復縁の決め手は元カノから言われたあの言葉!男性がやり直そうと決意するセリフと効果的な伝え方   
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

元カノの言葉に心動かされ、復縁を決める男性がいるのをご存知ですか?

「あの時元カノに言われたひと言で復縁を考えた」

「やり直したいと思っていた時に、元カノにこう言われなかったら復縁はなかった」

復縁を決定づけるきっかけは、意外にも元カノが握っていることも多いようです。

ではいったいどんな風に言えば、元カレに伝わるのでしょうか。

この記事では、男性がやり直そうと決意してしまうセリフと効果的な伝え方をご紹介しています。

実際に復縁の決め手になったセリフや元カレにやり直したい思いを言う時の効果的な伝え方まで、復縁したい女性たちのために役立つ内容を厳選してお届けします。

記事を読み終えたら、さっそくやってみてください。

 

復縁メニューはこちら

男性にはしぐさよりも言葉でわかりやすくアピールするべき理由

脳の仕組みには男女差があるから

男性はしぐさよりも言葉で伝えた方がわかってもらえる理由の一つに「脳の仕組みの違い」があります。

私たちの脳は直感や感性をつかさどる左脳と、思考や言語をつかさどる右脳とに分かれています。

右脳と左脳を繋いでいるパイプのような役目をしているのが、脳梁と呼ばれる器官です。

脳科学によると、女性は男性に比べ脳梁が発達しているため、左右の脳もバランスよくはたらきます。

女性同士でいると会話に花が咲くことが多いですよね。

またおしゃべりの話題もコロコロとよく変わります。

気の合う友達となら何時間でもしゃべっていられる、という人も多いのでは?

