20代で恋愛経験なしでも大丈夫!イマドキ20代が抱える恋の悩み&恋愛経験なしの女性が彼氏を作る方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

統計によると、20代で恋愛経験のない人が激増してるそう。

あなたもその一人だったら「すぐにでも恋愛したい!」と身悶えしているかもしれません。

そんな時、この記事が必ずあなたの役に立ちます。

この記事ではイマドキ20代が抱える恋の悩み&恋愛経験なしの女性が彼氏を作る方法についてご紹介していきます。

「恋愛経験なしの20代男性割合が高い理由」「20代の恋愛で学ぶこと」「20代前半・後半で変わる恋愛に対する価値観」まで詳しく解説します。

20代のうちにやるべきことがきっと見えてくるはずです。

さっそく一緒に見ていきましょう。 

 

復縁メニューはこちら

20代男性は恋愛経験なしの割合がなんと4割。恋愛離れが進むその理由は?

恋愛に興味がない草食系男子が増えたから

20代男性に恋愛経験がない人が多い理由の一つに、草食系男子が増えたことが挙げられます。

情熱的、かつ積極的に恋愛したいと考えるのが肉食系男子なのに対し、正反対のタイプが草食系です。

草食系男子と言われる多くの男性たちは、好きな女性がいても「別に恋愛関係にならなくてもいい」と考えます。

また「恋愛したい」と考えてはいても、実際にどうしたらいいかわからなかったり、行動に移せない人もいます。

かと言って超真面目タイプばかりかと言えば、そういう男性だけではないようです。

見た目にも肉食系男子との違いは大きいのですが、まずギラギラしたイメージをほとんど感じません。

どちらかというと中性的なイメージの男性が多いです。

また肉食系男子は「オラオラ系」や「俺様系」が含まれているのに対し、草食系は一歩後ろに下がるタイプです。

何事においても控えめなので、恋愛に関してもかなり消極的です。

「恋愛したい」という熱い気持ちが持てるほどの女性が現れない

20代男性たちは、恋愛経験がない理由を「恋愛したいと思えるような女性が現れないから」としています。

しかし決してガツガツするようなことはなく「いつかはきっとそういう人が現れるかも」とのんびりしています。

過去に誰かを好きになったことはあっても、そこから恋愛関係に進むことはなく、いつも肝心なところでフェイドアウト。

恋人ではなかったはずなのに、その女性のことをいつまでも忘れられないのも20代男性です。

これは恋愛に対する経験値が低いためと、人間関係全般に臆病な一面を持っているためです。

心の内側はあまりにも繊細なので、いつでも「傷つきたくない」という防衛本能が働いています。

他人から見たら「こんなことで傷つくの?」というようなことでも、簡単に傷ついてしまうのです。

ところがメンタルが傷ついても、20代男性たちはひどく落ち込むような態度をほとんど見せません。

20代男性たちの多くは、ちょっとやそっとではびくともしない、強固なペルソナを持っています。

何があってもいたって普通に見えるところが、また一段と女性たちを「何を考えているのかわからない」という気持ちにさせるのです。

一人の女性と深い関係になることを考えるだけでめんどくさいから

20代男性が恋愛経験を持てない理由に「一人の女性と深い関係になることについて否定的」ということがあります。

恋愛関係は一対一で男女が付き合うことが大前提なのですが「そんなことを考えるだけでもめんどくさい」と、真っ向から拒否します。

このような発想になる男性は「物事を頭で考えるタイプ」に多いです。

また「類は友を呼ぶ」のことわざ通り、恋愛をめんどうと考える20代男性同士、自然な流れでコミュニティを築きます。

同じような考えを持つ人とは会話が噛み合うため共感しやすかったり、お互いに楽なのです。

比率的には「恋愛がめんどうなんて信じられない」思う男性の方が圧倒的に多いのですが、そういう男性でも相手の女性の性格によっては「めんどくさいヤツ」と思うこともあります。

例えば相手の女性が極端に子どもっぽかったり、彼の行動をチェックしたがるような束縛が強いタイプの場合で、このような女性と別れたときの男性は「やれやれ」といった心情です。

