運命の人は別れても戻ってくるのは互いの魂の学びが必要だから!また彼と人生を歩むために知っておくべきこと   
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

運命の人は別れても戻ってくるのは、互いの魂の学びが必要だからです。

こちらでは魂の学びが必要な理由と運命の人と人生を歩むために知っておくべきことについて解説しています。

運命の人との別れの特徴と運命の人が戻ってくる前兆、さらに運命の人が戻ってくる前にやっておくべきことについても詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

復縁メニューはこちら

運命の人はわかれても戻ってくるのは魂の学びのため

ツインレイやツインソウルの2人は魂の約束を果たすために生まれてくる

運命の人とはツインレイやツインソウルのことを指し、魂の約束を果たすために再びこの世に生まれ出会いますが、大儀的にはどちらもソウルメイトと呼ばれる関係です。

ツインレイは魂の片割れとも言われ、お互い唯一無二の非常に強いつながりを持つ間柄です。

またツインソウルとはよく似た波動を持つ人のことで、この世に何人か存在します。

ツインレイもツインソウルも、出会った瞬間から最後のパズルの一つがパチっとハマるような感覚があります。

お互いに相手に強烈に惹かれ接点を持ちますが、そこからが魂の約束を果たすための人生が始まります。

私たちは数え切れないほどの転生を繰り返しますが、その目的の多くは魂の約束を果たすためです。

過去生の世界は困難なことが多く、失意のどん底にまま人生を終えた魂がほとんどです。

貧困、飢餓、闘争、権力争い、無知、偏見など、困難を極めた人生に辟易しすっかりあきらめてしまう魂もいれば、絶対に生まれ変わりたい、もっといい人生を歩みたいというチャレンジ精神旺盛な魂も存在します。

それがいわゆる「目覚めた人たち」です。

生まれ変わりを信じている目覚めた人たちは、再び転生することを自分に誓います。

やがて転生しこの世に生まれてきますが、魂の片割れがいることも魂の約束のことも全て記憶は消された状態です。

しかしツインレイとはつゆ知らず、ひと目あった瞬間「他の人と明らかに違う」と感じるのです。

ツインレイについて詳しく知っている人は「やっと会えた」と喜びますが、そうでない人にとってツインレイは単なる恋愛対象です。

ところが会ったこともないのに、なぜか「懐かしい」と感じるのです。

これは魂レベルでの感覚で、魂がツイン=2つに分かれるのは理由があります。

なぜなら相手がいることで「私は何者なのか」がわかるからです。

自分だけでは、本当の自分を理解することはできません。

魂の片割れであるツインレイがいるからこそ、この人生で自分がどう成長したかを確認することができるのです。

しかし成長には痛みがつきものです。

ツインレイとの関係も「夢見るような恋愛関係は最初だけ」という場合が多いです。

運命の人との困難は不可避だが、海よりも深い絆を築くことができる

運命の人との間に起きる困難は、避けることはできません。

しかしそのおかげで、海よりも深い絆を築くことができます。

また困難を乗り越えた時、今までよりも強くたくましく成長した自分に気づくことでしょう。

とは言え、目の前に立ちはだかる困難が大きければ大きいほど、どうしたらいいかわからなくなってしまうものです。

思わず「彼のせいでこうなってしまった。この人、運命の人じゃなかったの?」と相手に疑いの目を向けてしまうかもしれません。

しかし相手が運命の人だからこそ、困難なことが起きるのです。

それが魂の約束の一つだから。

困難なことから逃げてしまうと、せっかくの成長のチャンスを逃してしまいます。

問題を受け止め、からまった糸の先端をなんとか見つけましょう。

乗り越えられない問題や困難はありません。

「次は何が起こるかな?」と、まるでRPGゲームの主人公になったような冒険心を持てば意外にあっさりと解決するものだし、恐怖で八方塞がりだからこそ、力を抜きリラックスしてください。

