奥さんに怪しまれても別れない不倫関係!男性心理と不倫を続けたい男性の特徴&リスクと対処方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「奥さんに怪しまれても別れない」という不倫関係はあるのでしょうか?

こちらでは不倫して奥さんに怪しまれても別れない男性心理と不倫を続けたい男性の特徴&リスクと対処方法について解説しています。

奥バレ後のリスクとその対処方法、それでも彼と不倫関係を続けたいときのポイントについても紹介しているので、参考にしてみてください。
 

復縁メニューはこちら

奥バレしても別れない男性心理

浮気ではなく本気。大切な人を失いたくないからバレても別れない

奥バレしても別れない男性は、浮気ではなく本気だからです。

彼にとって他に変えがたいほど大切な人だから、バレても別れようとしないのです。

このタイプの男性は、奥さんとの結婚も渋々だった可能性も考えられます。

さほど結婚するつもりもないのに自然な流れでいつのまにか結婚していたか、奥さんの結婚押しによって「させられてしまった」のかもしれません。

結婚を経験していない人の多くは、結婚とは何かを知りません。

結婚したあとどんな生活が待っているのか、そしてどんな心境の変化が起きるのかは実際に結婚してみなければわからないのです。

なので結婚して初めて「自分は結婚には向いていなかったし、結婚するべきではなかった」と知る人も多いです。

彼の場合もほぼこのようなケースとみられます。

なぜ結婚に向いていないのでしょうか?

そういう人はみな、口を揃えて「家庭に縛られたくない」と言います。

つまり結婚とは、縛られたり自由がなくなることなのです。

自由を奪われたように感じる人は「家庭」という重圧が苦痛で仕方がありません。

苦痛から逃れるために、外に自由を求めるようになるのです。

独身時代と同じようにラブラブでいられる女性がいれば、ひと時の自由を味わえます。

そしてその欲求が、やがて婚外恋愛へと発展するのです。

浮気相手を本気で好きになるのは、相手が恋人的な存在だからです。

一方で奥さんは家族の1人ですから、妻になったと同時に恋人ではなくなります。

このようにそもそも奥さんと浮気相手とでは相手に対する感情が違っているため、奥さんにバレようが浮気相手とは別れたくないのです。

奥バレ何度も経験済みの男性は「もうあきらめているはず」と思っている

すでに何度も奥さんに浮気がバレている確信犯的男性が奥バレしてもすぐには別れないのは「たぶんもうあきらめてるはず」と鷹をくくっているからです。

このように言ってくる男性と奥さんは、たいてい仮面夫婦化していることが多いです。

そうなった最初の原因も、やはり旦那の浮気が疑われます。

初めての浮気がバレた時、別れる別れないで相当すったもんだしたことでしょう。

最後は旦那の謝罪でことなきを得たもののその舌の根も乾かぬうちにまた浮気を繰り返しますが、そういう男性の思考回路は非常に単純で「俺ってモテる」と気を良くしただけで浮気するのです。

