友達からの復縁はきっかけがすべて!友達になった元カレと確実に復縁できるステップ
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

元カレから「友達でいよう」と言われてしまったあなた。

「別れずに済んでも友達関係なんて切ないし、元カレが好きだからどうしても復縁したい」

そんなあなたにお届けするのが今回の記事です。

この記事では、友達になった元彼と確実に復縁できるステップとそのメリット、男性が友達になった元カノと復縁したいと思うきっかけ、友達から復縁する理想的な期間とタイミング、友達からの復縁までのステップと復縁に失敗したケースについてご紹介しています。

「友達からの復縁の方が成功率が高いのは本当?」と思ったら、ぜひ試してみる価値ありです。

ではさっそく一緒に見ていきましょう。

復縁メニューはこちら

なんと言っても成功率が高い。復縁を友達からスタートするメリット

復縁したいなら「友達」として会えば、お互いに抵抗を感じないので成功率が高まる

復縁したい時、友達として会うことが大切なのは「お互いに抵抗を感じないため」です。

あなたにとって、元カレと別れたことはマイナスでした。

でもマイナスを乗り越え友達として会えるなら、お互いに相手に対する抵抗を感じないし、その後、復縁の成功率もグンと高まります。

気をつけなければいけないのが「友達」と聞くと、なぜかランクが下がってしまったかのように思えること。

「恋人はオンリーワン」ですが、友達の場合、どうしても「不特定多数」というイメージを拭い去ることができません。

不特定多数にランクダウンしてしまうのは、受け入れがたいことだし大変なショックです。

復縁なんて夢のまた夢のように感じることでしょう。

ところが、ここでちょっと考え直して欲しいのが「友達からの復縁は大いにあり得る」ということです。

その条件が「友達になっても会うことができるなら」です。

もっとも復縁を成功させる方法が「友達からの復縁」だとわかったら、あなたの今までの観念も大きく変わることでしょう。

友達なら穏やかで平和な関係を築けるため、相手に安心感を与えることができる

復縁から友達をスタートさせるメリットに「相手と平和な関係を築けること」があります。

このメリットによって自分はもちろん、元カレも安心感でいっぱいです。

友達になった時点で元カレとは一線を引いた状態になりますが、それまで何かとお互いに踏み込みすぎて喧嘩になっていたのがまるで嘘のようです。

つまり「彼氏と彼女」のような恋愛関係は、何かと制約が多いのです。

例えば「付き合っているなら当たり前」「彼氏なら連絡して当然」のようなことです。

このような制約によって、ガッチリとお互いを縛るため身動きが取れなくなってしまいます。

本来、楽しく幸せな毎日が約束されているはずの恋愛関係も、ここから大きく崩れ始めます。

気づいた時には、不幸なカップルが一組出来上がっているかもしれません。

こうなると不安な気分に襲われたり、どうして対処していいかわからず頭を抱えてしまうばかりです。

しかし、これと対極なのが「穏やかで平和な関係」です。

これは、友達として再スタートできた時にだけ味わえる感覚です。

恋人同士から一歩引いた友達関係なら、より相手との信頼関係が強くなる

恋人同士から一歩引いた友達関係なら、より相手との信頼関係が強くなります。

これは恋愛関係によくみられる、相手に嫉妬したり不平不満をぶちまけるようなことがなくなるためです。

相手を自分の思い通りに変えようと文句を言うのがスタンダードになるため、必ずいさかいやケンカが起きてしまいます。

人間関係は、パーソナルスペースを保持することで快適さを感じます。

しかしひとたび恋愛関係になってしまった時、パーソナルスペースは無視されます。

快適なパーソナルスペースを無視し、どんどん相手側に踏み込んでしまうのです。

踏み込まれた方はただひたすら不快です。

でも相手が好きなので、我慢して受け入れるしかないのです。

でもそんな我慢もいつかは限界がやってきますが、最悪別れを招くことにもなりかねません。

このように恋愛関係でパーソナルスペースをキープするのは難しいのですが、友達関係ならノープロブレム。

お互いにパーソナルスペースを保つことができるので、相手との信頼関係はより強くなるでしょう。

メリットは「リセット」にある。イヤな記憶を消去できるのでプラスのイメージしか残らない

復縁を友達からスタートするメリットは「リセットできる」ことにあります。

