男女の縁の不思議な特徴と出会うタイミング|前世でも因縁があった人や大好きなのに縁がない人の特徴もご紹介
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

男女の縁にはどのような特徴があるのでしょうか?

こちらでは男女の縁の特徴と出会うタイミング、前世でも因縁があった人や大好きなのに縁がない人の特徴について紹介しています。

スピリチュアルな特徴や運命の人としか起こらない不思議なことや大好きだけど縁がない人の特徴についても解説しているので、運命の人と出会いたいと思っていたらぜひ参考にしてみてください。

復縁メニューはこちら

縁の深い男女の特徴は別れても離れられない

初対面なのにすぐに仲良くなれる人は深い縁を持つ関係

初対面なのにすぐ仲良くなれる人とは、深い縁を持つ関係です。

以前どこかで会ったことがあるはずなのにそれがいつなのか、またどこで会ったのかが思い出せません。

しかしそんなことよりも旧知の親友に数十年ぶりに会ったような嬉しさを感じるので、初対面からすぐに仲良くなれるのです。

このように初対面を感じさせないのは、意識の中では「すでに知っている人」だからです。

一方で縁があっても最初から仲良くなれる人ばかりではありません。

相手によっては因縁というケースもあります。

因縁とは仏教の真理を表す言葉の一つで物事が起きる意味を表しますが、縁に因という言葉がつくと相手との関係を表す意味に変化します。

たとえば因縁の対決とか、因縁を付けられるといった言葉が象徴するように「仲良くなる」というたぐいの縁ではありません。

感情的にはどちらかといえばマイナスな縁で、会うべくして会ったのが因縁の相手なのです。

いずれにせよ、深い縁を持つ相手ということに違いはありません。

縁の深い人とは初めて会ったとは思えないような親近感がある

縁の深い人には、親近感があることでもそれがわかります。

そして親近感とともに、初めて会ったとは思えないと感じるのが特徴です。

親近感が湧く理由の一つが「自分とよく似ていること」です。

相手が自分とよく似ていると、初めて会ったのに誰よりも身近な存在に感じるものです。

身近な存在といえば思い出すのが、血縁関係にある人でしょう。

血の繋がりほど自分にとって身近な存在はないからです。

しかし血の繋がりなどないはずなのに、見た目がとてもよく似ていたり雰囲気が瓜二つな人と出会うこともあります。

また考え方もよく似ていたり、決して身近な存在ではないのに不思議と心を許したくなる、そういう相手なら親近感を持つのが自然です。

つまり本当の親近感とは血の繋がりを超えるつながりがあり、それが深い縁に通じるのです。

このように初めて会ったのになぜか親近感を感じる理由は、そこに深い縁があるからです。

縁の深い人は、他の人と違って不思議なほど共通点が多い

縁の深い人とは、不思議なほど共通点が多いのが特徴です。

共通点を探れば探るほどどんどん出てくるのも、他の人と違う点です。

とことん共通点を洗い出していくうちに「この人とは縁が深いかも」と感じざるを得ないでしょう。

特にコアな共通点が多い点も、相手との縁の深さを感じさせるポイントです。

共通点には何があるか見ていきましょう。

・幼なじみだった

・地元が同じだった

・共通の友人がいた

・先輩、後輩、上司など知人の多数が同一人物

・同じ学校を卒業していた

・食べ物の好き嫌いが全部同じ

・海外の同じ地域に住んでいた

・同じ企業に勤めていた

・行きつけの店が同じ

・過去、同じ箇所をケガしていたり同じ病気を経験した

・ホクロの位置が同じ

・背格好がそっくり

・2人とも左利き

・全体の雰囲気が似てる

縁の深い人は価値観も一緒。意見が食い違うことも相手を言い負かすこともない

縁の深い人とは、価値観も一緒です。

意見が食い違うこともないし、相手を言い負かそうとすることもありません。

たとえケンカになろうとも、他の面での共通点が多いことが問題をカバーしてくれます。

何に価値をおくかは人それぞれですが、すべてにおいて驚くほど価値観が一緒なのが縁の深い人なのです。

付き合っていくうちに「あれも一緒」「これも同じ」といったように、価値観が同じ点を発見する楽しみも生まれることでしょう。

