余裕がないから彼氏と別れたのを後悔…復縁前によく考えるべきこと&LINEで始める復縁ステップ  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 
「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 
こんな悩みがあるなら、今すぐ「神言鑑定」をご利用ください。
 
「神言鑑定」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>神言鑑定で占う<<

彼と別れた原因が「余裕がなかったから」という場合、後々まで後悔してしまうもの。

「復縁したいけれど、彼にどう思われてしまうだろう?勝手すぎるかな」と悩んでいたら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

今回は余裕がなくて別れた彼氏と復縁する前によく考えるべきこと&LINEで始める復縁ステップについて解説していきます。

余裕がなくて別れた具体的な理由や別れを後悔する時、さらに余裕がないからと振られた時に彼にごまかされがちが本当の理由についても検証していきます。

彼との復縁に高いハードルを感じているなら、少しでもそのハードルが低くなるようあなたを全力でサポートします。

 

復縁メニューはこちら

余裕がないことを理由に彼氏と別れたのを後悔。別れの理由は?

余裕がない罪悪感から彼を気遣いすぎたため、距離をおかれた

余裕がなくて別れた理由の一つに「彼への罪悪感」があります。

余裕がないことへの罪悪感から気遣いしすぎて、逆に彼から距離をおかれてしまうのはよくあることです。

相手への気遣いは「適切さ」が大切です。

適切さとは、相手が快いと感じる程度の気遣いのことです。

相手が負担に感じたり「何もそこまでしなくても」と思ってしまうなら、それは適切とは言えません。

むしろ彼は「余裕がない時の気遣いは必要ない」とすら考えています。

なぜならそれは「完全に無理をしている」ということだから。

無理やりな気遣いは、相手が「押し付けがましい」と感じてしまうのです。

理想的な気遣いとは、相手も自分も負担に感じないことです。

無理をして気遣いされても、相手もなんとなくバツが悪いし、ありがたくもなんともありません。

良いことなど何一つないのです。

自分の仕事が超多忙で余裕がないため、彼とすれ違ってばかりいた

「余裕がない」時の別れの理由として「彼とすれ違ってばかりいたから」ということがあります。

これは自分の仕事が超多忙で「デートの日程を調整しよう」などという精神的余裕がまったく無かったためです。

スケジュールは合わないわ、予定はキャンセルになってしまうわ、という状態だったら、とても恋愛関係にあるとは言えません。

このような八方塞がりな状態を「彼はどんな風に思っているか」と、気になっていたかもしれません。

しかしあなたは仕事のことでいっぱいいっぱいですから、「すれ違ってしまうのもやむを得ない」と考えます。

そのうち「こんなに余裕がないのは、自分の仕事の能力に問題があるのかも」と思うようになります。

かと言って「いますぐ転職」というわけにもいかないし、自分の余裕のなさを持て余す生活は続きます。

「彼とは今週もまた会えなかった」

「来月も会えるかどうなるかわからない」

このような時、自分の余裕のなさにイライラすることも出てきます。

しかし彼との距離感は相変わらず。

このような場合、フェイドアウトしてしまうケースもかなり多いです。

彼からズルズル付き合うのはイヤだからと言われた

あなたの余裕のなさが原因で別れた時「このままズルズル付き合うのはイヤだ」などと彼に言われたことがきっかけになることもあります。

実際に彼に直接そう言われなくても、彼のネガティブな態度を見たあなたは敏感にそれを察知します。

この言動は、彼から「彼女失格」を宣言されたようなものです。

あなたは「ズルズルした付き合いの原因は全て私にある」と悲観的になって、自分を責めたり後悔します。

こう言われる前になんとかできなかったのか、と激しい自責の念にかられるのです。

しかし彼からはもう最後通牒を出されてしまったようなもの。

あなたは「なすすべなし」で、最悪な気分でしょう。

自分の余裕のなさはこれからも変わらないだろうし、これから先の彼との未来も暗雲に隠れたままで全く見えません。

 