別れた時のイヤな記憶は早く消去したいものですが、別れたショックはいつまでも忘れられないものです。

忘れようとすればするほど苦しみや悲しみに襲われてしまうし、会いたくても会えない苦しみも加わってしまいます。

ところが恋愛関係をリセットし友達関係になれば、マイナス面はいとも簡単に消えてしまいます。

元彼のプラスのイメージしか記憶に残らないので、再び気兼ねなく会うことができます。

別れた時のことも「あんなことがあったね」と、元彼と笑顔で思い出せる日が来るかもしれません。

このように恋愛関係を上手にリセットできれば、その後の元彼との関係性も大きく変わります。

イヤな思い出もポジティブにとらえることができるので、復縁への道も自ずと開けてきます。

お互いに相手を冷静な目線で見ることができるので、今までわからなかった相手の良さに気づける

別れた後、友達からスタートし復縁につなげた時「お互いに相手を冷静な目線で見ることができる」というメリットがあります。

恋愛中には気付けなかった、相手の良さに気づくことができます。

恋愛初期は、誰でも相手の良い面を探ろうとするものです。

あばたもエクボとはよく言ったもので、どんなマイナス面でもプラスに思える時期です。

友達からスタートした時も恋愛初期と同じように、今までわからなかった相手の良さが目に入るようになります。

それはまさに眼から鱗のような感覚です。

このように友達からスタートすると、予想もつかないような発見があったり新鮮な結びつきを感じるようになる、というようなメリットが出てきます。

元カレの様子が手に取るようにわかるため、復縁のきっかけがつかみやすい

友達からスタートする時「付き合っていた頃に比べると元カレの様子が手に取るようにわかる」というメリットがあります。

元カレの様子がわかるようになると、復縁のきっかけもつかみやすくなります。

恋愛中に「もしかして浮気してる?」と聞くことは、自ら墓穴を掘るようで危険でした。

しかし友達となったからには、サラリと「彼女できた?」と質問できるというものです。

元カレに「まだ彼女がいない」ということを直接本人に聞けるのは「友達ならではの特権」です。

復縁を成功させるには相手の人間関係を知ることが大切ですが、それも友達関係ならいたって簡単です。

男性が友達になった元カノと復縁したい…と思うきっかけ

以前から友達関係のような間柄だったら「元カノと自然に復縁できるかも」と感じている

付き合っている時から友達関係のような間柄だったら、元カレは「自然に復縁できるかもしれない」と感じています。

恋愛関係のベッタリした付き合いが苦手な男性だったら、特にそう思うはずです。

ナチュラルで自然体でしかも楽なのは、なんと言っても友達同士の関係です。

恋人と違って友達同士なら、あらゆるシーンでお互いに自由を感じます。

デートの場所を決めなければならないこともないし、ランチやディナーに気を遣うこともありません。

彼女をがっかりさせないよう、神経を張り巡らせることも不要です。

このような気楽な友達関係でいられるなら「元カノとこの流れでそのまま復縁」ということになるのもなんら不思議ではありません。

元カレにとって気楽に楽しく付き合える相手は「他の誰でもなく元カノだけだ」ということに気づくはずです。

元カノと会っているうちに、なんとなくそんな空気になったから

友達として遊ぶようになるうち、なんとなく復縁めいた空気や状況になるのは、男女問わずよくみられることです。

特に男性が復縁を考える時「なんとなく」とか「気づいたら」というように、意外にシンプルです。

しかしそのようにシンプルな考えでありながら、実は心の奥深くに潜んでいるのが「元カノの存在の大きさ」です。

別れて友達になったとはいえ、元カレにとって変えがたい存在なのは元カノに変わりないのです。

特別きっかけがなくても元カノと友達として仲良くできるなら、その後の復縁も少なからず視野に入れているのです。

そうではないとしたら、もし友達以上の関係になりそうだったら「無理。勘弁して」と逃げるはずですし、それよりも何よりも友達になることすら許さないかもしれません。

男性にとって元カノであれ誰であれその人を「友達」と認めることは、相手を心から信頼していなければできないことです。

友達同士としてグループで遊んでいるうちに、やっぱり好きだったと気づいたから

元カレは、友達になった元カノを含めたグループで遊ぶうちに「やっぱり好きだった」と気づいた時、復縁を考えます。

これは、気の合う仲間たちの中に元カノが入っている場合です。

