元彼を思い出す瞬間にはどんな心理が隠れてる?今彼や夫がいるのに思い出してしまうときの対処法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

あなたが元彼を思い出すのは、どんな状況の時でしょうか?

元彼をふと思い出した時にいったいどんな心理が働いているのかもし気になったら、ぜひこの記事を読んでみてください。

この記事では、今彼や夫がいるのに元彼を思い出してしまう心理、元彼を思い出すとイライラしてしまうの理由とスピリチュアル的な意味まで、広くご紹介しています。

「元彼を思い出したくないのになぜか思い出しちゃう!」と悲鳴をあげている人にもおすすめの内容でお届けします。

さっそく元彼を思い出す心理を解明していきましょう。

復縁メニューはこちら

結婚したり今彼がいて幸せなはずなのになぜか元彼を思い出す心理

今彼や夫とケンカしたりうまくいってない時

元彼を思い出してしまう多くのパターンが、今彼や夫とケンカしたりうまくっていない時です。

少なくとも幸せを感じている状態ではありません。

この時、自分の中で「何かが足りない」と感じています。

思い出すのは元彼のイメージだけではなく、付き合っていた頃特に印象に残っているワンシーンです。

それは日常のほんの些細な一場面かもしれません。

あるいは2人で共有した経験ということもあるでしょう。

意外なのは、つらかったとか、悲しかった出来事は忘れてしまっていることです。

強く印象に残っているのは、たいていが「すごく楽しかった」などという、ポジティブな思い出です。

「何かが足りない」と感じるのは、このような好きな男性と過ごすポジティブな経験です。

いくら夫や今彼がいたとしても、うまくいっていない限りポジティブな経験は共有できません。

このように元彼と過ごした映像が鮮やかに脳裏によみがえるのは、現パートナーとうまくいっていない時です。

純粋にまだ元彼が好きだから、忘れることはできないと考える

元彼を思い出す瞬間を聞くと、中には「まだ元彼が好きだから」とはっきり答える人もいます。

夫や今彼がいても、です。

このように考える人は「今現在のパートナーと元彼とは別」と考えます。

パートナーはパートナー、元彼は元彼とはっきり区別できるので、混乱したり悩むことはほとんどありません。

しかし「元彼のことがまだ好き、パートナーとはケンカばかり」という場合は、こういうわけにはいきません。

「元彼をまだ好き」という事実に思い悩み、すわ離婚!とか、別居したい、などと現状を無理やり変えようとします。

こういう時、要領よく振る舞える人は幸せかもしれません。

それは「別れても好き」と、しっかり自覚できる人です。

元彼と旅した場所に行った時、思い出が走馬灯のようによみがえる

元彼を思い出してしまうのが「元彼と旅行した場所に行った時」です。

当時の思い出が走馬灯のようによみがえり、思わずため息をついてしまうでしょう。

旅行だけでなく、デートで訪れたところに再び出向いた時も元彼を思い出してしまう瞬間です。

もし2人のお気に入りのデートスポットがあったら、ことあるごとに思い出しては「また行きたいな」と心の中でつぶやきます。

よく行ったカフェ、ショッピングを楽しんだモール、カラオケや居酒屋など、次々に思い出します。

よみがえる記憶の連鎖はまだまだ続きます。

出会った時のことや会うたびにワクワクしていたことなど、元彼についての回想は尽きません。

思わず「恋愛っていいな」「ワクワクするって本当にいいな」と感じることでしょう。

このように、今彼がいても夫がいてもワクワクするようなことがなかったりうまくいってないのなら、楽しかった元彼との思い出がよみがえるは当然なのです。

元彼からもらったプレゼントを見つけた時

元彼を思い出してしまう時、それは元彼からもらったプレゼントを見つけた時です。

もしもらったことをすっかり忘れていたら、驚きとともにはっきりとその記憶がよみがえることでしょう。

それが誕プレだったらどんなシチュエーションで、どんな風にもらったのかということは記憶の糸をたぐり寄せればすぐに思い出せるはずです。

なぜならそれは、かけがえのない大切な思い出だからです。

「あなた自身の今」があるのは、そういう幸せな過去があったからです。