一方、随所で価値観の違いを感じる相手とは、まるで縁を感じません。

付き合っていてもつまらないだけだし、長く続きません。

無理に合わせようとしても最初から違っているので、お互いの溝は深まるだけです。

価値観はそれぞれの好みにも影響されます。

「好き」や「嫌い」は自分の核となる部分なので、好きならまだしも嫌いなものを好きになるのは大変に難しいです。

そのためどんなに頑張っても相手と意見が合うことはないのです。

「そのうち意見が合うこともあるだろう」と我慢しても、無駄に終わることが多いでしょう。

しかし縁が深い人とは、好みも嫌いなものも似通っています。

相手の好みが自分の好みが合うなら、縁が深い相手と呼ぶにふさわしい人なのです。

たびたび驚くようなシンクロニシティが起きる。同時に笑う&同じ動作&同時に連絡など

縁の深い人とは、たびたび驚くようなシンクロニシティが起きるのも特徴です。

たとえば同時に笑ったり同じ動作をするほか、同時に連絡しあうこともあります。

「相手に連絡しようと考えたと同時に、相手から連絡が来た」

これがまさにシンクロニシティです。

普通なら単なる偶然ととらえますが、偶然と呼ぶには明らかに何か違うと感じるならシンクロニシティと考えられる十分な根拠と言えます。

シンクロニシティとは意味ある偶然の一致もしくは共時性と呼ばれる超心理学的な現象で、著名な心理学者でもあるユングが提唱した概念です。

何も因果関係がないのに偶然とは思えないほど的確かつ同時にある出来事が起きますが、スピリチュアル的には2人の間には目には見えないエネルギーが存在すると考えます。

そのエネルギーがシンクロニシティとなって現れるのです。

つまりシンクロニシティが頻繁に起きるのは、相手と縁が深いことを立証するようなものなのです。

シンクロニシティが起きた時「すごい偶然だよね」と考える人がほとんどですが、実は偶然ではありません。

スピリチュアル的には「偶然はない」と考えます。

必然であって、シンクロニシティは起こるべきして起こった現象なのです。

しかしシンクロニシティは予知できるものではなく、同時に起こったその瞬間にシンクロニシティとみなされます。

なので「単なる偶然」で片付けてしまう人は、シンクロニシティという認識を持ちません。

一方でシンクロニシティと気づいた人は、ますますシンクロニシティが増える傾向が強化されます。

この理由は明らかではありませんが、おそらくシンクロニシティの多くがポジティブなエネルギーだからでしょう。

ポジティブなエネルギーを感じると、さらにポジティブなエネルギーを引き寄せるのです。

もはや相手が存在しないのは考えられないほど、一緒にいて安心

一緒にいて安心できるのが、縁の深い人の特徴の一つです。

相手が存在しないのはもはや考えられないほど、一緒にいてしっくり来ます。

この安心感は、居心地の良さにも通じます。

話すことなど何もなくお互いに無言であっても、なぜか居心地よく感じるのです。

この感覚は今までに一度も味わったことのないものでしょう。

縁が深い人との出会いは、そう滅多にあるものではないからです。

出会いからしばらくは居心地の良さを感じ続けます。

しかしお互いの成長とともに、居心地の良さに変化が現れることも多いです。

なんとも居心地の悪さを感じたり今までとは正反対に不信感が湧くこともありますが、それは魂が成長した証なのです。

このように今までの関係性に変化が起きる可能性があることも、あらかじめ頭に入れておくといいでしょう。

共に困難を乗り越え、成長していこうとする意思が感じられる

縁の深い人とは、共に困難を乗り越えて成長していこうとする意思が感じられます。

そのため、あえて困難の多い関係性から始まることもあります。

最初の印象は良かったのに、次第に関係性が悪化するのがこのようなケースです。

実は関係性に問題が起きた時こそ、成長できるタイミングなのです。

場合によっては大変に重い問題を抱えたり、解決できそうもないシチュエーションに苦しむ可能性もあります。

あまりのキツさにそこから逃げ出せば一時的にホッとできるかもしれませんが、やがて再び同じ困難がやってきます。

しかし人生における困難は自ら引き寄せたものであって、すべては魂の成長のためです。

