別れたくなる症候群|女性心理と原因を見つめなおして恋愛+人間関係を円滑にするために   
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

男性と付き合ったと同時に、すぐに別れたくなることはありませんか?

こちらでは別れたくなる症候群についての解説とともに、今までよりもっと恋愛関係を円滑にできる方法を紹介しています。

別れたくなる症候群のチェックリストとその対処法、別れたくなるマインドについても併せて見ていきましょう。

すぐ別れたくなる自分に困っているなら、ぜひご一読を!

 

復縁メニューはこちら

付き合うと別れたくなる症候群|恋愛における女性心理とは

人と付き合うと必ずと言っていいほどいつも、必要以上の不安にかられてしまう

別れたくなる症候群になる原因の一つに、人と付き合うと必ず強い不安に襲われてしまうことが挙げられます。

不安の要素は実にさまざまです。

特に付き合いはじめの頃は何かと不安ばかりですから、イヤになって別れたくなるのも致し方ありません。

不安になるのは、相手をまだよく知らないためです。

また相手がどう思っているのかはっきりしなかったり、自分に自信がない時も別れたくなってしまうでしょう。

さらに将来的に結婚を目標としていても、相手も同じように考えているとは限りません。

一言でも「早く結婚したいんだ」と言おうものなら、相手からガツガツしているように見られてしまいます。

あれこれ考えているうちに「めんどくさい」と思うと、何もかもすべてがめんどうになるのは確実です。

そうなると一刻も早く別れたくなってしまうのです。

こちらがどんなに愛しても相手から愛されていると思えない

こちらがどんなに好きで彼を愛していても、相手から愛されている感じがしないとき、別れたくなる症候群が発動します。

別れたくなる症候群になる人は、理想と現実とのギャップが絶望的に感じる傾向があります。

本来、恋愛関係の理想とするのは心から彼に愛されていると感じることです。

寝ても覚めても彼女を思い出す、まさに彼に惚れられた状態です。

ところが自分は盛大に彼を愛しているのに、彼は素っ気ない態度です。

素っ気ないのは態度だけでなく、連絡もマメではありません。

毎日来ていた連絡が1日おきになり、やがて2日おきからさらには3日や4日おきに。

最悪何日も連絡が来ないようになると、彼女としてはもはや絶望の淵に立たされたようなものです。

「こんなに愛してるのに、彼は全然愛してくれない」

別れたくなる症候群は、このように愛されていないと感じる悲しみを背負った時に現れるのです。

相手に嫌われたくないために自分らしくない態度を取ってしまう

相手に嫌われたくないためについ自分らしくない態度をとってしまう時、別れたくなる症候群が現れます。

自分らしくない態度は本来の自分から大きくかけ離れているために、自分で自分がイヤになってしまいます。

たとえば言いたくもない褒め言葉や、彼を立てるような姿勢です。

その他、言いたいことがあるのに我慢する、自分がこうしたいと思っているのに彼の言う通りに従ってしまうなどです。

付き合い始めた当初はあまり気づけないのですが、我慢することが続いたりあまりにも不本意がことがあると、徐々に違和感を感じるようになるのです。

せっかく彼を褒めちぎっているのに彼がそれに慣れ切ってしまうのも、違和感でしかないでしょう。

こうなると彼を褒めることすら、めんどうに感じます。

「自分らしくない態度」という固く厚い殻は、いくら頑丈そうに見えてもいつかはヒビが入り、あっけなく壊れるものなのです。

本当に愛しているのか、彼の気持ちを試したくなったとたんにつまらなくなるから

別れたくなるのは、本当に自分のことを愛しているのか彼の気持ちを試したくなったとたん、恋愛そのものがつまらなくなってしまうからです。

好きなら好きで、きちんと態度に表してくれないとわかりません。

そもそも彼の気持ちを試すようなことをする「自分がイヤ」なのです。

もっと愛していることをわかりやすくしてくれたら、彼を試すこともないはずです。

しかしそんなことを彼に言っても、ただのワガママと思われるだけです。

自分を好きかどうか言ってくれないなら彼を試すしかないし、試すことしか思い浮かばない時点ですでに終わってます。

ワクワクするような恋愛関係から一転、闇に包まれたどん底のような気分でしょう。