そのため「バレなきゃいいでしょ」と、さんざん揉めたのにまたしても浮気を考えるのです。

何度も浮気を繰り返す旦那に、もはや奥さんはあきらめの境地でしょう。

「この男にはもう何を言ってもダメだ」と。

子供でもいれば簡単には別れることはできませんから、そのうち「亭主元気で留守がいい」と思うようになるのは当然です。

表面上では仲良さげにしている夫婦でも、実際にはこのような仮面夫婦は大変に多いです。

なので浮気が奥さんにバレてもすぐには別れようとしないし「もうあきらめているから大丈夫」と、彼女を心配させないようにします。

「浮気の背徳感ほど燃えるものはない」と考える男性は、奥バレしても別れない

男性の中には浮気がバレてもうろたえもせず、それどころか「背徳感ほど燃えるものはない」と考えます。

なので奥バレしても別れません。

このような夫婦はお互いに愛情のかけらも残っておらず、つながっているとしたら経済的な面だけです。

妻は「お金さえ入れてくれればいい」と考え、そのためなら「浮気は仕方がないこと」ととらえています。

しかしそれ以外は(旦那の)顔も見るのもイヤだし「生理的に無理」と夫に拒絶反応を示したり、家庭内別居になることも多いでしょう。

お互いに干渉なしでいれば、精神的にも楽だからです。

浮気について旦那は、一家の長としても「金入れてんだから文句言うな」と言いたいところかもしれません。

ところがそこまで考えていても、家庭に見切りはつけることはしません。

なぜなら彼にとって、浮気は別物だからです。

家庭があるからこそ浮気ができる、そしてさらに背徳感までも味わえる…、そんな風に浮気をとらえているのです。

だから奥バレしても、すぐに別れたりはしないでしょう。

すでに崩壊している夫婦関係なら「先のことはどうにかなる」と考えるので別れない

すでに崩壊している夫婦関係の夫が浮気しても「先のことはどうにかなる」と考えるため、奥バレしても別れません。

夫婦崩壊のダメージは、女性よりも男性の方が強いです。

失恋の痛手も男性の方が大きいことからも分かるように、破綻した夫婦関係のダメージも夫の方が強く受けます。

そういう時に出会った女性とは、親密な関係になりやすいです。

心にポッカリと穴が開いたような寂しさを埋めてくれるため、浮気相手になるまでそれほど時間はかからないでしょう。

彼の妻とは離婚寸前といったところなので、浮気に進むのは彼にとってはなんら問題ないのですが、法律上ではまだ既婚者です。

そして付き合っている女性は、浮気相手です。

今後もし離婚となれば、彼に女性がいることで不利になるのは確実です。

なぜなら穏便に離婚するためには、浮気相手がいないのが必須条件だからです。

しかし離婚までの顛末を想定できても、彼のダメージを埋めてくれる女性を手放す気はありません。

「先のことはなんとかなる」

そう思っているので、たとえ奥バレしても別れないのです。

妻には何を知られてもいいし、自分に言いなりだから浮気についても何も言わないだろうと思っている

妻には何を知られてもいいと考える男性は「あいつは俺の言いなりだから」と言ってきたりします。

たとえ自分の奥さんに浮気がバレしても、絶対に別れようとはしません。

彼にとって奥さんの存在は脅威でもなんでもなく、浮気がバレることもまったく恐れてないのです。

このような男性は、性格的にモラハラタイプが多いです。

「俺がいいって言ってるんだから大丈夫」

「俺の言うことを聞いとけばいいの」

こんな風に言ってきたり彼女に意見させない男性なら、間違いなくモラハラタイプでしょう。

彼女に対する態度は、そのまま奥さんに対する態度です。

奥さんにも「お前は黙っとけ」的な言い方をして、牽制します。

旦那の牽制を抑えてでも意見すればたいてい大げんかになるのは目に見えているので、妻はそれ以上言えないのです。

これが「俺の言いなり」と言ってくる理由です。

また子どもっぽいところが多いのも、このタイプの男性です。

あまり考えずに衝動的に行動するので、女性のフォロー無くしては生きられません。

モラハラタイプは相手に依存させますが、実は自分こそが女性に依存しているのです。

奥さんにバレても「別に」とこともなげで、薄ら笑いを浮かべたりもします。

彼にとって奥バレしようが、それが別れる理由にはならないのです。

奥さんに怪しまれても別れない不倫を続けたくなる男性の特徴

女性を見下すのは当たり前な亭主関白&俺様タイプ

奥さんに怪しまれても不倫を続けるのは女性を見下すタイプかつ俺様的モラハラ気質もある男性で、家庭では亭主関白を至上主義としています。

昔から亭主関白夫は「縦のものを横にもしない」と揶揄されてきたように、家庭では面倒臭がり屋で自分のことですらやる気なしです。

彼にやる気を失くさせている原因は、妻にあるのかもしれません。

