彼との付き合いを解消したあと、あなたはどんな気持ちで日々を過ごしていましたか?

「もう二度と会いたくない」と思っていないのであれば、寂しい、つらい、心細い、などのほか、元彼と会いたい、積もる話をしたい、という気持ちでいっぱいでしょう。

何か言い忘れていたことを思い出したときや、ちょっとした話がしたい時はもちろん、いますぐ話したい、というとき元彼に連絡をしてもいいのでしょうか?

もう別れたのだから我慢しなければならないとしたら、さらに失意のどん底に落ちてしまいそうですが、我慢した方が良いパターンがわかっていれば、元彼にアウトなことをしないで済みそうです。

今回あなたに詳しくお伝えするコンテンツは、元彼への連絡はどうしたらいいか?です。

彼と別れて悶々としていたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

復縁メニューはこちら

元彼に連絡はしてはいけない?別れた後は連絡して良いの?

率直に言って、何事においても「してはいけない」ということはありません。

「じゃ連絡しても大丈夫?」と浮き足立つ前に、ここは少し慎重に考えてから行動に移しましょう。

「連絡を取りたい!」と思った瞬間にもう行動に移す人がいますが、このように感情的に動くことは女性が得意とすることです。

仕事が早い、と言われることが多いかもしれません。

おそらく人の先頭に立って采配を振るうのが大好きで、そうやらずにはいられない積極的な性格でしょう。

しかしこの性格が災いすることもあります。

「積極性がマイナスになる」こともあるのですが、このことに気づくことはほとんどありません。

実はポジティブな印象の積極性は、相手にとって「自分本位」と感じさせてしまうことも多いのです。

何においても自分本位に考え自分本位で動いたとき、あっさりうまくいく時とまるで巨岩を動かそうとするくらいうまくいかない時がありますが、ここでは残念ながら「後者」です。

恋愛関係がいつもうまくいかない、と感じていたらこの積極性が邪魔をしている可能性があります。

「元彼への連絡はしても良い」のですが、ただしこれには条件があります。

最低限、元彼がどんな状態かを知る必要がありますが、実際のところそれを知ることはほとんど不可能です。

でも「おそらくこうだろう」というような推測はできますよね。

ここでは「元彼に連絡を取ってもいい時」と「我慢した方がいい時」を分類し、その傾向と対策を探ります。

元彼とはどんな付き合い方だった?

「元彼に連絡を取りたい」と思ったら、まずは2人が付き合っていた時の関係性に着目しましょう。

相手に対する熱意が同じようであれば、多少なりとも元彼の気持ちを察することができます。

「おそらく連絡を取っても極端には嫌がらないはず」「きっと話を聞いてくれるだろう」などと見当がつきます。

しかし自分の熱意の方が強い時、元彼への連絡はちょっと待って!