飲み会やドライブや日帰り旅行などのアクティビティは、気の合う仲間だからこそ楽しさが倍増します。

あらゆる体験を通し思い出を共有することで、より一層仲間たちの絆も強くなります。

今度はどうしようか?、というように次々に楽しい企画を練りたくなるものです。

そんな楽しい仲間たちの中でも、一際輝いているのが元カノの存在です。

嫌いだから友達になったわけではないので、恋愛関係を解消しても気になる女性には変わりありません。

しばしば行動を共にするうちに「やっぱり好きだった」と気づきます。

これは同じ体験を共有したためです。

心からの楽しさを味わえたのは、ひとえに昔も今も変わらず好きな元カノがいたためです。

「早く彼女ができるといいね」と言われてしまったことで、余計に元カノが気になったから

元カレが思わず動揺してしまうのが「早く彼女ができるといいね」と、元カノに言われた時です。

動揺した元カレは、元カノのことが今までよりも気になる存在になるため、なぜか復縁も考えるようになります。

同時に「きっと自分のことなどもうすっかり吹っ切れてるはずだし、もしかして新しい彼氏ができているのかも?」と不安に思います。

さらに「知らないヤツに元カノを取られてしまうのではないか」と妄想します。

すでに友達同士になっている二人ですから、元カノから「彼女できるといいね」という言葉が出ても何ら問題ないように思われます。

しかし元カレはこの言葉を聞いたとたん「大きなお世話だ!」と叫びたいような反面、複雑な胸中です。

ここには元カレの隠れた本心が潜んでいます。

動揺してしまうのは、制御不能かつ自分の本心をえぐられるような気分になっているためです。

そして驚くことに「まだ元カノに心が残っている」というサインなのです。

思いがけない反応が出てしまって、一番びっくりしたのは元カレ本人かもしれません。

落ち込んだ時にさりげなく話を聞いてくれたり、励ましてくれた

男性が友達になった元カノと復縁したいと思うきっかけの一つが「元カレが落ち込んだ時」です。

仕事のこと、人間関係のこと、経済的なこと、健康面のこと。

元カレを取り巻く悩みは、多方面に渡るかもしれません。

悩み多き人生だったら、いつもくじけそうな気分でいることでしょう。

しかしたいていの男性は社会に出ている間、100%そういう弱さを他人には見せません。

弱さを見せず虚勢を張っている男性が多いのですが、唯一弱さを見せられるのが「彼女」です。

大好きな女性に「こんな大変なことがあったよ」とか「もうつらい、仕事やめたい」と弱音を吐くことで、彼女から優しくされたい、もっと愛されたいと思うのです。

こんな時二人がラブラブな関係だったらきっと彼女から必要以上に心配されることが多いはず。

これでは逆に彼氏からうざがられてしまいます。

ところが友達関係なら「友達として」元彼の話を冷静に聞いてあげることができます。

男性たちは結局、さりげなく話を聞いてくれたり励ましてくれることを求め、ホッとしたいのです。

この「ホッ」が、元カレの求めていたもので、それが元カノの存在です。

友達から彼女に戻れば、体の関係も復活させられると考えた時

元カレが復縁したくなる時、「友達から彼女の関係に戻れば以前のように体の関係も復活させられるかも」と考えます。

友達のままで誘うことも可能かもしれませんが、断られた時のことを考えると慎重にならざるを得ません。

もし断られたらせっかく友達として繋がっているのに「永遠にさようなら」ということになりかねません。

男性の本来の持つ性衝動は、そのほとんどが「本能」によるものです。

「子孫を残すための手段」と言ってしまえばそれまでですが、女性が考える体の関係とは大きく違います。

女性は相手のすべてを受け入れることで、相手に対する愛情を感じ、また「自分を必要としてくれている」という感覚によって、よりいっそう相手に対する愛が深まります。

ところが男性の場合、そのように感じる人はまれで「いかに多くの種をまくか」ということが一つのミッションなのです。

「それほど愛情がなくても体の関係を持てる」というところも、女性には理解しがたい点です。

元カノと別れずに友達になることを選んでもその後、単純に「また元カノとしたい」と思うことが出てくるのは事実なのです。

これは脳の仕組みの違いによる、男性ならではの思考です。

元カレが「元カノとするには復縁するしかしかないか」と考えるようになるのは、特別不思議なことではないのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