本当に彼が好きかわからなくなってしまった

余裕がないことを理由に彼氏と別れたのは「本当に彼のことが好きかわからなくなってしまったため」という場合もあります。

これは余裕を無くしていた根本の原因がなんであれ、それに振り回されているうちに「彼への思いが冷めてしまった」と考えられます。

「彼が好きだから付き合っていた」というのは事実なのですが「冷めてしまった」という気持ちの変化は、さすがにあなた自身も驚いているかもしれません。

別れたことを後悔しているなら「彼に冷めたのは、一時的な気の迷いだった」ということです。

余裕がないと集中力に欠けるため、思考が分散してしまいます。

彼に対する熱意がどんどん冷めてしまうのは当然と言えるでしょう。

「本当に好きなのかどうかわからなくなってしまった」という考えに行き着いたら、次は「もうめんどうだから別れたい」ということになってしまいます。

彼を好きだけど、私がいることで彼の邪魔をしたくない

余裕がない時、彼のことは好きだけど「私」という存在が彼の邪魔になるなら別れたい、と考えてしまいます。

これは頭の中であらゆる展開を想像してしまう女性に多いパターンです。

「きっと彼はこう思っているだろう」とか「たぶん私なんていない方がいいんだよ」という感じに。

決してそんなことはないのに、なんでも決めつけてしまう傾向があります。

また多くの場合、想像が膨らみすぎて、ありもしない妄想にとらわれます。

たいてい頑固な性質を持ち合わせていることから、人からのアドバイスを受けても聞いているフリだけして完全にスルーします。

彼女がそういう性質なのを彼もよく知っています。

だからネガティブになっている彼女が「別れたい」と言ってきても「またか」と思うだけです。

このように余裕がないと「別れては後悔する」というパターンを繰り返します。

これから付き合っていくのがめんどうに感じている

余裕がないことを理由に彼氏と別れるのは「これから付き合っていくのがめんどう」と感じている場合が多いです。

余裕がない人は「めんどくさがり屋」な一面を持っています。

一度めんどうと感じると「全てがめんどう」になってしまうのです。

朝、起きるのがめんどう。

仕事に行くのがめんどう。

ご飯を食べるのがめんどう。

お風呂に入るのがめんどう、などなど。

また職場の嫌いな人のことをいつも「めんどうなヤツ」と考えます。

一度「めんどうのスイッチ」が入ると全てがめんどうなので、彼に対しても「めんどう」と感じてしまうのです。

しかし別れた後は「めんどうのスイッチ」が切れるため、同時に激しく後悔します。

やっぱり彼がいないとだめ…どんな時に別れたことを後悔する?

