復縁のモチベーションを高く維持できるほど成功しやすい!やる気が下がってきた時の対策やモチベーションアップのコツ  
※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

成功法則において「モチベーションを上げる」ことは必要不可欠です。

モチベーションが高い人はどんな時でも失敗を恐れません。

またモチベーションが高ければ何事においても果敢に挑戦するため、さまざまな問題の解決能力にも優れます。

復縁を成功へと導くためにもモチベーションを高く維持できるに越したことはありません。

復縁成就するまでの間、もしあらゆる問題が起きたとしても簡単に解決してしまいます。

「じゃあどうしたらいいの?」と疑問を感じたら、ぜひこの記事を熟読してください。

この記事ではモチベーションを高く維持することで復縁を成功させる方法から、やる気が下がってきた時の対策、モチベーションアップのコツまで、幅広くご紹介していきます。

「復縁願望があるなら必読」です!

さっそくチェックしてみましょう。

 
 

復縁メニューはこちら

復縁が成功するかどうかがモチベーションに大きく左右される理由

モチベーションによって前向きに行動を起こせるから

復縁が成功するためには、なぜモチベーションによって大きく左右されるのでしょうか。

それはモチベーションを高めれば、前向きに行動を起こせるようになるためです。

復縁を成功させるためには、モチベーションを高く維持できるかできないかで大きな差が出ます。

しかしもし「復縁がうまくいくとは思えない」と考えていたら、モチベーションは下がった状態です。

下がったままのモチベーションをそのまま変えずにいたら、復縁を望んでいても必ず失敗に終わります。

復縁が失敗に終わるのを避けるためには、モチベーションを高めなければいけません。

それにはまずはじめにモチベーションが下がっていることに気づく必要があります。

「うまくいかないかも」とか「嫌われてるかもしれない」というネガティブな思い込みはモチベーションが大きく急降下していますが、これに気づいていない人が意外に多いのです。

復縁にはモチベーションを高めることが求められているのに、これではうまくいくはずはありません。

復縁だけでなくあらゆる問題解決がうまく進まないのは、このようにモチベーションが下がってしまうような観念に縛られているからです。

前向きになれないかぎり、復縁への道は閉ざされたままです。

モチベーションには復縁を成功へと導く「意欲」を維持させるパワーを持つから

モチベーションは「やる気」とか「意欲」を維持させるパワーを持っています。

このパワーにより、復縁の成功率がグンとアップします。

元彼のことを思い出した時、一瞬「復縁するぞ」という意欲が湧いたとします。

やる気や意欲が湧いた時は「やっぱり私には元彼しかいないし、告白すれば復縁できるかも」とテンションもアップし、一刻も早く復縁したくなるものです。

この状態を維持できれば、復縁へさらに一歩近づくことができます。

ところがその後「やっぱり復縁は自信がない」とか「やっぱりやめとこう」と気弱になってしまうと、急速に復縁の扉が閉じてしまいます。

モチベーションを高くし復縁を成功させるには、意欲が湧いたときにその意欲を維持させることが重要です。

一瞬の意欲に満足していたら、復縁は叶うことはありません。

モチベーションを高めておけば失敗を恐れることがないから

モチベーションが高い人は総じて失敗を恐れません。

なぜなら失敗は「大したことではない」と考えているためです。

モチベーションが高い人は自分軸がしっかりしているので、どんな衝撃にもグラつくことがありません。

自分軸がしっかりしている人の条件が「自分に対する自信」です。

揺らぐことのない自信は、その人と周囲の人との境界線を作ります。

きっちりと引かれた境界線は、周囲からの問題が入る隙を与えません。

モチベーションが高いと失敗は怖くない上、このスタンスが失敗を引き寄せないのです。

 

