もうすっかり吹っ切れたはずなのに、「元彼との復縁はもう完全に無理かな」と思うことはありませんか?

別れた時はイヤなことばかりだったはずなのに、今となってはため息交じりに「元彼と付き合えて良かった」と心から思うことでしょう。

それは、時の経過とともに気持ちが落ち着いてきたからで、不思議なことではありません。

復縁できればまた以前のように仲良くしたいな…、と思ってはみるものの、その気持ちにブレーキをかけるのが「今冷却期間中!」という心の声です。

しかし、ある日なにげなく以前の調子で元彼に連絡しちゃったとしたら、もしかするとこれって「冷却期間台無し!?」。

そう焦ってしまう前に、元彼に連絡しちゃいけない時に連絡しちゃったらどうすればいいか、その方法をみていきましょう。


復縁したい元彼に連絡したい!でも安易に連絡しちゃいけない理由って?

まずはあなたがなぜ復縁したくなるのか、その背景を探っていきましょう。

仲良く付き合っていた頃は、「もう彼以外に考えられない、このまま結婚できたらいいな」と思うこともあったでしょう。

見た目も、優しい性格も、声も、何もかもドンピシャだったら、なおさら「彼を離したくない」という気持ちでいっぱいだったはずです。

めでたく結婚したあと子供を連れているシーンまで想像してしまい思わずクスっと笑ったりなど、ほのぼのとした幸せを感じるひと時です。

「復縁したい」と強く思う心情の裏側には、あなたの「結婚したい」という熱意が見え隠れします。

女性にとって結婚とは、「子孫を残す」という大きな役目があります。

それは太古の昔から私たちの祖先のDNAによって受け継がれてきたものです。

「この男性なら!」と決めたと同時に、将来の夢を描き始めます。

「この人が父親ならどんな感じになるだろう?」「いずれおじいちゃんになった時でも手を繋いで歩きたい」といった彼と夫婦になる未来像は、手を伸ばせばすぐ手が届くようでワクワクしてしまいます。

一軒家に住み、子供は男女1人づつ、いつでも笑いが絶えない家庭にしよう、など、彼との将来の夢はどんどん膨らんでいきます。

もはや彼以外考えられない、という気持ちはやがて「執着」に変化していきます。

別れが現実になった時、付き合いを解消することももう会わないといいうことにもあなたは納得がいかなかったでしょう。

「何とか早く復縁したい」と願いつつ「復縁」をネット検索すると「冷却期間をおいた方がいい」という意見が山のようです。

彼に連絡したいのに「連絡をしちゃいけない」なんて無理!とばかり、寂しさで気が狂いそうだったかもしれません。

でも「いつも調子でつい連絡しちゃった!…、でも何でいけないの?」となった時、なぜ安易に連絡してはいけないのかその理由を解明していきましょう。

ちょっとした連絡でもなぜダメ?

