頭ポンポンする男性心理とは?よくあるシチュエーションと頭ぽんぽん以外の行動も併せると分かる脈あり度
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

男性から「頭ポンポン」された時「私のこと好きなの?」と、脈ありかどうかの気になるものです。

その男性がもしあなたの意中の人だったら、嬉しい反面「脈あり度がわかればいいのに」と少し不満に思うはずです。

そこでこの記事では頭ポンポンする男性心理のよくあるシチュエーションと頭ポンポン以外の行動と併せた脈あり度についてご紹介していきます。

また頭ポンポンされた時に女性たちはどう思っているのか、その本音と反応の仕方まで詳しく解説しました。

「頭ポンポン」という行動にまつわる秘められた心理とその実態に詳しくなれば、今後の恋愛関係もさらにスムーズに発展するでしょう。

女性だけでなく男性の皆さんもぜひ、目を通してみてください。

復縁メニューはこちら

男性に頭ポンポンされたことある?よくあるシチュエーションは?

職場で大変な仕事をこなした後、同僚男性に頑張ったことを褒めてもらいながら

男性から「頭ポンポン」されるシチュエーションでよくあるのが、「職場」です。

例えば大変な仕事をこなした後、ヘトヘトになっているあなたに「慰労」の意味を込めて「ポンポン」してくることがあります。

職場内のあ「頭ポンポン」には、他にも職種や職場の環境など様々なシチュエーションがあります。

接客業やサービス業の場合、最近よく問題になっているのが「クレーマーの存在」です。

神経を使って、なんとか納得してもらうのに必死になるものです。

「頭ポンポン」されるのは、クレーマーの対応がうまくいき、その客が帰った時です。

ヒヤヒヤものでその様子を見ていた男性たちは「よくやった!」と「頭ポンポン」してくることでしょう。

このような時ポンポンしてくるのは、いつもあなたを妹のように可愛がる年上男性たちで、そのほとんどが家庭を持つ既婚者です。

辛く悲しくどん底に落ち込んだ気分を彼氏に慰めてもらう時

どん底の気分で辛く悲しい時、彼氏に慰めてもらうようなシチュエーションで彼は「頭ポンポン」してきます。

彼は「よしよし」と言いながらポンポンしてくるでしょう。

それはまるでワンワン泣く小さい子どもをなんとか泣き止ませようとする、父親のようです。

あなたは辛く悲しい気分を味わいながら、出るのは「ため息だけ」です。

しかし「頭をポンポン」されているうちに、とても気分が落ち着くのを感じるはずです。

もしかすると実の父親にもポンポンしてもらったことはないかもしれません。

でもなぜか「彼の手の温かさ」と「頭に響く振動」が、心地良く感じるのです。

それは今までに味わったことのない感覚です。

やがてあれほど辛かった気分が、ずいぶん楽になっていることに気づきます。

「頭ポンポン」には、こんな風に傷ついた心を癒す効果もあるのです。

デート中に可愛くてたまらず大好きな気持ちを表現したい時

 

