あなたと彼が別れた状況は、どのようなものだったでしょうか?

別れを予感する日が続いた後の別れ話でしょうか。

それともある日突然、彼から「もう会えない」と告げられたのでしょうか。

今までの生活から一転、つらく苦しい現実は、まだあなたを苦しめているかもしれません。

ラブラブだった頃の2人に戻りたいけれど、もう無理なのでしょうか?

もし復縁できるのなら、それに越したことはないはずです

でも「復縁は叶うはずない」のなら、あなたはさらに元彼に未練をつのらせてしまうでしょう。

まずは未練を断ち切るだけでも、辛い思いから解放されるはずです。

今回は、元彼が忘れられない時の未練の断ち切り法と復縁方法をご紹介しましょう。

「元彼が忘れられない」「未練を断ち切りたい」でも「できれば復縁につなげたいとき」は、これを読めば分かります!

復縁メニューはこちら

元彼が忘れられない女性心理って?【振られた女性の気持ち】

心はとても傷ついているのにそれを感じないようフタをしてしまう

元彼に振られその後も元彼を忘れられない時、その心の中は深く傷ついています。

しかしその痛みを感じないように、あなたの潜在意識がフタをしてしまいます。

これは災いから自分を守る防衛本能がはたらくためです。

この時、あなたの潜在意識下ではこれを「災難」と同じカテゴリーで認識しています。

また、元彼を失ったことはトラウマとなっています。

あまりのショックで元彼に何を言われたのも、もう覚えていないかもしれません。

元彼との別れは、あなたの潜在意識の中で「つらい出来事」として深い傷が残ります。

人は誰もがみな、強烈な体験をするとその記憶にフタをし、思い出そうとしても思い出せない状況におちいります。

これがトラウマです。

別れた事実に向き合えないままを、そのつらい出来事と感情を全て忘却の彼方に葬り去ってしまいます。

別れにフタをしてしまった時、あなたは一時的には元気になるかもしれません。

しかし潜在意識の中は、傷だらけなのです。

何かが崩れ落ちていく感覚とともに大きな未練に襲われる

次にやってくる感情が「大きな音を立てて何かが崩れ落ちていく感覚」です。

その後、大きな未練に襲われるでしょう。

ただひたすらあなたの頭の中が真っ白になり、体の自由がきかなくなったりします。

また体調に変化が起きることも多く、発熱したり、病気になったりすることもあります。

これは台風のようなものです。

出来るだけリラックスし、心を平安にしていればすぐに過ぎ去ってくれるでしょう。

以前からすでに別れの予感がしていたら、何かが崩れ落ちる感覚は徐々にやってきます。

しかし突然の別れのとき、その感覚は一瞬にして起きます。

認めたくない現実に向き合わざるを得ない状況に、あなたはオロオロするばかりでしょう。

例えば彼があなたの知らない女性と腕を組んで歩いているのを見たとき。

または、あなたに秘密でその女性と旅行に行ったことがバレたとき。

あなたの知らないところで、すでに何かがスタートし、最愛の彼が知らない女性と行動を共にしているのです。

すぐさま、あなたと彼との間に「秘密や内緒」という名のすきま風が侵入してくるでしょう。

このとき「悲しい」という感情はまだやってきません。

何かが大きな音を立てて崩れ落ちていった後は、元彼への未練だけがガレキの中に残るでしょう。

「あ、もう終わったな」とあきらめても未練はさらに強くなる

頭の中が真っ白な状態がおさまると、次にあなたの頭は「これで終わったな」と感じるでしょう。

こういう時、どんなにあきらめようとしても、元彼に対する未練はさらに強くなります。

このような状態は、もうすぐ台風が過ぎ去りそうなときです。

あなたは「いつかはこうなるんじゃないか」と予測していたことを思い出すでしょう。

考えただけでも恐ろしいことが、今現実となってあなたを襲ってきます。

予測していた悪いことが現実になる目も当てられない状況は、さらにあなたを窮地に立たせます。

この時点で「なんだかわけがわからない」混沌とした心情から、ようやく事の成り行きが理解できるようになります。

今まで何かと頼りにしてきた彼はもういません。

しかし、台風が過ぎ去るまでの辛抱からは、あと少しで解放できるでしょう。

「別れた原因はなぜ?」「どうして別れなければならないの?」「なぜ?」「どうして?」ばかりが思い浮かぶ

元彼に振られた後、グルグルと同じ質問であなたの頭の中は埋め尽くされるでしょう。

「なぜ別れなければならない?」