もし付き合っている当時からあなたの方の押しが強かったのであれば、あなたの方から元彼に連絡することはおすすめしましせん。

逆に彼の方があなたにしつこいくらいベタ惚れだったら、あなたからの連絡は大歓迎でしょう。

別れた経緯を考えよう

元彼に連絡を取っても大丈夫な時は、別れたシチュエーションにもよります。

大げんかの末に別れた場合、双方に未練を残していることが多いもの。

お互いに相手からの連絡を待っている状態であれば、あなたからの連絡がきっかけでとんとん拍子に復縁が進むでしょう。

もしあなたの方から別れを告げた場合、あなたからの連絡は元彼にとって願ったり叶ったりといった気分です。

しかし元彼から別れを告げられた時は、安易に連絡をしてはいけません。

この場合、あなたの方でいくら復縁を願っていても実現は程遠く、もしその願いが叶うとしたらかなりの時間を要すると思っていた方が良さそうです。

元彼の性格を考えよう

元彼の性格によっても、連絡を取って大丈夫かが決まります。

元彼が長男の時、典型的なおっとりタイプです。

優しく分かりやすい性格なので、女性からの押しに弱い一面があります。

ひとりっ子や姉妹に囲まれた女系家族の場合も、ほぼ同じ傾向です。

そういった環境下で育った元彼なら、余程のことがない限りあなたからの連絡を好意的に受け止めてくれるでしょう。

次男や末っ子の場合、長男に比べ要領の良さが際立ち面倒なことが嫌いです。

気分屋の一面があり、何を考えているか読めないところもあるため、連絡もタイミング次第でうまくいくか、それとも失敗に終わるかが決まります。

またスマホ依存症の元彼の場合いつでも連絡が取れそうですが、効率を考えるため優先順位をつける傾向があります。

もし重要な案件でなければ後回しにされてしまうでしょう。

日常的に忙しいことから、スマホをあまり見ないという男性もいます。

連絡を取ろうとしても相手に話を聞く準備ができていないと、返信などのレスポンスはほぼ期待できないでしょう。

自分と元彼の相性を考えてみよう

2人の相性によっても連絡を取って大丈夫かが分かります。

どんなカップルでも交際初期に大なり小なり喧嘩や揉め事による「権力争い」というプロセスを通ります。

その後は主従関係へと発展し、どちらかが相手に従うというパターンになります。

男性の性格が「寡黙で亭主関白型」で、女性が「後ろからついていく献身型」だったら、連絡を取っても彼のプライドが邪魔をしてしまうでしょう。

元カノから連絡が来たとしてもホイホイと乗る性格ではないためで、元カノに気持ちが残っていてもその性格は変わることはありません。

またそれとは逆に男性が心優しい「草食系乙女タイプ」で、女性が「おおざっぱで明るい中性タイプ」だったら、あなたの連絡に対し親切心で接してくれるはず。

どちらにも属さないカップルもいるかもしれませんが、恋愛関係にある男女はたいていどちらかが強い力を持ち、相手を先導します。

昭和の時代はその役目は男性でしたが、現代では男性より女性優位の傾向が強くなっています。

しかしどんなに優しい性格で言うことをなんでも聞いてくれる元彼ほど、納得できないことに関しては驚くほど頑固ということを覚えておきましょう。

こんな時、連絡しても絶対大丈夫、とは言い切れません。

 


 