俺様モラハラタイプは元々人に頼りたがる性質があり、妻としてはそんな旦那に尽くしすぎてしまうのです。

しかし尽くしても尽くしても、旦那は満足することはありません。

なぜなら尽くしすぎるのは、尽くす側である妻の自己満足に過ぎないからです。

またモラハラタイプの男性は性格上、人に対し心から感謝することができません。

つまり妻から尽くされるのは彼にとって感謝に値することではなく、ごく当たり前のことなのです。

一方で妻は「こんなにやってあげてるのに…」と不満をあらわにするようになるでしょう。

このような夫婦がうまくいくはずもなく、旦那は外に満足を求めるようになるのです。

ストーカー気質や粘着タイプの男性は、婚外恋愛に執着しやすい

ストーカー気質や粘着タイプの男性は婚外恋愛の対象相手に執着しやすいため、奥さんにバレても別れなくて済むよう必死です。

たとえバレても、しれっとしたものです。

もう会えないかと思いきや、何事もなかったかのようにデートの約束をしてきます。

彼の妻との間では浮気を巡り大揉めに揉めているのですが、決して表には出しません。

しかし彼の態度が一変するのが、彼女から「奥さんにバレたから別れよう」と言われた時です。

瞬時に彼は内に秘めたるストーカー気質を現し、避ければ避けるほど執拗に追ってくるようになるのです。

「(奥さんに)バレても絶対に別れたくない」

「本当に自分のことを好きなら逃げて欲しくない」

そう伝えても依然として逃げるように去っていく彼女に彼は茫然自失状態で、たとえ「ストーカー」と呼ばれようとも彼に残された手段は彼女を追うことだけなのです。

これが粘着タイプやストーカー気質の男性の心理です。

「そのうちなんとかなるだろう」と考えたり「難しく考える必要なんてない」と言い放つ楽観主義者

奥さんに怪しまれても別れないし不倫を続けたがるタイプは、楽観主義者の男性です。

楽観主義をモットーにする男性は「そのうちなんとかなるさ」が口癖の一つです。

また浮気相手にも「難しく考える必要なんてない」と言い放ちますが、これは不倫に悩む彼女を勇気付けようとする意味もあります。

細かいことにこだわらない点は彼の長所でもありますが、こと不倫関係においては短所につながる場合もあります。

楽観主義もほどほどが大事です。

なぜならほどほどにしておかないと、どこかで帳尻合わせをしなければならない事も出てくるからです。

また彼が不満に思うのは彼女が不倫という現実に向き合った時、突然暗い表情になることです。

彼にとって彼女と一緒にいるときが唯一、家庭のゴタゴタを忘れられるひと時です。

その大事な時間に彼がもっともやるせなくなるのは、彼女から笑顔が消えることなのです。

なので彼女にはいつも微笑んでいて欲しい。

だから「何も難しく考える必要なんてない!」と言ってくるのです。

彼の問題点は、彼女が悩んでいることに対し共感してくれない点でしょう。

このように楽観主義者は楽観視できない人の気持ちに共感できないことが多く、それどころか楽観視しないことをとがめたりもします。

「奥さんがいても恋愛したいのは独身時代と変わらない」と考える恋愛依存体質の男性

恋愛依存体質の男性は、たとえ奥さんに怪しまれても不倫をやめないし別れません。

不倫を続けたがるのは、いつも恋愛していたいからです。

自分が既婚者であってもたとえ奥さんがいようとも、独身時代と変わらずいつもドキドキしていたいのです。

そういう男性たちが結婚に満足できずにいると、ダブルスタンダードを求める傾向へと突っ走ります。

つまり家庭の安定さの中に恋愛の不安定さが介在することで、初めてトータルバランスが取れると考えるのです。

なので浮気がバレたからといっても、家庭を壊す気などさらさらありません。

奥バレした時も「もうこれ以上会うのは無理!」と、ギリギリの状態になるまで別れません。

なので突然音信不通になるなど、彼の方から一方的にフェイドアウトしてくることもあります。

しかし別れたとはいえ恋愛依存体質が変わるはずもなく、いつしか再び「恋愛したい熱」が再燃します。

彼が元カノと復縁を考えるのは、そこに安定感があるからです。

結婚の安定さと同じように、婚外恋愛にも無意識に安定を求めているのでしょう。

元カノなら彼に関する何もかもを理解してくれているからです。

元カノがその気なら「すぐにでも復縁したい」と思うのが、奥さんがいても恋愛したい恋愛依存体質の男性なのです。

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特に恋と運命の真実は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「恋と運命の真実」を初回無料でプレゼントしますね。

 

