どんなに普段は彼氏と仲が良くてラブラブなカップルでも、それぞれの考え方や性格、好みは違って当たり前です。

そのため、時には喧嘩してしまうことだってあります。

彼氏と喧嘩してしまった時、後先考えずについその場で感情的になって言い過ぎてしまったり、普段は抑えている本音をついぶつけ合ってしまったりして、その後気まずくてお互いに連絡を取らない期間があることがあります。

そんなとき 「こっちから連絡して謝ろうかな・・・」、「向こうはまだ怒っているのかな?」、「しばらく連絡を取っていないけれど、いつ、どうやって連絡すればいいんだろう・・・?」などと彼への連絡方法やそのタイミングについて気になってしまうことがあります。

特にひどい喧嘩をした時は、「このまま別れてしまったらどうしよう」という不安もあるかもしれません。

そんな時は、不安な気持ちになったり、気になったりするあまり、すぐに連絡を取ってしまうかもしれません。

また、相手に非がある場合は彼が謝ってくるのを今か今かとイライラしながら待っているかもしれません。

でも、喧嘩した後というのは、お互いにどうしても気まずさがあるので、しばらく連絡を取り合わない期間があるのが自然です。

そして、そんな時こそお互いに自分の言動を振り返って反省したり、相手の大切さを再確認できたり、二人の関係をじっくり見直してみることができる貴重な機会でもあります。

見方によっては、喧嘩の後のクールダウン期間というのは、実は二人の関係をより良くするためには必要な時間だったりもするのです。

この記事では、喧嘩した後の彼の心理や、喧嘩の後にお互い連絡しないメリット・デメリット、さらに喧嘩の原因ごとの気まずい期間の見極め方、仲直りのためにすべき連絡、連絡を彼氏から無視されてしまう時の対策に至るまで、彼氏と喧嘩してしまった時の対処法をひとつひとつしっかりと解説します。

記事を読んだ後は、彼氏と喧嘩をした時に落ち込んだり、気まずくなってしまうことがあっても、対処法をしっかりと心得て、冷静な気持ちでいられると同時に、喧嘩の後の彼の心理を理解することで、さまざまなケースにも対応できるスキルを身に付けられているでしょう。

復縁メニューはこちら

喧嘩した後の彼の心理

やってしまった・・・反省と後悔。いつも紳士な彼はとにかく早く仲直りしたい

喧嘩をした直後というのは、彼もあなたもまだ興奮冷めやらぬ間なので、お互いにまだイライラしていたり、「自分は絶対に悪くない」と頑固な気持ちでいたりして、冷静に考えることが難しいかもしれません。

ただ、たいていは翌日や翌々日になればクールダウンして、冷静に振り返ることができるようになります。

そんな喧嘩してしまった翌日の彼のよくある心理としては、「やってしまった・・・」という気持ち。

男性は常に彼女の前ではカッコつけていたい、カッコいいと思われたいという気持ちがあります。

そのため、そもそもイライラを見せること自体が不覚で、あろうことか自分もカッとなって喧嘩してしまうなんて・・・と、理性的に振る舞えなかった自分を責めたり、普段とは違う姿を見せてしまったことを恥ずかしく思ったり、後悔していることがあります。

日頃はあなたに対していつも紳士的で、あなたを喜ばせることばかり考えているような、尽くしてくれるタイプの彼の場合は特にこの傾向が強いでしょう。

この場合、彼は「とにかく早く仲直りしていつも通りに戻りたい!」と心から願っています。

仕事中も、家にいても、あなたと喧嘩してしまったということで頭はいっぱいで、どう謝ろうか、どう事態を収めようかと必死に考えています。

そのため、彼からすぐに謝ってきてくることもあるでしょうし、あなたから連絡して謝った場合は、とてもスムーズに受け入れてくれることでしょう。

喧嘩してしまった怒りは忘れて、「とにかく早く仲直りがしたい!」と、彼は思っています。

謝りたいけれどなかなか自分からは連絡をしづらい男のプライド。できれば連絡してほしい!