デート中に彼は、彼女のことが可愛くてたまらずに「頭ポンポン」してしまうこともあります。

たとえばベンチで横並びに座り、おしゃべりをしている時です。

「頭ポンポン」してくるのは、甘えたい気持ちから彼の肩に頭をもたげた時です。

実は彼はそういうシチュエーションの時、いい香りがする彼女が可愛くて思わず抱きしめたくなっているのです。

しかし周りの視線が気になってしまい、抱きしめるのはあきらめますが「せめて彼女の髪に触りたい」と思うのです。

そう思った彼は、自分の肩に頭をもたげたあなたの髪を撫でてくるかもしれません。

髪を撫でながら、その合間に「ポンポン」としてきます。

これは、あなたが甘えてきたことに対する彼の「大好き」という精一杯の表現です。

デート後さよならする前に彼女と離れがたい時

デートが終わりに近づき、彼女とさよならする前に「どうしても離れがたい」という気分になった彼は、たまらず「頭ポンポン」してきます。

この時、彼は寂しさや孤独を感じています。

彼がこのように感じている場合のほとんどは、彼女が「アッサリ帰ろうとしている時」です。

彼になんの未練もなくさっさと帰ろうとする彼女に「わ!ちょっとハグくらいしてもいいんじゃない?」と焦りを感じます。

これは確実に「離れがたい」と思ってるため、別れ際になんとか彼女に触れようとします。

しかしさっさと帰ろうとする彼女を引き止め、ハグする余裕などありません。

さよならの挨拶はハイタッチでも「バイバイ」と手を振るだけでも良さそうなものですが、なぜ頭ポンポンなのでしょうか。

彼は彼女の頭に触れて、その表情を見ることが楽しいのです。

それはまるで、子犬や子猫などの小動物に触れているかのようです。

もしかすると彼は、そういう小動物が大好きかもしれないし、実際に飼っている可能性もあります。

決してあなたをペットと一緒にするわけではないのですが、彼女の可愛い表情を見ながら「頭ポンポン」で、彼は心は癒されるのです。

突然なんの理由もなくポンポンされることもある

突然になんの理由もなく相手から「頭ポンポン」されることがあります。

「ポンポン」してきた相手が多少なりとも好感を持てる男性なら、悪い気はしないし「あれ?ひょっとして私にちょっと気があるのかな?」と嬉しくなるものです。

しかしあなたがなんとも思っていない男性や、ポンポンされても困るタイプの男性だと、かなり引いてしまうはずです。

代表的なタイプがやたらと体に触りたがる男性ですが、たいてい肩や腕、背中などにお構いなしに触れてきます。

それだけならまだ我慢できますが、そういう男性は黙っていると「頭ポンポン」もしてきます。

これはかなり踏み込んだ態度です。

もしこのまま黙って相手を許していたら、もっと過激な「セクハラぎりぎり」のことをしてくるかもしれません。

結論を言うと、相手の男性はあなたのことが好きなのです。

実はあなたがあまりいい顔をしないのを知っているのですが、まるで試すかのようにまた触れてきます。

あなたがキッパリと「やめて」と言わない限り、隙あらば触れようとしてきます。

友人男性に妹のように思われている場合は頭ポンポンされやすい

相手が友人男性の時、あなたを妹のように思っている場合があります。

これはあなたがどう思っていようとあまり関係ありません。

彼の家族構成の中に、実際に妹がいるかもしれません。

「お兄ちゃん」としての彼は、妹のような女性が可愛くて仕方がないのです。

あなたの存在は彼の妹を投影し、彼の目に映ります。

彼はあなたを彼女にしたいという気持ちはあまり無く、妹としか思えません。

彼が長男の場合、特にこのような傾向が強いです。

仕切り屋な性格を持ち、何事も上から目線のお兄ちゃん的な彼は、あなたを「可愛い」と思った瞬間に子供扱いするような「頭ポンポン」をやりたくなってしまうのです。

男性はなぜ女性に頭ポンポンするの?その心理は?

女性に触れたい時に露骨にならないのが頭へのボディタッチ

男性が頭ポンポンしたくなる多くの理由が「女性に触れたい時」です。

しかしいくら触れたいと思ってもむやみやたらにボディタッチなどできません。

相手の女性から嫌われるだけでなく口もきいてもらえなくなるかもしれないし、変態扱いされたり女性陣全員から敵視される可能性すらあります。

そんなリスクをおかしてまで、不自然に触れようなどとは思わないのです。

ところがそういう男性たちが脳をフル回転させて考えるのが「やっぱり触れたい」と思う時です。

きっと頭に触れるくらいなら別に変に思われないだろうし、子どものように「頭をポンポン」するだけなら、変態扱いだけはされないはずと考えるのです。

これはもう完全に「確信犯」ということです。

このように「頭ポンポン」する人の中には、計算づくな男性もいることを覚えておいてください。

「今日、Hはしないよ」の悲しいサイン

彼氏が頭ポンポンしてくる時「今日はHはしないよ」のサインです。

これはあなたがやる気満々だった時、大変に悲しいお知らせともいうべき「頭ポンポン」です。

付き合いが長くなると、女性の「彼がHしてくれなくなった」という声をよく耳にするようになります。

初めはうまくいってた恋愛関係も、3年以上経つと明らかに「Hの回数が減る」傾向にあります。

彼氏の中には「今日は疲れてるから」とか「今日はしない」とはっきり言う男性もいます。

しかし、もしHになりそうなシチュエーションの時に「ため息をつきながら頭ポンポン」されたら、まるで「今日は無理」と言われているようなものです。

またあなたは頭をポンポンされながら(目を覚ませ)とか(無理強いしないでね)と言われている気がしてしまうでしょう。

あなたはこの時の「頭ポンポン」に納得いかず「きっともう私には興味がないんだ」と悲しい気持ちになってしまうはずです。

付き合ってないけど相手の女性に愛情表現をしたい時

 

