マンネリになったら別れるべきか?二人の関係がマンネリ化する理由と別れずに長続きするカップルをめざすために
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

 

彼氏とマンネリになったら別れるべきなのでしょうか?

もし別れるまででもないなら、二人の関係がマンネリ化する理由と別れずに長続きするカップルをめざすために何をしたらいいか考えましょう。

「彼が好きだからこの先マンネリ化だけは防ぎたい」という人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

復縁メニューはこちら

マンネリになってしまう時期はいつ?マンネリ化してしまう理由

付き合って半年~3年で恋愛感情が薄れるのは、恋愛に影響をもたらすホルモンバランスが落ち着くため

付き合って半年から3年ほどまでは、出会った頃に比べ恋愛感情が薄れる時期です。

原因の多くが、活発だったホルモンバランスが落ち着きを見せるためです。

出会った当初や恋に落ちた時、体内ではホルモンの分泌が非常に活発ですが、それが「エストロゲン」と「テストステロン」と呼ばれるものです。

さらに相手に対する恋愛感情が高まるにつれ、ホルモンバランスにリンクするかのように変化が現れます。

たとえば彼を想ってドキドキするような興奮状態の時、アドレナリンやドーパミンの分泌が活発になっています。

夜も眠れないほど彼の事を考えてしまうのは、これらのホルモンバランスが影響しているのです。

しかしそれも半年をすぎたあたりまでで、再びホルモンバランスに変化が現れます。

2人の関係が安定すると同時に、相手に対する気持ちもジワジワと冷めていくのです。

のぼせた興奮状態から徐々に落ち着き冷静に相手を見れるようになると、やがて幸せホルモンと言われているセロトニンの分泌が減少傾向を見せます。

このように出会った頃から半年~3年ほどまでは、ホルモンバランスの影響を強く受けています。

そしてこれがマンネリ化のプロローグの時期なのです。

 

半年も過ぎれば緊張感がなくなり、2人の関係を客観視できるようになる

付き合いも半年以上になれば緊張感もなくなるので、2人の関係を客観視できるようになるでしょう。

「そろそろマンネリ?」と思わせるシチュエーションが増えるのがこの時期です。

付き合い始めた頃はほんの少しでも自分を良く見せようとするものですが、それが逆にぎこちなさを生むため帰る頃にはクタクタだったはずです。

それでも彼に会うドキドキの方がはるかにまさっていれば、ぎこちなさを気にする余裕などなかったのです。

またデートの前は、普段の数倍の時間をかけて出かける準備をしていたことでしょう。

前髪が決まらないとそれだけで彼と会うのがイヤになったり、着ていく服を何度変えても納得いかなかったり。

このように付き合ってから数カ月くらいまでの心の中はとても繊細なのですが、すべては「彼によく見られたい」「残念と思われたくない」という気持ちの現れです。

しかしそれも半年くらいまでです。

半年を過ぎるあたりから、とたんに緊張感がなくなります。

気に入ってる服ならほんのちょっとシミがついていても「ま、いいか」と、デートに着ていきます。

また髪の毛が決まってなくても「しょうがない」と、早々にあきらめます。

これらの選択肢は付き合い始めには一切考えられなかったことです。

このように半年すぎた頃、最初の頃と意識のギャップが出始めますが、これがマンネリ化がスタートしたサインなのです。

 

1年後、新鮮味が極端に薄れるのは年間イベントがひと通り終わるから

付き合って1年を経過する頃は、年間イベントがひと通り終わる頃でもあります。

1年の間にはお互いの誕生日はもちろんクリスマスやバレンタインなど、恋人たちにとって定番のイベントごとがめじろ押しです。

何もかもが初めての2人です。

クリスマスはどう過ごそうか、誕生日は何をプレゼントしようかなど、かつてないほどのハイテンションぶりは間違いないでしょう。

そのため当日を迎える間も、当日も、頭の中はそのことだけでフル回転です。

そしてイベントが終わればすぐに次のイベントのことを考え、再びワクワクするのです。

このように付き合って1年目あたりのイベントごとほど大事なものはありませんが、しかし1年を経過するとそのワクワクも少しおさまります。

なぜなら1度経験したことだから。

当然ながら最初に比べれば新鮮味は薄れます。

そして1年付き合った2人を待っているのは、新鮮味が薄れたマンネリムードなのです。

 

