復縁は30代が狙い目?結婚する可能性が高い理由と復縁を考えるときに気をつけたいこと
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

別れた彼との復縁は、30代が狙い目なのでしょうか?

さっそく30代の復縁が結婚する可能性が高い理由と、復縁を考えるときに気をつけたいことについて検証していきましょう。

復縁を成功させるポイントや実際に復縁した人の体験談も紹介しているので、完全復縁までの流れが見えてくるはずです。

 

復縁メニューはこちら

30代で復縁すると結婚する可能性が高い理由は?

振り出しに戻って1から恋愛を始めなくていいから

30代で復縁すると結婚する可能性が高いのは、振り出しに戻って1から恋愛を始めなくていいからです。

もし1からのリスタートとなると何かとめんどうで、あれこれ考えただけでもウンザリです。

恋愛のプロセスのスタートは、まずは出会いからです。

出会いがなければ恋愛もできないし、ましては結婚も不可能です。

独身を貫こうと決めているなら良いのです。

しかしそうでなければ、そもそも振り出しに戻ったとしてもそこから先には進むためには多少の困難を味わうことになるでしょう。

理想の相手に出会いたいと思っても出会えるものではないし、相手と縁がなければ出会いは望めません。

仮に好きな人との出会いがあったとしても、結果的にその人との縁がないとわかったら、またしても別れて振り出しに戻り、ゼロからのスタートになるのです。

出会いと別れを繰り返しているうちに、自分が実ることのない不毛の状態にあることに気づくでしょう。

不毛のまま人生を終わることも考えられますが、そうなるのはなんとしても避けたいもの。

その点、お互いに相手をよく知っている間柄なら、結婚までのプロセスを大幅にショートカットできます。

このようなことからいずれ結婚し家庭を持ちたいと考えているなら、過去に付き合っていた相手と復縁するのが間違いないのです。

 

お互いに結婚を意識したところからの交際のリスタートだから

30代で復縁すると結婚する可能性が高いのは、お互いに結婚を意識しているからです。

多少なりとも復縁の先には結婚があると考えているために、双方ともに暗黙の了解のもと交際を始められるのです。

「復縁の目的が結婚するため」という場合もありますが、そこまで考えていなくても最終的には結婚を視野に入れていることも多いです。

あえて相手に確認しないまでも結婚するのは自然な流れととらえているため、復縁と同時に具体的な新生活について話が出るかもしれません。

たとえばいきなりお互いの両親への紹介が話題にのぼることがあります。

この話題が出れば、結婚が一気に現実的に感じることでしょう。

それが済めば、次の話題は式の日取りをいつにするかです。

このような場合、プロポーズされるシチュエーションはほぼないと考えてください。

結婚に向けエネルギーを集中すべき時を迎えたため、プロポーズする機会を失ってしまったのですが、プロポーズがそれほど重要ではないと感じるのがこのような場合です。

別れは一見悲しくつらいことですが、より結婚の意思を固めるためには必要不可欠です。

つまり別れたからこそ復縁があり着実に結婚への道を歩めるのですが、お互いに結婚に対し前向きであることが条件です。

 

失敗の経験を踏まえ、同じ失敗は2度しないと決意するから

30代で復縁すると結婚する可能性が高いのは、同じ失敗は2度としたくないと考えるためです。

2人にとって別れは学びの機会であり、学びによって相手がどれほど大切な存在かが理解できたのです。

別れは失敗だったかもしれません。

しかしそこに大いなる学びがあったのなら、それは失敗ではなく恩恵なのです。

恩恵とは、マイナスの感情を伴う経験から得ることが多いです。

つまり何事も失敗ではなく、前進するためには一度後退することが必要だったのです。

とは言え後退したまま自然消滅する関係も決して少なくはないし、別離後、復縁が実を結ぶカップルはそれほど多くはありません。

だからこそ復縁し結婚を目指した時、結婚に向けはがねのような強い意思を持って確実にそれを実現させるのです。

これは「同じ失敗は2度としない」という強い決意が功を奏しています。

 

