「好きになった相手は既婚者だった」

これはよくあるシチュエーションです。

「本能的に既婚者を嗅ぎ分ける能力があるのか?」というくらい好きになる人がいつも既婚男性ばかり、という人もいるでしょう。

実は「既婚男性は誰もが素敵」と認めている女性も意外に多いのです。

しかし、どんなに激しい恋心を抱いても「この恋が叶う可能性はなさそう」と肩を落としている人に朗報です。

もし切ない気分でそのハートを痛めていたら、ぜひこの記事を読んでみてください。

既婚者への叶わない恋心はどうすればいいのかが必ずわかります。

また相手のことを好きな気持ちは変えずに、苦しい思いだけを半減させることもできるでしょう。

さっそく読み進めてみて!

 
 

復縁メニューはこちら

既婚者の男性を好きになってしまう心理や理由

既婚者はなんと言っても「優しさ」が違うから

既婚男性の魅力はなんと言ってもその「優しさ」にあります。

優しさにあふれたその眼差しも、とて魅力的に映るでしょう。

かと言ってその優しさは、決して押し付けがましいものではありません。

その優しさの背景には「心の余裕」が燦然と輝いています。

また、たいていの既婚男性は広い心を持っているため、人間的な質の高さもうかがえます。

例えば好きになった既婚男性が職場の同僚や上司という場合もあるでしょう。

家族と過ごすより長い時間を共に過ごしていると、その真価が見えてくるものです。

仕事中は相手の厳しい一面や「イヤだな」と思えるような場面を垣間見ることもあるはずです。

しかし総体的に感じるのは心の余裕からくる「優しさ」です。

既婚男性の優しさを独身男性と比べたとき、その違いは明らかです。

既婚男性は頼りがいがあるのが魅力的だから

「頼りがいがある」既婚男性はとても魅力的に見えますよね。

既婚男性の多くが頼りがいがあるように見えるのは、結婚というハードルを乗り越え一つの家庭を築いた証とも言えます。

結婚し夫になることは、男性にとって大きな経験です。

一人の男性が結婚し家庭を築くには、あらゆる面で責任が生まれます。

その責任は一度家庭を持ち夫になった以上、避けて通れないものです。

人生のプロセスとしてこの通過点を経験した男性は、大きな成長を遂げます。

頼りがいがあると感じるのは、このように結婚によって責任感が生まれ人として成長したためです。

女性にとって潜在的に男性に甘えたい意識を持っています。

頼りがいがある男性なら甘えたい気分をすべて受け入れてくれるような気さえします。

既婚男性に全幅の信頼を持って相手を頼ったとき「100%受け入れてくれる」という器の大きさも、好きになってしまう理由といえるでしょう。

好きになった男性がたまたま結婚していたから

好きになった男性がたまたま結婚していた、というシチュエーションは意外によくみられるものです。

相手を好きになるのに理屈はありません。

また相手が自分をどんな風に思うかは関係ありません。

その人との相性が良かったりお互いに気が合うのなら、相手が結婚していようがいまいが、好きになるのは当然でしょう。

既婚者にしか興味が持てなかったり魅力を感じないから

既婚者ばかり好きになる人の中には、既婚男性にしか興味が持てない、魅力を感じないという人もいます。

それ独身より既婚者の方が、何かとハードルが高いためです。

そのため、好きになる条件に独身男性はほとんど入ることがありません。

しかし興味の対象が既婚者だけだと、必然的に苦しい恋愛を招くことが多くなります。

あえて苦しい恋愛を選んでしまうのには理由があります。

独身男性には物足りない、結婚願望がない、既婚男性としか付き合ったことがない、などです。

つまり付き合い始めは良くても、いずれつらく苦しい恋愛になると承知の上なのです。

そのような恋愛を選ぶ彼女らにとって「楽な恋愛は恋愛ではない」のかもしれません。

世間一般的に既婚男性と付き合う「不倫」は、認められるものではありません。

しかし「好きになったらとことん愛したい」という衝動は、モラルを吹き飛ばすほどの強さがあります。

また一度好きになったら、それが既婚者であれ独身であれ関係ない、と考える人もいます。

こう考える人は激しい情熱を傾ける女性に多いもの。

既婚男性を振り向かせることにも多大な情熱を傾けます。

この情熱には、自分を認めてもらおうとする「承認欲求」も含まれています。

「何とか好きになってもらいたい」

「どうしても愛し合う関係になりたい」