その後に悲しい別れが待っていたとしても、それはそれ。

大事なのは幸せだった記憶です。

そういう記憶がよみがえった時「私ったらなんで動揺してるの?」というように罪悪感を覚えても、幸せな記憶に蓋をする必要はないのです。

もらったプレゼントに対してもイヤな気分にならなければ、大事な思い出と共に保存しておいても大丈夫。

あなたの手に渡った時点で、元彼のエネルギーは薄くなっています。

でももしそれを見るたびに罪悪感に襲われるようなら、思い切って処分しましょう。

 

今彼や夫に不満があってもなくても、つい元彼と比較してしまう時

幸せははずなのに元彼を思い出してしまうのは、今彼や夫と元彼を比較して見てしまう時です。

現状、夫や今彼に不満はなくても「なんとなく比べてしまう」のです。

たいていの場合、夫という決まった相手がいるのにこうして元彼を思い出してしまうことに対して、罪悪感を抱きます。

別に浮気をしたわけではないのですが、この時の心理が「浮気したような気持ち」です。

これは夫や今彼にはとても言えないことですし、一切秘密にしておくしかありません。

夫や今彼は、まさか自分が比較される対象になっているとは思いもよりません。

このように元彼を思い出すのは夫や今彼と比較する時ですが、いずれこの行動に飽きる時が来るのは間違いありません。

元彼が付けているコロンと同じ香りがした時

元彼を思い出してしまう「あるある」が元彼が付けているコロンと同じ香りがした時です。

香りのマジックはかなり強烈で、まるでそこに元彼がいるような錯覚を起こさせます。

胸は高鳴り、思わずボーッとしてしまうかもしれません。

元彼の香りによって、過去の記憶の扉は大きく開け放たれます。

会うたびに深呼吸したくなるような香りだったこと。

親密になればなるほど、その香りとともに離れたくない人になったこと。

元彼の横顔、節目がちな表情、ぷいと怒った時の頬や、そっと握った手まで、その記憶はとどまるところを知りません。

香りには、思わず「やっぱり今でも好きなのかも」と感じさせる要素があります。

夫や今彼がいても、香りによって元彼の記憶が自然によみがえるために思い出さずにはいられないのです。

嫌いになったはずなのに、なぜか思い出してしまうとき

元彼のことは嫌いになったはず、と思っていたのに、なぜか思い出してしまうことがあります。

これは「あなたが元彼を許した」という形に落ち着いたためです。

別れる際に相手の男性を嫌いになるきっかけは、「ケンカ」というパターンが多いです。

ひどい言葉でののしられたとか、すごい剣幕で怒られたならまだしも、最悪なのは暴力です。

即行で相手を嫌いになるばかりか、もう二度と顔も見たくないと思うはずです。

盛大にケンカをした後は「大嫌い」と、心でつぶやいたことでしょう。

こうして別れた2人ですが、いつしか嫌いになったはずの元彼のことをふと思い出す時が来ます。

それはお互いに感情的になってしまったケンカ別れから、長期の冷却期間を経たあとです。

あなたは今彼ができているかもしれないし、すでに夫となる人物が存在する場合もあります。

ふと元彼を思い出した時、「あれ?嫌いになったはずなのになぜ?」と、あなたはいぶかしがるかもしれません。

「あの時は確かに嫌いになった、けど状況が変わると自分も変わるのかも」

このように時間の経過と共に、さまざまな変化も実感します。

「別れなければ人生変わったかも」と元彼との別れを後悔した時

今現在、幸せなはずなのに元彼を思い出してしまう瞬間の一つに「別れたことへの後悔」があります。

「元彼と別れなければ人生変わったかもしれない」と感じています。

たとえ今、夫がいたとしても、別の彼と付き合っていたとしても、同じです。

これは「隣の芝生は青く見える」心理です。

つまり幸せになりたくて結婚したのに、実際にはそれほど幸せを感じていない、ということです。

自分の結婚生活に活路が見出せていないため、つい元彼のことを思い出してしまう、というのがこの場合の縮図です。

妄想はどんどん膨らみ続けます。

やがて「もし元彼と復縁していたらどうなっていただろう?」と考え、最後には「元彼と別れなければ人生変わったかもしれない」というような、現実にはあり得ないことまで思うようになります。