「私はもう不要の存在なの?」

「何かの間違いではないの?」

このように、誰にも聞けない、でも誰かに聞かずにはいられない「別れの原因」を考え始めるでしょう。

問い正したい相手は「元彼」です。

しかしこういう時のあなたは、無力感でいっぱいです。

なぜなら「別れ」という現実から起きるダメージが、大きすぎるためです。

このように「なぜ」やどうしてという疑問ばかりが浮かぶのは、どうにもならない元彼への未練が原因です。

プライドがズタズタになり最悪の自己否定感に襲われる

元彼との別れが最悪な状態になってしまうのが、自己否定感に襲われる時です。

こんな時こそあなたのネガティブな発想を変えるいいチャンスです。

しかし彼の浮気による別れの場合、あなたのプライドはズタズタでしょう。

新しい彼女との天秤にかけられた結果、あなたは戦力外通告を受けたようなものです。

またケンカ別れした場合「自分にできることはなかったのか」「元彼に嫌われてしまったのは自分が悪いから」といつまでも自分を責めてしまうでしょう。

真面目な人ほど、こう考える傾向があります。

自己否定感は、もともと持っていた性格の現れです。

別れのようにショッキングが出来事が起こると、この性格があらわになってしまうのです。

また自己否定感が強いと事あるごとに「どうせ私なんか」のような言葉が出るのが癖です。

マイナスな出来事とリンクしたこの癖は、彼と別れたときの心の痛手をさらに深刻なものにしてしまうでしょう。

こういう時こそ、考えすぎないようにするのが最も大切なことです。

あなたの気分を支えてくれるようなことを日頃から見つけておけば、困らずに済むでしょう。

何も考えていないのに不意に涙が出て困ることがある

元彼と別れたあと、もう落ち着いているはずなのに不意に涙が出て困ることがあります。

「不意の涙」は、傷ついた心がまだ修復されていないという証拠です。

こんな時の涙は流れるままに任せます。

一刻も早く失恋の痛手から立ち直りたいときは、この方法がベストです。

「別れと涙」は切ってもきれない間柄です。

新しい関係が生まれる「出会い」は「別れ」とは対極で、ネガティブなものとしてとらえがちです。

特に大好きな人とのさよならは寂しさと悲しさが入りまじり、思わず泣いてしまいますよね。

もちろん悲しすぎて涙も出ない時もあれば、電車の中で外の景色を眺めているとき突然涙が出てくることもあるでしょう。

これは自分で感情をコントロールできないほど心の奥まで傷ついているということです。

こんな時、泣きたい気分を我慢してはいけません。

「もう涙は出ない」というところまで泣きつくせば、もう涙が出ることはなくなるはずです。

食欲がまったくないし何も食べたくないときは心のデトックスを始めたサイン

つらい別れを通過し未練に苦しんでいると「何を食べても味がしない」「美味しくない」という感覚になることがあります。

これは心がデトックスを始めたサインです。

体内に何もインプットしたくなくなっているため、「食べること」に興味がなくなったためです。

食欲がないのに無理に食べるのはやめましょう。

水分さえ摂るのをわすれなければ、いずれお腹が空くのを感じるはずです。

おそらく大好物のはずの食べ物でも、口に入れるとまるで「砂を噛むよう」な感覚でしょう。

こうなると、食べる楽しみが「苦しみ」に変わっているのを実感します。

胸の奥が詰まって飲み込む力も無く、なすすべもありません。

「何か食べた方がいいよ」と周囲の人が心配することにも苦痛を感じるものです。

こういう時は、栄養のある暖かいスープやココアなどで心を癒しましょう。

心にぽっかり空いた穴に吹き込む風を感じいたたまれない気分

彼と別れた後、いたたまれないような切ない気分でいると「心にぽっかりと穴が空いた」ように感じます。

心の穴にピューピュー吹き込む風に、元彼がいない寂しさもつのるでしょう。

こんな時は好きな音楽を聴くのがおすすめです。

音楽には心を癒すパワーがあります。

また心身ともに疲れたあなたをリラックスさせてくれるでしょう。

元彼との思い出にひたっていると、楽しかったことしか心に残っていないことに気づきます。

その時は、まさか別れの日が来るとは予想もしなかったでしょう。

ずっと仲良くやっていけることしか考えなかったことも後悔の念を強くします。

どこまで続くかわからに心の闇にあなたは圧倒されそうかもしれません。

こんな時こそ「リラックス」を心がけてください。

「何もする気が起きない」これってウツ状態?

