倦怠期にやってはいけないこととは?倦怠期との向き合い方とマンネリ化しないカップルの特徴
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

 

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

 

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

 

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

 

 

恋人との倦怠期に「これだけはやってはいけない」ということがあります。

今から倦怠期の向き合い方と、マンネリ化しないカップルの特徴について解説していきますね。

倦怠期を乗り越えれば、さらにお互いの信頼関係がアップするのは確実です。

ぜひ最後まで目を通してみてください。

 

 

復縁メニューはこちら

倦怠期はマンネリ化した時期のこと!どんなことが起こる?

あんなにときめいたのがまるでウソのように、何をしてもまったくハートにグッとこない

マンネリ化した時期、何をしてもまったくと言っていいほどハートにグッと来ません。

「あんなにときめいたのに」と、地団駄踏みたいほどでしょう。

なにが2人の関係を変えてしまったのか、あれこれ考えても正解は出ないでしょう。

自分のせいや相手のせいという話ではなく、ときめかなくなったのはお互いの熱が冷めたからに違いないからです。

しかしそれを認めたくない自分がいるし、相手にも「うちらマンネリ?」などと確かめるわけにはいきません。

「いつか来るだろう」と思ってはいても、いざマンネリ化が目の前に来ると手も足も出ません。

もはや対処のしようがないのです。

いっそのこと相手にすがってしまおうか、それともそっけなくしてみようか。

自分なりに対策を練りますが、本当に効果があるかはわかりません。

連絡一つとってみてもマンネリを感じます。

あれほど頻繁に連絡を取り合っていたのが嘘のようにパタリと止まってしまえば、もはやマンネリを認めざるを得ないからです。

連絡が取れなければ、会うこともままならないでしょう。

「このままいけばいずれ別れてしまうのか」という不安にさいなまれますが、これは「マンネリを迎えたカップルあるある」なのです。

 

お互いにリラックスできるスキンシップのひと時がめっきり減る

マンネリを迎えたカップルは、お互いにリラックスできるスキンシップのひと時がめっきり減ったのを感じます。

2人で過ごすことに慣れきってしまい、付き合い始めの頃のような刺激を感じなくなったのも原因の一つです。

どんなに刺激的な関係であっても、同じ状態が延々と続けばいつかは飽きが来ます。

そしてそれをそのままにして何も変えずにいれば、マンネリ化するのは当然なのです。

特に相手とリラックスして一緒に過ごすのが日常的という場合、それが数年も続けばさすがに飽きが来るものです。

そうなると今度は間違いなく「休日は友人と遊びたい」とか「友達と出かけたい」となるのです。

なぜならその方が刺激的で楽しいから。

このように一緒にいるより外に目を向けるようになりますが、これがマンネリを迎えたカップルの特徴でもあるのです。

パートナー以外の人と過ごす時間が増えれば、当然ながらパートナーとのスキンシップは減るばかりです。

それどころか手を繋ぐのも激減するので、しまいには肩を並べて歩くことさえなくなります。

スキンシップと無縁になれば、触れ合う事など完全になくなるのは確実なのです。

スキンシップは相手の愛情を確認できる行動としては、カップルには絶対にマストです。

それがなくなってしまえば、倦怠期もベテランクラスに突入です。

以前に比べ、驚くほど喧嘩が増えた

倦怠期の特徴として、喧嘩が増えることが挙げられます。

それも以前に比べ驚くほど喧嘩ばかりしていることに気づきます。

意見の食い違いはもちろんのこと、相手の話の揚げ足取りからの口論も多いです。

喧嘩するのは、お互いに相手をコントロールしたいからです。

自分の言うことを聞いて欲しいから、相手を思い通りに動かそうとするのです。

しかし素直になれず、とかくあまのじゃくな態度になるのも倦怠期の特徴です。

素直に相手の言うことを聞けば何も問題は起きないのですが、結局言い争いになって喧嘩へと発展するのがいつものことになるでしょう。

このように以前に比べ驚くほど喧嘩が増えたなら、それは倦怠期のサインに間違いありません。

 

