言いたいことが言えないで別れるなんてもったいない!彼と絆を深める上手な本音の伝え方  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

彼に言いたいことが言えないのは「嫌われてしまうかもしれないから」と考えているからでしょうか。

もしひとことでも本音を言ったら「お前のことが嫌いになった。もう別れよう」と言われてしまいそうで怖いなら、この機会にぜひその恐れを払拭してください。

言いたいことが言えないで別れるなんて実にもったいないことだし、彼と絆を深める上手な本音の伝え方は存在するのです。

彼に本音が言えない背景や言えないまま関係を続けるリスクについても解説していますので、じっくりと目を通してみてください。

「言いたいことが言えなくてつらい」と悩むこともなくなるはずです。

 

復縁メニューはこちら

言いたいことが言えないカップルは多い!どうして彼氏に本音が言えないの?

正直な気持ちを言ったらたぶん嫌われてしまうから

言いたいことが言えないのは「彼に正直な気持ちを言ったらたぶん嫌われる」と考えるためです。

彼に対して言いにくいことは圧倒的に「彼への不満」がトップです。

彼への不満は、ちょっと言いづらいものです。

なぜ正直なことなのに、言いづらいと感じてしまうのでしょうか?

それは相手の欠点をストレートに本人に言わなければならないからです。

誰だって他人に欠点を指摘されたらいい気分はしません。

もしあなたも誰かに批判されたら、たとえそれが真っ当な意見でも一気にへこんでしまうはずです。

「じゃあなたは欠点ないって言い切れる?」と反論したくなってしまうでしょう。

そう思うのは彼も同じです。

言いにくいことでも勇気を出して言ってしまえればいいのですが、相手が嫌な気持ちになるのは容易に想像できるので「嫌な気持ちになったら嫌われるに決まってる」と先の先まで考えてしまうのです。

このような心理状態になってしまったら、口が裂けても言いたいことは言えないまま悶々としてしまいます。

引っ込み思案で優しい性格だから。丸くおさめるためには自分が我慢するしかない

言いたいことが言えないのは、引っ込み思案な性格が災いしている場合があります。

引っ込み思案な人の多くは優しい性格の持ち主でもあるのですが、問題が起きそうな時なんとか丸くおさめようとします。

丸くおさめるには「自分が我慢するしかない」と考えるのですが、そういう人はずっと長いことそうやってきてしまったので我慢がつらいと感じることはほとんどありません。

むしろ我慢することに慣れてしまっていると、我慢しているという自覚すらない場合もあります。

従って「言いたいことがあっても言わない」というスタイルがごく自然に身につくことになります。

このように引っ込み思案で優しい性格の女性は彼に言いたいことがあっても、絶対に言おうとしません。

言えないのではなく、心の中にそっとしまって平静を装いつつ「あえて言わない」のです。

しかし我慢に我慢を重ねるとそれがだんだん蓄積されるため、いつか我慢の限界がやってくることもあります。

我慢の限界が来ると「こんなことで?」と思われるほどちょっとしたことで怒りが爆発してしまいます。

今までの経験から「どうせ言ってもわかってくれないだろう」と思ってしまう

言いたいことが言えないのは、彼と付き合ってきた今までの経験から「どうせ彼に言ってもわかってくれない」と察するからです。

言ってもわかってくれない人なら「言っても無駄」ということです。

これはお互いに理解し合うことをあきらめてしまった状態と言えますが、過去をひも解くとこうなってしまった経緯が読み取れます。

多くの場合、お互いに相手をコントロールしようとしてうまくいかなかった結果です。

「自分の思い通りになってくれない」とか「意に反したことをいつもされてしまう」のように不満があるなら、彼に忠告したくなるのは当然です。

しかし自分の正当性を彼に訴えても、彼はなぜか「批判された」と思ってしまうのです。

面白くない彼は、あなたに対して火花を散らしてきます。

過去、このような経緯からケンカへと発展したのが数えきれないほどあるのなら、遅かれ早かれ「どうせ言ってもわかってくれない」となるのはごく自然な流れと言えるでしょう。