男性の中には、付き合っていないけど気になっている女性への愛情表現として「頭ポンポン」してくる人がいます。

たとえば友人関係の男性、職場の同僚や上司、学校の同級生や先輩などです。

世間話から始まり、冗談交じりやジョークでお互いに爆笑するような会話になった時が、彼が「頭ポンポン」できるチャンスです。

頭ポンポンしながら、無意識に相手との距離を近づけようとします。

実はこの時「彼女はイヤな顔をしていないか」「嬉しそうにしているか」など、相手の様子をつぶさにチェックしています。

女性の方は、と言えば、(話の流れ上、頭ポンポンされたのはしょうがないかな) と考えます。

でも「頭ポンポン」がたび重なった時、女性の頭上には「?」が浮かびます。

なぜなら「ちょっとやりすぎじゃない?」とか「何だかバカにされているみたい」と思ってしまうためです。

衝動的に「褒めたい」と思った時に頭ポンポンしか思い浮かばなかった

「頭ポンポン」してくる男性は「よくやった!」というように相手の女性を褒めたい時ですが、それはいつも衝動的です。

この場合の「頭ポンポン」は親の影響が強く現れています。

子どもの頃、親に褒められた時に「頭ポンポン」されたことが多かったかもしれません。

また褒められた時だけでなく、何かと「頭ポンポン」のシチュエーションがあったことでしょう。

たとえば小学校の入学式の時、父親に「大きくなったなぁ」と言われながらの「頭ポンポン」とか、運動会で頑張った時の「頭ポンポン」です。

このように男性の中では、細胞レベルで「頭ポンポン」が染み付いていて、幼少期から刷り込まれたプラスの経験はどんなに大人になっても衝動的に出てしまうのです。

逆に「親にポンポンされたことがない」という男性は、女性に対して「頭ポンポン」などとは、ゆめゆめ思いません。

実際にマネてみたとしてもぎこちない感じになってしまうのは、その男性にとって頭ポンポンの記憶がゼロに等しいためです。

彼女の機嫌が悪い時、少しでも機嫌を直してもらいたいから

好きな女性が機嫌悪そうにしている時、男性は「頭ポンポン」してくることがあります。

「少しでも機嫌を直してもらいたいけれど、さてどうしたものか?」

このように困り果てたときの、苦肉の策とも言えます。

その時、彼女はとりつく島がないほど機嫌を悪くしているかもしれません。

あるいは深く落ち込み、一筋の涙を流している可能性もあります。

男性は女性の涙に弱いもの。

涙を流す気持ちが理解できないのです。

なぜなら「男性は人前で泣いてはいけない」と固く決意しているためです。

男性によってはボロポロ人前で泣ける人もいます。

しかしたいていは、女性の泣き顔に弱り果てる人の方が多く「重い状況」と感じてしまいます。

そのような時はもう慰める言葉も見つからず、ただ「頭ポンポン」するしかありません。

ネガティブな状況から一転、彼女が笑顔になってくれれば、彼は心からホッとすることでしょう。

浮気を疑う彼女に「心配要らない」ということをわかって欲しい時

浮気を疑う彼女に「心配要らない」という気持ちで、彼氏が「頭ポンポン」することもあります。

あるいはまだ恋愛関係ではない二人が、ちょっとした誤解から仲たがいした時です。

せっかくうまくいきかけていたのに些細なことで相手の誤解を生んでしまった場合、早い解決が望まれます。

こういう時、ボディタッチが効果的なのですが、誤解している相手にいきなりのボディタッチは逆効果になることもあります。

リスクを避けるためにも「頭ポンポン」が効果的です。

頭にそっと触れ、軽くポンポンする行動には「信頼関係」があふれています。

信頼関係がないと彼氏は頭ポンポンはしないし、彼女も触れて欲しくないので嫌がります。

特に浮気を疑っているときの女性はセンシティブです。

疑ってかかっている女性に、言葉で何を言っても伝わりません。

こういう時こそ「頭ポンポン」なのです。

そこにはあるのは、彼の手の温かさと「安心感」です。

頭からジワジワと伝わってくる安心感で、いつしか心まで温まるのを感じることでしょう。

あなたは「もう大丈夫」と顔を上げ、彼を見ながら笑顔になれるはずです。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

