元彼との写真は消す派?残す派?元彼との思い出の写真を使った意外な復縁テクニック
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

別れてもまだ元彼が気になる存在だったら、きっと写真は消せないままかもしれません。

それとも一刻も早く元彼を吹っ切りたいけど写真を消す勇気がない、という人もいるかもしれません。

「写真を消してしまったら、もう完全に元彼の存在も消えてしまうようで心が痛い」

こんな風に考えていたら、ちょっと立ち止まってこの記事を読んでみてください。

もし元彼との写真がたくさんカメラロールに保存してあったら、元彼との復縁テクニックとして使えるのです!

この記事では、元彼との写真を消す時と残しておく時のメリット、写真以外の思い出の品の処分についてや、元彼との写真を使った意外な復縁テクニックまで詳しく解説しています。

「すでに新しい彼氏がいる」という人のために「元彼の写真を消さないあなたのことを彼氏はどう考えるか?」という男性心理もご紹介します。

これでもう元彼との思い出の写真について悩むことはなくなるはずです。

さっそく読み進めていきましょう。

 

復縁メニューはこちら

【男性心理】自分の彼女が元彼の写真を持っていたらどう思う?

「持っててもいいけど、自分に見られないように隠して欲しい」

「俺に見られないように隠して欲しい」

もし自分の彼女が元彼の写真を持っていた時、遠慮がちにこう考える男性も多いです。

これが最も代表的な男性心理なのですが、ではいったい誰に遠慮しているのでしょうか?