変なことを言って彼氏に「面倒なヤツ」と思われるのを避けたい

「言いたいことが言えないのは彼に面倒なヤツと思われたくないから」と考える人もいます。

彼に言いたいことがあってもすぐさまブレーキがかかってしまうのです。

そして「自分の言いたいことは、ひょっとしたら変なことなのかもしれない」と自らを疑ってかかります。

こう考える女性はたいてい自分の意見に自信がありません。

また自分の意見だけでなく自分そのものも完璧な人間とは思えないため、少しでも彼にマイナスな印象を持って欲しくないのです。

考えることはいつも「良い子と思われたい」「いつも彼に可愛がって欲しい」なのですが、そう思ってもらうためには「自分が変なことを言わないようにしなきゃ」といつも気を引き締めるのです。

そのため、彼といる時はいつもオドオドしていることが多いです。

何か失敗するんじゃないか、何かやらかしてしまうんじゃないかと、心の中は不安でいっぱいなのです。

彼を怒らせたくないと考えているうちに言えなくなってしまった

「彼を怒らせたくないから」という理由から言いたいことを言えない人もいます。

彼が怒りっぽい性格なら、なおさら意見することなどできないでしょう。

言いたいことをほんの少し匂わせるだけでも、彼を不機嫌にさせてしまうからです。

言いたいことが言えないのでつい黙り込んでしまうのが、言い争いになりそうな時です。

これは大げんかになるのを未然に防ごうとする「防衛本能」が働くためです。

口をついて出そうな彼への不満を抑えるのに精一杯で、この時の感情は怒りよりも悲しみの方が大きいです。

また思ったことを言えないつらさと苦しみで、心の中はガサガサに枯れ果ててしまっています。

このようにケンカを避けたいことから言いたいことが言えなくなる女性は、実はかなりの数に上ります。

ケンカになってしまうとお互いを平気で傷つけ合いますが、向上心ある女性なら「ケンカしても何もならない」とか「ケンカするだけ時間の無駄」と強く感じています。

そして一度でもケンカして嫌な思いをしたら「もう二度とケンカなどするまい」と思うのです。

ケンカが続けば二人の関係にヒビが入るのは確実です。

そんな悲惨なことを避けるために唯一できることが「言いたいことを言わない」ということなのです。

謙虚でいたいから遠慮する気持ちが先立ってしまう

「誰に対してもいつも謙虚でいたい」と思っている女性は、何か問題が起きたり彼に不満があっても言いたいことが言えません。

これは彼に対し、遠慮する気持ちが先立ってしまうためです。

しかし彼は、相手が何も言ってこないと「いったいこの人は何を考えているのかまったくわからない」と大きな疑問を抱くのです。

少しでも思っていることを言ってくれれば、まだ理解できるというもの。

でもそういう人は口を閉ざしたまま、一言も発しなくなります。

このようなタイプの女性は「遠慮することが適切な行動」とかたくなに信じているのです。

遠慮が身についてしまっているので、当然ながら相手と意見がぶつかりそうな時もすかさず遠慮がちな態度を見せます。

強く自己主張する人もいれば一歩引いた人もいるから、世の中はうまく回っているかもしれません。

しかしコミュニケーションを良好にするためには口を閉ざしたままではなく、思っていることは少しでも言えるよう改善した方が良いのです。

彼氏にもやもやが言えないまま付き合い続けるリスク

「自分はどうしたいか」が言えないので、何か要望があっても決して伝わらない

彼氏にもやもやが言えないままでいると、自分が本当はどうしたいのかが相手にまったく伝わりません。

私たちは他人に対して何か要望がある場合「言葉にして言う」か、もしくは「LINEやメール」で伝えようとします。

しかし中には言いたいことを言わない理由を「そんなことくらい言わなくてもわかってもらえるだろうから」と考えている人もいるのです。

それもかなりたくさん。

ところが実際には言わなければ相手はわかってくれません。

つまり「言わなくてもわかるのではなく言わなければわからないのが正解」なのです。

これは彼氏だけでなくどんな人に対してもなのですが、それが理解できなければ例外なく完璧なコミュニケーションは望み薄です。