奥さんに怪しまれても別れない不倫関係はリスクが大きい

慰謝料を請求される可能性アリ。経済的な不安も少なくない

奥さんに怪しまれても別れない不倫関係を続けていると、奥さんから慰謝料を請求される可能性があります。

その額は数百万円に及ぶこともあるため、経済的な不安は避けられません。

奥さんが慰謝料を請求できるのは、不倫が故意または過失によるものかどうかが基準です。

そのほかにも「彼と奥さんの関係はすでに破綻している」と勘違いした末の不倫であっても、請求される対象です。

いずれにせよ既婚者と知っていながらの不倫であれば、妻という権利の侵害を受けたという理由で浮気相手に慰謝料を請求できるのです。

基本的には「確実に性的関係がある」という証拠が必要です。

証拠集めにはたいてい探偵を使い尾行&調査しますが、確たる証拠がないと慰謝料を請求しても認められないからです。

また仮に肉体関係はあっても「証拠がない」と主張しても「2人の関係によって夫婦関係が破綻した」という権利の侵害が認められれば、慰謝料を請求されることになるでしょう。

職場や家族に不倫関係をバラされた時のダメージは計り知れない

奥さんにバレても不倫関係を続けていると、周囲にバラされる可能性もあります。

特に職場や家族に不倫関係をバラされた時、そのダメージは計り知れないほど大きいのは確実です。

少なくとも悪い噂が立つのは避けられません。

また家族も心配してくるはずです。

どう見ても厄介な問題に巻き込まれているとしか思えないため「さっさと別れちゃいな」とそっと背中を押してくれる人もいるし、みな異口同音に「別れさえすれば全てが丸く収まる」と言ってきます。