そしてそもそも私たちは、そのために生まれてきたのです。

縁の深い人との出会いは、そのようなベースもあるのです。

意見が食い違っても、相手に譲歩する気遣いができる

意見の食い違いがあっても相手に情報する気遣いができる人など、総じて話が合う人は縁の深い人と言えます。

初めて会ったのに、なぜかすぐに相手と打ち解けることができます。

「何事も初めが肝心」というように、初めから好印象なので後々まで良い印象を持ち続けるでしょう。

さらに良い印象を感じる要素として、会話のノリが挙げられます。

まるで昔からの知り合いのようにツーカーのごとく会話が弾むため、知り合って間もない関係とはとても思えないほどです。

多少意見の食い違いがあっても相手の考えを尊重し譲歩できる余裕があるのは、まさに縁の深さのたまものなのです。

縁の深さに不可欠な要素「タイミング」が誰よりも良い

縁の深さに不可欠とも言えるのが、タイミングです。

縁の深い人とは、他の誰よりもタイミングが良いのが特徴なのです。

別の言い方では「ぴったり」「ちょうど良い」という言葉で表すことができます。

これはシンクロニシティと同じようなもので、パズルの一つがパチっとはまる感覚ともよく似ています。

縁が深いからこそ、このように絶妙なタイミングを感じることができるのです。

一方で縁との関連性について非現実的に考える人は、そこまでの感覚はありません。

また縁が深いとすべてのタイミングが絶妙と思われがちですが、実はすべてがプラスに働くことばかりではないのです。

相手によっては、自分の中の良くない一部分を引き出してくれる可能性もあります。

相手の態度にイラッとすることがあるなら、自分の中に改善すべきことがあると見てください。

自分を見直し改善できたあかつきに待っているのは、以前より成長した自分なのです。

別れたのになぜかバッタリ会ったりなど、完全に離れることができない

別れたのになぜかバッタリ会うことが頻繁に起きたり、相手と完全に離れることができないと感じている場合、その人とは縁が深いことを表しています。

また会いたいと思った時、相手も同じように考えている場合が多いです。

その他、長い間縁が切れずに細々と繋がっている人との間にも深い縁があります。

縁の形は定まったものではなく、さまざまに形を変えます。

たとえば同僚と出会って相手と恋人同士の縁を結んだり、仲良しの同級生から彼氏へという縁につながることもあります。

また長いこと実らない縁が続く愛の形「不毛の愛」が切れないのは、縁の深い部分がいまだ表面上に現れていないからです。

だから相手と縁を切りたいと思っても、なかなか切れないのです。

相手と離れたい時も完全に離れられないのは、やはり同じように底無し沼的な深い縁がはびこっているからです。

 

前世で縁があった人は男女関係だけにとらわれないスピリチュアル的な関係

過去世のいずれかの人生において、果たすべき使命がある

スピリチュアル的発想では、前世で縁があった人とは過去生のいずれかの人生において果たすべき使命があるから出会ったと見ます。

今世でのテーマが恋愛関係という場合、どの関係よりも学びという点ではかなり強力です。

霊的な学びを得て成長するには、恋愛関係に勝るものはないのです。

またそのために転生を繰り返すのです。

転生する機会は大変に多く、数え切れないほどです。

過去生の数も先祖の人数か、もしくはそれ以上という膨大な数なのです。

しかしそのあたりを詳しく解明する必要はありません。

過去生においては男だったとか、親子の関係であった、という情報を知る必要はないのです。

なぜなら解明してもさほど意味がないのと、過去生知ることで過去に生きることになるからです。

過去は終わっています。

そして自分が向けるべきエネルギーの方向は「今」です。

今にエネルギーを集中させることが、この人生において何より重要なのです。

ただし今を生きるのは「過去生において果たすべき使命があるから」という意味があることだけは覚えておいてください。

苦しい恋愛を繰り返すのは、前世からの縁がカルマを引き起こすと考えること

繰り返し苦しい恋愛を経験すると自分の前世からの縁がカルマを引き起こしていると考えるものですが、本当にそうなのでしょうか?