彼の思い通りにするしかなくなるので「都合のいい女化」してしまう

彼氏にもやもやした気持ちが言えないと自分の思いが伝わらないため、結局彼の思い通りにするしかなくなります。

そうなるといずれ彼氏は、彼女のことを「都合のいい女化」してしまうのは目に見えています。

なぜなら何を言っても同意してくれるしどんなことでも反対もしない、まるでお人形のような存在だからです。

お人形状態の彼女なら、都合よく扱っても何ら問題ないと考えるのです。

このようなタイプの女性を「ポジティブな性格」ととらえられることもできますが、実は単に自分を主張するようなことを避けているだけです。

このようにいついかなる時でも彼氏の言いなりになったり反論を避けていると、いずれ彼氏のイエスマンになってしまう可能性大です。

都合のいい時だけ相手にされ、都合が悪くなると音信不通になるなど「都合のいい便利な女扱い」されてしまうのは確実です。

自分の気持ちが伝わらないので彼から大事にされている気がしない

もやもやを彼氏に伝えないままでいると、彼に対してどう思っているかが伝わりません。

なので恋愛関係にあっても双方で意思疎通に欠けてしまうため、彼に大事にされていないような気がします。

彼氏が彼女に抱いているのは「はっきりしない女性」という印象です。

彼女はもやもやと何か言いいたそうなのに、そのことについて曖昧な言葉を繰り返すだけだからです。

言いたくない理由について、彼はなんとなく察しがついているかもしれません。

とは言え「ネガティブな態度を変えられないくらいなら思い切って俺に言ってしまえばいいのに」と怪訝そうな表情です。

世の中にはあけすけに不平不満をはっきり言う女性と、固く口を閉ざしてしまう女性がいます。

ストレートすぎる物言いはケンカになる元ですが、かたくなに言わない方がさらに話がややこしくなってしまいます。

目の前にいる彼氏を完全にシャットアウトするので、そんな態度の彼女なら大事しようなどとは思いません。

なぜなら彼氏は「信頼されていない」と感じるためです。

信頼関係が築けていればお互いに相手を大事にしようとしますが、彼氏をシャットアウトするくらい距離をおこうとするなら自ら信頼関係を壊していることになります。

彼に欠点があっても我慢して受け入れるしかない

彼氏に言いたいことを言えないままにすると、彼にどんな不満があっても我慢して受け入れるしかないでしょう。

明らかに彼のマイナス面によって感じる不満ならそれを伝えない限り彼が変わってくれることはないし、問題が解決することもありません。

言いにくいことほど言わなくてはいけないのは「それが彼のためになるから」です。

彼のためになるなら言ってあげた方が親切というものです。

また自分で気づかずにやってしまっているような悪癖を見つけたら、教えてあげるのがベストです。

ただし伝え方には注意が必要で、なるべく相手を傷つけずに言うことが求められます。

少し難しく感じるかもしれませんが「こうした方がいいと思うよ」のように柔らかい口調で言えば、相手を傷つけずに済むはずです。

不安や悩みがあっても相談できないので自己解決するしかない

彼に言いたいことが言えないと、彼に関する不安や悩みがあっても相談することができません。

些細な悩みはもちろんのこと重要な悩みならなおさら言うことができないため、悩みに悩んだ挙句、最終的には自分で解決するしかないでしょう。

言えない理由の多くが「彼に迷惑をかけたくない」と考えるためです。

少しでも彼の負担になることを避けたいのです。

ところが当の彼は「自分の負担になる」などとはさらさら思っていません。

それどころか好きな人が悩んでいるのを知ったら「助けてあげたい」と考えます。

付き合っているのだからそれが当たり前なのですが、言いたいことが言えないタイプは頑固なまでに彼に相談しようとはしません。

彼が唯一知ることができるのが「彼女の表情」です。

「悩みを抱えているかもしれない」という情報は、彼女の表情で読み取るしかないのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「人生大吉」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