それは「元彼と自分の彼女との関係に」です。

過去のこととは言え、二人の関係に今カレは「どう頑張っても立ち入ることはできない」と考えます。

まして「イヤだから写真消してよ」なんてとてもじゃないけれど言える立場ではない、と。

このように考える男性はかなり思いやりにあふれているか、自分の意見を押し通さないタイプです。

「彼女と元彼の間に何があったのかはわからない、けど聞いてみたいけれどなんとなく聞きづらい」というような気分です。

過去の写真についてもそうです。

彼女が過去の写真を残している可能性は十分にあると察しはついているのですが、その写真を彼女の方から進んで見せてくれるなら、まだマシです。

しかし、もし彼女が見せるつもりがないのに偶然に元彼の写真を見てしまったら「きっとショックを受けてしまうかもしれない」という恐れも抱いています。

そんなショックを避けるためにも「見られないように隠してて欲しい」と考えるのです。

「俺より元彼のことが好きなんかい!と突っ込むかも」

ジョーク好きな彼氏なら「俺より元彼のことがまだ好きなんかい!と冗談まじりに突っ込む」と答えるでしょう。

しかし冗談まじりとは言っても決してそれが楽しいわけでも嬉しいわけでもなく、ただ自分が感じたショックを和らげたいだけなのです。

この時の彼氏の心境は「冗談や笑い話にしない限り、やっていけないわ」というようにジョークとは対極な上、いたって真剣です。

多くの男性が強いコンプレックスに襲われるのが、このような時です。

比べても仕方がないのに、なぜか元彼と自分を比べたがります。

彼女にも「元彼についての詳しいあれこれ」を聞きたくて我慢できないほどです。

元彼に何かアラは無いか、自分は元彼より劣ってないか、などがいつも気になっています。

この時の彼氏の心理は、自分の存在を元彼よりもなんとか優位に立たせたい一心です。

実はこれこそが、彼女への承認欲求の現れなのです。

「過去は過去。今の俺らとは関係ない」

何事にも冷静に対応できる彼氏なら「過去は過去」と割り切って考えることができます。

「過去と現在を一緒くたにしてもしょうがないし、今の俺らとは全く関係ない」とバッサリです。

「彼女に元彼がいるのは知ってるし、写真くらいあっても別に不思議ではない」と考えます。

とは言え、一応れっきとした自分の彼女です。

「俺には関係ない」と豪語していながらも実は「100%気になっていない」というわけではありません。

「自分と元彼にはどんな違いがあるのか」ということだけは気になっています。

先述のように、やはり元彼と自分とを比べてみたくなるようです。

そう考えると「関係ない」と言う彼氏は「ただの強がり」を言っているようにしか見えなくなります。

つまりどんなに冷静沈着な彼氏でも、その内面に隠れた心理は表面上には現れてこない、ということです。

「気になるけど彼女にそれを言ったら喧嘩になりそうだから我慢してる」

「そりゃあ気になるよ、元彼の写真持ってるかもしれないと思うと心配だし、気にならない方がおかしい。でもそれを問い詰めたら彼女と喧嘩になりそうだしな」

控えめで平和主義な彼氏ならきっとこう言うでしょう。

このような男性は、何か問題が起きそうな時にたいてい我慢するタイプです。

「自分が我慢すればおさまる」と考えるので、突然沈黙したり不機嫌になります。

なので大変にわかりやすい性格と言えるでしょう。

そんな彼氏に「どうしたの?」と聞いても「別に」などと素っ気ない返事が返ってくるだけです。

その内面は「元彼のことは聞きたくても聞けない」という葛藤にさいなまれ、かなり辛い状況です。

しかし、それについては一切触れず、後は押し黙ったままです。

「黙っているだけじゃ何もわからない!」と言って彼女と揉めるのはこういう時です。

「俺が元カノの写真持ってたらどう思う?と聞きたい」

「じゃ俺が元カノの写真持ってたらどう思う?って聞きたいよ」と彼氏は問いただしたいところでしょう。

彼氏がイヤな気分になっているのはもちろんです。

こんなにイヤな気分になのに、もしかしてそれに気づいていないかもしれない?と不安に思っています。

もし気づいていないとしたら、かなり彼女に幻滅しているはず。

「彼氏が元カノの写真を持っていたらどんな気持ちになるか」と彼女に聞いてみたくなるのが、こういう時です。