これらすべてが、恋愛が生んだ幻想です。

思い通りにいかないことの方が多い恋愛に、過剰に期待しすぎた結果なのです。

別れたくなるのも当然と言えるでしょう。

フラれて悲しい思いをしたくないから、付き合ってもすぐに別れたくなる

付き合ってもすぐに別れたくなる人の多くは、フラれて悲しい思いをしたくないと考えるためです。

こう考えるのはフラれた経験が1度や2度ではなかったり、フラれたことが強いショックとなっていたりさらにトラウマ化していることがほとんどです。

そうなるともはや男性と付き合うことですら、恐怖に感じることでしょう。

もし付き合うことになっても、心の奥には「フラれるかも」という恐怖が潜んでいます。

そのため、ちょっとしたことで別れようとします。

人が聞いたら「そんなことで別れるの?」と驚かれるほど、ささいな問題で別れます。

フラれる前に相手を振ってしまえば、自分のダメージは少なくて済むからです。

しかしこんなことを繰り返していたら、いつまでも好きな人との絆を育むことはできませんが、「別れたい」と思うのはいつだって衝動的で自分でも抑えられないのです。

それほど「人を好きになって付き合うのはハイリスク」という定義を持っているのです。

もうこれ以上、恋愛で傷つかないようにするため

「別れたい」と切実に思う背景には「もうこれ以上恋愛で傷つきたくない」という思いが隠れています。

そのため付き合ってもすぐに別れたいと思ってしまうのですが、今まで付き合った人のほとんどがそうだったはずです。

なぜなら「恋愛=傷つく」という思い込みが成り立っているからです。

傷つきやすい女性の多くは、とても繊細な性格の持ち主です。

一つの個性と見ればなんら不思議なことはではないのですが、人並み以上に傷つきやすいと色々弊害も出てきます。

その一つが人から「こんなことで傷つくの?」と言われることです。

当然ながら傷つきやすさは個性なので、人と違って当然です。

しかし傷つきやすい点を妙に疑われたり、理解してもらえない点はかなり厄介です。

そう言ってきても放っておけば良いのですが、それが彼ならさらにめんどうです。

めんどうすぎて、言い訳するのも億劫に感じることでしょう。

そうなると別れたくなる症候群になるのは当たり前と言えます。

もっともっとかまってほしいのに相手にそっけなくされるから

別れたくなるのは、相手にそっけなくされることが増える時です。

かまってほしい時に限って、ますます彼はそっけなくなります。

こういう時、彼の正直な気持ちを代弁するなら、かまってほしいと迫る彼女には興味がないのです。

なので迫られれれば迫られるほど、彼は冷めてしまいます。

そんな態度を見て猛烈に別れたくなるのは、自分のプライドが許さないからです。

こうなると恋愛関係としては、もはや機能していない状態と言えるでしょう。

かまってほしいと訴えるのはエゴであって、彼がそれに同意するかどうかは彼が決めることです。

彼は当然ながらかまってあげることなどしません。

結果的に「かまってくれないなら別れたい」と彼女に言われたら、彼は「それならしょうがない」と別れを受け入れることでしょう。

相手との信頼関係が築けていないため何かと信じられない

相手を信じられないと、無理して関係を維持するよりも別れたいと思うものです。

これはひとえに、信頼関係が築けていないためです。

付き合い始めならよくあることなのですが、それがわからないとただ「無理だから別れたい」を押し通します。

またほんのわずかでも相手のイヤな面をかいま見た時も「別れるしかない」と思ってしまいます。

固い絆の2人であれば、別れることを視野に入れません。

別れるのは相手が浮気した時か、やむおえない事情がある時だけです。

それ以外は別れを一切考えないのは、相手との信頼関係が築けているからです。

一方で付き合い始めの2人が早々に絆を築けないのは、それなりに時間がかかるものだからです。

このようなことから辛抱できずにすぐに別れたくなっても、それはそれで仕方がないのです。

自分が思い描いていた恋愛の理想型と違ったから

別れたくなる症候群になるのは、毎回のごとく自分が思い描く恋愛の理想型と違っているからです。

「こんなはずじゃなかった」とばかり、速攻で別れたくなってしまうでしょう。

毎回のようにそうなってしまうのは、なぜでしょうか?