振られたショックで、何もする気が起きなくなるのはよくあることです。

これは、自分がいかに彼への依存度が高かったかを思い知らされます。

こういう時は何も考えないことが大切です。

「これってウツなのかな」と思うこともあるでしょう。

自分を奮い立たせようとしても何をする気にもなれないので、生活の一部始終に影響が出ます。

夜は頭が冴えてしまって寝付けなくなるでしょう。

そのため、反動で朝、起きられなくなってしまいます。

爽やかな目覚めとはうらはらに、いつまでもベッドから抜け出せなくなるでしょう。

とりあえずベッドから立ち上がっても「今日一日何を楽しみに生きればいいのだろう」と頭を悩ませます。

暗い気分を抱えたまま、しばらく動けません。

こういう時、何も考えずにとにかく「行動に移すこと」が、動けるようになる秘訣です。

これは行動心理学によるもので、頭で考えているうちは行動に移せないのです。

とりあえず手近にできそうなことを見つけ動き出しましょう。

そうしているうちにどんどん動けるようになります。

何をやってもうわの空で、解決しないことばかり考える

元彼が忘れられない時、何をやってもうわの空状態でしょう。

彼とのことをあれこれ考えているとき、あなたの心はそこにはありません。

あなたのからだはそこにあっても、あなたの頭の中は考えても解決しないようなことばかりで埋め尽くされている状態です。

こんな時、最も大切なことは「解決しないことはもう考えない」と固く心に決めることです。

信号が赤でもそれに気づかず、車にクラクションを鳴らされることもあるでしょう。

気がついたらお金を払わずにお店を出てしまった、なんていうこともあるかもしれません。

忘れ物に気をつけていてもたびたび同じような忘れ物をするでしょう。

さっきまで覚えていたことも、次の瞬間にすっかり吹っ飛んでしまうことが二度三度ではないはずです。

心が何者かに乗っ取られたような状態に自分でも唖然とするでしょう。

茫然自失とはまさにこのような状態です。

一刻も早く正常な状態になるように心がけてください。

「未練」という厄介な代物に乗っ取られたあなた心を取り戻すのは、あなた自身の役目です。

ふと周りを見渡すと自分以外の誰もが幸せそうに見える

元彼への未練が吹っ切れないでいると、周りの誰もが幸せそうに見えてしまいます。

しかしこんな時、自分と他人を比べるのはあまり意味がありません。

あなたの友人の中には彼氏がいる人も多いでしょう。

また外へ出かけた時、いつもよりカップルの様子が目につくものです。

誰もが幸せそうに見え、あなたは焦りや不安がこみ上げてくるのを感じるでしょう。

「なぜ私だけ?」と自分を憐れみ、不覚にも吐き気さえ起きるかもしれません。

あなたは反射的に「私もいつかはあんな風に幸せになりたい!」と願うはずです。

しかしあなたは他人と自分を秤にかけ比べることが、どれだけ無駄なことが気づいていません。

仲が良さそうに見えるカップルでも、裏では壮絶な喧嘩をしているかもしれません。

またどちらかが「もう別れよう」と決めているかもしれないのです。

表面的な良さだけで、判断するのはあまりいいとは言えません。

またあなたがどんなに「幸せになりたい」と念じても、別れのつらさの真っ只中にいるのなら幸せになるにはまだ時間がかかりそうです。

休日は1日中誰にも会いたくないから引きこもる

彼と別れてからというもの、あなたは休日が近くなるたびで恐ろしくなってしまうかもしれません。

誰にも会いたくないからと、日がな1日引きこもってしまうでしょう。

この引きこもりは、別れた後の通過儀礼のようなものです。

引きこもったことに罪悪感を抱かずに、安心して家でのんびり過ごしてください。

休日前から予定を立て、いつも彼とデートするのがお決まりだったあなた。

連休前ならなおさらワクワクだったでしょう。

ところがいざ別れてみると、やはり彼とのデートは自分の中でとても重要なことだったと気づきます。

完全に別れてしまった今は、長いお休みをどうしようか?と考えるのも億劫です。

「いっそのこと休日なんて無くなればいいのに」とさえ思うでしょう。

「とりあえず家族と過ごすしかないかな」と決めますが、それも「仕方なく」といった感じです。

あとは片っ端から友達にlineしまくって予定を立てるかもしれません。

しかし彼と別れてまだ日がたっていないときは、そんな気も起きません。

大切な用事でもない限り、無気力なからだを引きずって外に出ても何も意味がないからです。

あとはやはり家に引きもるしかないでしょう。

一時的な引きこもりで心身の安らぎを得られるなら、全く問題ありません。

家でまったりしているうちに、パワーも湧いてくるはずです。

別れる前も別れた後も元彼の気持ちがまったく理解できない

別れた後、元彼をなかなか忘れられない時、「元彼の気持ちがまったく理解できない」という疑問が湧くことがあります。

こういう時「理解できないこともあるんだ」と考え、その状況をいったん受け入れましょう。

理解できないからと相手を変えるようなことをしたら、さらに復縁は難しくなってしまいます。

元彼の気持ちが理解できない原因は「男女間で考えることは同じである」という間違った意識があるためです。

男性と女性ではその考え方に大きなギャップがあります。

このギャップが相手に対する誤解を生んでしまうのです。

元彼に嫌われたくないからと、元彼からどんなことを言われようとどんな態度を取られようと、あなたはなんとか彼を理解しようと務めてきたかもしれません。

でも今回ばかりは、あなたの理解をはるかに超えてしまいました。

そもそもお互いの気持ちを寄り添わせない限り、恋愛関係を続けるのには無理があります。

いくら好きだからといっても何かと意見が食い違うのであれば、相手に対する苦痛は増えるばかりでしょう。

「好きには代わりないのなら付き合ったっていいじゃない」とあなたは思うでしょう。

あなたが理解できない元彼の部分にこだわる限り、恋愛関係存続に何のメリットもなくなるのです。

これについて彼ととことん話し合っても、平行線のまま終わってしまうでしょう。

