長年付き合って別れる理由には男女で差がある!添い遂げるカップルとの違い&元彼と復縁もしやすいってホント?  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

長年付き合って別れる理由には男女で差があるのを知っていますか?

こちらでは添い遂げるカップルと別れるカップルの男女での違いと元彼と復縁しやすいパターンを解説しています。

またよく耳にする「好きだから別れる」というのはなぜなのか、ケース別にその理由を詳しく見ていきましょう。

長年付き合っているのに「結婚しないまま別れちゃうかも」と不安になっていたり、別れても「復縁できる方法があるなら知りたい」という時、ぜひ参考にしてみてください。

復縁メニューはこちら

長年付き合って結婚するカップルと別れるカップルの違い

長年付き合って結婚するカップルは自分を大事にするが、別れるカップルは嫌われるのを恐れて自分らしくない行動をとる

長年付き合って結婚するカップルはお互いそれぞれが自分を大事にしていますが、別れるカップルは相手に嫌われるのを恐れて自分らしからぬ行動をとることが多いです。

自分だけを大事にしていたのではカップルとして成立しませんが、自分を大事に気持ちと相手を大事に思う気持ちのバランスが必要なのです。

自分を大事にする人は、相手の誘いをうまく断ることができますが、相手に嫌われたくないと思っている人は、誘いを断れません。

そればかりか「イヤだなぁ」と思っているのに、仕方なく誘いに応じてしまいます。

たとえば休日、すでに友人との予定が入っているのに、彼から突然「明日休みになったからどこかへ行こう!」と誘われた時、つい「いいよ」と答えてしまいます。

先約を断って彼に従うのは、彼に嫌いになって欲しくないからです。

友人は断れるのに彼のことは断れない、これは相手を大事にしすぎているということに他なりません。

大好きな彼を優先順位のトップにするのは仕方がないかもしれませんが、いずれ友人は離れていってしまいます。

さらに悪いことに気まぐれに誘ってくる男性の多くは、気まぐれに「やっぱり会うのやめよう」と言ってきます。

「え?マジで??」と腹立たしさを感じながらも、誘いを断れない人は「優しさが大事」とばかりデート中止に笑顔で応じます。

多くの男性たちはこのようになんでも言うことを聞いてくれる彼女のことをあまり大事にはしないし、逆に軽く見る傾向が強いです。

なぜなら「自分に甘い彼女だから何をしても許してくれる」と勘違いしているからです。

こうなってしまう原因は「自分の気持ちをはっきりさせないこと」にあります。

優しさと、気持ちをはっきりさせることは違います。

自分の気持ちをはっきりと伝えるべきでしょう。

彼がどんな表情をしようとも、です。

結婚へとつながるカップルは「ごめん、その日は予定が入ってるんだ」とはっきり言える人です。

思っていることをはっきりと言えるか言えないかは、カップルが添い遂げられることできるかどうかの分岐点なのです。

長年付き合って結婚するカップルはお互いに気が合うが、別れるカップルは反発し合う性格同士

長年付き合って結婚するカップルはお互いに気が合うと感じていますが、反対に性格的に反発し合うのが別れるカップルです。

気が合う、合わないは結婚に求められる条件でもあるし、また結婚生活を末長く続けるためのボーダーラインとも言えます。

気が合うカップルは、ケンカらしいケンカをしたことがありません。

何か問題が起きてもお互いに平和的解決を望むのでケンカにならないのです。

また考え方も似ているため、相手がどんな風に思っているか手に取るように理解できます。

結婚とは「結婚」というゴールより、その後の結婚生活をいかにスムーズに過ごしていけるかが重要です。

長年付き合っていてお互いにケンカにならないカップルは難なく結婚できるし、その後の長きにわたる結婚生活もまずまずうまくいくことでしょう。

しかし結婚までたどり着かず別れてしまうカップルは、付き合いが長くなればなるほど反発し合うようになります。

二人の間に不協和音が生じやすいのは、否定的なワードがいつも飛び交っているからです。

このようなカップルは「言い方」に問題があることが多いようです。

たとえば、やって欲しいことをやってくれなかった時「なんでやってくれないの?」と相手をとがめるような言い方をしたり「どうして?」「なんで」と責めるように問い詰める傾向があります。