これも日本人男性には特によくあるパターンですが、喧嘩をしたときに、ついつい色々と普段は抑えていることまで言ってしまったし、自分は悪くないと思って頑固を貫いてしまったけれど、後からよく考えてみるとやっぱり自分も悪かった、と気づいて猛省していることがあります。

ただし、喧嘩をしてもカッコをつけたい、自分が間違っていた、悪かったとなかなか認められないのが男のプライド。

自分から謝った方がいいということはわかっていても、できれば彼女の方から連絡をしてほしい、という女性に甘えたい心があったりします。

こういうタイプの彼はなかなか素直になれないので、彼の謝罪を待つよりも、あなたから先に連絡をしてあげた方がスムーズに仲直りできることがあります。

ただし、内心は素直になりたい、と思っているので、先にあなたから謝れば、向こうも素直に謝ってくれるのがこのタイプです。

もしかすると、彼の方から「反省していますよ〜」、「そっちが謝るなら許してあげてもいいんですよ」というような遠回しのほのめかしがあったりするかもしれません。

もしそんなサインがあったら、あなたからすぐに無理に連絡をする必要はありませんが、気まずさを長引かせないためにも、気持ちが落ち着いて、仲直りしたくなったら、そのタイミングで彼に連絡をしてあげてください。

連絡がこないのは仲直りをするタイミングを慎重に見計らっているから

「もう一週間以上経つのに連絡がこない・・・」と、喧嘩してから割と時間が経っているのになかなか向こうから連絡がこないときは、彼の方で慎重に仲直りをするタイミングを見計らっているということがあります。

そして仲直りをするタイミングを見計らっていると同時に、なんて言って連絡を取ればいいか、謝るにはどうすれば良いかなど、さまざまなシュミレーションを頭の中で繰り返し、色々と考えを巡らせていることでしょう。

穏やかで場の空気が読むのが上手い、理知的なタイプの彼にはよくあるパターンです。

彼がこのタイプの場合は、たとえ彼女の方に非があろうとも、多少は目をつぶり、自分を曲げて謝ってでも仲直りをしようとしてくれるでしょう。

喧嘩の後で彼からなかなか連絡が来なくても、それは意地になって気まずさを長引かせたり、「向こうから謝らせたい」といった意図ではなく、ただ時間をかけてスムーズな解決法を探しているだけなのです。

ただし彼もタイミングを見計ろうにも、お互いに全く接点のない生活をしている場合はそれが難しいので、その場合はSNSなどを使って遠回しに「もう怒ってないですよ」ということを伝えてあげると彼もあなたに連絡しやすくなるでしょう。

何が何でも謝らない!向こうから謝ってくるまでは連絡しないワガママタイプ

もしもあなたの彼が、どんな時でもカッコをつけたい、男らしさを常にアピールしていたい、ちょっと古風な亭主関白タイプの彼ならば、喧嘩をした直後は感情が高ぶっていて「俺は絶対に悪くない!」と頑固になっていることでしょう。

またその後しばらく経ってからも、「向こうから謝ってくるべきだ」と頑なな姿勢を貫いている可能性があります。

そんな彼との喧嘩の気まずい期間は長引けば長引くほど彼も意地になってきて、長い耐久戦に突入することがあります。

そうなるとあなたにとっては面倒くさい状況になるでしょうから、あなたが折れて謝るか、もしくはわざと何もなかったように振る舞って彼から喧嘩のことを切り出すのを待ってみても良いでしょう。

いずれにせよ彼がこのタイプの場合は、素直になって向こうから謝ってくる可能性は極めて低いので、諦めてあなたから連絡を取るのが得策です。

喧嘩の後にお互い連絡しないメリット・デメリット

お互いにクールダウンして反省する期間。今後に活かせる学びを得られる!