実はカルマとは、自分の経験を通して成長をうながすことです。

そしてすべての経験を通し自己のバランスを実現するためにあるのですが、問題の原因が前世のカルマと信じた時点でそこから道を外します。

「前世の縁がカルマだから」と思い込めば、もうそこから抜け出られることはないでしょう。

私たちの選択肢は「今」しかありません。

理想とする現実を選べるのは、今この時だけなのです。

一方で前世の影響を信じそれを選ぶならその通りの道が開けるし、カルマを理解しようと頭で考えるといつまでも同じ場所にい続けることになりいっこうに前に進めないのです。

なのでこれからは頭で考えるのはやめ、リラックスして瞬時に沸き起こる直感を信じてください。

それが自分を信じるということです。

自分を信じれば、目的に沿った深い縁の人と出会うことができます。

カルマはそれほど重要でないと理解できるようになれば、カルマ的思考から抜け出られるはずです。

縁があると信じた相手が全部腐れ縁ばかりなら、その関係を選んで生まれてきている

好きになる人がみな腐れ縁ばかりになってしまうような関係なら、それを選んで生まれてきています。

縁とはその人が好むと好まざるに関わらず、磁石のように吸い付いて離れないこともあるのです。

毎回のように腐れ縁になるのは勘弁して欲しいものですが、でもその状況を変えることは可能です。

腐れ縁と後ろ向きにならず、そういう経験を喜びに変えてみてください。

そうすると腐れ縁と思っていた関係も、見事に変わっていくことでしょう。

腐れ縁と思っていたのは自分だけだった、と気づく場合もあります。

人との出会いがやがて腐れ縁に変化するのは、そうなると思い込むことで現実に起こることを強化させた結果なのです。

腐れ縁の関係に縁があるなら、まずは相手が腐れ縁になるスタンスであることを認めてください。

否定的にならずに相手を受け入れれば、腐れ縁の状況は早いうちに解消します。

前にも後ろにも進めない腐れ縁は本当にイヤなものですが、それを選んでいるのは自分自身なのです。

それに甘んじることもできるし、変えることもできるのです。

浮気や遊びの関係から離れられない場合、そこから学びを得ようとしている

縁があると言っても浮気や遊びの関係から離れられない場合、そこから何らかの学びを得ようとしています。

学びとは何でしょうか?

それはもっと自分に正直になることかもしれません。

あるいは失敗を恐れている自分を改善するためという可能性もあります。

浮気や遊びの関係から離れるには、それに沿って行動に移すことが最も重要です。

もうコリゴリと思うなら、迷いなく付き合いをやめる選択肢を行使してください。

自分なりの選択肢を持ち、それを活用することが今世の学びの一つでもあるのです。

ですから本当に学ぶためには、考えるだけでなくそれを活用しなければなりません。

それに応じた状況がやってくるので、感情にとらわれず淡々とそのテーマをこなしていってください。

しかし失敗を恐れて行動に移さないのは、学びの原則に反していると言えます。

学ばない人生は、この世に生まれてきた意味を忘れてしまっているのです。

過去世も夫婦の場合、完結できないまま人生を終わった可能性がある

縁の深さでは夫婦の右に出る関係はありませんが、過去生も夫婦という場合、課題を完結できないまま人生を終えた可能性があります。

また夫婦間のみならず子どもにも縁があるため、広く含めれば相当広い分野においての課題となるでしょう。

必ずしも課題を終えなければいけないということではありませんが、完結せずに終わると次の人生に持ち越すことになるのです。

課題を持ち越せば、次の人生はさらに重く辛いものになるのは確実です。

これは自分を変えられないと、どうしても過去のやり方に執着してしまうためです。

また過去生も今世も夫婦なのは、過去生において変えるべきだった自分を変えられなかったからなのです。

しかし過去を手放し新たなスタンスでいれば、課題を完結させるのは大した問題でないことに気づきます。

このように縁が深い人との関係は、非常にシンプルなのです。

前世で果たせなかった使命を完結させるため

前世で縁があった人と再び今世で出会うのは、前世で果たせなかった使命を完結させるためです。

使命とは何でしょうか?