でも思いやりから別れを後押しするような言葉に、思わず耳を塞ぎたくなることでしょう。

不倫をやめられないのは、相手と別れたくないからです。

簡単に別れられれば、こんなに苦労はしません。

しかし目の前には厳しい現実を突きつけられた状態です。

周囲にバラされたということは、この先ももっとダメージを与えるような行動を起こしてくるかもしれないからです。

そのように戦々恐々としている中で、彼と会うのはつらいものです。

物理的なリスクはもちろん精神的なリスクも負わなければならないこともあるのが、不倫関係なのです。

彼から突然の別れを切り出されるケースも少なくない

不倫関係によくあるケースが、彼から別れを切り出されることです。

もっとも高いリスクなのが彼との別れなのですが、不倫関係においては避けられない問題です。

おそらく奥さんとの間に何かあったのでしょう。

詳しいことは知るよしもありませんが、不倫をめぐってのやりとりがあったことは間違いありません。

だから彼の気持ちが180度変わったのです。

彼女にしてみれば青天の霹靂だし、割り切れない思いでいっぱいなはず。

しかし彼女とはいえ実際には彼の浮気相手という立ち位置ですから、何か問題が起きても非常に弱い立場です。

意見を言うことも、自分の我を通すことも許されません。

彼から突然別れを切り出されても、それに従うしかないのです。

もし「別れたくない」と彼にすがったとしても、逆に彼を元の家庭へと追いやってしまうことになるのです。

いずれ彼とうまくいかなくなることが出てくれば、将来への不安は必至

彼とうまくいっている時は良いのですが「いずれうまくいかなくなるかも」と考えれば、将来への不安を感じざるを得ないでしょう。

彼との結婚を夢見ていても、実は成就しにくいのが不倫関係なのです。

何かにつけ目の前に「困難」という名のハードルが出現し、2人の行手を阻みます。

彼が「妻とは離婚する」と明言していても、あまり期待しない方がいいのはそのためです。

期待すればするほど、彼はプレッシャーを感じてしまいます。

「プレッシャーを与えなければ、いつまでたっても奥さんと別れてくれないでしょ?」と考えているかもしれませんが、そうなると彼は逃げ腰になってしまいます。

奥さんと彼女の間に挟まれた状態の男性がどちらを選ぶかとなったら、家庭を選ぶものなのです。

離婚は結婚よりもエネルギーを必要とします。

そんな苦労を選んで離婚するよりは、渋々ながらも彼女と別れる方がまだマシなのです。

とは言え、家庭に戻っても彼はすぐには彼女のことは忘れません。

それどころか決して心中穏やかではなく、未練たらたらです。

しかし彼の前には「妻」という極めて高いハードルが鎮座しているために「会いたくてももう会うことはないだろう」と考えるのです。

一方で彼の離婚を待ち望んでいた彼女は、1人取り残され茫然自失といったところでしょう。

将来の展望も全て打ち砕かれ、どうしたらいいのかわからない日が続くはずです。

奥さんに怪しまれている不倫関係はやり方を変えるのがポイント

奥さんに怪しまれていたり完全にバレてしまったら、彼とはしばらくの間、距離を置く

彼から「妻に怪しまれている」と聞かされたら、彼とはしばらく距離をおいてください。

また完全にバレていたらすぐにでも連絡を断ち、数ヶ月は会わないようにします。

彼と距離をおけば、やがて何事もなかったかのような通常モードへと変わるはずです。

一方、そのまま何も変えずにいれば、どんどん相手の感情を逆撫でするだけでしょう。

彼とずっとうまくやっていきたいなら、状況によって行動を見極めることが必要になってきます。

また必ず自分の方から距離をおくことを提案してください。

「嫌々」とか「渋々」というようなゴネる態度を見せなければ、彼は「早くまた会いたい」と思ってくれます。

このように不倫関係が奥さんにバレたら、今までのやり方を1から変えることが何より重要です。

そのために距離をおくこと。

奥さんと対決しようとしたり、直接やり会ってなんとかしようとするのはまったくもって良くありません。

バレないように細心の注意を払っていても、安心して気を抜いた途端にバレるものです。

なのでどんなに頑張っても「絶対にバレないとは言えない」と覚えておきましょう。

少しでも怪しまれる気配があるなら、すぐにでも距離をおくくらいの慎重さが不倫関係には必要なのです。

不倫を匂わせない。メールやLINEなどの証拠はできるだけ消しておく

奥さんに怪しまれているのを感じたら、そこから不倫を匂わせないよう万全の注意を払ってください。

特に不倫が匂うとして奥さんがチェックするのは、メールやLINEです。

奥さんはなんとかして夫のスマホのロックを外し、内容をチェックしようとするでしょう。

浮気の証拠をつかみやすいのが、スマホだからです。

もし消さずに残していたら後の祭りです。

どんな流れになるかはそうなってみないとわかりませんが、予想できることはどれも最悪なことばかりです。

彼とは別れさせられる上「もう金輪際会わない」と一筆書かされるくらいならまだしも、裁判沙汰になって多額の慰謝料を請求されることも出てくるでしょう。

幸せになるはずの人生を、たったこれだけのために棒に振ることになる可能性もあるのです。

このような事態を避けるためにも、証拠になりそうなことは一切残さない。

これが不倫関係の鉄則です。