こうなると、頭の中は現実から切り離された元彼についての妄想だけになってしまいます。

画像やLINEのやり取りなどが保存されている時、過去の恋愛遍歴の一つとして思い出す

元彼を思い出してしまう時は、スマホに元彼のデータが残っているのを忘れていた時です。

ある日突然、すっかり忘れていた元彼の画像を見つけた時、過去の恋愛遍歴と共にその記憶が鮮やかによみがえります。

LINEでのやりとりしていたこともすっかり忘れているかもしれません。

でももし当時のデータが残っていたら、元彼を思い出さずにはいられないでしょう。

画像データやLINEのテキストを見ながら、いろいろな思い出に浸ってしまいます。

そうは言っても、元彼は過去の恋愛遍歴のうちの1人です。

データが残っていたとはいえ、元彼との仲を取り戻そうなどとは思いません。

でもそのデータを消せないでいたら「気持ちがまだ元彼に残っている」ということです。

元彼を思い出すとイライラや吐き気が起きる原因

元彼の楽しそうなフェイスブックやツイッターを見た時

元彼を思い出した時、イライラしたり吐き気が起きる原因の一つが、フェイスブックやツイッターなどのSNSを見た時です。

投稿されたものがいかにも楽しそうな時、そのイライラは最高潮に達します。

感情としては、うらやましいとかねたましいという「嫉妬心」に近いものです。

なぜ嫉妬心が起きるのかというと、自分が幸せではないから。

元彼と付き合っていた頃は、何かと2人で幸せを共有してきました。

でも別れてしまってからは、お互いに幸せかどうかなど知るよしもありません。

唯一、元彼の情報を知ることができるのが「SNS」です。

元彼がマメにSNSを更新するタイプなら、これほど元彼について情報収集できるものはありません。

問題なのは「SNSの内容」です。

切り取られた元彼の日常が、変化に富んだいかにも充実しているような内容だったら、なぜかイラッときてしまいます。

内容によっては吐き気さえもよおすかもしれません。

例えば、新カノについての投稿です。

元彼はウキウキで投稿しますが、それを読んだ人すべてがいい気分、というわけではありません。

特に元カノにおいては、複雑な胸中でしょう。

SNS上で人の幸せを見た時、それを言葉にはしなくてもなぜか強い嫉妬心が起きます。

また自分と比較し、心からガッカリすることもあります。

元彼にずっと我慢していた時の自分にほとほといや気がさした時

元彼に対してずっと我慢していたことがあった場合、その時の自分にほとほといや気がさしてイライラすることがあります。

「今さら?」という感じですが、これは長い間我慢していたことが元彼への「恨み」へと変化したためです。

よほどのわがままでない限り女性の多くは、持ち前の協調性によって彼氏とうまくやっていきたいと考えます。

うまくやっていくためには、どちらかが我慢せざるを得ない時もあります。

もし女性側の方が辛抱強い時、一方的に我慢することになってしまいます。

これは逆のパターンもあり一概には言えないことですが、我慢に我慢を重ねていくうちに相手を恨んでしまうことがあります。

好きだからこそ我慢が必要な時も出てきます。

しかしその我慢にも限度があります。

ストレスとなった我慢によって、やがて自分らしさを失う結果となります。

別れた後も、我慢し続けたストレスが癒されることはありません。

自分にほとほといや気がさすのは、このような時です。

元彼に裏切られたり、くやしい思いをして別れたのを思い出した時

元彼に裏切られて別れたとか、ケンカでとてもくやしい思いをしてからの別れだった時、元彼を思い出すたびにイライラしたり吐き気がするのは当然です。

何しろ、元彼は謀反(むほん)を企てたようなものですから。

味方だと思ってた人が突然寝返りを打ち、敵に回ったショックはかなり激しいものです。

このショックによって元彼ばかりでなく、もう誰も信用できなくなるかもしれません。

また別れた時のくやしさをいつまでも引きずってしまうこともあります。

もう忘れたいのについ思い出してしまう、そういう時の心情は「ただひたすら苦しいだけ」です。

思い出すたびに苦しくつらい気持ちになるので、いったいどうすれば忘れることができるかと悩みます。

友人に相談しても「時間が解決してくれる」というアドバイスに、さらにガッカリです。

「今すぐにでも忘れたいのに!」といきどおり、さらにイライラしてしまいます。

 