どんな間柄の人同士でも、連絡をとるということは相手のことを考え、また相対する人も相手をイメージしながら連絡を受け取ります。

そこにはエネルギーが介在しています。

疲れている時、ペラペラしゃべる人から連絡が来たらもっと疲れてしまいますよね。

ただ単に話を聞くだけでもエネルギーを消費しているのです。

あらゆる人間関係の中で最も強く影響し合うのが恋人同士ですが、仲が良くてうまくいっている時は気分も最高ですよね。

そういう時のエネルギーはポジティブで明るくキラキラしていて、身も心も軽くしてくれるものです。

嬉しい、楽しいエネルギーは病みつきになるほどで、付き合う期間が長くなるほど相手に「もっと」を求めてしまうようになります。

お互いに強く影響し合う間柄ですから、ひとたびマイナス面が出てくるとあとは言わずもがな。

マイナスはさらにマイナスを帯び、坂を転げ落ちるように急激に気分が盛り下がってしまいます。

こうなるといてもたってもいられなくなり「ここにはいたくない」という切実な思いでいっぱいになります。

この後、2人の選択肢の中には「別れ」しかありません。

人は誰でも快適さのないスペースから逃げ出したくなるものです。

お互いにエネルギーを奪い合う関係になったとき「もう連絡は取りたくない」と思うのは当然でしょう。

つまり冷却期間をおかずに連絡をとるということは、「もう復縁できないかも」と想定できるくらい、リスキーなことです。

恋愛関係がいつもうまくいかないと思っていたら、彼とエネルギーの奪い合いになっていないか、ということに着目してみてください。

イヤな思い出から忘れていくから

思い出したくない過去のイヤな出来事は、自然と記憶からデリートされていくものです。

なぜ冷却期間が必要なのか、その秘密はここにあります。

2人が「別れ」を選んだ時、その理由に「良いこと」はゼロです。

おそらく「もう思い出すのもイヤ」といった感じで、同じことを繰り返さないようにしようと決心したことでしょう。

そのイヤな記憶がデリートされるには時間がかかるのです。

デリートにかかる期間は、単純にいって「長期間」です。

目安としては最低3ヶ月、もしくはそれ以上です。

冷却期間は実際にはどれくらいなのかは人により違います。

個々の感情の中にしまわれた思い出の中身や相手に対する思いによって変わるため、「いつからいつまで」とはいちがいには言えないのです。

しかし、2人の中のイヤな思い出は必ず消去される時が来ます。

また彼が抱くあなたへのマイナスのイメージも同様です。

冷却期間をおかずに連絡をとったがために再び元彼にイヤな印象を植え付けてしまったら、さらに復縁は遠い道のりになってしまいます。

復縁する気のない元カノから連絡が来た時の男性心理

元カノがとても気になる

元カノからの突然の連絡に驚きを隠せませんが、すぐに嬉しさに変わるでしょう。

それは比較的円満に別れられた時ですが、喧嘩別れした時はちょっと不機嫌かもしれません。

しかしそんな元彼に対し、あなたが明るく接することができればいつもの優しい元彼に戻るはずです。

別れてからしばらく経っていたのでそろそろ「あいつどうしてるかな?」と気になっていた元彼。

会話やLINEでのトークを進めていくうちに、以前と変わらない仲が良かった時の2人がよみがえってきます。

たわいもないやり取りが続いた後、「またね」とさらに明るくサヨナラを告げた元カノ。

元彼は「これは一体どうしたことだ!」と頭を抱えます。

別れた時の元カノの悲観的な態度や自分に向けられた怒りが全部ウソのようです。

元彼の心に心地よい風が吹き、別れた時のイヤな気分がすっかり溶け落ちていることを実感するでしょう。

元カノに会いたくなる

別れてから時々は元カノを思い出していたけれど、最近ではすっかり忘れている方が多くなった元彼。

それもこれも仕事が忙しいからで休日返上で仕事に出かけることもあり、毎日ヘトヘトです。

しかし彼女と別れた今、打ち込める仕事があるのはまぁ幸せなのかな、と自分を納得させます。

そんな時、いきなり元カノからの着信に驚きます。

別れてから一切元カノから連絡が来ないから、ちょっと心配していたけれどとりあえずひと安心です。

元彼は「嫌いになったわけじゃないからやっぱり元カノからの連絡は嬉しい」と実感します。

「いつか会えないかな」と考えながら、「今自分はひどく忙しいんだよ」と、今すぐにでも元カノに近況報告したい自分に気づきます。

飲みや食事に誘いたくなる

付き合っていた頃は楽しいことも多かったな、と感じる元彼。

積もる話もあるから「食事でもどうかな」と誘いたくなります。

お酒が飲めるなら、以前によく通っていた居酒屋やバーなどにも行きたくなるでしょう。

しかし元カノから連絡が来たとはいえ「ヨリを戻したい」みたいなことは一切言わないし、ましてや復縁を望んでるとは思えないな、と感じます。

むしろ昔から知っている友人の1人から久々に連絡が来たような、そんな気さえします。

「元カノを悲しませた結果になった別れ方だったから、今度もし会うとしてもぎこちなくなりそうでイヤだった…、けど、なんとかなりそう!」と、再び元カノに会えると思うと期待で胸が高鳴るでしょう。