自分から振ったのに元彼が忘れられない女性心理って?【振った女性の気持ち】

今彼より元彼の方が良かったと気づいたとき

自分から振ったのに元彼が忘れられない時の多くは、元彼の方が良かったと気づいた時です。

これは実際に別れてみないとわからなかったことですから、元彼を振ったことを後悔しないようにしましょう。

例えば、元彼と今彼と一時的に両天秤にかけた時、今彼を選んだとします。

おそらくその両天秤は、今彼に大きく傾くことはなかったはずです。

もし今彼のハイスペックさに惹かれたとしたら、なおさらその内面には「こういうところはちょっとイヤだな」というマイナスな一面があるものです。

そういう点から見ると、元彼の方は長い付き合いの分あなたをより深く理解している場合もあります。

今彼と付き合い始めた時、それまで隠れていた内側の部分が表れてくると途端に「もう無理」と思うことは、大いにあるのです。

イヤな面ばかり気になって馴染めないと、瞬時にして「元彼の方が良かった」と思い込むようになるのは当然と言えるでしょう。

それはまるで「あなたというプラスの磁石」が「今彼という同じプラスの磁石」に反発し、同時に「元彼というマイナスの磁石」を見つけて引き寄せあうようなものです。

これは、あなたから振ったことで逆に元彼の良さがわかったということです。

元彼が忘れられないのは当然のことと言えるでしょう。

元彼もいいところがたくさんあった

元彼を振ってしまったあと、元彼のことを考える時間が増えてしまうのは「元彼もいいところがたくさんあった」と感じる時です。

これはあなたの中で「元彼が人としての信頼度が高い」ということです。

あなたが彼を振ったのはどんなシチュエーションだったのでしょうか。

もし些細なケンカからの別れだったら、怒りがおさまればすぐにでも元彼と復縁したくなるのは何ら不思議ではありません。

会えばケンカばかりという2人でも、ケンカしていないときの相手は「とてもいい人」だったりしますよね。

また、あなたの浮気が原因で元彼とサヨナラした場合、自分の身勝手さを痛感したりたびたび元彼を思い出すこともあるでしょう。

こういう時の元彼は意外にも「自分は元カノを幸せにしてやれなかった」という後悔でいっぱいなのです。

これは、元彼なりに傷ついている現実があるということです。

恋愛関係をうまく維持させていくには、コツがあります。

それは、さまざまな問題からケンカを繰り返してでも「お互いにとがった部分を削り形を整え人間的に成長していける」ということを理解していくことです。

そういった意味では、ケンカもそれほど悪くないといえるでしょう。

楽しかったデートの場所を訪れたとき

元彼を振ってしまったあとどんなに吹っ切れていても、つい思い出してしまうのが「デートの場所を訪れたとき」です。

これは、もし今彼とうまくいっていても、元彼との思い出はあなたの心の片隅に残っているためです。

元彼と行ったことのある場所に再び今彼と訪れたとき、一瞬にして懐かしい思い出が走馬灯のように蘇ってきます。

それは2人で食べたもの、2人で遊んだことなど、2人で体験したことのすべてです。

これらはすべて、今のあなたを構成する細胞の一部にもなっているのです。

そのため、忘れたくても忘れることはできないのです。

楽しければ楽しい出来事ほど心に色濃く刻まれています。

つい「昔は良かった」という言葉が出てしまうでしょう。

つまらないケンカやいざこざなどの過去も、そのほとんどが記憶の片隅に残っているだけです。

楽しかった思い出にひたっているうちに「元彼を振っちゃってかわいそうなことをしたな」と感じることでしょう。

我が身の不甲斐なさに「申し訳ないな」と思えるようになったのは、あなたが少し大人になれた証拠です。

不思議なことに何かにつけ元彼を思い出してしまうのは未練から?

元彼を振ってしまったのに、なぜか元彼を思い出すことが多いのは何だか不思議です。

あなたは元彼に未練を持っているつもりは全くないのに「これって未練なの?」と自問自答してしまうでしょう。

これは元彼の存在が、それほどまでにあなたに影響を与えてきたということです。

彼との思い出の数は、付き合いの長さと比例します。

今のあなたの経験値の源(みなもと)は、元彼との付き合いが始まってから養えたものがほとんどです。

さまざまな経験があなたを大人へと成長させました。

しかし別れた後でも何かにつけ元彼を思い出すのには、理由があります。

経験値に刷り込まれた潜在意識が「もっと、もっと」と刺激を求めるためです。

もしかすると、それは今彼では足りていないのかもしれません。

このように、あなたが元彼に未練を抱いていないのにたびたび思い出すのは、潜在意識が働きかけているためです。

結婚後にもし元彼と結婚していたらと、たびたび考えてしまう

もしあなたが今、結婚していたら、たびたび「もし元彼と結婚していたら」と考えることがあるはずです。

「元彼と結婚していたらもっと違う生活だったんだろうな」と考えると元彼を振ったことに少し後悔するでしょう。

子供がいる、いないにかかわらず、何もかもが初めての結婚生活です。

「みんなこんなもんなのかな」という思いも湧いてくるでしょう。

想像とだいぶ違っていたところもあるはずです。

何事も初心者のため、戸惑うことも多かったかもしれません。

旦那さんとなった彼の、意外な一面を見ることも多いのではないでしょうか。

「なんだか頼りにならないなぁ」と感じるのは、結婚したあとからかもしれません。

元彼のことをふと思い出すのはそんなときです。

「元彼だったらきっとこんな風にしてくれただろう」

「きっともっと楽しかっただろうな」

「本当に気があったのは元彼だったのかも」

このように今の旦那に物足りなさを感じても、後悔先に立たずです。

ちょっとだけ落ち込んでため息をついてしまうかもしれません。

しかし、そんな風に過去を思い出す心の余裕があるのは、とても良いことです。

今のあなたが「十分に幸せ」ということに間違いないでしょう。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

