ほっといて欲しい時の彼氏の心理を知ってほどよい心の距離で居心地の良い女性になる方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

ほっといて欲しい時の彼氏の心理を知っておけば、今よりもさらに優れたパートナーシップを築くことができます。

そのためには彼氏がほっといて欲しい時の心理だけでなく、ほどよい心の距離で居心地の良い女性になる方法を知っておいた方がいいでしょう。

実際にどれくらい距離をおけばいいのか、また彼の心境の変化についても具体的に解説していきます。

彼との理想的な距離感をつかむことができれば、もうこれからは「ほっといて欲しい」と言われることがなくなります。

復縁メニューはこちら

彼に「しばらくほっといて」と言われた!距離をおきたい男性心理とは

性格的に人にかまわれ過ぎるのが何より嫌いだから

「しばらくほっといて」と言ってくるような彼は、性格的に人にかまわれ過ぎるのを嫌います。

干渉されることが苦手で、かまわれ過ぎるとダンマリを決め込んだり内にこもります。

大勢で遊ぶよりも一人で好きなことをする方が、自分らしく楽しいと感じるのがこのタイプの男性です。

そのため細かいことに手出し口出しされるのを本気で嫌がります。

いわゆる「かまってちゃん」とは正反対の性格なので、彼女がかまいたがる性格だとちょっとした問題が勃発しやすいです。

彼女は何かとかまいたくてウズウズしているのに、彼氏はほっといて欲しくてたまりません。

さらにかまいたがる女性は「かまい過ぎている」という意識がないためガンガンかまってしまうのですが、彼氏の方はそんな彼女の振る舞いがとても重く感じるのです。

困ったことに彼のためを思ってかまっているのに、うざがられてしまったり挙げ句の果てには「ほっといて!」と言われてしまいます。

まさかの「ほっといて」に彼女は心からガッカリで「嫌われた」と感じざるを得ません。

このままでは永遠に心地良く寄り添うことはできないでしょう。

パーソナルスペースを大事にしたいタイプ。自分のペースを乱されたくない

距離を置きたがる男性は、パーソナルスペースを大事にしています。

必要以上に人に近寄ったり、触れるのを避けます。

こういうタイプの男性が「ほっといて!」と本気で怒るのは、自分のペースを乱された時です。

考え事をしているのにしつこく話しかけてくるならまだしも、ベタベタされるなど彼にとってはもってのほかです。

さらに彼を激怒させるのが「私の話聞いてるの??」と彼女に噛みつかれた時です。

「は?何言ってんの?もう俺のことほっといて!」と言われてしまうのは自然な流れでしょう。

自分のペースを乱されたくない男性は、他の男性に比べ大変にデリケートです。

多くの男性たちは彼女に「聞いているの?」と言われたら「あ、ごめんごめん」と素直に謝るものです。

しかしパーソナルスペースを大事にする男性はこういう時、自分の領域にズカズカと土足で入って来たことに怒りを感じるのです。

許しがたい怒りが爆発すると、今度は「もうほっといてよ」と投げやりな態度になってしまうのです。

この怒りには「自分の気持ちを理解してくれないのはなんで?」という悲しみの裏返しが含まれています。

また「ほっといて」という言葉の裏側には、地団駄を踏んでくやし泣きしている彼がいるのかもしれません。

このようにパーソナルスペースを大事にするタイプは、ちょっと繊細で気難しい一面を持ち合わせています。

超多忙だったり重大な悩みがあるために気持ちに余裕がない

彼が仕事で超多忙だったり、重大な悩みがある時に「ちょっとほっといて」と言ってくることがあります。

これは気持ちに余裕がないためにとっさに出た言葉と捉えることができます。

まるで突き放されたかのように感じるこの言葉は、彼女に対する甘えにも見えます。

なぜなら友人や同僚に対して、そこまで冷たく「ほっといて」と言えるような人はいないから。

もしある程度距離感を保っている関係の人にそんな風に言ってしまったら「なんて失礼な人!」と思われ、きっともう口をきいてもらえないでしょう。