3年過ぎるとお互いに飽きたり空気のような存在になるため、マンネリに拍車がかかる

3年も過ぎる頃になればお互いに飽きてしまうことも多く、マンネリ化に拍車がかかる時期です。

相手が空気のような存在になるため「いて当たり前、いないと困る」といった感覚でしょう。

飽きてなくとも以前の恋愛感情とはまるで違っていて、半ば家族に近い関係です。

相手を見てもときめくことはほとんどないし、ドキドキすることもありません。

それどころか、重大なケンカが勃発してもおかしくない時期でもあります。

お互いにうまくやっていこうという意識が2人の関係を支えてきたのですが、その我慢に限界を感じる時が必ずやってきます。

それが付き合い始めて約3年後です。

そしてこの3年という年数はひとつの周期でもあるのですが、たとえばマンネリを乗り越えてもまた問題が起きるがたいてい3年ほど経ったあとなのです。

2人にとって最初のターニングポイントが付き合ってから3年後なのですが「もう我慢できない」と別れるケースもあれば、どちらかが浮気に走るといったケースも非常に多く見られます。

いずれにせよ、マンネリから相手に飽きたこともケンカにつながるひとつの原因です。

お互いにラブラブだったら、多少のことなら目をつぶれば済むこと。

しかし付き合い始めの頃ならいざ知らず、3年も経てば両眼をしっかり見開いて相手を見極めようとするのが世の常なのです。

このように3年を過ぎたあたりから、ほとんどのカップルに不協和音が忍び寄ってきます。

一方で不協和音知らずな2人であっても、お互いに刺激的な存在でなくなっているのは確かです。

不仲ではなくても「マンネリ化にどっぷり」といったところでしょう。

 

デートのパターンがいつも同じになると、会うのも億劫になったりつまらなくなる

マンネリ化を感じるのは、デートコースが同じパターンになっていることに気づいた時です。

「今日もまた同じコースをブラブラすることになるのかな」と思うと、彼と会うのさえ億劫になってしまうでしょう。

「つまらない」とか「億劫に感じる」のが、まさにマンネリです。

さらにマンネリを感じるのが、お決まりのコースが彼の好みばかりの時です。

彼の好みと自分の好みはたいてい微妙に違うものですが、付き合いが長くなるにつれさらにその違いが浮き彫りとなるのは当然なのです。

休日はラーメン屋から始まりパチンコ屋さんやスロット、競馬に付き合うことも出てくるはずですが、たいてい彼の好みが優先です。

彼の趣味に付き合わされるのが休日の定番ともなれば、マンネリというよりただ単につまらなく感じるだけです。

彼女としては本当なら買い物を楽しみたいのに、彼を自分の買い物に付き合わせる気は完全に失せています。

なぜなら、彼女が買い物中の時の彼ほどつまらなそうな表情の時はないからです。

そんな彼の顔を見たら、買い物に付き合わせたいなどとこれっぽっちも思えないのが本音でしょう。

せっかくの彼との逢瀬なのに、彼とのデートを心から楽しめていない自分にテンションはだだ下がりです。

ここまでくれば、マンネリも相当慢性化しています。

 

マンネリになっても別れないほうがいいカップル

好きなもの嫌いなもののほか、ほとんどすべての価値観がぴったり同じ

マンネリになっても別れない方がいい相手は、好き嫌いやほとんどの価値観がぴったり同じの人です。

価値観の違いはマンネリを加速させます。

具体的には話が噛み合わなかったり、意思疎通が難しい相手です。

マンネリが進めば、さらに価値観の違いがあらわになることでしょう。

遅かれ早かれ別れを選ぶことになるのは、自然な流れです。

一方で価値観がぴったり同じの人とは、マンネリ化する速度はかなり遅いです。

そうならないわけではありませんが、ただ価値観の違いがあるカップルよりはマンネリ化に時間がかかります。

マンネリ化を感じても相手の同意を得やすいことから、意見の相違も滅多に見られません。

またたとえマンネリ化したとしても程度としては軽いので、そのままでも別れを招くようなことにはならないでしょう。

つまり価値観がほぼ同じと感じている彼なら「マンネリ化は一時的なもの」ととらえることが大切なのです。

 