また思い通りにいかなかった時、否定的な言葉と共に相手のせいにすることも多いです。

どんな人であれ、他人から否定的に見られたら怒りや悲しみを感じるものです。

好きだから恋愛関係に発展したのに、なぜ相手を否定的に見てしまうのでしょうか。

それは相手を自分のコントロール下に置き、自分の思い通りにしようとするためです。

相手のやり方が気にいらず文句ばかり言う人は、無意識に相手をコントロールしようとしています。

そして相手を思い通りに動かすことで満足します。

相手の思い通りに動かされる方は自由を奪われたように感じてしまうため、すかさず抵抗したり反発します。

面白くないのはコントロールする方です。

このようにカップルが互いに反発し合うようになると、一緒にいても不快なだけです。

それぞれが自由に快適に過ごすためには、別れるしか選択肢はないのです。

長年付き合って結婚するカップルは問題が起きてもなんとか解決できるが、別れるカップルは致命的な問題が起きる

長年付き合って結婚するカップルは何か問題が起きたとき解決しようと前向きですが、別れるカップルは関係を存続できないほど致命的な問題が起きます。

どう考えても問題の壁が厚いため打破することができず、そこから逃げるように別れを選択します。

問題の種類としては相手の親が絡んでくることが最も厄介で、どちらかに結婚に反対している親がいたらこれはかなり致命的です。

親としては子供には幸せになってもらいたいのは山々で、そのために子供の結婚には慎重になるのです。

反対されるのはそれだけの理由があるからです。

子供としては納得できない理由だったとしても、だからと言って彼と駆け落ちするまでの勇気もありません。

どんな親でも血のつながりを断つことはできないからです。

結局は親を説得することもなく、彼とは別れることになるでしょう。

ところが結婚には致命的となる親の問題でも、それをなんとか解決しようと前向きになれるカップルは強いです。

解決する自信があるので、むしろ問題があることでお互いの絆が深まるのです。

結婚へとつながるのが自然でしょう。

別れるか結婚するかの違いには、二人の関係に自信があるかないかで決まるのかもしれません。

「結婚すると決めたら誰になんと言われようと結婚する!」

そう強く決心した二人なら、遅かれ早かれ結婚できるのです。

長年付き合って結婚するカップルは相手以上に好きになる人が現れないが、別れるカップルはどちらかが他の異性に目移りする性格

相手以上に好きになる人が現れないカップルは長年付き合っても結婚することが多いのですが、別れるカップルはどちらかが他の異性に目移りする性格です。

「相手以上に好きになる人がいなかった」「結婚相手はこの人しか考えられなかった」とはなんとも理想的な結婚ですが、これはお互いに強い信頼関係でつながっている証拠です。

しかしこのようなカップルでも長い間に問題が起きなかったわけではないし、カップルによっては一度別れて復縁したケースも数多くみられます。

復縁できたのは別れを経験したためです。

別れたからこそ「やっぱりこの人しかいない」と気づけたので、別れはあながち悪いことばかりではありません。

ところが長く付き合っているうちにどちらかが他の異性に目移りしたり浮気するようであれば、別れは避けられません。

これはいつの世も、長く付き合ったカップルが別れる原因のトップクラスです。

他好きされた方は「自分を必要としないのなら別れる」と硬い態度を崩しません。

「決して本気ではない」と言い訳しても、完全に信頼関係が崩れてしまったのです。

このように結婚するカップルは「この人以外にいない」と考え、対する別れるカップルは「私じゃなくて別の人がいいってことね」と考えます。

長年付き合って結婚するカップルは相手と家族関係になることを受け入れるが、別れるカップルは「冷めたら終わり」と考えている

長年付き合って結婚するカップルは関係性が家族のようになることを「冷めた」とは思いませんが、別れるカップルは冷めたら二人は終わりと考えています。

恋愛関係が長くなるにつれ、相手との関係性が変わるのは当然の成り行きです。

お互いに一目惚れで激しい恋愛感情を持っているカップルでも、数年後には穏やかな間柄に変化するのが世の常なのです。

初めはアツアツの恋人同士でも徐々に親友のような関係に変わっていくことも多いのですが、この変化を「冷めた」とネガティブに考えるカップルはいずれ別れてしまうでしょう。