このように独身よりハードルが高い既婚男性が好みのタイプだと、全身全霊を傾けてしまうのも特徴です。

父親のような包容力と安心感があるから

好きになる人のタイプが父親のような包容力がある場合、相手が既婚者であってもその思いは変わることはありません。

既婚男性の中には、まるで父親のような存在感がある人もいます。

その存在感は、まるで自分が小さい頃から知っているかのようで、親近感も湧くものです。

もしそのような人を一度好きになったら、嫌いになれるところを見つけようとしても見つからないでしょう。

いわゆる「ファザコン」と呼ばれる人は、良くも悪くも父親の影響を受けて育ちました。

「父親が大好き」もしくは「大嫌い」のどちらかです。

基本的に寂しがり屋が多く、依存心も強い性格です。

また父親の影を持つ男性に心から惹かれます。

好きになる男性が父親ほどの年齢差、ということも往々にしてあります。

このように心の奥深くに「父親の存在」が潜んでいる女性にとって「父親のような包容力を持つ男性」にはたまらない魅力を感じるのです。

独身男性にはない大人の魅力があるから

結婚している男性の多くは、独身男性にはない大人の魅力があるものです。

その中でも見た目がタイプだったら、好きになってしまうのは当然でしょう。

大人の男性は女性をエスコートするのが好きです。

また女性を大切にしてくれる傾向があり、さりげない心配りを忘れません。

たとえ家庭を持っていたとしても、そこはうまく線引きをします。

既婚者の中には、家であったことや家族のことを話す人が好きな人もいます。

子供が熱出して大変だったー」とか「幼稚園の行事に駆り出されて」という具合です。

しかし大人の魅力がある男性は、家庭内の話は避けます。

むしろ家庭内のことは一切外には漏らしません。

なぜなら彼らは「家庭の話は所帯じみてて自分のスタイルからかけ離れている」と痛感しているためです。

そのようなことから彼のプライベートなことを知らないと後で、家庭も子供もいることに誰もが驚きます。

誰がどう見ても「独身のように見える」です。

そのような大人の男性にとって、仕事と家庭とのボーダーラインをキッチリ引くことは使命の一つです。

このように雰囲気が良くて大人な男性なら、誰でも好きになってしまう可能性があります。

マリッジリングを付けている人がなぜか素敵に見えるから

既婚者の目印がマリッジリングです。

このマリッジリングをしている男性がなぜか素敵に見えたり、ときめきを覚える人もいます。

この心理は「相手の男性が高嶺の花に見える」ためです。

昨今の既婚男性は、マリッジリングをつけている人が増える傾向があります。

この指輪はすでに「別の女性に売れてしまった」という証(あかし)です。

「売れてしまった」ということは「いい男」とか「問題がない男」というサインでもあります。

通常であればこのサインを持つ男性は、独身女性にとっては恋愛対象外です。

「先々結婚して家庭や子供を持ちたい」と考えているなら当然、圏外とすべき人です。

しかし左手に輝くこの指輪を見て、意図せず恋愛モードに入ってしまう女性がいることは確かです。

これは「結婚指輪が既婚男性を素敵に見せてしまう」というマジックにかかるためです。

このマジックは容易に解くことができません。

これは、いったん好きになった人を簡単に嫌いにはなれないのと同じです。

 

チャンレンジ精神が強くどうしても彼を自分のものにしたいから

叶わない恋と知っていながら持ち前のチャレンジ精神で「どうしても彼を自分のものにしたい」と果敢に挑む女性もいます。

これは相手をただ好きになるだけでは満足できず、相手にも自分を好きになってもらいたいと考えるためです。

また「相手も自分のことを好きになる自信がある」と感じている場合もあります。

このような場合、手に入れたとたんに急に熱が冷めてしまうという結果を招きがちです。

また逆に尽くし過ぎると、相手に「重い存在」と受け止められてしまいます。

どちらにしても女性側の一時的な感情によって、相手を振り回すことになるでしょう。

既婚者を好きすぎて苦しい思いとの向き合い方

「自分はどうしたいのか」を自分に問う

既婚者を好きすぎて苦しくてつらいという思いを抱えているときこそ「自分はどうしたいのか」を考えましょう。

「これからの自分はどうなりたいのか」

「自分はどこへ向かおうとしているのか」

これらの疑問を自分へと投げかけてみましょう。

「本当の自分らしさとは」なんでしょう?

