彼氏に飽きられたかも。どう対処すべき?「彼氏に飽きられた」と感じても自分を責めなくても良い理由&別れるべきパターン  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

「彼氏に飽きられたかもしれない」と、心配になることはありませんか?

連絡を無視されたり雑に扱われている気がしていたら、この記事があなたの不安を解消してくれます。

今回この記事では「彼氏に飽きられた」と感じても自分を責めなくても良い理由&別れるべきパターンについて解説しています。

「彼氏に飽きられた」と感じるのは、どういう時でしょうか。

男が彼女に「飽きた」と感じやすい時期と、飽きられたと感じたときの対処法は、すぐに実行できることばかりです。

大好きな彼に飽きられた悔しさを感じていても、もう自分を責めなくても大丈夫です!

さっそくその詳しい内容を見ていきましょう。

 

 

復縁メニューはこちら

最近連絡無視が多くなったかも…彼氏に「飽きられたのかな」と感じるとき

彼からのLINEの頻度や連絡が極端に減った時

「彼氏に飽きられた」と感じるのは、彼からのLINEや連絡が極端に減った時です。

「何かあったのかな?」と心配になるくらいパッタリと連絡してこなくなるので、それまで毎日のようにLINEをやり取りしていたのが嘘のようです。

待てば待つほど彼からの連絡は来ません。

「一体いつまで待てばいいのだろう?」とあなたは焦りますが、心のどこかで「飽きられたのかな」という思いがふつふつと湧いてきます。

思い起こしてみると、今まで付き合ってきた男性たちもみんなこんな感じでした。

初めの頃は頻繁に連絡を取り合っていたのに、ある日突然連絡が途絶えたり既読スルーが続いたり。

「また今回もか…」と、ガッカリでしょう。

「男性ってみんながみんなこんな感じなのかな?」

「でも男の人ってたいていマメじゃないからね」

このように自分に言い聞かせても、やはり「彼に飽きられてしまった」という残念な思いは消せないままです。

Hを断られたり、お泊まりすることが無くなった

「飽きられたのかも!」と強いショックを覚えるのが、彼にHを断られた時です。

さらに週末は彼の家に必ずお泊まりに行っていたのに、それさえも都合が悪いと断られます。

たとえどんなに優しい口調で断られたとしても、あなたの心が深くえぐられたことに変わりありません。

女性にとって、彼からの愛を確かめられるひと時が「Hの時間」です。

身も心もどっぷりと彼に預けられる愛のひと時は、恋愛関係に無くてはならないものです。

彼に大切にされている感じがするからこそ、付き合っている幸せを感じるものなのです。

しかしそんなあなたの思いとはうらはらに「彼はHをそれほど重要に考えていなかった」という現実を知らされます。

あなたのプライドは大きな音を立てて崩壊します。

もう自分から「ねぇ…」と目をハートマークにして彼を誘うことなどできませんし、もうHのことも考えたくありません。

愛し合うことに彼が飽きたのなら、もはやその関係は「オワコン」でしかないのです。

彼が忙しいのを理由にまったく会ってくれなくなった

彼と会えない日が続き「忙しいんだ、ごめん」と言い訳する彼氏に、あなたは「ついに飽きられたか」と思うことでしょう。

本当に仕事が忙しいのならやむおえないのですが、LINEもパッタリ途絶えたとなると忙しいのが本当かどうか疑ってしまいますよね。

どんなに忙しくても、LINEチェックや返信くらいはササっとできるはずですから。