誕生日やクリスマスなどのイベントや行事のとき

彼と別れたのを後悔するのは、自分の誕生日やクリスマスなど、イベントごとや年間行事のときです。

特にあなたの誕生日が近づいてくる頃は、別れた寂しさもピークです。

「ちょっ、待って、今年は一人バースディ?」と、思わず泣きたくなるかもしれません。

今まで彼と楽しい誕生日を過ごしていたなら、この現状に気分も最悪です。

またいつもなら楽しみにしているクリスマスのことも、今は一ミリも考えたくないはず。

その他、花火やお祭りなど、楽しみにしていたイベントや行事にももう彼と手を繋ぐことはおろか、肩を並べて歩くこともありません。

一人寂しく家で過ごすか、友達と過ごすか、どうしようか?…と悩むことになるため、別れたことを後悔します。

趣味や好みの共有や情報交換ができないことがわかったとき

別れたことを後悔するのは、例えば元カレがあなたと同じ趣味や好みがある場合です。

共有できる話で盛り上がれなくなるばかりか、情報交換の場が絶たれたことに対し、あなたは猛烈に悔やむことでしょう。

男女問わず、同じ趣味や好みを持つ人とは会話がとても弾むものです。

それが彼氏なら、最も理想的な関係と言えるでしょう。

でも別れたからには「もう会うことも楽しい話をすることもできない」と、あきらめるしかありません。

こういう時、あなたは「やっぱり元カレは特別な人だった」と考えます。

別れるまでは想像もつかなかかったことですが、後悔先に立たず。

あなたは「彼」という大切な友人も同時に失ったことになるのです。

彼氏と旅した土地やデートした場所に行ったり、テレビや雑誌で観たとき

彼氏と別れたことを後悔するのは、彼と旅した土地やデートした場所に行った時や、テレビ、雑誌などの取材で観たときです。

「これ以上楽しいことはない」と思えるほど元カレとうまくいってたなら、別れを取り消したいような衝動に駆られることでしょう。

二人だけしか知らない出来事を思い出し、つい微笑んでしまうこともあります。

ケンカしたことも今となってはいい思い出です。

「あの時の二人に戻りたい」と切に願うのはこういう時です。

そう思う反面、お互いギクシャクしたことで別れたのは「やっぱり余裕がなかった」と反省したりもします。

余裕がないのに無理すると、結局は破綻してしまうことをあなたは学んだのかもしれません。

心身共に疲れた時に励ましてくれたり、癒してくれる彼がいないとき

別れたことを後悔するのは、あなたが心身ともにどっぷりと疲れた時です。

励ましてくれたり癒してくれていた彼は、もういません。

何もかも投げ出して甘えたい時も、それを受け止めてくれる彼とはもう別れてしまったのです。

こんな時、あなたの疲れは倍増します。

あまりにも辛い時は、つい泣いてしまうこともあります。

いつもなら落ち込んで泣いている時、彼は何も言わずそっと抱きしめてくれました。

こういう風に彼氏に甘えられたことは、本当に幸せなことだったのです。

また、別れたからこそ「余裕がない私を、彼氏は支えてくれていたのだ」と気づくことができたのです。

周りのカップルがみな幸せそうに見えるとき

彼氏と別れたことを後悔するのは、周りにいるカップルがみな幸せそうに見えるときです。

余裕がないからと別れたけれど「やっぱり別れなければ良かった」と、心から感じます。

また目にするカップルたちへの嫉妬心から、モヤモヤとして気分でいっぱいです。

本来なら一人でいる時も幸せを感じるべきなのですが、別れたことによって感じているのは孤独感だけです。

しかもその孤独感は、身動きが取れないほど最強です。

たとえ彼と別れても一人を楽しめる女性なら、彼にとらわれずに自分だけの時間を有効に使えます。

一人の気楽さや身軽さに、余裕がなかったことも嘘のように感じるはずです。

しかし孤独を感じる場合、どうしても周囲のカップルが羨ましく見えるものです。

「今でも別れずにいたら、あんな風にイチャイチャしていられたかも」と想像を巡らしながら、別れたことを後悔します。

どうしようもない寂しさや虚しさに襲われたとき

どうしようもない寂しさや虚しさに襲われたとき、彼と別れたことを後悔するものです。

急激に襲われる寂しさや虚しさは、どんな意味があるのでしょうか。

これは「見捨てられる恐怖」と関連があります。

寂しさや虚しさを「別れた彼」と結びつけていることから「大事な人から見捨てられる」というトラウマを抱えていることが多いです。

もしトラウマがなければ、別れたことによる精神的な痛手はほとんどありません。

別れを気楽に考えられるし「なるようにしかならない」と、前向きでいられます。

ところが何らかのトラウマがあると、どうしても前向きになれないのです。

別れたことがきっかけでトラウマが再燃、まさに「寝た子を起こした状態」です。

いつまでも寂しさや虚しさから抜け出すことができません。

このような時「彼と別れなければ辛くならずに済んだのに」と、激しく後悔するのです。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