焦りすぎると効果ナシ?友達から復縁する理想的な期間とタイミング

お互いに相手に対する偏見やこだわりが消えるまでが冷却期間

友達から復縁するためには「冷却期間」が必要です。

理想的な冷却期間は個人個人で違いますが、目安は「相手に対する偏見やこだわりが消えるまで」です。

元カレがどんな気持ちでいるかはよくわからないかもしれませんが、少なくともあなたが「元カレに対して曇りのないイメージを持つことができればOK」です。

これは、あなたの反応次第で相手の態度も変わるためです。

曇りのない状態とは、元カレのことを考えた時に良い面だけしか浮かんでこない状態です。

元カレの優しさ、頼れるところ、楽しい点、温かく包み込んでくれるところ、という感じで、あなた自身もいい気分になるのが一つの目安です。

この時わずかでも、不安や怒り、悲しみ、妬み、苦しみなどは感じません。

仮にもしこのようなネガティブな感情が出てきたら、冷却期間を延長してください。

もしいつも苦しみばかりにとらわれていたら「一体いつになったらネガティブな感情が出てこなくなるの?」と思うかもしれません。

なかなかネガティブな思考から離れられない時、あなたがやるべきことは「感謝」です。

元カレをイメージしながら「感謝」しましょう。

不思議とイヤな気分が消えて無くなるはずです。

冷却期間中以外にも、再びイヤな思い出が蘇ってきたときは「感謝」で乗り切ってください。

できれば3ヶ月目安で友達関係を続けるが、逆に友達関係が長すぎてもダメ

友達から復縁する理想的な期間は「3カ月程度」が目安です。

それよりも短すぎても長すぎてもダメです。

せっかちなタイプだと三カ月でも長いと感じ、待ち切れずに焦ってしまうかもしれません。

焦ると全てが水の泡です。

友達関係が長すぎてもダメな理由は「鉄は熱いうちに打て」という言葉に集約されています。

友達から復縁するために重要なのが「情熱と勢い」です。

情熱がなければ、友達のままで終わってしまいますし、勢いがなければ、同じようにしりつぼみとなってしまうでしょう。

復縁には「情熱と勢い」のどちらも必要不可欠なのです。

誕生日が近ければプレゼントと共に「復縁したい」というメッセージを添える

もし元カレの誕生日が近ければ、プレゼントと共に「復縁したい」というメッセージを添えることも考えてみましょう。

誕生日や記念日などは、相手に「復縁」を伝えやすいタイミングと言えます。

元カレにとって誕生日プレゼントがサプライズ的なものだったら、あなたに対する好感度が上がります。

好感度の上がった状態なら、復縁を持ちかけられてもイヤな気はしないはずです。

もしも元カレが、全く復縁を考えていなかったら「ちょっと考えさせて」とか、ノーリアクションという場合もあります。

こう言われたら、しばらくは「復縁に関する話はノータッチ」がベストです。

また告白する前に「返事をはっきりしてくれないこともある」と想定しておけば、ガッカリしないで済みます。

冷却期間後、LINEでのやり取りの中でさりげなく復縁を匂わせる

友達から復縁するタイミングにはLINEが使えます。

しかしより復縁を成功させるには「冷却期間を置くこと」が大切です。

先述のように元カレに対するマイナスなイメージがなくなり、お互いに何のこだわりもなく友達になれた時が、冷却期間が終わった目安です。