元彼に別れた後、連絡したくなる女性心理

寂しいから声が聞きたい

元彼と別れた後、連絡したくなる理由のトップが「寂しいから」でしょう。

お互いの「好き」を分かち合ってきた2人が寄り添うことをやめた時、そこにはもう以前のように頼れる存在はありません。

彼の声を聞けないばかりでなく、姿を見ることもできなくなりました。

別れたあとしばらくは寂しさを埋めるため新しい彼を作ろうと頑張ってはきたものの、なかなか思うようにはいかなかったかもしれません。

そもそも寂しさを埋めるための相手探しは正当なことに思えますが、実は体の関係だけで終わってしまうことが多いのです。

「やはり元彼が一番いい」と感じるのはこんな時です。

心身ともに許し合えた元彼ともうこのまま本当に終わってしまうのかと思うと、切なさに胸が苦しくなってしまいます。

そんな時「せめて元彼の声だけでも聞ければいいな」と思うもの。

寂しさを埋める手段として新しい彼氏を作ることが叶わなければ、「今はただひたすら元彼と連絡を取りたい」と身悶えすることでしょう。

相談に乗ってもらいたい

付き合っている頃は、何かと元彼に相談することが多かったかもしれません。

仕事のこと、家のこと、2人のことなど、ありきたりの相談でも真剣に聞いてくれた元彼の存在も今では懐かしい思い出です。

考えてみればそんな風に真剣に相談できるのは元彼だけでした。

以前と同じように相談に乗ってもらいたいというあなたの願いは、付き合いを解消した今ではほぼ叶うことはありません。

あなたは「どうしたら相談に乗ってもらえるのだろう」と悩みながらスマホの画面を見つめ、ため息をつくばかりでしょう。

ヨリを戻そうと考えていないか確かめたい

別れた後、一番気になるのが「元彼がヨリを戻そうと考えていないか」ということです。

円満に別れたのでなければ、一時的な感情でさよならを決めたかもしれません。

その感情がおさまればきっと元彼は後悔するだろう、と考えたくなるのは当然です。

もしあなた自身、ヨリを戻したい、復縁したいと強く思ってはいなくても「元彼の気持ちはどうなんだろう?」と、聞いてみたくなるものです。

「私のことをどんな風に思っている?」

もし元彼と連絡が取れるなら、このことをまず聞いてみたくなるでしょう。

新しい彼女がいないか探りたい

元彼と別れた後しばらく連絡が取れなくなったとき、あなたが「もしや」と考えるのが「新しい彼女の存在」です。

付き合っていた頃からそのような兆しがあったかもしれません。

それは別れを決めた頃から、一切迷いがない元彼の表情からうかがい知ることができたはずです。

新しい彼女が本当にいるかどうかが明らかでなくても、あなたには女性ならではの勘が働いていたことでしょう。

別れた原因がイマイチわからない時も、そういうことが原因だったりするものです。

こんな時こそ「元彼に連絡を取って真偽のほどを確かめたい」「そのことを聞いてスッキリさせたい」と感じていることでしょう。

誕生日のお祝いを伝えたい

付き合っていた頃は、毎年のようにお互いの誕生日をお祝いしてきたかもしれません。

別れたあとも誕生日が近づくと、嫌でも付き合っていた頃を思い出すはずです。

バースディは一年に一度ですから、お祝いのメッセージをもらうのもあげるのも嬉しいもの。

すっきりと別れてその後は連絡をとっていなくても、誕生日メッセージは遠慮なく送るべきでしょう。

もしあなたに不安があるのならその心配は払拭しましょう。

どんな人でもお祝いを伝えられば、心から嬉しく感じるものです。

そう考えると、誕生日メッセージは一番元彼と連絡を取りやすい状況と言えますね。

意味もなくただ連絡したい

元彼との別れにあなた自身が納得していない場合、気持ちが混乱したままでつらい思いをしていることでしょう。

こんな時、ただひたすら「元彼に連絡を取りたい」と思うものです。

そこには意味はありません。

あえて言うなら付き合っていた頃の幸せ感を呼び戻したい、そんな気持ちでしょう。

しかし感情が高ぶったままでいるので、何を話していいのかわからないかもしれませんが、元彼と話す内容は何でもいいのです。

動揺と感動が入り混じった心境とはいえ、元彼とつながれたという事実だけがあなたにほんの少しの幸せを与えてくれるでしょう。

今なら復縁がうまくいくと思ったから

お互いに冷却期間をおくと、次にやってくるのが「どうしてるかな?」といった「相手が気になって仕方がない」気持ちです。

別れると相手の良さに気づくこともあります。

楽しかった思い出がまるで走馬灯のように頭の中を駆け巡りますが、連絡を取りたくなるのはそんな時です。

困難や苦しみを経験した後は、必ず心の成長がみられます。

こんな風にすれば良かったのかな?相手を傷つけてしまったのなら今度はこんな風に接すればいいだろう、などと自分の見方を変え、問題点を改善しようとするでしょう。

経験値が上がることは、その後の人生に大いに役に立つものです。

むしろ困難があればあるほど、人の痛みが理解できたり心から優しくできるでしょう。

元彼と別れたことは成長のためのプロセスにすぎず、お互いに一回り大きくなれたのは確実です。

また悲しみを乗り越えられたあなたは、以前のあなたとは違います。

精神的に強くなれたことで「今なら元彼と復縁しても大丈夫」という確信も起きていることでしょう。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