社会的な使命を持って転生してくる人もいますが、多くは自己完結を使命と考え転生してきます。

縁の深い人との前世は、親子や兄弟姉妹など血縁関係が多い傾向があります。

今世では彼氏彼女の間柄だとしても、前世も同じとは一概には言えないのが特徴です。

性別が逆転するケースもかなり多くみられます。

また彼氏が父親、彼女が娘という関係も多いです。

夫婦関係という場合もありますが、さほど多くはありません。

このように縁の深い相手との関係性は実にさまざまです。

それぞれの人生の状況に沿って、前世で果たせなかった「自分という存在を完結させる」ことを目的として、再び縁の深い相手と出会うのです。

過去世から恋人同士やライバル関係の場合の縁は切っても切れない

縁の深い相手が過去生から続く恋人同士やライバル関係の場合、切っても切れない縁を維持し続けるでしょう。

これは他の関係に比べ、相手に対する強い執着心が生まれるためです。

一度執着を持つと一心に自分を思い詰めるため、他の考えを寄せ付けません。

何とか相手を自分のものにしたい、あるいは相手を蹴落としたい、そんな思いでいっぱいなのです。

同時に強い葛藤も起きるので、状況は悪くなる一方でしょう。

そのような過去生の苦しみは、今世でもしっかりと受け継がれます。

縁が深い相手と出会うとすぐに、過去生から持ち越した執着や葛藤に苦しむようになるのです。

しかしなぜ自分は苦しいのか、その原因を考えても何も思いつきません。

それこそが悠久のときを超えて受け継がれた、過去生の記憶なのです。

いくら考えても答えが見つからないのはそのような理由があるからですが、相手をライバルと思ってしまう理由も彼に葛藤や執着を抱く理由も一切、今世では謎に包まれたままなのです。

相手のすべてを受け入れられたり理解できるまで輪廻転生は続く

相手のすべてを受け入れられたり、理解できるようになるまで転生は続くと考えてください。

人はなぜ生まれ、再び天に帰るのでしょうか。

また転生にはどんな意味があるのでしょうか。

そこには大いなる仕組みが隠されているのです。

また相手のすべてを受け入れるとは、どういうことを言うのでしょうか?

すべてとは、良いも悪いもすべてです。

実は良いことは「良い」と判断した結果で、悪いことは「悪い」と判断した結果なのです。

つまり自分が相手を判断さえしなければ、良いも悪いも存在しないのです。

相手を判断しないこと。

これが受け入れるということです。

相手のすべてを受け入れて理解できるようになるためには、相手を理解しようと努めるのではなく、相手がどうであれ存在そのものを否定しないことが大変に重要です。

このように大いなる転生の仕組みをほんのわずかでも理解しておけば、今世においても縁の深い相手をもっと深く知ることができるでしょう。

縁の深い人に感じる絶妙な安心感は前世でも深いつながりがある

縁の深い人に感じる絶妙な安心感は、前世でも深いつながりがある証拠です。

見えない世界からのサインを感じるためには、このようにポジティブな感覚に頼ってみてください。

ポジティブな感覚とは、安心感を始め、信頼感、畏敬の念、希望、喜びなどです。

心の奥底から溢れんばかりの嬉しさを感じる時、それは見えない世界からのギフトです。

瞑想をしている時もキラキラした光に包まれるような喜びを感じることがありますが、これも見えない世界とつながったサインです。

ゆったりとした深呼吸を繰り返しているうちに、ますます光に包まれる感覚が増すことでしょう。

このように縁の深い人に感じる安心感は前世からのつながりによるもので、無意識ながら今世で出会えた喜びも同時に沸き起こっているのです。

結婚や恋愛という間柄ではない場合、相手とは性別を超えた親友になる

縁の深い人と結婚や恋愛関係という間柄ではない場合、性別を超えた親友のような関係になるでしょう。

親友とは親しい友達、心を打ち解けて付き合える友達を言います。

辞書を調べるとほかには、心友、信友、真友という文字を確認することができます。

文字の印象としては親友以上に「心から信頼できる友達」と解釈することができます。

縁の深い人との関係は親友というよりも、心友、信友、真友のいずれかでしょう。

その人が本来あるべき心のあり方に沿って、存在する揺るぎない心の友。

それが縁の深い人との関係なのです。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「アカシックタロット」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