このようにおしゃべりが活発に繰り広げられるのは、左右の脳がバランス良くはたらいているためです。

私たち女子が普通に交わすこのおしゃべりですが、男性にとって理解しがたいものなのです。

もちろん男性同士も会話が盛り上がることはよくあること。

しかし女性に比べると、その頻度へ決して多いものではありません。

男性にとっての会話は、大事な商談と同じレベルと考えてください。

女性のように何時間もおしゃべりに花を咲かせる、ということはできないのです。

このようにしぐさよりも言葉でわかりやすくアピールするべきなのは、男女で「脳」の仕組みに違いがあるためです。

男性には女性特有の「言わなくても察してほしい」が理解できない

「言わなくても察してほしい」と思うのは、女性特有の感情です。

これはカップルのケンカでもよくみられる「誤解を招く」シチュエーションです。

例えば彼の理解できない行動に対して「こんなこと言わなくてもわかるでしょ!」と、彼女の怒りをかってしまうことがあります。

多くの女性は言いたいことがあると黙り込みます。

なぜならはっきり相手に伝えることで、自分をさらに傷つけてしまうことを恐れるためです。

黙りこくった彼女を前に、彼はどうすることもできません。

彼女の心情か理解できないので、頭の中は「?」でいっぱいです。

多くの男性は、はっきりと具体的に言われない限り永遠に理解できないのです。

彼女に「言われなくても察してほしい」と言われても、何を察していいのかすら謎に包まれたままです。

このようなことから、しぐさだけで伝わることはほぼ期待できない、ということを覚えておきましょう。

女性とはコミュニケーションの仕方が根本的に違う

男性と女性とでは、根本からコミュニケーションの取り方が異なります。

男性の多くが言葉によってでしか相手の心情を理解することができません。

そうでない場合、彼なりにいろいろ考えますが、結果的にはっきりとわかるのは「言葉」だけです。

一般的な女性は、男性よりも場の空気を読んだり、相手の心情を感じとるのが得意です。

ふさぎ込んでる人を見ると「そっとしておいてあげよう」と気遣います。

また無意識に優しくしてあげたくなるものです。

ところが男性の場合、大胆にも「どうしたの?」と聞いてしまう人が多いのが現実です。

ぶしつけに思える行動に対して、相手から「鈍感な人!」と思われかねません。

しかし、良かれと思って相手に聞くのであって、相手の気分を害そうなどと夢にも思ってないのです。

もちろん女性並みに気遣いできる男性もいますが、たいていの男性は女性と比べた場合、コミュニケーション能力に多少の差がみられます。

物事を論理的に考えることから誤解を防ぐため

一般的に男性は物事を論理的に考えます。

ところが、もし相手の心情を察したくても何の情報も入ってこなければ、論理的に考えられないどころか相手を誤解してしまうだけです。

誤解はあらゆるトラブルを招く元です。

このような誤解を避けるためにも、男性たちは「言葉」によって確実に理解しようとつとめます。

また物事を曖昧なままにしておかず、はっきりとさせたがる性質は「男性ならでは」とも言えます。

言葉によって確実に理解できた時だけ、男性は心から安心するのです。

言葉を重視するのは相手をより深く理解したいから

男性は相手をより深く理解するために、言葉を重視します。

むしろ「言葉以外にはない」と考えます。

これに対し、女性はどちらかというと「しぐさ」を重視し、「女性らしさはしぐさにある」と考えます。

また女性にとっての幸せは、「幸せ」と言葉で発するより、雰囲気や態度、しぐさからかもし出されるものです。

これは女性が感情で行動する性質があるためです。

いくら効果的な言葉を使ったところで、しぐさが伴わないと、なぜか不自然に感じてしまいます。

言葉を重視し相手をより深く理解しようとする男性とは、まさに対極と言えるでしょう。

 