しかしそうは言うものの実は「彼女に、え?別に持ってたっていいんじゃないの?と言われたらどうしよう?」という恐怖と戦っています。

実際に彼女が「彼氏の元カノの写真を偶然見ちゃった」というようなシチュエーションにならない限り、これは本音ではない可能性もあります。

お互いにどのくらい相手を想っているかにもよりますが、少なくとも彼氏の方は「いい気持ちはしない」ことだけは確かです。

「俺たち付き合ってるならその画像は消してほしいと言う」

彼氏はまず、(俺たちって付き合ってるんじゃないの?)という疑惑を感じます。

場合によっては、少々イラつきながら彼女に詰め寄ることもあるでしょう。

次に出る言葉は、ひと言「消して」です。

「おかしいでしょ?それ」とか「もうマジ信じらんない」とも言われそうです。

彼氏の物々しい態度に反抗することもできない彼女は、速攻で削除するしかありません。

もし彼女がそのことをポジティブにとらえるなら「あ〜、そんなに私のことが好きなのね」とか「彼ったら可愛いとこあるじゃん」と前向きに考えることができます。

しかし反面「あ〜めんどくさい」と感じることも確かです。

もしかすると家のパソコンに元彼の画像を保存してあることを思い出し、内心ホッとするかもしれません。

そうとは知らない彼氏は、彼女が元彼の画像を削除したことに、とりあえずは満足顔です。

「そりゃ嫉妬するし、自分に自信無くす」

彼女が元彼の写真を消さずにいまだに持っているのを知った彼氏は、何気なく嫉妬してしまう上、かなり自分に自信を無くします。

表面上はほとんどわからないのですが、嫉妬心と自信喪失で気が狂いそうになっています。

こういう時、たいてい彼氏はずっと以前から元彼の存在をうとましく感じていたのを思い出します。

うとましい「ヤツ」と彼女が仲良く付き合っていた時期があったかと思うと、これまた気が狂いそうなのです。

「なんで保存してあるの?」「なんで元彼を忘れられないの?」

このように頭の中は「なんで?」「なんで?」で埋め尽くされます。

男性たちの多くは、彼女に自分を認めてもらいたい、彼女を幸せにしたい、と思っています。

そんな折、彼女がまだ元彼の画像を消していないことがわかったら、彼氏は裏切られたような気分です。

いくら彼女が「削除し忘れたの!」と言い訳しても信じないし「ひょっとして二股?」と疑ってくることもあります。

「なんか空気読めないみたいでガッカリ」

「彼女の空気の読めなさにガッカリしてしまう」のが彼氏の本音と言えるでしょう。

「そりゃ、まだ元彼が好きなんだったらしょうがないけど、画像残しておくのはいかがなものか」と考えます。

このように考える彼氏は、一般的な常識をとても重んじます。

例えば彼女と言い争いになった時なども一般論で片付けようとしますが、現代は多様性が認められる時代ですし、個人で意見が違っていてもお互いに尊重し合うことが大切です。

しかし一般常識という看板を掲げた彼氏は、その信念を変えようとはしません。

このようなやや頑固系の男性には、たいてい「のんびり屋さんで空気を読むのが苦手な彼女」ができるものです。

もちろん空気は「読めないよりは読めた方がマシ」かもしれませんが、それぞれに事情があるというものです。

相手の事情や性格を理解できれば、今までよりもっと愛を深めることができるでしょう。

あなたがもしのんびり屋さんだとしても、そこがあなたの良さでもあります。

ですから、あまり気にしないようにしてくださいね。

  

過去を振り返らない消す派が多数!元彼との写真を消すメリット

SNSの写真は削除が基本。今彼を含め見た人にマイナスの印象を与えないため

SNS上にアップした元彼との写真を消すメリットは「見た人にマイナスの印象を与えない」ことにあります。

そのためは、元彼の写真はもとより元彼とのツーショット写真などは全て「削除」します。

別れてしまった二人の画像をそのままに残しておくのはちょっと問題なのですが、つい消し忘れてしまったりSNSのサイトさえ開かないこともあります。

本人がSNSのサイトを利用しなくても保存したままであれば、閲覧範囲を限定しない限り誰でもページを覗くことができます。

今彼も彼女のSNSがあると知ったら、なんとなく「見てみたい」と思うはず。

そこに見たものは…。

彼氏がその画像を見た時、どんな感想を抱くのでしょうか?