振った元彼を忘れられない時の意外な理由

モヤモヤした想いが残っているなら、それは潜在意識の影響

元彼を振った後完全に吹っ切れているはずなのに、なぜかモヤモヤした想いが残っているなら、それは「潜在意識の影響」です。

自分が振ったのにそこに葛藤があるなら、潜在意識が「元彼と別れてはいけなかった」と告げているのです。

潜在意識が伝えたいのは「困難を乗り越えた時、あなたにもっと素晴らしい人生が待っている」ということです。

人との出会いはそこに何かしらの学びや教訓が潜んでいます。

元彼と何度もケンカしていたなら、それは「あなたらしさのない状態」が続いていたことになります。

ケンカの原因は実はそれほど重要ではありません。

重要なのは、どんな状態であれ「あなたが成長する機会」と考えることです。

それにはケンカを選ばずにも済んだはずだし、別れなくても済んだはずです。

元彼を振ったのは、元彼との付き合いに困難を感じたからでしょう。

ここで我慢せずに「別れ」を選んだのは、今のあなたにとって最良の選択肢だったかもしれません。

その選択肢を肯定的にとらえることができるなら、すべてはうまくいっているのです。

しかしモヤモヤした想いが残っているのなら、あなたの潜在意識が「成長する機会を逃してしまった」と伝えているのです。

怒りや悲しみの感情に任せ突発的に振ってしまった時、後で猛烈に後悔したなら、それは潜在意識の影響なのです。

今彼ともう別れて元彼と復縁したいけど本人がどう思うか不安

振った元彼を忘れられないのは「やっぱり元彼と復縁したいから」と考える人が断然多い傾向にあります。

しかし自分の身勝手さを自覚しながらもやはり「復縁したい」と思った時、不安になるのが「本人がどう思うか」です。

「自分には元彼しかいない」

もしあなたがこのようにはっきり言えるなら「行動に起こそう」という意思が大切です。

もしあなたの浮気から元彼を振ったとします。

今彼と付き合ってみたものの想像していた人と違った時、かなり面食らったかもしれません。

「考えていたよりも冷たい人だった」

「付き合い始めたら相手にされなくなった」

「音信不通になっちゃった」

などということは恋愛関係が始まった頃はよくあることです。

そんな時、あなたが思い出すのが元彼のことです。

「やっぱり別れなければ良かった」

こんな風に思って後悔するでしょう。

しかし後悔先に立たず。

別れてみなければ、本当の自分の気持ちがわからなかったはずです。

こういう時の出てくる不安は、元彼の感情が見えないことからあらゆる妄想を掻き立ててしまいます。

「嫌われたに違いない」

「もう今カノがいるかも」

「連絡してもスルーが怖い」

このような不安に取り囲まれたら、あなたはもう身動きできなくなります。

復縁したくても不安に思っているだけでは、永遠にそのままです。

「自分から振ったのに復縁なんて!」という罪悪感は捨てましょう。

不安な妄想は「元彼と復縁する」という強い想いに変換していくことが大切です。

周囲の強い反対に圧倒されやむなく別れたから

元彼との付き合いに対して周囲の強い反対があってやむなく別れた時、元彼のことをなかなか忘れられないでしょう。

もし復縁したとしてもこの先うまくやっていけるのか、あなたは一抹の不安を感じるはずです。

しかし反対されても「自分らしさ」を維持すれば、復縁は可能です。

私たちは誰でも人それぞれに「相性」というものがあります。

自分たちは仲がいいし、相性は悪くないと思っていても、周囲の人たちがそう思っているとは限りません。

元彼がちょっとした問題児に見えたり、最初の印象が悪いと後々まで好感度が上がることはまず無いのです。

特にあなたを大切に思っている家族にとって、ここは重要ポイントです。

付き合う男性がある程度の条件を満たしていないと、反対する要因となってしまいます。

「付き合うのは自分なのになぜここまで反対するの?」

あなたは不思議に思うかもしれません。

こういう時、周囲の人が感じている不安が、あなたには見えていません。

元彼のために苦労することが目に見えていると、反対せざるを得ないのです。

復縁には多少手間がかかるかもしれません。

しかし「周りがどう思うか」に惑わされていると、自分らしさを見失ってしまいます。

周りがどう思うかではなく「自分はこう思う」と言えるようになれば、もう反対されることはなくなるでしょう。

元彼が忘れられない時の経過年数ごとの女性の気持ちの変化

半年後・「忘れなきゃ」と必死になる

別れて半年先までは「忘れないゃ」と自分を立て直すのに必死でしょう。

彼との別れは「予想していたことが本当になってしまった」という場合と、「あまりにも突然の別れ」という場合があります。

いずれにせよ「明日からの生活が今までとはまったく違うものになる」という変化の荒波におびえるでしょう。

彼への依存度が高い場合は特に、自分がこれからどんなことになるか想像がつかないため怖くて仕方ありません。

「とにかく忘れなきゃ」という思いで、毎日をやり過ごすしかありません。

1年後・ようやく心が晴れてくる

一年後、季節が一周した頃にようやく心が晴れてくるひと時が増えてきます。

あれほど自分を苦しめていた元彼との別れも、なんとか思い出さずに済むようになります。

自分が彼を振って別れた場合は、もう元彼のことをみじんも思い出すことはないかもしれません。

もうすっかり前を向いて歩いているあなたは以前と違い、かなり強い存在です。

元彼にとってはもう手の届かない存在でしょう。

2年後・別れたトラウマが消えてくる

別れてから2年たったあなたは、別れたトラウマが消えてくる頃です。

もう以前のあなたとは違います。

もしかするともう新しい彼氏ができているかもしれません。

別れた元彼のことを忘れようと必死になっていたのが、まるでウソのようです。

一時は精神的にかなり病んでいたこともあったでしょう。

大きな壁を乗り越えた安堵感に包まれ、平和な日々を過ごしていることでしょう。

3年後・いつの間にかすっかり忘れている、が…。

3年後は、もうすっかり忘れているでしょう。

元彼を思い出すことも滅多にありません。

でもそれは今の生活が順調なときだけです。

今彼とうまくいっていないとき、思い出すのは元彼のことです。

人間関係の中でお互いに一歩踏み込んだ恋愛関係はさまざまなあつれきを生みます。

また予想できないような障壁も多く出てきます。

共に生活をする「結婚」にいたると馴れ合いも出てくるため、相手への踏み込み度も猛烈な勢いを増すでしょう。

経済的な面、健康面、仕事面、家族ことなど「生活を共にする」ということは楽しいことばかりではありません。