喧嘩の後はお互いに気持ちが高ぶっているので、そんな時に相手から何を言われてもイライラしてしまい、余計に火に油を注ぐような結果になってしまいかねません。

お互いに頭を冷やして冷静になって考えるためにも、少々のクールダウンの期間は必要です。

このクールダウンの期間は、怒りを冷まして今一度状況を相手の立場や気持ちになって考えてみることができる期間でもあります。

そしてそうやって考えてみると、喧嘩をしていた時はあんなに自分は悪くないと思っていたけれど、自分も少しは悪かったんじゃないか、相手に悪いことをしたなという気持ちが出てくることがあるでしょう。

そうやって自分の言動を振り返り、今後は気をつけようと反省することで、今後の二人の関係に活かせる学びを得ることができます。

このことは二人の関係にとってはとてもポジティブなことで、長く付き合っていくためにはこのプロセスは欠かせないと言っても過言ではありません。

喧嘩をすると、これまで聞いたことのなかった相手の本音を聞かされたり、自分も日頃は抑えていることを相手に言ったりしますので、お互いに痛みを伴うプロセスですが、実は関係をより良くするという点から見ると、とても良いことでもあるのです。

そんなときに、高ぶった感情をクールダウンして、よく相手の本音や自分自身の本音について向き合ってみることは、とても大切なことで、人として成長できる機会でもあるのです。

喧嘩したことをネガティブに捉えるのではなく、「二人の関係にとっては必要なことだ」と捉えることで、より良い関係を築くきっかけになります。

やっぱり彼が好きで一緒にいたい!連絡しなくなって相手の大切さに気がつく

喧嘩をした後、しばらく彼氏と連絡を取っていないと、もはや相手に怒っているとか怒っていないという問題ではなく、ただただ彼のことが恋しくなる、ということがあるでしょう。

いつもなら毎日LINEや電話で連絡を取り合って、日常のさまざまなことを話したり、一日の出来事を報告したりできるのに、それがなくなってただただ寂しいと感じたり、休みの日にいつもなら彼と過ごしているのにひとりで過ごさなければいけない時、彼の存在の大きさを身に染みて感じます。

そして、「やっぱり彼が好き」、「一緒にいたい」という気持ちが出てくるので、彼への気持ちを再確認することになります。

そうするとそれまで小さなことで喧嘩していたことがバカバカしくなって、これからはもっと相手のことを大切にしようという気持ちが生まれてきたり、相手への愛情が深まったりします。

喧嘩の後、連絡を取っていない期間を持つことで、お互いの相手への思いを再確認し、二人の絆がより深まることができるというメリットがあります。

「向こうが悪いのになぜ謝ってこない?」と連絡をしないことで余計に怒りを招いてしまうことがある!

喧嘩の原因が、どう見てもあなたにあることが明白な場合、喧嘩した後、彼はあなたが謝ってくるのを今か今かと待っていることでしょう。

なぜならそれが彼にとっては当然のことだからです。

喧嘩をした時に素直に自分の非を認められず感情的になってしまうことは誰にでもありますが、客観的にどう見てもあなたに非がある場合は、やはりあなたから早めに彼に謝るのが道理です。

そしてこの場合は、適切なクールダウン期間は、せいぜい2、3日。

それ以上長くなってしまうと、彼は「どう考えても向こうが悪いのになぜ謝ってこないのか」と思い、余計にイライラしてしまうかもしれませんし、またあなたが謝らないことで、あなたが意地を張っているように見えたり、ワガママを貫こうとしているように見られて、彼に「面倒くさい」、「付き合いきれない」と思われてしまうことがあります。

こうなると彼のあなたへの気持ちが冷めてしまったり、一緒になる将来を真剣に考えられる相手としては見られなくなるといった事態にもなりかねませんので、くだらないプライドは捨ててさっさと謝りましょう。

女性は感情で動く生き物ですが、男性は頭で考える生き物なので、あなたに非があって喧嘩した時に意地を張られてしまうと彼は理解できず、理不尽に感じてしまうのです。

もしもあなたがどうしても素直になれなかったり、なぜあなたに原因があるのかわからないという場合には、誰か頼れる友達に相談して客観的なアドバイスを聞かせてもらうのが有効です。

できればあなたのことを本当に思ってくれていて、厳しい意見もはっきり言ってくれるような人が友達にいれば、的確なアドバイスを得られることでしょう。

あなたが悪いとわかっている場合は、クールダウン期間は早めに切り上げて仲直りをするのが一番です。

時間が経ちすぎると二人の仲が冷めて距離ができてしまう。場合によっては別れることも

「喧嘩の後のクールダウン期間」は、あくまでも喧嘩をした二人が良い形で仲直りするためにあるものです。ついつい気まずさに引きずられてクールダウン期間を長引かせてしまい、気がついたら数週間も経っていた、なんてことになると、その期間中に二人の間に距離ができてしまうことがあります。