もしかして嘘をつかなければいけない状況なのかもしれないし、チラリとでも「もしや別の女?」と考えるとそのことで頭はいっぱいで、一気にテンションも下がります。

こんな時どうしても「私とはもう関わりたくないのかな?」と、ネガティブにとらえてしまいがちです。

飽きられたのか、それとも違うのか、どちらなのでしょうか。

彼の本心がわかるまで、ため息をつく日々が続きます。

彼となんとなく距離を感じ、不安でたまらなくなってしまった

なんとなく彼との距離を感じると「飽きられた」と感じるものです。

「もう別れるしかないのかな」と不安でたまらないのですが、現状ではなすすべなしです。

あなた自身が距離をおいているわけではないしケンカをしているわけでもない状況で、原因がわからない時、実は彼氏の方があえて距離をおいている場合が多いのです。

では彼氏が距離をおくのはなぜでしょうか。

根本の原因は彼に聞いてみないとわかりませんが、彼があなたとの恋愛関係を維持していくことが困難になるような何らかの問題が出てきた可能性があります。

そんな風にわけもわからず彼に距離をおかれると不安になったり自分に自信を失うため、ネガティブループへと突入します。

「私が彼に何かしてしまったのでは?」とか「彼に嫌われるようなこと言っちゃったかな?」と自分を責め、さらに落ち込んでしまいます。

ドタキャンされることが増えるが、その言い訳が見苦しい

「デートのドタキャン」というちょっと許しがたいようなことが増えたなら、すかさず「彼に飽きられた」と感じるものです。

しかもその言い訳がとても見苦しいものだったりすると、聞くに耐えません。

初めから「ごめんなさい」とだけ謝ってくれれば嫌な感情も起きないのですが、言い訳は身苦しさの極みです。

言い訳など聞きたくないし、聞いたところでますます彼の印象がマイナスになるだけだから。

また心底理解できないのが、あらかじめスケジュールを合わせ久々に会えることになったのに、それをあっさりドタキャンしてくる彼の心理です。

たとえば「体調が良くない」と言うなら仕方がありません。

でもどう頑張ってもあきらめがつかないのが「他の人のを優先したとき」で、これは両天秤にかけられて自分が負けたということです。

彼も多少心苦しいと思っているため、何とかあなたをなだめようと必死です。

そのために口から出てくるのが、身苦しい言い訳というわけです。

このような時、あなたは「たぶん私に飽きたんだろうな」と感じるのです。

デートより男友達との遊びを優先することが多くなった

「完全に飽きられた」と感じるのは、彼があなたとのデートより男友達や他のグループでの遊びに出かけることを選ぶようになった時です。

しかも彼は「男友達と遊ぶのがなぜ悪い」という姿勢です。

また女性を含むグループでの遊びにも、彼は喜んで出かけていきます。

あなたはあいた口がふさがりません。

黙っていたらいい気になった彼は、あろうことか「友達だから」と釘を刺し、堂々と女友達と出かけることも出てきます。

こういう時「私に黙って勝手に行かれるよりはまだマシ」と考えるべきなのでしょうか。

しかしポジティブシンキングがいかに大切でもこの場合に限っては、どんどん深みにハマるだけです。

あなたは「私の存在って何なの?」と、叫びたいような気持ちでしょう。

そう思うのは当然だし、あなたの悲しみは計り知れないものです。

飽きられたのは確実だし、誰が見ても彼から大事にされていない状態です。

 

