よりを戻す事のメリット・デメリットと別れた恋人とよりを戻す方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

別れた恋人とよりを戻したいと考えたことはありませんか?

一度別れた恋人と復縁することは実は思ったよりも時間と手間がかかるのですが、復縁することによるメリットも数多くあります。

今回はよりを戻すことのメリットとデメリット、そして別れた恋人とよりを戻すテクニックをご紹介します。

この記事を読めば、別れた後に相手とよりを戻すべきかどうか、よりを戻す場合にどんな方法でアプローチすべきかが分かります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

本当によりを戻す意味はある?よりを戻す前に考えるべき事

本当にそれは恋・愛なのか

好きだった恋人と別れた直後は、恋人を恋しく思ったりするものです。

長く付き合っていた場合には、恋人が自分の隣にいないことに違和感を感じて、さみしく思う日もあるでしょう。

でも恋人とよりを戻す前に考えてほしいことがあります。

それは、本当に恋人を思うその気持ちは恋心、または愛なのかということです。

例えば、今まで長く付き合ってきたから惰性でずっと一緒にいたいと思っているだけではないですか?

恋人と依存関係になっていて、恋人がいないと生きられないと思い込んでいないですか?

または、恋人と別れてしまった寂しさから、よりを戻そうと考えているのではないですか?

そのような理由でよりを戻しても、うまくいかないことが多いでしょう。
執着や未練を恋心と考えてしまっていないか、一度自分の気持ちを振り返って整理する時間が必要かもしれません。

別れた直後はお互いに気持ちが高ぶっていて冷静に考えることができない場合が多いので、落ち着くまで時間をおいて、考えてみるのも良いでしょう。

過去の過ちを許してしまってもいいの?

付き合っていたのに別れてしまったのには、何か理由がありますよね。

好きだからといって簡単によりを戻して、別れた原因をうやむやにしてしまっても良いのでしょうか。

別れた原因が相手の方にあるのであれば、過去の過ちを簡単に許すのはよくない場合があります。

例えば浮気や暴力が原因で別れてしまった場合は、よりを戻しても同じようなことで喧嘩したり、また別れてしまう可能性が高いでしょう。

人間はそう簡単には変わらない生き物です。

根本的な性格はもちろん、その人の欠点や癖、悪いところはすぐには治りません。

特に、暴力を振るう人は一生治らないという専門家もいるくらいです。

もしも恋人が別れた原因を直してくれると言っていたとしても、その言葉を鵜呑みにしてすぐによりを戻すのではなく、それを行動で示すまで待つ方が良いでしょう。

例えば、暴力を振るう人を治すための治療機関などはいくつかありますが、DVが治るためには、本人が自分に問題があることに気づいていて、DVを治したいと思っており、治療に真面目に取り組む必要があると言われています。

あなたの元恋人が暴力を振るう人であった場合、元恋人にはそのような心構えがあるのでしょうか。

別れる原因になったトラブルや問題には真摯に向き合うことが、よりを戻すために最低限するべきことです。

別れた原因に目を向けるのはお互いにとても心苦しいことだとは思いますが、これからも真剣に付き合っていきたい相手であれば、ぜひそこを無視せずに向き合って欲しいと思います。

また、性格や悪いクセなどは中々治らないことを念頭において、いっそ諦めることも選択肢に入れて考えましょう。

恋人のことになると情が湧いて冷静な判断をできなくなる可能性もあるので、信頼できる友達に相談することも非常に効果的です。

居心地の良さを相性の良さと勘違いしていない?