まずは似たようなタイプの男性を好きになる可能性があります。

いざ付き合ってみれば「またか」とため息まじりで肩を落とすことでしょう。

前回の彼と似ているため、再び戀愛の理想型を構築することができなくなったわけです。

また理想が高すぎることも原因です。

理想が高すぎれば、実現は遠のくばかりでしょう。

しかし別れたくなる症候群の女性は、たいてい「理想は高い方がいい」と思っています。

付き合ってもすぐに別れたくなってしまうのは、こういうところに問題が潜んでいるのです。

相手を好きすぎて怖いから、先手を打って別れようとしてしまう

相手を好きすぎると逆に別れたくなってしまうこと往々にしてあります。

そしてその方法が「先手を打つこと」です。

「好きすぎて苦しいし、どうしようもない」

恋愛に依存するタイプは、そう考え心身ともにおかしくなりそうなのです。

相手を好きすぎてしまうことで精神的にも大混乱をきたすため、普通では考えられないことをやってのけます。

それが、彼よりも先に別れを告げることです。

そうすれば彼から別れを告げられることもないし、悲しくなることも苦しくなることもありません。

とにかくフラれないように必死なのですが、そのための手段が逆手をとるこの方法なのです。。

このように「別れたくなる症候群」は、彼を振ることも含まれます。

恋愛関係だからと言って相手から束縛されたくない

彼から強い束縛を受ける人も、別れたくなる症候群におちいりやすいです。

どんな関係においても、相手を束縛する権利はありません。

しかしどこでどう間違って解釈するようになったのか「束縛するのは当然」と考える男性もいるのです

束縛する心理に隠れているのは「不安」です。

相手が離れていきそうと考えるとたちまち巨大な不安に襲われるので、それを回避するために強く縛りつけるのです。

もし束縛の手を離れようとしたら、彼は怒りを爆発させるでしょう。

あるいは陰湿に、またしつこくイジメてくることもあります。

こうなると完全に常軌を逸しているため、彼女としては即刻別れるしかありません。

無事に別れることができても、束縛のつらい体験は彼女をさらに別れたくなる症候群にさせてしまいます。

理想を斜め上を行く彼は私にはもったいないし不釣り合いと考えると別れたくなる

彼が理想を斜め上を行くようなハイスペックかつイケメンの場合、自分とでは不釣り合いと考えることから別れたくなることもあります。

このように別れたくなる症候群は、相手とのギャップに悩む時も遠慮なくやってきます。

彼といるとコンプレックスが肥大するのです。

彼が高学歴の場合、ますます話が合わないことでしょう。

そんな状況に彼が気をつかってくれても、自分が引け目に感じてしまうことには変わりありません。

彼と会うたびに「いつ別れようか」と悩みます。

そんな彼と別れられても、次の彼と自分とを比べ釣り合わないところを探します。

これでは別れるために、付き合っているのと同じことです。

また将来、結婚を夢見ていたとしてもそれは無理というものです。

別れたくなる症候群は、このように少し重い状況を招くことも多いのです。

こちらの記事では「復縁したけれどやっぱり別れたくなった」という時のための対処法について解説しています。


 

衝動的に別れたくなる原因は?彼との関係よりも自分の心の中にある

子ども時代の親との関係やトラウマが影響している可能性が高い

衝動的に別れたくなるのは、子ども時代の親との関係が影響している場合が考えられます。

特に子どもにマイナスな影響を与えるとして問題視されているのが、いわゆる「毒親」です。

毒親は的確な子育てスキルを持ち合わせていません。

そればかりか過干渉や育児放棄など、子育てにあるまじき極端な行動に走りがちです。

子どもが無抵抗なのをいいことに支配したりコントロールしようとするばかりでなく、言葉の暴力によって不安をあおります。

子どもにとって親の存在は絶対的なものです。

絶対的な存在が毒親なら、大事な成長期に悪影響を及ぼすのは一目瞭然です。

やがて大人になっても、心の中は常に恐怖と不安でいっぱいでしょう。

いつも不安を抱えているので何かあるとすぐに投げやりになったり、果ては暴力的になったりというケースも出てきます。

これは自分を大事にすることができないという現れでもあります。

心を占める恐怖や不安は好きな人ができても変わることはないし、それどころか付き合い始めるとさらにその不安が叫び声を上げます。

それはまるで不安や恐怖をまとった別人格が宿っているかのようです。

そしてその別人格から逃れるためには、彼と別れるしかないのです。

なぜそうなってしまうのか、じっくり考えても思いあたるふしが見つからないのも、毒親の強い支配下にあったという特徴です。

自信がないうえ自己肯定感も低い自分を受け入れられずにいる

別れたくなる症候群になる人の多くが、自分に自信がありません。

また自己肯定感が低いのも特徴で、自信のなさと自己肯定感の低さは比例しています。

人生そのものもつまらないし、なんのために生きているのかがわかりません。

毎日が退屈で仕方がないのは、自分を楽しませたり甘やかすことに抵抗があるからです。

いちるの望みであった恋愛関係も、いざそうなってみると意外につまらないことに気づきます。

しかもとてもめんどうなことだらけで、そうなると何もかもがイヤになってしまうのです。

負の連鎖はこれだけにとどまらず、いずれ何もかも放り出したくなるのは確実です。

別れたくなる症候群は、単にその場から逃げたいだけなのです。

逃げるのは簡単なのですが、逃げれば逃げるほどその先にはもっと逃げたくなるような現実が待ち構えています。

彼にどっぷり依存する依存体質。彼の言いなりになって振り回されるのがつらい

彼にどっぷり依存するタイプは、別れたくなる症候群におちいりやすいです。

依存心が強いのは自分軸がないからで、そうなると相手の言いなりになるしかありません。

最初は相手に依存するのはとても楽なのですが、付き合っていくうちに彼の言いなりになるのがだんだんつらくなってくるのです。

なぜなら言いなりになるのが日常的になると、今度は相手から振り回されるようになるためです

自分軸がなくて彼に依存する一方でも、さすがにこれは厳しい状況です。

ところが依存体質の人にとって相手に依存できないのは、もっと厳しい状況なのです。

こうなると、他に依存できそうな人を探すという行動に出るようになります。

別れたくなる症候群は、このように相手を転々と変える点も特徴です。

承認欲求が強く他人からの評価が気になって夜も眠れなくなるほど繊細

承認欲求が強い人も、別れたくなる症候群を招きやすいです。

繊細な性格を持ち、他人や周囲からの評価が気になって仕方がありません。

自分で自分を認めることができず、他人から認めてもらうことで活力を得ているのです。

恋愛関係においても彼への承認欲求を強く求めるため、必然的に自己主張も激しくなります。

自己主張ばかりしてくる彼女に、彼が閉口するようになるのは時間の問題です。

2人の間に溝ができると、彼から認めてもらえることも一切無くなるでしょう。

相手に認めてもらえないのは、承認欲求が強い人にとってもはや致命的です。

繊細な性格も手伝って「これはもう別れたほうが良いのでは?」と思い始めるのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