本当に付き合っていける?さらに後悔しないために。余裕がないから別れた後、復縁する前に考えた方がいいこと

気持ちのブレ幅が大きい時、一時的な感情で動くのはリスキー

気持ちのブレ幅が大きい時に、一時的な感情で動くのは大変にリスキーです。

なぜなら、別れた後の復縁が難航する可能性が高いためです。

これは「自分には気持ちのブレ幅が大きい時がある」と、あなたが自覚できる場合のみに適します。

嬉しいことがあると飛び上がりたいほど喜びますが、その喜びが必ず反転するタイプが「気持ちのブレ幅が大きい人」です。

ブレ幅が大きいと、いつでも自分の感情に振り回されることになります。

また冷静な判断ができず「絶対こうだ!」という思い込みも激しいので、望んでいる結果を得られません。

このようなタイプは恋愛関係だけでなく、生活全般でうまくいかないことが多いです。

理由は、メンタル面のソースに「不安」が潜んでいるから。

誰にでも不安材料というのはあるものですが、不安という闇が心の中を占める割合が多いのです。

「なぜ自分はいつも思い通りにいかないんだろう」と感じていたら、それはあなた自身が引き寄せた結果です。

感情をコントロールできるようになれば、必然的に彼との仲もうまくいきます。

今一度、自分の感情の在り方と行動には不安がつきまとっていないか、振り返ってみてください。

余裕がないことの周りのせいにすると、同じ悩みを繰り返してしまう

余裕がないことを周りのせいにすると、同じ悩みを繰り返すことになります。

これは気づかずにやってしまっている人がとても多いです。

「余裕がない」のは、自分が責任を持って変えなければいけないゾーンです。

そのため、余裕のないことを自分以外のせいにしたところで、状況が変わるわけがないのです。

あなたの周りにも一人はいるタイプですが、いつまでも同じことを繰り返すのが特徴です。

そしてそのたびに不平不満を漏らします。

そういう人に欠けている精神が「じゃどうしたら解決するか」と考える能力です。

解決方法を考えようとする人は、問題を周囲のせいにしません。

ですから余裕がないことを人のせいにしたり、自分以外が原因と見る癖は治さなければなりません。

「余裕がないのを彼が理解してくれているか」を確認しよう

あなたが自分自身余裕のなさを自覚しているなら、それを彼が理解しているか確認してみてください。

それを理解してくれる彼なら、復縁しても問題なさそうです。

彼との付き合いで唯一問題になっている点が「あなたに余裕がないこと」です。

「これさえなければすべてがうまくいきそうなのに」とあなたは考えます。

しかし彼の理解があれば、余裕のないことが大きな問題に発展することはないかもしれません。

彼には多少目をつぶってもらえるよう、勇気を持って相談してみてください。

人には誰にでも長所と短所があります。

相手の短所ばかりにフォーカスしていては、絶対にうまくいきません。

「わかっているけど、つい悪いところに目がいっちゃう」というのであれば、復縁前に徹底的に改善してください。

お互いの欠点をカバーし合える関係が、最も理想的なパートナーシップなのです。

実は彼は、あなたの余裕がないことをあまり気にしていないかもしれませんよ。

「彼が復縁したくないと考えている場合もある」と想定しておく

つい忘れてしまいがちなのが「彼が復縁を考えていない場合もある」ということです。

あなたは復縁したくても彼がそう思っていないなら、どう頑張っても復縁はあり得ません。

「彼とはあれほどうまくいってたのだし、まさか…」と思うでしょうが、その「まさか」が起きることもあるのです。

確かにうまくいってたかもしれません、別れるまでは…。

別れた後に彼が復縁したくないと思うようになるのは「あなたと距離をおいたことですっかり冷めてしまった」ということが考えられます。

自由が効かない恋愛関係から解放され「やれやれ」と思っている場合もあります。

また本当に仕事に熱中するようになったかもしれません。

あるいは友人たちとの遊びに目覚めてしまった可能性もあります。

他にもいろいろな原因が考えられますが、いずれにしても彼が「復縁したくない」と考えるのは、決して少なくないのです。

まずはLINEで連絡して彼の様子を聞いて。余裕がないから別れた彼氏と復縁するステップ

気楽な挨拶LINEで連絡をとり、彼の様子を伺う

復縁ステップのまず初めは、気楽な挨拶LINEで彼の様子を伺います。

夜、仕事が終わって家でくつろいでいるような時間帯がおすすめです。

一般的にインターネット界が活況になるのが、夜9時以降から深夜にかけてです。

多くの人たちがスマホを手にとりネットサーフィンをするのが、この時間帯です。

挨拶程度の気楽なLINEとはいえ、送信する時間帯もとても重要です。

何も考えずにLINEし「既読にすらならない」と嘆いていても、それはLINEするタイミングが悪いのです。

例えば朝の忙しい時間帯や、彼が仕事をしている時間にLINEしても、スルーされるだけです。

たとえ彼に読んでもらえたとしても、忙しいので返信しているヒマはありません。

中身がないLINEなら、読んだだけで返信を忘れてしまうことも十分にあり得るのです。

できればすぐに彼からの返信は欲しいですよね。

それだったら、ぜひともLINEする時間帯に注意してください。

彼へのLINEは長文、連投になっていないかを考えてみる

復縁ステップへの2番目は、彼へのLINEが長文や連投になっていないかを考えてみます。

「長文はなぜダメなの?」とあなたは思うかもしれません。

「彼に伝えたいことは山ほどあるし、短文じゃとても終わらないんだけど」とあなたは考えます。

しかし伝えたいことが山ほどあるからこそ、短文に収めることが重要です。

あなた自身も誰かから長文のLINEが来た時、要領を得ない内容に斜め読みした経験があるのでは?