つらいことや我慢を強いられることの方が多いかもしれません。

つらさや我慢を慢性的に感じているとき、きっとあなたはどこかへ逃げたくなるでしょう。

そんなとき「元彼はどうしているかな」などと過去の出来事を思い出し、現実逃避を図ります。

5年後以降・「なんとなく顔が見たいな」と思うようになる

5年目以降は「何となく顔が見たいな」と思うことがたびたび出てきます。

例えば、元彼とよく聞いた曲が偶然かかっていたとき、そのリズムとともに元彼との思い出が鮮烈によみがえります。

そうかと思えば、早春にふと漂ってくるキンモクセイの清々しい香りに、懐かしい思い出が蘇ります。

元彼と初めてデートした時と、いい香りがリンクした経験もあるでしょう。
 
音や香りは、あなたの記憶を細胞の奥底から引き出し、ほろ苦い気分にさせてくれます。

思い出が楽しければ楽しいほど、その記憶にどっぷり浸かっていたいと思うもの。

「元彼と付き合って良かった」そんな風に思えるのも5年以上たってからです。

「復縁?まさか…。でも会ってみたい」

「会ってもどうにもならないかもしれないけれど、ただ元彼の顔が見たいだけ」

そんな風に思えるのも、別れてから少なくとも5年以上の年月がたってからです。

 

元彼が忘れられず辛い…未練を断ち切るべき?それとも復縁を目指すべきかの判断基準

「別れたばかり」が一番地獄

彼からの一方的な別れ話を受けた時が一番地獄と言えるでしょう。

「心の中に嵐が吹き荒れる」といった心情です。

「なすすべなし」とはこのことで、何をしようとも得ることは何もなく、失うものの大きさにただ呆然としてしまうでしょう。

別れたすぐ後は、ハリケーンと台風が一度に来たようなものです。

一般的に女性の方が「別れたあとの切り替えが早い」と言われています。

かといえ、受けるダメージはひどいもので、心身共にかなり奥深くまで達します。

そのダメージから立ち直るのに、一体どれくらい時間がかかるのかもわからないでしょう。

未練があるかないかはどう判断する?

元彼に未練がある時、まずは「眠るのが難しくなる」ことが、その判断基準です。

元彼のことを考えて夜も眠れないとき、それは未練からくるものです。

また後悔、嫉妬、自分への哀れみ、などネガティブな思考ばかりに襲われている時です。

もし元彼が浮気をしていたのがわかったとき、あなたの方から三行半を突きつけたのであれば、さらに苦しい思いに縛られることでしょう。

「浮気相手とは本気なのか?」

「私にバレたのだから向こうが別れるべきではないのか?」

「私と別れるなんてウソでしょ、私とは元サヤになってくれるの?

このようにすさまじい葛藤が起きます。

解決に向けた行動に出たくても出られないジレンマに悩むでしょう。

夜が白々と明けるという時間にもかかわらず眠りにつけないとき、それは100%元彼への未練からくるものです。

またスマホを開けたとき、真っ先に元彼からのlineが来ていないかを確かめる行動も、元彼への未練たっぷりといえるでしょう。

復縁するためのこれだけは必須!「3つの条件」とは

もしあなたが本気で復縁を望むのなら、3つの条件をクリアしなければなりません。

その1は「きちんと冷却期間をおいたかどうか」です。

その期間は、別れてから数ヶ月ではなく一年以上間を空けることも条件です。

つらい別れの後はなるべく早く元サヤに戻りたいとか、なんとか復縁したいと切望するものです。

しかしそのような精神状態で復縁したとしても、理想的なパートナーシップとはかけ離れたものになってしまいます。

長い目で見たら、せっかくの彼との縁も台無しにです。

それとは反対にきちんと冷却期間をおけば、相手と顔を合わせないことで「距離」が生まれます。

距離が生まれると、人に影響されることがなくなります。

結果的に、自分の足元がグラつくのがおさまり安定します。

足元がしっかりすると我が身を振り返る余裕が生まれ、さらには相手の良さが見えてきます。

このように冷却期間をおくことは、想像以上に良い結果となって現れます。

その2は「執着がなくなったか」ということです。

別れに納得がいかないものだった場合、執着なしではいられないものです。

執着と未練は似ていますが少し違います。

未練は「ほぼあきらめの境地」なのに対し、執着は「しつこく粘る性質」です。

彼の行動を監視したり、毎日のようにlineしたりするなどの行動は、一刻も早く彼を手元に戻したいという執着の表れです。

「しつこさ」を好む男性はいません。

どんな人でも追えば逃げていくでしょう。

執着からくる行動を慎めば、いずれ復縁への道が開けてくるはずです。

その3は「彼のことで思い悩むことがなくなったと自覚しているか」ということ。

これは別れた直後だと、たいていクリアできません。

彼との別れは重大事件です。

来る日も来る日も悩み、涙し、眠れない日々が続くかもしれません。

しかし、そんな日々も時間が解決してくれます。

やがて薄皮が一枚一枚はがれていくように元彼に対する思いが徐々に薄くなっていけば、悩んでいた自分とサヨナラできるのもあと少し。

復縁はそう難しい問題ではなくなるでしょう。

以上の3つの条件は、復縁には必要なものです。

ぜひ覚えておいてください。

なぜ未練を断ち切らなければならないのか?その理由とは

彼への未練を抱えている状態は、自分では自覚しにくいものです。

未練がある状態の目安は、思いどおりにならないことばかりでつらくて仕方がない状態です。

つまり決して幸せな状況ではありません。

こんな時こそ未練を断ち切る時です。

「大好きだから未練があって当たり前」と思っているうちは、未練と仲良しでしょう。

未練を抱えたままだと、同じところをぐるぐる歩きまわるだけで一向にそこから抜け出すことができません。

あるとき「もうこんなのイヤ!」と、怒りのようなものが湧き上がった時が、未練から抜け出せる時です。

未練は断ち切れた時、初めて心からの安堵を感じることでしょう。

復縁を目指した方がいい場合とは

復縁を目指した方が自分のためになる、と冷静に考えることができたら、本気で復縁を考えるレベルです。

彼が本当にいい人で、いつでも悪意なく、誰にでも優しく、利発であるなら復縁へ王手をかけましょう。

もし欠点があっても目をつぶれるくらいなら、まったく問題ありません。

逆にいつも彼に振り回されたり、心無い言葉をかけられたりなど、楽しいことよりつらいことの方が多いのであればちょっと問題です。

たとえ復縁しても、また同じことで悩んでしまいます。

これが「腐れ縁」といわれるもので、どんなに長く一緒にいてもお互い成長することはないでしょう。

心に迷いがあったらどうする?