言いたいことが言えないで別れる前に自分の心と向き合うためには

苦しい気持ちを抱えている自分を癒し、自分らしさを取り戻す

言いたいことが言えないで別れる前には、苦しい気持ちを抱えている自分を癒す必要があります。

言いたいことを我慢するのはとてもつらいものです。

「言えたらどんなに楽か」と、いつも思っていることでしょう。

このつらさのベースとなっているのが、あなたの心の奥深くに宿る「罪悪感」です。

誰にでも罪悪感はあるものです。

しかし言いたいことが言えないタイプは、ことさら強い罪悪感を持ち人一倍苦しさを感じています。

罪悪感の根源は人によって違いますが深く追求していくと「恐れ」という源(みなもと)にたどり着きます。

もし罪悪感を感じたら、まずは「今罪悪感を感じていると気づくこと」を練習してみてください。

気づきさえすれば、自ずと罪悪感は消えていきます。

これは「あなたの心が罪悪感を感じさせて恐れを消そうとしているサイン」なのです。

今はまだ苦しい罪悪感から抜けられないかもしれません。

しかし焦らなければ、少しづつ改善できるはずです。

制御不能に思えてしまう罪悪感も、このようにコントロールすることは可能なのです。

言いたいことを言えないのは彼のせいではないと理解する

別れる前に「言いたいことを言えないのは彼のせいではない」と理解しましょう。

言いたいことが言えない性格は、自分の問題であって決して彼のせいではありません。

とは言え彼が威嚇してくるようなパワハラタイプだったら、彼のせいにしたくもなります。

それどころか「彼のせいに決まっている!」と反論したくなることでしょう。

何か話そうとしても「うるさい!」とか「黙れ!」のような態度を取られたら、言いたいことも言えなくなってしまいます。

パワハラな彼氏と付き合うには、彼との距離感が最も重要なポイントです。

そもそも彼氏にするにはチャレンジ精神がないと難しいタイプです。

ですから何か言おうとした時、いつも怒られるようなら「今は話しかけるタイミングではない」と考えましょう。

彼にも感情的に穏やかになる時が必ずあるはずです。

ベストなタイミングを見計らうことができれば、言いたかったことも驚くほど簡単に言うことができます。

次も同じ悲しみを味わうことのないよう、具体的な改善を試みる

別れる前に同じ悲しみを味わうことのないよう、ちょっとだけ足を止めて、考える時間を作ってみてください。

まずは具体的な改善を試みてください。

問題はいつだって自分の中にあります。

あなたが悪いということではないのですが、彼を変えようとしてもそれはできないことだから。

言いにくいからといっても、話をしやすい彼に変身してもらうわけにはいかないのです。

そんなことが可能なら、世の中のすべてがあなたの思い通りに変えることができてしまいます。

もしかしたら彼に何かを言おうとした時「彼はどう思い、どんな反応を示すだろうか?」と考えすぎているのかもしれません。

考えすぎると頭の中はそれでいっぱいになってしまいます。

悪いことにマイナスな結果や失敗することばかり考えてしまうのです。

しかしそれは「防衛本能」によるもので、自分を守ろうとする潜在意識が働くためです。

いたって正常なことなので、安心しても大丈夫です。

マイナスなことで頭の中がいっぱいになったら、少しでもスッキリできるよう行動に移してください。

外の空気を吸いに散歩に出たり美味しいお茶を飲むなどして、リセットしてみましょう。

頭の中を駆け巡る無駄なおしゃべりや雑音がスッと消えていきます。

問題点は自分の性格かも。マイナス面を洗い出してみて

言いたいことが言えない原因は、もしかすると自分の性格が由来しているかもしれません。

この機会に自分の性格を見直すことをぜひやってみてください。

具体的には「マイナス面を洗い出す」ことをします。

「人に悪く思われたくない」

「面倒なことが嫌い」

「怒られるのが死ぬほどイヤ」

「現実から逃げたくなることがよくある」

こんな風にノートに思いつくまま書き連ねていきましょう。

こうやって自分の性格に向き合ってみるとわかるのですが、自分とは違う第三者的目線でとらえることができるのです。

第三者的目線で見ると、まるで他人事のようです。