前世で縁があった人の特徴!男女の縁で不思議なこと

前世から縁がある人とは、会いそうもない場所で会うことが多い

前世でも縁があった人とは絶対に会いそうもないような場所でバッタリ会ってしまうことがあるので、とても不思議な気持ちにさせられます。

偶然に会うためにはぴったり同時刻であることや行き交う大勢の人たちの中から相手を見つけるなど、さまざまな条件が整わないと不可能なです。

それらの条件など一切ないのにバッタリ会ってしまったり何度もそういうことが続けば、これはもう縁が深いとしか言いようがありません。

このような大変に摩訶不思議な現象も、スピリチュアル的にはいたって自然なことです。

会いそうもない場所でバッタリ会うのは、それぞれが持つ固有の波動がお互いにマッチしているためです。

さらに縁が深ければ深いほど頻繁にこのようなシンクロニシティが起きるため、特定の相手とあまりにも遭遇してばかりいるとそれがごく当たり前に感じることもあります。

世の中には偶然は何一つありません。

しかし縁の深い人とはまるで試されるかのように、偶然めいたことがポンポンと起きるのです。

初対面の時から身近な存在のような気がしたり心を許せる

前世で縁があった人とは、初対面から身近な存在のような気がします。

また自然に心を許すことができるので、まるで昔から知っている人のように感じます。

スピリチュアル的には、このような感覚を最優先します。

第六感とか直感のように、自分の感覚によって本当の自分を見つけること。

これがスピリチュアル的発想の最大の目的です。

私たちは自分の思考だけでこの人生を歩んでいるのではありません。

体、思考、そしてスピリットが三位一体となって、バランスを形成しているのです。

縁が深い人といる時にとても快適なのは、バランスをうまく保てているためです。

それは前世からのつながりがあるからに他なりません。

警戒心が起きないのは、なぜか問題ない人とすでに知っているから

相手に警戒心が起きない時、問題のない人とすでに知っているからです。

そしてこの「すでに知っている」という感覚こそが、前世からのつながりなのです。

前世のつながりを感覚的に察することができるのは、男性より女性の方が多いです。

さらに直感についても、女性の方が優れています。

直感は使えば使うほどますます磨かれていくのが特徴ですが、縁の深い人かそうでないかも直感に優れている人なら一目瞭然です。

縁が深い人なら問題ないと察知するので、初めから警戒心を持つ必要もないのです。

連絡しようとした瞬間に相手から着信が入る事象が多発する

相手に連絡しようとした瞬間に相手から連絡が入ると、とても驚くものです。

またそのようなことが多発したら「ひょっとして超能力者?」と浮き足立つものですが、前世からの縁がある人なら何ら不思議なことではありません。

前世からの縁がある人とは「潜在意識でつながっている」と考えるとわかりやすいでしょう。

私たちの意識は、顕在意識よりも潜在意識の領域の方が遥かに広く奥深いのです。

スピリチュアル的には、潜在意識は宇宙とつながっていると考えます。

相手のことを考えたら相手から連絡がくるのも、目に見えない領域の中で相手とつながっているからです。

例外的に前世からのつながりがない相手でも連絡が入ることもありますが、そういう時は一瞬にして起きる電気信号のような通信網があると思ってください。

しかしいずれにしても「相手から連絡きて欲しい」と期待すると、たいてい思うようにはいきません。

合わせたかのようにタイミングぴったりになるのが当たり前になる

 