男性の結婚への意識が高くなるのがアラサー。復縁すれば話が早い

多くの男性が結婚への意識を高くするのが、アラサーと呼ばれる30代前後の世代です。

20代はさすがに早すぎる」と考える男性はとても多いです。

なぜなら20代は10代からの移行期にあたり「自分はまだまだこれから!」と考えるからです。

仕事にも遊びにも自分の可能性を試したい、そんな思いでいるので結婚など当分先の話なのです。

男性にとって結婚適齢期はあってないようなもの。

たとえ結婚が40代だろうと、それはそれで幸せなら良いと考えているのです。

ところがその反面もし子供を持つならという考えが頭をよぎると、40代で子供を持つのは遅いかもしれない、と首をひねります。

子どもが成人を迎える頃、もしかすると自分は還暦をとうにすぎているかもしれません。

還暦の父親では、見た目完全に祖父でしょう。

老人のような風貌では、どう考えても自分の理想に反します。

我が子には、いつでも若々しい父親のイメージを持って欲しいのです。

そうなると結婚に理想的な年齢の選択肢は、30代しか残されていません。

30代なら遅まきながら身を固めるしかない、仕方ないが覚悟を決め腹をくくるしかない、そんな風に考えるのです。

 

さまざまな恋愛経験があったからこそ元カノと復縁したいと思った

さまざまな恋愛経験があったからこそ元カノと復縁したい、そう考えるのが30代男性です。

特に20代から良きにつけ悪しきにつけ恋愛経験を積んできた男性は、今カノと別れた後、すぐに結婚への意識を強く持ちます。

失ってから初めてその大事さに気づいた、まさにこんな心情なのです。

結婚するなら元カノしかいない、そう思うので、ある程度の冷却期間を経たあと機会を狙って連絡してきます。

しかし連絡する機会が増えても、結婚のことには一切触れてきません。

彼が結婚について言いたくても言えないのは、相手に断られる可能性を考えるためです。

結婚を断られるほど苦痛なことはないし、再び別れることさえ考えられます。

それなら結婚のことなど後回しにするしかなく、とりあえず元カノと復縁できれば彼としては御の字なのです。

2人の関係が完全に戻るまでは、彼は復縁に熱意を向けます。

頭の中では結婚という言葉がチラついていますが、決して言葉には出さずに平常心を貫きます。

 

30代で復縁したいと思ったらやるべきこと

別れてからすぐに復縁をせまらず、数カ月は冷却期間をおく

30代で復縁したいと思ったらやるべきなのは、別れてすぐに復縁を迫らないことです。

それだけでなく、彼と会うのも控えてください。

数カ月ほど冷却期間をおけば、感情のたかぶりもおさまってきます。

そのような状態になって初めて、2人を取り巻く状況がはっきり見えてくるはずです。

こうすれば自然に復縁につなげることができますから、相手にプレッシャーを与えないし自分も精神的に楽です。

一方でもし別れてすぐに復縁を迫った場合、感情のズレが生じたままですから、話すら噛み合わない可能性が高いです。

それどころか感情が高ぶったままなので、お互いに素直になれません。

せっかくその気があるのに素直になれないために、結婚から遠のくばかりでしょう。

別れてすぐは距離をおくべきです。

彼に会いたくても距離をおくべきだし、相手から何らかのアプローチがあっても会わない方が結果的にプラスに働きます。

 

復縁するための最低条件が「しつこく連絡しないこと」

しつこく連絡しない。

これは30代だけでなく、復縁するための最低条件です。

しつこくしているつもりは毛頭ないかもしれません。

しかし不安や焦りがしつこい態度となって、相手を遠ざけるのです。

しつこくなってしまう場合の多くが、どうしても話がしたいのに連絡が取れない時です。

そうなると何とか連絡を取ろうと必死になってしまうのですが、この状態がすでにしつこいと思わせてしまう態度です。

相手は着信があったことをわかっていても、それがたびかさなると追い詰められた気分になってしまうのです。

「もう勘弁してよ」と言いたいところでしょう。

相手がなぜ焦っているのか、また相手の不安にこれっぽっちも共感できないので「なんでそんなにしつこく連絡してくるの?」と呆れてスルーするしかないのです。

どうしようもなく不安になって元彼に連絡したくなった時、自分がしつこい態度になっていないか振り返ってみることが大切です。

 