倦怠期は二人で対処するべき問題。「彼氏に飽きられた」と感じても自分を責めなくても良い理由

「飽きられた」と感じるのは、あくまであなたの主観にすぎないから

「飽きられた」と感じ深く落ち込んでいたとしても、それはあくまであなたの主観に過ぎません。

なので飽きられたのは自分のせいとばかり、自分を責めるのはちょっと違うのです。

主観とはあなただけの考えです。

あなたはそのような「自分だけの信念や感じ方でできている」といっても過言ではありません。

人は誰でもそれぞれに自分だけの見方や考え方を持っています。

それを主観と言うのですが、主観は大変に強いパワーを持っています。

間違ったことでも一度思い込んでしまうと、真実がどうであれそれをくつがえすほどの思考となってしまうのです。

つまり「飽きられた」という確たる証拠をどれだけつかんでいても、実際には「飽きていない」かもしれないのです。

なので飽きられたと感じても、そう決めつけるのはやめておきましょう。

「飽きられたかもしれないし、そうでないかもしれない」

これくらいのゆるみを持っていれば、自分を責めずに済みます。

どんなに仲が良いカップルでも、倦怠期は必ず来るから

彼氏に飽きられたと感じた時、自分を責めてはいけないのは「どんなに仲の良いカップルでも倦怠期は必ず来る」からです。

彼との間に何か問題が起きると、つい「なぜうちらだけこうなるの?」と考え、自分を責めてしまいます。

恋愛の経験値が上がれば「この後二人はどうなるか」と予想がつくのですが、まだわからないうちは何においてもハードルが高いのです。

そのため問題が起きるたびに深く悩んでしまいます。

恋愛も達人域になると「どんなカップルでも倦怠期は避けられない」という認識でいます。

つまり倦怠期を恐れてはいけない、ということです。

恋愛の達人は倦怠期を想定し、そうなる前にさまざまな対策を練っておきます。

倦怠期は避けられないものなのですが、真っ向から対立したり抵抗すると辛くなるだけです。

そのために対策を考えたり、なるべく回避しようと体制を整えましょう。

そうするだけで楽に倦怠期を乗り越えて、前進することができるのです。

倦怠期だからといって雑に扱われたり我慢するのはお互いに良くないから


倦怠期だからといって彼から雑に扱われたり我慢すると、いずれ自分を責めてしまうことにもなりかねません。

これはお互いにとって良くないことです。

受け止めてスルーできればよい倦怠期ですが、実害が伴うこともあります。

それが「彼から雑に扱われること」です。

たとえば以前ならお姫様のように接してくれたのに、人が変わったかのように雑に扱われてしまいます。

これはお姫様扱いされるのは恋愛初期だけで、倦怠期に入ると同時に通常モードに変わってしまうためです。

「雑に扱われている」と感じるのですが、彼にとってはいたって普段通りなのです。

彼は決して彼女を雑に扱っているつもりなどないのですが、受け取る側はそうは思えません。

ここで大問題なのが「彼女が雑に扱われることを我慢してしまう」ということ。

「彼に嫌われたくないから」と我慢が続くと、暗澹たる未来が見えてしまいます。

自分を責めてしまいそうになったら、このような背景があることを思い出すようにしてください。

彼は雑に扱っているつもりは毛頭ない、ということ。

そして我慢するのは良くないこと。

倦怠期だからこそ今までの考えを整理し、再びやり直す覚悟で彼に接する気持ちが大切です。