すると次の瞬間、なぜかフッと解決方法が思い浮かんでくるのです。

誰かに相談せずとも自分の中で解決できてしまえるので、ぜひやってみてください。

考えすぎたり悩みすぎない。大事なのは言いたいことを言えない自分を愛すること

「言いたいことを言えないこと」について、考えすぎたり悩みすぎたりしないようにする。

これは非常に大切なことです。

難しいかもしれませんが、最も重要なのは「言いたいことを言えない自分を愛すること」です。

「それでいいんだ」と考えること、そして「言えない自分でもOK」と決心します。

「言えない、言えない」と苦しんでいると、もっと言えなくなってしまいます。

肩の力を抜いて「今は言えなくてもいいんだ」と思うことが「自分を大切にしている」ということです。

今まで「言えない自分はダメな人間だ」と思っていたら、このあたりの意識を変えるだけでかなり楽になるはずです。

我慢は美徳ではない。自分の気持ちに正直になれば我慢せずに言えるようになる

我慢することに慣れてしまっていると気づかないかもしれませんが、我慢は美徳ではありません。

自分の気持ちに正直になりましょう。

ところがそういう人に限って「いつも自分に正直だけど、なにか?」と言います。

自分の気持ちに正直になれていないからこそ言いたいことが言えないのです。

しかし残念ながらこのことに気づいていません。

意識的でも無意識でも我慢する癖があるなら、言いたいことも言えなくなるのは当然なのです。

部分的に自分に正直になるだけなら、理想とはかけ離れた状態です。

もし最良の人生を歩みたいなら、全般的に自分に正直にならなければいけません。

「ことと次第によっては正直になれない」と言うなら、まだまだ改善の余地があるということです。

「本当の強さ」とは、我慢をなんとも思わないような力強いパワーを持つ人です。

それに対し我慢を苦しく感じてしまう人は「もっと自分に正直になって」というサインを見過ごしてる状態です。

サインを見逃さずにいれば自分に正直になれるため、言いたいことも言えるようになります。

【具体例】電話・LINEなど連絡ツールを使って彼に言いたいことを伝える

「相談したいことがあるの」前振りのLINEを入れ彼を注目させる

彼に言いたいことを伝えるには、まずは「相談したことがある」という前振りのLINEを入れ、彼に注目してもらいます。

すぐに相談に乗ってもらいたくても、彼には彼の都合というものがあります。

なので必ず前振りを入れてください。

その方が彼も「ん?どうした?」というように聞く耳を持ってくれます。

逆に何の前触れもなく、いきなり重い相談話を持ちかけてしまうのはNGです。

最悪なのが彼が多忙の時で、せめてそういう時間帯は避けるべきです。

あなたは言いたいことを言うだけですが、聞いてくれる彼のプライベートな時間を奪っているかもしれないことも忘れないように。

このように話を聞いてもらう側のことも考慮すれば、言いたことをうまく伝えることができます。

「〇〇してくれたら嬉しい」頼み事の時は「助かる」「嬉しい」を付け加えるのを忘れない

電話やLINEで言いたいことを伝えるには「〇〇してくれると嬉しい」とか「そうやってくれると助かる」のような言い方がベストです。

言いたくても言えないことの多くが、彼へ改善を求める話です。

不満も高まっているので、つい厳しい口調になってしまいがち。

それを避けようとするために、押し黙ったまま何も言えなくなってしまうのです。

「助かる」とか「嬉しい」を必ず付け加えましょう。

彼をグーンと持ち上げるのはこういう時です。

持ち上げられた彼の気分は、決して悪くありません。

むしろ彼女の手助けができる喜びを感じているものです。

たとえ面倒そうな返事だったとしても、彼にとって彼女から頼られることは悪いことではないのです。

「もし今時間があるようなら電話してもいい?」着信を入れる前に必ず一本LINEを

彼と通話したい時は、LINEの前振りと同様に「もし今時間があるようなら電話してもいい?」と発信前に必ずLINEで一報を入れてください。

彼にも都合があるし、特に通話ともなるといつでも良いというわけにはいきません。

ゆっくり話せない時の方が多いし「今?通話なんて無理だし迷惑!」と思われることもあるからです。