実際に復縁の決め手になった言葉やセリフ

NO.1は「やっぱりあなたが好き」というシンプルな言葉

元カレが「やり直そうかな」と決意させるセリフのNo.1は「やっぱり好き」というシンプルな言葉です。

「好き」と言う言葉には、心が温かくなるパワーを秘めています。

元カノから「やっぱりあなたが好き」と言われたら、元カレの心はほんのりと心が温かくなることでしょう。

もし別れた後、元カレが寂しい思いをしていたらおそらくこの言葉に飛びつきます。

一気に復縁へと突き進むでしょう。

でも元カレに迷いがあったら、一気に復縁とまではいきません。

しかし「やっぱりあなたが好き」と言われることは、最上級に自分を認めてもらえる要素があります。

元カレの心を揺り動かすことには間違いありません。

「離れてみてやっぱりあなたが大事だと気づいた」というセリフは恥ずかしくてもあえて言うのが大切

離れたことで初めて相手の大事さに気づくことは、よくあること。

しかしそう気づいても恥ずかしいからか、なかなか言葉にする人はいません。

なぜなら気恥ずかしさや、照れ、あるいは「言わなくてもわかるでしょ」という心理が隠れているからです。

なので、このセリフを元彼に伝えるのはちょっとした勇気が必要です。

勇気が必要だからこそ、元彼の大事さを言葉に発するべきなのです。

元カレは、必ず「元カノが自分の大切さをやっと理解してくれた」と感じます。

恥ずかしさや照れは横においておき、思い切って元カレに「あなたが一番大事」と伝えましょう。

「〇〇くんがいないとダメなんだ」というセリフに元カレは感動する

「〇〇くんがいないと私ってダメなんだよね」というセリフもかなり効果的です。

このセリフを聞いた元彼は、感動し一念発起するはず。

男性は女性に頼られると「俺が頑張んないと!」と感じます。

また好きな女性を幸せにすることが、男性としてのミッションなのです。

ケンカ別れした場合、男性の多くは元カノに良い印象は抱いていません。

しかしこのようなことを言われたら「これは参った!」と感じるでしょう。

まさに「100歩譲られた状態」です。

どんなに激しいケンカをして別れたとしても、元カノの素直な言葉に感動します。

もしかすると惚れ直されるかもしれませんし、2人の関係も別れる前より良くなる可能性大です。

仲直りと同時に、復縁は間違いなさそうです。

「いつもあなたが忘れられなかった」という言葉は元カレのプライドを満足させる

「いつもあなたを思い出してたし、忘れることはなかった」というセリフは、元彼があなたに対する意識を高めてくれます。

「元カノの頭の中には常に自分の存在がある」という意識は、元カレのプライドを十分に満足させるものです。

「まんざらでもない」と感じると同時に、逆に元カノへの愛しさも感じることでしょう。

それまでどんなに元カノへの嫌悪感があったとしても、もしそう言われたら180°気分が変わります。

元カレの承認欲求が最大限に満たされ、さらに「元カノを見直す」というおまけまで付いてきます。

ところが逆効果もあることを覚えておきましょう。

このセリフが元カノの一方的な感情で発せられた時、「だから何?」と元カレに思われてしまうことがあります。

男性としてはこのような時「なぜ忘れられなかったのか、その根拠を知りたい」と疑心暗鬼になります。

もし反応が素っ気ないものだったら、ちょっと深読みしてみてください。

「こんなこと言われて元カレは恥ずかしいのかもしれない」

「でもどうして忘れられなかったのかを言えば納得してくれるかもしれない」

このように忘れられなかった理由をいくつか事前に考えておけば、元カレの反応にガッカリせずに済みます。

復縁するための男性心理を操る方法がこちら。
 


 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元カレにやり直したい思いを言う時の効果的な伝え方

LINEするタイミングは、ホッとひと息つく夜の時間帯がベスト

元カレにやり直したい思いを伝えるには、タイミングが大切です。