「クールダウン期間」とは、あくまでも高ぶっていた気持ちを落ち着けて冷静になるための時間であり、相手との距離を置くための期間ではありません。

長い間連絡を取らないことで二人の間に距離ができ、お互いの、もしくはどちらか一方の気持ちが離れてしまうと、仲直りが難しくなります。

そうなると喧嘩の後の気まずい空気のまま、別れてしまうことにもなりかねません。

喧嘩の後の連絡を取らない期間は長引かせ過ぎないようにすることが重要です。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

喧嘩の原因別:気まずい期間の見極め方

お互いの生活習慣やマナーの違いが原因で喧嘩した時は最大一週間程度

生まれたところも育ったところもそれぞれ全く違う、異なるバックグラウンドを持つ二人ですから、生活習慣や価値観に違いがあって当然です。

実は「生活習慣やマナーの違い」というのは、カップルの喧嘩の原因でも最も多いものです。

付き合いが長くなって、一緒にいればいるほど見えてくるのがこの「生活習慣やマナーの違い」です。

例えば部屋の片付け方や休みの日の過ごし方、さらに相手の食べ方やお世話になった相手へのお礼、冠婚葬祭関連といったマナーまで、それぞれの教養や育ち、常識と思っているものが現れるものです。

自分にとってはこれが当たり前と思っているものでも、自分のパートナーにとってはカルチャーショックだったりすることもあります。

自分は潔癖症で部屋をいつも綺麗にしていないと気が済まないタイプだけど、彼の部屋はいつ行っても散らかり放題で足の踏み場もないくらい汚い、といった風にカップルによって部屋の片付けレベルに差がある場合、特に一緒に住んでいる場合は常にイライラして、喧嘩になることがよくあります。

さらにあなたは休みの日はゆっくり家で過ごしたいタイプだけれど彼はできるだけ外出して楽しみたいタイプとなると、休日デートもそれぞれの価値観に合った過ごし方をすることが難しくなります。

また、クリスマスやバレンタインデー、記念日などのイベントを大切にするかどうかといったところも喧嘩になりやすいです。

男性はどちらかと言うとあっさりしている人が多いですが、女性はイベント毎にお祝いしたり、一緒に過ごしたりしたいと考える人が多いです。

このようにお互いの生活習慣の違いに基づく喧嘩は日常の些細な原因が多いので、気まずい期間は2、3日程度、引きずっても最大1週間程度が目安でしょう。

それ以上になると必要以上に問題が大きくなってしまいます。

また、礼儀やマナーになると、本人同士だけでなく、相手の家族に会った時に違いを感じてしまい、受け入れられないもしくは受け入れてもらえなかったということもあるかもしれません。

結婚を前提に真剣に交際をしているカップルであればあるほど、互いの家族の礼儀やマナー、常識の違いといった問題は深刻になりがちです。

このように互いの家族の価値観の違いで喧嘩してしまった場合は、1、2週間、場合によってはそれ以上の気まずい期間があるかもしれません。

別れたり、婚約破棄になる可能性がある場合は、ひと月ほどの期間を見ておいたほうが良いでしょう。

家族の価値観の違いとなると、当人同士にはどうしようもないことですが、お互いの家族の価値観を尊重しながらも自分は違うということを相手に伝え、納得のいくように話し合うのがベストです。

それって浮気?彼の女友達の多さにヤキモチを妬いてしまった時

彼が社交的で女友達も多く、ご飯に行ったり遊びに行ったりする女友達が複数いるような場合は、あなたの心もなかなか穏やかではないことが多いでしょう。

「ただの友達だから」と彼が聞く耳を持たなければ持たないほど、あなたのイライラと不安は高まるばかりでしょう。

また、彼が過去の元カノとも今も友達付き合いを続けているようなタイプだった場合は、あなたにとってはなかなか理解しがたいことかもしれません。

さらに、あなたの思う「浮気」のラインと、彼の考えるラインにも違いがある可能性もあります。

そんな時、ついヤキモチを妬いてしまって彼と喧嘩になってしまったという経験のある人は多いのではないでしょうか。

この場合は喧嘩をした後の気まずい期間は、あなたの気持ちの収まり具合にもよりますが、1週間から10日程度が目安です。

あまり早くに仲直りしても彼に問題を軽く捉えられてしまう可能性もありますし、長引かせ過ぎるとその間にほかの女友達と余計に遊びに行ったりして逆効果になってしまうことがあります。