急に別れたくなる時のマインドや人との関係性について考察

相手を深く知るにつれ遠慮がなくなったり踏み込まれすぎるのが不愉快

急に別れたくなってしまうのは、相手との関係が深くなるにつれ遠慮がなくなるところに問題があります。

100歩譲って相手と仲良くなる点は良しとしましょう。

しかし仲が良くなるのと同時進行で、相手からどんどん踏み込まれたり遠慮がなくなると不愉快に感じる人もいるのです。

自分1人の時間を大切にしたいと考える人に多いのですが、プライベートはプライベートとして個人的なことだし、いくら彼とは言え覗かれたくない部分はあるのです。

それを知ってか知らでか、無遠慮に踏み込んでくる彼の態度は「無理」以外の何ものでもありません。

遠慮なしに踏み込んでくる男性は「やめて」と言ってもほとんど理解してくれません。

言ってもわかってくれないなら、行動に移すしかないのです。

お互いの恋愛感情の重さが極端に違うと感じた

お互いの恋愛感情の重さが極端に違うのは、突然に別れたくなる要素です。

女性側が尽くすタイプに多いのですが、尽くしすぎて疲弊した時に突然別れたくなるのです。

「こんなにやってあげてるのに!」と彼に言いたくても言えません。

なぜなら自分がそうしたから尽くしているだけであって、彼に感謝を求めるのはちょっと違うと理解しているからです。

しかしお互いの恋愛感情の重さが極端に違うと感じてしまうのは、こういう時です。

現状を踏まえると悔しいけれど彼は自分よりも愛情が薄いと思わざるを得ないのは、尽くしても尽くしても彼はいっこうに満足する様子を見せないからです。

尽くされることが当たり前になってしまった彼を見ると、どっと疲れが出てしまうことでしょう。

すると「もうイヤだ、別れたい」と感情的になるのと同時に、突然別れたくなるのです。

すぐ人を好きになる移り気タイプの女性は、1人の男性と付き合うのは難しい

すぐ人を好きになる女性は、付き合ったかと思うとすぐに移り気を起こすために別れようとします。

1人の男性と付き合うのは難しそうですが、なぜ移り気を起こしてしまうのでしょうか。

それは出会った彼が運命の人と信じていても、その後に出会った男性にもっと魅力を感じてしまうからです。

良く言えば、人の良いところを見つけるのが上手ということ。

しかし恋愛関係においては彼氏以上に良いところを見つけた人を好きになってしまうと、次に待っているのは厄介なことだけです。

これは誰がどう見ても完全に「浮気」です。

そして浮気が本気になった結果が、今彼との別れなのです。

このようなプロセスを辿った経験は、1度や2度ではないかもしれません。

今の彼よりもっと魅力的に見える男性と出会うと、性懲りもなくまた移り気を起こすからです。

このようなタイプは、特定の男性と付き合うのは難しいと言えます。

相手との距離感がうまく保てないし近づきすぎると違和感しかない

相手との距離感がうまく保てないと、関係そのものにも違和感を感じるものです。

思い描いていた恋愛関係と現実とのギャップを受け入れることができなければ、早々に別れたくなるのはやむおえないことです。

また相手と近づきすぎた時も「そうじゃない感」に襲われたりします。

これは自分が求めているものと実際があまりにも違うからで、こうなると別れたくなるのも当然と言えます。

正しい恋愛の定義や理想の恋愛の形は、ありそうで実はないのかもしれません。

心地良いか、不快か。

幸せか、絶望的か。

恋愛を広義で見ると実にさまざまですが、感じ方は人それぞれです。

相手との距離感をうまく保てる人もいるし、男性に近寄られただけでも寒気がする人もいるのです。

しかし恋愛に頑張ることも相手と近づきすぎることもどちらも苦手なら、好きになった男性と付き合ってもいずれ別れることになるでしょう

運命の人に出会えたと思ったら実は違っていた

「やっと運命の人に出会えた!」

そう思って浮き足立っていると、たいてい「違っていた」という残念な結果が待っているものです。

運命の人の定義とはなんでしょうか?