これはわきまえていた「礼節」というボーダーラインを超えてしまったからです。

恋愛関係においても礼節は例外ではないのですが、付き合いが長くなるにつれ忘れられてしまうのが現実です。

礼節が失われてしまえば適切な距離感が保てなくなるので、問題も起きやすくなります。

しかしここでポイントとなるのが「語彙力」です。

私たちの語彙力は気持ちに余裕がないと、とかく雑になるものです。

しかし言葉の使い方さえ間違わなければ、心地良さを感じる礼節を保つことができるのです。

ところが気持ちに余裕がないと感情的になってしまうことも多いため、語彙力に蓋をしてしまいます。

結果的に相手に対し配慮に欠けた「ほっといて」という言葉になってしまうのです。

一人になって頭を冷やさないとパンクしそうだから

彼が「ほっといて」と言ってくる時「今すぐ一人になりたい」と考えています。

一刻の猶予も無いほど急を要しているのは、一人になって頭を冷やさないとパンクしそうだからです。

なんらかの事情がありそうですが、こういう時の彼は間違いなくイライラがMAXの状態です。

「ほっといて!」と強い口調になるのは、もうこれ以上無理というギリギリ限界だからです。

「これ以上俺に関わってきたらどうなっても知らないからな」と言っているようなものでしょう。

もし彼の「ほっといて」を無視したら、悲惨な結果が待っているのは確実です。

彼は怒り心頭で、その場から姿を消すかしれません。

この時、心の中では「お前がいなくならないのなら俺がいなくなる」と考えています。

場合によってはその後しばらく音信不通になってしまう可能性が高いです。

「これだけ言ってもまだわからないか」という苦しみさえ感じていることでしょう。

さらに「頭がパンクしたのはお前のせい」と彼女に言いたい気持ちでいっぱいです。

「距離をおきたい=別れたい」のが正直な気持ちだがはっきり言う勇気がない

彼が「ほっといて」と言ってくる時、正直な気持ちを明かさないだけで実は別れたいのかもしれません。

しかしはっきり言う勇気がないのです。

別れを告げるには彼なりのリスクを感じているためで、とりあえず今は「ほっといて」と言うのが精一杯なのです。

「もし別れたいと言ったら彼女を傷つけてしまうかもしれないし、自分からカードを切るようなことだけはしたくない」というような心境でしょう。

「別れるとなると面倒なことが多そう」と考えるのもこういう時です。

確かに彼女とのトラブルは避けられないかもしれません。

ケンカや言い争いでお互いに良い気分でいられなくなるのは確かです。

彼女を嫌いになったわけではない彼は別れに伴うそういったリスクを犯したくないし、彼女に嫌われたくないのです。

このように「ほっといて」と言う背景には、距離をおきたい、別れてもやむおえないという気持ちがあるのです。

別れるまでもないが付き合いを減らしたい

「ほっといて欲しい」と言ってくる男性の中には、彼女と別れるまでもないが付き合いを減らしたいと考えている人もいます。

別れたくはないのですが、今のこの現状に満足していません。

そしてそれが「ほっといて!」という言葉に表れているのです。

彼女とほど良い距離感を保てているなら「ほっといて!」などとは口が裂けても言えないだろうし、好きな彼女にケンカを売るようなことは極力避けるはずです。

しかし彼女との関係に満足していても、彼も人間です。

時には放っておいて欲しい時もあるのです。

特に彼女とツーカーの仲の彼は「ほっといて」とすげなく、しかもしばしば言い放ってきます。

彼女がその言葉にめげずにスルーできれば、大きな揉め事にはならないでしょう。

ところが傷つきやすい性格なら「ほっといて!」と言われたことが原因でケンカに発展してしまうことも出てきます。

恋愛関係の面倒さを感じた彼は別れはしないけれど、ますます「付き合いを減らしたい」と考えるのです。

素っ気ない彼を振り向かせる方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。


 

「しばらくほっといて」ってどのくらい冷却期間を空けるとベスト?