女性を大切にできない男性に問題があるから

「彼氏に飽きられた」と感じても自分を責めなくても良い理由は、男性側に問題がある場合も意外に多いからです。

そういう男性の一番の問題点が「女性への接し方を知らない」ということ。

どう接すれば女性が喜ぶか、大切にされていると思うかを知らないし、理解できないのです。

「俺様タイプ」とか「DVしてしまいそうなタイプ」に多く、総じてわがままです。

こういうタイプは、自分のことだけで精一杯で、すべてにおいて余裕がありません。

周囲の人たちに対して常に上から目線で、隙あらばマウントを取ろうとします。

厄介な性格なため、男女問わず好かれません。

時には女性を大切にしようと考えることもありますが、それも一時的です。

それでも当の本人は「自分は完璧」と思っていることも多いです。

このようなタイプの男性とうまくやっていけるのは、大人対応できる女性だけです。

彼との間に問題が発生すると「お前が悪いから」と言ってきます。

女性も否定せずそれを認め「自分が悪いから」と、自らを責めてしまうのです。

「彼は性格的に飽きっぽいのかも」と知っていれば、対処のしようがある

彼が飽きっぽい性格なら、あなたを飽きてしまうのもきっと想定内だったはず。

もし予想通り彼があなたに飽きてしまったとしても、あわてることも焦ることもないでしょう。

「あ〜やっぱり飽きっぽい性格だからしょうがないんだ」と感じるだけで、自分を責める必要もないのです。

飽きっぽい人を追えばさらに逃げられてしまうため、彼氏が自分の元から去っていきそうでも追うこともしません。

一番良いのは「放っておくこと」です。

仮にあなたに飽きてしまっても、追わずに放っておけば不思議なことに必ず帰ってくるのです。

このように飽きっぽい彼氏の性格を把握しておけば、あなたが自分を責めることなくすべてが丸くおさまります。

倦怠期だからこそ、もっと自分を大切にしなければいけない

「彼氏に飽きられた」と感じた時、自分を責めるのはあまりにも安直すぎます。

なぜなら倦怠期だからこそ、もっとあなた自身を大切にしなければいけないからです。

一見全く関係のないことのようですが「倦怠期はお互いの距離を測り直す時」なのです。

仲良くなるにつれ、快適に感じる距離「コンフォートゾーン」からグンと近づきすぎてしまうことがあります。

そういう状態になると「倦怠期」と呼ばれる時期もほぼ同時にやってきます。

倦怠期を迎えたら、まずは相手と距離をおきましょう。

あなたの方から毎日LINEしていたら、それを週に1〜2度に控えるのです。

連絡を取らなくなれば、彼と会うこともなくなります。

しかし倦怠期の場合、それで良いのです。

次にあなたがやるべきなのは、自分を大切にするような行動をとることです。

じっくり考え「どんなことをすれば自分を大事にできるだろう?」と試行錯誤の上、結論を出しましょう。

それは「食べたいものをとことん食べる」かもしれません。

「休日にマッサージを受けに行く」のも良さそう。

あなたが考えた「自分を大切にする行動」はすぐにでも、そして必ず実行に移してください。

そうすることによって、あなたのモチベーションが右肩上がりに上昇します。

今まで彼のことばかり考えていて気持ちがふさいでいたら、まるで違う世界に来たかのように思えるはずです。

これを最低1ヶ月は続けてください。

やがて「自分を大切にする」ということがどれほど重要か、理解できるようになります。

 