周りの異性に視線を向けてしまったり、気になる男性を目で追ってしまう

倦怠期を自覚するのは、周囲の異性に対する興味が俄然湧くことです。

周りの異性に視線を向けたり、つい気になる男性を目で追ってしまいます。

付き合っている彼氏がいるのだからそれ以上のアプローチはしませんが、やっとの思いで自分を制していることも多いです。

これが倦怠期によくある感情です。

もし相手の男性に近づこうと思ったら、さも気があるように見せかけたり話しかけるだけでも十分でしょう。

話が盛り上がれば、その流れで2人で会う話になるのは当然です。

倦怠期からの別れが決定的になるのは、だいたいこのあたりです。

気になる人ができたのは、彼氏が嫌いになったわけでもないし別れたいからでもありません。

単に恋愛感情が薄れ、相手にワクワクしなくなっただけです。

ワクワクだけを追うなら、彼氏との別れは避けられないでしょう。

このように倦怠期とは、2人の関係の存続を簡単に危うくさせるものなのです。

 

相手を避けているわけではないのに、なぜか会う回数が減る

会う回数が減りつつあることでも、倦怠期とわかります。

相手を避けているわけではないのに、なぜか会う回数が減ります。

それどころか「前回会ったのは2カ月前」のように会う頻度が激減することも出てきます。

お互いそれで納得していれば良いのですが、たいていどちらかがそのような現状を不満に思っています。

「会いたい」と言えば「用事がある」の一点張りだったり、どうしても予定が合わなければ我慢するしかありません。

気づけば「最近、全然会えてない」ということに。

多くの男性は、会えない理由を仕事と言います。

本当にそうなのでしょうか?

男性は2つのことを同時進行できないタイプがほとんどです。

なので仕事に全集中しているときに、彼女のことなどこれっぽっちも頭にないのです。

だからといって彼女を嫌いになったというわけではないのですが、ただ仕事と彼女のことはきっちりボーダーラインを引いておきたいのです。

倦怠期を迎えるカップルは、この傾向がさらに強く働きます。

仕事に集中したい時、彼女に連絡することすら億劫ですから、そんなつもりはなくてもつい忘れてしまう確率は飛躍的に高くなるはずです。

連絡を忘れられた方としては鼻白む思いだし、面白くありません。

「私なんてきっとその程度なのね」と落胆するばかりでしょう。

こうなるとますます倦怠期ムードが色濃くなるのです。

 

相手の嫌なところばかり目につくので、どんどん嫌いになりそう

相手の嫌なところばかりが目につくようになるのも、倦怠期の特徴です。

あれほど好きだったのになぜかどんどん嫌いになりそうなのですが、もっとも嫌になるのが彼との意見の食い違いでしょう。

あるいは「言ったことをやってくれない」というように、思い通りに彼が動いてくれないことも嫌になる原因です。

これは相手をコントロールできないイライラが「嫌い」という感情にすり替わったもの。

最初は取るに足らないほどのイライラでも、積み重なればストレスにもなります。

雪だるま式に嫌なところが増えていきますが、これは長い付き合いによくあるカップルによくあることです。

ひとつ嫌いな点が見えたら、次々と嫌なところばかりが見えてくるでしょう。

そうなると好き嫌い以前に「本当に嫌な人だな」と怒りすら湧いてくるのは明白です。

このように倦怠期に入ると相手の良い点が全く目に入らないばかりか、嫌なところばかりが目立つためどんどん嫌いになりそうと感じるのです。

 

倦怠期は避けられないの?倦怠期がくる理由や原因

パートナーと一緒にいることに慣れたせいか、マイナスな部分ばかりが目立つ

パートナーと一緒にいることに慣れてきたあたりが、倦怠期へのスタートです。

相手のマイナスな部分が目立つようになるので、さらに倦怠期を加速させます。

一緒にいても刺激的なものを感じません。

またワクワクするような楽しさもゼロに等しいでしょう。

これが「慣れ」です。

人は誰もがある状態に慣れてくるに従って、感覚が麻痺してきます。

付き合ってしばらくはパートナーと共に過ごすことだけでも大変な刺激だったわけですが、それも次第に薄れていきます。

一緒にいるのが当たり前になれば相手の存在は、あるのが当然でなければ困る、まるで空気のようでしょう。

むしろマイナスな部分ばかりが目立てば、一緒にいても不快なだけです。

このようにパートナーと一緒にいることに慣れてくると相手のマイナス面が目につくようになるため、さらに倦怠期を感じさせるのです。

 