彼の気持ちが元に戻るまで最低二週間は必要

「しばらくほっといて」の「しばらく」は、彼の気持ちが元に戻るまでの間のことで、最低二週間は必要です。

二、三日では短すぎるし、一ヶ月後ではちょっと先過ぎます。

一週間をワンクールとし、ツークールくらい経てば彼の気持ちはすっかり安定しています。

「ほっといて」と言ったものの彼女のことが気になり始めるの十日以上経った頃ですが彼女に連絡しようかどうしようかと迷い始めるので、この辺りで一本連絡を入れれば彼としては「渡りに船」です。

ホッとするかもしれないし「死んじゃったのかと思ったよ」などと軽口を叩くかもしれません。

あるいは自分が「ほっといて」と言ったのにも関わらず「一体どうしてたの?」逆ギレ口調で怒ってくこともあります。

たとえ怒られたにしても、彼の気持ちはすっかり元に戻っているのでひと安心といったところでしょう。

フェイドアウトを避けるためには一か月後が目安

「しばらくほっといて」と言われるままにずっと放っておけば、いずれフェイドアウトしてしまうのは避けられません。

「しばらく」が「永遠」にならないよう、一ヶ月後を目安に彼に連絡を入れてみてください。

できれば何か用事を見つけ、その用事を伝えがてらの連絡がいいでしょう。

この時よく集中して彼の様子を伺うのです。

愛想よく振る舞ってくれるならもう大丈夫かもしれませんが、もし機嫌が悪かったらどうしたらいいのでしょうか。

そういう時は「臆せず怯(ひる)まず」です。

彼の顔色を伺って行動するようになると、常に顔色を伺わなければならなくなります。

彼が上に立つようになるため、恋愛関係にマストな対等の立場ではいられなくなってしまうのです。

理想的な恋愛関係とは「相手と対等でいること」です。

彼が機嫌が悪くても別れたわけではないので、普段通りに接してください。

一ヶ月以上経ってしまうと彼は別れた気になってしまうこともあるので、必ず1ヶ月前後で連絡を。

彼との仲が悪くないなら一週間後くらいに一度連絡を入れてみて

彼と険悪なムードになっていないなら、一週間後に一度探りの連絡を入れてみてください。

彼との絆をしっかり保てているなら、一週間くらい連絡しなくても何も問題ありません。

もしそれまで毎日のように連絡をとっていたらここがターニングポイントで、密に連絡を取り合うより多少距離をおくよう工夫しましょう。

なぜなら頭の中を彼でいっぱいにしていると、日々そのことだけに気を取られてしまうからです。

今後は連絡しない日を少しづつ増やしていきますが、初めは二、三日に一度程度や週末だけ連絡を取るようにしてみてください。

そして今まで彼と連絡を取りあっていた時間を、今度は自分のために使うのです。

空白の時間が二人の絆をよりしっかり結べるので、もう「ほっといて」と言われなくなります。

ケンカや言い争いが原因なら十日前後距離をおく

彼とケンカや言い争いが原因で彼から「ほっといて!」と言われたのなら、十日前後の距離をおきましょう。

一週間ではちょっと早いので、もう少しだけ我慢してください。

もしかするとその間に彼から連絡が入るかもしれません。

プライドが高い彼なら自分から謝ることはしませんがさすがにケンカの後なので彼女のことがとても気になっていて、一週間を過ぎた頃にもなれば彼女からの連絡がない彼はたいてい不安を覚えています。