恋人として付き合う上で、お互いがお互いを思いやり、居心地が良い関係はとても素敵です。

居心地が良ければ、結婚してもうまくやっていける可能性は高くなるでしょう。

最初は居心地が悪い関係でも、長く付き合うことで居心地が良くなることもあります。

でも、元恋人と居心地が良い関係だったとしても、それは相性が良いことと同義ではない場合があります。

長く一緒にいるから情が湧いて相性がいいと勘違いしていたり、どちらかが我慢して相手に合わせていることを相性がいいと勘違いしている場合もあるでしょう。

新たな恋愛に踏み出すことは勇気がいることですが、居心地が良いだけの元恋人にいつまでもすがっていて良いのでしょうか。

居心地の良い、相性の良い関係は努力によって新しく作り上げることができます。

これまでの恋人との関係に依存せず、新しい恋の可能性を考えてみても良いかもしれません。

よりを戻したいと思う女性心理と男性心理の違い

男性は別れを引きずりやすい

恋人と別れた後の心情は、女性と男性で大きな違いがあります。

例えば、女性よりも男性の方が失恋を引きずりやすいと言われています。

一方で女性は、「女性の恋は上書き保存」と言われるほど、失恋を引きずる人は少ないのです。

なぜ男性が失恋を引きずりやすいのかと言うと、それはプライドの高さにあります。

一般的に男性は女性よりもプライドが高く、見栄を張る人が多いですが、その場合、別れたことによって他人からの評価が落ちたり、失敗体験として蓄積されることを過剰に心配してしまうのです。

結果として、いつまでの別れた恋人のことを考えてしまったり、よりを戻すことを考えてしまうことになります。

さらに、よりを戻したいのならその気持ちを可能じょにぶつけてしまえばいいのですが、プライドが邪魔してそんなことはできない男性がほとんどです。

自分の気持ちを押さえつけるがゆえに、より失恋を忘れられないという不のスパイラルに陥ってしまいます。

別れた後に考えていること

別れた後に、恋人とのことをどう考えているのか、失恋がどれほどの影響を与えているのかにも男女で差があります。

男性は失恋を引きずることが多いと説明しましたが、失恋を引きずっている自分を恥じて、平常心で居られるように、別れたことを正当化しようとします。

喧嘩で別れたとしても、別れた原因は自分にはなく、相手の方にあると思おうとしたり、別れたことで自分はもっと幸せになったと思い込もうとします。

どんな決断であっても自分の決断が正しかったと正当化するのです。

自分の決断が間違ってないと安心するためにそのような思考になります。

そのような思考のため、別れた後に彼女の嫌なところばかりを思い出す男性も多くいます。
ひどい場合は、別れた後に彼女に文句を言ってくる人もいるようです。

一方で女性は別れた後、恋人と付き合っていた時のことや、付き合う前のことはあまり気にならず、前向きにこれからの人生を考える人が大多数です。

前向きに将来のことを考えるのが、失恋後の女性の思考の特徴です。

さらに、彼氏と付き合っていたときにおろそかになっていた友達関係や家族関係を大事にしようとする人が多いのも女性の特徴です。

元彼と幸せな記憶や悲しい記憶を思い出すのではなく、今目の前にいる友達や家族を大事にしようとするのです。

女性の方が、自分を客観的に捉える人が多いと言えます。

SNSの使用方法から見る男女の心理

破局後は男女に心情の差が出るのですが、それはSNSの使い方にも現れます。

女性はSNSの更新頻度、投稿内容などこれまでと変わらない傾向がありますが、男性の方は彼女と別れたことを匂わせたり、付き合っていたときの写真をアップすることがあります。

それは、無意識に昔を思い出していることもあれば、彼女だけにわかるメッセージの場合もあるでしょう。

男性は無意識のうちに分かれる前のことを考えてしまいがちなので、SNSでその気持ちが出てしまうのです。

彼女の方は失恋を気にしていないような投稿を繰り返すので、男性の方は忘れられたとも思ってやきもきするかもしれません。

ちなみに、復縁するためには一度友達関係に戻ってから距離を詰めて、アプローチすることが効果的なのですが、その時にSNSで他の異性の存在を匂わせることも効果がある場合があります。

SNSで新しく恋人ができそうなことを匂わせてから、友達関係に戻った元恋人に恋愛相談を持ちかけてみるのです。

元恋人は、友達関係に戻ったはずのあなたから恋愛関係の相談を持ちかけられることで自分の中にある未練に気づく場合があります。

ただしこの時、本格的な恋愛相談をしてしまうと相手があなたのことを完全に諦めてしまうというリスクがあるので、あくまでちょっと気になる人がいるという程度の軽い相談に留めましょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

よりを戻す事のメリット

結婚の確率が高くなる

別れた恋人とよりを戻すことにはどんなメリットがあるのでしょうか。

実は、一度別れた恋人とよりを戻すことができれば、普通のカップルよりも結婚する可能性がぐっと高まると言われています。

それはなぜだか分かりますか?