実際頭ポンポンされると嬉しい?相手による?女性の本音

相手が好きな男性なら会うたびにやって欲しい

多くの女性たちは「頭ポンポン」してくるのが好きな男性だったら「会うたびにやって欲しい」と考えます。

「頭」というところがポイントなのですが、肩や背中などに触れられるのと比べるとなぜか心から可愛がってもらってるような気分になるのです。

これは「頭ポンポン」の経験がある女性ならきっと全員にうなづいてもらえると思いますが、ポンポンされると同時に小さい子どもになってしまうのを感じるのです。

まして好きな男性からの「頭ポンポン」なら、心を許したも同然なのです。

「頭ポンポン」は、そのような不思議なパワーを秘めています。

おそらくあなたは「好きにしていいわ」と言いたいのをこらえるのに必死です。

こうしてあなたは彼に「頭ポンポン」されるといつもいい気分でいられるため「会うたびにやって欲しい」と考えるのです。

ヘアスタイルが崩れちゃう!好きな人でも触れないで欲しい

「頭ポンポンされるとヘアスタイルが壊れちゃう!」と言う女性は、相手が好きだろうが嫌いだろうが誰にでも頭には触れて欲しくありません。

女性にとってヘアスタイルは、顔のメイクと同等かそれ以上に気を使う部分です。

特に前髪の問題はいつでも深刻な状況で、梅雨時期ともなるとその深刻さは「うつ」を引き起こしそうなほどです。

前髪の状態次第で、その日1日の気分ガラリと変わるのです。

たとえば前髪を上げてまとめたアップバングは、ちょっとでも触れられるとグシャっとつぶれてしまいます。

その他、頭頂部をアップにするポンパドールやハーフアップの場合も、上から軽く叩くだけで簡単に崩れてしまいます。

このようなヘアスタイルは、こなれ感を出すためにふんわりと仕上げていることもあって、いったん潰れてしまうと修復が非常に面倒なのです。

ですから、冗談交じりにでも「頭ポンポン」は、絶対にやって欲しくないのです。

このように「頭ポンポン」した女性が途端に不機嫌になってしまうのは「ヘアスタイルが壊れる!」と迷惑に感じているためです。

相手から一方的な好意を示す頭ポンポンには「あざといイメージしかない」

相手の男性から一方的に好意を示されるような「頭ポンポン」に対して、女性はあざといイメージでしかありません。

「あざとい」とは「要領のいいさま」や「抜け目がない」と言う意味で、ある特定の人のことを判断した言葉です。

一例として、小悪魔的なイメージの女性を指しながら「あの子、あざといよね」などと表現します。

また男性の場合、あざとさを持つのはイケメンなモテタイプに多いのです。

特徴的なのが、さも女性の気持ちを試すような行動をとることです。

これは多くの場合、今の彼女に満足していないときの「乗り換え」を考慮した上での行動です。

乗り換えにはとても慎重です。

なぜなら今カノとのトラブルになりかねないためです。

しかしそのあたりの問題もスルリとうまくかわせるのも、このタイプの男性なのです。

まさに「あざとさの極み」と言えるでしょう。

モテタイプの男性からもし「頭ポンポンアプローチ」されても、その背景を考えたら容易に誘いに乗らないほうが良さそうです。

「職場の上司の頭ポンポン」はセクハラに感じることもある

 