別れた後に元カノから連絡がきた時の男性心理

びっくりする

別れた後は元彼なりに心の精算をしています。

多くの女性たちのように親友に「別れた」と涙ながらに相談することはありません。

男性たちは何か問題が起きた時、1人になって考えたくなる性質があります。

付き合いを解消した後も、その性質に沿って1人で考えます。

もしその考えがまとまらないうちに元カノから連絡が来たら、かなりびっくりするでしょう。

元カノから連絡が来た理由を探し始めますが、かなり混乱しているので動揺を隠せません。

ギクシャクした会話を進めるうち、元彼は自分があまりしゃべっていないことに気づきます。

延々と元カノの話を聞き、返事だけを繰り返すだけです。

別に機嫌が悪いわけではないのに、なんとなくバツが悪い気がしてしまいます。

「まだ俺のこと好きなの」と思う

2人の付き合いについて細かいことを考えたり、女性の気持ちを深読みするのが苦手なのが一般的な男性たちです。

あらゆることについて単純明快に考えます。

元カノから連絡が来たことに対しても深読みせず、単純に喜びます。

この場合、女性だったら「もしかしてなんかあるんじゃないの?」と疑惑の目を向けますが、男性のほとんどはそこまで考える余地がありません。

連絡が来た、ということは、「まだ自分に気がある」と単純に考えます。

別れても好きだったらしょうがないな、と首を左右に振りながらため息をつくでしょう。

悪い気はしない

元彼に連絡をとりたくて迷っている時、もし元彼が「悪い気はしない」と考えていたら、少し「ホッ」とするかもしれません。

もし連絡したことを後悔するとしたら、元彼に「迷惑だ」と言われるか、「もう連絡してこないで」と言われるかのどちらかでしょう。

「もう自分には一切関与してこないで」というような反応ほど悲しいことはありませんよね。

しかし実際に元彼に連絡をとった時、もし元彼の反応があまり良くない印象でも、心の中は意外にも嬉しさで一杯です。

元彼は「まぁ悪い気はしないよね」と言いたい気持ちを抑えて、会話を進めるでしょう。

面倒くさく感じることもある

元カノから来た連絡に初めは「なんだろう?」といぶかしげな元彼。

「何か用事があるのか?どんな用事か?」の次に「まためんどくさいことを言うんじゃないだろうな」と考えます。

これは元彼優位で別れた時、起きうる元彼の反応です。

また仕事が忙しい時の元カノからの連絡は当然「面倒くさい」と思わざるを得ないでしょう。

連絡するのはいいのですが、受け取る側のタイミング次第で迷惑なものとなってしまいます。

元彼が忙しいと、そのままスルーされてしまうこともあると想定しておくといいでしょう。

 


 
 

元彼に連絡したいけど我慢した方が良いパターンや状況

元彼に好きな人ができた時

しばらくは連絡を避けた方がいいパターンが「元彼に好きな人ができた時」です。

風のたよりで元彼に彼女ができたらしい、と聞いた時あなたはどんなふうに感じるでしょう。

予想はしていたけれど「まぁ仕方がないか」とあきらめる方向性になるかもしれません。

「元彼は元彼でもう新しい人生を歩み始めているわけだから自分も頑張ろう!」そんな風に前向きにとらえることができれば2人はうまく別れられた、ということになります。

しかし、あなたが予想以上にショックでそのまま放っておくことができなかったら、元彼にどうしても連絡をとりたくなるかもしれません。

もし元彼との復縁を考えていたら「まだ間に合うかもしれない」と考え、連絡をとろうと必死になってしまいます。

こんなときは、いくら連絡をとりたくても我慢しなければなりません。

落ち着いてよく考えてみましょう。

元彼はもうあなたのことを忘れているかもしれないのです。

そこへきてあなたからの連絡はあまりにも一方的で、残念ながらほとんど意味をなさない行動といえます。

仕事が忙しそうな時

元彼の仕事が激務でいつも忙しそうにしていたら、別れた後でもそれは変わらないはずです。

付き合っている時も仕事中は一切連絡なしで、あなたからの連絡の方が多かったのでは?