理由の1つとして、信頼関係が他のカップルに比べて強いという事が挙げられます。

一度何か原因があって別れたのにもう一度付き合うようになったということは、二人でその別れる原因を解決した、または解決しようと努力したという事ですよね。

その過程でより信頼関係が強くなるのです。

結婚において信頼関係は必要不可欠ですので、信頼関係がより強くなったカップルは結婚しやすくなるのです。

2つ目の理由としてあげられるのは、一度別れているので多少の喧嘩では別れにくくなるからです。

破局からよりを戻すという一連の流れを経験しているので、お互いに次は多少のことでは別れないという無意識の思い込みがあります。

復縁するためには時間も手間もかかるので、このような面倒なことを何度も繰り返したくないという心理も働くでしょう。

また、長く付き合っていれば相手の良いところも悪いところもよくわかるようになります。
一緒にいる時間が長く、別れを経験していることで相手のことをより深く理解できるようになり、結婚する可能性も高まるのです。

信頼関係がより強くなり、相手のことをより深く分かるようになったカップルが結婚しやすいのは当たり前のことです。

もちろん、復縁したからといって必ず結婚できるわけではないですが、より深い関係になれることは確かです。

そうなれるように復縁のために努力してみるのも良いかもしれません。

人間として成長する事ができる

人間関係において、一度壊れてしまった関係をもとに戻すよりも、新しく関係性を作り上げる方が簡単です。

恋愛においても同じで、別れた恋人とよりを戻すよりも、新しく恋人を見つけて恋愛をする方が手っ取り早く恋愛できるはずです。

しかし、一度壊れた関係を修復しようと努力することは、お互いの人間力や恋愛力を上げることに繋がります。

喧嘩別れだとしたら、どうやって相手に謝るか、許してもらうか、どうやって自分の悪いところを直すか、必死に考えるはずです。

相手もどうにかして相手を許そうと努力します。

その過程で、別れる前よりもお互いに成長できるのです。

大人になってから、仕事以外で人間的に成長できる機会というのはそう多くはありません。

復縁は人間的に成長できる大きなチャンス。

元恋人とよりを戻すのは一般的には時間がかかるものだと言われていますが、本当にやり直したいと思うのであれば、自分が成長できる機会だと思って頑張るのもおすすめです。

人間的に成長した二人なら、よりを戻した後も幸せに付き合う事ができるでしょう。

もしも頑張った結果として復縁できなかったとしても、人としては成長できているはずです。

愛が深まる

よりを戻す事のメリットとして、別れる前よりも愛が深まるという事が挙げられます。

長く付き合っていればいるほど、いつもそばにいてくれる人へ感謝の気持ちを持ち続けることは大変な事です。

常に支えてもらっていると、ありがたみも薄れてしまい、相手の大切さを忘れてしまうこともあるでしょう。

そんな経験がある人も男女ともに多いのではないでしょうか。

一度別れを経験すると、すぐそばに恋人がいないことによって、どれだけ恋人の存在があなたにとって大切だったかを嫌でも思い知ることになります。

家族のようだと思っていた人との別れを経験することによって、家族のように手放しで関係性を続けることはできないのだと反省もするでしょう。

そのため、よりを戻した後は以前よりももっと相手のことを大切にしようという気持ちになるのです。

また、別れた時の原因を反省してお互いに好かれる努力をすることで、相手のことをより好きになることもあります。

別れた原因を反省して治す努力をするほど私のことが好きだったのかと、愛を再認識するきっかけになるでしょう。

愛を再認識することでお互いに愛が深まり、より一層相手のことを思いやりながら付き合うことができます。

その結果として、長く付き合うことができるようになり、結婚するカップルも多くなるのです。

もしも復縁した後に他の異性に興味が湧いたとしても、相手を裏切りたくないと浮気を思いとどまったり、相手を悲しませたくないという心理が働きやすくなります。

よりを戻す事のデメリット

相手に再度裏切られる

よりを戻す事にはもちろんデメリットもいくつかあります。

その中でも一番がっかりするのは、また裏切られてしまい、別れることです。

これは相手の浮気や暴力など、相手に落ち度があって別れば場合に当てはまります。