職場の上司に「頭ポンポン」された時、女性の多くはセクハラに感じている場合もあります。

これは上司のタイプにもよります。

人間的にできているタイプの上司や、比較的年齢が近いタイプなら、違和感に感じないかもしれません。

いつも仕事ぶりを温かく見守ってくれるような理想的な上司であれば、「頭ポンポン」はむしろ嬉しい出来事でしょう。

自分を認めてもらっているような気がするため「また頑張ろう」と言う気になるものです。

上司としての誰もが一目置くような存在なら、仕事もしやすく、また職場の雰囲気も良いのではないでしょうか。

しかしこれとは逆に問題なのが「セクハラタイプの上司」です。

こういうタイプの男性が頭ポンポンしようものなら、あなたは即、逃げたくなるはずです。

あなたの中の「警報アラーム」がマックスで鳴り響き、ちょっとでも触れられたならすぐにでも頭を洗いたくなることでしょう。

このような上司がいる職場では、社内全体の雰囲気もあまり良くないかもしれません。

好きでもない年下からポンポンされるとチャラい

好きでもない男性からの「頭ポンポン」はやめて欲しいものですが、それが年下だとさらに「チャラい」と感じ、最悪な気分です。

「頭に触れる」という行動は、年上女性に対しては失礼に当たります。

ただ女性の同意があれば大丈夫かもしれないし、シチュエーションによってはまったくノープロムレムです。

一例を挙げるなら、たとえば飲み会の席での「頭ポンポン」です。

お互いにお酒を飲んで気持ち良く酔った状態なら「無礼講」ということで、多少ハメを外す状況になっても仕方がありません。

しかしそういう席以外での「頭ポンポン」は、年上女性にとっては痛い行動です。

「チャラい」としか思えないし、女性から一度「チャラい」という不名誉な称号を付けられると撤回は難しいのです。

何とも思っていない男性からいきなりポンポンされても気分が悪いだけ

いきなり「頭ポンポン」された時、相手の男性のことを何とも思っていないと気分が悪くなるだけです。

「そんな権限ないでしょ!」とばかり、猛烈に腹を立てるかもしれません。

彼はおそらく調子に乗って「やりすぎてしまった」のです。

これは男性の10人に一人はいるタイプで「場の空気が読むのが苦手なタイプ」です。

つい調子に乗りすぎてしまうため、彼の行動によっていつも周囲の人は引いてしまいます。

このような男性は、相手がどう思っているか考えるような心の余裕はありません。

衝動的に行動に移してしまうので、側にいるときは注意が必要です。

特にお酒を飲むようなシチュエーションでは、離れて座ったほうが無難です。

もし体に触れてきたり頭ポンポンされるようなことがあれば、心地良い酔いも一気に冷めてしまうでしょう。

 

好きな人には可愛く思われたい!頭ポンポンされた時…どう反応すべき?