おそらく彼氏にとってマイナスな印象でしかありません。

また彼氏の友人がその画像を見ることも考えられますが、なんとも複雑な胸中でしょう。

「え?別れたって聞いたけど、まだ未練たっぷりってこと?」というように。

彼らに誤解されないためにも「早く削除しておくべきだった」と後悔してももう遅いかもしれません。

未練を断ち切れるので、別れたことを心から自覚できる

元彼の写真を完全に消せば、もし未練があっても完全に断ち切ることができます。

それまでなんとなく捨てきれなかった元彼への想いがあったとしても、「消す」ことができれば、別れたことを心から自覚できるでしょう。

元彼に未練がある場合の多くは「元彼から振られた時」です。

もし自分の意思で別れる場合は、後にも先にも未練は抱きませんが、降られた形で別れた時はいつまでも心に元彼の存在が残り続けます。

写真を消せないのは、心の中の元彼の存在まで消す勇気が湧かないためです。

復縁はないかもしれないけれど、もう会えないとなると「せめて写真だけでも見たい」と思います。

また「いつでも消せるから」と考えていることも消さない理由です。

ただ単に消すきっかけが無いだけの場合もあります。

いずれにしても消してしまえば、あれほどモヤモヤしていた気持ちも同時にすっきりと消えます。

元彼の写真が原因で今カレと険悪なムードになることを回避できる

元彼の写真を全部消してしまえば、今カレと険悪なムードになる一つの原因を完全に回避できます。

元彼とはきちんと別れているかもしれませんが、もし今カレが元彼の写真を見てしまったら「あれ?まだ繋がってるの?」という疑いを持ちます。

相手から疑いを持たれると、スムーズな恋愛関係は築けません。

まして相手は「元彼」で、何かあってもおかしくない関係です。

「まだ繋がっているのか」と疑われたままだと、どんなに仲が良くても信頼関係にヒビが入ってしまいます。

一度信頼関係にヒビが入ってしまうと、修復はなかなか大変です。

まず元彼が抱く「疑惑」を晴らさなければなりませんが、いくら言葉で疑惑を晴らそうとしても信用してもらえなかったらアウトです。

なぜなら今カレは「いまだに繋がっている証拠写真」という見方をしているためです。

今カレの心は傷ついているかもしれません。

険悪なムードになってしまうのは、当然の流れと言えるでしょう。

これらのことを避けるためにも、今カレがいるなら「元彼の写真は全削除が基本」です。

過去に縛られることがなくなるので、今カレときちんと向き合うことができる

元彼の写真を消すことで、過去に縛られることがなくなります。

その後は今カレときちんと向き合えることが、最大のメリットです。

元彼の写真を消せない、ということはいつまでも「過去に生きている」ということです。

過去は終わっています。

もしあなたが元彼との復縁を願っていて写真を消せないなら、これほど今カレに失礼なことはありません。

元彼がそれを承知の上なら問題ないのですが、たいてい今カレはそういう事情を把握していません。

ですから、いまだに彼女が写真を残してあることを知った時の彼氏のショックは、計り知れないものです。

面倒な揉め事に発展する可能性も十分にあります。

最悪、今カレと別れることになったら元も子もありません。

もし今後も今カレと仲良く付き合っていきたいのなら、元彼の写真は消す。

シンプルにこれだけです。

今彼にきちんと向き合えば、二人の関係も必ず向上します。

元カノのSNSをチェックする元彼なら自分の画像が消えたことが気になってしまう

SNS上の元彼の写真を消すメリットとして「自分の画像が消えた」ことに対し元彼が過剰反応することが考えられます。

これはSNSチェックが、元彼の日々のルーティンという場合限定です。

毎日のように元カノのSNSをチェックしますが、ある日突然自分が写った写真が全て消えていることに気づきます。

もちろんこれは元カノが写真を削除したからに他なりません。

しかし元彼にとってこれはちょっとした「異変」としてとらえています。

元カノが嫌いで別れたわけではない場合は特に「元カノになんかあったんじゃね?」と不安になります。

また突然削除してしまった元カノの心情をはかりかねて「別れたけれど、別れる前の付き合いも嫌だったのかな?」と悩んでしまうこともあります。

いずれにしても元彼は、自分の写真が消されたことに対してかなり傷つき、ショックを覚えます。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