必ず名案が浮かびます。

運命の人と別れるのは、お互いに必要性を感じさせるため

運命の人だったはずなのに別れてしまったのは、お互いに必要性を感じさせるためです。

人との別れは一見悪いことのように思えますが、しかし運命の人の場合、その裏にはきちんと意味があるのです。

多くの旅行好きの人は日本のみならず世界中に目を向け、その土地の魅力に触れるのが醍醐味と感じています。

しかし旅行を心から楽しめるのは帰る家があるからこそで、帰宅してホッとひと息つくと改めて家の良さを感じるものです。

運命の人も同じように、別れて目の前にいなくなったからこそ相手の良さがわかるのです。

「心から愛しているから、いつも一緒にいたい」と思うのはごく自然なことです。

ところがどんな人にも、相手に新鮮味を失うという現象が起きます。

新鮮味が薄れてしまうと、今度は相手の何が良いのかが分からなくなってしまうのです。

それどころか、なぜか欠点ばかりが目につくようになります。

さらにそういう時に限って2人の関係性にヒビが入る致命的な問題が起きるため、別れにつながるのも当然なのです。

相手の良さを心から理解するには、物理的な距離をとることが必要です。

運命の人と別れるのも、お互いの必要性を感じさせるためです。

そしてこれも魂レベルで決めてきたことです。

離れたことでお互いの成長のために相手が必要とわかるから

運命の人と別れても戻ってくるのは、お互いの成長のために相手が必要とわかるからです。

そのためには相手と1度離れなければなりません。

相手と離れて初めて自分にとって必要な存在だったとわかるのです。

しかし「運命の人」というその点だけに執着する人は、成長のための機会を見失ってしまいます。

別れを考えるほどうまくいっていないのに、そういう人はたいてい「自分が我慢すればいい」と辛抱します。

そしてなんとかうまくやっていこうと努力するのです。

ところがこの努力が実ることはまれです。

むしろ努力の向けどころが違うために、我慢があっさり限界を超えてしまうのです。

こうなると別れは決定的なものとなるでしょう。

別れても戻ってくるのは、お互いに必要だからです。

しかし別れが決定的なものとなると、相手が戻ってくることはありません。

真の愛情とは何かを確かめるには相手の存在がなくてはならない

別れた運命の人が戻ってくるのは真の愛情を確かめるためで、そのためには相手の存在が必要だからです。

真の愛情とはなんでしょうか?

それは相手に対する愛に条件を付けないことです。

相手に条件を付けた時点で利害がからむようになり、究極的には「あなたが愛してくれないと、私はあなたを愛さない」というような関係におちいるのです。

条件付きの愛はあらゆるシーンで真の愛情を遠ざけるだけでなく、ますます条件を付けることが真の愛と勘違いするようになります。

そこから良い方向へと発展することはなく、多くのカップルは破綻するか別れたくても別れられない不毛の関係を続けるのです。

真の愛とは相手に条件を付けません。

「相手が存在してくれるだけでいい」

このように相手の存在そのものを愛します。

休日にどこかに連れて行ってくれなくても不満に思うことはまずないし、自分の思い通りにならないことを相手のせいにしません。

お互いに相手を変えようとせずいつも平和でリラックスしていられるなら、これ以上ベストな関係はないでしょう。

無条件の愛は相手にとってだけでなく、自分にとってもプラスなのです。

運命に人が戻ってくるのは真の愛を知ること、そしてそれは魂の約束を果たすための目的の一つでもあるのです。

解消すべきカルマにまつわる深い部分を知る必要があるから

別れた運命の人が再び戻ってくるのは、解消すべきカルマがあるからです。

またカルマにまつわる潜在意識の中の深い部分を知る必要があるためです。

どんな関係であれ、解消すべきカルマを抱えた状態で出会います。

相手が運命の人の場合「この世に生を受けた理由はその人と出会うため」と実にシンプルです。

カルマについては、さまざまな説があります。

仏教的でいうところのカルマとは、善であれ悪であれ過去の行いはすべて自分に返ってくることを言います。

ここでは仏教面ではない、スピリチュアルな視点からカルマを見ていきましょう。

「悪いことをしたら自分に跳ね返ってくるの?」とはちょっと恐ろしい感じがしますが、これは罪悪感と関係があります。

スピリチュアルにおける物事の見方は、全てにおいて中立で良い悪いはありません。

その人が悪いと判断すれば、悪いことになってしまうのです。

本来何事も中立であるべきなのですが、悪いと判断すると同時に罪悪感へと結びついてしまうのです。

罪悪感のほかに、心配、不安、焦り、ストレスなどがありますが、すべて幸福とは対極の感情です。

幸福でいたいはずなのに、なぜネガティブな感情が起きてしまうのでしょうか?