これとは逆に、頭で考えず「何かあってもどうにかなるさ」と気楽に構えられる男性なら、相手が相当ひどい女性でない限り「恋愛がめんどくさい」などとは思いません。

経済的に生活するだけで精一杯なので恋愛どころではない

平成前半生まれに多いのが「経済的に生活するだけで精一杯」という男性たちです。

特に20代はアルバイトで生活をまかなっている人も大変に多いため、恋愛どころではありません。

さらに「学生」という場合はもっと大変です。

家と学校とバイト先との往復で1日が終わってしまったり、デート代を捻出する余裕が全くないなど、恋愛するための条件に見合いません。

親と同居している男性なら少しは楽かもしれませんが、一人暮らしの男性は日々の暮らしでいっぱいいっぱいなのです。

もし好きな人ができても「恋愛を楽しめるような生活レベルではない」とあきらめるしかありません。

このような時に問題になるのが、好きな女性からアプローチを受けたときです。

例えば「一緒に遊びに行こう」とか「飲みに行こう」といった具合に。

「行きたいけれど先立つものが…」と、涙を飲んで相手の誘いを断ることになります。

ところが「お金がないから行けない」とはっきり言わないと、相手は「嫌われてるかも」と誤解します。

こうして、あともう少しだった恋愛への道が、あえなく封印されることになります。

自分の好きなことに時間を費やせなくなるから

20代男性が恋愛に消極的になるのは「自分の好きなことに時間を費やせない」のが理由の一つです。

心から打ち込める趣味やスポーツなどがあると生活にハリが出るだけでなく、仕事も頑張れるし何より毎日が充実するものです。

そのために自分の空き時間を最大限に使ったり、あえて時間を作れるよう頑張ったり努力する人もいます。

「なぜ彼女いないの?」と聞かれても「誰かと付き合う」という時間が取れないだけなので「なんでかな?」と答えるしかありません。

彼らが恋愛に割く時間は「皆無」と言ってもいいくらいです。

自分の時間を投げ打ってまで恋愛しようとは思わないし、むしろ恋愛のことは考えたくないのです。

たとえ好きな人ができても、いざ恋愛関係となると及び腰です。

なぜなら恋愛関係になったら、きっと自分の趣味より相手の女性を優先しなければならない雰囲気になるだろうから。

「もし付き合っても自分の趣味に理解してくれる人でなれければ、きっとケンカ別れするだろう」と、そんなところまで考えるのです。

彼らにとって優先順位の一位は「自分のこと」そして二番目以降が「恋愛」なのです。

恋愛はリスクがあるし今の生活に満足しているから無理に恋愛しなくてもいい

20代男性たちは「今の生活に満足している」という人も意外に多い傾向があります。

たいていの男性は「同居している家族ともうまくいってるし、不便さを感じない程度の稼ぎもあるから」と考えます。

そんな20代男性が恋愛をしようと思わないのは、恋愛にそれなりのリスクを感じているためです。

人間関係のコアな部分をさらに掘り下げる恋愛関係は、人によって向き不向きがあるのかもしれません。

中でも20代男性たちの多くが感じているのが、無理して恋愛したところでその場はいいけれどその先が見えてこない、という点です。

「相手が好きだからこそケンカはしたくないし、一度付き合ったら絶対別れたくない」とも考えます。

ところが彼らの思考は、結婚にまで行きつきません。

相手がいくら好きでも、結婚となると現実味がわかないのです。

ティーンエイジャー世代を卒業して間もないということもあり、これは「若さゆえ」ということです。

実は多くの20代男性たちのメンタルは、限りなく子どもに近い状態です。

なので体は立派な成長を遂げても、精神的にはほぼ子どものままです。

彼らに大きな変化が起きない限り、何も変わることはありません。

極端な話「彼女が妊娠してしまった」ということにでもなったら、おそらく彼は子どものままでいるわけにはいかないでしょう。

不本意ながらも、大人になることだけが残された道なのです。

 