少なくとも苦しくてつらい状況は「自分らしくない」はずです。

「自分らしさがない」のは、暴風雨の中で風上に向かって歩き続けている状態です。

これは誰が見ても苦しい状況に間違いありません。

このような自分らしくない状況からは、一刻も早く抜け出さなくてはいけません。

どちらを向いても真っ暗闇に見えても、必ず出口は見つかります。

まずは「好きすぎる」という重い感情を捨てましょう。

重い感情を捨てるには「恋愛とはまったく別のことをする」だけです。

出来るだけあなたが熱中できることをやりましょう。

重い感情には、あなたを向上させたり魅力的に見せる要素は何もありません。

あなたを後退させるだけでしょう。

魅力のないあなたに誰もなびかないのは目に見えますよね。

既婚男性に恋をすることはハイリスクであると理解する

「既婚男性に恋をすることはハイリスク」と理解するのはとても大切なことです。

好きになった男性にまさかリスクがあるとは考えてもみなかったはずです。

しかし相手が既婚者の場合「あなたが相手を好き」ということだけですでに大問題!

社会的に既婚者を恋愛対象にすることは「タブー」なのです。

そこから後に起きることは誰にも言えないような、すべて闇に包まれた世界です。

もし既婚者との付き合いが始まったとしたら、嬉しい反面「人に言えない恋とはここまでつらいものか」と実感することになるでしょう。

好きになったら、なぜか相手にも好意を持ってもらいたいと考えるのが普通です。

この場合、独身者同士ならほとんど問題は起きません。

「好き」の心理は女性の本能「種の保存」と理解する

特定の男性を好きになる背景には、女性の本能でもある「種の保存」が潜んでいます。

私たちがこの地球の生まれてきたミッションの一つが子孫を増やし、また絶やさないようにすることです。

人を好きになり心がときめいているとき、脳内では快い刺激が起きています。

これと同様なのが美味しいスイーツなどを目の前にしたときです。

目にも鮮やかなスイーツは、見ただけですぐにでも食べたくなってしまいますよね。

この快い刺激は、動物的な脳の影響によるものです。

とは言っても人は動物と違い、その脳の働きはしっかりとコンロールされています。

しかし好きな人に対してときめきを感じているとき、普段は制御されている脳の前頭前皮質の働きにブレーキがかかってしまうのです。

ブレーキがかかると同時に脳内では「子孫を残す準備を始める」というわけです。

これらのことから「好き」という意識の奥底には「種の保存」という、人間としての宿命があることを理解しておきましょう。

既婚男性が恋愛に本気になる確率は1%以下と理解する

あなたがどんなに魅力的であっても、既婚男性が婚外恋愛に本気になる確率は1%以下でしょう。

既婚者への恋心が強いと、相手の家庭のことなど考えたくもないことです。

奥さんや子どものこと、どんな家に住んでいるのかなど、あなたにとって見えてこないことばかりです。

たとえ相手の男性が家庭に関する悩みや愚痴を言ってきたところで、実際にはどうなのかはわからないままでしょう。

しかし一つの家庭を築いているということは、社会的にも大きな責任を伴います。

独身の気楽さを知っていた人なら「結婚がいかに不自由さを味わう場か」ということを嫌という程知ることになります。

また、もし相手に子どもがいるのならさらにあなたの知らない「父親」という世界がそこにはあります。

現代社会における子育ての現場は、父親の出番がとても多いもの。

むしろ父親が積極的に子育てに参加することが良しとされている時代です。

その他、住宅ローン、学資保険、生命保険etc。

家庭を持つからこそ求められる経済力も重要なところです。

つまり既婚男性にとって家庭と自分とは、もはや切り離せない関係なのです。

このように大きなバックボーンを背負っている既婚男性が婚外恋愛に本気になったり夢中になることはほとんどなく、あっても低い確率です。

どんなに好きでも「あなたの目にはフィルターがかかっている状態」と理解する

あなたがどんなに相手を好きになったとしても、理解しなければいけないことが「あなたの目にはフィルターがかかっている」ということです。

忠実に相手を見ることを心がければたとえ相手を好きになっても、その後も二人の関係を無理に進めようとは思わないはずです。

「好きだから付き合いたい」

「好きだから相手にも好きでいてほしい」

恋愛モードに入ると、このように考えてしまうものです。

この考えはあながち間違ってはいません。

お互いに好きになれば「いい関係」でいることがマストなためです。

しかしこれがひとたび「相手が既婚者」ということになれば、話は別です。

相手が既婚者の場合、通常の恋愛モードは「オフ」するべき対象です。

「恋愛モードをオフ」にするとは「私は相手が好き」ということだけを考え、相手が自分をどう思うかは封印するということです。

もし相手が自分に対してどんな気持ちを持っているかと探りたくなったら、「恋愛モードオン」の状態です。

また仮に相手から食事やデートの誘いが来たとき、それに喜んでOKを出しても「オン」です。

これらの「オン」の状態は、あなたに恋愛モードのフィルターがかかっているというサインです。

恋愛モードに入ると、後に引くことが難しくなってしまいます。

簡単に「不倫ワールド」へと突入してしまうでしょう。

そうなるのを防ぐためにも、状況判断には十分注意してください。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