通話はもちろんのこと、LINEにも効果的な時間帯がありますが、それは「夜」です。

多くの人にとって夜は、忙しい仕事を終え、ホッとするひと時を過ごす時間帯です。

しかしひと口に「夜」と言っても避けたほうがいい時間帯もあります。

それは、晩ご飯を迎える頃です。

食事中にもスマホをチェックする男性もいますが、当然食べるほうが優先ですから返信はまったく期待できません。

また接待が多い男性も、LINEするタイミングは難しいでしょう。

もし元カレのLINEに着信があっても、酒席ではゆっくり読むヒマはありません。

そのままスルーされるか、忘れられるかのどちらかでしょう。

午前0時を回るような時間帯も、避けます。

夜ご飯のあと仕事で疲れすぎているため、そのままソファで寝てしまう場合も考えられます

気づけば明け方になっていたら、せっかく打ったLINEもスルーされる可能性大です。

このように考えるといつでもチャットできるのがメリットのLINEも、本気度の高い効果を狙うならいつでもいいというわけではないようです。

元カレの生活パターンを知っているなら「ホッとできる時間帯」を選んで、LINEするのが最も効果的といえるでしょう。

もし生活パターンがわからなければ、多くの人がくつろぐ時間帯である夜22時〜23時がおすすめです。

深夜帯に連絡するのは、あらゆる理由から避けたほうが良い

深夜帯の連絡はNGです。

これにはあらゆる理由があります。

誰もがグッスリと寝つく深夜、突然に着信音があったらちょっと迷惑ですよね。

連絡を待ち望んでいた人からのLINEだったら、大喜びで飛び起きるところですが、そうではない場合、明らかに相手の傍若無人さを感じてしまいます。

「なんだよ、こんな時間に!」とイラっとさせてしまうかもしれません。

また深夜は完全にプライベートな時間帯です。

特に男性にとって一人きりになっていろいろ考えるひと時は、ほかに変えられないほど大事です。

その時間に突然連絡が来たら、元カレは困惑するだけでしょう。

プライベートに土足で入られた気分さえします。

以上のことから何か特別なことがない限り、深夜帯の連絡は避けたほうが無難です。

休日の夜なら元カレの気持ちに余裕があるからハードルが低くなる

良いタイミングが狙えることから、ハードルが低いのが「休日」です。

しかも休日の夜なら、元カレの気持ちにもかなり余裕があるはず。

連絡をするときに考えるのが「相手の機嫌が悪くないといいな、」ということ。

もしタイミング悪く機嫌が悪い時だったら、即アウトです。

しかし機嫌が悪い可能性が低いのも、休日です。

休日は時間に縛られることなく、自由を感じています。

それなりにリフレッシュし、再び忙しい明日のためにひと時の安らぎの中にいます。

その状態が、ベスト中のベストです。

「やり直したい」という元カノのセリフにも抵抗を感じません。

むしろ前向きにとらえることができるので、その後もうまくいくでしょう。

やり直したいと言う前に準備段階は必ず行うこと

「やり直したい」という前に、必ず準備段階を踏んでおくいいでしょう。

なぜ準備が必要かというと、復縁はそれなりにデリケートな案件だからです。

やり直したい思いをことさら強く意思表示しようものなら、相手は即行で引いてしまいます。

それどころかもう一生相手にされなくなる可能性すら出てきます。

ですから、できるだけ準備段階を踏むことをおすすめします。

まずは「いきなりLINEしても大丈夫な間柄か」ということを考えます。

協調性があり気分屋でない元カレだったら、LINEしても問題なさそうです。

LINEだったら「やり直したい」という気持ちを文字にできるので、素直に打ち明けられます。

その流れでお互いがどう思っているかなど、今の気持ちを共有できるはずです。

しかし「いつも機嫌が悪いことが多い」「オレ様的で扱いづらい性格」の元カレだったら、こうスンナリとはいかないでしょう。

一触即発で、どんな怒りをかってしまうかわかりません。

そのよう場合は、連絡を取ることに慎重になるしかありません。