20代の恋愛は人生で大切なことを教えてくれる。20代の恋愛で学ぶこと

「一人の男性を好きになる経験」があらゆる恩恵をもたらしてくれる

20代の恋愛は初めてのことばかりでか何もかもが刺激的ですが、最も良い経験なのが「一人の男性を好きになること」です。

その経験は、あなたの人生にあらゆる恩恵をもたらしてくれることでしょう。

具体的な恩恵は、それを受け取った人にしかわかりません。

恩恵の中には「これはちょっと…」と思えるようなあまり良くないことも含まれます。

実は悪い出来事のように見えても、あなたにとっては「あ〜なるほど」と後になって理解できるような大切な人生の一ページなのです。

これも大いなる恩恵です。

人生の全ては経験によって様々に彩られていき、恩恵となって返ってきますが、それは誰にでも分け隔てなくやってきます。

特に「一人の男性を心から好きになる」というたぐいまれなる機会は「自分の成長」という恩恵となって返ってくるのです。

たとえケンカして不仲になってもそれを前向きにとらえることができるなら、必ず成長の種として手元に戻ってきます。

初めてのことばかりの20代は、恋愛のスキルを学ぶ機会に恵まれる

初めてのことばかりの20代は「恋愛のスキルを学ぶことができるビッグチャンス到来!」と思ってください。

20代が特に優れている理由は、恋愛にスレていないからです。

今までの経験が固定観念となって、成長を邪魔することもあるのです。

そういう点では20代は全くサラの状態で、まるで吸い取り紙のようです。

まずは雑誌やハウツー本で読んだことを実践しようとしますが、それらの情報が全て当てはまるものではないことを知ります。

「あらゆる情報そのままに、自分が同じ経験をすることは無い」と学ぶのです。

むしろその情報を鵜呑みにした時、完全に足かせとなることもあります。

その後の恋愛関係に水を刺すことにもなりかねません。

メリットデメリットは、経験を通して学べることです。

最終的には「自分自身の心の在り方が一番重要なのだ」と気づけば、恋愛がもっと楽しくなるはずです。

自分の感情と向き合う機会を得ることができる

20代の恋愛は、自分の感情と向き合う機会を得ることができます。

パーフェクトな大人としてこれからの人生を歩むためにも、自分自身に向き合うのはとても大切なことです。

実は恋愛中は自分の感情と向き合わなければならないシチュエーションが、イヤというほどやってきます。

相手の言動によって、自分の感情が乱れるのを感じたら、速攻で自分の感情と向き合ってみてください。

これはよく覚えておいて欲しいのですが、相手からの言動によってショックを受けたり、傷ついたりしてはならないのです。

「え?そんなバカな!目の前で彼から怒られたら誰でも傷つくんじゃない?」

そう考えるのも不思議ではありません。

今までもそうしてきたために、相手の言動によって自分が傷つくと考えるのです。

いつも相手の言動によって自分が影響を受けていたら、それを許していたのは自分自身です。

また問題なのは「怒る」という感情のブレを見せた彼の方です。

これは、高まった感情を槍のようにして向かってきた相手に、歩み寄られすぎたのが原因です。

恋愛関係はいつだって、お互いに相手に大きく踏み込むことを繰り返してしまうものなのです。

ですから、会えばいつもケンカばかりになってしまうのは当然ということです。

恋愛関係において必要なのは「自分自身の感情と向き合う」こと。

ちょっとしたコツは必要ですが、いつかは必ずできるようになります。

その方法だけが、心の乱れをいち早く修正し、再びいつもの心地良い状態を取り戻せるのです。

つらい出来事こそが大きな学びになると知る

20代の恋愛では「つらい出来事こそが大きな学びになる」ということを知ることができます。

つらい状況をなんとかしようとするので、よけいにつらくなるのです。

泳いでいて足がつったとき、慌ててもがけばあっという間に海の底まで沈んでしまいます。

しかし慌てず冷静になれば、もがくこともしません。

すぐにプカリと浮いてくるので、溺れることもないのです。

つらい恋愛の状況も、これと同じことが起きています。

つらい時こそじっと耐えること。

そしてつらい状況から少しでも別の方向へと視点を変えるのです。

どんなことをすれば気分が良くなるかは、自分自身が一番よく知っていること。

手当たり次第に気分の良くなることをやってみてください。

恋愛ばかりでなく、つらい状況はいつどんな時にでもお構いなしにやってきます。

しかしどんな状況であれ、しばし耐え、視点をずらします。

これだけやっていれば、つらさを軽減できるようになります。

恋愛によって得られる学びは人それぞれ。どんな学びも大切な人生経験になる

恋愛によって得られる学びは人それぞれに違います。

しかしその学びが、人生経験としてとても大切なものとなるのは誰でも同じなのです。

「男性ってこうなのね」のように新たな発見があるかもしれません。

「こんなにいい人はいないって思っていたけど、それは最初だけだった」ということもよくあることです。

様々な経験が、あなたをより美しく豊かな人間として、また大きな存在になれるのです。

どんな学びがやってきてもひるまないでください。

怯えていると、さらに怯えてしまうことがやってきてしまいます。

ネガティブな感情に振り回されそうだったら、すぐに目を閉じて自分に問いかけてみましょう。

「なぜ私は怖がっているの?」

「この状況から何を学ぼうとしているの?」

そうやって自分に問いかけていると、一瞬にして穏やかな気分になれます。

これは自分と相対する第三者をイメージし、問いかけることで解決を促す方法です。

乱れていた心も落ち着き、より的確な解決方法が思い浮かびます。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

激動の20代の恋愛。20代前半と後半でガラッと変わる恋愛に求める価値観

20代前半は相手の言いなりになることが多いが、後半は自分を出すことに意識が向く

20代前半は嫌いになって欲しくないからと、相手の言いなりになってしまうことが多いです。

あなたも思いあたるフシがあるのでは?