実はネガティブな感情とは今世だけのものではなく、深い眠りについていた前世の記憶が呼び起こされたものがほとんどです。

これらネガティブな感情には十分に注意する必要があります。

なぜならさらなるネガティブな出来事をがっつりと引き寄せてしまうからです。

近年、インターネットの普及によってスピリチュアルな情報をうまく取捨選択し、上手に波を乗り越えられる人も増えました。

しかしそれでもまだカルマ的マイナス思考から完全に抜けきれない人も大勢いるし「いいこともあるけど悪いことはなぜか続いてしまう」はもっとたくさんいます。

運命の人とはお互いに引き寄せあって出会っています。

そして別れたあとも再び、潜在的なカルマ的マイナス思考を解消する目的で戻ってきます。

別れたのは相手を欲する依存から自分を解き放つ試練の時間だった

運命の人と別れたのは、相手を欲する依存から自分を解き放つために必要な時間だったのです。

納得のいかない別れは、ただひたすら耐えるだけの試練の連続だったことでしょう。

その試練はあとあと素晴らしい心の栄養剤となるのですが、その時点でそれに気づくことはありません。

人を好きになるとなぜ依存してしまうのでしょうか?

彼に対する依存の原因は、自分軸のふらつきにあります。

自分軸が不動の人は、彼に依存することなど考えもしません。

しかし自分軸がふらついている人は、彼にどっぷりと依存してしまうことで自分軸を立て直そうとするのです。

依存の始まりは、何よりも彼を最優先し自分はどうでもいいと考えます。

彼の言いなりになったり彼主導になるのに時間はかかりませんが、今度は彼なしではいられなくなってしまうのです。

ここまでくると完全に彼に依存している状態で、自分軸などどこかへ遠くへ吹っ飛んでしまっています。

どっぷり依存されている彼の方はと言えば、たいてい素っ気なく冷たい態度です。

彼のこの態度がさらに依存度を上げてしまうことに…。

寝ても覚めても頭の中は彼のことだけでいっぱいでしょう。

このような関係は長くは続かないものです。

たとえ相手を変えても再び同じように依存を繰り返すことになるのですが、それを学ぶために運命の人が現れたのです。

運命の人との別れは大変な試練です。

しかしそこには大きな成長へとつながる道が隠れているのです。

運命の人との1度目の別れは特徴的!

別れたはずなのに、以前と変わらずに連絡が取れる

運命の人と1度目の別れで特徴的なのは、以前と変わらずに連絡が取れることです。

以前となんら変わりなく連絡が取れるということは、別れる理由や別れるまでの経緯、そして別れた後のダメージが少ないからでしょう。

常識で考えたら「別れたんだから」と、連絡するのははばかられるものです。

しかしそんな常識にこだわらずに連絡が取れるでということは、ヨリが戻る可能性も大変に高いです。

どちらからともなく「復縁しよう」とあえて言わなくても、自然に復縁できることでしょう。

運命の人である彼が戻ってくるのと同時に、いつもの日常生活もごく当たり前のように戻ってきます。

別れてもどうしても彼を嫌いになれない

運命の人と1度目で別れた時の特徴として、別れても彼を嫌いになれないことが挙げられます。

別れに際し多少揉めたりケンカしたら余計に、恋愛対象としての愛情は冷め切ってしまうもの。

感情的になっていると「ふん!もう嫌い!」と顔も見たくなくなるものですが、いざ別れた後も本気で嫌いになれないのが運命の人の証拠なのです。

「失ってみて初めて大切さに気づいた」…まさにこんな感覚です。

運命の人とのつながりは、想像以上に強いのです。

そしてそれは他の男性とは比べものにならないほどなのです。

たとえ激しくケンカしたとしても、どうしても嫌いにはなることができません。

1人でいるのが1番気が楽。焦りや不安がない苦にならない

運命の人との別れた後「1人でいるのが1番気が楽」と実感するようになります。

焦りや不安がまったくなく、別れたことも苦になっていません。

反対に別れたことが苦になるのは、喪失感によるものです。

喪失感に襲われると、まるで自分の体の一部分が欠けてしまったかのような苦しみを感じるのです。

一方で運命の人と別れた人は、喪失感や苦しみとは無縁です。

それどころか、ホッとしているのです。

同じ「別れ」なのに、ここまで違うのはいったいなぜでしょうか?