約十日前後に「元気にしてる?」と簡単なLINEを入れてみてください。

彼はきっとホッとし、ケンカしたことも一瞬で記憶の彼方へと吹っ飛ぶことでしょう。

多忙さが理由なら落ちつくまでがベストだが放りっぱなしはアウト

彼があまりに忙し過ぎて「しばらくほっといてくれないかな」と言われたら、落ち着くまで待つしかありません。

かと言って放りっぱなしはダメで、気が向いたらほんのわずかでも体調を気遣うような連絡を入れてみるべきです。

彼が「ほっといてくれない?」と言ってくる最大の理由は「心に余裕がないから」です。

そう言ってしまった後に彼女からの連絡が一切途絶えるので、彼は「しまった!やっちまった」と思います。

しかし今さらなんて言って取り繕えばいいかわかりません。

彼女の方も言われるままに彼を放っておけば、どうなるでしょうか。

数ヶ月も連絡待ちの彼は「もう自分には興味がないのだろう」と勘違いしてしまうのです。

こうなるとお互い気持ちがすれ違ってしまい、後戻りできなくなります。

このように彼が忙しいからと放りっぱなしにすると、別れる気はなくてもフェードアウトしてしまう可能性が出てきます。

倦怠期を迎えたカップルなら二週間ほど完全に連絡を絶つ

倦怠期を迎えたカップルの場合、もし彼から「放っといてくれ」と言われたら二週間ほど完全に連絡を絶ってください。

彼のSNSを覗いたり家の近くに行ったりするのは、自分のためにやめておきましょう。

これは「そろそろ自分だけの時間を大事にする時」というサインです。

人生においてベストなタイミングは、絶妙にやってくるものです。

二週間の間は、自分のことだけを考えましょう。

自分を幸せにできる一番の味方は自分自身で、決して彼ではありません。

確かに彼といると幸せを感じることもあるでしょう。

しかし幸せは外からもたらしてもらうものではなく、自分の内側にあるものです。

「彼がいなければダメ」と彼に幸せを期待してしまうと、彼にとってプレッシャーになるだけです。

さぁ、さっそく自分の幸せを探してみましょう。

まずは簡単なところから「自分が一番好きなものを食べる」に挑戦してみてください。

ホイップクリームたっぷりのパンケーキを選びますか?

それとも一番食べたいものは肉汁したたるようなステーキでしょうか?

美食は私たちを最も幸せに導いてくれるツールです。

もしも食べ過ぎてしまったら、次の食事で調整すれば良いことです。

身も心も幸せへと導くことが大切なのですが、幸せの部屋のとびらは自分でしか開けることはできないのです。

彼を放置した方がいい場合もありますが、詳しくはこちらの過去記事に掲載しています。


 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「人生大吉」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