友人が元彼の肩を持った時

元彼のことを思い出して友人にそのことを話した時、あろうことか友人があなたに反論し元彼の肩を持つことがあります。

一見、このような状況だとイライラや吐き気が起きても仕方がないように思えます。

「味方して欲しいのは私!」と叫びたいような気分でしょう。

これは友人が言った何気ない一言に、無意識に傷ついてしまったことが原因です。

友人がなぜ元彼の肩を持ったのかは「謎」です。

もちろんそれが正論ならやむを得ません。

でも本当の友人だったら、100%自分を味方して欲しいところです。

しかし時には友人のアドバイスをありがたく受け止めることも大切です。

なぜなら、言いにくいことをあえて言ってくれるのは、そこに「愛があるから」です。

愛ある発言にもしイラつくことがあっても「へぇそうなんだ」と、あまり気にしすぎないようにしましょう。

友人には引き続き、アドバイスをもらえるよう頼みます。

自分にとってネガティブなアドバイスに対して反論したくなった時こそ、問題解決の大きな突破口があるからです。

結局元彼はゲスだったことが分かり、付き合ったことを後悔する時

元彼が結局「ゲス」だった時、そんな元彼を思い出すとイライラや吐き気が起きることになります。

また「別れて良かった、でもあんなのと付き合ったのは時間の無駄だった」と後悔します。

ゲスとは、女性関係にルーズな男性のことを言います。

二股をかけたり浮気したりなど、1人の女性を愛そうという気はまったくありません。

そういう男性は他の男性に比べて、モテる傾向があるということも、問題点として挙げられます。

モテる= ゲスになりやすく、また「俺はモテる」と考える男性も多いです。

ゲス男にはゲス男の持論がありますが、迷惑なのが相手を信用して付き合った女性たちです。

付き合い始めの頃は面倒な問題が見えなかったものの、数ヶ月もすれば元彼の中身が見えてきます。

たいていの場合、都合のいいように相手にされるだけで結局は付き合ったことを後悔する羽目になります。

このような状況では別れた後元彼を思い出しては、イライラや吐き気に悩まされます。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元彼を思い出して泣く時、心の中で起きてること