一緒にいると不思議と落ち着く、お互いにとって必要不可欠な存在

一緒にいると不思議と落ち着くなら、今はまだ別れない方がいいでしょう。

マンネリ化しているようでも、お互い必要不可欠な存在です。

もし別れてしまえば失ったものの大きさを感じるはずだし、もう2度とそういう人と出会えないかもしれません。

なのでマンネリ化したからといって、すぐに別れを選ばない方が良いのです。

なぜなら恋愛関係にある男女なら例外なくマンネリ化はやってくるし、ひと口にマンネリ化と言ってもカップルによってかなり違いがあるからです。

マンネリ化によって、相手の粗探しをするようになるカップルもいれば口もきかなくなるカップルもいます。

そうかと思えば、相手に対し何も変わらないスタンスのままのカップルも存在するのです。

この違いは何でしょうか?

それは相性の良さです。

相性が良ければケンカになることもないし、まして別れることなど考えもしません。

マンネリ化といえども、その中身は全く違うのです。

 

唯一自分らしくいられる相手と実感していたり、相手と一緒の時の自分が1番好きと感じる

マンネリ化していても別れない方がいいのは、唯一自分らしくいられる相手と実感している場合です。

また「一緒にいる時の自分が1番好き」と感じる相手なら、別れないことをおすすめします。

自分らしくいられることが今彼と付き合っている最大のメリットなのですが、そういう相手に出会える機会はごくまれです。

もしマンネリ化がイヤで別れてしまった後、別の人と付き合ったとしても、同じように自分らしくいられるとは限りません。

「なんだか違う」と感じたり「やっぱり元カレが良かった」となるのは当然なのです。

気が進まないまま付き合っても、いずれまた別れを迎えることになるでしょう。

そうなってから気づくのでは遅いのです。

自分らしくいられる彼は、貴重な存在です。

なのでマンネリ化したからといって、別れようと考えるのは「非常にもったいない」と言えます。

 

どんなに些細なことでもお互いに心を開き、素直な気持ちで相談や話し合いができる

マンネリ化しても別れない方がいいのは、お互いに心を開き素直な気持ちで相談や話し合いができる相手です。

言いたいことが言えなくて心の中に溜めることもないので、相手に対するストレスも感じません。

多くのカップルが相手に言いたいことを言えなくなってしまうのは、気持ちの一部でマンネリ化を認めたくないからです。

そういうカップルにとって、新鮮味のない恋愛関係ほどつまらないものはないのです。

しかしそのつまらなさは、恋愛関係のひとつの節目です。

つまらなさを超えればまた新たな関係へとステップアップできるのですが、その手前で挫折するカップルは枚挙にいとまがありません。

そうなってしまうのは「マンネリ化だけは避けたい」と思っているカップルがほとんどなのです。

実は「避けたい避けたい」と思っていると、逆に避けたいことを磁石のように引き寄せてしまいます。

避けたいと思っていたマンネリ化が現実化すれば、別れることになるのは自然な流れです。

一方、どんなに些細なことでもお互いに心を開いて相談や話し合いができるカップルは、マンネリをマイナスととらえません。

2人の気持ちが一致していればマンネリ化だろうがなんであろうが、別に大したことではないのです。

 

相手を「尊敬できる人」と周囲に公言できるほどの気持ちでいる

相手を「尊敬できる人」と周囲に公言できるくらいの気持ちでいるなら、絶対に別れない方がいいです。

なぜなら、恋愛関係を越えた先にある感情が「尊敬」だからです。

尊敬は相手に対する頂点の言葉のひとつです。

通常の恋愛関係なら「好き」「愛してる」「大好き」程度でも十分に相手を想う気持ちは伝わります。

また褒めたりいたわる気持ちも相手に対する愛情を表しますから、彼も満足でしょう。

しかし尊敬となると、その感情は愛情を一歩越えた形に変わります。

尊敬できる人が彼氏なら、それ以上の関係はないと言えます。

相手に対する尊厳は、自分に対する尊厳でもあります。

つまり2人は至高の関係で、たとえマンネリ化しても別れを考えるべきではないのです。

 