広く見た場合の運命の人とは、縁がある人のことを言います。

縁がある人の中でも特に趣味や好みがぴったり合うとか、共通点が多いなどが挙げられます。

ではなぜ予想に反し「違った」のでしょうか。

違うと判断する時、無意識に運命の人を高く位置付けています。

そこが盲点なのです。

スピリチュアル的に見ると付き合う関係になった男性はすべて宿命によって引き寄せられた、運命の人に属します。

それぞれの目的に沿って、出会うべき人が運命の人なのです。

運命の人が現れたからと言って、神様が降臨するように華々しい出会いとは限らないし、「運命の人が現れてくれないと幸せになれない」と思うのは完全にトラップです。

幸せとは、他人によってもたらされるものではないからです。

私たちは成長するためにこの世界に生まれてきました。

成長するきっかけが彼との出会いであって、その人こそが運命の人なのです。

相手の態度に「別れたい」が見え隠れしていることに気づいた

相手の態度に別れたい様子が見えてしまった時、別れたくなる症候群が芽を出します。

彼の態度を見て、自分も機嫌よくいられるわけがありません。

自分も同じように別れたいような悪態をついてしまうと、そこから負のループへと移行します。

これは相手の態度に同調したことで、別れが現実となる一例です。

相手の機嫌が良ければ、自分も同じように機嫌良くいたいと思うものです。

しかしいかにも別れたい雰囲気の彼に同調してしまうと、別れたくなるのは当たり前です。

ところが別れたそうな雰囲気なのは、そう見えただけかもしれません。

もしかすると機嫌が悪い原因は、お腹が減っているか眠いだけかもしれないからです。

このように相手の態度に同調すると別れなくて済むことでも、必ず別れを招いてしまいます。

傷つくのが怖いし、傷つくくらいなら速攻で相手から逃げたい

急に別れたくなる時、内面では自分が傷つくことを激しく恐れています。

そして傷つくくらいなら、速攻で彼から逃げたいと思うのです。

なぜなら自分の身を守るためにはそれしかないからです。

そう考える人はいつも自分を守ることに必死ですが、傷つくのが怖いこと見透かされたように彼から執拗に責められることも多いです。

もし彼に少しでもいじめ体質が見えるようなら、いつも最低最悪な気分でしょう。

彼女を守るのが本来あるべき彼氏の姿ですが、守ってくれるどころか逆に責めたりいじめたりするようなら、今後一切、彼に期待は持てません。

「自分を傷つける事しか考えない」とわかったなら、迷いを捨て早々に別れるべきでしょう。

いい顔だけ見せていたいし、自分の本心などとても語る気にはなれない

突然別れたくなるのは「いつも彼にはいい顔だけ見せていたい」と考える人です。

また自分の本心を語る気にもなれませんが、それは二面性のある本心を悟られたくないからです。

つまりいい顔の裏には、二面性のもう一つ「裏の顔」があるという事です。

裏の顔を見せられないのは簡単に明かせない理由があるからで、おそらく真っ黒な一面には間違いないでしょう。

その黒い性格をカバーするべくいい顔だけを見せようとしますが、突然に別れたくなるのは真っ黒な性格が出てきた時です。

いい顔を見せたいと思っていても意外に難しいのは、真っ黒な性格が今か今かと後方で出番を待っているからです。

自分の本心を語りたくないのも、真っ黒な性格が悪さを仕掛けてくる可能性があるからなのです。

自己肯定感は低いけれど、人を好きになる前に自分を一番好きでいたい

自己肯定感は低いけれど自分が1番好きという人は、誰かを好きになっても突然別れたくなったりします。

なぜなら常に自分の優先順位を1番にしていたいからです。

自己肯定感が低い分、極端に自分優位にしてしまう一面があることは確かでしょう。

付き合っている彼がそれをどう思うかが問題です。

単なるワガママととらえるか、めんどうな女ととらえるか、それは彼の性格によります。

たださまざまな状況においていつも彼が「めんどうな女だ」とみなすようになると、それは態度になって現れます。

そうなると目前に見えてくるのが「別れ」なのです。

別れが見えてくると同時に自己肯定感の低さが顔を出してくるので、投げやりになったり何もかも放り出したりなど自分を大事にしない行動に出てしまうのです。