初めてのポンポンは驚いた表情で口をぽかんと開けたあと笑顔になる

好きな人からの初めての「頭ポンポン」は、あまりにも突然なのであなたはたぶん驚いた表情しかできません。

びっくりする同時に、口をぽかんと開けたままでしょう。

でもいくら驚いたからといって、そのままでいたら「ただの変な人」です。

こういう時こそ、できるだけ早く気を取り直すことが大切です。

1秒でも早く「笑顔」になりましょう。

相手の男性はあなたのびっくりした表情を見て、逆に驚いている可能性があります。

「なんか悪いことしちゃったかな」と思っているかもしれません。

ですが、即行で笑顔になればなんとか大丈夫でしょう。

お互いに笑顔になれれば「万事OK」です。

相手に悪い印象を与えない程度に恥ずかしがる

好きな人に「頭ポンポン」された時、ちょっと恥ずかしがってみてください。

極端に恥ずかしかると相手に悪い印象を与えてしまいますから、あくまで「ナチュラル」に徹しましょう。

あなたが頬を赤らめて恥ずかしがる様子に、相手はキュンとなるはずです。

相手の男性もあなたに多少なりとも気があるので「頭ポンポン」してくるのです。

あなたが恥ずかしがる様子を見た相手は「自分に気がある!」と確信します。

これは「頭ポンポンに恥ずかしがっただけで相手との意思疎通ができた」ということです。

好きな相手と恋愛関係へとつなげていくためのコミュニュケーションは、ちょっと難しく感じるものですよね。

告白するのも勇気が要るし、そういうチャンスはなかなかやってくるものではありません。

このような時、相手からの「頭ポンポン」は「好き」を確かめるに絶妙なタイミングと言えます。

嬉しそうに何度かうなづきながら微笑みを絶やずにいる

好きな人には可愛く思われるには「頭ポンポン」されながら「嬉しそうに相手を見つめながら何度かうなづく」ということです。

この時、爆笑したり大げさに笑ってはいけません。

口角をグッと上げた「ニコちゃんマーク」を思い出してください。

あのような笑顔で相手を見つめましょう。

なんとなく自分の可愛さが想像できるはずです。

ポイントは「相手の目を見つめる」ということです。

相手の目を10秒ほど見つめるだけで、相手にあなたに惚れてしまう可能性が高まるのです。

恥ずかしさをかなぐり捨てて、チャレンジしてみてください。

相手はもうキュンキュンでしょう。

ポンポンする彼の手の上に自分の手を乗せて一緒にポンポンする

 

彼をもっとキュンキュンとさせる方法が「ポンポンする彼の手の上に自分の手を乗せる」ことです。

ポンポンする彼の手に重ね合わせた自分の手。

想像しただけでもなんだか興奮してきませんか?

なんなら手を重ねたまま一緒に自分の頭をポンポンしてしまいましょう。

こんな風にユーモラスにとらえてくれる女性に、彼が好感をもたないわけがありません。

この時も彼の目を見つめながら、微笑みを絶やさずにいてください。

彼はたまらず、あなたの手をとり自分の手を絡めてくるかもしれません。

「こらこら〜」と言いながら彼にポンポンのお返しをする

好きな人に「頭ポンポン」されたら「こらこら〜」と言いながら、彼にお返しのポンポンをしてしまいましょう。

相手に本気で可愛く思われたいなら、こんな風に愛されキャラ的な態度をほんの少し出してみるのもアリです。

もしかするとただポンポンされてるのを笑顔で受け止めるだけよりも、効果的かもかもしれません。

なぜなら「好き」という気持ちを積極的に行動に表したほうが、より相手に伝わりやすいためです。

言葉では伝えにくくても、行動によって相手への好意はちゃんと伝わります。

「告白する」という緊張感たっぷりなシチュエーションを苦手とする男性は多いのです。

楽しく明るい雰囲気の中で二人の仲を深めていくのは、もっとも理想的と言えます。

ポンポンのおねだりをすると逆に相手はそうしたくなくなる

「頭ポンポン」で気をつけなければいけないのが「おねだりはNG」ということ。

おねだりしてしまうと、なぜか相手はそうしたくなくなってしまいます。

これは「心理的リアクタンス」と呼ばれるもので、自由を奪われそうな時に起きる意識のことです。

私たちは「自分でやることは自分で決めたい」という欲求を持っています。

なので、誰かに「やってよ」などと言われると自由を奪われる気がして、逆にやりたくなくなるのです。

このような心理が働くため、おねだりしてはいけません。

今まで「おねだりは可愛さの象徴」と思っていたら、意識を変える必要がありそうですね。

 