ことあるごとに「愛されている」と感じる瞬間を与えてくれたり、多幸感で満たされる時がある

別れない方がいいのは、ことあるごとに「愛されている」と感じる瞬間を与えてくれる相手です。

また時々でも多幸感で満たされることがあるなら、マンネリと感じるのはその場限りの感情と考えてください。

愛されているとか幸せと感じるなら、マンネリは2人の関係の根本的なダメージにはなりません。

むしろ熟成した関係へのプロセスなので、他のカップルたちのマンネリとは大きな隔たりがあります。

別れるどころかずっと一緒にいるべきでしょう。

しかしそのような愛されてる感や多幸感は、付き合う過程で徐々に薄れていくものです。

それでもマンネリによるダメージを感じないなら、決定的な別れは無いと断言できます。

別れるも付き合い続けるも、お互いの関心の持ち方次第です。

別れた方がお互いのためになると考えるなら別れるべきですが、そうでないなら2人がうまくいっててもマンネリ化が進むのは自然なことなのです。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

マンネリと別れるの違いって?別れたほうがいいカップル

どちらかが浮気をしているか、過去に浮気した経験があるカップル

マンネリ化していてもしていなくても別れるべきなのは、どちらかに浮気心がある時です。

また過去に浮気した経験がある場合も、マンネリ化による別れは避けられません。

この場合、恋愛関係そのものに問題がありますが、それは2人の関係にコミットメントしていない点です。

コミットメントとは、責任を持って関わっていこうとする決意を意味します。

つまりコミットメントしていれば、浮気はあり得ないのです。

さらにマンネリになってしまえば、もうコミットメントする気力すら失ってしまうのです。

理想の関係からどんどん遠ざかるのは当然ですから、別れた方が賢いと言えます。

 

すぐにイライラしたり不安になって相手に感情をぶつけたり、彼といるときの自分が好きじゃない

別れた方がいいのは「彼といる時の自分が好きじゃない」と感じる時です。

たとえば彼と一緒にいてもすぐにイライラしたり不安や恐れの感情を相手にぶつけるなど、とても普通の状態でなければ自分を好きどころか大嫌いなはずです。

大嫌いな自分が出てくるのを抑え切れないなら、そうなってしまう相手とは何もかもが合わないと考えましょう。

彼のことを嫌っているわけではなくこれは単に相性の問題で、相性が悪いのにいつも一緒にいればイライラしたりキレてしまうのは当たり前です。

そういう人に限って「イライラするのは自分の性格が悪いから」と罪悪感を抱くものです。

しかし罪悪感を抱いても何も解決しません。

相性の問題なので、相手の近くにいることがそもそも問題の引き金となってしまうのです

別れるのがベストでしょう。

 

友達や親が交際を強く反対しているか、彼を否定的にしか見てくれない

マンネリ化から別れた方がいいのは、友達や親が2人の交際を強く反対している場合です。

また周りが彼を否定的にしか見てくれない人ばかりの時も、潔く別れた方が良さそうです。

すっかりマンネリ化していることから、お互いに未練や執着は薄れているはずです。

それほど苦労せずに別れられることでしょう。

それでも中には「別れたい」という言葉に、慌てて執着を見せ始める男性もいます。

彼はマンネリ化の空気にすっかり浸り切りその状態に慣れてしまっていたため、「そんなつもりじゃなかった」と驚き、慌てふためいているのです。

しかし彼がそういう態度でも、マンネリ化は2人の関係の修復を簡単に許してはくれません。

また一般的な女性の多くが、腐れ縁的な関係を吹っ切るのを得意とします。

このまま付き合っていくための条件に満たなければ、別れるしかないでしょう。

 