冷却期間後しばらくは、友達以上恋人未満の距離間をキープする

別れてから冷却期間を経てしばらくは、友達以上恋人未満をキープしてください。

彼とすぐに元に戻らないようにしましょう。

それが復縁を極めるためのポイントです。

すぐ戻ってしまうと、ありがたみが薄れる印象を与えます。

また軽くみられてしまうこともあり、再び別れる可能性が高まってしまうのです。

別れをプラスへと変換させるためには、相手にとって高嶺の花のような存在を目指すことが重要です。

冷たくしたりそっけない態度をとる、というのではありません。

すぐに元サヤにならないこと。

そうすれば少なくとも軽く見られることはないのです。

友達以上恋人未満がベストなので、別れる前のような関係になるのは今しばらくの辛抱と考えてください。

その方が間違いなく復縁がうまくいきます。

 

自分磨きに専念し、バージョンアップする

30代の復縁でやるべきは、今までの自分からワンステップバージョンアップするつもりで自分磨きに専念すること。

30代はもう立派な大人の年齢です。

若さが売りの年頃はそろそろ終わりに近づいていると考え、自分の内側をさらに洗練させるよう努力しましょう。

憧れの先人たちが記した本には、自分を磨けるヒントがあちこちに散りばめられています。

また気になる自己啓発本をかたっぱしから読むのもおすすめですが、これからのあなたに必要なたくさんの情報の多くを得られるのが確実だからです。

中身を磨くこと、そのためには「自分をもっと向上させる」と決心することが大事です。

その決心こそが、新たな自分へのバージョンアップへとつながるのです。

このような内面の自分磨きは、復縁を目指す30代女性がもっともやるべきことです。

 

悪い部分を指摘されたらスルーせず、直すことを心がける

悪い部分を指摘されたらスルーせず、直すことを心がけてください。

誰でも自分にとって都合の悪いことを言われたら、耳が痛いものです。

だからこそ、その指摘を前向きに受け止める必要があるのです。

悪い部分を指摘してくれる人は滅多にいません。

親切で優しい友人なら、なおさらそういう一面には目をつぶってくれるものです。

でも相手のためと思ってマイナス面を指摘してくれているのなら、ありがたくそれを受け止めるべきでしょう。

ところが指摘してきたことが自分に対する不満という場合、逆に相手にも不満をぶつけたくなるものです。

しかしそれこそがトラップです。

「そっちこそ悪い!」と相手に反論すれば、あとはケンカになるだけです。

こういう時こそ反論せずに、相手の意見をじっと聞き入れましょう。

すると相手の態度に変化が現れるのですが、なんと「自分も悪かった」と言ってくるのです。

これが傾聴効果です。

相手の言い分を聞くことに徹すれば、復縁へのプロセスも圧倒的に有利に働くのを実感できるでしょう。

 

元彼との復縁ばかりに執着せず、周りの男性もチェックしよう

元彼との復縁ばかりに執着するのはよくありません。

執着してると感じたら、周りにいる男性たちのことをチェックするいい機会と考えましょう。

周囲に意識を広げることで、元彼への執着を減らせます。

一方で執着心を放置するとどうなるでしょうか?

執着はさらなる執着を招きます。

初めはちょっとした苦しみを感じる程度ですが、執着心が増すにつれどうにもならないジレンマを味わうようになるのです。

そうなると苦しみから逃れようとどんなに頑張っても、もはやなすすべなしです。

執着を感じたら、速攻で別の視点を持つことが何より大切です。

執着心はネガティブな悪魔のようなものですから、一刻も早く自分の執着心に気づく必要があるのです。

執着が薄れると波動も上がります。

それまで何もかもがうまくいかなくても、いきなり回り出すのは波動の影響なのです。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