未練はないはずなのに、別れたことを後悔する時

元彼を思い出して泣く時「未練はないはずなのに」と考えています。

「どう考えても未練などない」でも泣けて仕方がないという時、少なくとも別れたことを後悔している可能性が高いです。

涙には浄化作用があります。

心に溜めていた元彼に対する思い、つらい気持ち、別れた時の悲しみや「なぜ別れなければならなかったのか?」という自問自答を繰り返し、苦しみます。

このように心の中の汚れ(けがれ)を洗い流す作用があるのが「涙」です。

未練などない、別れてっすっきりしている、と思っているのに泣くのは、実はすべての未練がぬぐいきれてないからです。

何かの拍子にそういう未練が飛び出して、主張を始めます。

その主張の多くは「後悔」や「罪悪感」です。

「もっとこうすれば良かった」というような、後悔の念にさいなまれてしまいます。

このように、心の中では大きな葛藤がうねりとなって起きています。

言えば良かった一言が最後まで言えなかった時

元彼を思い出してなく時、それは言いたかった一言が最後まで言えなかった時です。

付き合っている頃は、まさかもう会えなくなるとは思ってもみなかった元彼。

しかしもう連絡はおろか、会うこともないかもしれません。

この時の感情は「もう会えないから寂しい」という簡単なものではありません。

さまざまな思いが交錯し、とても一言では言い表すことができないものです。

しかしあえて一言で言うなら「今まで本当にありがとう」です。

感謝を表す一言は、惜別の際にもっとも相手に伝えたい言葉です。

別れる際はお互いに冷静になれなかった2人ですが、しばらくすると気分が落ち着きます。

感情的に落ち着けば、相手に伝えたいのは心のこもった「ありがとう」だけです。

別れた今ととなってはそれも叶わぬ夢です。

言いたかった「ありがとう」をついに言えずに終わってしまった悲しみに、1人涙を拭うことになります。

急にいたたまれないほどの寂しさに襲われた時

相手と別れた後、急に泣きたくなるのは衝動的に寂しさに襲われた時です。

いたたまれないほどの寂しさと心にぽっかり空いた穴の大きさに動揺し、心が大きく揺さぶられます。

周囲から見たら、急にトーンダウンしたかのようです。

口数が減るので誰ともしゃべりません。

誰もいなければ子供のようにわんわん泣きたいところなのに、なんとか我慢します。

この時、内面ではひたすら悲しみに耐えています。

このようになんの前触れもなく急に泣きたくなる時は、何らかのトラウマが影響していると見られます。

または幼少期の親との関係も、急に泣きたくなる原因の一つかもしれません。

あるいは元彼と別れた時に、心の傷ができてしまった可能性もあります。

見た目は大人でも、内面では子供のあなたが泣きながら寂しがっていると想像すれば、わかりやすいかもしれません。

孤独を感じ、そのつらさに我慢できない状態が「泣いてしまう時」なのです。

元彼とよく聞いた思い出の曲が突然流れてきた時

元彼を思い出して泣く時は、以前元彼とよく聞いた思い出の曲が突然流れてきた時です。

2人で好きだった曲もあれば、元彼がファンだったアーティストの曲という場合もあります。

ドライブすれば必ずその曲をかけていた元彼。

好きでなくてもいつも聴いていたら、あなたにとっても馴染み深い一曲だったはずです。

思い出の曲には、さまざまなメモリーもたくさん混在しています。

曲のワンフレーズを耳にしただけで、鮮やかな思い出がよみがえります。

泣いてしまうのは、こういう時です。

この時、悲しくも嬉しくもない、なんとも言えない気分を感じています。

感じるのは元彼との思い出が幸せに満ちたものだった、ということ。

また別れたあと、自分は抜け殻のようになってしまっていた、ということです。

抜け殻になった体に、元彼との思い出の一曲はグッと刺さります。

泣けるのは心に深い傷を負っていた場合、その傷に滲みるためです。

スピリチュアル的に見た時、元彼を思い出す意味

今世で出会うべき相手で、まだ学ぶことがある

元彼を思い出す意味をスピリチュアル的に見た時、元彼は「今世で出会うべき相手」です。

魂の学びのために2人は出会ったのです。

別れてしまったら、学びが終わったわけではありません。

元彼とは潜在意識でつながっています。

深いところでの2人つながりを断つことはできません。

ですから一度出会った相手とは、永遠につながっているのです。

とは言え、成長度合いによっては「再び会うことはもうない」という可能性もあります。

これは人生のプロセスで何を選び、どれを選ばずにいるかで大きく進路が変わるためです。

元彼と再び付き合うようになる場合は、魂レベルでそれを必要としているからです。

すべては「この人生においての学びを得るため」です。

元彼があなたを思っている波動が伝わっている

スピリチュアル的に元彼を思い出すのは、元彼があなたを思っている波動そのものが伝わってきたためです。

「電話が来ないかな?」と思っている時、不意にその本人から電話がかかってきてびっくりしたことはありませんか?