運命の人とはたとえ別れても、それが永遠の別れにならないことを薄々感じているのです。

それこそが魂と魂のつながりがあるあかしで、お互いの魂が根底でつながっているとわかっているので、無駄に苦しむ必要などこれっぽっちもないのです。

彼がどうしてるか何を考えているか、だいたい予想できる

運命の人とは、たとえ別れても相手が何を考えているかがだいたい予想できるのが特徴です。

これはサイキックとか特殊能力があるとかといった問題ではなく、相手が運命の人だからです。

この世に生まれてくる前から魂レベルでのつながりがあるので、なんとなくとは言え相手のことはお見通しなのです。

特にツインレイの場合、魂の片割れということから自分と相手の思考がかぶっていることが多いです。

それも普通では考えられないほどまったく同じことを考えていたりして、さすがにこれについては当人たちも驚きを隠せません。

そのため「相手に隠し事はできないな」とも思っています。

このように運命の人とたとえ別れても、相手がどうしているか何を考えているかがだいたい予想できるのも特徴なのです。

別れたストレスはゼロ。心が安定しよく眠れるようになる

運命の人と別れたあとの特徴は、心が安定しよく眠れるようになることです。

別れたことによるストレスは、ほぼゼロです。

失恋する人の多くは、たいてい尋常でないストレスを抱えています。

別れをネガティブにとらえてしまうのは仕方がないのですが、あれこれ悩んでしまうために不眠を訴えるケースも数多く見られます。

眠れないとさらに気持ちが落ち込んでしまうため、別れたストレスから完全に脱却するためには相当時間を要することでしょう。

一方で運命の人との別れは、「心が安定しよく眠れるようになる」という嘘のような現実が待っています。

その落ち着きっぷりは、まるで相手が戻ってくることを想定しているかのようです。

しかしこれも相手が運命の人だからこそ。

相手の気持ちが落ち着いていれば、たとえ別れても運命の人が「元に戻りたい」と思えばいつでも戻れるのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