30代で復縁しても結婚は難しいかも?こんなときは諦めた方がいいかも

別れた理由に納得していないため、改善するつもりがまるでない

相手が別れた理由に納得していないと、たとえ復縁できても結婚は難しいかもしれません。

また改善するつもりがまるでない場合、復縁しても再び同じような状況を招くだけです。

たとえば問題を人のせいにするタイプです。

人のせいにするのは、自分で問題の責任を負いたくないからです。

そのため問題が起きるとすぐに相手のせいにします。

自分のせいにされたことに気づかないこともあるのですが、それは相手の言うことがなぜかすべて正論に聞こえるからです。

しかし問題の責任は少なからず双方にあるものです。

それを人のせいにばかりにするなら、その人こそが問題児と言わざるを得ません。

日常的に人のせいにすることが繰り返されるようでは、結婚はもちろん復縁にさえ期待は持てません。

 

彼が本気なのかがわからず、いつまで経っても脈ナシな雰囲気

30代で復縁しても彼が本気なのか依然としてわからない場合、結婚は無理と考えた方がよさそうです。

また脈ありなのかそれとも脈なしなのか、いつまで経ってもわからない微妙な雰囲気の時も、彼との関係を見直すべきでしょう。

早い時期に結婚を望むならそのまま待ち続けるのはやめ、次に進んだ方が安全です。

なるべく早めに見切りをつけてください。

待つのがネガティブな行動に対し、早々に見切りをつけて次に進むのがポジティブな行動です。

ポジティブに考え行動に移すことを心がけていれば、道を見誤ることはありませんが、待つばかりでは何も変わらないのです。

そこには相手に対する期待があります。

期待しても期待通りに進むとしたら、それは間違いなく奇跡です。

奇跡は滅多に起こることはありません。

それどころか期待外れに終わることの方が多いのです。

もし早い段階であきらめて見切りをつけた時、彼がいきなり本気度を上げ積極的な行動に出てくることもあります。

 

いつも友達がついてきて、2人きりで会った試しがない

彼と会うときいつも友達がついてきて2人きりで会った試しがない場合、復縁は無理かもしれません。

2人きりで会おうとしないところに、彼の本気度の低さが見え隠れしています。

もし復縁に本気なら、2人だけで会うはずです。

ところがいつも必ずと言っていいほど友達がついてくるなら、話は別です。

復縁に本気ではないと断言はできませんが、少なくとも「その気はなさそう」と見るべきです。

なぜ友達がついてくるのでしょうか?

彼は恋愛におよび腰なタイプかもしれません。

女性と2人きりになるのが苦痛な男性は少なからず存在します。

彼がそのようなタイプなら、とうてい結婚など無理に決まってます。

様子を見ながらどうしてもダメそうなら、早々に次に進むべきでしょう。

 

相手の家族と会ったことがなく、会う話も出ない

相手の家族に会ったことがない、会う話も出ないという状況の場合、復縁も結婚もあきらめた方がいいかもしれません。

傷が浅いうちに離れるべきでしょう。

彼は復縁にも結婚にも積極的ではないのです。

そればかりか復縁に関してもどう対応したらいいのかがわかっていないので、先々問題が山積みになりそうなのは目に見えます。

このようなケースは無理やりにでも復縁から結婚へと話を進めると、突然破綻することが多いです。

なぜなら相手が納得しないまま無理に話を進めるためです。

復縁はまだしも結婚となると、人生でもっとも重大なことです。

それを相手の都合でどんどん話を進められると突然何もかもが嫌になってしまい、破綻という結果を招きやすいのです。

結婚はどちらかが納得しない状態のままで進めるものではありません。

双方が納得した上で進めていくものです。

家族に会う機会を設けないのも、彼にとって結婚は非現実的なことだからです。

 

相手に新しいパートナーがいる気配がする

相手に新しいパートナーがいるような気配がしたら、復縁はすっぱりあきらめてください。

彼に迷いがあるとしても、ここは引いた方がいいでしょう。

無理に復縁を推し進めてしまうと、彼の方が引いてしまいますから、このような場合こちらから引くことが大切です。

そもそも別れた時から新たなパートナーがいたのかもしれません。

もしそうなら復縁は絶対に考えられないはずなので、それを押し通すのは確実に無理と言わざるを得ません。

彼をそのままにしておきましょう。

そして自分の幸せを別の方向性で見つけるのです。

新たなパートナーがいる気配がする時、その勘はたいてい当たっているものです。

なので彼を解放し自由にさせてあげることが、自分をも自由にさせることなのです。

 