思い出に罪はない…元彼との写真を残しておくメリット

気に入った写真をとっておけば自分史の一つになる

元彼との写真の中で特に気に入っている写真があるなら、取っておけば自分史の一つになります。

別れた彼氏とは言え「自分」という歴史の中で、かなり重要なポジションの人です。

その元彼との写真を自分史の一部としてポジティブに見ることができれば、今後もよりあなたの人生を向上させることができるでしょう。

どんな出会いにも偶然はありません。

元彼との出会いにも深い意味があるのです。

今はその意味が理解できないかもしれません。

しかし人生を歩んでいくうちに「何かとつながる部分」が必ず出てきます。

のちのち「あ、なるほど、こうなってるのね」と、改めて元彼との繋がりには意味があったことに気づきます。

元彼との別れも結果的には「良いことだった」と納得できます。

そのためにも目から入る有益な情報として「元彼の写真」があれば、さらに理解が深まりまるでしょう。

元彼と付き合っていた頃に比べ、成長できた自分を確認できる

元彼の写真を残しておくことがメリットにつながる理由の一つが「成長できた自分を確認できる」という点です。

私たちが「成長した」と感じられるのは、様々な経験によってです。

元彼と付き合っていた時も、いろいろな経験をしてきたことでしょう。

二人の関係がアツアツだった頃、相手の良い面しか見れなかったかもしれません。

やがて月日が経つにつれ、些細な口論から大喧嘩に発展したこともあったでしょう。

長い付き合いだったら、その経験も倍増しです。

経験と成長は比例します。

元彼と様々な経験を重ねたあともし別れたとしても、経験によってあなたは確実に成長したのです。

その後元彼の写真を眺めた時に、付き合っていた頃よりも格段に成長した自分を実感できるはずです。

心に深く残るワンシーンを撮影した写真は一生の財産

元彼の写真を残しておくメリットは、考え方次第で「写真が一生の財産」になるためです。

元彼と付き合っていた頃の写真には、思い出深いものも多いはずです。

写真をひと目見た瞬間に、心の中の奥深くから感動が溢れ出てくるかもしれません。

元彼との思い出が走馬灯のように蘇り、しばらくその写真に見入ってしまいます。

この時、思い出すのは楽しかったことだけです。

元彼と付き合って良かった、と改めて思えることでしょう。

これから先、年齢を重ねた後ますますその思いは強くなります。

このように心に残るワンシーンを撮影した元彼の写真なら、一生の財産になります。

今カレに自分の過去のことを全部知ってて欲しい時

「今カレに自分の過去のことを全部知っていて欲しい」と思って写真を消さないでいるのなら、それはメリットと言えます。

自分の過去をさらけ出すことは、とても勇気が要ることです。

今カレにとって元彼は、ある意味「ライバル」です。

同じ女性を好きになって付き合った、という経緯があることから「一体どんな男なのか」と、かなり気になっているはずです。

そんな時もこだわりなく元彼の写真を見せられる彼女に、今カレは一目置くかもしれません。

「今彼に元彼の写真を見せられる」ということは、当然ながら元彼のことがすっかり吹っ切れていない限りできないことです。

このように元彼の写真を含め「自分の過去を全部今カレに伝えたい」「自分のすべてを今カレだけに情報開示したい」と思うのは、今カレときちんと向き合っている、ということに間違いありません。

元彼と一緒に友人たちが写っている写真なら良き思い出の一ページとしてとらえられる

元彼との写真を残しておく条件として、一緒に友人たちが写っている場合があります。

元彼含めた数人で撮影したものであれば、良き思い出の一ページとしてとらえられるものです。

この写真をもし今カレが見たとしても、ほとんどイヤな気分にはならないはずです。

「まだ元彼と繋がってるの?」というような疑いすらも持ちません。

過去の友人関係が今の彼女を形成していると思えば、何も問題ないことは一目瞭然です。

ですから元彼が写っているからと無闇に消す必要はありません。

数人からグループでの写真だったら、消さずにおきましょう。

月日が経てば経つほど、良い思い出は光り輝いていくものです。

消した後に後悔することを避けられる

元彼の写真を消さずにおくメリットとして、もし元彼の写真を消したあとになんらかの事情により「消さなければ良かった」というような事態を避けられる、という点があります。

削除はいつでもできるので、それまでそっと保存しておけば最低限、消したことには後悔しなくて済みます。

しかし「これは消したくない」「ずっと保存しておきたい」という写真に限ってなぜか誤って消してしまうもの。

あなたにもそんな経験があるはずです。

またその時の気分で消してしまったことはありませんか?

なぜか不思議なことに消してしまって見れないからこそ、なんとかしてその写真を見たくなってしまうのです。

ところがもう金輪際、見ることができないとわかった時、写真を消したことに激しく後悔することになります。

元彼を思い出してしまう心理は、こちらに詳しく掲載しています。

 

気に入ったものは取っておく?写真以外の元彼との思い出の品はどうする?