彼とお揃いのグッズや旅行のお土産なども処分し、SNSの発信も彼に関することはすべて削除してください。

2人の恋愛ルールを決めておけば、効率よい関係を維持できる

不倫がバレそうな時、2人の間で恋愛ルールを決めておくといいでしょう。

ルールに従って行動の遵守を基本にすれば、不測の事態が起きても無駄に焦ることはないし彼とより効率良い関係を維持できるでしょう。

考えたルールはメモ帳などにインプットしておき、忘れないようにしてください。

相手が身近な存在だとさらにバレやすいので、特に厳重な注意が必要です。

一例を見ていきましょう。

・外泊は不倫を疑われる要素が強いため、お泊まり旅行や朝帰りはせず、会ったその日は必ず家に帰ること。

・デート時の支払いは現金のみで領収書はレシートはその場で処分し、データが残るカードやスマホ決済は使わないこと。

・不測の事態が起きた時のために、2人の間で合言葉を決めておく。

・SNSに「いいね」」や「コメント」はしない。

・基本的に休日はデートせず仕事のある日になんとか会う時間を作る。

・彼の車でデートした場合、帰る前に髪の毛や証拠になるものが落ちていないかチェックする。

・すでに知っている友達は除き、まだ2人の関係を知らない人に付き合っていることを絶対に言わないこと。

・アリバイ設定をお願いできそうな友人を考えておき、もしもの時のために前もって一声かけておく。

奥さんに怪しまれそうなものはすべて隠しておく

奥さんに怪しまれそうなものはすべて隠しておくか、処分してください。

少しでも不倫を匂わせてしまったら、奥さんは猛然と証拠探しに奔走することでしょう。

旦那への感情はなんであれ、たいてい血眼になって証拠を見つけようとします。

たとえば猛烈な怒りの感情を抱えていたら、離婚を考えるのは当然でしょう。

夫をただで離婚などさせるわけにはいきませんから、慰謝料を請求するための証拠が必要です。

精神的苦痛を与えられたことが慰謝料を請求する理由だとしても、確実な証拠無くしては裁判では認められないのです。

また彼に罰を与えたいとか後悔させるために浮気の証拠を探すかもしれません。

さらに奥さん側に「絶対に離婚したくない」という思いがあれば、交渉の際に証拠があった方が有利です。

証拠さえあれば言い訳もできないし、浮気を認めるしかないでしょう。

だからこそ隠せるものはなんでも隠し、さらに怪しまれないようできるだけいつもどおりに接すること。

このやり方なら、奥さんの証拠探しをうまくスルーできます。

奥さんに怪しまれても別れない!不倫関係を続行させるための具体例

LINEよりSNSを使い、連絡後はすぐに消す

不倫関係を続行させるためには、LINEよりもSNSのDMを使うことをおすすめします。

また連絡を取り合ったらすぐに消してください。

フォローもしないこと。

面倒ですが、相手の名前を検索してからDMでのやり取りを。

連絡した内容を忘れてしまいそうなら紙にメモっておき、その後はできるだけ早めに処分してください。

もしLINEを使うのであればすぐに消すのはもちろんのこと、双方で同性の写真を使うなどアイコンにも工夫が必要です。

トークの内容も、同性を思わせるような雰囲気にすればなおのこと良し。

怪しまれても別れないための苦肉の策です。

普通にやっていれば必ずバレることを考えたら、これくらいワケないはずです。

また2人の間だけで通じる隠語や合言葉もチューンナップしておいてください。

今までのやり方を常に更新していく姿勢が重要です。

スケジュールアプリを使ってデートの日を決める

奥さんに怪しまれても別れないことを選ぶなら、スケジュールアプリを使ってデートの日を決めるといいでしょう。

おすすめのスケジュールアプリは「タイムツリー」です。

タイムツリーは、他者と共有できるカレンダーが特徴です。

しかも複数のカレンダーを登録できるところがポイント。

また自分専用のカレンダーも登録できるので、共有カレンダーとの使い分けができるシステムが使える点なのです。

ただし気をつけなければいけないのは、自分専用のカレンダーを奥さんに見られないようにすること。

そうなると完全にアウトですから、こちらもできるだけ早目に消すことが必須です。

念のために彼女の名前を男性名にしておくと安心です。

タイムツリーをうまく使いこなせば、ストレスフリーでスケジュール管理ができます。

デート場所は毎回変える。同じ場所は見当を付けやすいのでバレる可能性が高い

奥さんに怪しまれても別れないと決めた時、デート場所は毎回変えるようにしてください。

同じ場所でのデートは、奥さんが「ここかも?」と見当を付けやすいので、バレる可能性がグンと高くなってしまいます。

さらに怪しんだ奥さんが、探偵を使って調査することも考えられます。

そうなると同じ場所でデートは大変に危険です。

蜘蛛の糸に引っかかった蝶のように、簡単に調査の網に引っかかってしまうでしょう。

その点、毎回のように場所を変えれば探偵も証拠をつかみにくいです。

ひと口に尾行調査と言っても探偵社によってそのシステムはさまざまで、費用は高額なのがデフォルトです。

たとえば5時間の尾行調査に2人の探偵が派遣されたとして、総額約20〜30万円ほどです。

それでも証拠を掴んでくれれば、慰謝料を請求できるのでペイできる程度の出費です。

しかし証拠をつかめなくても、高額の費用が返金されることはありません。