正直相手に飽きてしまって、会ってもつまらない

正直なところ相手にすっかり飽きてしまった。

会っても別に面白くないし、逆につまらない

このように相手に新鮮味がなくなるのも、倦怠期が来た目安です。

「美女は3日で飽きる」とよく言われます。

さすがに3日は短すぎるとしても、彼がイケメンでも徐々に見慣れてくるのは確実です。

イケメンにドキドキするのは最初だけか、もしくはせいぜい数カ月~1年くらいでしょう。

ドキドキしなくなるのは、相手が素顔を見せるようになるからです。

どんなにイケメンでも、素顔は別人のような人も多いです。

意外にひょうきんだったり天然な性格も多いので、内面と見た目のギャップに驚くことでしょう。

そのギャップを楽しめるうちは良いのですが、次第にそれにも飽きてきます。

すると外見のクールさやカッコよさも特に感じなくなるため、普通の人に格下げになるのです。

「飽き」とはそういうものです。

相手にすっかり飽きてしまえば、すでに倦怠期にどっぷり浸かった状態なのです。

 

結婚や同棲など、将来の展望に大きなが違いが出てくる

結婚や同棲など将来の展望に大きな違いが出た時、倦怠期になりやすいです。

意見の相違は、お互いに倦怠期を感じざるを得ません。

倦怠期でないなら、自分なりの主張があっても相手に譲ることができます。

しかし、そうやすやすと自分の主張を相手に譲れないのが倦怠期なのです。

倦怠期直前、相手に譲ってばかりいるのは相手にとっても、また自分にとっても良くない、そんな観念が生まれます。

初めはなんとか譲ろうと頑張ってはみるものの、やがて訪れる倦怠期がそれを許してくれません。

長すぎた春とは倦怠期カップルのこと。

付き合いが長いカップルが2人の関係をステージアップさせようとするなら、結婚や同棲は外せないのです。

もしそれがダメなら別れるしかないでしょう。

つまり倦怠期とはカップルにとって一つの区切りであり、ターニングポイントでもあるのです。

ここでどうするかが決まれば、今後の2人の関係も決定します。

 

自分磨きを怠った結果、お互いに異性としてのときめきがまるでなくなった

倦怠期とは自分磨きを怠った結果とも言えます。

お互いに異性としてのときめきをまるで感じなければ、もはやズブズブな倦怠期なのは確実です。

自分磨きとは、いつまでも錆びることのないキラキラした自分をキープすることです。

何をすればいいのかは当事者次第で、どうすれば自分がキラキラしていられるかは、その人にしかわからないからです。

そんな自分磨きを怠れば、当然ながら外見も中身も錆びつきます。

異性としての魅力も感じないし、会う楽しみもなくなるでしょう。

最悪の場合「会ってどうするの?」と言いたくなることも出てきます。

機嫌よくいられないのは確実ですから、ささいなことでケンカになるのは目に見えます。

人は機嫌さえ良ければ、何もかもうまくいくのです。

しかし機嫌が悪い2人が会っても、お互いに足を引っ張ることになりかねません。

次第に会う回数が減るのは、彼と会うより1人でいた方が気分がいいからです。

これこそ倦怠期にありがちなカップルの形です。

 

仕事や勉強が忙しく、恋愛モードになれない

仕事や勉強に忙しく恋愛モードになれないと、倦怠期を招きやすいです。

彼がこういうタイプの場合、熱意の向けどころが彼女とは一線を画しています。

彼女は彼に一途なタイプでしょう。

そして彼の方は、彼女ではなく仕事一筋になるタイプがほとんどです。

つまり彼に一途な性格が彼を安心させ、仕事に打ち込もうとする原動力となるのです。

彼女としてはもっと自分をかまって欲しいところですが、一途な性格が逆に彼を仕事に追いやってしまうことに気付いていません。

このように彼が恋愛モードになれないのは、彼女自身の接し方に問題があるのです。

自分一筋なのは明らかなので、彼女を誰かに取られる心配がありません。

だから彼は、恋愛モードで彼女の気を引くことをしなくて済むのです。

このタイプの2人が付き合って間もなく倦怠期になるのは当然と言えます。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