男性が「ほっといて」と言いたくなる女性や彼女の特徴

彼の行動の一部始終を知ろうと必死な女性

男性が「ほっといて」と言いたくなるのは、彼の行動の一部始終を知ろうとして必死になる女性です。

男性たちの中には「その日一日の行動を毎日彼女に報告しなければいけない」と嘆く人がいます。

これは付き合っている彼女が、言い知れぬ恐怖や不安に怯えているためです。

彼が離れていってしまうのではないか、という不安で疑心暗鬼になっているのです。

いつも不安で仕方がないのでその不安を少しでも消すために、彼に関する全てのことを知っておきたいのです。

そして万が一の「別れ」ということにならないよう、必死なのです。

彼からしてみれば「信用ないのね俺って」ということです。

信用されていないと思われると彼も自信を失うため、二人の関係にも影響が出てきます。

これを自分自身に置き換えてみるとよくわかるはずです。

毎日のように彼から監視されていたら、自分らしくいられないばかりか生きた心地さえしないでしょう。

「もうほっといてよ!」と強い口調で言いたくなるのは当然です。

他人には関係ない彼氏のプライベートなことまで口をはさんでくる女性

プライベートなことまで口を挟んでくる女性には「ほっといてくれ」と言いたくなるものです。

他人には関係のないことだし、彼女に聞かれたからと言って全てを話さなければいけないわけではありません。

しかし中にはそういう細かいところまであれこれ口出ししてくる女性もいるのです。

このタイプの女性はおしゃべり好きも多く、聞かれもしない自分のことをなんでもしゃべりたがります。

彼氏としては実にどうでもよいことをさも大事のように話すので、いつだって彼は辟易としています。

ある意味、空気が読めないタイプとも言えますが、自分のことだけ優先して「私がこうした、私がああした」と話し出すと止まらない女性はたいてい男性に嫌われます。

もし少しでも思い当たるフシがあるなら、今後は彼の話を聞くことに専念してみてください。

聞くだけでなく彼の話に興味を持たなければ意味がありません。

興味を持ち熱心に話を聞くだけで、彼は「この子は俺のことわかってくれている」と感心します。

もう二度と「ほっといて」などとは言われません。

会えば文句や愚痴ばかりで人の悪口を言うのが日常茶飯事

男性が「ほっといてくれ」と言いたくなるのは、会えば文句や愚痴ばかり、人の悪口を言うのが日常茶飯事な女性です。

頭の中がネガティブなことでいっぱいな人は、愚痴や文句の押しが目立って強いです。

人のマイナス面ばかりに目がいってしまうのは自分にも同じようなマイナス面があるからで、つい文句や愚痴が出てしまうのはプラスの面に目を向けられないからです。

ちょっとした癖みたいなものですが、それを横に置いておき人の悪口を言うので彼氏としては「なんだかなぁ」という感じです。

愚痴や文句に多少同意することがあっても、それを100%受け入れているわけではないのです。

なので話してくる内容があまりにもネガティブネタばかりだと「うるさい!もうほっといてくれ」ということになるのです。

そもそも愚痴や不満ばかり言う人は、自分自身そうなっていることに気づいていません。

そのため会話中に彼氏が浮かない表情だったり、呆れ顔なのにも気づかないのです。

だから突然「ほっといてくれ」と言われても、なぜなのか全く理解不能なのです。

彼氏を含めた他人の良い面だけをみるようにすれば、必然的に明るい会話になります。

明るい雰囲気なら絶対に「ほっといてくれ!」などと言われることはありません。

恋愛対象じゃない女性から熱烈に愛情表現される

男性が「ほっといてよ」と言いたくなる女性は、恋愛対象ではないのに熱烈に愛情表現してくる人です。

おそらくその人なりに「脈あり」と感じたからなのですが、ここぞとばかり猛アタックしてくる女性は意外に少なくありません。

同じ職場ならお弁当を作ってあげたりプレゼントをあげたりなど、周囲から見ても「ヤツに惚れてるな」とわかるほどです。

ところが残念ながら、相手の女性が恋愛対象として見れないケースはまれではありません。

断る勇気がないばかりに女性からのほどこしを甘んじて受け入れてしまうのです。

ここからが人間関係のもつれとなるシチュエーションへと展開していきます。

喜んでもらっているうちは良いのですが、その内に女性のほどこしが重荷に感じるようになる日が来ます。

たとえば別の本命彼女ができた場合などです。

これでもかこれでもか、とほどこしてきても結局最後は見向きもされなくなってしまい、それでも負けずにアタックすると「ほっといてくれ」ということになってしまうのです。

女性の方は「は?あんなに喜んでたのになんで?こんなにしてきてあげたのになぜ怒られるの?」と切なく苦しい気持ちです。

いったん心に火がついてしまっただけに、この恋をあきらめるのはかなり辛く感じることでしょう。

悩みがあるんじゃないかと心配し何があったか聞き出そうとする女性

男性は「頼むからほっといてくれよ」と言いたくなるのは、悩みがあるんじゃないかと心配し何があったか聞き出そうとする女性です。

心配してくれるのはありがたいことと認識はしていても、過剰な心配は彼にとって「ありがた迷惑」です。

「せっかく心配してあげてるのに」と息巻いているかもしれませんが、それは「心配させるほど彼ってダメ人間」と言っているようなものなのです。

スピリチュアル的に見ても、心配は必要のない感情です。

厳しいことを言うようですが、相手のためを思っての心配は実は何の役にも立たないのです。

そればかりか逆に良くないことを引き寄せてしまいます。

なぜなら心配することで、心が大きくブレるからです。

心配とは「エゴ」そのものです。

心配から不安へのマイナスエネルギーはかなり強く、不安な出来事を現実化するには十分なパワーを持っています。

他人が心配な時こそ、自分にそのエネルギーを向けてください。

「何があっても彼は大丈夫」と自分に言い聞かせるのです。

この時のエネルギーは、エゴの持つマイナスなエネルギーからポジティブなエネルギーに変化します。

ちょっとした練習も必要ですが繰り返しやっていけば、心配することがいかに無駄なことかよくわかるようになるでしょう。

 