売れそうなものはフリマサイトで売却

写真以外で元彼との思い出の品がある時、もしそれが売れそうなものだったら、スマホアプリの「フリマサイト」などで売る人も多いです。

「元彼のことが吹っ切れている」とか「思い出の品だけどもう要らない」という場合におすすめです。

例えばブランド物や人気ある商品の場合、価格設定を低めすれば出品後、数分で売れてしまうこともあります。

世はミニマリストの時代。

使っていないものや不要なものをなるべく手放し、少ないものの中で暮らしていくのがトレンドです。

元彼との思い出の品も「使わずにずっとしまいっぱなし」というものがきっとあるはずです。

長い間クローゼットの奥にしまってあるのなら、思い切って売ってしまえば一石二鳥です。

「安ければ欲しい」という大勢の人たちが、フリマサイトであなたの出品を待っています。

きっと迷わず買ってくれることでしょう。

元彼との思い出があるから今の自分がある。だから大事に取っておく

「思い出の品は取っておく」という女性の多くは「元彼との思い出があるから今の自分がある」と考えています。

つまり「思い出の品=自分自身」というわけです。

自分自身を捨てることなどできないのと同じで、思い出の品だって捨てられないのです。

このあたり「すっぱり処分する派」と「絶対取っておく派」で、意見が真っ向から対立しそうです。

すっぱり処分する派は、過去を一切振り返りたくありません。

自分が向くべき方向は、後ろではなく「前だけ」です。

もし新しい彼氏ができた時、元彼に関することすべてをクリアにしておきたいのです。

特に元彼との別れ方が最悪だった場合、たいていこう考えます。

逆に「絶対取っておく派」は、元彼と円満に別れた場合がほとんどです。

これは「まだ元彼に気持ちが残っている」というサインでもあります。

身に付けるものや取っておけば使いそうなものは保留もアリ

元彼との思い出の品について「今は保留」と考える場合もあります。

しかしこれも「取っておく」という部類に入りますが、それでもあくまで「とりあえず」です。

こう考えるタイプの女性は、いつでも「とりあえず」という感覚でいるために、引き出しやクローゼットはだいたい満杯なことが多いです。

とは言え、身に付けるアクセサリー類などで値段の張る物だったら「処分するのには惜しい」と感じるものです。

例えばネックレスやピアスなど、自分が気に入って買ってもらったものだったら、なおさら処分しにくいです。

また処分するきっかけも見つからないでしょう。

こんな時「今はとりあえず保留」ということになります。

元彼とは良い関係だった時「良い思い出」として保存する

元彼とは良い関係で終わった場合に限り、元彼との思い出の品も「良い思い出」として保存する人がほとんどです。

思い出の品を目にしたり、手に取るたびに思い出すのは、元彼のことです。

平和で幸せな気分になれる、かけがえのないひと時です。

これは別れたことにより、いっそう元彼のイメージがプラスに働くようになったためです。

もし新しい彼氏ができても、この気持ちが変わることはありません。

なぜならどうしても「今」と「元」を比べてしまうから。

「元彼はこうしてくれた」「元彼だったらそんなこと言わない」などとどうしても比べてしまうのです。

このように元彼のイメージが良いものだけだったら、今カレはそれに比べ、やや劣ってしまうところが目立つかもしれません。

このようなことから、元彼との思い出に浸れる「思い出の品」を処分するのはよりいっそう難しくなる、というわけです。

思い出が呼び戻してくれる二人の絆。元彼との写真を使った復縁テクニック

二人で旅行した場所に行き、SNSにセルフィー投稿する

元彼と二人で旅行した思い出の場所に行き、セルフィーで写真を撮ります。

その画像をSNSにアップします。

元彼が一番目にしそうなSNSが、LINEのタイムラインです。

友達関連の人たちまで見れてしまうので、ちょっとしたコツが必要です。

それは「元彼」というワードを出さない、ということ。

例えば「元彼との思い出の地へ行ってきましたー」などという投稿はダメです。

あくまでさりげなく、がポイント。

「一人で」というのも重要なポイントです。

とにかく元彼が見た時に「おっ」と思わせるだけで、この投稿は成功です。

少なくとも「まだ元彼に気持ちが残っている」というメッセージを送れたことに間違いありません。

このあと、元彼は一人でいろいろじっくりあなたのことを考えることになるでしょう。