 

倦怠期がきたときにやってはいけないことは?対処法を学ぼう

「もう冷めたんでしょ?」と相手を責め立てる

倦怠期がきたとき、やってはいけないのが「もう冷めたんでしょ?」と相手を責めることです。

「冷めてなんかいないよ」という彼の返事を期待しているのかもしれませんが、相手を責めるのは良くありません。

相手を責めてしまうのは、自分に自信がないからです。

だからと言ってすぐに自信をつけることは無理な話なので、ここは単純に自分の思い込みを外すようにしてみてください。

「倦怠期=冷めた」のではありません。

冷めたように見えるのは、自分の思い込みです。

また冷めたかどうかは、相手に聞くものではないことを理解しましょう。

倦怠期は、お互いにステップアップするためのいい機会なのです。

より良い関係を継続させるためには、避けられないシーンと考えてください。

そこをうまく乗り越えられたカップルだけが、次なるステージへと進めるのです。

 

倦怠期の責任を相手に押し付けて、自分は悪くないと言い張る

やってはいけないことは、倦怠期になった責任を相手に押し付けることです。

自分は悪くないと言い張ったところで、倦怠期はお互いの問題なのは明らかです。

責任を相手に押し付ければ倦怠期の悪いところだけが助長するだけだし、たとえどんな状況であっても責任転嫁は良くないです。

問題の責任はどちらか片方にあるわけではなく、少なからず双方にあります。

ところが「自分は悪くない」と思い込んだり、責任を相手に押し付ける人も意外に多いのが現実です。

相手に責任を押し付けるのは、完璧主義的傾向がとても強いタイプです。

何においても完璧を求めるので、強い固定観念に縛られています。

そして自分の観念から少しでもズレると、一方的に非難します。

倦怠期に差し掛かった時も、自分の理想と大きくかけ離れてしまうためとてつもない不安に襲われます。

「こんなはずじゃなかった」

「これじゃ恋愛関係とは言えない」

こんな風に一方的に決めつけてしまったり、挙げ句の果てに「こうなったのは全部彼のせい」と思い込むのです。

責任転嫁することで、何も良い結果は生み出せません。

それどころか倦怠期を長引かせるか、あるいは別れる方向へと進むだけでしょう。

 

倦怠期と向き合わない。どうにかなるだろうと放置する

倦怠期と向き合わない人は、倦怠期を迎えるやいなや葛藤の嵐でしょう。

そうなってでもとことん倦怠期に向き合えないと、どうにかなるだろうと放置します。

この「放置」が良くない結果を招きます。

事なかれ主義の人やイヤなことに目を瞑るタイプは、何事も放置しがちです。

しかしこと倦怠期に関しては、放置は絶対にNGです。

相手あっての恋愛関係ですから、自ら改善しようとする意思が大変に重要です。

また改善しようと考えるだけでなく、行動に移すことも大切です。

なぜなら行動によってのみ改善点が洗い出せる上、着地点へと向かえるからです。

頭で考えるだけでなく、行動に移してください。

何をどうすればいいのか考え、すぐに実行しましょう。

それが倦怠期に向き合うということです。

どうにかなるだろうと放置すれば永遠に倦怠期のままだし、いつまでたってもそこから抜け出せません。

 

倦怠期が不安だからと相手を束縛する

倦怠期が不安に感じる場合、相手を束縛することがないよう注意が必要です。

相手を束縛すれば、何もかもが裏目に出ます。

倦怠期が我慢ならないのに、ますます倦怠ムードが強まるでしょう。

また束縛された方は、より一層あなたに興味が持てなくなります。

男性たるもの、追われるより追う方が断然、性に合っているのを知っていますか?