前世からつながりがある人とは、まるで合わせたかのようにタイミングぴったりになることが多いです。

しかもそれが当たり前になったりもするので、タイミングが合ったと同時に「ほらね」とか「やっぱりね」というように確信します。

このようにスピリチュアル的発想が板についてくると、タイミングが合うことがまるで冒険しているかのように感じるのです。

新たな発見の毎日に、ワクワクするような気分でしょう。

前世からのつながりがある相手も同じようにタイミングぴったりかと言うと、実はそうでもなかったりします。

そういう時、相手の思考内部にスピリチュアル的発想がほとんど見られません。

前世からのつながりも感じていないし、タイミングが合うことが多くて嬉しいと感じることもないのです。

大好きだけど縁のない男女の特徴

どちらかが相手に合わせようとして無理しているのがはっきりわかる

すごく大好きでも、縁がない場合もあります。

たとえばどちらかが相手に合わせようと、いかにも無理しているのがはっきりわかる関係です。

無理する人は、自分らしさを失っています。

また自分に自信がないので「いつかは嫌われるのではないか」という疑念を抱いています。

すべては失敗を恐れているからです。

相手を大好きなのも実は「恋に恋している」という可能性が高いです。

恋に恋していると相手の本質を好きというわけではなく、幻想の中の恋愛に過ぎないのです。

いくら相手を好きでも、そういう恋愛関係はたちまち壊れてしまうでしょう。

相手から気を遣われすぎて疲れたりウザいと感じる

相手から気を遣われ過ぎて疲れたり正直ウザいと感じる関係は、たとえ縁がありそうでも長くは続きません。

気を遣われすぎるのは相手が不安になっているためで「振られなくない」「嫌われたくない」と一生懸命です。

こういう場合、相手から追われる形になるので徐々に「好き」という意識も薄れていくものです。

また完全に冷めてしまうこともあります。

相手に対し完全に期待を持てなくなるので、縁があるかどうかは微妙な段階です。

それでも相手に強い縁を感じるなら、気を遣われすぎてもそれを前向きにとらえてみてください。

今にも切れそうな縁でも、意識を変えれば復活愛は可能なのです。

こちらが引いてしまうほど、努力と頑張りを見せてくる

こちらが引いてしまうほど努力と頑張りを見せてくれても、縁がない人はとことん縁がないです。

まず目立つのが、相手の印象が薄いこと。

何となくしっくりこない、そんな印象なのが特徴です。

そういう男性ほど、何とか振り向いて欲しくて頑張りを見せるものです。

でもこちらが望んでいるのは、そういう姿勢ではありません。

しっくりくる男性と出会ったときの「縁がある感覚」は、その人独自の感覚です。

なので相手がどんなに頑張っても、縁は後付けできるものではないのです。

このように相手と本当に縁があるのか確かめるなら、自分の感覚だけが頼りでしょう。

興味がないことなのに、無理して好きになろうとしてくれる

興味がないのに無理して好きになろうとしてくれる相手は、縁がある人とは考えにくいです。

相手は無理に接点を作ろうとしていますがそれ自体問題があるわけではないし、何とか寄り添おうとしている、その気持ちはありがたいことです。

しかし無理は長くは続かないものです。

また相手は「縁があると思いたい」と期待している可能性もあります。

こういう関係が早々に破綻しやすいのは、お互いの気持ちにズレがあるからです。

本来なら、自分が本気で興味があることに取り組むべきで、それが自分らしさです。

自分らしくいれば、自然に縁のある人を引き寄せられるのです。

この人生を選んで生まれてきた最大の理由は、そこにあるのですから。

予定を急にキャンセルしてきたり、リスケされることが多い

急に予定をキャンセルしてきたりリスケされることが多い相手とは、とても縁があると思えないでしょう。

相手に振り回されてばかりいると、気持ちも冷めていくものです。

でも好きという感情があるなら「縁があると思いたい」そう信じたいのは山々です。

相手には相手の事情がありキャンセルするのは「やむおえず」なのですが、ここに縁に関するヒントがあります。

縁がある人とは、絶妙のタイミングが続くのが特徴です。

シンクロニシティや、あっと驚くようなミラクルな出来事が頻繁に起きます。

しかし縁がない場合、何かと疑問に思うことの方が多いのが現実です。

これがサインです。

サインに気づけば、縁がない人との間にはシンクロニシティもミラクルが起きない理由もわかるし、今後も起きないことは確実でしょう。

縁のある人に出会えるタイミング

恋愛に興味を持てないし、どうしても彼氏が欲しいわけでもない

縁のある人に出会えるタイミングは、恋愛に興味を持てない時です。

「別に恋愛に興味ないし、どうしても彼氏が欲しいわけでもない」という時こそ、縁のある人に出会える可能性が高いです。

これは縁のある人と出会いたいという期待がないからです。

期待するとそうならないことの方が多いのは、スムーズな流れをブロックしてしまうからです。

一方で期待しない人は、ありのままで生きています。

ありのままの自分で生きていれば、努力なしで出会えるべき人と出会えるのです。