「ほっといて欲しい」と言われた時にしてはいけないNG行為

彼が精神的に参っている時になんとか話を聞き出そうとする

彼が精神的に参っているような時に、何とか話を聞き出そうとしてはいけません。

落ち込みが激しい時こそ、放っておくことが優しさです。

「何かしてあげなくちゃ!」などと思わなくても良いのです。

ただひたすらそっと見守ってあげてください。

連絡も控えましょう。

彼から連絡が来た時だけは、話を聞いてあげてください。

「ちゃんと食べれてる?」とか「睡眠はとれてる?」というように彼の体調だけは気遣ってあげます。

やるべきことはこれだけです。

飛んでいって食事を作ることもやめておきましょう。

放っておいて欲しい時は、一人になりたいのです。

今はやってあげられることはそっとしておくだけです。

「相談したいことがある」と言われた時だけ、相談に乗ってあげましょう。

「こんなに心配してるのになぜわからないの?」と説教する

彼から心配させられたことに怒りを感じた勢いで「こんなに心配してるのに!」と説教じみたことを言うのはNGです。

これは感情的になりやすい女性に多く見られる言動です。

「こんなに〇〇してあげてるのに」

「どうしていつもそうなの?」

「心配かけないで」

このようなセリフを一度は彼に言ったことがあるはずです。

この言葉は彼に罪悪感を起こさせます。

そして「自分はダメな人間だ」と思わせてしまうのです。

そんなつもりはなくても、心配という感情の裏側にはそういう意図が隠れているのです。

さらに彼に怒りながら言うのはもっとNGです。

普通に言えば済むことなのに、怒ったり半泣きといった感情たっぷりな表現は彼をとことん落胆させます。

「彼とうまくやっていくのは金輪際ごめんだわ」と考えているなら感情的に接してもいいのですが、そうではありませんよね。

好きな彼とこの先もずっと仲良くやっていきたいのなら、感情に訴えたり彼を問い詰めるのはやめましょう。

「きっと疲れてるのよ」と勝手な判断をしたり無駄に癒してあげようとする

彼に対して勝手な判断をするのはNGです。

たとえば悪いこと続きの彼に「きっと疲れてるのよ」と言われた時です。

彼は違和感や「そうじゃない感」に責めたてられたような気がして、さらに落ち込んでしまうでしょう。

また「気分転換させてあげたい」と体の関係を持とうとするのもやめておいた方がベター。

「彼を癒してあげたい」と考えるのはよくわかります。

しかし問題の解決を早めるのは「彼を一人きりにすること」に尽きます。

「ほっといて」と言われたら素直に従いましょう。

少しでも抵抗すれば、彼はますます内にこもるようになってしまいます。

素直に従う方が気持ちを理解してくれたと感じるので、彼の評価は高いです。

彼の方から何か頼まれた時だけ、喜んで助けてあげてください。

彼に上から目線でアドバイスしたりダメ出しする

「ほっといて欲しい」と言われた時にその通りにせずに、上から目線でアドバイスするのはNGです。

ダメ出しするのが得意な人も要注意。

ダメ出しは、最も上から目線の言動です。

「アンタはいつもそうやって落ち込むんだから!」

「そっちがほっといて欲しくてもこっちはかまって欲しいのよ」

「どうしてそんな態度なの?」

このような言動は、彼にとってマイナス以外のなにものでもありません。

放っておくと不安になってしまうこともありますが、素直に放っておけば彼はすぐに戻ってきます。

戻ってこないとしたら、つまらないアドバイスや役に立たないダメ出しをした時です。

彼をダメ人間にしたくないなら言われた通りに何も反論せず、放っておきましょう。

「うん、わかった」とだけ伝えてください。

それ以上何か言ったり、すぐに連絡をとって「心配してる」などと伝えるようなことだけはしないように。

あげまん体質の女性は、彼を放っておいて欲しい時を敏感に察知します。

むしろ放っておく時の方が多いかもしれません。

男性は放っておかれることで、再び彼女への熱意を高めるのです。

彼をかまってばかりいたら、そんな気力は起きません。

彼が「ほっといて」と言ってきたら、二人の関係性を見直すチャンスをもらったと考えるといいでしょう。

音信不通や連絡がない時の男性心理は、こちらの記事で詳しくなっておいてください。
 


 