頭ポンポンイコール脈ありとは限らない。ぽんぽん以外の行動も併せて見抜くあなたへの脈あり度

職場や学校でたびたび目が合うようなら「脈あり度10%」

頭ポンポンされた後、たびたびその人と目が合うようなら、脈あり度は10%程度です。

対象の男性は、同じ職場の同僚や上司、先輩とか、学校の同級生や先輩などです。

目が合うのは、その人と似たような波長を持っているためです。

同じレベルの波長同士は何かとシンクロニシティが起きやすいのですが、目が合うこともその一つです。

だからと言って相手に脈があるかと言えば、実はそうでもないのです。

相手も「やたら目が合うなぁ」という感じでいます。

ですからこの先二人が恋愛関係になるのか、そうならないのかは全く予想もつかない状態と言えるでしょう。

あなたの目を見て笑顔で話す相手なら「脈あり度30%」

「頭ポンポン」してきた男性が、その後もあなたの目を見て笑顔で話してくるような相手なら、脈あり度は30%程度です。

この程度ならまだ確実に脈があるとは言い切れません。

相手の性格にもよりますが、このような行動を自然に取れる男性は、たいていフレンドリーなタイプです。

つまり誰に対してもフレンドリーさを忘れないため、あなたにも「他の人と同じように接しただけ」ということです。

これがきっかけで恋愛関係に発展するとは言い切れません。

しかしあなたがどう反応するかによって、二人の関係が変化する可能性は十分にあります。

明らかにあなたに興味を持っている態度なら「脈あり度50%」

「頭ポンポン」してくる男性が明らかにあなたに興味を持っているような態度なら、脈あり度は50%を越えます。

彼はプライペートな質問をどんどんしてきます。

あなたが嫌がらずに何でも答えてくれるなら、彼はもっと質問してくるでしょう。

質問してくるのは、休日には何をしているのか、好きな食べ物、好きな音楽や趣味などです。

このように質問してくる意図は「あなたとの共通点」を見つけることです。

ただ、彼は以前から誰に対しても興味を持ちいろいろ質問してくるような性格かもしれないのです。

そのため、あなたに恋愛感情があるかないかは、この時点では何とも言えません。

いつも相手が近い距離にいると感じることが増えたら「脈あり度70%」

 

相手の男性が気づくといつも近い距離にいたり、たびたび「頭ポンポン」してくるような時、脈あり度は70%です。

このあたりからややハイスコアになりますが「脈が無いことは無い」と見て大丈夫です。

これは「恋愛関係の序章」と言える段階です。

彼はあなたに気軽に触れることができる「頭ポンポン」がとても気に入っているのかもしれません。

ところが「頭ポンポン」するためには、あなたの近くにいなければなりません。

「その機会を逃すまい」とばかりに、あなたの近くに留まろうとします。

なので気づくといつもあなたのそばにいるのです。

また「頭ポンポン」を狙っているわけではなくても、あなたの近くにいたいと感じている場合もあります。

理由はわからないけれど、あなたのそばにいるのが「心地良い」のです。

でも彼は「これがいつしか恋に発展するかもしれない」とはまだ気付いていません。

やたらと親切心を出したりあなたの助けになろうとするなら「脈あり度80%」

相手がやたらと親切心を出してあれこれ手伝おうとしたり、頼んでもいないことに手を貸そうとするようなら脈あり度90%です。

相変わらず「頭ポンポン」は、してきます。

しかし以前と違うのは「一歩踏み込んだ行動に出てきた」ということです。

何かとあなたに関わろうとしますが、これはあなたに注目している証拠です。

相手の心境は「いい感じ」と思っていて「遊びに行こうと誘おうかどうか」迷っていることも考えられます。

もはや彼の脳内は次のステップに向け、あらゆる期待と妄想がフル回転しています。

相手が具体的に二人で会うきっかけを探し始めたら「脈あり度90%」

いよいよ相手が具体的に二人で会うきっかけを探し、実際に誘ってきたら脈あり度90%です。

どう転がっても「相手はあなたに脈あり」です。

告白しようかどうか迷っている可能性もありますが、まずは無難な路線を考えます。

いきなり告白して嫌われたら元も子もないためです。

「頭ポンポンも嫌がらないどころか嬉しそうだし」と考え、勇気を振り絞って遊びに行く約束を取り付けようとします。

その心境は「何度かデートしていくうちにもっといい関係になれるかもしれない」と期待しているのです。

あなたがデートの誘いに乗ってくれたら、おそらく彼は天にも昇る気持ちでしょう。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「頭ポンポンは彼なりの愛情表現。恋愛関係に進んでもあなたを大事にしてくれる」

占い師 姫乃
「頭ポンポン」してくる男性があなたの好きな人なら、すごく微笑ましいしなんともうらやましい限りよね。

変に体をベタベタ触ってくるようなチャラ男よりは、数千倍好感が持てるというもの。

ま、ちょっとヘアスタイルが崩れるのは問題だけど、これが彼なりの精一杯の愛情表現だと思えば許せるかも。

恋愛関係へ到達するまでは、相手とどうコミュニケーションを取るかでその後の関係も決まっていくわ。

あなたを可愛がってくれるような「頭ポンポン」をする男性なら、ほとんど問題無いかもしれない。

恋愛関係に進んでも変わらずあなたを大事にしてくれるはずよ。

今回も最後までご覧くださってありがとうございます。

これからも心を込めて、あなたの恋愛を後押ししていきますね。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事