元カノが喜びそうなことをしたくなる

「そういえば、見たい映画があるって言ってたっけ…、じゃDVDを買ってあげようかな」などと、元カノが喜びそうなことを探し始めるでしょう。

また、今まで2人でデートしたところで「元カノがすごく喜んだ場所に誘ってみようかな」とか、元カノが好きだった食べ物を思い浮かべ「また一緒に食べたい」と心から思うしょう。

こうして猛烈な勢いで元カノへの思慕がつのり、かつ元彼をワクワクさせます。

「復縁という二文字を感じさせない」

たったこれだけのことで元彼は元カノへの愛を復活させます。

元カノの態度にモヤモヤする

元カノからの連絡を受けた元彼は、少し複雑な気分です。

「元カノの真意が分からない!あいつは何が目的なのだ?」といぶかしげです。

「元サヤに戻りたい、復縁したい」と思ってるならハッキリ言えばいいのに、とイラつきますが、それが態度にも表れます。

ぶっきらぼうになったり、寡黙になったりなど取りつく島のない状態かもしれません。

しばらくモヤモヤした気持ちのままですが「今それを考えてもどうしようもない」と気づきます。

これは一般的な男性の特徴の一つでもある「冷静さ」が表れたということです。

「悩んでもしょうがないことを悩む時間がもったいない」と冷静に考えるので、いつまでもモヤモヤと悩むことはないでしょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

ダメってわかってるのに連絡しちゃった…。復縁したい女性がやりがちなNG連絡例

焦りを見せる

NG例
「早く会いたい」

「いつ会える?」

「寂しいから会いたい」

「明日の夜会える?」

復縁までたどり着けるのか、この恋が実るかどうかの瀬戸際に立たされた時、ついつい焦ってしまうのは仕方のないことかもしれません。

焦っても仕方がないのですが、焦らないようにすればするほど焦ってしまうという悪循環に陥りがちです。

この「焦り」という感情はどこから起きているのでしょうか?

「焦り」は「うまくいかないだろう」という不安から起きています。

ではなぜ不安に思ってしまうのでしょう?

この不安という感情は幼少期が起源です。

私たちは、何かと「早くしなさい」と周囲の親や大人たちから言われながら育ちました。

しかも早くしていることを認めてくれることはまず無く、早くできないことに対しイライラされたり怒られたりしたはずです。

早くすることにどんな意味があるのか、なぜ怒られるのかもわからずただ言われた通りに「焦り」を見せるも、思うように早くできない自分が悲しくなったかもしれません。

もしあなたがそのことで「焦った方が失敗が多い」と学んだのであれば、あなたを育てた人は大成功でしょう。

しかし焦りとは本来の自分らしさを奪うもの。

その人その人のペースは尊重されなれければいけないのが本当です。

恋愛に関してもその人のペースがあります。

焦ったからといってうまくいくわけではないことがわかっていれば自制心が湧きますが、それがわからないとただ焦ることしかできません。

元彼から見たあなたの「焦り」は、重く感じるものでしかないでしょう。

復縁を持ちかける

NG例
「やっぱりあなたしかいない!」

「もう嫌いになった?」

「お願いだからまた付き合って」

「復縁考えて」

「一緒に住まない?」

相手にかまわず一方的に自分のことだけを話す癖はありませんか?