未練に悩んでいたり、復縁するべきかどうか迷いがあるのなら、まだその時期ではありません。

なぜなら、指をパチンと鳴らすように「その時」が来たら自然に行動に移せるからです。

少なくとも「迷いがあったらまだだ」ということを理解することが大切です。

考えたくないことを考えないようにしようとすればするほど、さらにその考えをパワーアップさせてしまいます。

「今日は復縁したい」

「明日は復縁したくない」

このように毎日の望みが変わってしまうときも願望が明確でないため、復縁が叶うことはないでしょう。

下記の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

 


 

 

やっぱり忘れよう…元彼への未練を断ち切る方法

「やっぱり忘れよう」と強く決心する

未練を断ち切るには、自分で強く決心することが必要です。

抱えきれないほどの未練を持ち続けていると、いつかはそんな自分に破綻するときがきます。

それはある日、ポロリと目からウロコが落ちる感覚でやってきます。

きっかけは「もうこんなのやめたい」とつぶやくことから始まるでしょう。

それまでは別れた悲しみやいらだちを泣いたり、時にはわめいたり、友人に話してウサを晴らすなどして乗り越えてきたかもしれません。

そういった感情のアップダウンが、未練からくるものだと気づく余裕がなかったのです。

しかし「こうやっていても何も得るものが無い」と悟る時は必ずやってきます。

「やっぱり未練を断ち切ろう」と、自ら決心するしか選択肢がないことの気づきます。

一度決心してしまえば、すぐに平和な心へと移行できるはずです。

あとあとまで未練を抱えたままでいるより「きっちり別れる」とコミットメントする方が、自分にとって一番楽なのです。

このようにつらい経験のあとだからこそ、より深い理解を得られるでしょう。

自分を癒す旅に出る

心がボロボロになるほど、精神的に参ってしまった「別れ」を経験し気持ちがある程度落ち着いたら、今度や自分を癒す旅に出ましょう。

場所は自分が一番好きなところを選びましょう。

ただし、元彼との思い出の地は避けたほうが無難です。

できれば大自然を堪能できる場所がおすすめです。

私たち人間は元々自然の中で育つことが理想とされています。

山の木々や、花たち、海の生き物たちは何も語ることはありません。

しかし忘れていた「何か」を思い出させてくれるでしょう。

良いことも悪く思えることも、すべては「経験」があなたを成長させてくれることに気づくはずです。

心から自分を愛する

元彼の未練を断ち切るためには、自分を心から愛することも重要です。

自分を愛するということは、今まで元彼に向けていた愛情を自分に向けるということです。

情熱を持って彼氏に発信していた愛を、今度は自分が受け取る番です。

もしかするとあなたの愛は見返りを求めていた愛だったかもしれません。

「優しくしてあげたから愛してもらえるのは当たり前」とか「こんなにしてあげてるのにどうして愛してくれないの?」のような。

「愛するから愛して」のような条件付きの愛は本物の愛ではありません。

愛はいつでも無条件でなければ長続きはしません。

未練を持ち続け苦しんだことは、条件付きで彼を愛した結果ともいえます。

これからは自分を愛し、慈しむことに専念しましょう。

自分の可能性をもっと広げる

元彼の未練を断ち切るには、自分の可能性に着目することも大切です。

人は誰もが、それぞれの頭で考えているよりももっと大きな可能性を秘めています。

私たちは自分の経験値で物事を図ることをよくしてしまいます。

彼との別れも同様で、別れたら終わりとか、別れたら復縁しかない、などと決めつけてしまうことが往々にしてあります。

あらゆる物事の真理は、目に見える表面だけではありません。

ひょいと首を伸ばしてみると、裏側や側面の見えない部分に想像を超えた聖域が潜んでいるものです。

自分なりの正しい判断だと決めても、実はそうではない事の方が多いのです。

悩んでいる時間は「自分を捨てている時間」

もし1日中悩んでいることが多かったら「実にもったいないこと」をしています。

あなたが過ごす時間は、誰にとっても同じように時を刻んでいるわけではありません。

充実していれば時間はあっという間に過ぎ、退屈ならとても長く感じるはずです。

時間は使い方次第で豊かにもなり、貧困にもなるというわけです。

これからは悩んでいる時間を有効活用しましょう。

悩んでいるだけでは解決しませんが、行動に移せば滞った流れも改善していくはずです。

復縁にまつわる男性心理の記事がこちらです。
 


 

元彼と復縁したい…忘れられない元彼との復縁を目指す方法

復縁したい理由を考える

「元彼が忘れられないからどうしても復縁したい」という場合、冷静になってその理由を考えてみましょう。

あなたはなぜ元彼と復縁したいのでしょうか?

その理由は「好きだから」が一番かもしれません。

では好き以外に復縁したい理由はありますか?