感情的になってすぐ怒ったり、不機嫌さをあなたにぶつけてくるのが当たり前の彼

マンネリムードな上に感情的になってすぐに怒るような彼なら、別れた方がいいかもしれません。

今の状態でそれなら、将来的にもっと感情的になったり不機嫌さをぶつけてくるようになるのは目に見えます。

感情的になるのは生まれつきかもしれませんが、後天的な原因も考えられます。

いわゆる毒親に育てられた場合がそれにあたります。

毒親はネグレクトやDVが通常モードです。

DVは肉体的なもののみならず言葉の暴力も日常茶飯事ですが、それでも十分に幼心を傷つける行為です。

その痛手が原因で、彼は非常に繊細な内面を抱えています。

感情的になるのは、繊細な部分に触れられてしまったからです。

普通なら大して怒る必要ないことでも、彼は猛烈に激怒します。

これは兼ねてから受けていた親のDVの記憶が蘇ったことにより、自分の身を守ろうとする無意識の行動です。

その行動を彼は悪いとは思っていません。

カッとなる性格は自覚しているかもしれませんが、そうなる原因はすべて周りにあると信じて疑わないのです。

なのですぐに相手のせいにする態度は、いつまでも変わらないでしょう。

どう頑張っても相手が変わらないなら、別れるしかありません。

 

放置されてばかりで大事にされているとは思えないし、絶対に愛してくれてないと確信している

彼から放置されてばかりいると感じたり大事にされてるとは思えない時、マンネリ化はさらにスピードを増すでしょう。

そのため一緒にいることにも飽き飽きしてくるため、やがてはお互いに別れたくなるはずです。

ところがそれでも別れないカップルも存在します。

それが現状を変えられないコンサバティブな意識の人です。

コンサバティブな人は、どんな事情があれそう簡単に意識を変えることはありません。

なぜなら変化こそが不安を呼び寄せるものだからです。

たとえ彼から放置されようとも、自分の都合の良いように解釈します。

また愛してくれてないかもと疑惑を持つと、まるで自分を騙すかのようにすぐに首を横に振り否定します。

安定を求める人はそうすることしかできないのです。

しかしこれが泥沼で腐れ縁な恋愛関係への入り口です。

一方で安定よりも変化を選ぶ人は堂々と別れますが「その方がお互いのため」とポジティブな姿勢を崩しません。

 

マンネリを解消!乗り越えるためにしたほうがいいこと

「ときめきはもう卒業する」と決める。これからはおちついた大人の恋愛を目指そう

マンネリ解消するためには「ときめく恋愛はもう卒業しよう」と決めてください。

そしてこれから先は、おちついた大人の恋愛を目指すことに専念します。

本当の大人の恋愛とは、人間愛を意味します。

人間愛とは1人の人間として彼にどう接するかを考え、行動することです。

そして1人の人間として彼を愛することは万物をも愛することを意味し、彼だけに焦点を当てないところが特徴です。

今まで彼に向けていたエネルギーの多くを今度は自分の方に向け、自分の心を豊かにする方法を考えて実行していってください。

それが人としてもっとも魅力的に輝ける方法です。

マンネリムードな2人だったのはもう過去のこと。

これは次なるステップへの入り口だったのです。

 

2人の関係の理想形を洗い出し価値観や意識が同じ方向を向いているなら、マンネリを打破できる

2人の関係の理想形を洗い出してみましょう。

双方の価値観や意識が同じ方向を向いているなら、マンネリを打破できます。

そしてマンネリになったのは、2人の意識を改めて見直すために必要だったのです。

理想の形とはどんなものでしょうか?

それぞれに微妙に違うことを発見できるかもしれません。

違いがあっても動揺してはいけません。

2人の関係が揺るぎないものになればなるほど、違いは明らかになっていくものです。

そしてその違いは、相手に寄り添えないほどではないはずです。

むしろ2人の間にある意識の違いは、自分に意識を向けるいい機会です。

恋愛関係の理想形は、心地よい距離感ということに気づけることでしょう。

2人の意識の違いが明らかになることで、より心地よい距離感を見出せるのです。

マンネリ打破するには、このように適度な距離感を探り出すことなのです。

 