その理由は関係性の変化を「冷めた」と思い込み「それなら恋愛感情など無いのでは?」と判断してしまうためです。

こうして別れを選ぶカップルは、恋愛感情抜きにして付き合うことなどとうてい考えられません。

しかし二人の関係性が家族のように変化したことを受け入れられるカップルは、結婚へと進むことは容易です。

なぜなら恋人から親友、そして家族のような関係に変化しても、相手を好きには変わりないからです。

長年付き合って結婚するカップルは「運命の人」と感じているが、別れるカップルは「運命の人はこの人じゃなかった」とあきらめてしまう

長年付き合って結婚するカップルは相手を運命の人と感じていますが「この人は運命の人じゃなかった」と思い込むカップルは別れてしまいます。

相手を「確実に運命の人」と強く思っているなら別れそうになっても踏ん張れたり、別れるという選択肢を持ちません。

しかし「この人はそうじゃなかった」という決めつけてしまうと、踏ん張る気力は一気に無くなります。

あれほど好きだったのに、もう「何がなんでも一緒にいよう」などとは考えられなくなってしまうのです。

「運命の人」の決め手となるのは何でしょうか?

趣味や好みがかたっぱしから自分と同じなら、運命の人と感じるかもしれません。

また誕生日が同じだったりすぐ近くに住んでいるという場合も、運命の人と感じるサインです。

あるいは霊的に敏感な人ならなんらかのインスピレーションが降りてくることもあります。

このように運命の人には人それぞれに判断基準が違います。

しかしいずれの場合も「ピンとくる何か」を感じ、その直感とともに「運命の人」というラベリングを行います。

そのラベリングが簡単には剥がれないほど強固なものなら、結婚へと結びつくでしょう。

しかし剥がれかかっているようなラベリングなら「誤解だった」と気づくので、簡単に別れてしまいます。

このようにラベリングの強度は、相手に対する思い入れの強さと比例しています。

 

長く付き合って別れを決意する男性側の理由

マンネリ化が原因。初めに比べ彼女に新鮮味がなくなってしまった

長く付き合って別れる原因に多く見られるパターンが、マンネリ化です。

マンネリ化が避けられないのは、彼女と出会った頃に比べ新鮮味がなくなってしまうからです。

デートしてもなんだか退屈でつまらないし、彼女の方も楽しくなさそうです。

そうこうしているうちにどちらからともなく何回かに一回はデートをドタキャンしたりされたり…ということも出てきます。

連絡も途絶えがちになり、気づけば数週間音信不通ということも。

これが典型的なマンネリ化です。

マンネリ化するとお互いに相手に興味を持てなくなるため「一緒にいても感動することも笑顔もなく、いてもいなくても同じ」というような関係になり下がってしまいます。

マンネリ化すると、二人の関係性を向上させるのは大変に難しい課題となります。

このような状態におちいった時、多くの男性は「このままズルズルと長く付き合うより、いっそ別れてそれぞれの道の進みたい」と別れを決意します。

彼女の浮気。まだ未練はあるが他好きされたら手の施しようがない

彼女に浮気されてしまった時、どんなに長く付き合っていても彼は別れを決意します。

心がまだ彼女に残っているなら当然ながら未練はありますが、他好きされてしまったら彼としては手の施しようがないのです。

彼は自分にも原因があると信じている上「きっとあいつに嫌われてしまった」と思っています。

事情が事情だけに真実はどうなのか、怖くてとても彼女には聞けません。

「俺と別れてそいつ付き合うのか」「それともそいつとはただの遊びだったのか」と一人悶々と葛藤するでしょう。

さんざん悩んだ末にはっきりした結論が出ないと、彼は別れを決意します。

しかしまだ余白は残されています。

それは彼女が浮気を認め、彼に謝罪した場合です。

この時ばかりは彼としては、正直なところ「ホッと安堵」です。

とりあえず別れずに済んだだけでも、もう厄介なことを考えなくていいからです。

このように彼女に浮気された男性は「もう別れよう」と考えますが実はまだ未練たっぷりなので、もし戻ってきてくれたら100%彼女を受け入れます。

彼女の愛のない冷たい態度に我慢ならないし、自分を嫌いとしか思えない

長く付き合った彼女との別れを決意するのは、彼女の愛のない冷たい態度に我慢ならなくなった時です。

自分を嫌いとしか思えないし隠れていた彼女の素性が明らかになるにつれ、見たくないことまで白日の元にさらされていくように感じるのです。

このように長く付き合っているうちに本当の相手の性格がわかるケースは、決して少なくありません。

たとえば意外にだらしなくてガッカリした、男好きな一面があった、あるいは優しかったのは最初だけで実は最悪にキツい性格だった、いつもマウントを取られまくってさんざんな目にあっている、などです。