「なぜ連絡くれないの?」聞いても「忙しいから」の一点張り。

男性にとっての仕事は何よりも一番に優先したいことです。

いくら彼女にせっつかれたとしても、必然的に後回しになってしまうのは仕方のないことです。

寂しいからとさんざん愚痴ったり、不満をぶちまけることもあったはずです。

もしかするとそんな風に元彼に期待を寄せすぎた結果、元彼の気持ちが離れたのかもしれません。

仕事が忙しい時の連絡は、元彼にとって迷惑でしかありませんからここはひたすら我慢するしかないでしょう。

でもどうしても連絡をしたいのであれば、休日を狙えばなんとかなりそうですね。

冷却期間をおいていない時

元彼と別れたばかりの時、あなたの気持ちはかなり不安定になっているはずです。

いつも元彼を思い出し「会いたい」と思うでしょう。

「復縁は無理でもちょっとだけでも話したい」と思うとすぐにでも連絡をとりたくなりますが、こんな時だからこそ「我慢」です。

別れてすぐの連絡はしない方がいいのには理由があります。

どんな形で別れたにせよ、その後の関係を正常にするためには必ず「冷却期間」が必要です。

特に別れに際して揉めたりこじれてしまった時こそ、お互いのごちゃごちゃした思いをいったん消去しなければ再び同じことの繰り返しになってしまいます。

その「ごちゃごちゃ」を消去するためには、ほどよい時間が必要なのです。

あなたに「こんなに好きなのに」という思いがあっても、それはあなただけの思いです。

「大好きで離れたくない」というのと「怒ったり泣いたりする」のは「感情」がなせるわざで、激しく感情的になっている別離後に再び連絡をとろうとするのはマイナス面の方が多いのです。

では、どれくらいの冷却期間をおけばいいのでしょうか?

一般的には「3ヶ月」か、それ以上といわれています。

「あなたが元彼のことをほとんど思い出さなくなった時」が目安です。

感情的になっている時

「女性は感情の生き物」ということは今や広く認知されるようになりました。

男性と違い女性は、怒り、悲しみ、喜びといった喜怒哀楽を体いっぱいで表現するというイメージです。

なぜ感情的になるのでしょう?

感情の起伏が激しい原因の一つにセロトニンの影響が関与しているといわれています。

セロトニンとはホルモンの一種で、精神安定を司る役割も持っています。

女性は男性に比べセロトニンの分泌が少ないことに加え、毎月の生理によってセロトニン分泌に変化が起きることも原因とみられます。

つまり生理中にイライラするのは気のせいではなくホルモンバランスの影響なのです。

このようにホルモンの影響から男性に比べてストレスを感じやすいため、女性の多くが感情に左右される状態になってしまいます。

付き合っていた彼と別れた時もかなりのストレスを感じたことでしょう。

そのため、感情のコントロールができない状態かもしれません。

つい自己否定的でネガティブな言葉を発してしまったり、相手を侮辱するような言葉をいってしまいがちです。

言ってしまってから後悔したのでは遅すぎます。

イライラしているときや、怒り、悲しみの感情を感じているときは、元彼に連絡をとらない方が身のためです。

そのようなマイナスの感情がおさまり、気分が良くなってきたら「連絡を取ってみようかな」と考えても遅くありません。

自分の気持ちがはっきりしていない時

別れた後元彼がどんな思いでいるか、察することはできても、実際のところは聞いてみないことにはどうなのか分かりません。

「復縁してもいい」と思っているか、「また連絡したい」と思っているか、「会いたい」と思っているかなど、もしいずれかの思いが確実であればあなたは元彼にすぐにでも連絡を取りたくなるでしょう。

しかし当のあなたの気持ちがはっきりしていない時、ちょっと考え直しましょう。

もしあなたが「復縁できたらいいな」と考えていても、相手にも同意がないと叶わぬ夢となってしまいます。

また元彼が完全に吹っ切れていたとしたら、あなたが復縁する気があってもやはり残念な結果となるでしょう。

元彼の対応次第であなたの決心が揺さぶられたり、またはそれとは逆にあなたに気持ちがはっきりしていない時に連絡すると、元彼に過剰な期待を抱かせてしまう可能性があります。

「やはり元彼しかいない」「元彼と復縁したい」と強くコミットしているのであれば、連絡することに問題はありません。

このように連絡をとる前にあらゆる想定をしておけば、そのあとも困ることはないでしょう。


 

 