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

飽きられたつらい…彼氏の扱いが雑すぎる!別れるべきなのはこんなとき

予定を先延ばしにしたり、ドタキャンが頻繁になる

扱いが雑すぎるとは、例えば二人にとって大事な予定を先延ばしにしたり、ドタキャンが頻繁になるような時です。

こういう時、あなたが我慢できなくなる前に別れた方が良いでしょう。

あなたが我慢していることに彼が気付いていない場合、さらに問題は大きいです。

彼女の気持ちを理解できない男性に、恋愛する資格などないのです。

恋愛関係は、お互いに気持ちが寄り添っていないと決してうまくいくことはありません。

あなたがすごく我慢していたり怒りを感じているなら、リセットも辞さないと考えてください。

彼の自由すぎる行動に歯止めを効かせるには、「別れよう」と言うしかないのです。

彼はあわてるかもしれません。

冷静なように見えても、自分のやってきたことを反省するようになるでしょう。

いつも上の空で、心が完全にどこかへ行ってしまっている

別れた方がいいのは、彼の態度がいつも上の空だったり、心が完全にどこかへ行ってしまっているような時です。

このような態度が続くようであれば「すでにあなたに心が残っていない状態」とみられます。

そして「別の女性の影」がチラホラと見え隠れするような状況でしょう。

ここまでくると彼に原因を追及したり「なぜ?」などと言って責めても、まず解決しません。

心が離れた原因を知るには彼に直接聞くしかないのですが、本当のことを言ってくれるかどうかはわからないのです。

しかし彼の態度に剛を煮やし「別れる」と決めたなら、その理由を知る必要はもうありません。

真実を聞いて気持ちが落ちるくらいなら、聞かない方が良いのです。

このように「はっきりしない、させない性格」は、今後付き合っていくとしても何かと障害になるだけです。

あまりにも扱いが雑すぎるため、自分のプライドが許さないとき

彼に雑に扱われることが多くなると、初めは我慢できたこともプライドが許さなくなるものです。

それで良いのです。

彼に邪険に扱われた時、黙って我慢しても何も良いことはありません。

大事にされないのだからプライドが顔を覗かせるようになるのは、ごく当たり前なこと。

ただし感情的になって、彼に三下り半を突きつけるのは避けましょう。

別れを告げるタイミングは、怒りや悲しみが収まり冷静になれた時です。

怒ったり泣いたりしながらの別れ話は思わぬ方向性に進むため、話がこじれることもあります。

落ち着いた口調で、彼にさとすように「私にもプライドがあるの」と言ってください。

そこで反論されたらもうあなたができることは何もないので、彼とは距離をおき、ゆくゆくはフェイドアウトを視野に入れてください。

会っても全然楽しくなさそうだし、自分も楽しめなくて惰性で付き合っている時

もう別れても良さそうなのが、彼が全然楽しくなさそうな時です。

そんな彼を見て、あなた自身も心からデートを楽しめないでいるはずです。

彼と会うたびに「惰性で付き合っている感」が否めません。

いつ「別れよう」と言われるか不安でたまらなければ、先に自分から別れを告げてしまいましょう。

彼は「は??」と驚き、まさに「してやられた!」という気分です。

理想的な恋愛関係は倦怠期が勝負で、デートを楽しめなくなってきた時がチャンスなのです。

なぜなら二人の関係が向上できる、絶好の機会だからです。

この機会を逃すことなくさらに二人で楽しめるよう努力すれば、これ以上ないほど理想的なパートナーシップが築けます。

いったん別れを了承した彼が、復縁を告げてくるのに時間はかからないでしょう。

いつも自分からデートに誘うことに我慢ならなくなった時

いつもあなたの方からデートに誘っていたり、彼がいやいやデートに応じることに我慢できなくなったら、別れても良さそうな状況です。

彼に飽きられてしまったのが手にとるようにわかるし、このまま付き合っていてもきっともう先はない、と感じているはずです。

また「いつも自分ばかりが決める側にいて辛い」と感じていると、彼の方でも「とんでもなくデートがつまらない」と感じるようになるものです。

しかし恋愛関係において、女性が主導権を握っているカップルは意外に少なくありません。

「彼に主導権を握って欲しい」と思っていてもあなたが仕切り屋な性格なら、つい采配を振ってしまうのは仕方のないことです。

つまり気づくといつもリーダーシップを取ってしまうのです。

ですからもし彼に嫌気がさして別れたとしても、別の男性とまた同じようなことになってしまうでしょう。

明らかに浮気してそうな時。悩んでいる時間がもったいないので早急に決断を

彼が明らかに浮気してそうな時、少しづつ別れる準備を始めた方が良さそうです。

「悩んでいる時間がもったいない」と考えるべきで、早急な決断をおすすめします。

不審な彼の行動をチェックしたり、尻尾をつかもうとするのは莫大なエネルギーを必要とします。

彼との信頼関係に期待できないのなら、迷っている場合ではありません。

「今までありがとう、じゃね、さよなら」と、あっさり別れを告げます。

彼は驚きとともに、あなたに対する意識を改めようとします。

仮に彼が浮気をしていることをあなたに言えなかったとしたら、それはただ面倒なことを避けたかっただけです。

しかし面倒なことを一切スルーし、さっさと去っていったあなたのことがグッと心に刺さります。

彼もあっさり別れを受け入れるかもしれません。

でも彼の中ではあなたに対する評価が、ものすごく高いものとなっていることにあなたは気づくでしょうか。

いずれまた彼が連絡をしてくることは、間違いないでしょう。

これが「あっさり別れを告げたことによる復縁効果」です。

付き合って半年に要注意。男が彼女に「飽きた」と感じるのはいつ頃?