もしかしたら「別れたくなる症候群」かも?自分の気持ちと行動からチェック

【人からお願いされると断れない】求められる以上に頑張ってしまう

別れたくなる症候群の特徴として、人からお願いされると断れない性格が挙げられます。

また頼まれると求められる以上に頑張ってしまいます。

さらに褒められるともっと役立てることはないかと、鼻息を荒くしたりします。

モチベーションは最高に上がるもののそのあとすぐに急降下しますが、実はこれが別れたくなる症候群の特徴でもあるのです。

別れたくなるのは、別れないように苦しまないように悲しまないようにとものすごく我慢してしまうからです。

そして我慢した反動で別れたくなるのです。

このように求められる以上に頑張ったり断れない性格はそのまま、別れたくなる症候群に当てはまるのです。

【プロフィール写真を頻繁に変える】急に気が変わる自分を止められない

別れたくなる症候群が確実に疑われるのは、プロフィール写真を頻繁に変える人です。

頻繁に変えるのは、現状に満足できなくなるからです。

そして別れたくなる症候群も同じように、現状に満足できなくると急に気が変わります。

プロフィール写真を変えるように、彼を取り替えたくなったり別れたくなってしまうのです。

急に気が変わってしまう自分を止めることはできないのは、あまりにも衝動的な行動だからです。

このように別れたくなる症候群が潜んでいるかどうかは、プロフィール写真をどのような頻度で変えるかでもわかります。

【自分を好きではない】好きかと聞かれたら好きではないとはっきり言える

自分を好きになれないのと別れたくなる症候群は、切っても切り離せない関係です。

急に別れたくなる人に自分を好きかと聞いたら、はっきりと「好きではない」とか「嫌いなところが多い」と返してくることが多いです。

自分を嫌いなのは、自分に自信がないからです。

自信がなければ、人との付き合いにも確実に問題が起きます。

さらに問題が大きくなるのは、自分を受け入れられないことから起きる責任転嫁です。

何かにつけ「自分は悪くない」を押し通すので、話がこじれるばかりでしょう。

人のせいにしている限り、すぐに別れたくなる性格を変えることはできません。

【いい子と言われ続けた】小さいころから周囲の大人たちに「いい子だね」と言われ育ってきた

小さい頃から「いい子ね」と言われ続けて育った人は、別れたくなる症候群になる可能性が非常に高いです。

大人たちによっていい子にさせられてしまったようなものですが、子どもは大人の言うことをまるで吸取紙のようにスッと素直に聞き入れ受け止めます。

子どもにとって親の影響力は絶対的で、いい子になる以外の選択肢はないのです。

しかし一方でいい子ではないと判断されることも出てきます。

子どもなりに悩みますが、それはいい子と悪い子の区別がつかないからです。

でもそれはあくまで大人の判断です。

大人の勝手な判断によって子どもはどんどん振り回されるようになってしまいますが、さんざん振り回された結果、大人になってもその影響は残ります。

彼と付き合っているうちはいい子でいることに努めますが、それにも限界を感じる時が来ます。

子どもの頃と違うのは限界を感じると自分を保てなくなる点で、自分を立て直さずにいればもはや死に瀕してるのと同じ状態です。

自分を立て直すためにはそこから逃げ出すしかないので、別れたくなってしまうのです。

【SNS更新頻度が高い】いつもスマホを離さないしSNSチェックせずにはいられない

SNSを更新する頻度が高い人は、別れたくなる症候群かもしれません。

またいつもスマホを離さないスマホ依存症タイプや、暇さえあればSNSチェックする人も急に別れたくなることがあります。

SNSを始めとするネットの世界は、スピード重視の傾向があります。

更新頻度が高いほど、比例して閲覧数も増えます。

頑張って更新してもすぐに過去へと埋没してしまうので、ネット上で人目を引くためには頻繁に更新しなければなりません。

頻繁な更新は、新鮮さを求めるネット界では重要なポイントなのです。

さてSNS更新が生活の重要なルーティンになっていると、彼と別れたくなるのはどうしてでしょうか?