運命の人に出会う前兆は?彼との距離感が今以上に変わってくる

急に彼に会いたくなったり、彼の声が聞きたくなる

急に会いたくなったり突然声が聴きたくなるのは、彼が運命の人だからです。

そのように距離感が急激に変わるのは、運命の人としての引き寄せパワーが働いている証拠なのです。

いてもたってもいられない、そんな衝動起こすのが引き寄せパワーです。

ところが引き寄せパワーをスルーしたり「運命の人なんているわけない」と否定的になると、彼との関係はそれまでです。

また脇目も振らず一直線に行動開始するのも考えものです。

彼との距離感が近づいてきていることには間違いないのですが、衝動をそのまま即行動に移すと失敗を招きやすいです。

なので一呼吸おき、まずは落ち着きましょう。

すぐに行動に打つことは控え、彼の動向を見守ってください。

彼がどんな行動をとってくるか慎重に見計っていれば、向こうから良きことがやってきてくれます。

偶然出会ったり、なんの予兆もなく突然2人きりになってしまう

彼が運命の人なら、偶然出会ったりなんの予兆もなく突然2人きりになるシチュエーションも出てきます。

予想もできない展開にびっくりするかもしれませんが、それこそが運命の人たるゆえんです。

どんな時に登場するのか、それは予想することはできません。

ましてや期待して待っても、逆に現れないものなのです。

偶然会った時も「まさかこんなところで!」と驚くような場所で、しかもそれが何度も重なります。

時間もぴったりなので「これで運命の人でなければいったい何?」と言いたくなるほどです。

普通なら時間も場所もぴったりの偶然は無いに等しいですが、しかし運命の人との間に偶然はないのです。

また突然2人きりになってしまうのも、運命的に出会った2人が引き寄せたシチュエーションです。

運命的に出会った2人の間には、このような展開がいとも平然と起きるものなのです。

彼の目線に気づくと、よく目が合うようになる

彼とよく目が合うようになった時、それは運命の人となる前兆です。

初めは彼の目線に気づくところから始まります。

やがていつも見られているような気がして、今度はますます彼の目線が気になるようになります。

彼の視線と自分の視線とがからみ合うと、彼はサッとそっぽを向くことでしょう。

怒っているように見える場合もありますが、見ていたことに気づかれたかと彼は焦っているのです。

これが運命の人とのはじめの一歩です。

よく目が合うようになると、次第に心の中に熱いものがこみ上げてくるようになるでしょう。

心の中が熱くなるのは魂が反応しているためで、人が持つ五感の中で1番魂が敏感に反応するのが視線なのです。

人生における深い話や悩み事の相談がお互い気軽にできるようになる

運命の人となる前兆は、彼と人生における深い話や悩み事の相談ができるようになることです。

もともと話が合う2人なので、一度深い話を始めると止まるところを知らないまま話し続けることでしょう。

気軽な雰囲気でありながら深い内容の話を続けていくうちに、お互いに運命の相手となるスイッチが入ります。

当然ながら魂の学びについても会話が弾みます。

魂の学びに関するトピックは、ある程度スピリチュアルな知識がないと話が続きません。

しかし2人は潜在的にお互いの知識が同じくらいということをすでに知っているのです。

このあたりもお互いに運命を司る相手たるゆえんです。

生まれてきたことも出会ったことにもちゃんと意味があるということも、2人にとって当たり前のことです。

2人にとって会話そのものが、魂の学びでもあるのです。

別れた運命の人に出会う前に訪れる環境の変化

今までの人間関係がフルで入れ替わる

別れた運命の人に出会う前に訪れる変化は、特に人間関係面が大きいです。

交友関係や友人、知人、上司や同僚など、あらゆる人間関係が変わります。

徐々に変わることもあれば一気に総入れ替えという場合もありますが、気づけばフルメンバーチェンジするのが常です。

大幅に人間関係が変わるのは、波動が変化したためです。

性格が合わないのに無理して付き合っていた友達とはあっさり縁が切れるし、それまで仲が良かった人でもなんとなく嫌いになったり一言も口をきかなくなくなることもあります。

「こんなに嫌いになるなんて」と内心、驚くほどかもしれません。

でも顔も見るのもダメなほど嫌いになっているのは事実です。

そこまで嫌いなのは相手との波動が違いすぎるからで、嫌いと言うよりは「合わない」のです。

そういう人とはいつのまにか離れて自然消滅するのがごく自然な流れですから、あまり深く思いつめないようにしてください。

自分を取り巻く人たちの顔ぶれが変わるつれ、まもなく別れた運命の人と再び出会うことになるでしょう。

今まで見慣れていた景色がまったく違って見える

今まで見慣れていた景色がまったく違って見えるのは、別れた運命の人に出会う前兆です。

前兆としてはそう珍しいことではなく、変化に気づくか気づかないかの違いです。

また変わったように見えるのも、実は本当に変わったわけではなく見方が変わっただけなのです。

これは潜在意識が変わったことによって、ワンステップ上の次元へと上昇した時に起こりやすいです。

意識は完全にフラットになり、これは良いこととか悪いことというような判断をしなくなります。

もしそれまで嫌いな光景があったとしても、まったく気にならなくなっていることに気づくでしょう。

そう遠くない未来に、別れた運命の人と再び出会う機会がやってきます。

新しい出会いが増え運命の人候補も何人か現れる

別れた運命の人と出会う前に、新たな出会いが増えることがあります。

その中には、運命の人となりそうな候補生も何人か現れます。

初めはどの人が運命の人なのか、かいもく見当がつきません。

しかし淘汰されるかのように徐々に消えていったり運命の人ではなかったと気付くようになるうちに、候補者の中から最後に運命の人が残る場合もあるし「結局そういう人はいなかった」ということもあります。

