることもないし彼を待てるのです。

さらにさりげなく彼に誘いの言葉をかけてあげれば、彼は楽々と次の行動に移せるのです。

臨機応変という言葉を忘れないようにしてください。

状況に応じて、彼を背中をポンと押してあげることも時には必要なのです。

復縁を考えるなら相手を好きかどうかではなく、信頼関係の再構築を目指そう

彼との復縁を考えているなら、信頼関係の再構築を目指してください。

恋愛感情も大事ですが、もっと大事なのは信頼関係です。

彼がもし自分の身内だったら、無条件に信頼をおくはずです。

ガッチリとした信頼関係が築けていれば、何があっても彼を許すしかありません。

また彼が寂しそうでもかまいすぎずにそっとしておけるのは、お互いに信頼しているからです。

実際に彼はまだ身内ではないけれど、そんな心づもりでいれば揺るぎない信頼関係を築けることでしょう。

これが信頼関係の再構築です。

恋愛関係の初期にはまだそこまで考えられなかったかもしれませんが、それは当然のこと。

2人がアツアツの頃は、それだけでとても満足だからです。

しかしその時期を過ぎたと同時に、今度は新たな信頼関係を築かなければいけない時が誰にでもやってくるのです。

場合によっては気持ちの行き違いや誤解から、いったんさよならすることも出てきます。

でも別れを恐れないでください。

「別れたら永遠に終わり」と絶望的になるものですが、実は次のステップにつなげるために絶対に必要なことなのです。

復縁が叶わない時のためにバックアップを。「彼が最も信頼できる人」というステイタスを確保しよう

復縁が叶わない時のために、自分をバックアップする方法も考えておいてください。

ステイタス的には「彼が最も信頼できる人」というのが理想です。

お互いにとってそれが1番理想な関係になる可能性もあります。

でも「友達じゃいやだ」「彼とはずっとアツアツでいたい」と思うかもしれません。

恋愛関係とは一時的な感情の元、相手とつながっています。

永遠に続く恋愛関係はいかにも魅力的ですが、実はあまり現実的ではないのです。

いつかはその形を変えるときが必ず来ます。

お互いに憎しみ合う関係になることもあれば、空気のような関係になる場合もあります。

永久に愛し合うのが本物の恋愛関係ではないのです。

夢を壊すようですが、これが真実です。

それでも彼とアツアツを楽しむことは悪いことではありません。

仲が良いのはいいことです。

しかしいずれ形を変えるとわかっていれば、お互いに最も信頼できる人になるのが理想の関係の最高峰と言えます。

復縁が叶わなくてもがっかりしないでください。

それよりももっとステップアップすることも可能なのです。

そのためには孤独感や寂しさのサインを見逃さないように。

さらに男性心理全般において、事細かに見極められるようになれば最強です。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「寂しいときの男性心理を見極めて復縁を目指そう」

占い師 姫乃
寂しいときの男性心理をいろいろみてきたけれど、いくつか当てはまるものがあったはず。

男性心理は復縁を目指すためには絶対に外せないけれど、スピリチュアルな発想では何が理想とかまた正しいも悪いも無いの。

だからどんな形で復縁するにせよ、それがベストと考えることが何より大事!

あとは常に前向きに。

それさえ忘れずにいれば、うまくいかないわけがないのです。

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事