それはSNSと同様に彼の存在にも新鮮さを感じなくなってしまうからで、ネットとリアルな現実との差が希薄になるにつれ彼の存在にも飽きが来るのです。

彼に会っている時もスマホチェックばかりしているなら、今はそうではなくても間違いなく近い将来、急に別れたくなることでしょう。

【意見の対立は必ず自分が折れる】意見の相違は相手を言い負かさずいつも自分が折れる

別れたくなる症候群の人は、意見が対立した時いつも必ず自分が折れてばかりいます。

相手を言い負かすこともない、いたって大人対応なのが特徴です。

大人対応とは具体的には相手を立てることを言いますが、対立が激しいときは自分が折れる方がうまくいくことを知ってる上での行動です。

しかし対立のたびに自分が折れてばかりいると、相手が調子に乗ってくる可能性も出てきます。

たとえばいつものように折れずに反論でもしようものなら、感情的になって責めてきたり、機嫌が悪くなるなどさんざんです。

そんな彼の態度がめんどうなので、対立を避けるようになったり自分が折れるしかなくなるのです。

こんな我慢がいつまでも続くわけがありません。

急に別れたくなるのもこれと同じように、張り詰めた「我慢」という糸がプツンと音を立てるように切れた時なのです。

【本当はめちゃくちゃに愛されたい】愛していることを行動で示してもらいたいと思っている

別れたくなる症候群かもしれない人は、本当はめちゃくちゃん愛されたいと痛切に思っています。

なぜなら本当に愛しているなら、それを行動で示してもらわければわからないからです。

愛の表現に関しては、口では何とでも言えます。

しかし女性にとっての理想は、抱きしめられたり頬ずりされたりキスされることです。

直接ギュッと抱擁してもらうことに、どれほど愛情を感じるか彼にはわからないのです。

かと言って堂々と彼に「抱きしめて」と言えないのがつらいところです。

本当は息が止まりそうなほど抱きしめて欲しいのですが、それこそが最高の愛情表現だと思っているからです。

最高の愛を表現してくれない彼に不満を感じるようになると、突然何もかもが嫌になり別れたくなるのです。

【陰口が好き】人に対する意見を直接言えないから陰口や悪口でうさ晴らししたくなる

ヒソヒソ陰口や悪口を言うのが好きという人は、別れたくなる症候群かもしくは予備軍です。

陰口を言わずにはいられないタイプは、人に対する意見を直接言うことができないために陰でうさ晴らししたくなるのです。

当事者の前ではいい人でいたい。

でも裏ではマウントと取っていい気分に浸りたい。

このように要領良く立ち回ります。

陰口がスタンダードになっている人は心に鬱々とした気分を溜め込む性格で、そのイヤな気分を晴らさずにはいられないのです。

別れたくなる症候群の人も、長いこと溜め込んだイヤな気分を「別れたい」と考えることによって吐き出さずにはいられないのです。

その日は突然やってきます。

しかし突然のように見えて、実は長いこと抱えてきた「もう無理」と言う起爆剤が爆発するかわからないのです。

彼の前ではいい人を装い続けるでしょう。

そもそもその態度が別れたくなる症候群の前触れなのです。

【孤独が苦手】一人でいるのがつらいので誰かと一緒にいたい

孤独が苦手な人も、別れたくなる症候群の傾向があります。

1人でいるのがつらくて仕方がないので、いつも誰かをそばにおきたがります。

しかしその反面、急に一緒にいるのがめんどうになって相手を突き放します。

実はこういう人は、孤独と見せかけてパーソナルスペースを死守するタイプだったりします。

本当に心から寂しいから人と一緒にいることを望むのですが、何かがきっかけでその人と突然、距離をおこうとします。

距離をおかれた方は、意味不明な行動に唖然とするでしょう。

その人に問題があるわけではなく、単純にパーソナルスペースを守りたいだけなのです。

別れたくなる症候群の人も急に別れたくなるのは、彼からパーソナルスペースを侵されることに我慢ならなくなった時に突然そんな気分になるのです。

【失う可能性があるものをすべて遠ざけたい】無くなるものを手に入れたいとも思わない

別れたくなる症候群の人は、失う可能性のあるものすべてを遠ざけたいと考えます。

無くなるものをなぜ手に入れたいのかよくわからないし、そういうものを手に入れたいとも思いません。

とても超越した考え方なのですが、これは突然別れたくなる心理とほぼ同じなのです。

この思考はやがて「どうせいつかは自分もこの世から消えるんだから」という過激な方向へと進むことが多いです。

買い物をする時も、本当に必要なものだけを見極めます。

必要なものだけを買うのは「だってどうせいつかは無くなるんだし、捨てるものをわざわざ買わない」が理由なのです。

つまりこのタイプの女性にとって、人生そのものが虚無に包まれた世界です。

そのためSNSでハイブランドを誇示するいかにもセレブなインフルエンサーの様子に、イライラしたり気分が悪くなることもあります。

なぜならインフルエンサーの存在は虚無の極地のようなもので、嘲笑すべき対象と見ているからです。

付き合っている彼に対しても「きっといつか別れる」と、将来を期待していません。

すぐに別れたくなるのは、無くなるものを初めから遠ざけておきたいのです。

 