元彼に連絡しても良いパターンや状況

元彼としばらく距離をおいたあと

元彼に連絡しても良い条件の一つが「しばらく距離をおいた後」で、これはまぎれもなく必須項目です。

なぜなら別れた時の暗中模索状態のままでは、お互いの気持ちが整理できていないからです。

別れによる混乱や動揺、焦りといったマイナスな要素の感情は、ある程度距離をおかないことには静まることはありません。

では「距離をおく」とは、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

それは「連絡は一切とらない」ということです。

どちらか一方ではなく、双方で一切連絡をとらないようにすることで、期間は最低半年かそれ以上です。

「そんなことをしたら忘れられちゃう」といった悲鳴が聞こえてきそうですが、心配は要りません。

今はまだ元彼に未練があるかもしれませんが、距離をおけばやがて気分が安定してきます。

気分が安定した状態が正常な状態ですから、ここまでくれば大丈夫。

ただし元彼と距離をおいた後でもあなた自身が別の問題でイライラしていたら、やはりあなたの気分が正常になるまで連絡はとらない方がいいでしょう。

元彼から何らかのアクションがあった時

自分から連絡をしていない時、もし元彼から連絡が来たり着信があったらどうすればいいのでしょう?

きっとあなたは戸惑いながらも、正直嬉しい気分かもしれません。

連絡が来るのは、何か用事がある場合とそうでない場合がありますが、ほぼ用事もないのに連絡してくるパターンが多いもの。

それは、冷却期間をおいたことで「元カノはどうしているか気になった」、という程度のいたって単純な理由からです。

お互いの近況報告をしながらあなたは「この関係って何?」と思うでしょう。

カテゴリーとしては今のところ「友人同士」です。

会話が終わった後、次にあなたの方から連絡しても大丈夫でしょうか?

答えは「大丈夫!」

友人同士なのですから、もちろん連絡を取り合っても何ら不思議はありません。

ライトでカジュアルな友人関係は、別れたあとまったく音信不通になるより数倍良いことです。

元彼が友人となってくれるのを願う時

恋人関係を解消したあなたは、今どんな気持ちでしょう?

甘いささやきも、手をつないで歩くことももう無くなりました。

彼氏としては終わったけれど、元彼が人として好きならば今度は友人になってくれたらいいのに、と思うでしょう。

元々、あっさりした友人関係のような付き合いだったらすぐに実現しそうですよね。

あなたの周りにいる適度な距離感の親友たちと同じように、元彼も親友の1人になってくれれば連絡することに対し何も問題はありません。

男女の友人関係は成り立たない、とよく言われますが、それは当人次第です。

お互いに相手を尊重する間柄の親友だったら、もう別れるとか元サヤという言葉は永久に無縁のはずです。

 


 

 
 

元彼に連絡したいけどできない…どんな内容なら返事がもらえる?

短文で挨拶のみにする

女子にありがちな連絡の内容なのが、思いのたけを込めた「長文」です。

あれこれと思いつくままに文字を並べ作った文章は、とりとめのない内容だったり何を伝えたいのかわからないことも多く、短文でサクッと伝えた方が実はわかりやすかったりします。

また長文はつい斜め読みされてしまうもの。

一字一句読む人はあまりいないかもしれません。

つまり長文での連絡は「送った人の熱意を、もらった人は感じていない」ということになります。

「心を込めたのに何それ!」と怒り心頭になるのも当然ですが、伝わる文章にはコツがあります。

とにもかくにも、長文はNGです。

もし長くなってしまったら、要約するといいでしょう。

かなりバッサリと削除してください。

久しぶりに連絡するからと熱い気持ちになっていたら、少し落ち着きましょう。

ほぼ挨拶だけの短文なら、それを受け取った元彼も返信しやすいといえます。

質問形式にする

連絡のやり取りは質問形式が必須です。

付き合っていたとき「なんでいつも連絡くれないんだろう?」と悩んだ原因は、あなたの連絡の内容が自分のことばかりだったのでは?