復縁のきっかけはたくさんある!30代の復縁体験談

友達の結婚式でばったり再会

私から振ったのにあとあと後悔でしかありませんでしたが、でも運命は味方してくれました。

友達の結婚式でなんと再会できたんです。

偶然すぎる偶然で本当にびっくりしましたが「もうこの人とは離れたくない」と心から思い、自分から告白しました。

その後また徐々に会うようになりましたが、やっぱり私には彼しかいないし彼でないとダメと日々実感しています。

今秋結婚します。

(営業事務/女性/30歳)

 

遠距離で自然消滅したものの、連絡を取り合うようになって自然に復縁~結婚

彼が海外居住という超遠距離で、会うのは数カ月に一度という悲惨な状態でした。

一度は関係が切れて別れたけれど、翌年にはまた連絡を取り合うようになって自然に復縁しました。

遠距離って本当に難しいことばかりです。

顔を見れば解決できる問題でも、遠距離というだけで難しくなってしまうんですよね。

なのでなんとか大丈夫だったのは最初の数年間だけで、あとは気持ちがすれ違う一方でしたから。

でも最終的に結婚となるとやっぱりこの人しかいないと思っていたので、結局は復縁しその後、結婚へと進むことができました。

(総合職/34歳/女性)

 

共通の友人に頼み込んで再会できるよう根回ししてもらった

復縁したのは高校の時に付き合った人です。

社会人になってから、私の方から共通の友人に頼み込んで再開できるように根回ししてもらいました。

別れた理由は彼の嫉妬です。

まだ高校生なのに、相手が女友達でさえ自由に遊ばせてもらえなかったのがマジで辛かったですね。

最後は喧嘩して別れたんですが、再会してからはお互いに大人になってずいぶん性格が変わったのを感じました。

今は結婚して子供も産まれ不満もなく幸せだし、復縁して本当に良かったです。

(33歳/女性/自営業)

 

別れたあとも友達としての距離感を保ち、その後復縁できた

学生時代付き合っていた彼とはその後、お互いに好きな人ができて別れました。

でもその後もずっと友達関係は続いていて、私の方は何人かの男性と付き合いました。

そして彼の方も結婚しそうなくらい長く付き合った彼女がいたようなんですが、最終的には別れて私を選んでくれました。

結婚の話が出たときに「結婚するなら元カノしかいない」って思ったそうです。

その後もいろいろありましたが、完全復縁まで約5年を経て今は結婚して幸せです。

(39歳/女性/歯科衛生士)

 

告白を断ったけれど数カ月ぶりに勇気を出してこちらから告白

彼と別れたばかりの頃、知り合った彼氏が今の夫です。

彼と別れたばかりなのに、なぜかものすごく好きになっちゃって。

ただ自分が寂しいからなのか分からないしさすがに別れたばかりなので、付き合おうって言われたけれどそれが引っかかっていて、その時は断りました。

でもその後何カ月かたってからも、どうしても忘れられなくて毎日会いたいって思ってたので、正直に好きなことと付き合いたいことを伝えました。

その後、結婚しましたが、今も気持ちは変わらない大好きな人です。

あの時のことを思い出すと苦しさとか会いたくてたまらない気持ちを思い出すと、やっぱりこの人がいなきゃとダメだと思う。

(29歳/女性/専業主婦)

 