既婚者への叶わない恋心を抱き続けることのリスク

結婚したいと思っていてもいつしか婚期を逃す可能性が高い

好きな相手が既婚者の場合、叶わぬ恋心を抱き続けた時のリスクはいくつか考えられます。

その中でも特に際立つリスクは「婚期を逃すかもしれない」という点です。

たとえ一時的に交際相手との関係がうまくいっていても相手が既婚者の場合、最終的にその恋愛は成就しない可能性が高いでしょう。

「いつかは結婚したい」という願望があなたにあるなら、できるだけ早くあきらめた方が結果的に良かったということになります。

一般的な女性の婚期は20代半ばから、遅くてもアラフォーと呼ばれる30代前半くらいです。

とは言え、最近は全体的にやや晩婚傾向になっているため、40の大台を迎える前が最も適切な婚期といえるでしょう。

この時期に、既婚者を好きになってしまった時が要注意です。

適齢期を迎えたあと結婚に適する年齢を過ぎた時、その後年を重ねるごとに男性からは見向きもされなくなる確率が高くなります。

いくら結婚したいと願っても、相手がいないことには結婚できません。

婚期を逃した状態のままでどうすることもできず、途方に暮れてしまうでしょう。

不毛の愛「不倫」によって避けられないトラブルとは

既婚男性との交際は「不倫」と呼ばれ「不毛の愛」がその代名詞です。

想定できるトラブルも多く、ほとんどが避けて通ることはできません。

人間関係の中でも特に高いリスクを伴うものが、不倫関係なのです。

たとえば二人の関係が公の場にさらされるようなことになったときに、男女共に大きな試練がやってきます。

まず一番に想定できるトラブルが「相手の妻にバレたとき」です。

あなたは「慰謝料」という高額の負債を背負うでしょう。

不倫の代償は「相手の妻にバレた気まずさ」から来る精神的なダメージだけでなく、金銭的な面でも大きな損失となって襲ってきます。

これだけでもハイリスクと言えますが、まだまだ想定外のリスクが隠れているのが不倫関係です。

相手の既婚男性は、ほぼ100%あなたとの関係を解消するでしょう。

この時「妻とは離婚する」と言っていた相手の言葉が、すべていつわりだったことに気づきます。

まるで騙されたかのような仕打ちに、きっと言葉を失くしてしまうでしょう。

リスクはこれだけではありません。

不倫関係を続けるうちに、独身女性なら誰でも「いつか奥さんとは別れてくれる」と信じるものです。

しかしなかなか思うようには進みません。

なぜなら既婚男性が不倫を続けたいとき、言葉巧みにズルズルとその関係を続けるためです。

もし相手の男性が何かと「いつかは妻と別れるよ」とあなたをなだめても、その「いつか」は永遠に来ません。

離婚には大変な労力と費用を要します。

いつになっても離婚しないのは、このような理由があるためです。

しかし待てど暮らせど不倫関係が解消され結婚できるような変化が見られないと、不安になるものです。

その状態に女性側が満足できない場合、揉め事やけんかなどのトラブルの原因になってしまいます。

相手が変わるのを待っていたら、あなたはおばあちゃんになってしまうかもしれません。

「せめてあの時正しい決断をしていれば」と後悔しても後の祭りです。

それほど不倫関係は、何かにつけハイリスクなのです。