マンネリは長く付き合ったカップルの証。この時期を受け入れてやり過ごすことを学ぶレッスン

マンネリは長く付き合ったカップルの証です。

誰にでも訪れるこの時期を受け入れましょう。

「失望や倦怠期をやり過ごす」

マンネリとは、それらの学びを得るためのひとつのレッスンなのです。

長く付き合ったカップルには遅かれ早かれやってくるので、この時期を乗り越えさえすればもう次なるステージへと大きく踏み込めます。

しかしマンネリがイヤだからと別れて、仮に別の人と付き合ってもいつか必ずまたマンネリはやってきます。

それに気づかずに同じことを繰り返す人が意外に多いのは、非常に残念なことです。

2人の関係を目先の考えだけで潰さず、熟成させましょう。

そのためにはマンネリを避けずに、受け止めることが大切です。

 

彼氏の好きな所や長所を紙に書き出せば、改めて惚れ直すことも往々にしてある

マンネリを解消するには、彼の好きな所や長所を紙に書き出すことをやってみてください。

意外に描き出せないことに気づくかもしれませんが、これがマンネリの原因です。

しかし頑張って掘り下げてみれば、良い面がどんどん出てくるはずです。

すると改めて彼に惚れ直す部分も出てくるので、そんな自分に驚くかもしれません。

マンネリを感じていなくても、相手の良い面を見るのは大事なことです。

しかし長い付き合いのカップルは、たいてい相手への目線にフィルターをかけてしまいます。

なので、どうしてもマイナスな部分にだけフォーカスするようになるのです。

それではうまくいくわけがありません。

マンネリどころか、いや気がさすだけでしょう。

このようなことが原因で、ちょっとしたことが発端で別れるカップルも大変に多いです。

今日から彼の良い面だけを見るようにしてください。

そして良いところはきちんと褒めてあげる、これがマンネリを解消する最も効果的な方法です。

 

相手にドキドキしないのが恋愛のセカンドステップ。癒やしと安定に焦点を当てる

恋愛のセカンドステップは、相手にドキドキしないことです。

これからの2人の関係は、癒しと安定に焦点を当ててください。

「もうドキドキはやってこない」と自覚していれば、わりとすんなりマンネリを受け入れられます。

そうなればセカンドステップは無事完了です。

つまりすべてはうまくいっているということ。

マンネリが解消すれば、その後は「マンネリはマイナスではなかった」と必ず気づけます。

一方でマンネリが原因で不仲になるカップルは、マンネリそのものをマイナスととらえます。

そういう2人は必ずといっていいほど「相手は嫌いじゃないけど」と言います。

相手のことが嫌いではないのに、マンネリが2人の間に立ちふさがる障害なのです。

障害が起きたということは、2人の認識を見直すチャンスです。

「マンネリは決してマイナスではない」という認識にいたれば、別れる必要などまったくありません。

そのためには「もうドキドキするようなことはやってこない」という自覚が必要です。

そうこうしているうちに、いつのまにかマンネリが解消できているはずです。

 

感謝の気持ちと彼への愛情は言葉にして伝える。手紙も効果絶大

マンネリを感じているなら、彼に感謝の気持ちを言葉にして伝えることをおすすめします。

また愛情を手紙にしたためるのも効果絶大です。

内容は簡単な方が伝わりやすいです。

たとえば「いつもありがとうね」「頼りにしてます」といった感じです。

とは言え、マンネリカップルの多くが「いまさら」と思うものです。

しかし、それがマンネリをさらに強化させる元凶ということを忘れないでください。

感謝の気持ちがあっても、言葉にしなければ永遠に伝わりません。

注意すべき点は、あまり重い雰囲気にならないようにすること。

また避けた方がいいのが、長文の手紙や大真面目な雰囲気の内容です。

長々とした文面が目に入っただけで、彼は読む気が失せてしまいます。

彼が喜ぶのは、読んでいて気分が明るくなるような手紙です。

明るくライトなイメージを心がけてください。

彼は「お!マンネリでもうダメかと思ったけど、俺を好きでいてくれたんだ」と間違いなく感動してくれます。

 