これこそ相手を思う波動が、現実世界に「着信」という現象を起こした証拠です。

今日の晩ご飯はハンバーグが食べたい、と思っていて帰宅するとハンバーグだった、ということも決して珍しいことではありません。

これと同じように元彼を思い出すのは、元彼本人があなたを思い出している場合が多いです。

一瞬の強い波動で思い出すこともあれば、弱い波動だと時間差で思い出すこともあります。

例えば朝元彼を思い出した時、元彼は前日の夜にあなたの夢を見ていた、というような場合です。

これは一例ですが、例を挙げればキリがないほどです。

絶対会わないような場所で偶然ばったり会ってしまうのも、似たような作用が働いています。

離れているのに食べたものが同じとか、元彼と同じ名前の看板ばかり目に入る、ということもあります。

いわゆるシンクロニシティがこれに当たります。

スピリチュアル的には偶然はありません。

あまりにもシンクロニシティが多いと、やはり元彼の波動が伝わってきているとしか思えません

あなたの中に元彼のエネルギーが残っている

スピリチュアル的に元彼を思い出す理由は、あなたの中に元彼のエネルギーが残っているためです。

プラトニックな恋愛ならエネルギー量はそれほどでもありません。

しかし肉体を伴う恋愛の場合、元彼のエネルギーは必ずあなたの中に残ります。

なぜならスピリチュアル的には、肉体関係の目的の一つがエネルギー交換だからです。

相手の体に触れただけでもエネルギーはそこに残ります。

さらに全身で愛し合う肉体関係の場合、そのエネルギー量はただ触れるだけよりもはるかに上回ります。

そしてその後もお互いの体内には相手のエネルギーが残存するのです。

元彼を思い出す時、体内に残存する相手のエネルギーが反応している場合も多いです。

このようにスピリチュアル的に元彼を思い出す理由は「エネルギー」にあります。

別れた時の傷ついた心が癒されつつあるサイン

元彼を思い出してしまうのは、スピリチュアル的には「別れた時の傷ついた心が癒されつつあるサイン」と見ることができます。

どんなに仲が良かったカップルでも、別れるに至ってはもめたり、争い事に発展することもあります。

お互いを傷つけ合うようなケンカは、できれば避けたいものです。

しかしケンカは避けることができても、険悪なムードのまま別れることになるのは間違い無いでしょう。

どんな別れでも心に傷を負ってしまう可能性は、決して低くはありません。

またお互いに傷つけ合うという最悪な幕引きも考えられます。

誰にとっても「別れ」が負のイメージでネガティブなものと認識するのは、このような点からです。

別れたあと数ヶ月は必要かもしれませんが、その傷は癒える時は必ず来ます。

そのサインが「元彼を思い出した時」です。

前兆もなしに不意に元彼を思い出した時、それがイヤな思い出でなければ「あなたの心の傷は癒されつつある」ということです。

もう元彼を思い出したくない!というときの対処法

思い出したくない時ほど思い出してしまう時は「視点を変える」

「もう元彼を思い出したくない」というときには、すぐに視点を変えるようにすればOKです。

「思い出したくないのになぜか思い出してしまう」というのは、誰にでもある深層心理です。

自分だけではないので安心してくださいね。

別れたあと、元彼に未練があってもなくてもしばらくは思い出したくない、という人はとても多いです。

これは元彼に関する思考をシャットダウンして、冷静に自分を見つめ直すために必要なことです。

しかし忘れようとしても、なかなか簡単に忘れられるものではありません。

こういう時、思い出さずにいるには視点を変えるのが一番手取り早い方法です。

まずは「元彼を思い出している自分に気づく」こと。

次に「今やっていることと全く別のことを始めたり、想像したりする」こと。

これを癖づけすれば、思い出したとしてもすぐに頭の中が切り替えられます。

元彼を思い出したくない時は、記憶の固定化を妨げる方法がベスト

元彼を思い出したくない時にベストな方法が「記憶の固定化を防ぐ」というものです。

頭に刷り込まれた元彼の記憶を別のものに変えることで、元彼を記憶から外すことができます。

人は「思い出す」ことで、記憶がガッチリと固定されます。

記憶をガッチリ固定させないようにするには、思い出さないこと!これにつきます。

ところが思い出すのは、いつも「自動的」」で、勝手に思い出してしまうのが困るところです。

そこでまずは元彼を思い出した時「あ、思い出してる」と気づくよう気を付けて過ごします。