「私にとっては深刻な問題だ」ということを彼にわかってもらい、気まずい期間が過ぎたら、ぜひ彼と話し合って、例えば女友達と一緒に遊びに行くときは途中で電話してもらったり、自分も挨拶をしたりするといった、できる対策を一緒に考えてみてください。

具体的対策を立てることで、あなたの気持ちもかなり落ち着くかもしれません。

仕事が忙し過ぎてお互いなかなか会えなかったり、ストレスでイライラしていた時

お互い社会人のカップルとなると、仕事が忙しい時にはなかなか会えなかったり、ストレスが溜まっていてついイライラしてしまい、喧嘩になりやすいものです。

また、お互いに、もしくはどちらかの仕事が激務で休みもろくに取れないような職場の場合は慢性的に余裕がなく、ストレスが溜まっていたり、いつも会えるのは月に1、2回程度ということもあるかもしれません。

せっかく忙しい合間をぬって連絡したり、楽しみにしていた貴重なデートの時間もなんだか彼がイライラしていて楽しくなかったり、ちゃんとかまってもらえなかったり、はたまたあなたがストレスで彼に当たってしまったり、彼との時間が後回しになったりして、喧嘩に発展することがあるかもしれません。

そして彼に会いたくても、「仕事が忙しい」という理由で断られることが多いと、「仕事と私どっちが大事なの?」と問いただしたくなるでしょう。

そしてそんな時に限って、男性は答えに詰まってしまったりして、余計にあなたの怒りを買ってしまい喧嘩になってしまったりします。

そんな時も気まずい期間はだいたい2、3日程度。それ以上伸ばすとお互い日々の忙しさに紛れてうやむやになってしまったり、会える頻度が低いとなるとなかなか仲直りもできずにタイミングを逃してしまい、自然消滅になってしまう可能性もあります。

忙しい者同士だからこそ、お互いをいたわりあい、貴重なデートの時間はできるだけデートに集中して一緒にいられる時間を目一杯楽しめるようにしたいものです。

問題は深刻?!金銭面でのいざこざがあった時

金銭面での問題とひと口に言っても、問題は大きいものから小さいものまであるでしょう。

例えば、あなたが彼の倹約癖に耐えられなくなった場合。デートに行ってもレストランでクーポンを使おうとしたり、タクシー移動や電車の指定席を使うのを嫌がったりということはよくあるパターンです。

ヒールを履いていたり、化粧をしている女性にとっては頑張れば歩いて行ける距離でもタクシーを使いたかったり、また立ちっぱなしになる可能性のある電車で指定席を取るなど、少しお金を払って楽ができるなら、払うことを躊躇しない人が多いものです。

ただし男性にとってはお金を余分に払うという行為を理解しがたく、「歩いて行けるんだから歩いて行こうよ、もったいない」、「自由席でいいじゃん」と言われてしまったり、さらに、あなたが服飾品や化粧品にお金をかけることに対して文句を言われた時には 、言い返したくなるのはもっともです。

こういった細かい金銭感覚の違いはなかなか直るものではないので難しいですが、必要経費であることを彼の納得いくまで説明するか、少なくともあなたのお金で支出する分には文句を言わないでと伝えましょう。