せっかく両想いになれたのに、嫌われたら目も当てられませんよね。

嫌われないよう努力したくなるのは当然のことです。

しかし20代後半になると、相手に言いなりになっていた時とは裏腹に、自分を出すことに意識が向くようになります。

前半の時とは違う自分になれたら、もっと楽な恋愛ができるかもしれない、と思うのです。

それで嫌われたら仕方がない、と考えますが、実は彼は自分を嫌わないだろうという自信があるためです。

20代前半は大っぴらに付き合いたいが、後半になると秘密にしておきたくなる

30代前半は彼氏自慢したり、誰にも隠さずに大っぴらに付き合いたがります。

しかし後半にもなると、反対に秘密にしておきたくなります。

20代前半は最もハイパーに動ける世代です。

SNSへの投稿はマストです。

彼氏自慢する内容のSNSに対して、周囲の人は微笑ましく見る人もいれば、あまり好ましく思っていない人もいます。

いわゆるリア充なスタイルにも、いつかは飽きる時が来ます。

また全てをあけすけにネットにさらすことに違和感を感じるようになります。

これがだいたい20代後半あたりです。

世間体を気にしたり常識を重んじるようになるのは、人生経験を重ねて大人になったから。

「相手とは職場恋愛」という場合、周囲に決してバレないようにするのは、20代前半よりもやや年齢が高いアラサー世代です。

職場恋愛禁止という会社もありますが、何かとデメリットが多いのです。

最も問題になるパターンが「ミスをなあなあにしてしまう可能性がある」こと。

どんなに完璧に仕事をこなしていても、周りのヘンな視線を感じない日はありません。

これほど仕事がやりにくい環境は無いのです。

20代前半は「自分が相手にどう思われているか」後半は「自分はどう思っているか」

20代前半は「自分が相手にどう思われているか」を重要視しますが、20代後半になると今度は「自分は相手のことをどんなふうに思っているか」に変わってきます。

これはとても大きな違いと言えますが、人によっても差があります。

「常に周りにどう思われているか気になって仕方がない」と悩む人も少なくありません。

このことでいつも悩んでいる人は、おそらく一生その悩みを手放せません。

この思考が良いとか悪い、という意味ではありません。

しかし、いつも相手の要望に沿って自分を変えるようにしている点が、やや問題です。

これは、自分の中心軸を相手によって変えるということです。

ところが相手が変わったとき、今まで良かれと思っていた自分のことが「今度はNGになってしまった」ということもあり得るのです。

20代後半になると自分軸をしっかりと持てる人が多くなり、相手が自分をどう思っているかなどまったく気にならなくなります。

世の中には相手が変わると自分を変える人がいますが、そんな必要もないのでとにかく楽なのです。

自分を飾ることをしなくて済むので、いつでも自分らしくいられるのです。

20代前半の体の関係は「相手を求めることに必死」だが、後半は「安らぎや充足を求める」

20代前半の体の関係は「相手を求めること」で、しかもそのことに必死です。

しかし後半にもなるとそのような傾向は減少し、ひたすら「安らぎや充足」を相手に求めます。

体の関係は、愛情の交換とも言える恋愛関係の大事なミッションです。

そのことを抜きにしては恋愛は語れませんが、人生においての恋愛初期である20代前半はとにかく突っ走ります。

無理をしてでも、相手との関係を頻繁に持とうとします。

相手との相性もありますが、人によっては1日中していてもOKというカップルもいるほどで「まるで発情期」と揶揄されることも。

そうは言っても20代も後半に差し掛かり、アラサー世代ともなるとだいぶ状況は変わります。

仕事にも円熟味を増すころで、体の関係ばかりに目を向けていられなくなります。

そういう時に必要なのが、彼の優しいハグです。

20代後半女性が求めているのは、そっと疲れを癒してくれるような安らぎや充足感です。

20代前半は「理想の恋愛を追求しようとする」が、後半は「楽な関係が一番」と考える