いずれにせよ、運命の人と出会う前兆には間違いありません。

人間関係の変化は、波動の変化と比例しています。

相手と極端に波動が変わってしまえば、もう2度とその人とすれ違うことすらなくなるのです。

別れた運命の人と再び出会うためには、調和の取れた波長同士であることが条件です。

明らかに新たな出会いが増えたのであれば出会うべき波長が整っているということですから、運命の人と出会える前兆とみていいでしょう。

人生とは何か、哲学やスピリチュアル面から深く考えるようになる

別れた運命の人と出会う前、人生について深く考えるようになることが多いです。

特に哲学的側面やスピリチュアル面から人生をとらえ、自分なりの答えを見つけようとします。

以前から哲学やスピリチュアルに興味を持っている人はさらに深く探究するようになりますが、もともと造詣が深い人も多いのがこの分野です。

哲学者として名高いプラトンの著書には、運命の人に関する興味深い内容が描かれています。

その内容は、原始時代の神話に端を発します。

もともと1人の人間には、2人の人間の魂が入っていました。

やがて傲慢な人間に対しゼウスの怒りをかったことが原因で、2つの人間に分けられます。

そして現在の男女の形になったのですが、もう1人の自分が魂の片割れというわけです。

魂の片割れ=運命の人を見つけない限り自分は不完全なままなので、これが運命の人を求める理由なのだとか。

運命の人についての審議のほどは、有名な哲学書を開いてもこれが正しいという結論には至っていません。

だからこそ「もっと知りたい」と感じたり、深く探求したい分野なのです。

暗中模索しながらも自分なりの答えを見つけた人にだけ、運命の人は現れるのかもしれません。

からだの具合がイマイチ良くない状態が続くが、なぜなのかまったくわからない

別れた運命の人と出会う前に、体の具合があまり良くない状態が続くことがあります。

しかしなぜなのかまったくわからないし、思いあたるふしもありません。

たとえば何日か微熱が続いたり、熱はないけれどカッカと体がほてることもあります。

寝込むほどではないので、あまり気にならないことも多いです。

またほどなくして元に戻るのですぐに忘れてしまうものですが、実はこれも運命の人と再び出会う前兆なのです。

潜在意識では相手が戻ってくると知っているため、サインとして体調に現れるのです。

とは言え誰もが体調に現れるわけではないので、一つの目安として覚えておくといいでしょう。

モテ期到来。男女問わず困ってしまうほど相手から好かれる

別れた運命の人と再び出会えそうな時、やたらとモテるという現象が起きることがあります。

男女問わず困ってしまうほど好かれたりなど、大人気です。

これはこれで受け止めておいてください。

人から好かれるのは、良いことです。

また人気が出るという現象は、急激に波動が高くなっている証拠です。

そうなると周囲の人たちから注目を集めるのは当然なのです。

運命の人も、磁石に引き付けられるようにやってきます。

運命の人は別れても戻ってくる…でも辛い時の癒し方

自分が今できる最大に楽しいことを考え実行する

運命の人と別れて辛い時、自分が今できる最大に楽しいことを考えてください。

そしてできるだけ早く実行に移します。

なぜなら楽しさと辛さを同時に感じることはできないからです。

辛い時こそ、思い切って気分を切り替えることはとても大切なことです。

「それはわかるけど、すぐに事情が変わるわけじゃない」と懐疑的になるかもしれません。

確かに辛い時に気分を変えるのは、難しく感じるものです。

しかし思考と現実はつながっています。

辛い時にその感情を放っておけば、辛い現実のままで何も変わりません。

一方でつらい感情をごまかしてでも楽しめることをやってみるとしたら、いったいどうなると思いますか?

なんと楽しい現実を引き寄せることができるのです。

楽しいことの延長線上に運命の人が戻ってくるとしたら?