特にマウントをとるキツい性格の女性だったとわかった時、彼は「このまま結婚すれば鬼嫁確実」と恐怖におののくのです。

彼が理想とする結婚生活とは、鬼嫁に支配されるダメおやじのような生活ではないのです。

「今ならまだ間に合う、別れるなら今しかない」とすぐにでも別れようと決心します。

「寝耳に水」突然の彼女から告げられた理由なき別れに仕方なく決意した

突然告げられた彼女からの別れに、彼は仕方なく別れを決意することもあります。

彼にとってはまさに寝耳に水ですが、実はそう思うほど突然なことではありません。

なぜなら彼への不満を感じていてもそれを表に出さずに長い間我慢してきたからで、長い付き合いの間もずっと彼に気づかれないように懸命に我慢しそれが爆発したのです。

だから彼は「突然」のように感じたわけです。

多くの女性たちの性格は、例外がないほど我慢強さを兼ね備えています。

男性と違って、命をかけた出産を控えた女性の、自然で偉大なる性分なのです。

しかし偉大なる我慢強さが、時には災いとなることもあります。

それは彼へのイライラや不満を溜め込んだ「我慢」を一気に爆発させてしまう時です。

彼女の不満やつらさを察してくれる男性は、そう多くありません。

この辺り、女性心を汲み取れない男性がいかに多いかも分かります。

そういう性分ゆえに男性に「私の気持ちも察してよ」と期待するのが無理な話なのかもしれません。

しかし少しでも女性心を理解してくれる男性なら、突然彼女から別れ話を持ちかけられるようなことはないでしょう。

遠距離で連絡が途絶えがち。フェードアウトから自然に別れるしかなかった

彼女と遠距離で会うこともままならないし連絡すらも途絶えがちなら、彼が別れを決意するのはやむおえません。

そのままフェードアウトな状態が続けば、別れた実感もないうちに関係は終わってしまうでしょう。

長年付き合っていても遠距離になったとたん、うまくいかなくなることは往々にしてあります。

相手のことをどんなに好きでもその人とは簡単に会えないほど遠く離れているなら、よほどマメに連絡を取りあわないとフェードアウトは確実です。

思い出を共有することもままならないでしょう。

なかなか会えないからこそ会った時の喜びは大きいものですが、それには会えない時のつらさをコントロールするスキルも必要になってきます。

しかし「言うは易し行うは難し」で、ネガティブな心境をポジティブに変えるのは思うほど簡単ではありません。

このように遠距離恋愛には、彼が別れを決意せざるを得ない要素が多く含まれています。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