この場合の気まずい期間はどれだけあなたが問題を深刻に捉えるかですが、2、3日から1週間程度でしょう。

さらに言うと、金銭面に関しては、もっと深刻な問題もあります。

例えば喧嘩の原因が彼がギャンブルにハマっていて、デート代もろくに払えない、定職についていないのに金遣いが荒い、お金を貸したのに返してくれない、などの場合です。

この場合は彼との距離をいったん置いて、関係を続けるのかどうかをしっかり見直す必要があるでしょう。

少なくとも彼が心機一転して変わらない限り、二人が結婚してもあなたが悩まされることになってしまいます。

この場合は約1ヶ月程度、連絡を取らない期間があっても良いでしょう。

デートがいつも同じで緊張感がない・・・二人の関係がマンネリ化してきた時

どんなに仲の良いカップルも付き合いが長くなってくると、どんなカップルも避けられないのがマンネリ化と倦怠期です。

付き合い始めの頃にはあった緊張感が二人の間になくなってきたり、連絡を取る頻度が下がったりといったことが起きてきます。

だんだんとお互いのだらしないところが見えてきたり、マメに連絡を取りたいタイプの彼女からの連絡が無視されたりといったことから、さらには、デートがいつも同じパターンで、連れて行ってくれるレストランなども初期と比べてレベルが下がったり・・・といったことが起き、喧嘩になることがあります。

そんなときは思い切って1、2週間連絡を取らなくても良いでしょう。逆に連絡をしないことでお互いの存在の大きさが分かったり、気持ちの再確認ができて、二人の関係にハリが出ることがあります。

喧嘩の後の気まずい期間も使いようで、今後の二人のポジティブな関係の構築に役立てることができます。

気まずい期間が過ぎた後仲直りのためにするべき連絡

ポップなLINEスタンプを送ってみて様子伺いをする

喧嘩の後、気まずい期間が過ぎていざ連絡しようにも何て言えばいいのかわからない・・・いきなり謝るのも変だし、まずは軽く連絡だけしたい・・・という時にはとりあえず反応を見るためにLINEスタンプを送ってみるのがオススメです。

自分の言葉にしなくても、連絡を一切取っていなかった状況を脱し、とりあえず「連絡は取りたい。仲直りする準備はできていますよ」というサインを送ることができます。

また、ポップなスタンプを送れば最初の気まずさも多少和らぐでしょう。

いきなり喧嘩したことを話題にして、「話し合おう」と言うと相手も身構えてしまうかもしれませんが、スタンプだと「いつも通りに戻ろうよ」というニュアンスが柔らかい感じで出せるので、彼も返信を返しやすいでしょう。

ただし、送るスタンプがあんまりポップ過ぎると、ふざけているようにも見えますので、スタンプ選びは慎重に。

「最近どう?」や、「元気?」など、彼がどうしているかを軽く聞く挨拶がわりのスタンプなどがオススメです。

そして返信が返ってきたら、「この前はごめんね」など、素直に謝ってみましょう。

誠実さを見せつつ、素直に謝りたいのなら電話が一番!

LINEだと相手の声が聞けないし、せっかくだから久々に声を聞いて話したい!というあなたは電話をかけて。

彼も久しぶりにあなたの声が聞けて嬉しいと感じるかもしれません。

また、素直に心から謝りたいならLINEよりも電話で謝る方が誠実さが出るという意見もあります。

いきなり電話をかけるのは勇気がいるかもしれませんが、LINEだとニュアンスが伝わらなかったり、誤解されてしまう可能性もありますが、電話では声のトーンや話し方も伝わるので、より密なコミュニケーションが可能です。

もしもあなたが彼に謝りたい!と思っていて、誠実さを見せたいのなら、一番のオススメは電話で素直に謝ることです。

彼もあなたの謝罪を受け入れてくれ、お互いに気まずさも一瞬でなくなるでしょう。

きちんと話し合いたいのなら、会いに行く。二人の今後について話し合う良い機会

顔を見て謝りたい、仲直りしたいと思っていたり、もしくは喧嘩した後長く連絡を取っていなかったけれど、顔を見てきちんと話し合いたいというときは、やはりフェイスtoフェイスで話すのが一番です。