20代前半は自分の総力を上げて理想の恋愛を追求しようとします。

それも後半になると、ほとんどのアラサー女性たちは「楽な関係が一番」と迷いがありません。

「楽なのが一番」とは、この若さで中高年並みの考え方ですが、これは理想の恋愛を追求した結果とも言えます。

理想の恋愛のために、かなり無理をしてきたことが伺えます。

等身大の自分以上に見せようと、頑張りすぎてしまったかもしれません。

美容、ファッションに多額のお金を使ったこともあったでしょう。

無理をしすぎるのをたとえると、ゴム紐を限界まで伸ばした状態です。

「もう無理、もう無理…」と言いながらどんどん伸ばし「もう伸びない!」というところで「パーン」と手を離した時、ゴム紐はすごい勢いで「バチーン!」と元に戻ります。

これが、気持ちの上で無理をしているのと同じ状態です。

無理すると反動で元に戻るパワーがより強くなります。

結果的に「楽なのが一番」ということが理解できる、というわけです。

仕事に恋愛…20代はとにかく忙しい。イマドキ20代が抱える恋愛に関する悩み事

彼氏ができないのでいつまでたっても恋愛経験なし

20代が抱える悩みで最も多いのが、彼氏ができないのでいつまでたっても「恋愛経験なし」ということです。

これは非常に切実な悩みです。

なぜなら、本人と努力でどうにかなるという問題ではないからです。

彼氏ができない時は、何をやってもできません。

縁結び神社にお参りに行こうと、おはらいをしてもらおうと、何も変わりません。

原因はエネルギーの向けどころが間違っているためです。

「いつまでたっても彼氏ができない」と考えながら行動していることが問題なのですが、この行動がさらに彼氏ができない状況を強化しています。

「恋愛経験をしたい」というのが目標なら、願掛けなどの他力本願的な発想は一時お休みします。

今のあなたは「彼氏ができないステイタス」なのです。

彼氏ができるためには今のままのステイタスではなく、もっと上げるような工夫が必要です。

例えばあなたが最も熱中できることを、本格的にやるようにします。

これだけであなたのステイタスはアップします。

アップしたステイタスに見合った男性が、近いうちに必ず現れます。

資格を取るための勉強が忙しく恋愛するヒマがない

資格を取るために学校に通ったり、勉強やテストで忙しいと恋愛するヒマはありません。

学校で好きな人はできても、この状況下ではハードルが高すぎます。

今、やらなければいけないことは「学業」です。

恋愛によって気が散るのは、決して歓迎できないことです。

でも時折、無性に寂しくなることもあるはずです。

学校に好きな人がいる場合、まずは「友達関係」から始めると良さそう。

一歩距離をおいた存在なら、お互いの勉強の邪魔になることはありません。

実はより良い恋愛関係は「友人関係」から始まることが多いのです。

初めから熱烈な関係を求めていたらこれは無理な話なのですが、とにかく今は学業優先です。

お互いに励まし合える友人関係なら、その後もスムーズな恋愛関係が期待できます。

彼氏は欲しいけど仕事が忙しいので出会えそうな機会がほぼゼロ

「彼氏は欲しいけど仕事が忙しい」と悲鳴を上げている20代女性にとって、出会いがないのはいささか致命的です。

職場が女性だけ、という場合や、年配たちに囲まれている時も同様です。

しかしまったく出会いがない、とあきらめるのは早すぎます。

そんな時に使えるのが「マッチングアプリ」です。

さっそく登録してみましょう。

プロフィールは詳しければ詳しいほどベスト。

写真は鮮明で写りが良く、鮮明な画像を選んでください。

アプリを選ぶ時は、登録者数が多いものを選びます。

クライアントの中には、マッチングアプリで本命彼氏をできた女性が何人もいます。

マッチングした男性と数十人会った末にやっと本命の彼氏をゲットできた女性もいますから、すぐに出会えなくてもあきらめないでぜひ続けてみてくださいね。

恋愛に向いていないタイプと自覚している