長く一緒にいても別れたいと思う女性側の理由

最初から別に好きじゃないし、付き合っていくうちにどんどん嫌いになった

彼と別れたいと考える女性の中には「長く一緒にいたけれど彼のことは最初から別に好きじゃなかった」という人も意外に多くいます。

しかも「付き合っていくうちにどんどん嫌いになった」と言う人もかなりの数にのぼります。

付き合うきっかけのほとんどが「彼に押し切られてしかたなく」というパターンなので、はじめから恋愛感情などなかったのです。

こんな形でも付き合いを承諾するのは「彼が自分を必要としてくれてるってことは愛されてるってこと」と思い込むからです。

しかしデートを重ねていくうちに彼女は「やっぱり違う感」に襲われます。

彼を好きなら「まぁいいか」と許せる部分でも、最初から別に好きではなかったために「絶対無理!」となってしまうのです。

この状態が続けば、彼をどんどん嫌いになるのは目に見えています。

素っ気ない態度の彼女をなんとか振り向かせたいと彼は必死ですが、そういう態度がさらに彼女を引かせてしまうのを彼は知るよしもありません。

彼を嫌いなので、当然ながら彼女に未練はゼロです。

「別れたい」と決めたら即行で彼に三下り半を突きつけることでしょう。

浮気癖を隠すために平気で嘘をつく性格に我慢ならなかった

長く一緒にいても別れたいと思うのは、何と言っても「浮気癖がある男性」です。

それだけでも無理なのに浮気を隠すために平気で嘘をつかれた時には、完全に我慢の限界を突破します。

平気で嘘をつく男性は人として間違っているし今後一切関わりたくないと考えますが、そういう男性を好きになり一時的にでも彼を信用した自分にも情けさでいっぱいです。

人との出会いは縁によるもの、そして引き寄せた相手は自分の写し鏡とよく言われます。

浮気癖かつ嘘つきという最低な彼氏をなぜ引き寄せたのかはまったくの謎ですが、さっさと縁を切りたいことには変わりありません。

浮気はとんでもなく不誠実だし、嘘はさらに不誠実です。

別れるには十分な理由です。

年々ひどくなる束縛がとてもつらいので彼と一緒にいても楽しくない

長く付き合っているうちに、年々彼の束縛がつらくなってくるようなら「別れるしかない」と思うようになります。

束縛がひどいために、一緒にいても楽しくありません。

なんのための恋愛関係なのか、今ではよくわからない状況でしょう。

ひどく束縛してくる男性のほとんどは嫉妬心丸出しで、いつ自分が捨てられるかと内心ビクビクしています。

他の男性との関わりを逐一チェックするばかりでなく、なんだかんだと彼女に忠告してきます。

こういう男性に限って自分の気持ちを素直に表現しません。

なぜなら高いプライドによって、自分の弱さを相手に悟られないようにしているからです。

そればかりか束縛しなければならない理由をあたかも「彼女が悪いから」と言わんばかりに、彼女のせいにします。

おかげで束縛がひどい彼氏の行動パターンは総じてネガティブなものとなるため、一緒にいても楽しいはずがありません。

それまでどんなに長く付き合っていたとしても、彼女が別れを実行に移すのは時間の問題です。

長く一緒にいるよりも一人で過ごす時間が大事だと分かった

長く一緒にいても、彼との時間より一人で過ごす時間の方が大事と分かった時「別れるのが最善」と考えます。

「一人でいたい」と考える女性は、パーソナルスペースを最も大切に考えています。

他人と近づき過ぎるのがすごく苦手だし、彼とベッドインもできれば無くしたいほどです。

スピリチュアル的には相手からのパワーを受けやすい、霊的に敏感なタイプです。

このようなタイプの女性は、一般的な恋愛関係を保持するには不向きかもしれません。

パーッと燃え上がる恋愛関係ならまだしも、長く付き合う相手とは一定の距離を取る必要があるし、そうしなければ精神的に参ってしまうのです。

彼との長い付き合いに行き詰まってしまうのは、一人でいる時の精神状態とのギャップが明らかだからです。

こうなると彼と会うことすら無意味に感じるため、いずれ別れることになります。

最近になって彼の性格が激変。ちょいちょいDVをチラつかせてくる

長く一緒にいると彼の性格が激変したかのように思えることがたびたび出てきますが、こういう時こそすかさず「別れたい」と思うことでしょう。

たとえばちょいちょいDVをチラつかせたり、ケンカした時に暴言を吐かれたり。

彼女としては「なんだかなぁ」とがっかりです。

このような状態から別れを選ばなくて済むカップルは彼にはっきりと「そういうのはやめてほしい」と強く言える人ですが、はっきり言えないまま彼のDVや暴言を受け入れるのはまったくもって良くないことです。

なぜなら彼はほぼ無意識で怒りに任せ、相手をあおろうとしているからです。

相手が感情的になっている時にこちらも一緒になって感情的になったら、激しい言い争いになってしまいます。

ここは何がなんでも相手にあおられないようにしなくてはいけません。

まずは彼の気持ちを汲み取るように「あなたの気持ちはよくわかる」と伝え「怒鳴るのは良くない」とはっきり断言します。

それでも彼の挑発が止まらない時は、その場から逃げるに限ります。

物理的な距離をおけば、激しい感情はおさまります。

しかし将来的に再びこのようなことが起こるのは避けられないかもしれません。

なぜなら彼の挑発の火種は、彼女の方にもあるかもしれないから。

二人が一緒にいることがマイナスなだけなら、別れるしかないでしょう。

 

長年付き合っているカップルの別れによくある「好きだけど別れる」ってなに?