30代で復縁したいならこんな行動はNG!復縁が遠ざかるかも

別れたことなどなかったかのように、すぐにしつこく連絡する

別れたことなどなかったかのような態度で、彼に接するのはNGです。

また復縁したい焦りから何度もしつこく連絡するのは、どう見ても完全にアウトです。

どうしても連絡しなければならないことがあるなら、しつこくならないような工夫が必要です。

たとえば連絡したいことがあると前置きし、いつなら連絡しても大丈夫かを確認します。

それでもすぐには返事をくれない場合もありますから、それも想定内にしておきましょう。

また彼が快く連絡に応じてくれたからといって、すぐにまたこちらから連絡するのは避けてください。

完全に復縁したわけではありませんし、その前にやるべきことがあります。

段階を踏みましょう。

別れたのは2人の関係を見直すために必要なことだったのです。

しかし段階を踏まずに復縁という既成事実を作ってしまうと、その後の関係に悪影響を及ぼすことが多いのです。

せっかく復縁のチャンスが巡ってきても、焦ってしまったがために独りよがりな行動をとってしまえば全てが台無しです。

しつこく連絡しているつもりはなくても、完全に復縁するまでは彼とは距離をおくつもりでいてください。

「何も言わなくても彼はわかってくれる」と思うのは間違いです。

別れ~復縁までのプロセスは繊細なゾーンですから、完全復縁は「お互い復縁に納得したあと」です。

それまでは引き続き距離をおきましょう。

 

無価値観から完全に自信を失くし、連絡を途絶えさせる

自分に価値を見出せない、そんな無価値観があるようなら復縁にも自信がないはずです。

だからといって完全に連絡を途絶えさせるのはよくありません。

しつこい連絡もNGですが、音信不通にするのもNGです。

微妙なさじ加減が必要ですが、いずれにせよ彼との復縁を考えているなら多少の配慮は必要と考えてください。

音信不通にしたくなる背景には「もっと愛されたい」という心理が隠れています。

私だけを好きでいて欲しい、もっともっとかまって欲しい、そんな風に思うためにやむなく音信不通にするのです。

突然連絡が取れなくなった元カノに、当然ながら元彼は心配します。

心配してると知った元カノは、してやったり顔でしょう。

それが音信不通にする狙いなのですから。

しかし心配させたことで、より相手の愛情が深くなるわけではないのです。

それどころか逆に距離をおかれてしまうでしょう。

なぜならそういう女性こそ「めんどうなタイプ」と感じるからです。

めんどうな人を相手にするほど彼は暇ではありません。

なので彼としては音信不通の相手を放っておくしかないため、どんなに「かまって欲しい」「愛して欲しい」と願っても、いとも簡単に打ち砕かれるだけなのです。

 

毎日をただのんべんだらりと過ごし、自分磨きを一切考えない

毎日をただのんべんだらりと過ごすだけの人に、魅力はあるのでしょうか?

輝くような魅力あふれる人とは、毎日を惰性で生きる人ではありません。

自分を磨き、今日よりも明日の自分をもっと良くしていこう、そんなモチベーションの高さがある人です。

「何かしたいけれど何をしたらいいかわからない」

そう答える人も多いです。

これはやりたいことに理由をつけてやってこなかった結果です。

人生にはあらゆるターニングポイントがあります。

あらゆるチャンスも巡ってきますが、理由をつけて先送りにすれば、もう2度とそのチャンスはやってきません。

自分磨きをすることで、そのチャンスに気付きやすくなるのです。

なぜなら自分磨きをすれば、自分の内面がより明確になるからです。

本当はどうしたいのか、やりたいことがあるのに我慢しているのではないか、そんな心の声が叫び声に変わってもずっと自分の本心を騙し続けても、いずれ騙せなくなる日が来るものなのです。

自分磨きは、想像以上に生きる糧になるのです。

思い腰を持ち上げて自分磨きを始めるか、それとも今のままで生きることを望むか。

どちらを選ぶかで彼との復縁はもちろん、その後の人生にも大きな差が生まれるのです。

 

他の女性と仲良く話しているだけで嫉妬の炎を燃やす

嫉妬の炎を燃やしてしまうことはありますか?