とても興味あることならいいのですが、もし興味がなければいくら彼氏とはいえそれに対しいちいち反応したら疲れてしまいます。

質問形式にする、ということは相手に質問して相手に関すること聞き出す、ということです。

相手に対し興味がないと質問などしません。

元彼に連絡したいときは、「自分に興味を持ってくれてる」と元彼に思わせるテクニックが必要です。

それには、文章の終わりに必ず「?」をつける質問文にするだけです。

「今夜何食べたの?」「仕事は忙しかった?」といった感じです。

質問に対する答えが元彼から返ってくれば、しばらくやり取りができるでしょう。

ただし、質問文だけにすると押し付けがましくなってしまうので適度に取り入れてくださいね。

返信しやすい内容にする

連絡が欲しいと思う割には、その内容が返信しにくいことがほとんどです。

返信しやすい内容にすれば必ず連絡は来ます。

とはいえ、実際にどんな内容にすればいいのでしょうか?

まず自分が送る内容を一度読んでみることをおすすめします。

何を言いたいのか、何を伝えたいのかが明確になっていますか?

ただ自分が言いたいことを羅列しているだけだったら、元彼からの連絡は期待できません。

男性にとって簡潔な内容であればあるほど理解しやすく、その方が助かるのです。

その点女性はニュアンスで物事を伝える傾向があります。

女性同士なら何ら問題ないのですが相手が男性の場合、極力「簡潔に」を心がけましょう。

自分の気持ちを自由に伝える相手は女性だけにし、男性には「分かりやすく」が親切です。

アドバイスを求める

連絡を取り合う取っ掛かりとしておすすめなのが、何らかの「アドバイスをもらう」ということ。

これも質問形式と同様の内容ですが、元彼が得意とする分野についての相談であれば快くアドバイスをもらえるでしょう。

なるべく簡潔、かつ簡単な内容の文章で送るのがコツです。

ダラダラと長い文章はそれだけで読んでくれないかもしれません。

的確なアドバイスをもらえたら、元彼に感謝しましょう。

元カノとはいえ自分が役に立てたということは元彼にとって喜びです。

あなたと連絡をとることで「いい気分になる」と気づいた元彼と、再び連絡を取り合うことができるのは確実です。

「また連絡するね」で終わる

もしあなたが元彼をランチなどに誘ったとき、あなたに対する好意のあるなしにかかわらず「その日は行けない」という返信が返ってきたとき、「了解」だけで終わらせないようにします。

連絡の最後は「次につなげるような文脈」で終わりましょう。

「そうなんだ、わかった!また連絡するね^^」

こんな感じでOKです。

連絡をうまく取り合うには極意というものがあります。

こんな風にちょっとした工夫だけで、その後も連絡がしやすくなる上、たびたび元彼と連絡を取り合うことができるようになります。

むしろあなたからの連絡を待つようになり、あなたとしては「一歩前進」といったところでしょう。

友人として尊敬していると伝える

男性にとって「連絡ははっきりと分かりやすく」ということは何においても重要なことです。

もしあなたが元彼と本気で連絡をとりたいのであれば、まずは「友人から」スタートさせますがその際、最初が肝心です。

「人としてリスペクトしています。友人になってください」とはっきり伝えましょう。

ポイントは「あいまいな表現では伝わらない」ということです。

元彼は驚きとともに、あなたの気持ちを察してくれるでしょう。

尊敬の念を持った人との友人関係は、相手からも尊敬されるに違いありません。

2人の関係が以前よりもベストな状態に変化すれば、これ以上のことはないでしょう。


 
 
 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「「期待通りの反応が来ないこともある」

占い師 姫乃
元彼に連絡したいシチュエーションはいろいろだけど、あなたが考えたシナリオ通りにはいかないこともある、と想定しておいてね。

「どうしても返信が欲しい」とかたくなになるより「どっちでもいいわ」くらいにライトに考えていた方が、相手も重く感じないもの。

つまり元彼という立場から「大切な友人」になった方がより連絡が取りやすくなって、リラックスした関係になれるわ。

さらに友人としてのリスペクトがあれば、もうそれは何も言うことがない最高の関係です!

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事