お互いの性格や価値感が埋められないほど大きなギャップとなってしまった

長年付き合ってきてまだ相手を好きだけど別れを選ぶのは、性格の違いやお互いの価値感が埋められないほど大きなギャップとなってしまった場合です。

世の中にはまったく同じ考えの人はいないし、誰でも多少なりとも価値観のズレはあるものです。

しかしこと恋愛関係となると、性格や価値観に大きな違いは関係の存続にさらなる痛手となってしまうのです。

埋められないギャップがあるのにズルズルと付き合っていても、お互いのためになりません。

もしも無理して付き合っても、いずれ別れることになるでしょう。

それならできるだけ早く別れた方がより早くリセットできるというもの。

人生のやり直しは思い立ったが吉日です。

そして別れを前向きにとらえられるなら迷わず別れを選ぶし、また後ろを振り変えることもしないはずです。

それでも相手に対する気持ちは、以前と何ら変わってはいません。

長すぎた付き合いによって今以上の進展が望めない完全な腐れ縁になってしまった

付き合いが長すぎてしまったがために今以上の進展が見られない時、相手に気持ちが残っていても別れを選びます。

いわゆる「腐れ縁」がこれに当たります。

「長すぎた春」とよく揶揄されるのが長く付き合っているカップルですが、付き合いが長くなるにつれそこから先へまったく進展しない膠着状態に陥ってしまうことが多いのです。

何か大きなきっかけでもあるなら結婚へとつながるかもしれません。

大きなきっかけと言えば「妊娠」でしょう。

しかしそんな気配がまったく見られない時、ただいたずらに時間だけが過ぎていきます。

「いったいどこまでいけばいいの?」という疑問が湧き起こるのは当然でしょう。

先が見えない不安によって、彼との付き合いにも陰りが見えてきます。

現状に満足できるなら何も問題はなさそうですが、進展を望むのはいたって普通の感覚だし、向上心があるなら現状には絶対に満足できないはずです。

思うように進展しないのなら相手を好きでも、この関係をあきらめるしかありません。

自分に自信がないので付き合うことがつらいしこれ以上は無理だから身を引きたい

好きだけど別れるのは自分に自信がなかったり、これ以上は無理だから身を引きたいと考えた時です。

これは相手の存在があまりにも自分と違い過ぎて、いつも引け目を感じてしまうためです。

そしてなぜか「いっそのこと彼とは別れたい」と思ってしまうのです。

たとえば彼がいつも女性たちに囲まれているような人気者だったり、端正な顔立ちのために女性から引く手あまたという場合です。

多くの人に好かれるのは良しとして「自分は彼に不釣り合いなのでは?」とマイナスな深読みをしてしまうのです。

「イケメンな彼にはもっと美人な女性が似合うのでは?」と考えたり、すでにお似合いの女性の存在があって「そのうち彼を取られてしまうに決まってる」と危惧しているかもしれません。