嫉妬は感情のひとつです。

無意識に嫉妬するので、コントロールは難しいです。

しかし他の女性と仲良く話しているのを見ただけで嫉妬するのは、やや問題です。

「嫉妬するほど好きだから」

そう答えるかもしれませんが、嫉妬心の根元はそういう理由には当てはまらないものです。

嫉妬するのは、自分だけ仲間外れにされた気分になるためです。

そして「今まさに彼は浮気心を起こしているに違いない」と思い込んでしまうからです。

彼にしてみれば仲間外れにしているつもりなど全くないし、浮気するつもりもありません。

しかし嫉妬心の炎を燃やすのは、たいてい決めつけや思い込みが大変に激しい人が多いです。

勝手な想像で嫉妬するので、嫉妬された方はたまったものではありません。

嫉妬されるたびに、自分が悪いことをしたかのように責められるからです。

仮に復縁しても懲りずに嫉妬してくるようなら、明るい未来は見えてきません。

嫉妬しても相手にそれをぶつけてはいけないのは、あくまで自分の中で処理し昇華する感情だからです。

しかし「誰にでも感じよく振る舞える自慢の彼氏」と思えるようになれば、嫉妬から一歩前進できた証拠です。

そう思えるようになるまでは、嫉妬心を抑えるセルフトレーニングをするべきでしょう。

 

「私のことまだ好きだよね」と自信満々に恋人ヅラする

復縁する前から「私のこと好きだよね」と確認してきたり、自信満々に恋人のようなふりはかなり痛い行動と言わざるを得ません。

好きかどうかは、相手に確認することではありません。

確認するということは、相手に対し不信感があるからです。

つまり相手を信用していないために、確認したくなるのです。

また確認するのは「彼は嫌いって言うわけない」という前提の元です。

そういう前提があるからこそ、好きかどうかを確かめられるのです。

本当の恋愛関係について考えてみましょう。

多くの男性は相手が好きでも、あえて言葉で「好き」とは言いません。

言葉にはせず、好きという感情を態度で表すことがほとんどなのです。

好きと言わないのは単純に照れ臭いからとか、恥ずかしいから、そんな何ともとるに足らない理由なのですが、女性たちから「素直じゃない」とか「正直でない」と非難されても仕方がないでしょう。

しかし男性たるもの、その点だけは絶対に譲れないのです。

その代わり、態度で好意を表現します。

たとえば彼女のために自分が役に立てたと思った時、彼は心から安堵し嬉しさを隠せません。

彼は彼女のために行動したいのです。

ところがそれは彼女がそれを望んだらの話です。

実はたいていの女性にとって重要なのが、彼が自分を好きかどうかで、一方で彼は彼女のために役立ちたい、そう思っているのが現実です。

つまり男性にとって「好きかどうか」はあまり重要ではなく、正直どうでも良い話なのです。

そのためその手の質問を彼女からされた時、彼が心底ガッカリするのはそのためです。

彼が自分を好きなことを知れば納得できるのは、自己肯定感が低いためです。

自己肯定感が低い人は、自分の評価を他人に委ねます。

しかし自己肯定感が高い人は自分が好かれているかどうかなどはどちらでも良く、自分がどうあるべきかが重要と考えます。

恋愛関係は相手があることですから相手の気持ちを知るのも大切ですが、自分がどうあるべきかがもっと大切なのです。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「30代で復縁したいのであれば相手にとって魅力的な自分でいよう」

占い師 姫乃

30代で復縁したいのであれば、相手にとって魅力的な自分でいること。

これは優しさを見せようとして相手の言いなりになることではなく、自分軸をしっかりと持つことなの。

誰に対しても優しいなら、きっとすぐに安請け合いしてあとで後悔することも多いのでは?

人に対する優しさは、求められているときにするべき。

で、求められていても気乗りしないなら、受けるべきではないわ。

こんな風に復縁するには、自分の意識を変えることが大切なのよね。

そして「30代の魅力は内面からにじみ出てくる」ということもぜひ覚えておいて。

美しいもの、憧れるもの、楽しいものに焦点を当て、より自分を向上させることをやってみてね。

そうやっていくうちに、ひときわ輝く大人な魅力にあふれる女性になれるはずよ。

姫乃はあなたの復縁&恋愛を、いつも陰ながら見守っていますよ!

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事