自分のことだけを話すのがデフォルトだったら、復縁についても同じようにしたらかなり「アウト」です。

別れてからしばらくはお互いにセンシティブな状態です。

話す内容や言葉には特に慎重にならなければいけません。

しかしいきなり自分の望みを伝え、元彼の反応を見るのは少々踏み込み過ぎです。

「自分がこんなに好きなのになぜそれを伝えちゃいけないの?」と思うかもしれませんが、こんな風に積極的に伝えたところで元彼が引くだけです。

「元彼が引くってことは嫌いってこと?」と考えるかもしれませんが、これは好き嫌い以前の問題です。

踏み込み過ぎた提案は元彼を混乱させるため、正しい判断ができない状態になってしまいます。

あなたの望みが最終的に「復縁」なら、逆に復縁関係の話題は避けることが重要です。

元彼を試す

NG例
「この間、合コン行っちゃった」

「〇〇君に付き合ってって言われたの」

「婚活サイトに登録しようかなって思ってる」

「彼氏作っちゃおうかな」

元彼がもっとも聞きたくない話が、このような「新たなロマンス」に関することです。

元カノからこのようなことを言われたら、おそらく「は?何を言いたいの?」と戸惑うばかりでしょう。

あなたとしてみれば元彼がヤキモチを焼いたり、驚いて止めてくれないかな、と思うはずです。

ところが元彼の心の中は「なんだよ、めんどくさいな」に尽きるでしょう。

「そうしたければそうすれば?」と喉元まで出かかってなんとか食い止めます。

このような「人を試す」ことは、自分に自信がない人がやってしまいがちです。

もしあなたの言うことの中に嘘が混じっていたら、元彼の信頼をも失ってしまいます。

こんなことばかりが続くとあなたの魅力も半減してしまいますから、復縁はとうてい望み薄です。

もう今後一切、連絡も取れなくなるかもしれません。

恋人のようにふるまう

NG例
「相変わらず変な服着てるの?」

「欲しいのがあるから代わりに買っといて」

「少ない給料で頑張ってるよね〜」

「いつになったら昇進するの?」

「もっとかまってよ」

あなたの方に「元彼と別れたのは一時的なこと」という観念があるとしたら、連絡がとれたからといって以前と同じようにふるまってしまうのはもっともしてはいけないことです。

もし付き合っていた頃から、このように上から目線のように接していたらちょっと問題です。

恋人同士の何気ない会話のようにも聞こえますが、元彼にとっては「大きなお世話」です。

元彼は「放っておいてくれ!」と叫びたいところでしょう。

現在の元彼は、あなたにとって恋愛関係の対象ではないのです。

友人知人関係の人たちに対してだったら、間違ってもこのようなセリフは言えないはず。

もし復縁したいのであれば、まずは「距離をおく」ことを前提としてください。

「自分をわかって欲しい」と伝える

NG例
「こんなに好きなのに」

「あなたのことを理解できるのは私だけ」

「一途にあなたを思ってる」

「一生ついていく」

一見「こんなに愛しているのね」とばかりその愛情の深さに感動してしまいそうですが、裏を返せば古い恋愛小説のセリフにも見えます。

確かにこのような言葉が出る人はロマンス小説をよく読んでいたり、恋愛もののドラマや映画が好きな人が多いものです。

現実とドラマの世界がごちゃ混ぜになり、現実でも堂々とドラマの世界を再現するようになります。

とかく恋愛もののストーリーは重い題材が多く「叶わぬ恋を夢見ること」や「一生添い遂げるのが美徳」のように思われがちです。

それが好みなら別ですが、男性にとってこれほど面倒なことはありません。

また「こんなに思っているのに」や「自分の気持ちをわかって欲しい」という言葉も、あまりにも一方的と言わざるを得ません。

血迷って連絡してしまう

NGな行動としてよくあるのが、そんなつもりはまったく無いのに血迷って連絡してしまい後悔するパターンです。

たとえばお酒を飲んだ時や、急な思いつきで衝動的に連絡してしまう時です。

特にお酒に酔っている時は、ずっと言えずに我慢していたことや、あらゆる不平不満などが一気に爆発してしまうものです。

呼び出し音を聞きながらドキドキしますが、元彼が電話に出ないと「ホッ」とするでしょう。

しかし翌朝、自分からの着信履歴を見ている元彼の様子を想像したら恥ずかし過ぎて、つくづく自分がイヤになってしまいます。

なんでこんなことしちゃったんだろう?と激しい自己嫌悪に苦しむでしょう。

衝動的に連絡をとろうとする行動は、元彼にとっても理解不能なのです。

もし折り返しの連絡が来なければ、これが元彼の「NO」という答えです。

何度も連絡してしまう

「追えば逃げる」

この言葉を聞いたことはありますか?