復縁した時には欠点を改善してくれたと思ったのに、いざ復縁してみると欠点が治っていなかったというパターンです。

基本的には人間の根本的な性格を直すのには時間がかかります。

復縁したいが故に欠点を直したふりをしたのに、よりを戻した途端に悪いところがつい出てきてしまうのはよくあることです。

特に、喧嘩っ早い人や浮気ぐせがある人、暴力を振るう人は変わるのに大きなきっかけや時間が必要です。

また、暴力と同じくらい、ギャンブルやお金に荒い性格もなかなか治らないと言われているので、復縁するなら十分に注意する必要があります。

もしも恋人とそのような理由で別れたのであれば、復縁した後も同じような理由で裏切られる可能性が高いでしょう。

相手が復縁を望んでいる場合はなんとか繕って欠点を隠そうとするはずですが、それに惑わされてはいけません。

喧嘩別れや、相手の明らかな裏切りによって別れてしまった後によりを戻したい場合には、お互いに腹を割って話しあう機会を作る事が大切です。

何度も裏切られないように、なんとなく復縁しないようにしましょう。

別れた直後は冷静に判断できないはずなので、復縁を考えるのは別れてから少し時間を置いてからが良いでしょう。

さらに、第三者の意見を聞くことで冷静になることも多いので、ぜひ信頼できる家族や友達に相談して客観的な意見をもらうことがをおすすめします。

復縁する努力が無駄になる場合も多い

一度別れた相手と復縁するには、長い時間と手間がかかる事がほとんどです。

特に、片方が復縁したいと思っていて、もう片方は次の恋に目が向いているという場合は復縁するのは非常に難しいでしょう。

復縁することによってより信頼関係が深くなり、結婚する可能性が高いとは言え、復縁のための努力が無駄になる可能性も大いにあります。

せっかく元恋人とやり直すために他に出会いの場所にも行かずに長期間アプローチし続けても、それが実にならないと、悲しいし勿体無いですよね。

復縁できれば嬉しいですが、その努力が無駄になる可能性も高いということを覚えておきましょう。

ただし、復縁するために自分磨きをしたり、欠点を直そうと努力することは無駄ではありません。

復縁のためにできる努力を全部やってみてもダメだった場合は、未練なく次の恋に進みやすいというメリットもあります。

相手に見下される場合も

もしも相手に復縁の気持ちがなく、あなただけが復縁したいと思っている場合、万が一よりを戻せたとしても相手があなたの気持ちにあぐらをかいて、前よりも見下されたり、下に見られる可能性があります。

あなたに猛烈にアプローチされてよりを戻した場合、よりを戻した後も、相手があなたに好かれていることに安心してしまったり、あなたのことを見下すようになる危険性もあります。

見下すといってももちろん何か嫌なことを言ってくるということではなく、相手に好かれているから何をしてもある程度は許されると思う状態になるということです。

恋人同士でも、先に惚れたほうが負けとか、告白したほうが負けなんて言われる事がありますよね。

復縁も、猛烈にアプローチした方が負けという状況になる可能性があります。

これはつまり、恋愛において力関係が発生してしまったということを表します。

心理学者フロイトによると、あらゆる関係には支配と被支配の関係が少なからず含まれているのですが、一方的なアプローチによる復縁によって、その力関係が明確になってしまうのです。

復縁を迫ったほうが下で、復縁に応じたほうが上という力関係ができてしまうと、その後の付き合いも対等ではなくなってしまう可能性があり、復縁してもうまくいかないかもしれません。

さらに怖いことに、支配と被支配の関係性が強くなると、それは暴力につながる場合もあるということです。

もちろん全ての人がそうではありませんが、そのような強い支配関係に発展する危険性もあるのです。

それでも、下手に出てまでも復縁したいのかは、じっくり自分と向き合って考えてみる必要はあるでしょう。

別れた恋人とよりを戻す為のきっかけ

一度友達に戻ってからアプローチする

別れた恋人と自然とよりを戻すのはなかなかできないので、何かきっかけが必要です。

どんなきっかけがあればよりを戻す事ができるのでしょうか。

あなたが復縁を望む場合、相手にもあなたとの復縁を意識してもらう事が必要不可欠です。
ただし、別れた後すぐに復縁を迫ると、相手はあなたのことをうざいと思って距離をとったり、感情的なあなたを見て冷めてしまうことも。