束縛は、追う側がすることです。

彼を束縛することイコール追うことなので、いずれ彼は逃げてしまうかもしれません。

そうならないためには、束縛は原則NGです。

特に倦怠期のカップルにおける相手の束縛は「私から逃げて」と言っているようなものなのです。

 

会わないと不安だからと、なんとか会う機会を増やしたり連絡を密にする

一見効果的に見えますが、やってはいけないのが、倦怠期の不安を解消すべく相手と会う機会を増やしたり連絡を密にすることです。

マンネリをなんとかしようとする気持ちはわかります。

しかし倦怠期は自然の流れで起きるものです。

なので相手を会う機会を増やそうとするのは、流れに逆行していると言わざるを得ません。

あまりにも無理していたり、自分らしくない行動をとっていませんか?

いい機会なので、この点だけはぜひチェックしておいてください。

倦怠期だからと言って、相手との距離を近づけることだけがベストな方法ではないのです。

一度距離をおくべき期間と考えましょう。

相手と距離をおけば、どちらからともなく自然に「会いたい」と思うものです。

その機会をあえて作れば良い流れにつながりますが、距離をおかずに無理やり会おうとしたり連絡を取ろうとすれば相手はさらに離れていってしまいます。

この辺りのさじ加減はやってみなければなんとも言えないのですが、あなたの感覚を大事にしてください。

気分が良ければやって良いこと。

でも反対に気が進まなければ、やらない方がいいでしょう。

 

いつもと変わらぬマンネリデートで倦怠期を悪化させる

倦怠期がイヤなのにいつもと変わらぬマンネリデートを続ければ、倦怠期を悪化させる一方でしょう。

そうならないためにも、デートの際は工夫が必要です。

またデートの内容に妥協しないことも重要です。

今さらとか面倒だからと思っているなら、倦怠期まっしぐらです。

付き合いの長いカップルにとって倦怠期は避けられないものですが、これは相手との関係が付き合う年数によって変化するからです。

むしろ変化するのは当然と考えてください。

その変化の中で、自分はいつもどうありたいかをいつも考えることが大切です。

それが自分軸というもの。

一方で他人軸の人は、相手がどう思うかで自分の思考や行動を変えます。

常に相手ありきなのでつい相手の言いなりになってしまいますが、このようなカップルは倦怠期がやってくるのがとても早いです。

それぞれに本当の自分を出せないので、なぜかいつもマンネリムードになってしまうのです。

その点、自分軸を持つように心がければ、倦怠期が訪れても軽く乗り越えられます。

 

倦怠期がこないカップルもいる!マンネリ化しないカップルの特徴

距離感は一時的なものと理解し、相手を邪険に扱わない

倦怠期がこないカップルは、倦怠期を一時的なものと理解しあまり気にしません。

お互いにマンネリを感じたりギクシャクすることがあっても、それを倦怠期と解釈しないのです。

相手を邪険に扱うこともないので、関係性としてはいたって平和です。

つまり平和な関係こそが、倦怠期を避けることができる唯一の関係なのです。

もし仮に倦怠期が来てもそれを大げさにとらえないので、必然的にいつも平和でいられるのです。

マンネリも倦怠期も同じようにネガティブな波動を持つ言葉ですが、それらを極端に気にする人と全然気にしない人とでは雲泥の差があります。

気にする人は倦怠期の間中、とても平和な気分ではいられません。

「このまま倦怠期が終わらなかったらどうしよう?」と愚痴りたくなるのをなんとか抑えている、そんな状態でしょう。

一方で気にしない人は多少倦怠期が気になったとしても、すぐに平和な気分に戻れるのです。

 

交際前にお互いをよく理解し合い、勢いで物事を決めない

交際前にお互いをよく理解し会えているカップルは、倦怠期が来てもそれを重くとらえません。

何事においても勢いで決めないので、行動に移す時も冷静です。

そうやっていつも冷静でいられるのは、ひとえにお互いに相手に対する理解度が高いからです。

相手に対する不信感があったり、信頼度が低ければこうはいきません。

倦怠期らしい倦怠期もなくうまくいっているカップルは、人並み以上に相手をよく理解しています。

とは言え、交際前にとことんお互いを理解し合うのはなかなか難しいものです。

なぜなら恋という目隠しが、2人の間に分け入ってしまうからです。

そのため相手のいい面ばかりがスルスルと目に入ります。

しかし本気で相手を理解するなら、マイナス面も知っておくべきでしょう。

交際前にそれは難しい宿題だとしても、一見しただけでは見えてこない相手の不透明な部分を尋ねておくことくらいはできるはずです。

 