不安になるほど別れたくなるなら|別れたくなる症候群から抜け出す対処方法

不安な心情を出し切るまで話し合い、コミュニケーションを図る

不安になるほど別れたくなるなら、その不安をとことん出し切るまで話し合いをすることが大切です。

別れたくなるのは、コミュニケーション不足も原因なのです。

最初は問題に向き合うのにも勇気が要りますが、一歩前に進みましょう。

コミュ障という言葉が一般的になって久しいですが、人は誰でもコミュ障な一面を持っています。

心の内側を見透かされないようにするためで、これは防衛本能とも言えます。

またうまくコミュニケーションを取ろうと思っても、相手がいることです。

素っ気なくされたりすげなくスルーされたら、もう2度とコミニュケーションを取りたいなどと思わないでしょう。

ちょっとしたことで傷つき、コミュ障にさせてしまうのです。

不安な心情を出し切ると簡単に言っても、実はなかなかむずかしいです。

しかも相手が彼なら「重い案件」と思われてしまいます。

そんなときは、信頼できる友人を頼りましょう。

話せばl必ず楽になるので、別れたいと思っていたのが嘘のようになるはずです。

別れたくなって不安な時、彼を好きな理由を一つ残らず挙げてみる

別れたくなって不安でたまらない時、彼を好きな理由を一つ残らずあげてみてください。

さっそく紙とペンを用意し、書き出していきましょう。

彼を好きな理由の一例
・優しい

・横顔が素敵

・細かいことを気にしない

・連絡をマメにしてくれる

・手が温かい

・仕事に一生懸命なところ

このように書いていくうちに「彼の好きな点はすべてポジティブに考えないと出てこない」ということに気づくでしょう。

彼の見方も変わります。

別れたくなる衝動も瞬時に抑えることができます。

自分の好きなところも挙げてみれば、自ずと自信に満ちてくる

次に自分の好きなところも挙げてみてください。

自ずと自信に満ちてくるのを感じれば、急に別れたくなることもなくなります。

このように彼と別れたくなるのは、自分の自信のなさも影響しています。

自信がないと自分を大事にできないし、突然別れたくなるのはその点も原因なのです。

さっそく紙に列挙していきましょう。

自分の好きなところ一例
・清潔好きなところ

・明るい性格

・服のセンス

・食べ物の好き嫌いがない

・お金の管理ができるところ

信頼できる友達に正直な気持ちを洗いざらい話せば、解決が早い

別れたくなる症候群から抜け出したいなら、正直な気持ちを洗いざらい話せば解決が早いです。

話す相手は、信頼できる友達がいいでしょう。

彼をどう思っていてどんな感情を抱いているか。

彼の反応はどんな感じか。

自分はこれからどうしたいのか。

自分が本当に求めているのは何か。

これらのことを順を追いながら、友達と話を進めていきましょう。

感情の中には長いこと隠されたまま、出てこれなかったものもあるはずです。

そういった感情全てを、ありのままさらけ出すのがポイントです。

別れたいモヤモヤした気持ちがすっきりするので、別れたくなる理由がなくなります。

1人の時間に何をするかで自分の人生度の充実度が変わる

1人で過ごす時間になにをするかで、自分の人生の充実度が変わります。

自分の人生が充実していくにつれ、衝動的に別れたいとは思わなくなるでしょう。

このようにして解決できたとき、潜在的に彼に依存していた部分が大きかったのです。

彼への依存は精神的なブレを起こすことが多いのですが、これは何もかもが彼主導になってしまうからです。

相手に主導権を握られたままでもいい人もいます。

しかしこれでは自分のパワーを100%相手に渡してしまったということで、自由でいられないし自由を訴える権利さえなくなってしまいます。

別れたくなるのは必然です。

これからは自分の人生の充実度を上げるよう、工夫していきましょう。

そうすればもう別れたいと思わなくなります。

彼氏との間で2人のルールを作ってみよう

次に彼氏との間で2人のルール作りをしてみてください。

ルール作りと言うと相手を縛りつけるようなイメージですが、あくまで原則と考えるといいでしょう。

原則にすれば、縛りがなくなります。

まずは別れたくなる原因を探ってみますが「思わず別れたくなる時はどんなタイミングか」をお互いに出し合います。

彼氏彼女の関係でも、こういう内容はあまり話題にしないものです。

しかしこれは良好な関係を築くために、大変重要なポイントです。

言いにくいことだからこそ、言い方に気をつけながらいくつか挙げていきましよう。

次に「どうすれば別れたくならずに済むか」について考えてみてください。

具体的に提案していく形で、簡単なルールを設定していきます。

このようにお互いに思っていることを共有し改善方法を提案し合うことで、さらに2人の絆を強化できます。

自分の理想を一度壊し再構築してみよう。本当の幸せは他人の評価の中にはない

自分の理想を一度壊し、再構築することもぜひやってみてほしいことです。

そのためには「本当の幸せは他人の評価の中にはない」ということも覚えておいてください。

周りに何を言われても自分がOKなら、それで良いのです。

次に「自分の理想とは何か」を考えます。

人の見解のもとに理想を描いていたら、いつまでもその理想に到達することはできません。

なぜならそれはあくまで人にとっての理想だから。

なので今までの理想をいったん壊す必要があるのです。

そして改めて、自分だけの理想を描いてみましょう。

他人が理想とすることを理想にしなければ、自分だけのオリジナルな理想が描けるはずです。

それこそが本当の幸せを招くことができるものです。

今まですぐに別れたくなったのは、自分の理想と他人の理想を無理に重ね合わせてしまったからです。

理想は絵に描いた餅ではなく、現実化することが可能なのです。

別れたいと思った時、心にたまった気持ちを全部書き出してみて

最後に「別れたい」と思った時、心にたまった気持ちを全部書き出すことをおすすめします。

別れたい気持ちが衝動的なら、まずはその衝動を抑えることが大切です。

なぜ衝動的に別れたくなるのでしょうか?

それは内面が混乱しているから。

混乱していると何が何だかさっぱりわからなくなり、ついにはめんどうくさくなって全部ひっくり返すのです。

このプロセスは無意識の領域であっという間に進むため、意識的に抑制できません。

その姿はまるで悪霊に取り憑かれたかのようです。

気付いたら彼に相当ひどいことを言って強引に別れようとしますが、冷静さを取り戻した時に愕然とするのです。

そうなって別れたことがある人も、そうなりそうで怖い人も前もって対処法を考えておきましょう。

別れたくて混乱している時は、心の状態を知ることが最も大切です。

くやしい、悲しい、苦しい…。

思いつくままになんでも良いので書きましょう。

具体的に別れたくなった状況を詳しく書いてのも良いでしょう。

心の中に溜まったものを全部書き出したら、それを読み返してみます。

このようにして第三者目線で見ると、心にためていた時よりもグンと楽になっています。

別れたい気持ちが、すっかり過去の遺物になっていることでしょう。

まだ自分の気持ちがよくわからない時は、こちらも参考にしてみてください。


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「別れたくなる症候群は本当は愛されたいから!自分の幸せの価値観を探そう」

占い師 姫乃
別れたくなる症候群になるのは、愛されたいからなの。

「そんなはずない!」と思うかもしれないけれど、この記事を最後まで読んだならその辺りよく理解できるかと。

恋愛って「理想と現実はこれほど違うもんか!」っていうくらい違うものだと思っていると、傷ついても浅くて済むはず。

あと傷つくのが怖いのが理由で別れたくなるのは、潜在的に自分の幸せの価値観を探そうとするからなのね。

状況別に対応の仕方は変わってくるから、わからなくなったらまた読み返してみてね。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事