そうならないように、まずは友達に戻ってからアプローチすることをおすすめします。

あなたの気持ちよりも第一に、相手の気持ちを考えるのが復縁を成功させるコツです。

友達に戻ることで、相手の警戒心をなくして、お互いにフラットな気持ちで接する事ができるようになります。

一度友達に戻るのは難しいのですが、ポイントは付かず離れずの状態をキープする事です。
距離を置きすぎるとあなたのことを忘れて次の恋に行ってしまうかもしれないし、距離が近すぎると復縁を狙っていると気づかれて連絡が取れなくなる可能性があります。

別れた直後はあなたから連絡は取らないようにして、相手からの自然な連絡を待ちましょう。

相手から連絡がこない場合は、共通の友達を誘って大人数で遊びに行ったり、普通の友達になる努力をしましょう。

友達になったら、仲を深めるために悩み相談に乗ってあげたり、逆に悩みを相談したりして距離を詰めましょう。

大人数なら、相手を警戒させずに、距離を縮めることができるでしょう。

そして相手にとってあなたが「仲の良い友達」ポジションになったら、アプローチしてみるのです。

仲の良いポジションになるのが特に難しいのですが、そのコツ相手の弱っている時にそばにいてあげることです。

元恋人なら、相手が仕事や人間関係で悩んでいることや、相手が落ち込んでいるタイミングなどがわかりやすいと思います。

そのタイミングで、友達として連絡して相談に乗ってあげるのです。

元恋人として、他の友達に比べてより深く、的確な意見をすることができると思います。

また、落ち込んでいるタイミングが分からなかったり、何に悩んでいるか分からない場合は共通の友達に探りをいれるても良いでしょう。

ただし、あまり露骨に探りをいれるとそれがバレた時に気まずくなって、悩みを相談してくれない可能性もあるので気をつけましょう。

仲の良い友達になることができたら、「あなたと友達に戻ってみたらあなたの大切さがもっと分かった。」などと、気持ちをストレートに伝えて、告白してみましょう。

誕生日にメッセージを送る

一度別れてしまうと、次にメッセージを送るのを躊躇してしまいますよね。

付き合っていた時のように気軽に送るわけにはいかないし、かといって無視するのはなんか違うし、そんなことを考えているうちに連絡するタイミングを逃している方は多いのではないでしょうか。

しかし、よりを戻したいのであれば友達として連絡を取り続けてある程度近い距離を保つことは必要不可欠です。

そこで、きっかけとしておすすめなのは誕生日に一言メッセージを送ることです。

元々付き合っていたのだから誕生日を覚えていても不思議ではないし、誕生日にメッセージをもらうことは誰からであっても嬉しいはずなので、元彼もあなたに返信しやすいでしょう。

ただし、この時にいきなり復縁を匂わせるような言葉を送ったり、長々と未練を感じさせるようなメッセージを送ってはいけません。

久しぶりの連絡なのにそんなメッセージが届くと、相手は引いてしまう可能性が高いでしょう。

あくまで誕生日のメッセージはこれから連絡をしやすくするためのきっかけとして利用しましょう。

「誕生日おめでとう」と一言送って、スタンプを送るだけでも効果はあるはずです。

元恋人もあなたが誕生日を覚えていてくれたことを知り、嬉しくなるはずです。

もし相手があなたに未練があれば、その連絡をきっかけに相手からアプローチしてくる可能性も大デス。

その場合は、復縁の確率は非常に高いのであなたもアプローチしてみると良いでしょう。

また、逆に相手から誕生日のメッセージがきたときも復縁の可能性が高く、チャンスだと言えます。

少なくとも相手はあなたと連絡を取ることを嫌だと思っておらず、もちろんあなたに対してマイナスな感情も抱いていないはずなので、復縁に向けて少しずつ距離を詰めても良いでしょう。