また内容に重要な問題が絡んでいる時も、通話するためにはタイミングを見計らわなければいけません。

自分の都合次第で電話をかけてしまうと「なんて一方的なんだ!」と思われるのは確実です。

これでは仮に通話はできたとしても、彼の怒り心頭は間違いありません。

話したいことがあっても最後まで話せないかもしれません。

なぜならとてもそんな雰囲気ではないからです。

このようなことを避けるためにも、通話の際は細心の注意を払って行うようにしてください。

「なんでわかってくれないの?」と怒ったり泣いたりは絶対にNG。彼への不満は感情抜きで伝える

彼への不満は感情抜きで伝えることが重要です。

すぐに泣いたり怒ったりするのがいつものことなら、それが感情に左右されているという状態です。

感情に左右されていると冷静な対応ができません。

「なんでわかってくれないの?」とか「どうしてそうなの?」というような口調でまくし立ててしまうと、解決とは程遠い状況になってしまいます。

多くの男性たちは、このように感情に乗っ取られた女性にまったく魅力を感じません。

「だって彼のせいなんだから怒って当たり前でしょ?」と考えていたら、彼との関係は悪化する一方でしょう。

なりふりかまわずに相手に感情をぶつける習慣だけは変えなくてはいけません。

不満があっても、その不満を負の感情にして彼にぶつけないこと。

もし会話中に激しい負の感情に襲われたら、いったん彼との会話は終えてください。

必ず「心が落ち着いた状態で会話する」が基本です。

「聞いてくれてありがとう」謙虚さを忘れず、最後は必ず感謝の言葉を

彼に言いたいことを伝えるための基本として「謙虚さを忘れないこと」が大切です。

また話を聞いてもらった後は「聞いてくれてありがとう」と感謝しましょう。

「ありがとう」はどんな時でも使えるパワーワードです。

ポジティブで清らかな響きを持った「ありがとう」という言葉は、彼の心の奥底まで響きます。

この言葉を常に使うようにすれば、彼との仲も順調さを取り戻せるはずです。

彼もつられて「ありがとう」と言うようになってしまう「ありがたいおまけ」まで付いてきます。

言いたいことが彼に伝わらなくて爆発する前に!もっと伝えやすくする工夫も

彼が快く承諾してくれるには、言葉の選び方ひとつで決まる

言いたいことを伝えやすくするには「言葉の選び方ひとつ」で決まります。

言葉のチョイスに失敗しなければ、彼は相談事に快く答えてくれたり気前よく承諾してくれるでしょう。

そのためには、すでにお伝えした通り謙虚さを忘れないことと「助かる」「嬉しい」という言葉は絶対に外せません。

では具体的にはどんな風に伝えれば良いのでしょうか。

別に堅苦しくする必要はないのですが、大まかにみた時「彼の話をさえぎらないこと」が重要なポイントです。

彼が話している時、自分の話をかぶせてはいけません。

またマウントをとるのも当然ながらNGです。

最もダメなのは「話の主導権を握ってしまうこと」です。

気付いたらいつの間にかペラペラとしゃべりまくっているのはあなたの方、ということも考えられます。

言いたいことが言えてかなりスッキリした気分ですが、彼はいい気分ではありません。

「彼女の方から言いたいことがあるからと言われて連絡があったんだけど、結局何だったんだ?」ということになりかねないからです。

このようなことを避けるためにも、事前に話の筋道をしっかり組み立てておきましょう。

負の感情が爆発したら失敗は確実。一呼吸おき落ち着いてから伝えること

負の感情が爆発してしまったら、失敗は確実です。

これも感情に飲み込まれた結果なのですが、このような時「すぐさま一呼吸おいて落ち着くこと」をやってみてください。

どうにも感情がおさまらない時は、それだけ心の傷がうずいているということです。

無理に話を続けずに、いったん終了した方が無難です。

このような現象が起きてしまうのは、我慢に我慢を重ねた結果です。

でもこうなってしまったからといって、自分を責めないでください。

自分を責めてしまうとあっという間にネガティブ路線に転げ落ちてしまい、這い上がるのにとても時間がかかってしまいます。

状況はどんどん良くなっていると信じることが大切です。

「あなたの前向きな行動がそのかなめ」です。