また多くの男性にとってLINEやメールは「業務連絡」という位置づけです。

簡単明瞭な短文にすることがマストで、そうしなければいられません。

何の愛想もないLINEに「なんてそっけない!」と絶望する女性もいるほどです。

ですので「長文だと全部に目を通してもらえない」と思っていた方が良いです。

「伝えたいことは手短かに」が、彼に送るLINEのポイント中のポイントです。

「連投がNG」なのも、ちゃんとした理由があります。

彼がなかなかLINEを読んでくれなかったり、既読スルーされた時、つい何度もトークを送信してしまいたくなります。

連投も長文と同じく、読まずにスルーされることが多いです。

これはひとえに「読むのがめんどうだから」です。

あなただってめんどうなことはやりたくないはず。

これらのことから「連投」と「長文」がいかに恋愛関係のLINEにはNGなのか、お分かりいただけたかと思います。

LINEの内容が自分の言いたいことばかりだと相手は引くだけ

復縁ステップの3番目は「自分の言いたいことばかりのLINEになっていないか」の確認です。

いつもトークは自分のことばかりで彼のトークがほとんど何も無いのなら、彼は引いてしまっている可能性大です。

またLINEの頻度が彼よりもあなたの方が圧倒的に多ければ、その内容にも問題がありそうです。

彼になったつもりで、今までの履歴を見返してみてください。

もし自分の言いたいことばかりの内容だったら、おそらく彼は引き気味です。

自分のことばかりでなくても、あなた側からの一方的な話の進め方だったらやはり彼は引いてしまったはず。

言葉の一つ一つにも、相手が引かないようになるコツがあります。

そのコツとは、彼への要望に対して「やってくれると嬉しい」というように「嬉しさ」で表現すること。

「彼は好きな女性が喜ぶことなら何でもやる」と言っても過言ではありません。

彼がやって当たり前なことでも、「そうしてくれると嬉しいな」の一言を必ず添えるようにしてください。

彼のレスポンスが劇的に変わるだけでなく、復縁した後の恋愛関係もスムーズです。

復縁したいからと、ひたすら謝ったり平身低頭になりすぎていないかを考える

復縁ステップの4番目は、復縁したいからと彼にひたすら謝ってばかりいたり、平身低頭になりすぎていないかを考えます。

何事も「ほどほどが大事」です。

平身低頭な人は、たいてい腰が低い人です。

腰が低い人は商売人向きで、あらゆる方面から「すごく良い人」という印象で見られます。

しかしいくら良い印象の人でも、腰が低すぎるとデメリットも出てきます。

周囲からは上から目線で見られることも多く、相手によっては舐められてしまう恐れがあります。

「この人なら何を言っても大丈夫」と思われてしまうため、攻撃の対象になりやすいのです。

もし今まで彼に対してそのような態度であれば、即改善してください。

改善方法は「良い人と思われたい」という気持ちを減らし、同時に「もっと自分を出すこと」です。

少しくらいわがままになっても良いのです。

本来の自分を出せば、それがさらなる魅力となるはずです。

彼と連絡がとれたら、まずは顔を合わせる機会を提案する

復縁ステップの5番目は、彼と連絡がとれた後、ひとまず顔を合わせる機会を提案してみます。

ここでは素直なあなたの感情もほんのり付け加えましょう。

「ちょっと会いたいから、ごはんでもどう?」というように。

良い返事をもらったら、すかさず美味しいごはん屋さんのリサーチをしておくことも必要です。

会ったはいいけれど、ランチ難民にならないよう十分に気をつけましょう。

彼と顔を合わせれば、どちらからともなく付き合っていた時の淡い恋愛感情に着火します。

少しでも着火したことが感じられれば、その顔合わせは成功と言えるでしょう。

会っても話が盛り上がらなかったり、彼がそっけなくてもあまり気にしないで。