そうです、やらなければもったいないのです。

新たな自分を発見するために、今までやったことのない分野にチャレンジする

運命の人が戻ってくると分かっていても辛い時は、今までやったことのない分野に目を向けてみてください。

そしてさっそく行動に移してください。

辛い時は気が乗らないものですが、そこを乗り越えなければ良い状況はやってきません。

できれば自然と触れ合えるような分野がベストで、おすすめは乗馬です。

充実した初心者向けのスクールがいくつも開催されているので、日程が合えばあとは申し込むだけです。

馬と触れ合いながらの乗馬は、ひと時の安らぎを与えてくれるはずです。

馬だけでなく多くの動物たちは私たちの心を癒してくれる存在ですから、辛い時こそ動物たちと触れ合う機会を設けるといいでしょう。

またお寺で開催されている写経もおすすめです。

すでに印刷されたお経を筆ペンでなぞっていく形がほとんどなので、難しいことは何もありません。

静寂に包まれたお寺の中で写経というお務めを行っていくうちに、辛い心が徐々に癒やされていくことでしょう。

運命の人を引き寄せる人は、立ち直りが早いのが特徴

運命の人を引き寄せる人は、くじけても立ち直りが早いのが特徴です。

その特徴が自分にも思い当たるようなら、必ず運命の人を引き寄せられると信じてください。

疑うよりも信じることが何よりも重要だし、その方が何があっても結果的にうまくいくのです。

しかしくじけてしまうといつまでも気にしたりすぐには立ち直れない場合、運命の人の引き寄せパワーは少し落ちてしまいます。

完全に引き寄せられないというわけではないのですが、出会うまでの道のりがやや遠回りなのです。

その理由は、ネガティブな思考とネガティブな現実はリンクしているからです。

なかなか立ち直れない時、基本的にはそれとまったく同じことが起きているのです。

辛さを感じているからこそ「早く立ち直ろう」と決心することが大切です。

決心する方がしないよりは、かなり早く立ち直ることができます。

視野を広げて自分の世界観を拡大すれば、辛さを半減できる

運命の人と別れて辛い時は、視野を広げ自分の世界観を拡大することを考えてみてください。

物事をマクロに見られるようになれば、辛さなどまったく気にならなくなります。

まずは出会ったことに感謝しましょう。

感謝は世界観を拡大させるもっとも簡単な方法です。

また動画も世界観を拡大させてくれるツールです。

おすすめは宇宙ステーションから撮影された地球の動画です。

広大な宇宙から見た地球は、細胞のひとつよりも小さい存在です。

その地球に住む私たちは、宇宙からは見えないほどもっともっと小粒です。

運命の人と別れてもんもんとしている自分など、ちっぽけすぎて笑ってしまうかもしれません。

こうして世界観を拡大させれば、今までの辛さもどこかへ吹っ飛んでしまいます。

辛い時の引っ越しは、最強のリセット法

引っ越しは辛い時の最強のリセット法です。

不要なものを捨てるところから始まる引っ越しですが、断捨離をせざるを得ないところに最強のリセット法たる理由があります。

最強すぎて引越ししたあとエネルギーが枯渇することもあります。

たとえば疲れやすくなったり具合が悪くなることもありますが、一時的なものと考えてください。

デメリットはとるに足らないものです。

それよりも断捨離によってどれだけリセットできるか、それを知ったら引っ越しせずにはいられないでしょう。

私たちを取り囲む物たちには例外なく全てアイデンティティがあります。

問題なのは、不要な物にもアイデンティティが宿っているという点です。

ではなぜ引っ越しがプラスに働くのでしょうか?

引っ越しによって不要な物を断捨離すると、その場所を占有していた負のエネルギーも断捨離とともに消え去ります。

するとなぜか意識もガラリと変わるのです。

引っ越しほど大きく意識が変わることはありません。

辛い時はもちろん自分を変えたいときやどん底に落ちた時、リセットするには引っ越しが何よりベストなのです。

何かに没頭したり仕事に打ち込む。資格試験にトライするのもgood

辛い時の過ごし方としておすすめなのが、何かに没頭することです。

没頭できることならなんでも良いのですが、資格試験にトライするのがおすすめです。

資格を取るには、勉強が必須です。

目標に向かってただひたすら勉強に励む時、確実に没頭できています。

没頭していると、辛さも忘れることができます。

さらに念願叶って資格が取れたら、今までよりも一段階ステップアップできたということ。

辛さを忘れるために始めた勉強ですが、きっちり素晴らしい結果を出すことができたのです。

このように自分のエネルギーをどこに向けるかで、辛さを解消できるだけでなく、まるでご褒美のようなシチュエーションを招くことも可能なのです。
 
その他、運命の人に関する疑問や悩みについては、こちらの2記事もぜひ読んでおいてください。


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「運命の人は別れても戻ってくる!彼と成長するために今できることに目を向けて」

占い師 姫乃
運命の人は別れても戻ってきます。

なぜなら運命の人とのつながりは、本当に特別なものだから。

と言っても「こんなに辛いなんて嘘でしょ」と、ひどく悲しくなることも意外に多いからこれは覚えておいて。

悲しくなるのは成長の伸びしろがある証拠。

過去生の影響もあるから、頭を使って解決しようと思ってもたいてい無駄に終わるの。

だから考えすぎちゃ絶対にダメよ。

そんな時はとにかく「感謝オブ感謝」で乗り切っていきましょ。

感謝はいつ使ってもいいパワーワードだから、口癖にするといいかもしれないわ。

あとはリラックス、リラックス。

いつもいい気分でいるのも、運命の人がすぐ戻ってくる最大のポイントよ。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事