また、相手の誕生日が近くない時には、新年の挨拶を軽くするのもおすすめです。

新年の挨拶ならそれほど親しくない間柄でもするので、いきなりメッセージをしても不審に思われることはないでしょう。

SNSで近況をアップする

別れた後に元恋人に連絡をしにくくても、常に覚えていてもらうことは大切です。

完全に忘れられて新しい恋人ができてしまうと、かなかな復縁まで持っていくのは難しいためです。

しかし、いくら元恋人とよりを戻したいといっても、別れた後にどんな連絡をしたらいいのか、どんな手段を使って覚えておいてもらえばいいのか難しいですよね。

先に説明したように、相手の誕生日が近ければメッセージを送ることもできますが、そう出ない時にはどうすれば良いのでしょうか。

そんな時に役に立つのがSNSです。

別れたからといってすぐにフォローを外したりせずに、あなたの日常をアップし続けて、相手の目に触れるようにしましょう。

逆に、相手の投稿にいいねしたり、ちょっとしたコメントを残すのも復縁のきっかけとしてとても効果的です。

さりげなくコメントしたりいいねしたりするくらいなら、直接連絡するより気軽にできますよね。

相手はあなたがまだ相手を忘れていなくて、しかもまだ好意を持っていることを実感しやすいので復縁の可能性が高まります。

思い出の場所の写真をアップして相手の反応を待ったり、逆に相手が思い出の場所や過去の思い出について匂わせるような投稿をしたらコメントしてみるのも良いでしょう。

それは相手からの、復縁の気持ちを表すメッセージかもしれませんよ。

SNSならちょっと踏み込んだコメントも、気軽に捉えてくれるので重くなりにくく、おすすめです。

ただしネトスト(ネットストーカー)と思われてしまうとブロックされる危険性があるので、全ての投稿に欠かさずいいねをしたり、コメントをしすぎたりするのはやめましょう。