半年ほどで飽きられることが多いのは、付き合ってすぐに肉体関係になった時

付き合ってすぐに肉体関係になると、約半年ほどで男性は「飽きた」と感じます。

出会ったその日にHしてしまったり、Hまでに時間をかけない場合、飽きられるのも早いのです。

原因は、相手の女性に対する興味が一気に失われてしまうためです。

多くの男性たちにとって、彼女を見つけるのは「狩り」をするようなものです。

そのベースには「種の保存」と言う目的があるからですが、目的を達成するまではとにかく必死です。

なんとか自分のものにしたい、なんとかHまで持ち込みたいと考えます。

しかし簡単にHしてしまうと苦労することなくその女性を手に入れたことになり、そうなるとすぐにその女性に興味がなくなってしまうのです。

初めの「何としてもゲットするぞ!」という勢いが無くなるため、女性の中には「嫌われたのかな?」と誤解する人もいます。

実はそうではなく、単にその女性をゲットするパワーを必要としなくなったから、というわけです。

つまり苦労して手に入れたものは、簡単に手に入るものよりも価値が高いということ。

なので、もって半年、もっと早ければ数ヶ月で彼から飽きられてしまいます。

付き合うようになってもずっとセフレの関係なら、1年〜1年半で飽きられる

付き合うようになっても依然としてセフレ関係なら、1年から1年半ほどで飽きられます。

デートもホテル直行で、チェックアウトしたらすぐにバイバイ。

そこそこ楽しいけれど、他のカップルのように友達に紹介しあうようなことがありません。

そのうち誘う方も誘われる方もなんとなく惰性を感じつつも、なかなか付き合うのをやめられません。

このような状態が、セフレの関係です。

セフレが間違った関係というわけではないのですが、体だけの関係はマンネリ化しやすいのです。

共通の趣味や共有できる楽しみでもない限り、どんな男性でも飽きてしまうのです。

その期間はだいたい1年くらいが目安です。

1年ほどの間にお互いに相手を見直す機会に恵まれたり、どんどん好きになるパターンも無いことはないのですが、ほとんどが短期で終わります。

お互いにひと目惚れでも、3年後には倦怠期が訪れる

お互いにひと目惚れでも、約3年程度で倦怠期は訪れます。

どんなに相手が好きでも、倦怠期を避けることはできません。

付き合いが長くなると、同じようなデートが続くので飽きてしまうのです。

これを「安心感」ととらえられるカップルなら倦怠期をうまく乗り越えられますが、たいていが行き詰まりを感じます。

付き合いに刺激がなくなると、相手に対して不満に感じるようになるのです。

また彼女に飽きたことで、他の女性に目が行くようになるのも倦怠期前後です。

年数で言うなら、付き合い始めて約3年ほど経った頃です。

この時期をうまく乗り越えられれば、ひと目惚れ効果でその後はうまくいきます。

最初のHから1年半〜3年目には、必ず飽きが来る

最初のHから1年半から3年目には、必ず「飽きが来る」と思っていた方が良さそうです。

関係が安定してくるのが2年目くらいなのですが、安定すると必ず飽きも来るのです。

体の関係が習慣化してしまうと、なんらかのプラスの変化でもない限り、義務的なものになりがちです。

飽きてしまうと、メンタルもマイナスにはたらきます。

恋愛関係においてマイナスなメンタルは、マイナスな出来事を引き寄せてしまうのです。

イヤなこと、あってはならないことが現実化する恐れが出てくるため、これは本当に注意が必要なのです。

例えば望まない妊娠や、家族を巻き込むようなゴタゴタ、仕事関連での失敗など、二人の仲が試されるかのようなことが起きます。

「飽きる」とはネガティブな思考です。

ですからネガティブなことを引き寄せないためにも、思考には十分配慮するようにしてください。

どんなにうまくいっているカップルでも、3年目以降になるとお互いに飽きてくる

どんなにうまくいっているカップルでも「3年目以降」が注意すべき時期です。

二人の関係は安定期も過ぎ、何もかもが当たり前に感じる頃です。

相手の存在も空気のようで「あって当たり前、なくては生きられない」といった感じです。

そういう二人ですが、実は無意識の領域では「飽きている」のです。

こういう時、女性は次のステップ「結婚」を意識するようになります。

同じように男性も家庭を持つことを考えてくれればバッチリなのですが、男性にとって結婚は責任が伴うもの。

彼女が好きなら妻として迎えることはやぶさかではありませんが、結婚の二文字に二の足を踏むことも多いのです。

ここが二人にとってのターニングポイントです。

3年目以降、(飽きたままで)付き合っていても仕方がないと考え別れるか、結婚したいと考えるかで二人の運命が決まるのです。

 