元彼に連絡がとれるまで何度も電話してしまうのはNGです。

あなたも特定の人から何本も着信があったら引いてしまうはず。

この場合、電話を何度もかける方が「追う」側のあなた。

着信を確認する方が「逃げる」側の元彼です。

逃げる相手を追えば、さらに遠くへ行ってしまいます。

いくら元彼からの折り返し電話を待っていても「120%来ない」ことは確実です。

元彼と復縁したいのであれば、決して追わないことが大切です。

復縁したい元彼に連絡しちゃいけないのに連絡しちゃった時の対処法

素直に謝る

連絡してしまったらもう取り消すことはできません。

「ごめん」と、素直に謝りましょう。

理由は「元彼に聞かれたら」にしましょう。

「間違えた」と答えるのはあまりおすすめしません。

「ごめんね」と謝った後に「なんとなく気になって」とだけ付け加えましょう。

あとの会話は元彼のペースに合わせます。

自分の方から連絡した理由や近況報告などをベラベラとしゃべり続けないようにしてください。

明るく接する

別れた時から時間が経っているとはいえ、その当時はおそらくメンタルが病むほどだったかもしれません。

そういったネガティブな思い出をすべて払拭するように、元彼には明るく接しましょう。

ただし、もし暗い過去の影響がまだイヤな記憶として残っていたら、もうしばらく元彼とは連絡を取らないようにしましょう。

さて明るく接するにはどのようにすればいいのでしょうか?

ベストな明るさとは「笑い」です。

クスクスと笑う声や爆笑など、笑いには人を幸せにする波動が組み込まれています。

あなたと会話することで元彼が幸せを感じるとしたら、それはとても素晴らしいことです。

元彼が再び連絡を取りたくなるのは間違いありません。

折り返しを期待しない

もし元彼が電話に出なかったらそのまま電話を切りますが、元彼のスマホにはあなたの着信履歴が残ります。

それを見た元彼がどんな風に思い、どんな行動に出るかとても気になるところです。

理想的なのは、元彼がすぐに折り返しの連絡をくれること。

またはLINEやメールで連絡が来ても嬉しいですよね。

しかし「完全にスルー」ということもないわけではない、ということを覚えておきましょう。

元彼があなたからの連絡を待っていたのなら、すぐに折り返しの連絡が来ます。

しかしそうでない場合も往々にしてあるため、折り返しを期待してはいけません。

「期待」は、あなたを不幸な気分にさせてしまいます。

もう連絡しないと決める

元彼の反応次第ですが、なんとなく機嫌の悪さを感じたら「もう連絡しない」と決めた方が良さそうです。

しかし機嫌の悪さが実は別の原因からきていることもあるので、いちがいには言えません。

例えば「眠い」「ビックリ」「空腹」「別件で悩んでいる最中」など、不機嫌になる要素はたくさんあります。

連絡したことで元彼が不機嫌になる原因が「あなたのことが嫌い」だからと判断してしまうのは、早とちりとも言えます。

いつでも機嫌がいい人だといいのですが、なかなかそううまくはいかないもの。

いずれにせよ、あなたが連絡をしないようになれば、近いうちに元彼が連絡したくなる時が来ます。

自分から連絡したい気分の元彼を、くれぐれも邪魔しないように。

冷却期間を延長する

冷却期間をおくと決めたまではいいのですが、はたしていつまでその関係を冷やし続けたらいいのでしょうか?

我慢に我慢を重ね、ごうを煮やしたあなたがついに連絡してしまったら後の祭りです。

予想以上にギクシャクした会話で、盛り下がったままで終わってしまうかもしれません。

しかし我慢にも限界がありますから仕方がありませんし、連絡してしまった自分に厳しくしないようにしてください。

ここは元気を振り絞って、再び冷却期間をリスタートさせましょう。

自分はOKでも元彼の準備ができていないと、復縁は不可能です。

冷却期間中は自分のやりたいことを最優先しながら自分磨きを楽しみましょう。

あなたの工夫次第で、今までよりもっと素敵な女性になることができます。

元彼を忘れる

自分の好きなことを追求し続けたら、きっと元彼のことを覚えておく方が難しくなるでしょう。

それは当然のことで、あなたの好きなものの上位に「元彼」が入っていなければ、速攻で忘れ去られてしまうからです。

人生の極意は「自分の好きなことや物を優先する」ことです。

今まではその対象は元彼でした。

しかしそれもままならないとわかったからこそ、今度は別の方向へ舵取りをしなければなりません。

あなたを輝かせる大好きなことは、なんでしょう?