あくまでさりげなくあなたのことが相手にわかる程度で、復縁のきっかけとしては十分です。

別れた恋人とよりを戻す方法

冷却期間に自分磨きをする

別れた恋人とヨリを戻すきっかけを作ることができたとしても、元恋人とよりを戻すのはハードルが高いですよね。

具体的にどんなアプローチをする方が良いのでしょうか。

もちろん人によってアプローチ方法は様々だと思いますが、様々な手段の中でも特にオススメの方法をご紹介します。

別れた恋人とよりを戻すには、別れた後に相手にあなたとやり直したいと思わせる必要があります。

そのためには、冷却期間を持ち、その間に自分磨きをすることが効果的です。

冷却期間というのは、恋人と別れた後に連絡を絶つ期間を持つことを言います。

別れた後に復縁を望むなら、すぐに連絡したくなりますよね。

相手にもあなたと同じように未練があるのならすぐに連絡するのも良いのですが、相手に未練が無さそうな場合は、冷却期間を置いた方が良いのです。

なぜかというと、別れてすぐに連絡してしまうと未練タラタラなのがバレてしまい、引かれてしまう可能性があるからです。

いくら元恋人とはいえ、引かれてしまうと復縁からは遠ざかります。

うざいと思われてラインなどをブロックされる可能性もありますよね。

ブロックされると友達関係にも戻る可能性は非常に低くなり、復縁は絶望的だといって良いでしょう。

そのため、復縁したい気持ちを抑えて、別れた後は連絡を一切絶ちましょう。

復縁したい気持ちを抑えてあえて距離を取ることが、実は復縁への近道になるのです。

冷却期間をどれくらい持つべきかは相手とあなたの関係性によりますが、相手が完全にあなたのことを忘れるちょと前くらいまでが理想的です。

相手が寂しがりやなら3週間程度、そうでなければ数ヶ月空けてしまっても良いでしょう。

相手が寂しがりやの場合や、恋人を切らさないタイプの人の場合は、あまり連絡の間が空いてしまうと、寂しさから新しい恋人を作られてしまうからです。

相手が慎重に恋人を選ぶ人の場合は半年以上間を空けると次の連絡がしにくくなりますので注意しましょう。

また、その冷却期間にただ待つのではなく、その間に自分磨きをすることをおすすめします。

冷却期間が終わってからもう一度会った時に、あなたが人間として成長したことや、外見が綺麗になったりかっこよくなった事を見てもらうのです。

付き合っていた時よりもより魅力的になったあなたを見れば、復縁したい気持ちも高まるはずです。

また、自分磨きに努力していれば、相手を恋しく思う気持ちも紛れて、冷却期間に冷静に復縁について考えることができるでしょう。

あまり復縁のことばかりを考えていると、自然と行動も重くなってしまって相手が引いてしまう可能性があるので、自分磨きできを紛らわせるという効果もあります。

ちなみに、自分磨きをしてみると、元恋人とよりを戻す気持ちがなくなる場合もあるので、その場合は無理に復縁しようとせず、次の恋に向かった方がうまくいくことが多いのでオススメです。

別れた原因を改善してアプローチ

一度別れてしまったのなら、何か別れた理由があるはずですよね。

例えば外見について何か言われたり、あなたの性格上の欠点などが別れた理由なら、それはチャンスです。

復縁したいのであれば、別れた後にその原因を改善する努力をしましょう。

外見を磨いたり、自分の性格や欠点に向き合って改善するためにはどうしたらいいのか考えてみるのです。

自分の欠点を直視するのは誰しも難しいもの。

別れてからあなたが欠点を直すために努力してくれた事を知ったら、元恋人も復縁を考えてくれる可能性が高まるでしょう。

別れた原因を改善できたと思ったら、元恋人に連絡を取ってみましょう。
そこであなたが成長した事を分かってもらうのです。

ただし、喧嘩別れしてしまった場合は、謝罪をする事を忘れないようにしてください。

あなたは欠点を改善したからやり直せると思っていたとしても、相手は喧嘩した事をまだ根に持っている可能性があります。

相手に許してもらってから、話を切り出すのが、復縁のためのコツです。
しかし、ここで注意すべきことがあります。

それは、別れた原因が相手の浮気の場合です。

実は、男女ともに別れた理由のランキング1位は相手が浮気をしていたことなのです。

相手の浮気が原因の場合、それをあなたの方でどうにかすることは難しいですよね。

逆にあなたの浮気が原因で別れてしまい、それにも関わらず復縁したいのであれば、自分のしたことを反省して、反省したことが相手にわかるようにしっかり謝罪すべきでしょう。

告白方法にコツが!

よりを戻す場合は、どちらかが告白する必要がありますよね。

別れた後に友達関係になってから、あなたからアプローチして、相手から告白してもらうのが理想的ですが、相手が告白してくれない場合はあなたがするしかないですよね。

そんな時、復縁可能性が高まる告白方法があります。

それは、相手を断る気にさせない事です。

例えば、「好きだから付き合ってほしい!」と言うと、「私はもう好きではない」と降られてしまう可能性があります。

でも、「私はまだあなたのことが好きだから、もし元に戻れるなら戻りたい。」と自分の気持ちを伝えてから、「もしもまた好きになってくれたら付き合いたい」と言えば、相手は断りにくくなります。

好きでいるのをやめてくれとは中々言えないはずなので、これからも好きで居続けると言う事を相手に伝えるのです。

そうすれば相手は嫌でもあなたのことを意識するようになります。

また、万が一相手も復縁の気持ちがあるのだとしたら、きっと気持ちに応えてくれるはずです。

また、この告白方法を成功させるには、告白の前に「仲の良い友達」と言うポジションを確立させる必要もあります。

あなたの未練がタラタラだと、相手が逆に冷めてしまったり、呆れてしまうことがあるからです。

あくまでも一度友達関係に戻って、相手が油断しところで気持ちを伝えましょう。

この時、ふざけて告白したりせずに、真剣に思いを伝えれば相手も真剣に考えてくれるはずです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「別れた恋人とよりを戻す方法!!」

占い師 姫乃
元恋人とよりを戻す事のメリット・デメリットや、別れた恋人とよりを戻す方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?
別れた恋人とよりを戻すことによって、より仲良くなれるというメリットはありますが。逆にデメリットもあるのでよく考える必要があることをわかってもらえたかと思います。

ぜひこの記事を参考にして、元恋人とやり直すべきかどうか、考えてみてくださいね。

あなたの恋がうまくいきますように、願っています!

【期間限定・12月8日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事