友達としてのLINEは、以前に比べ気取りなくやりとりできるはずです。

もしかしたら、恋愛関係の時よりも相手が身近な存在に思えるかもしれません。

このタイミングであなたから匂わせる「復縁」は、意外なほど効果が高いものです。

しかし復縁を焦ったり相手を急かしてはいけません。

あくまで「匂わせる」だけにしておきます。

元カレとは「付かず離れず」のような状態でいることを意識してください。

復縁へのプロセスがごく自然に進むようであれば、それが何より理想的なリレーションシップ

友達から復縁するプロセスがごく自然に進むようであれば、それがもっとも理想的なリレーションシップと言えます。

今あなたの恋愛関係がうまくいってないなら、いったんそれをリセットし友達関係になることをすぐにでも取り入れて欲しいほどです。

友達関係は何においても、恋愛関係より自然で無理がありません。

お互いに我慢することも少ないし心から相手を思いやれる上、損得抜きで相手に親切にできます。

しかも全てにおいて「自然」なのです。

これは恋愛だけを経験しているカップルにはちょっと想像もつかないことかもしれません。

恋愛関係は相手との距離が近すぎるために、いざこざやケンカが起きてしまいがちです。

ケンカが多いと、相手に優しくしようなどと思えなくなります。

常に相手から「奪う」ことだけを考えるているかもしれません。

「もっと愛して」というように。

しかし友達関係なら、もしケンカをしたとしても恋愛関係ほど激しいものではないでしょう。

どんなに意見の食い違いがあっても相手を理解しようとするし、許容しようと努力します。

なぜなら何より友達のことが好きだからで、友達関係なりに相手に寄り添おうとするためです。

つまり「理想的なリレーションシップは友達にある」と言っても過言ではなく、そのプロセスを経て復縁したカップルならより固い絆で繋がっていられます。

きっかけは作るもの!経験者が語る元カレと友達から復縁したステップ

別れたことにこだわらずに友達として会えるなら、復縁できる可能性はある

去年、彼から突然「友達に戻ろう」って言われて振られました。でもその後1ヶ月くらいは友達として普通に仲良くしてました。えっちだけはしないだけで、以前と変わりなく。「早く彼氏見つけなよ」って冗談まじりに言われたりもしたけれど「まだ好きなんだ」とは言えないし、複雑でした。で、ある日私が変質者被害にあった時、一人でいるのが怖くて彼に家に来てもらったんですが、それが復縁のきっかけでした。困った時に彼を頼ったのが良かったみたいです。(女性/30歳/アパレル)

別れたことにこだわらずに再び「友達」として会うことができるなら、復縁できる可能性は十分にあります。

ただし復縁を匂わせるような態度や行動はNGです。

この例のように、思いもよらない出来事によって復縁できることもあります。

彼が仕事や勉強で余裕がない場合、いったん友達になることが功を奏する

彼とちょっとした口喧嘩になった時「友達に戻ろう」ってことになりました。私の友達から「きっとが就活と卒論でテンパってるからだよ、そういう時、男ってまずは彼女を切るからね」と言われ、妙に納得しました。彼が落ち着くまで待とう、と決心し、たまに連絡を取るくらいにしてました。ゴタゴタしてたのが落ち着いたのがそれから半年くらいしてから。その後は自然に復縁してましたね。(女性/21歳/販売)