今は見えないけれど、その先にはひょっとすると「元彼の存在」があるかもしれませんよ。

そういったことを全部ひっくるめ今後の人生をより良く生きるためにも、今は元彼を忘れることに専念してください。

元彼に連絡したい気持ちを抑える方法や考え方

「冷却期間」を忘れる

世間一般にマストとされている冷却期間ですが、ここでいよいよ逆転の発想を提案します。

人はそれぞれに個性があります。

同じ人はいませんし、全く同じ考えの人もいないはずです。

ところで冷却期間がなぜ復縁に欠かせない要素なのでしょうか?

実は冷却期間は誰にでも有効であるとは言い切れないのです。

私たちは誰もが一般常識に沿って生きるのが良し、とされています。

しかし最近は、そうとばかり言い切れないのがわかってきていますし、別の見方もあるものです。

「冷却期間が100%有効であるとは言い切れない」と考えるのはそのためです。

有効でもあるし、そうではないこともある、と考えてください。

冷却期間がプラスにはたらくこともありますが、逆にマイナスに繋がることもあります。

それは「元彼にこれだけは伝えたい」ということがあっても「冷却期間につき不可」とみなされてしまいます。

そのおかげであなたのテンションが激しく落ちしてしまうため、あなたを取り巻くあらゆることに影響が出てしまいます。

良くないことが起きると、良くない出来事の連鎖が次々に起きた経験はありますか?

このようにあなたの無意識下では、活発なせめぎ合いが行われています。

冷却期間をおいたことで別の問題が起きるとしたら、どうしたらいいでしょう?

これに対する答えはありません。

せめてものアドバイスとして「何においてもブレないこと」。

この言葉だけは、ぜひ覚えておいてください。

忙しくする

「忙しい」の「忙」という感じは「心を亡くす」と書きます。

しかし、心を失うことなく忙しくすることは可能です。

「連絡したい!」と熱く思うバックボーンには、思い詰めた気持ちのプレッシャーが敵となってあなたを押しつぶそうとしています。

あなたを司るメンタリズムの全方位がそのことだけに絞られ、身動きできないほどです。

このような状態になってしまうのは「あなたの思考がヒマを持て余しているから」です。

「元彼に対する熱意をヒマとはなんだ!」と怒られそうですが、まずは元彼に向けるエネルギーをほんの少し別の方向へ持っていくだけであなたはかなり楽になるでしょう。

「元彼に精一杯の熱意を向けるのがベスト」と思うのは大いなる誤解で、元彼にとっては重く感じるだけです。

やってみたかった習い事を始める、ダブルワークにチャンレンジしてみる、ジムへ通うなど、とにかく日々忙しくすることに努めましょう。

心のスペースや視野が広がり、人生においてのステップアップのきっかけとなることでしょう。

交友関係を充実させる

今まで元彼へフォーカスしていた目線を、今度は周囲に移してみましょう。

あなたには昔から知っている友人や、幼なじみ、職場で気が合う人など、プライベートを楽しく過ごせそうな人はいますか?

何人かいる、という人や、心を許して付き合える人はいない、という人もいるでしょう。

元彼以外に仲がいい人がいない時こそ、周囲の人たちとの距離を近づけるチャンスです。

元彼に気持ちを奪われいつも元彼のことしか考えなかったら、周りの人たちに目を向ける余裕がなかったかもしれません。

しかし男女問わず、あなたが気になっていた人はいるはずです。

交友関係をもっと充実させることには、あなたが気持ちを転換させるだけです。

「あ、意外にこの人はいい人だったんだな」と思えることが必ずあるでしょう。

そこからまたさらに交友関係は広がり続けます。

人との繋がりはさらにあなたを成長させてくれるでしょう

「連絡したい」を抑えるのはいいこと?