ネガティブな罪悪感を抱き続けてしまう

既婚者への叶わぬ恋心を抱き続けるリスクには「罪悪感」という問題があります。

世間一般的に既婚者への恋心は、ネガティブととらえられます。

これは叶わぬ恋心を放っておくと、そのまま不倫へと発展してしまう可能性があるためです。

この不倫関係が「甘い蜜の味」と、ポジティブにとらえているのは当の本人たちだけです。

そうかと思うと「いつかバレるんじゃないか」という罪悪感は、不倫関係にある二人を苦しめることになるでしょう。

少なくとも、既婚男性の家庭を裏切っていることは確かです。

そのような「裏切り行為」は、相手の心を傷つけ背徳感や不信感を生みます。

一度起きてしまった不信感を挽回するのは、難しいものです。

また罪悪感という感情は不倫関係が終わっても延々と引きずる恐れがあります。

ネガティブな罪悪感とは、それほどまでに強力なパワーを持つものです。

「都合のいい女」に扱われる恐れがある

既婚者への叶わない恋を抱き続けた時「都合のいい女」のように扱われる恐れがあります。

いくら相手のことが好きでもなんでも言いなりになるのは良くありません。

自分の言葉と態度が相手にとって「イエスマン」とならないよう、注意が必要です。

相手があなたを都合よく扱う理由は「なんでも言うことを聞く」ためです。

「嫌われたくないから」と相手に尽くしすぎたり、相手の言うことに一から十まで反応していたのでは、マイナスになるばかりです。

言いなりになる女性は男性にとってとても便利な存在です。

しかしあまりにも自己主張がないと、相手にとって実につまらない存在に成り下がってしまいます。

つまり女性に対していつでも狩猟本能を発揮したいところなのに、まったく興味がなくなってしまうのです。

このようなことをできるだけ避けるためには、相手に対して「好きアピールを控える」ことが大切です。

これはどのような男性に対しても言えることです。

仮に付き合ったとしても不透明な部分が多い

叶わない恋が仮に実って付き合いが始まったとしても、既婚男性には不透明な部分が多いということを忘れてはいけません。

そもそも既婚者なのに、あなたという新たな女性関係を築いたと言うことは、今後もそう言う可能性がないとは言い切れません。

つまりあなた自身も「新たな別の女性と二股をかけられる可能性がある」と言うことです。

このような男性とは残念ながらもし付き合ったとしても、悲しい思いをするのは目に見えています。

相手の男性は、あなたを手放したくない思いからまことしやかに「浮気など絶対しない」と誓うかもしれません。

しかしあなたはこの言葉を心から信じることはできないでしょう。

なぜなら家庭がありながらあなたと浮気をしているのですから。

不透明な部分はさらにあなたの不安を掻き立てます。

たとえばあなたと会っていない時、相手が何をしているかを問うことはできません。

また相手が自宅に帰っている時の連絡はご法度です。

これは不倫関係にあるカップルの暗黙の了解です。

夜、リラックスしている時に一番おしゃべりしたい人が愛する彼ですよね。

その願いは、おそらく既婚男性と付き合っているうちは叶うことはありません。

もし「辛すぎる恋に終止符を打ちたい」と思ったら、この記事もぜひ読んでみて。


 