その時、すぐさま別の行動をとるようにしましょう。

音楽を聴く、YouTubeを観る、お茶を飲んだりお菓子を食べる、などがおすすめです。

こうしているうちに、思い出すアクションに鍵をかけることができるので、記憶の固定化を妨げることができます。

「クリアリング」で心の中を占める元彼の存在もクリアにする

もう元彼を思い出したくないというときには「クリアリング」で思考をクリアにし、元彼の存在もクリアにしてしまいましょう。

これは心の中を占めている元彼の存在について、次々に突き詰めることから始めます。

まずは「なぜ元彼を思い出したくないのか」を自分に問いかけます。

自分に問いかけながら、頭に浮かんだものをメモに書いていくとわかりやすいです。

思い浮かんだことを書いていくうちに、次々にその理由が明らかになっていきます。

自分では意識していなかったことまで出てくるかもしれません。

こうやって「なぜ元彼を思い出したくないのか」、その真相を解明していくうちに自分の内面が見えてきます。

この方法は、最終的には自分の気持ちに向き合うことが目的です。

元彼を思い出してばかりで一向にらちが明かないときは、ぜひクリアリングを試してみてください。

睡眠が記憶を強化させる。寝る前の習慣が大切

数多くの研究結果において、睡眠が記憶を強化させることがわかっています。

つまり睡眠前のひと時が、元彼を思い出さずにすむためにとても重要ということになります。

寝る前に、イヤな記憶を吹っ飛ばすためのアクティビティをやっていきましょう。

時間がたっぷりあるなら、お笑い関連のDVDや幸福感あふれるドラマを観て、脳をリフレッシュさせます。

また記憶を和らげるには「熟睡」も大切ですから、ぐっすり眠るための工夫をします。

お風呂で適度に体を温める。

リラックスできるハーブティを飲む。

アロマテラピーや、ヨガ、瞑想をする。

これらがおすすめです。

いずれにしても、寝る前に嫌な記憶を呼び起こさなければ大成功です。

はっきりしない優柔不断な元彼。だからこそ思い出さず放っておくことが大切

はっきりしない優柔不断さがある元彼の場合、放っておく方がいいことが多いです。

「復縁してくれそうでなぜかはっきりしてくれない、自分がいくら押してもいつものれんに腕押し」

こういうとき、あなたの押しに参っている可能性があります。

あまりにも復縁を迫りすぎると、相手は引いてしまいます。

女性側の方が気が強い場合は、特にそうなりがちです。

元彼がはっきりしてくれないときは、放っておきましょう。

その方が元彼にとっては好都合です。

あなたに押されたから復縁するわけではありません。

言われたからやる、というのはあまりにも自主性がなさすぎるためです。

これはどの男性にも当てはまることで、男性は操り人形ではないのです。

自分で元カノに復縁をアプローチしたい、「そのためには自分で決めたい」と、思っています。

はっきりしてくれない元彼をつい思い出すことが多ければ、今しばらくは元彼の存在を忘れることがもっとも重要かもしれません。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「思い出すのはあなたの潜在意識がはたらくから。元彼との縁やつながりは切れることがない」

占い師 姫乃
ふとした瞬間に元彼のことを思い出したら「え〜!なんで?」と疑問に思ってしまうわよね。

元彼にまだ気持ちが残っているならまぁ仕方がない。

でも別れたあとあなたが夫や今彼ができたのにもかかわらず、なぜ思い出してしまうんでしょ?

これはあなたの「潜在意識」によるもの。

その理由はたくさんあるけれど、結局は元彼とはつながりがあるってことなの。

そのつながりは永遠に切れることはないわ。

今世ではもう会うことがないかもしれないけど、縁があるわけだから来世でも必ず会うことになる。

これはそれぞれの状況によって変わるから一概には言えないけれど、つまり縁やつながりって想像するより強固なものなのね。

たとえば来世では親子の関係になる、ってことも十分にあり得る。

だから「元彼、元カノという縛りは今世だけのもの」と思えば、もっと気楽にかまえられるかもしれないわ。

人生って本当に面白くて興味深いことばかり。

これからも一緒にたくさんのことを学んでいきましょう!

【期間限定・7月12日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事