「冷却期間をかたくなに守る」

これにはメリットとデメリットがあります。

メリットは「平常心を取り戻すことができる」ということ。

別れたばかりのあなたの心の中は雑音だらけです。

また、やり場のない怒りを感じていたかもしれません。

もし元彼が浮気してからの別れだったら、絶望のどん底でしょう。

心がふさぎ、何もかも投げ出したくなったに違いありません。

こんな時、何か行動を起こそうとしてもうまくいきませんし、心の痛みを抱えながらじっと耐えるのは苦しいものです。

しかし、この苦しみは必ずは「時」が解決してくれます。

そのためにある程度の時間が必要で、これが冷却期間というわけです。

ではデメリットは何でしょう?

大きなデメリットは「元彼の状況がわからない」ということ。

恋愛中は「あらゆる角度から相手のことをよく知る状況」ですが、別れた後は相手の情報が一切寸断されます。

元彼が自分をどんな風に思っているのか?怒っているのか?嘆いているのか?復縁したいのか?もう考えたくもないのか?

元彼に直接聞いてみたいところですがそれはもう叶わないことで、元彼の状況がわからないまま時だけが無駄に過ぎていくようです。

「冷却期間をおくのがベスト」と決めたのは自分です。

それなのに、その冷却期間で苦しんでいるのも自分なのです。

もちろん気持ちを落ち着けることも大切です。

ただし「冷却期間の間は連絡はNG」という説は、誰にでも当てはまるものではない、と考えることも必要です。

あまりにも長いこと放置されていたら普通、誰でも「完全に終わったな」と思うはずです。

放置が必ずしも良いことではないのです。

むしろ本当に「この人しかいない」と素直に思えるのであれば、元彼に連絡はしてもいいのです。

元彼がどんな風に思っているか、とても気になるところです。

しかし、相手がどう思うかではなく「自分はどう思うか」に気持ちを変えましょう。

連絡したいのに一般論通りにするのは、自分らしい行動とは言えません。

自分の気持ちに素直になる

あなたは「自分らしく生きている」と自信を持って言えるでしょうか?

もしそうではなかったら、元彼との別れはそういう自分に気づくための試練だったということです。

自分に欠けていることは、大きな変化がないと気づけないものです。

自分らしさを大切にしていれば、自ずと自分に素直に生きられるようになります。

「あの人がこう言ったから」というように他人の言葉や行動に惑わされなくなりますが、今まで人の目を気にしていろいろなことを我慢してきたのでは?

いくら協調性を大事にしているとはいえ、いつも周囲のことを気にし過ぎていたのでは本来の自分からは遠ざかってしまいます。

相手の思い通りに考えたり、動くのには限界があります。

また自分を無くしたあなたはかなりストレスを溜めた状態です。

「自分らしさ」は、上手に周囲と合わせながら出していく、というように多少要領が必要です。

やがて自分に素直に生きられるようになると、元彼との付き合い方にも自分らしさを出せていなかったな、と気づくでしょう。

自分らしさを出せないと、そこには脆弱(ぜいじゃく)さに満ちた自分がいます。

人の意見をよく聞きその通りにするのは協調性があるということですが、反面「弱い自分」も含まれています。

「自分の本心を包み隠さず言える」これが本来のあなたで、自分らしい自分です。

素直な気持ちでいることは「強み」です。

やがてすべてのことに反映され、あらゆることがうまく回るようになるでしょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「縁があればトントン拍子にうまくいくもの

占い師 姫乃
もし元彼の反応が思わしくないことが不安だったら、その不安材料は取り除いたほうがあなたのためになるの。

不安な思いは潜在意識が「うまくいかないよ」と伝えてるということで、さらに不安はネガティブなことを引き寄せちゃうから注意して。

いろいろなパターンをお伝えしたけれど、究極は元彼と縁があればトントン拍子にうまくいくの。

ということは、連絡しちゃっても問題ナシってことね。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事