マンネリだから別れたいと思う時に試してみたい脱マンネリ対策

この時期を乗り越えれば必ず末長く付き合えるだけでなく、結婚するカップルも多い

マンネリの時期を乗り越えたら、ひとまずオッケーです。

末長く付き合えるのはもちろん、ネクストステージ=結婚に進むカップルも多いです。

なのでもし結婚を望んでいるなら、マンネリをダメなものと思わないようにすることが重要です。

マンネリは誰にでも訪れるもの、そして必ず乗り越えられるものと考えてください。

つまりとらえ方次第で、幸福にも不幸にもなるということです。

もしあきらめてしまったら、乗り越えられなかった壁はまたいつか必ず目の前に現れます。

そして乗り越えられるまでその壁は現れ続けるのでしょう。

一方、壁を乗り越えられた人は、将来的にまた同じような壁が現れてもまったく何も問題ないしやすやすと乗り越えられるはずです。

 

ワンパターンなデートはごくたまに。デートするなら刺激的な体験型がおすすめ

マンネリカップルのほとんどが、ワンパターンなデートにおちいりがちです。

ワンパターンは落ち着く一面もありますが、その反面、会う楽しみを感じません。

そんな時はあえて、刺激的な体験型デートに彼を誘ってみてください。

インターネットでサクッと調べれば、体験型デートの企画が山ほど告知されています。

全国各地、イベントや観劇、フェスや遊園地など、選びきれないほどでしょう。

期間限定のイベントも多いので、マメなチェックが大事です。

まずはどれに参加してみるか決めてください。

ワンパターンデートから抜け出せるのはこの方法がベストです。

とは言え、時には以前と同じワンパターンデートも取り入れて。

つまりデートに緩急をつければ、自ずとマンネリを感じなくなるのです。

行動力を養いましょう。

必ずマンネリから抜け出せます。

 

不満があったら必ず話し合うこと。言いにくいことほど誤解を避ける必要がある

彼に不満があったら、必ず話し合うようにしてください。

言いにくいことほど言わないままでいると、誤解を生んでしまう可能性があります。

そしてその誤解は、さらなるめんどうな状況を引き寄せてしまいます。

マンネリカップルが別れる多くの原因が単純な誤解です。

「言わなくてもわかるだろう」と考えることがそもそも誤解なのですが、ただし伝える際は注意が必要です。

それが不満を愚痴っぽく伝えないようにすることです。

ここでも一歩間違えると、誤解が生じる可能性があります。

良くも悪くも、言い方次第です。

言いたいことを伝える時は、相手にどう伝わるかを考えてから。

そして「どうしたらベストか」といった解決策もあわせて伝えることがポイントです。

 

マンネリはカップルの通過儀礼。誰もが経験しているので焦らなくて大丈夫

マンネリはカップルの通過儀礼です。

恋愛関係において誰もが経験するプロセスなので、焦らなくても大丈夫です。

「これでいいんだ」とマンネリを受け入れましょう。

そうやって受け入れることで、次なるステップへと進めるのです。

しかし受け入れられない人の中には、自分を責める人もいます。

「自分が悪いから」

「私なんかが彼女だから」

このように自分を責めると、マイナスの波動が彼に伝わります。

そうなると状況は良くなるどころか、悪い方へと転がり落ちてしまいます。

ますますお互いにつまらなくなるので、別れるか自然消滅は避けられないでしょう。

マンネリでもいいのです。

そしてマンネリは誰のせいでもありません。

気楽な気分でいてください。

リラックスしていれば、自然に良い流れにつながります。

彼氏といても楽しくないと感じる時の解決法について、さらに詳しく解説した記事がこちらです。

 

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「マンネリは実は普通のこと!乗り越えるともっと絆が深まる転換期」

 

占い師 姫乃

マンネリはごく普通のこと。

そして乗り越えるためにあるのがマンネリなのね。

お伝えしたように、マンネリは脳の仕組みとも関係ある。

自分ではどうにも制御できない領域の話になってくるけど、やり方次第ではこの状況を軽々と乗り越えることもできる。

そしてその先は、もっと絆が深まるというギフトが待ってるわ。

というわけで、マンネリは楽しんだもん勝ちです!

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事