彼は会ってくれたのだから、少なくともあなたを嫌っているというわけではありません。

照れや恥ずかしさから、あなたにどう接していいのかわからないのです。

こういう時の男性は見た目よりもかなり精神年齢が低い状態です。

でも、常に笑顔を心がけていれば大丈夫。

別れ際に「またごはん行こうね」と締めくくることも忘れないようにしてください。

また会ったその日のうちに、会ってくれたお礼のLINEを入れるのがベストです。

彼の気持ちを確かめるためには聞き手に回ること

 復縁ステップの最後は「彼の聞き役になること」です。

これは彼の気持ちを確かめるための最終手段です。

人は誰でも自分の話を真剣に聞いてもらうだけで、気分が良くなるものです。

あなたもきっと経験があるはず。

「相手が聞いてくれている」という安心感から際限なくどんどんしゃべり続けたくなってしまうので、(誰か私を止めて!)と言いたいほどです。

これが心理学でいうところの「傾聴(けいちょう)」です。

傾聴していると、相手は聞かれもしないことも次々に話したくなってしまいます。

なので、彼の気持ちを確かめるためには「傾聴」することが大切です。

とにかく彼の話を聞き続けますが、そのためには、あいづちが重要なエッセンスとなります。

「へぇ、それで?」とか「で?」など、簡単な言葉なら言いやすいでしょう。

また彼の言った言葉を時々オウム返しするのも、傾聴には必要です。

「〇〇になったんだよ」と彼が言ったら「へぇ、〇〇になったのかぁ…」とつぶやくように繰り返すのです。

傾聴は大変に効果の高いスキルです。

おそらく彼は、本音を語ってくれることでしょう。

【振られた時】激務で余裕がないのは言い訳かも…本当はこんな理由が潜んでいることも

ほかに好きな人ができたか、二股になりかけている

彼に振られた時、他に好きな人ができたか、二股になりかけている可能性があります。

「激務で余裕がない」という理由は、彼の言い訳かもしれません。

これはとてもショックなことです。

なぜなら他好きされたこともさることながら、彼に嘘をつかれたから。

彼がなぜ嘘をついたのかあなたには全く理解できませんが、これは「彼のつたない思いやり」なのです。

彼は「好きな人ができてしまったのはもう仕方がないし、後に引き下がれない」と考えます。

「でもなるべくなら今カノを悲しませたくなし、傷つけたくない」と深く考えた結果の行動なのです。

また別れ話がもつれ、修羅場になることを恐れている場合もあります。

束縛のキツさにウンザリ。別れたあとの開放感にホッとしている

振られた原因が「激務で超多忙」と言われた時、本当は「恋愛関係の束縛に耐えられなかった」ということが考えられます。

別れた後の開放感にホッとしていたら、なおさら彼は「よし!うまくいった」と思っていることでしょう。

なんとも切ない展開ですが「いつも自由にしていたい」と考える男性が多いことが伺えます。

恋愛関係は何かと自由を奪われることが多いもの。

たとえばデート一つとってみても、お互いにスケジュール調整しなければなりません。

「すごく会いたい!」というのでなければ、彼にとってはめんどうで窮屈なだけです。

こうなる原因が「恋愛関係における価値観の相違」です。

お互いに何を求めているか、どうしたいのかが、微妙にズレているのです。

なので別れた後も、復縁に対する熱意に差が出ます。

あなたが「復縁したい」と切ないくらい願っても、自由にしていたい彼なら「どっちでもいい」か「やめとこう」なのです。

すれ違いが多いので付き合うのはもう無理かもしれない

彼に「激務だから」と振られた時、「彼女とのすれ違いが不満だった」ことが原因の場合があります。

こういう時の彼は「付き合うのはもう無理」と、完全にあきらめムードです。

ひょんなことからすれ違うようになると、どんなに仲の良いカップルでも信じられないほど疎遠になってしまうことがあります。