LINEのタイムラインやSNSなどで元彼の様子をうかがいながら、そのタイミングを押しはかります。

元カレが難しい性格であればあるほど、より素直な気持ちで「やり直したい」と伝えることが大切です。

このようにある程度予想がつくことに対して心の準備をしておけば、後で困ることがなくなります。

別れた原因がケンカなら自分の非を認め素直に謝れば話が早い

別れた原因がケンカだったら、最初の連絡はまずは素直に謝ること。

自分の非を認めてしまうのが、一番話が早いのです。

ケンカ別れからの復縁は話が複雑になりやすく、後々もこじれやすいもの。

こじれる原因は、お互い意固地になり素直さを失っているためです。

2人して「向こうが悪い」と相手のせいにしていたのでは、いつまでたっても状況は変わりません。

こんなときこそ「先に謝ったほうが勝ち」です。

不思議なことに自分から先に謝ると、相手が「申し訳ない」という気持ちが湧き起こるのです。

「いやいやオレの方が悪かったんだってば」となり、双方で頭を下げあう面白いシチュエーションとなるでしょう。

しかし中には「そうだろ、どう考えてもお前の方が悪い!」と憮然とする男性もいます。

かなり性格が悪いという印象ですが、こう言われたらグッと我慢し大人対応を見せるか、イラッとしてしまうかはあなた次第。

でも一つだけ言えるのは、あなたのせいにする男性は「心がか細い」のです。

そのように「心がか細い元カレでも好きだから仕方がない」と腹をくくることができるなら、復縁してもうまくいきます。

元カレが「会って話したい」と言うのなら会うが、もしそうでないなら「LINEが○」

元カレから「会いたい」と言われたのでなければ、LINEで伝えるのがいいでしょう。

会って直接気持ちを伝えたい思いがあっても、会うためには元彼に時間を作ってもらわなければなりません。

元カレに会いたい気持ちがあるなら乗り気でしょうが、そうでない時は無理に会ってもらうことになります。

直接会って話せるのは、元カレが「会おう」と言ってきたときだけです。

それ以外はLINEやメールがベストです。

元カレの浮気から別れた時、浮気相手ときっちり別れているかを確認することが大切

別れた原因が元カレの浮気だった場合、相手ときっちり別れているかどうかの確認はマストです。

もう会わない、もう完全に別れた、という確証なしに自分の思いを伝えないようにします。

どんなに元カレを思う気持ちが強くても、どんなに浮気相手より自分の方が上手(うわて)だと感じていても、です。

浮気相手とキレていない限り、元サヤになる可能性は十分にあります。

きっちり切れていない状態なのに、あなたがどれだけ元カレへの熱い思いを伝えたとしても「のれんに腕押し」となってしまうか、三角関係となってこじれてしまうでしょう。

こうなると誰もが不幸になってしまうパターンが見えてきます。

このようなことを避けるためにも「突き進んでいいとき」のタイミングを見計らうことが大切です。

遠距離恋愛の場合、突然会いに行ってしまうのも効果的

もし遠距離恋愛だったら、元カレに突然会いに行ってしまうのも効果的です。

この場合、元カレに付き合っている人がいない、お互いの感情は落ち着いている、などの復縁をのぞめる条件を満たしていることが重要です。

またLINEなどのやり取りの中で、関係性の修復が見込めるようなプラスの感覚があるならもっといいでしょう。

もし少しでも怪しい状態だったら、突然会いに行くのはリスキーです。

もし「失敗したらどうしよう」とか「彼に嫌われやしないか」という不安があったらやめておいた方が無難です。

必死な顔をして会いに来たあなたを見た元カレは、あまりいいい印象を持ちません。

わざわざ会いに行ったのに残念な気分を味わわないようにするには、気楽な気分で行くことです。

何かの用事でついでに来たとか、元気にしてるかな?と思って来た、くらいに軽い気分で行けば、少なくとも「重い」と思われることはありません。

復縁の決め手になる言葉やセリフを言われた時の男性心理