案ずるよりも産むが易し。普通に話してみるとわかるのは「思ったほど難しくない」ということ

「言いたいことが言えない、言えない」とつらい気持ちでいる時、思い切って普通に話してみると「意外に難しいことじゃなかった」ということがよくあります。

こういう場合「結局のところ深刻に悩んでいたのは自分だけだった」ということです。

彼は、彼女が言いたいことが言えずに悩んでいたとはつゆ知らずで、それを知ったら驚くかもしれないし「何で言わないの??」と怒られる可能性もあります。

「案ずるよりも産むがやすし」とはよく言ったものです。

考えに考え、悩みすぎて円形脱毛症になりそうに悩んだことほど、意外すぎるほど簡単に解決するものなのです。

彼の誤解を避けるために、彼の言いたいことを聞くタイミングを見計らうこと

自分の言いたいことはもちろんですが、彼の言いたいことを聞くタイミングも逃さないようにしてください。

これは彼の誤解を招かないためにも大切なことです。

こういう時は二人の意見を交換したり、お互いに考えていることをすり合わせる必要があります。

どちらか一方が話し続けることは避けなければなりません。

これを機会に心のうちをさらけ出し相手への理解を深めていけば、リレーションシップとしては大成功です。

結果的に「言いたくて言えなかったことがあって良かった」のです。

言い争いになりそうなら「今は私の話を聞いてもらえるかな」と伝える

もし彼との会話中に言い争いになりそうだったら「今は私の話を聞いてもらえるかな」と落ち着いて伝えてみてください。

言い争いは何としても避けたいものです。

しかしお互いに感情が爆発してしまうと制御が効かなくなってしまうため、せっかく向上していけるチャンスを無駄にしてしまいます。

恋愛スキルが磨けるのはこういう時です。

言い争う前に「今は私の話を聞いてもらえると嬉しい」と念押ししておきます。

彼が反論しそうになったら慌てずに、再び「今は話させてくれるかな」とやんわり釘を刺してください。

この方法なら言い争いからケンカになることを防ぐことができます。

彼だって言いたいことはある。反論せず聞く側に回りとことん聞くのが誠意ある対応

あなたの話が一通り終わったら、今度は「彼も言いたいことがたくさんあるだろう」と察してください。

一切反論せずに彼の話を聞く側に回ります。

そしてとことん聞きます。

ある時はうなづき、ある時は「そうだよね」と相槌を打ちます。

ところが話を聞いているうちに思わず反論したくなるほど、イラッとしてしまうことも出てきます。

そういう時も反論してしまうと逆効果。

なぜなら彼にとって「反論しない姿勢で聞いてくれるあなたに価値があるから」です。

反論はエゴのなせるワザです。

相手の話を聞いている時に思わずエゴを出してしまうと、全てが水の泡となってしまいます。

反論したくてもそこはグッとこらえ、話を聞くだけにしてください。

彼に100%同意しなくても良いのです。

話が終わった彼の顔は、かなりスッキリしているはず。

あなたに対する好感度も急上昇していることでしょう。

それは何より反論せずにじっくり聞いてあげた「あなたへのご褒美」なのです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「本音を言い合えると信頼関係も高まる!互いに言いたいことは伝えあって」

 

占い師 姫乃
今までずっとあなたは言いたいことが言えず、つらい思いをしてきたかもしれない。

でもこれから本音を言い合えるようになれば、彼との信頼関係もグンと高まるわ。

互いに言いたいことは伝え合うことが大切だけど、ポイントはその伝え方。

言葉の選び方一つで彼はあなたのことをもっと好きになってくれるし、逆に嫌われてしまうこともあるから。

この記事を読んだ後、あなたが勇気ある一歩を踏み出せることを願っています!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【人生大吉】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【人生大吉】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事