もし彼が仕事や勉強で忙しく彼女と付き合う余裕がない場合、いったん「友達」という形にリセットすると功を奏することがあります。

男性たちの多くは、身の回りのことでいっぱいいっぱいになってしまうとお手上げ状態になることがあります。

この状態で楽しくお付き合い、なんてとても無理というもの。

いったん「友達」という形にリセットすれば、彼が義務感で付き合うようなこともなくなり、その後、自然に復縁という流れにつながりやすいです。

友達になったのを機にいい女になって見返してやろうと頑張ったら、元彼が以前より優しくなり復縁

彼と「友達になろう」って言われてかなりショックだった。あまりにショックで元彼とは音信不通にしてしまったけれど、この失敗を生かしてもっといい女になってやろうと決心した。とにかく今は自分をもっと変えたい、と思って必死だった。そしたら向こうから連絡が来て。まだ友達状態だけど、以前より優しくなっててびっくりした。(女性/24歳/総合職)

友達になったのを機に「もっといい女になってやろう」と企むのは、男女共にプラスに働きます。

振られたショックをバネにすれば思いもよらないパワーが湧き、必ず潜在的な魅力を引き出してくれるでしょう。

以前より魅力を増したように見える理由はそれだけでなく、友達関係となって距離をおいたことも影響しています。

優しくて非の打ちどころのない元彼が重くて友達になったが、やっぱり彼しかいないと確信し復縁

優しさを絵に描いたような彼で、非の打ちどころがない人でした。その優しさがストレスでつい他の人と遊んでしまい、私から「友達宣告」。その後はたまに連絡をする程度でした。翌年くらいに私がある面倒な事情に巻き込まれた時、真っ先に助けてくれたのが元彼でした。復縁した後も相変わらずケンカもないし、大事にしてくれてます。(女性/29歳/IT関連)