既婚男性への片思いが実る可能性のあるシチュエーション

既婚男性が真剣に離婚を考え行動に移してくれているとき

既婚男性へのつらい片思いが実る可能性の一つが「相手の男性があなたへの交際を真剣に考えてくれているとわかった時」です。

たとえば「今までの結婚は間違っていた」と認め、あなたとの新生活を営むための準備に入ります。

まず優先することが「離婚」です。

しかし相手の承諾なしには離婚はできません。

慰謝料、財産分与、養育費などの問題も待ち構えています。

わずらわしいような離婚へのプロセスも、新しい第一歩を踏み出すためには「何も問題ない」と感じているはずです。

そのような男性はパワフルで問題解決能力に優れています。

考えるよりも行動に移すので、離婚もそれほど時間はかからないでしょう。

このようなシチュエーションは、まれに見る幸運な例です。

離婚成立後はあれほど切ない片思いだった経験とは裏腹に、見事に願いが叶った幸せを味わうことができるでしょう。

あなたに連絡を取ってくる頻度が高くなったとき

片思いが実る可能性があるシチュエーションは、相手からの連絡の頻度が高くなっている時です。

これは既婚男性があなたに好意を寄せているとみられるサインです。

また相手はあなたをかなり気に入っていて、いつも連絡を取りたいと思っています。

これは明らかにあなたよりも熱意が高まっている状態です。

きっかけさえあれば、即付き合ってしまうような展開になるのもこの頃です。

相手の男性は準備万端で、いつでもOKです。

あなたがホイホイと乗らない様子にさらに情熱を掻き立てるでしょう。

ここまで来ると、不倫に発展するのはあなた次第です。

既婚男性の家庭が崩壊寸前のとき

幸か不幸か、相手の既婚男性の家庭が崩壊寸前ということも考えられます。

このようなシチュエーションの時、切ない恋が実る可能性が高いでしょう。

ただし、恋を邪魔するような条件が発生しない限り、です。

完全に崩壊したのであれば、今後の二人の交際に何も問題は発生しません。

しかし寸前で崩壊を免れた場合、恋が実ることを期待しない方が無難です。

それは家庭の崩壊を免れた時、それまでの危ぶまれた状況から激変する可能性があるためです。

一時的な家庭崩壊は、気分も最悪で誰かに頼りたくなる気持ちもあったことでしょう。

しかしそのような必要もなくなりました。

あなたは相変わらず相手の男性が好きかもしれませんが、当の本人は家庭が元に戻ったことに安堵しています。

誰かが好いていてくれていても、そんな気分ではないのです。

どうにもならないなら…既婚者への恋心の上手な諦め方

恋愛の対象からはずして別の道を選ぶ

既婚者への恋心を諦めるには、恋愛の対象から外すだけです。

もし恋愛の対象から外すことができれば、かなり早い段階であなたは楽になったことを感じることでしょう。

既婚者は、すでに「誰か知らない女性に属する人」です。

また結婚の契りを交わした男女は、見えない絆で結ばれています。

この絆は誰がどうやってもほどくことはできません。

子どもがいたらなおさらです。

どんなに好きでも実らない恋もあるのです。

実らない恋を頑張っていても、それは運命に逆らっていること。

寂しい、悲しい、つらい、という感情が出るのは初めだけです。

あとはそのような感情を抜きにして、恋愛の対象から外しましょう。

恋愛の対象から外したとたんに、別の道が現れます。

「結婚」が彼を魅力的に見せていると考える

どうにもならないつらい気分から早く抜けるには、あなたの考え方を変えるのが一番手っ取り早い方法です。

それには「結婚が彼を魅力的に見せている」と考えるようにしましょう。

実際に既婚者には素敵な人が多いものです。

独身男性には目もくれずひたすら既婚男性を追ってしまうのはそのような点からです。

しかしどんなに素敵な人でも、家では別人になる人が多いのが現実です。

家の中にいる時でも外にいる時と同じように、気取ったりカッコつけたりしている人は皆無でしょう。

お腹を出して寝ていたり、人前で平気でオナラをしている人かもしれません。

もちろん自分の家ですからどんなにリラックスしようが、奥さん以外は誰も文句は言わないでしょう。

また家の中と違い、外では周囲の人たちとはある程度の距離感があります。

お互い程よいパーソナルスペースを保てば、相手に踏み込みすぎることもなく平和そのものです。

このように「外」と「家」でのギャップが、既婚男性をより素敵に見せている一因です。

もしそんな彼と生活をともにしたら、きっと一気に幻滅してしまうでしょう。

そう考えると相手への過剰な幻想を捨てることができます。

それと同時に相手に対する恋心も諦めることができるでしょう。

不倫関係になると泥沼になる可能性がある

もし既婚男性との不倫関係になったとき、泥沼になる可能性は否定できません。

何事もなく上手に諦めるには、不倫は避けたほうが身のためです。

泥沼とはいったいどのような状態なのでしょうか?