自分の存在が彼を縛りつけ自由を奪っている可能性があるなら、彼女としてそれは本望ではありません。

こういう場合に「彼を好きだけど」と前置きし「やっぱり別れた方がいいかも」と落ち込むのです。

仕事や家庭環境に問題があり恋愛関係にまでのめり込む余裕がない

長年付き合ってきた相手と好きだけど別れるのは、恋愛関係以外のたとえば仕事や家庭環境に問題があって恋愛にのめり込むことができない時です。

心にまったく余裕がないために、相手が好きでも恋愛関係となるとわずらわしいだけです。

好きならずっと一緒にいていつも幸せでいたいと考えるのはごく当たり前なことなのですが、反面負担に感じていることも確かです。

また相手にかまってあげられないために「自分のせいで幸せにしてあげられない」と自らを責めることもあります。

こんな状態ならいっそ別れて、もっと幸せになれるような人と付き合った方が良いのかもしれません。

「相手が幸せになるために思い切って別れる」

相手が好きだからこそできることです。

相手に振り回されすぎてばかりで疲労困憊してしまった

相手を好きだけどあまりにも振り回されることが多過ぎて疲労困憊してしまう時、別れを意識します。

そしてもう我慢できない!となった時、本当はまだ好きなのですが別れを選びます。

この場合、心理的には相手への依存心から「まだ好き」と感じています。

もしかすると「まだ好き」なのは、実は単なる依存心を好きと勘違いしているのかもしれません。

なぜなら平気で振り回してきたり、迷惑をかけられておいてもなお「好き」とは考えにくいからです。

そこには好き以上に相手に対する依存心が隠れている可能性が高いです。

もし依存心がなければ、散々な迷惑行為を理由にさっさと別れてしまうはずです。

このように相手のことが迷惑なのに「好き」と感じるのは、依存心を「好き」と認識してしまうためです。

長年付き合っていたからこそ復縁しやすい?別れた彼と復縁する方法

「まずは友達から」が重要なポイント。関係を修復するにはいったん距離をおくことが大事

長年付き合ってきた元彼と関係を修復するには、いったん距離をおき「まずは友達から」という暗黙の条件をつけてください。

くれぐれもすぐに元どおりに復縁することだけは考えないように。

ここが大変に重要なポイントとなります。

距離をおいたまま、友達関係を続けましょう。

熱烈な愛情表現をしてはいけません。

彼から連絡が来た時だけ、返信してください。

自分からLINEを連投したり、すぐにでも会おうとするのは逆効果です。

他の男友達と同じように接すること。

これさえ忘れずにいれば、後は何もしなくても順調に進むはずです。

なぁなぁになりがちな長年の付き合い。注意すべきは「復縁前に体の関係に持っていかないこと」

長年付き合った元彼と上手に復縁するためには、すぐに体の関係に持っていかないことです。

なぁなぁになりがちな長年の付き合いですから、ここでは十分な注意が必要です。

もちろんすぐに体の関係が戻っても復縁することはできます。

しかし復縁した後も関係性を向上させたいなら「始めが肝心」なのです。

実がなり熟す時を待ちましょう。

それでも十分に早い展開です。

彼を焦らすくらいでちょうど良いのです。

せめて復縁が決まるまでは、体の関係はご法度です。

長年付き合ったからといって元彼への連絡はいつしてもいいとは限らない。タイミングを見計らうことが大切

「長年付き合っていたから彼のことはなんでも知っている!」と豪語するなら、少しばかり訂正する必要があります。

元彼への連絡はいつしてもいいとは限りません。

長く付き合った経緯があるからこそ、今まで以上にタイミングを見計らうことが重要になってきます。

むしろ自分からの連絡は控えるべきでしょう。

なぜなら彼に「いつ連絡来るのかなぁ」とワクワクさせた方が、間違いなく二人の関係が進展するからです。

彼にドキドキワクワクさせてください。

彼が待ちきれなくてLINE連投してきたら大成功です。

いつも元彼に優しくしてばかりいたら今度は少々冷たい女性も演出してみて

今までずっと元彼に優しく接してきたのなら、復縁にむけて少々冷たい女性も演出してみてください。

復縁だけでなく復縁後もうまくやっていけるためにこれは大変に重要なコツです。

とは言ってても、冷たいばかりではダメです。

冷たく引いてばかりな態度では、元彼が復縁に自信をなくします。

やや冷たい態度でグーンと引いたら、今度は急に押してみてください。

彼をベタベタに甘やかすのではなく、ほどほどに優しくすること。

そして再びクールに接するのです。

これを繰り返せば、元彼はイチコロです。

元彼に惚れ直させるには見た目重視!どんな男性でも美しさに磨きがかった女性に魅力を感じる

復縁を機に元彼に惚れ直させてしまいましょう。

男性はなんだかんだキレイな女性が好きです。

美しさに磨きをかけ、女性としての魅力を発揮しましょう。

以前とうって変わった元カノの姿に、元彼はきっと驚くに違いありません。

美しく変身したこの女性が、長く付き合ってきて元彼のことをよく理解している元カノなのです。

元彼はもう二度と彼女を離さなくなるでしょう。

いったん別れて正解だったのです。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「長年付き合ったから見えてくるものがある!彼との復縁は結婚も判断材料に」

占い師 姫乃
お互いに心の奥深くまで理解できるのは、長年付き合ったからこそ。

これは他の誰にもマネができないことだし、二人だけの絆が築けたおかげね。

記事中の「元彼と復縁しやすくなる方法」はきっと役に立つはずよ。

意外に早い展開で結婚へと繋がることもあるからお楽しみに!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事