倦怠期を避けるには、お互いに一人の時間を充実させること

倦怠期がこないカップルは、お互いに1人の時間を充実させています。

そうする理由は倦怠期を避けるためだけではなく、ケンカを避けるためにも1人になる時間は大切と考えています。

1人の時間を作ることは、自分自身を大事にすることにもつながります。

実は自分を大事にできる人でないと、たいていの恋愛関係はうまくいきません。

パートナーへの思いやりも大切ですが、それ以上に大切なのが自分を大事にすること。

倦怠期が来ないカップルはそれを知っているので、なおさら自分の時間を作るよう心がけるのです。

お互いに1人になる時間を作れば、心に余裕が生まれます。

しかし倦怠期が来るケースの多くが、いつも2人一緒にいることにほとほと疲れてしまうからです。

疲れると自分にも相手にも優しくなれません。

しかし1人になれば、自分だけに優しくしてあげられます。

お互いにそうすることで、ごく自然に相手にも優しくなれるのです。

 

相手に対する感謝はごく当たり前のことだし、謝罪も適当にしない

倦怠期が来ないカップルは、相手に感謝することを忘れません。

また素直に「ごめんなさい」が言えます。

何と言ってもこの素直さがポイントで、これこそが倦怠期を寄せ付けない秘訣なのです。

また相手に対し「言わなくてもわかるだろう」と考えることもしませんが、確かに言わなくてもわかるのは超能力者だけです。

ところがほとんどのカップルが、言わなくても悟って欲しいと考えます。

このような素直さのない関係が続いてしまうと、より倦怠期を強化させてしまいます。

一方で素直に言える間柄なら倦怠期など現実味のない話だし、素直さに長けていれば相手に対する感謝や謝罪を抵抗なく伝えられます。

倦怠期と縁がないのは当然なのです。

 

日常的にさまざまな話し合いや意見交換をしている

日常的にさまざまな話し合いや意見交換をしているカップルは、倦怠期を招きません。

会話が多い2人は、それだけで刺激に満ちた関係なのです。

これはコミュニケーション勝ちといったところでしょう。

たとえ相手とぶつかろうが沈黙しようが、コミュニケーションをとったカップルに軍配は上がるのです。

反対に意見や議論を交わさないカップルは、妙な誤解が生じやすいです。

腹を割って話すことがないので、言いたいことも言えず心の中ではモヤモヤしっぱなしですから。

2人してそのような心境なら、ストレスも溜まる一方でしょう。

他に心から打ち解けて話せる人がいれば、彼女と話す必要もなくなります。

会話がなくなれば、さらにマンネリは加速します。

このようにして、倦怠期は永遠に2人の間に鎮座し続けることになるのです。

 

倦怠期が続いてつらい別れた方がいいか悩んだときにしてみること

なぜ倦怠期が訪れたのか、その理由を振り返って考えてみる

別れた方がいいか悩んだ時、なぜ倦怠期が訪れたのかその理由を振り返ってみてください。

今までの経緯を思い返せば、何かヒントが見つかるはずです。

彼はどうしたかったのか、そしてあなた自身はどうあるべきだったのか。

また彼との関係の中であなたは何を学べたのか。

どんな関係であれ出会って付き合ったのは、縁があったからこそです。

そしてそこには必ず学ぶべきことがあるのです。

つらいならさっさと別れましょうとは言いませんが、ここはジッとこらえるべきかもしれません。

また「別に大した問題ではない」と軽くとらえることも大切です。

重くとらえるのと軽くとらえるのとでは、相手が感じる波動にも大きな違いが出ます。

もちろん軽くとらえた方が良いのは決まってますが、ここであなたは気づくはずです。

彼との関係をあまりにも型にはめていたのだ、と。

「倦怠期だから」と決めつけることそのものが、型にはめた思考だったのです。

一方で「まぁこういうこともあるよね」と考えるのが、型にはめない自由な思考です。

このような考え方でいれば、倦怠期などどこ吹く風でしょう。

 