元彼が優しくて非の打ちどころのない性格であれば、友達になる必要などなさそうです。

しかしその優しさが自分にとってストレスになる場合、そのままでいることがマイナスになってしまいます。

そのため、いったん友達として一線を引いた方がお互いのためになります。

きっかけを逃すとセフレになったり疎遠になってしまう…友達から復縁のはずがうまくいかなかったケース

復縁したわけではないのに、体の関係を求められてしまった

友達からの復縁のはずがうまくいかないケースに「からだの関係を求められて応じてしまった場合」があります。

別の視点から見ると、復縁せずに成り行きで体の関係を求められた時、あなたがどう対応するかによって復縁がうまくいくかいかないかが決まるということです。

復縁が確実ではないのに「彼が好きだから」という理由だけで応じてしまうと、きっと後で後悔することになるでしょう。

そのようなことを避けるためには、できるだけ二人きりになるシチュエーションを避けるしかありません。

泊まりで旅行という時も同様です。

元カレが「どうしても」と言うのなら「復縁するなら」という条件を付けるのも一つの方法です。

その条件づけをしないと、後々都合よく扱われてしまう可能性大です。

元カレが自分を恋愛の対象としてみてくれなかった

友達からの復縁がうまくいかった原因の一つに「元カレが自分を恋愛の対象としてみてくれなかった」という場合があります。

この場合は、復縁へのハードルは高いです。

どんなに頑張っても元カレの意識を変えるのは至難のワザです。

元カノを恋愛の対象としてみられない時、元カレは「どうしても妹としか思えない」と言ってくることが多いようです。

あるいは「友達としてしか考えられない」と思っている場合もかなり多い傾向です。

元カレが完全に「友達以上の関係になるのは難しい」と考えているなら、ここはいったん引くか、友達として長い目で付き合っていくしかないようです。

復縁の兆しが見えた頃に、過去の話を蒸し返してしまった

復縁の兆しが見え始めた頃にやってしまいがちなのが「過去の話を蒸し返してしまうこと」です。

「楽しかった」などという良い思い出話なら、元カレも大歓迎でしょう。

しかし順調な時ほど、過去をイヤな思い出話を蒸し返してしまうという失敗をやらかしてしまうもの。

これほど復縁の邪魔をするアイテムはありません。

過去はすでに終わっていることです。

しかしあなたの中で過去、元カレとの間に未解決の問題があると、ついついそのことを蒸し返したくなるのです。

思い出したくないことや聞きたくもないようなことを長々と告げられた時、元カレの心は一気にあなたから離れてしまいます。

彼の気持ちがはっきりせず、なんとなく宙に浮いた関係のままだった

彼の気持ちがはっきりしない時、友達から復縁するはずでもうまくいかないケースが多いです。

もし元カレが迷いが多く白黒ハッキリつけられないタイプだと、二人の関係も宙に浮いたままでしょう。

彼女でも元カノでもなく、ただの友達かもしれない、という、ファジーな関係に我慢できなければ、あなたはさっさと見切りをつけてしまうかもしれません。

しかし多くの男性たちは、残念ながら元カノとの関係を曖昧なままにしておきたがります。

元カレの本心は見えませんが「元カノをキープしたい」だけか、それとも「今はただハッキリしたくない」かのどちらかです。

ハッキリしないからと元カレを問い詰めるようなことをすれば、即行で殻に閉じこもってしまいます。

友達としてうまくいっていたのに、この時点で元カレとの関係は崩壊の一途を辿ります。

友達関係だと仲がいいので、復縁のきっかけが見つからなかったり復縁する勇気が出ない

きっかけが見つからないまま無駄に時間ばかり過ぎたり、相手にアプローチする勇気がないと復縁はうまくいきません。

友達同士という関係ならうまくいっている場合、特にこのような状況におちいりがちです。

もし勇気を振り絞って元カレに復縁を持ちかけても、相手のメンタル的なコンディション次第で成功も失敗もあり得ます。

失敗しやすいのが、あなたの精神状態があまり良くない時です。

例えば理由は何であれ、不安要素がとても強く、精神的に弱くなっている時は失敗しやすいです。

元カレは、あなたが「何だか以前と変わってしまった」と思います。

元カレと復縁したい気持ちは山々なのに、逆に疎遠になってしまうかもしれません。

元カレに「友達でいよう」と言われたことに腹を立てたり、抵抗を見せた時

もっとも復縁がうまくいかないケースが、元カレと「友達でいよう」と言われたことに腹を立てたり、抵抗を見せた時です。

多くの男性たちは、彼女の感情的な態度を嫌います。

男性とは言え、彼女の感情的な態度に十分傷つくのです。

元カレはじっくり悩んだ末に「相手と友達になることが一番良い選択」と結論づけたのですが、これに対し彼女が腹を立てたことにかなりショックを覚えています。

反対されたことで、元カノに良い印象は抱いておらず、 友達関係になってもそのショックは引きずったままです。

そのまま疎遠になってしまうパターンは、友達関係がスムーズにいかなかった時です。

理想的な友達関係は、相手に腹を割って何でも話せるような間柄です。

しかし別れた後友達になったことに根を持っていると、何でも話せる間柄にはなれそうもありません。

ここが、恋愛関係が友達関係に移行する際の難しさです。

なんでも話せるような友人関係を通過し、初めて理想的な復縁は成功するのです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「元カレと友達になれたのなら復縁は確実。そのためにはまずはあなた自身を大事にして」

占い師 姫乃
元カレに「友達になろう」と言われた時、かなりショックだったでしょう。

でもこういうパターンって、意外に多いの。

元カレがこう提案するにはそれなりの理由があるのだけれど「あなたを嫌いになったわけではないことだけは確か」よ。

もしあなたが元カレに包容力を求めていたら、彼はいっぱいいっぱいなのかもしれない。

あるいはもっと優しくして欲しい、とか、もっと愛して欲しい、振り向いて欲しい。

あなたの「もっとこうして欲しい」に、我慢できなくなったことが原因かもしれない。

だから「友達になりたい」と言ってくるの。

彼とハッキリと決別するわけではないから、気楽な気分で友達として付き合ってみるのもいい経験だと思うわ。

大切なポイントは、そこからまた新たな道が続いていると信じること。

あとは、自分自身をもっと大事に!

友達からの復縁が成功したら、今度はあなたから彼に「ごめん、友達になろう」って言ってやるくらいにすれば、彼はきっとあなたを離さなくくなるわ。

あなたの恋愛が光り輝くものになるよう、いつも見守っています。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事