相手のことを嫌っているわけではなく、自然な形で接点が無くなります。

それはまるで今世での縁が切れたかのようです。

確かにそういうことはよくあること。

必ず何かきっかけとなることがあるのですが、それまでの人間関係がガラリと変わり、頻繁に会ってた人でも二度と会うことがなくなります。

その代わりに別の人が現れますが、この地球上ではそういう仕組みになっているのです。

あなたのオーラにも変化があります。

そのオーラと合う人が、磁石のように吸い寄せられるというわけです。

とは言え「もう縁がなくなったから合わないだろう」と思っていた人でも、その後再び関係性が復活する場合もあります。

すれ違いが多くてもあなたから縁を切るようなことをしない限り、細々とですがその関係は続きます。

彼女の優先順位が下の方だから

彼に振られた原因が「激務だから」でも、実は本当の理由が「彼女の優先順位が下の方」という悲しい現実が往々にしてあります。

これは男性にありがちな観念なのですが「この世で一番大切なのは趣味」と答える男性の何と多いこと。

もちろん彼女も大切ですが「優先順位」となると、彼女よりも上にランクインさせたいことがあるのです。

あなたにしてみれば「ひどい!許せない」でしょう。

しかしこれが現実です。

男性のそういうところは非常に理解しがたいのは当然ですが、彼が「子供に近い存在」と思えば、何となく納得できます。

強いて言うなら男性たちは、好きなものを並べてそれを選ぶことなどとてもできないのです。

比較対照しても何もならないし、それはそれ、これはこれ、なのです。

あなたは「元カレが私だけをもっと愛してくれる人だったら」と思うかもしれません。

でも彼は、あなたが思うような男性にはなれないのです。

付き合いに飽きてしまったのでフェイドアウトしたい

彼に振られた時の理由が「激務」だったらそれを信じたくなるものですが、実は付き合いそのものに飽きてしまった可能性も否めません。

多くの男性は、初めの印象でその女性と付き合うかどうかを決めます。

ここだけの話ですが「やれるか、やれないかで決める」という不届き者がいることも確かです。

無事に目的を果たした男性は、一気にその熱意が冷めてしまう傾向があります。

彼女を手に入れた安心感から彼女に対する態度がおざなりになってしまい、急に素っ気ない態度になったり連絡が激減することもあります。

そんな風に冷めてしまうものなので恋愛関係に入ったとしても、彼女によっぽど惚れていない限り飽きるものなのです。

本気で飽きてしまったら、後はフェイドアウトを望むのみです。

このような精神状態は、女性のそれとは正反対です。

女性は彼氏となって付き合ってから初めて、彼との恋愛関係を育てようとします。

彼氏ができた女性が、彼と会うたびにどんどんきれいになるのはそのためです。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「余裕がなくて別れても復縁はできる」

占い師 姫乃
「余裕がないことが原因で別れても復縁はできる」と断言するわ。

一つ大切なのは「細々でもいいから連絡を絶たない」ということ。

連絡を待つ側ばかりになってしまうと、いつまでたっても音信不通ということになりかねない。

だから彼と話をしたくなったら、その気持ちに素直になって。

挨拶とか誕生日祝いとか、世間話的なLINEから始めるといいわ。

少し難しいのが、飽きっぽい性格の男性。

目先の新鮮さを追ってしまう傾向があるから、連絡しても気が向かないと返信してこないかもしれない。

いずれにしても少しだけ積極的になって行動してみる。

そうすればきっと納得のいく結果が得られるはずよ。

【期間限定・9月27日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事