この先の元彼の同行にそっと注目していれば、復縁について考えているのかどうか明るみになります。

二人で撮影した画像から自分だけを切り取りSNS投稿する

二人で撮影した画像から編集を加えますが、それは「自分だけを切り取り保存する」ということ。

保存した画像をSNSにアップします。

それを見た元彼は「どう見てもオレが撮った写真だわ」ということに気づき、驚きます。

一体これは何を意味しているんだ?と考え込んでしまうでしょう。

このように元彼があなたの投稿写真にちょっとした反応を示してくれるだけで、効果は十分です。

ちょっとした「自分アピール」なのですが、それに反応した元彼は何らかの動きをとる可能性があります。

つまりこれは「元彼があなたに連絡をするきっかけを作ってあげる」という方法なのです。

復縁するためには「連絡」と取り合うきっかけが必要です。

これは一度だけでなく、何度かトライしてみましょう。

なるべく楽しい雰囲気の写真がベストです。

元彼に撮ってもらった自分の写真をアイコンにする

これも元彼への密かなアピールなのですが、元彼に撮ってもらった自分の写真をアイコンにする方法があります。

SNSのアイコンは小さいので初めは気付いてもらえないかもしれません。

しかし「顔」をアイコンにすると意外に目立つ上、アピール度が違います。

あなたのアイコンに気づいた元彼は「あれ?これって俺が撮った写真じゃね?」と、首をかしげます。

それと同時に、自分の心の中に「ポッ」と明るい光が差すのを感じることでしょう。

元彼に気持ちが無いのなら、元彼が撮影した写真をアイコンにはしません。

それを理解した元彼から、きっと近いうちに連絡が入るはずです。

元彼の誕生日にメッセージと共に二人でパーティした時の写真を送る

元彼との復縁テクニックには「元彼の誕生日」も使えます。

元彼の誕生日にメッセージを送りますが、それと一緒に「過去二人で誕生日パーティをした時の写真」を貼り付けます。

ホームパーティでも、グループでの飲み会でもかまいませんが、二人が写っている写真がベストです。

誕生日メッセは誰にとっても嬉しいものです。

付き合ってきた時の思い出は、二人にしかわからないことがたくさんあるはずです。

元彼の心にしまってあったそれらの思い出を、あなたの誕生日メッセージと共に紐解いてあげるのです。

その脳裏には、楽しかった記憶が次々によみがえることでしょう。

この時にまだ元彼は「復縁」という気持ちにはなれなくても、再び連絡を取り合うきっかけとしてはかなりの効果が期待できます。

お気に入りの思い出の写真に明るく楽しい加工を加えて、元彼に送る

二人のお気に入りの写真があったら、それに明るく楽しい加工を加えてみましょう。

思い出深い写真であればなお効果的です。

思い通りに出来上がったら、元彼に送信します。

この時できるだけジョークめいた雰囲気にすることが大切です。

「こんなの作ってみました〜!」とコメントし、写真についてどんな感想があるか答えてもらいます。

1.めっちゃいい

2.まぁまぁ

3.いまいち

4.俺の方がうまく作れる

こんな感じで選択肢を提示して回答してもらいましょう。

元彼の回答が1番や4番だったら、その後も愉快な会話が延々と続きそうです。

ぜひ楽しみながらやってみてください。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「元彼との思い出をとっておくか決められるのは「あなただけ」

占い師 姫乃
元彼との思い出の写真や品物は、その大事さが分かるのはあなただけ。

だから誰に何と言われようと、とっておきたい気持ちがあるなら無理して処分する事は無いわ。

それが今のあなたを支えているなら、なおさらとっておかなきゃダメ。

でもいつかは必要なくなる時が来るわ。

だからそれまでは気にせずにいることが大切よ。

写真を使った復縁方法も別れたあと元彼とある程度、距離をおくことができたらやってみて欲しいな。

お互いに冷却期間をおけば、うまくいく確率は高まるから。

むしろ元彼の方が復縁のきっかけを探していることが多いの。

あなたからのアプローチに「待ってました!」とばかりに飛びついてくるはずよ。

あなたの恋愛関係がより向上できるお手伝いができることを、いつも幸せに思っています。

【期間限定・5月31日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事