彼が帰宅する時間に合わせて待っていたり、通勤で必ず通るところで待ってみて、確実に会える方法で会いに行きましょう。

この喧嘩がいつもの些細な喧嘩ではなく、二人の今後を左右するような大きなものであればなおさらです。

また、お互いにいつもよりも真面目な話し合いができる時なので、将来を踏まえてしっかり話し合う良い機会でもあるのです。

こんな機会は普段、ありそうでなかなかありません。

もしもあなたがこの機会に二人の今後についても話し合いたいと思うのなら、ぜひ顔を見てしっかり話し合ってみてください。

喧嘩後の連絡を彼氏から無視されてしまう時の対策

追加の連絡はナシで。しばらく放置するのが一番

喧嘩の後の気まずい期間を経て、仲直りをしようと連絡したけれど、彼からの連絡がない時。

それはおそらく彼はまだ仲直りする気持ちになれていない時です。

「もう少し放っておいてほしい」と思っていたり、まだ完全に怒りが収まっておらず、あなたから謝ってほしいと思っている時です。

彼からの返信がないと、あなたは「こっちから折れて連絡したのに返信も返さないなんて」と思って彼へのイライラが募ったり、もしくはもう嫌われたのではないかと不安になって後から追加でLINEを送ったり電話をかけたりしたくなるかもしれません。

でもそこはグッとこらえて。

あなたからはすでにモーションを起こしていて、それは彼にもおそらく届いているはずです。

なので最低2、3日は放置して様子を見ましょう。

すぐには返信を返す気になれなかった彼も、時間が経てば連絡をくれることもあるでしょう。彼自身のタイミングで返事を返したくなる時を待つのが一番です。

直接彼に会いに行って話をつけてスッキリしよう

彼に電話をして留守電を残したけれど折り返しの電話がなかったり、LINEが既読スルーになっている、けれどあなたは彼と話し合いたいと思っているときは、もしかしたら彼が話し合いを避けようとしてあなたからの連絡を無視しているのかもしれません。

喧嘩の原因が彼にある場合はなおさらです。

その場合は待っていたら彼からの連絡がいつ来るかわからない上に、時間が経ち過ぎていてうやむやにされる可能性大なので、手っ取り早く直接彼に話をつけに行くのが一番です。

ただし、男性は彼女からお説教をされたり、怒られたりするのが苦手な生き物なので、できるだけ一方的に彼を責めたり、お説教モードで上から目線で怒ったりしないように、伝え方には気をつけて、思いやりを持った話し合いになるように心がけましょう。

そうすると、あなたの女性としての器の広さや優しさに彼が惚れ直す可能性もあります。

彼の様子をSNSや友達伝いにチェック。心変わりの可能性アリ?!

もしも喧嘩の原因が彼の女友達の多さが原因だったり、あなたの彼へのヤキモチで、そして今、彼からの返信がこないという場合は、最悪の場合、彼がほかの女性に心変わりしようとしている可能性があります。

その心配があるときは、ぜひ彼の様子をSNSでチェックしてみましょう。

SNSにそれらしきヒントがない場合は、彼の友達伝いでも大丈夫です。

男性は嫉妬や束縛といったものが苦手なので、女友達にヤキモチを妬くあなたにうんざりして、自由に遊び回りたい、解放されたいという気持ちから、ほかの女性と会っていることもあります。

その場合はできるだけ早期に発見して、彼との話し合いを始めることが肝要です。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「彼氏をしばらく放っておくほうが仲直りしやすくなります

占い師 姫乃
男性とは束縛や嫉妬といった、「自由を縛られること」が大の苦手。

そのため、喧嘩の後の気まずい期間を経て仲直りのためにあなたから連絡しても、連絡が返ってこないことがよくあるの。

そのときは「まだ準備ができていない」というサイン。

彼はまだ少し放っておいてほしいという合図です。

問題に向き合って話し合うのにも心の準備がいる人もたくさんいます。

そんなときに追い打ちをかけるように怒涛の連続LINEをしたり、何度も着信履歴を残しても、逆効果。彼の気持ちはどんどん離れていってしまいます。

あなたにできるのは、彼の気持ちを尊重して、待ってあげることです。

意外にも「あなたの気持ちが落ち着くまで待ってあげますよ」ということを示せば、「理解してもらえた」と安心してすぐに連絡がきたりするものです。

男性は女性のイライラや不満に対処するのが本当に苦手な人が多いの。

あなたがまだ起こっていることを察すると、サーっと余計に逃げていってしまいます。

喧嘩の後の気まずい期間の間にあなたの怒りが収まったら、彼と建設的な話し合いをするためにも、あまりイライラを引きずらないようにしてね。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事