自分は恋愛向きではない、と自覚している20代はかなりいるようです。

恋愛に興味がないし、結婚というシステムにも疑問を抱いています。

旧態依然とした恋愛や結婚に、なぜみんな一生懸命になるのか理解できません。

人を好きになることはあっても、その人を異性として好きになるのではなく、あくまで「人として好きになる」ので、個人的に付き合いたいとは思えないのです。

ただし子どもが好きなら、将来的には恋愛と結婚のプロセスを経ないで子どもを得る方法を考えるかもしれません。

なぜなら「自分たちは人口減少傾向を少しでも食い止める需要な役割を担う世代」という自覚はあるためです。

このようなタイプは男女問わず増加傾向にあります。

彼が何を考えているのかわからないのでいつも悩んでしまう

20代女性の悩みのトップが「彼が何を考えているかわからない」というものです。

「恋愛対象として男性を見ることが初めて」という場合が多い20代。

女系家族だと、なおさら男性についてよくわかっていない自分に気づきます。

実は男性は女性に比べると、それほど恋愛に熱心ではありません。

どちらかというと仕事や趣味に熱を傾ける人の方が多いのです。

だからと言って好きになった人をなおざりにするつもりはないのですが、その点が女性にとって「謎な部分」なのです。

「彼は本当に私を好きかどうかがわからない」

このような悩みを抱える女性が本当に多いです。

彼の本音は「好きに決まってる」なのですが、ただそれをうまく表現する方法を知らないし、どう言えば彼女が満足するかわからないのです。

お互いに満足できる関係とは「そうかもしれないし、違うかもしれない、でも私は彼が好き」というファジーなものです。

相手が自分を好きかどうか不安になる時こそ「きっと大丈夫」と、自分を奮い立たせることが大切です。

「年齢=彼氏いない歴」はもう卒業!恋愛経験なしの20代女性が恋を手に入れる方法

「キレイ」をさぼらない。ちょっとした努力が実を結ぶもの

恋を手に入れるためにますしなければいけないのが「キレイ」をさぼらないことです。

ちょっとした努力を毎日続ける努力が、良い結果を生み出します。

あなた自身を磨くことも大切ですが、環境を整えることも重要です。

居心地が悪いな、と感じたらできるだけ早めに部屋を片付けたり、掃除します。

この「居心地の悪さ」が「キレイをさぼっている」という目安です。

環境が整うと、精神状態も安定します。

視界もクリアになるし、あなたの見た目にも反映されます。

見た目だけキレイになる努力をしても、あまり期待通りにはなりません。

ライフスタイル全般を丁寧に生きることをしていくと、人生全体が自然に良い方向へと向かうのです。

問題が起きた時こそ相手との関係を一歩前進させるチャンス

何か問題が起きた時こそ、相手との関係を一歩前進させるチャンスです。

これはとても重要なことなので、忘れないようにメモっておいてください。

彼とケンカしたり、何らかの滞りが起きた時、つい感情的になって全てを放り出したくなるものです。

めんどうになったときこそ、こらえることを学びましょう。

すぐに結論を出さなくてもいいのです。

ケンカして相手との仲がこじれたように思えても、すぐに「別れる!」と鼻息を荒くしないように。

お互いの感情がおさまれば、何事もなかったかのようにまた仲良くなれるものなのです。

どんな問題が起きても「いずれは解決する」と信じることはとても大切だし、問題そのものを忘れることも大事なポイントです。

たったそれだけで、相手との関係を一歩前進させることができるのです。

相手への感謝はマスト。いつも「ありがとう」の声がけを忘れないようにする

相手への感謝を忘れないようにしましょう。

いついかなる時でも「ありがとう」と声がけすることが大切です。

「ありがとう」が習慣になると、それを言わずにはいられなくなります。

それほどパワーのある言葉が「ありがとう」なのです。

「ありがとう」は、生活のさまざまなシーンで使える言葉ですが、使えば使うほど、どんどん相手との関係が良くなっていきます。