きっと、気が合うから、性格がいいから、情があるから、彼以外に考えられないから、といった答えが出てくるでしょう。

では彼でないといけない理由はありますか?

この質問を聞いたとたん、あなたはおそらく「う〜ん」と考えこんでしまうでしょう。

本当に元彼と復縁したいというのであれば、好きなこと以上に彼についてもっと深く掘り下げてみる必要があります。

「理屈じゃない」と言いたいところでしょうが、そのあたりがあいまいだと復縁がうまくいきません。

元彼を追い詰めていないか

あなたの行動、意思、その他様々な面で「元彼を追い詰めていないか」考えてみてください。

行動力のあるタイプの女性だったら、復縁にむけ積極的に元彼にアプローチします。

元彼がどんな風に思っても関係なし。

元彼が振り向いてくれるならなんでもする勢いで、見苦しいかぎりです。

また行動力はなくても、ジワジワと元彼のテリトリーに侵入する女性もいます。

いずれにしても、元彼に「めんどくさい女性」と思われるのは必至。

そのうちはっきりと元彼から突き放される日が来ます。

元彼を追い詰めないようにするには、積極性は控えめにした方がうまくいきます。

どんな場合でも復縁は不可能ではない

どんな場合でも復縁は不可能ではありません。

復縁するための基本は「元彼との距離をわざと近づけようとしない」ということです。

でもそれでは一生彼に振り向いてもらえないのでは?と思いますよね。

ここで一つ安心材料をお届けしましょう。

元彼は別れたあとでも、あなたのことをすっかり忘れたわけではありません。

あなたに会わない日が長く続けば続くほど、あなたが恋しく懐かしくなり、またあなたの存在が美化されます。

あなたの良いところだけが彼の記憶にとどまるのです。

その効果をぶち壊すかどうかはあなたの行動にかかっている、と言っても過言ではないのです。

今彼と別れて元彼と復縁するなら別れた原因を解決するのが先決

あなたが本当に元彼と復縁したいと考えているなら、元彼と別れた原因を探り、きちんと解決しておかなければなりません。

なぜならもしあやふやなままで復縁してしまった時、また同じことを繰り返す恐れがあるためです。

2人の間に起きる問題は、その内容はどうであれ、お互いに相手を変えようとすることから起きてきます。

それは些細な考え方の違いから始まります。

また相手に対する態度によっても状況は悪化します。

こんな状況になると、反射的に言い争いになるでしょう。

最後には「相手に対して期待していたことが間違いだった」と気づきます。

ここでお互いに「自分は今どんな気持ちでいるか」を共有する時間が持てたのなら、別れなくても済んだはずです。

しかし感情のおもむくままに別れを選んでしまいました。

このようにケンカからの別れになった時は、方程式のように定まった流れがみられます。

もしなんかしらの問題が起きた時、第三者的な目線でみることが大切です。

ケンカになったらどちらからともなく「別れる」という言葉が出るのはもうわかっています。

そうであれば、ケンカにならないようにするだけです。

怒りや悲しみの中にいるとつい乱暴な言葉になってしまいがちですから、まずは言葉使いに気をつけます。

次に相手を責めるだけでなく「自分はこう思う」という姿勢になることがポイントです。

このように別れた原因を探って解決しておけば、もう別れを選ばなくても済むでしょう。

忘れた頃に復縁できる!潜在意識の活用方法

復縁を忘れた頃に復縁が叶ってしまう方法が、潜在意識を活用するものです。

潜在意識はコントロールできないものですが、望みを叶えるよう仕向けることはできます。

私たち人間をはじめとする地球上の全ては「エネルギー」でできています。

これはアインシュタインも証明していることで、目に見えないミクロのものから巨大なものまでがエネルギーで成り立っています。

その中にはもちろん潜在意識も含まれています。

そのエネルギー量やクオリティには個人差があります。

あなたの望みが叶っていないのは、このエネルギー量とクオリティに問題があるためです。

気分が落ち込みやすかったり、1日中疲労感に悩まされている時、それはエネルギーが低く荒い状態です。

この状態を甘んじて受け入れたままでは、復縁はもとより理想的なあなたになるのは難しいでしょう。

エネルギーを上げるために必要なことは「自分を認める」ということです。

元彼と別れたあとに復縁ばかり考えているとそこに存在するのは「不足感」です。

不足感は「元彼がいないと自分がダメになるから復縁したい」と考えます。

これは「自分には足りないものがあるから自分はダメだ」という考えに他なりません。

実はこの考えそのものが、エネルギー量の質も量も落としてしまう原因なのです。

エネルギーが低下した状態で引き寄せるものは、今のあなたにふさわしいものです。

イライラしたり、ついお酒を飲みすぎたり、不眠症になったりなど、いいことは一つも無いでしょう。

もし元彼と復縁したいのなら、逆に復縁を忘れることが大切です。

それは、エネルギーが低下したり劣化するのを防ぐためです。

さらにもっと自分を高め、認めることができれば、エネルギーの上昇はとどまることを知りません。

こういう状態がキープできれば、全てがあなたの望みどおりになるでしょう。

こちらの記事も参考にしてみてください。
 

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「未練を断ち切るも復縁もあなた次第!

占い師 姫乃
あなたの人生の風車は「あなたが決めたことに沿って勢いよく回り始める」のがその仕組み。

あなたが本当に望んでいることは何かしら?

未練を断ち切る?復縁する?

実は「どちらを選んでもあなたは幸せになれる」の。

こんなパラダイムをあなたは心から信じることができるかしら?

そうだったらもう迷わないで済みそうね。

いつもあなたがキラキラ輝いていられるよう応援しています!

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事