「そんなに俺のことが好きだったのならもう一度やり直してもいいな」

復縁の決め手になる言葉やセリフに前向きに反応した時に起きるのが「もう一度やり直してもいいかな」という男性心理です。

それまでにケンカや揉め事があったにしても、やっぱり「好き」と単刀直入に言われたら、どんな男性も「ハッ」とするものです。

もしそれが表情に表れなくても、心の中にしっかりと決め手の言葉は刺さっているはず。

少なくとも元カレの心が揺り動かされたのは確かです。

復縁について考え始めるので、あとはそっとしておいてあげましょう。

「俺だって彼女のことが好きだけど、2人の間がうまくいかなくなってどうしていいかわからなかった」

「どうしていいかわからなかった」と考える男性は意外に多いです。

恋愛の経験値が浅いとどうしても「俺どうすりゃいいの?」と困ってしまうような場面に出くわします。

別れた後も元カノが好きなことに変わりない時も同様です。

「好きだけどなぜかうまくいかなくなった」

「でもどうしていいかわからない」

この時の男性心理は路頭にさまよう子犬のようです。

心は子供に還り、誰かにしっかりと支えてもらいたい気分です。

しかし誰にも頼ることができないのが、個人的な恋愛事情。

このような時にもし元カノから復縁の決め手になるような言葉を聞いたら、我が身の心情の切なさをより一層感じるのです。

「俺も浮気して悪かったし、やり直そうと言ってくれる元カノには感謝しかない」

元カレの浮気から別れた場合、復縁の決め手になる言葉を聞いた元カレは「元カノには感謝しかない」と思います。

浮気した自分が悪いのに「やり直そうと言ってくれるなんて神」とばかり、元カレの心は罪悪感でいっぱいです。

場合によっては「見つからなければなんとかいけるかも」と思っていた自分を腹立たしく思うこともあります。

いずれにしても浮気を許す大人対応ができる元カノには、感謝とともに惚れなおすことも十分に考えられます。

「そこまで言われたらもう復縁するしかない」

復縁の決め手の言葉を聞いた元カレは「そこまで言われたらもう復縁するしかない」と実感します。

別れるまでうまくいってたのなら、なおさらすぐにでも元カレは復縁したくなるでしょう。

場合によっては元カレの方から復縁を持ちかけようとしていたかもしれません。

そうだったら、二つ返事で「OK」です。

それほどまでに復縁の決め手となる言葉は、パワフルなのです。

「彼女の浮気は信じられなかったけど心から反省してるなら許そう」

元カノの浮気からの別れだった場合、復縁の決め手となる言葉に反省心が感じられるなら、高い確率で復縁できるでしょう。

元カレは別れた後もずっと「自分のことをあれほど好きと言ってくれてたのに、浮気するなんて信じられない」と思っています。

「でも元カノが心から反省し、完全に自分のところに戻ってきてくれるなら許せるかもしれない」

元カレの心はこのように揺れ動いています。

心が揺れ動くのは、信頼を裏切られたショックが多少なりとも残っているためです。

そのショックを埋めるためには、元カノであるあなたの努力が必要です。

もう同じ過ちは繰り返さない、と自分に宣言しましょう。

元カレが「やり直そう」と決意できるために重要なのは、あなたのスタンスなのです。

「いろいろあったけど結局元カノのことが忘れられなかったからありがたい」

「いろいろあったけどやっぱり元カノが好きだし、忘れられなかった」

このような元彼の心情に必要なのは、復縁の決め手となる言葉以外にありません。

ケンカや気持ちのすれ違いなど、別れる原因はさまざまです。

本当は好きなのになぜか別れてしまった、というカップルも少なくありません。

また多くのカップルが「復縁したくてもどうしたらいいかわからない」「再びお互いを傷つけてしまうのではないか」という不安を抱えています。

このような時、お互いに歩み寄らなければ前に進めません。

もし元カレが積極的な男性なら、あまり深く考えることなくあなたに復縁を持ちかけるでしょう。

しかしそうでないなら、女性側からさりげなく元カレの大切さを訴えるべきです。

 