なぜなら「ありがとう」と言われると、もっと「ありがとう」と言われたくなるようなことをしたくなるからです。

また驚くことに、相手もあなたに対して「ありがとう」と言うようになります。

これは実に不思議なことなのですが、どうやら相手に対する感謝は良い意味でジワジワと伝染するようです。

さっそく今から「ありがとう」どんどん使うようにしてください。

恋愛に起こりがちな怒りや悲しみを相手のせいにしない

恋愛に起こりがちな怒りや悲しみといった感情で苦しい時、それを絶対に相手のせいにしないように。

「だってどう考えても相手が悪い」

問題によっては、あなたはこう考えるでしょう。

「自分がこんなに苦しいのは、全部相手のせい」

こういう風に、相手のせいにすればあなたはいくぶんスッキリするかもしれません。

しかしカップルの多くが悲しい別れを経験するのは、これが根本の原因なのです。

この機会に「相手のせいにするのは単なる癖なのだ」と知ってください。

自分の負の感情の発露を相手のせいにしないだけで別れずに済むなら、やってみる価値はあるはずです。

そのためには起きてしまった問題にフォーカスせず「なぜ自分はこの感情に苦しんでいるのか」と、ひたすら自問自答します。

そうするとその感情に隠された自分の思いが出てきます。

たとえば、彼があなたの知らない女友達と遊びに行ったとします。

これ、大問題ですよね。

あなたは本心は別れたくないけれど、即「もう別れる!」と決めます。

「だって私のプライドが許さないもの!」

ちょっと待って。

その前に、あなたは彼に言わなければいけないことがあります。

自分の感情の奥深くまで探ると、プライドや「許さない」ということより「寂しい」という思いが出てくるはずです。

「私は寂しかった。行かないで欲しかった」

これを冷静に彼に伝えることができれば、きっと彼は猛省します。

そんなことにも気づかないなんて!とあなたは怒るかもしれません。

しかし男性の多くは、何も考えずに彼女を傷つけるようなことをしてしまうのです。

ですから、あなたが抱えている感情をそのままに彼に伝えることは、とても大切なのです。

これを理解しておけば彼と別れないで済むし、必ず長続きします。

相手によっかかりすぎない。自分の時間をしっかり持つことも大事

恋愛経験がないと、つい相手によっかかり過ぎてしまいます。

これは「彼がいないと寂しいから」とか「彼に頼りたいから」というあなたのエゴがそうさせているのですが、しっかりと自分の時間を持つことで防ぐことができます。

彼も一人の人間ですから、頼られすぎたら「重い」と感じるし、楽しくありません。

むしろ彼の方が寄っかかりたい気分かもしれません。

彼の気持ちを理解してあげてください。

「お互い様」という言葉があるように、相手を頼りたい時はお互い同じくらいになるよう微調整が必要なのです。

一方的に頼ってしまうと、いつかはそのバランスが崩れます。

「会えなくて寂しい」という時こそ、じゃんじゃんLINEするのではなく、自分一人の時間を楽しめる工夫をしてください。

好きな音楽を聴きながら、これから彼と歩みたい妄想ラブストーリー小説を書く、というのがおすすめです。

そういう願望達成法もあるので、きっと「なりたい自分」になれるはずです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「20代ならではの恋愛をとことん楽しんで」

占い師 姫乃
20代の恋愛は、これから長い人生を歩む上での基盤となるもの。

たぶん、かなりつらい問題もきっと起きてくるわ。

でも「自分には乗り越えられる力がある」と信じるだけで、問題のハードルは必ず低くなるの。

ハードルは次々にやってくるかもしれないけれど、失敗を恐れずにワクワクするような恋愛にチャレンジすることが大切よ。

日々、目の前の恋愛をとことん楽しむようにすれば、いつの間にか成長できているはずよ。

【期間限定・8月9日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事