女を磨いてもう一度ラブラブカップルに!彼氏に飽きられたと感じたときの対処法

思い切って距離をおいてみれば、意外にまた寄り添うことができる

「彼氏に飽きられた」と感じたら、思い切って彼と距離をおいてみてください。

意外にもまた彼と寄り添うことができる可能性が高まります。

それまで彼氏にベッタリだったら、距離をおくことは大変に難しいことです。

「余計に彼から嫌われそう」と思ったら、まずそこから考え方を変えてみてください。

あなたの「ベッタリ」をいったん無くしたら、彼はいったいどんな風に思うか想像してみてください。

きっと「あれ?」のような感じになるはず。

心の中は「どうしたんだろう?」とか「何かあったのかな」となっているのは確実です。

そうなれば大成功。

今まであなたの「ベッタリ」に、彼は正直「飽きていた」ということが考えられます。

飽きられたと思ったらぜひ距離をおきましょう。

まずは連絡する頻度を減らすだけでも十分です。

彼を追わずに趣味や好きなことを追求すれば、あなたの魅力に気づく

「彼氏に飽きられたかも」と感じたら、すぐにでもあなたの趣味や好きなことを追求することをやってみてください。

大切なのは少しの間、彼を忘れることです。

相手が飽きるのは、あなたが彼を追い過ぎていたことが原因、と読むこともできます。

なので彼を追わず、自分の趣味や好きなことを追求するのです。

本当に好きなことなら、彼を追っているヒマなどないはず。

「でもやっぱり彼のことが気になってしまう」というなら、これから好きなことを見つけていけば良いのです。

今のあなたの視点を変えるだけで、未来をも変えてしまうほどの趣味や大好きなことが必ず見つかります。

しかも彼への熱意を少し自分の方へ向けるだけで「彼があなたの魅力に気づく」というオマケまで付くのです。

「寂しい」「会いたい」など、思ったことを言葉にして伝えることも重要

彼氏に飽きられたと感じたとき「寂しい」「会いたい」など、あなたが思ったことをはっきり言葉にして伝えることも重要です。

男性たちの多くが「女性は何を考えているかわからない」と困ることがたびたびあるのを知っていましたか?

つまり女性たちは「不平不満を言わず我慢する癖がついている」のです。

なので男性は彼女が黙っていると何だかよくわからないままで、余計な気を回してしまうのです。

これがお互いに誤解を招く元となってしまうのです。

「寂しい」「会いたい」を、彼にもっと言いましょう。

彼はそれだけで安心します。

誤解が解ければ、飽きられることもなくなります。

変えるべきは自分。今までおしゃべり好きだったら今度は彼の話を聞く側に回る

彼氏に飽きられたと感じたときの対処法としておすすめなのが「彼の話をきちんと聞く」ということです。

あなたが根っからのおしゃべり好きで彼と会うといつもしゃべりっぱなしだったら、これが飽きられてしまう原因の一つです。

変えるべきは「自分だけ」です。

あなたに飽きた彼を変えることなど、誰にもできないのです。

ということで彼の話をさえぎることなく「うん、うん、それで?」というように、聞く側に回ってみてください。

いつもあなたの話を聴く側だった彼は、今度はあなたに話を聞いてもらう番です。

彼は考えてもみなかったほど、いい気分を味わうことになるでしょう。

「人に話を聞いてもらうこと」は、それほどまでに話す人をいい気分にさせることなのです。

「飽きられたかも」と感じた時こそ、卑屈にならず笑顔を忘れない

彼に「飽きられたかも」と感じた時こそ、卑屈になってはいけません。

常に笑顔を忘れずにいれば、何があってもうまくいきます。

「飽きられる」とは本当にイヤな言葉です。

人格否定されたかのようで、自信も無くなります。

こんな時深く落ち込むこともできますが、明るく笑顔でいることを選ぶこともできます。

笑顔でいることがどんなに大切か、これは笑顔を続けていけばわかることです。

まずイヤなことが起きなくなります。

次に周囲の人たちの対応に良い変化が現れます。

何かとうまく運ぶことが多くなり、失敗を恐れなくなります。

これは笑顔によってあなたの波動が変わったためで、実はなんら不思議なことではないのです。

つまらないことが起きた時、つまらない表情をするからますますつまらないことが起きるのです。

さぁ、もう笑顔でいることしかできなくなりましたね。

それでOK!

きっと万事うまくいきます。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「雑に扱われたり飽きられても芯から強くなるための学びと思ってみて」

占い師 姫乃
彼に飽きられるって、なんとも言えない心地悪さを感じる。

そりゃ人間だから飽きる時もある。

でもあからさまに飽きた態度だと、すごく失礼だし「人としてどうなの?」って感じでさすがにイラつくわよね。

しかも彼は飽きたつもりはなかったり、雑に扱っているつもりはない、となるともうお手上げよね。

そういう人とは別れた方がいい場合もあるから、あまり我慢しないように。

彼との出会いは、芯から強くなるための学びのプロセスと思っちゃいましょ。

この機会に大きく成長できたあなたは、間違いなく勝ち組です!

【期間限定・9月27日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事