別れを決める前に、いったん相手と距離をおいてみる

別れを決める前にいったん相手との距離をおいてみてください。

この方法が意外に功を奏するのは、倦怠期とは言え双方にクールダウンした方がいい熱量があるからです。

倦怠期でモヤモヤする時、マイナスのエネルギーでいっぱいです。

本来であれば恋愛関係は、お互いにエネルギー交換をしあうことで成長できるものです。

ところが倦怠期ともなると、何かあるたびにマイナスのエネルギーが放出されやすいです。

なので倦怠期の2人が気分良くいられないのは当然なのです。

そうなればあとは距離をおくしかありません。

距離をおいて相手のエネルギーを取り入れないようにすれば、次第に心が軽くなっていくのを感じるはずです。

倦怠期のわずらわしさは、このようにして距離をおくことでたいていが解消できるものなのです。

 

冷静に自分がどうしたいのかを相手に伝える

別れを目の前にした時、一度冷静になって自分はどうしたいのかを相手に伝えてみてください。

大事なことなので繰り返しますが「冷静に」が重要です。

決して悲観的になったり、ネガティブな態度にならないよう気を付けましょう。

倦怠期だからと言って相手から嫌われているわけではないのです。

そのあたりを履き違えると問題がややこしくなってしまいますが、特に相手に対する誤解には要注意です。

いったん誤解が生じると、それを解くのはとても大変です。

誤解したままで別れる、なんていう最悪のケースを避けるためにも、自分はどうしたいかをきちんと相手に伝えてみることが大事です。

その際はくれぐれも明るいムード作りを心がけてください。

 

倦怠期に目を向けず、自分を向上させることに視点を変える

「別れたい」と思ったら一度試して欲しいのが、倦怠期に一切目を向けないことです。

いったん倦怠期のことは忘れ、自分を向上させることに視点を変えるのです。

倦怠期を手放せば、一気に自由になれたのを感じるはずです。

自由なあなたが本来のあなたで、今まで倦怠期で悩まされていたあなたは仮の姿だったのです。

もうここからはあなたが好きなことをしてもなんら問題ありません。

もし「もう別れよう」と決めていても、ここで相手との冷却期間をおけば割とすんなり問題解決できたりするものなのです。

無理に別れる必要もないし、無理に倦怠期の苦汁を飲む必要もありません。

あなたはただ彼とのことに意識を向けないで、自分を向上させることのみに視点を向ければ全てうまくいきます。

 

相手がいない未来を想像し、どう感じるかを確かめる

倦怠期の彼と別れる前に、相手がいない未来を想像してみてください。

目の前に広がる未来の現実に、あなたはどんな思いを抱くでしょうか?

寂しい、つらい、悲しい、そんなネガティブな感情だけが湧き上がってきたら、別れは思いとどまるべきです。

別れはあと少しだけ、猶予を与えましょう。

白黒はっきりさせたい性格ならつらいところですが、これもあなたの成長のために必要なことです。

未来は今ある自分が作り上げるものです。

今の自分が幸せでないと、未来の自分も幸せになれるはずがないのです。

未来の自分を幸せにしたいなら、今の自分がどうあるべきか考えてみてください。

現実を変えられるのは、他の誰でもなく自分だけです。

彼がいる未来を想像したとき心から幸せを感じるなら「現状維持でOK」と考えましょう。

ただし自分を楽しませる工夫だけは忘れないで。

あなたが笑顔でいることが、彼にとっての幸せでもあるのですから。

最後に倦怠期に関する記事をひとつ置いていきますね。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「倦怠期だからといって放置するのもしつこくせまるのもダメ!冷静になって」

 

占い師 姫乃

倦怠期だからといって放置はダメ。

でもしつこくせまるのもダメ。

どちらもあなたの感情によって左右されることよね。

とりあえず冷静になりましょ。

おすすめは彼との距離を見直すこと。

心地よく感じられる距離感がつかめれば、倦怠期なんてきっとどこかへ行っちゃうわ。

あなたがいつも幸せでいられることが何より大切です!

 

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事