泥沼とは、人対人のドロドロとした感情のぶつかり合いです。

場合によっては地獄を見るような思いをすることもあります。

状況がさらに悪化すれば裁判沙汰になることも考えられるでしょう。

あなたが今、平和で幸せな世界に住んでいたら想像もできないほどです。

しかしその原因を作ったのは紛れもなく「あなたと相手の男性」です。

このような泥沼化は避けなければいけません。

既婚男性のことが好きで、どうしても「好き」を貫きたくても、このような現実が待っているとしたらあなたはどう考えますか?

恋愛感情を「尊敬の念」に置き換える

既婚男性との恋愛成就を諦めるには「好き」という恋愛感情を「尊敬の念」に置き換えてみることをおすすめします。

尊敬の念は、不倫とはまったく違うものです。

むしろ「好き」と言われるより「尊敬してます」と言われた方が相手は喜ぶかもしれません。

尊敬の念の中には「人として好き」という感情も含まれています。

ただし、相手から「好きの見返り」を求めてはいけません。

必ず、一歩引いた状態で接するようにしましょう。

このようにした結果、相手があなたから離れていくのなら仕方がありません。

「あなたにはもっとふさわしい人がいる」ということです。

どんな状況であれ既婚男性にとって「家庭は揺るぎない強固な存在」

既婚男性を諦めるには、どんな状況であっても「相手には家庭がある」ということを忘れてはいけません。

家庭とは、揺るぎない強固な存在です。

それを「壊そう」などと思ってはいけないことです。

もし家庭が壊れてしまったら、嘆き悲しむのは彼の家族です。

またその様子を見た彼本人も後悔の念を強く持つことでしょう。

家族を幸せにしてやれなかった罪悪感で、一生苦しむことになるかもしれません。

そうは言っても相手の男性が家族との縁を切る覚悟で別れるのなら、また状況は変わります。

ここで何らかの学びを得れば、お互いの今後の幸せにつなげることができるでしょう。

しかし十分に学びを得られなかったことで、再び同じようなことを繰り返す可能性もあります。

それらを踏まえ「何があっても大丈夫」という気持ちでいれば、あらゆる問題を乗り越えることができるでしょう。

「見返りを求めない愛」なら好きでいても問題ない

「相手に対して愛の見返りを求めない」なら、いくら相手を好きでも問題ありません。

相手への見返りとは具体的に「私はあなたを愛するからあなたも私を愛して」という態度に出ることです。

見返りを求める愛がなぜ問題があるのでしょうか。

見返りの愛を求めていると「こんなに愛しているのに」という犠牲的精神が生まれます。

犠牲的精神からは本当の愛は生まれません。

いつでも悲しい気分にさせられます。

その上「こんなに悲しい気分なのは彼のせい」という、わけのわからない着地点にたどり着きます。

それでは「見返りの愛ではない愛」とはどのような愛でしょうか。

見返りを求めない愛とは、「存在を愛する」ということです。

何も求めない愛は、相手ばかりでなくお互いを自由にします。

お互いに自由を感じる愛は、お互いを縛ることがありません。

お互いを縛らないということは、嫉妬や憎しみが生まれません。

相手も自分もその存在だけを心から大切にし、愛するでしょう。

これこそ至上の愛です。

これに勝る愛はありません。

それでもまだ諦めきれなかったらこの記事を読んでみて。


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「叶わぬ恋はこれからのあなたを成長させる材料になります」

占い師 姫乃
もし好きすぎてつらい相手がいるなら、楽しい生活からは程遠いものになっちゃうわね。

そのように「好きすぎる」という心情は、あなたの潜在意識の働きかけなの。

「自分には何かが足りない」と感じているときに、そんな風に思うことがあるわ。

「二人で一つ」って永遠の恋人みたいで憧れちゃうけど、実はあなたは一人でも完璧な存在。

それでももし強烈な寂しさを感じるなら、それは何らかのトラウマがあなたに訴えかけているという証拠よ。

「既婚男性を好きになった理由はそのトラウマが何を訴えかけているかを確かめるため」ということなんです。

それを確かめられるまで、同じように「好きすぎる」という恋愛を繰り返してしまうかも。

いずれにしても「叶わぬ恋はあなたを成長させる材料」ということに間違いないわ。

苦しさから一刻も早く抜け出して、あなたらしい輝きを取り戻してね。

いつも応援しています!

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事