彼に「ほっといて欲しい」なんて言わせない!居心地の良い女性になるための極意

おしゃべりを減らす。彼は女性の喋りすぎに疲れることもある

女性のおしゃべりに疲れを感じることもあるのが男性たちです。

居心地の良い女性になりたいのなら、彼の前でのおしゃべりを少し減らしてみてください。

居心地の良い女性と対極なのがおしゃべり好きの女性なのです。

「自分はそんなにおしゃべり好きでもない」と思うかもしれませんが、男性に比べたら明らかに女性の方がおしゃべりが好きです。

居心地の良さは、落ち着いた魅力と置き換えることもできます。

話したいことがたくさんあるからと言ってのべつまくなしべちゃべちゃとしゃべり続けられたら、彼はゲンナリです。

今よりもっと彼に惚れさせるには、おしゃべりを減らすこと。

これに尽きますが、さらに微笑みだけは忘れずにいることも重要です。

放っておくけど気にかけるスタンスがポイント

彼に言われた通りに放っておくけれど、気にかけるスタンスがポイントです。

つまり「手や口を出しすぎないようにする」のです。

「放っておく」ということは100%知らないフリをするわけではありません。

彼も立派な大人です。

自分のことは自分で解決する力を持っているのです。

そういう彼が助けを求めた時だけ、手を差し伸べてあげてください。

かと言って「してあげてる」とか「やってあげてる」というスタンスはNGです。

あくまで自分の意思で彼をサポートすることが大切で、やってあげてるという意識でいると彼が負担に感じてしまいます。

仕事で忙しい時は「こっちは連絡少なくても大丈夫だから安心して」と彼をねぎらう

彼の仕事が超多忙で彼女にかまってあげられない時こそ、彼をねぎらう言葉が彼を喜ばせます。

あまりの忙しさから「ちょっとほっといて」と言ってしまうのは、男性ならではの素直さもかいま見えます。

そう言われたら「こっちは連絡少なくても大丈夫だから安心して」と彼をねぎらうのです。

彼は感動して彼女を見直すことでしょう。

超多忙の中で、まさに一筋の光を見たような気分です。

これとは反対に「え?また残業?仕事と私どっちが大事?」と言ってしまったらどうなるかは、だいたい察しがつくはずです。

彼はきっとこんなふうに返してくる女性を彼女にしたことを後悔するかもしれません。

あるいは悶々としながらこの先のことを考え、思いやられるような気持ちになることでしょう。

これでは居心地の良さを感じるどころか、一緒にいることさえイヤになってしまいます。

こうなる前に対策を練っておけば、彼とうまくいかないわけがないのです。

放っておいた後に連絡が来たら連絡が来て嬉しいことをきちんと告げる

彼に「ほっといて」と言われた後に彼から連絡が来たら、嬉しいことをきちんと告げてください。

彼の行動によって嬉しさを感じたなら、それを言葉に表さないと彼には伝わらないのです。

これは彼との仲を深める絶好のチャンスです。

思っていることを素直に言葉にするのは練習が必要ですが、やってみればその効果に驚くはず。

ただしポジティブなことだけにフォーカスするのがコツです。

良いことと褒めることならなんでもOKです。

男性は好きな人に褒められるともっと褒められることをしようと頑張ったり「好きな人を喜ばせることならなんでもやろう」と意気込むのです。

また彼への感謝は日常的に行うようにしてください。

「ありがとう」という言葉は、すぐにその場をキラキラとした光で包みます。

見えない人の方が多いのですが、これが言霊(ことだま)の作用です。

使わなければもったいないと言葉なので、どんどん多用してください。

そうやっているうちにお互いに「ありがとう」が口癖になることでしょう。

問題や障害が起きなくなるので、二人の将来も決まったようなものです。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「ほどよい距離感を知っておけば居心地の良い女性になれる」

占い師 姫乃
居心地良く感じられる女性は誰からも好感を持たれるもの。

ポイントの一つでもある「ほどよい距離感」はちょっとしたコツを知っておくだけでも十分使えるわ。

そしてここが今回のキモ!

彼から一度「ほっといて」と言われたら、そこが越えてはいけないボーダーラインということ。

これだけは覚えておいてね。

恋愛関係って、何か問題が起きた時こそ大きく飛躍できる時だから決してくじけずに、何かあったらまたいつでもこの記事に戻ってきて。

これからもあなたが大きく羽ばたけるよう応援していきます!

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【人生大吉】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【人生大吉】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事