決定的な言葉を伝えて彼氏の反応が良くなかった時のフォロー法

落ち込んだ時こそ分析能力が高まっているからどうしたらいいかが見えてくる

落ち込んだ時ほどネガティブな感情に襲われてしまう時はありません。

しかし落ち込んだ時こそ、実は分析能力が高まっています。

分析能力が高まるにつれ、問題解決するパワーも上昇します。

脳科学的には、ネガティブな感情を持ち続けると脳の海馬が萎縮すると言われています。

これはすべてストレスから発生するもの。

このストレスはすぐにでも解消する必要があります。

まずノートを用意します。

ノートに「自分は今どう感じているか」を書き連ねていきます。

「つらい、悲しい、なぜ?、どうして?」

次につらい理由を客観的に、また具体的につづっていきましょう。

自分の内面を掘り下げるのは、さらにつらく感じるかもしれません。

しかしこの作業を続けていくうちに、からまった糸が解けていくように感じ、やがて落ち込んだ気分が少しづつ癒されていくはずです。

冷静な気持ちで状況を判断できるようになると、次に自分はどうしたらいいかが必ず見えてきます。

いったん元カレへのアプローチをやめ距離をおく

決定的な言葉を伝えたのに彼氏の反応が良くなかった時、いったん元カレへのアプローチをやめておきましょう。

ずるずると押し続けるのをやめ、スパッと距離をおきます。

このときやってしまいがちなのが、相手のことが気になっていつまでも引きずってしまうこと。

自分の思い通りにならなかったことを悔やみ、後悔します。

しかしいつまでも後悔してばかりいては、前に進めません。

とても越えられないような壁に見えるような問題でも、その前でどうしようかと考え続けていただけでは解決できません。

一歩でも前に進むためには行動に移すことが大切ですが、そのためには状況判断することが大切です。

彼氏の反応が良くない、これは「あなたのスタンスを変えよ」というサインです。

あなたがやれることは「距離をおく」ことだけです。

距離をおけば、彼氏があなたのことを考える時間を作ることができます。

元カレの反応が良くなくても心の中では復縁を考えていることもある

元カレの反応が良くないからと、すべてをダメと決め付けないようにしましょう。

なぜなら元カレは復縁を考えている可能性もあるからです。

復縁と一口に言っても、ただ元通りにくっつけばいいというものではなく、人によってはとても慎重になることもあります。

特に繊細なタイプだと、じっくりあれこれ考えた上で結論を出します。

その時点で「反応が悪い」と思われても仕方がないかもしれません。

「相手に言われたから」と復縁することだけは、避けたいのです。

冷却期間を延長し元カレの気持ちが落ち着くまで待つ

相手の反応が良くないとき、もし冷却期間中であればそれを延長し、元カレの気持ちが落ち着くのを待ちましょう。

決定的な言葉を伝えたのに「なぜ?」と思うほど、相手のガッカリな反応にすべてをやめたくなることもあります。

でも元カレと復縁したいなら、ここはグッと辛抱しましょう。

元彼の反応次第で自分の感情も上げ下げするなら、この先付き合うことになっても常に上げ下げを感じていなければなりません。

そんなことをしたら疲れるばかりか、一生自分らしくない自分でいることになってしまいます。

「元カレには元カレの考えがある」

こう思うと少し気が楽になります。

「元カレがどう思おうと私は彼が好き」

次にこう思えば、足元のぐらつきがおさまります。

気持ちのブレもおさまり、心の状態が安定するのを感じたら、一時的に元彼を忘れるようにします。

忘れようとしてもなかなか忘れられなくても、時間が解決してくれます。

これが冷却期間です。

元カレの反応が良くなければ、冷却期間を延長するだけです。

あなたは自分のことだけを考え、よく遊び、よく食べ、人生を楽しむことに熱中してください。

不安をかき立てる妄想をやめるには「脳トレ」が効く

相手の反応が良くない時、あらゆるマイナスな妄想を抱いてしまうもの。

この妄想を止めるには「脳トレ」が効きます。

妄想が現れる一例が、元カレに新しい彼女がいる疑惑を感じた時です。
妄想はありもしないことを現実のように膨らませるため、さらに不安を増長させてしまいます。

人によっては不安に対して過剰に反応する場合もありますが、過剰な不安は心身ともに緊張し思考停止状態となってしまいます。

ネガティブな思考停止状態になってしまうと、なかなか抜けられません。

このように、過剰に感じる不安を抑えるには、脳の記憶力を高める方法が有効です。

具体的には、脳トレのアプリやゲームなどがおすすめです。

脳に負荷をかけることで、自然に感情のコントロールができるようになります。

やがて不安に対するメンタルが強くなり、以前と比べてそれほど落ち込まなくなっている自分に気づきます。

このように意識的に脳の使い方を変えると、不安をかき立ててしまう脳の働きも変えることができるのです。

復縁に向けた条件が揃っているか再考する

決定的な言葉を伝えたのになぜか相手の反応が思わしくない時、復縁の条件が揃っていない場合があります。

このようなことが想定できる時、今一度復縁に向けた条件が揃っているか再考してみましょう。

元カレにわずかながらも復縁の意思があったとしても、あなたの突然の言葉に戸惑っているのかもしれません。

また復縁の意思がなかったとしても、「重い言葉」に戸惑うことは大いに考えられます。

あるいは決定的な言葉を聞いた時、元カレの中で、復縁に「待った」をかける「何か」があるのかもしれません。

理由としては、別れた時に受けた心の傷のことや、これから先もまたお互いを傷つけ合う可能性が無いわけではないこと。

このように考えると「復縁そのものが好条件ではない」ことは確かです。

過去の出来事を完全にクリアにすることはできません。

しかし問題があって別れたとき、その問題に向き合いきちんと解決する必要があります。

これは元カレと面と向かって話し合うことが求められますが、これはお互いに「人として成長したい」という願いがない限り、実現するのは難しいでしょう。

自分を責めるのをやめる

復縁がうまくいかない時、つい自分を責めてしまいがちです。

しかしこういう時こそ自分に優しくなることが大切です。

最近の脳科学では、自信を持とうとかポジティブになろうとしても逆にネガティブになってしまうことがわかっています。

「自分はダメな人間だ」と思っていると、自己嫌悪ばかりが高まってしまいます。

自己嫌悪が高まると、うまくいくことも失敗してしまいます。

失敗体験はやる気を失い、改善しようとすることをしなくなってしまいます。

期待通りの結果がみられない場合、自分を攻めず「まぁなんとかなるかな」思うようにします。

心に余裕ができると自ら何らかの対策方法が浮かんできます。

このように一見失敗と思えることも、次につなげていけば良いのです。

もし復縁を断られても、逆転劇を起こす方法があります。

その詳しい方法がこちら。
 


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「復縁の決め手となる言葉はミラクルワード。一歩踏み出す勇気を!」

占い師 姫乃
復縁ってむずかしく感じるし「ちょっと無理かも」って、一歩踏み出す勇気を持てない人も多いのが現実よね。

でも復縁の決め手となる言葉は、たったひと言ですべてが解決してしまうこともあるミラクルワードなの。

なぜこんなにパワーがあるかといえば、この言葉によって恋愛を一歩超えた「人として大切な存在と理解できた」ということが彼の心を動かすから。

相手を褒めたたえたり尊敬することは、リレーションシップには欠かすことのできないことだから、復縁がうまくいったあともぜひぜひ継続して!

いつもキラキラと輝くあなたでいられるよう、応援しています。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事