なので調査を続けるには再び同じくらいの費用を捻出するしかないので、この時点であきらめる人も多いです。

このようなことから毎回デート場所を変えれば、多少なりともバレるリスクを避けることができます。

奥バレ後、慰謝料請求されたときの対処方法も考えておく

奥さんにバレた後、高い確率で慰謝料を請求される可能性があることを覚えておいてください。

不倫関係の場合、そのように「もしもの時のこと」も考えておく必要があります。

なので、早いうちに彼ともしもの時の対処の仕方を話し合っておきましょう。

ところがいざ話し合おうとしても、彼が聞く耳を持ってくれない場合もあります。

彼がその手の話を嫌がるようなら、決して無理強いはしないようにしてください。

その態度から、彼がいかに現実を見据えたくないかがわかるはずです。

彼はイヤなことから逃げ出したいのですが、その根本の原因は結婚に自分らしさを見いだすことができなかったのです。

結婚に飽きたか妻に愛想が尽きたかのどちらかがきっかけで、婚外恋愛に飛び込んだのでしょう。

彼が望んだ通りに本当の自分を見いだせる理想的な彼女を引き寄せられたのですから、不倫とはいえ出会いは必然だったわけです。

と、ここまではうまくいってたとしましょう。

一方で彼が結婚した背景には双方の家族や親戚など多くの人たちが絡んでいることもあり、自分らしさを出したいからと外に彼女を作るのはどだい無理な話で全く非現実的です。

独身もの同士の浮気とはわけが違うため、だから奥さんに内緒にするのです。

もし奥さんにバレた時のことを考えると、身震いするほどの恐怖を感じることでしょう。

慰謝料のことも、彼はわかっています。

でも「今は考えたくない」と単純に考えているのです。

彼からの突然の別れも想定しておき、これから先の人生を再構築する

彼からの突然の別れも想定しておいてください。

そしてこれから先の人生を再構築していきましょう。

もっとも考えたくないことかもしれません。

しかし人生で学びではないことは何ひとつありません。

大切な人との別れも、自分にとってはかけがえのない学びなのです。

不倫というワードには悪いことというイメージがつきものですが、スピリチュアル的に良いも悪いもありません。

一つの人間関係に過ぎないのです。

結婚そのものも歴史は浅いのを知っていましたか?

日本における一夫一婦制は、実は近代において設定された制度なのです。

人は本来自由であるべきです。

しかし不倫に根付く人々のネガティブな思考は、そう簡単には外れません。

不倫だからと悩むのは本来の自分による思考ではなく、過去の刷り込みなのです。

本当の自分を生きていることになっていないし、不倫に悩むのは自分に罰を与えているのと同じです。

どうすれば心地よくいられるか、そしてそれを選択し常に行動に移せば、本当の自分でいられます。

彼の奥さんが2人の関係をよく思わないなら、ものすごい勢いでネガティブなパワーを出してくることでしょう。

そのパワーに屈するのも抵抗するのも、どう選択するかにかかっています。

抵抗すればますます相手のパワーは強くなります。

しかしうまくスルーすることも可能なのです。

そのためには、感情に流されないこと。

そしてすべてのことをポジティブに捉えること。

それだけです。

そしてはっきりと言えるのは、意識がどうあるかで現実は変わるということです。

それが理解できれば彼との関係を不倫とは呼ばず、新たな人間関係と捉えることができるでしょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「奥さんに怪しまれても別れない不倫男性は難あり!今後の関係は気を付けて」

占い師 姫乃
奥さんに怪しまれても別れを選ばない男性は、何か事情があるにしろ問題が多いと見るべきかも。

恋愛したい欲求から、無意識にマッチポンプ的な行動に走りがちなのね。

それって彼の意思ではなく、先祖代々受け継がれているDNAや過去生の刷り込みだったりする。

だから彼女と別れても、また禁断の恋をしたくなるの。

不倫を始めるのは本当に簡単だし、うまくいっているうちはすごく幸せいっぱいよね。

でもその幸せがもっと欲しいからと、彼に過剰な期待を抱くのは絶対にダメ。

期待すると「そうなってほしい」という願望が、逆にそれを遠ざけてしまうから。

だからせめて「自分はどうしたいのか」をはっきりさせておいて。

そうすれば、何があっても動揺したり失望することもないはずよ。

 

2022年を彼と幸せに過ごす方法が分かります。


お読み頂きありがとうございます。

この記事を読んだあなたの中には、たくさんの知識とこれまでになかった新しい考え方が備わったはずです。

それらを駆使すれば、悩みはスッキリ解決しそうですか?

2人で2022年を笑顔で過ごすイメージや「彼と幸せになれる!」というビジョンが、今はっきりと思い浮かんでいますか?

もしもイマイチうまく思い浮かばないなら、一度に知るべき答えを全て教えてくれる方法を今から試してください。

恋と運命の真実」で占えば、恐ろしいほど全部分かります。

復縁成功の可能性や絶望的な状況から幸せを掴む方法…他にも2022年を幸せに過ごすための重要なカギを、初回無料で詳しく診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事