反対に喉から手が出るほど「縁のある人に出会いたい」と思っている人は、そう願えば願うほど出会いから遠ざかります。

それどころかまったく縁のないタイプが、吸い寄せられるように近づいてきます。

悩みも葛藤もなく、日々自然体でリラックスした生活を送っている

悩みも葛藤もなく日々自然体でいられる人は、いつでも縁ある人に出会える準備ができている状態です。

私たちが本当に縁ある人と接点を持つには、リラックスした生活を送ることが何より大切です。

悩みも葛藤もなくリラックスしている時の波動は、非常に細やかで平和そのもの。

悪いことは近寄って来れないのです。

しかしストレスが多くいつも目の回るような多忙な生活をしている人は、縁ある人が現れてもそれに気づけません。

ぴったり合うはずのタイミングも合わず、せっかくの出会いをスルーしてしまうのです。

そういう時「何で出会えないんだろう」とその原因を頭で考えています。

縁ある人との出会いについていくら頭で考えても残念ながら答えは出ませんが、大切なポイントとして心がけたいことが、リラックスを楽しむことです。

リラックスは、あらゆるインスピレーションが起こる源なのです。

結婚に焦っていないし、今の自分に満足している

結婚に焦っていない人も、縁ある人との出会いを招きます。

結婚したくないと考えているわけではなく、今の自分に満足しているからです。

この「満足感」は、幸せに生きるための重要なポイントです。

自分に満足している人は、誰よりも人生の成功者です。

同じ波動を持つ人を引き寄せるので、さらに至上の満足感を味わえることでしょう。

一方で自分に満足できない人は、自分に欠けている部分を満たそうとして縁を探します。

本来、誰にでも欠けている部分はないのですが、この場合、満足できない欠乏感を何とかしようとするところに問題があります。

自分の欠乏感に沿って、欠乏感に満ちた人が引き寄せられてきます。

初めは「縁があった」とぬか喜びですが、お互いの欠乏感が増大するだけで2人の関係に満足することはありません。

過去の恋愛に執着せず「こうでなきゃイヤ」という恋愛に対する固定観念もない

縁のある人に出会えるのは、過去の恋愛に執着せずに固定観念もない人です。

自分の理想を追うのはいっこうにかまわないのですが、こと恋愛に関する強い固定観念は縁から引き離してしまう元です。

柔軟な姿勢を保ってください。

自分の考えが良いとは限らないのです。

固定観念を捨てれば、自然に道は開けます。

無縁だった恋愛関係も一気にスムーズになるでしょう。

過去の経験に縛られているのも、縁から遠ざかります。

どんな人にも、確実に縁はあります。

しかしそれを遠ざけるのは、過去に生きているからです。

今を生きましょう。

今を生きることができれば、出会えるタイミングはいつもすぐそばにあることに気づけるはずです。

仕事やプライベートがすべて順調で、何も問題がない

縁の深い人と出会えるのは、仕事やプライベートなどすべてが順調な人です。

何も問題がない人は内面に抱える葛藤がないので、意識が大変にクリアです。

そのため前世で縁があった人と出会うきっかけを逃しません。

「キタ!」というように、突然降ってくるような直感が起きます。

人生そのものが順調な人は次に何が来るかとワクワクしているので、縁ある人のこともすぐに察知できるのです。

一方で仕事もプライベートもイマイチという人は、負のスパイラルにはまりやすいです。

一度はまってしまうとなかなか抜けられないかもしれません。

そういう状況の時は、感謝することを忘れずにいてください。

どんな状況であれ、プロセスに過ぎません。

何かと結果重視かもしれませんが、もっと大切なのはプロセスです。

プロセスの一つ一つを楽しみましょう。

たとえ悪いことに見えても、冒険と思えば軽く乗り越えられます。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「縁のある男女は不思議なタイミングと繋がり方が違う」

占い師 姫乃
縁のある男女の持つ不思議なタイミングや繋がり方は、他の関係と大きく違うの。

縁を引き寄せる体質なら、もっとそのタイミングがわかると思う。

そのためには思考をクリアにする必要がある。

少なくとも外側に縁を期待しないように。

まずは自分の内側を整えることを重視してみて。

なぜならそうすれば、自分の霊性に見合った人が現れるから。

以上、参考にしていただければ幸いです!

さらにこちらの記事で男運について詳しくなって、ぜひ最高の縁を手に入れてください。
 

 

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!


こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【アカシックタロット】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【アカシックタロット】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事