モチベーションを高めるためには脳のはたらきを知っておけば理解が深まる

モチベーションを高めて復縁に役立てるには、脳のはたらきを知っておけば理解が深まります。

モチベーションが高いとき、脳内ではさまざまなホルモンが分泌されています。

元彼と別れた時や、ケンカしたり、回避したい問題が起きたとき、ノルアドレナリンが分泌されます。

ノルアドレナリンは即効で「なんとかしてやろう」という、くやしまぎれ的な意欲を起こさせますが、その働きはほんの一瞬です。

また元彼との楽しかった時のことを思い出した時、脳内ではドーパミンが分泌されています。

ドーパミンは努力を認められたり褒められると分泌されるホルモンで、一度起きた意欲を継続させるはたらきがあります。

この二つのホルモンの相互バランスによってモチベーションが高まり、それを維持できるのです。

このように「モチベーションを効率よく高めるためにはホルモンの働きが重要」と知っておけば、より確実に復縁を手に入れることができます。

モチベーション次第であらゆるストレスを回避し復縁の流れを作る

モチベーションを高めることで日常的なストレスも回避することができ、さらには復縁の流れも作ります。

ストレスは人によって感じ方が違うものです。

ある人にとっては「死にそうにつらい」ことでも、別のある人にとっては「蚊に刺されたくらいのダメージ」でしかない場合もあります。

ストレスの感じ方は、そのままモチベーションにも「違い」として表れます。

モチベーションが高い人は、今まで感じたことのない大きなストレス以外は「まったくへっちゃら」です。

しかしストレスに弱い人は、些細なことでも気になりストレスに感じます。

例えば「引きこもり」の人は、いかにもストレスに弱そうに見えます。

家から出られない、出たくない、満員電車に乗りたくない、自分がジロジロ見られてるようでたまらなくイヤ、何か買いたくてもお金がない、体調が最悪、など数え上げたらキリがないほどのストレスが想像できます。

何かをしたくても体がいうことを効かないため、「意欲」というメーターは「ゼロ」を指しています。

意欲がないために、行動できないことがストレスを生んでいるのです。

これがモチベーションが低い状態です。

復縁を目指しているときもしこの状態なら「うまくいくほうが奇跡」です。

心が整理されるので自分の本当の望みが見えてくる

モチベーション次第で復縁できるかどうか左右されますが、その理由はモチベーションが高ければ心の中がきちんと整理されるためです。

心の中がすっきり整理されていると、自分の本当の望みが見えてきます。

「元彼との復縁を心から望んでいるのか?」

「復縁を望んでいるのは自分が元彼から認められたい一心だから?」

このような疑問が湧くと同時に、答えが見えてきます。

逆にモチベーションが低く心の中が雑然としている場合だと、こういうわけにはいきません。

ただやみくもに悲しんだり、焦ったりします。

また「復縁したい」という頑固な思いだけが先走るので、周りが見えなくなります。

一時的な感情で復縁できたとしても、雑然としている心情のままでは再び別れを繰り返すことになります。

復縁のモチベーションを高く維持するのが難しい訳

感情の上げ下げによって冷静になれないとき

復縁のモチベーションを高く維持するのが難しいのは、感情の上げ下げがあるためです。

今日はお天気もいいし、こんな日に元彼とデートできたらいいな、と思うこともあるでしょう。

そうかと思うと「元彼に新しい彼女ができたらしい」という噂が流れてきたときや、元彼とケンカ別れした時の悲しい思い出が、トラウマとなってよみがえることもあります。

このような時「復縁したい」「でも復縁したくない」というアンバランスな考えで、心の中はギシギシと音を立て始めます。

このような心情では復縁のモチベーションを高く保つのは、至難のわざです。

一生懸命がんばって一時的にモチベーションを高めることができても、あっという間に下がってしまいます。

物事を先送りにする癖があるとモチベーションを維持するのは難しい

物事を先送りにする癖があると、モチベーションを維持するのは困難を極めます。

いつも問題から逃げてばかりいるので、モチベーションの高さが維持できません。

とは言え、私たちは問題が起きたとき、それに立ち向かおうとはしない傾向があります。

多くの人は、問題から逃げるか、見ないフリをします。

これは、悪から自分を守ろうとする防衛本能が働くためです。

しかし逃げてばかりいても、問題が解決することはまずあり得ません。

せめて先送りにしないよう「すぐ行動に移す」という習慣が身につけば、次第に状況は変化します。

あとあとまで問題を引きずって悩むより、スパッと解決してしまった方が気分は良いはずです。

メンタル面で落ち込まないようにするためにも「すぐ行動に移す」ことは、とても大切なポイントです。

すぐに「できない理由を考えてしまう」から

何かにつけすぐに「できない理由」を考えると復縁のモチベーションを高く保てません。

私たちはあまり深く考えずとっさに「できない理由」を考えてしまいます。

このとき、内面では「めんどくさい」とか「やる気なし」という感情でいっぱいです。

「めんどくさい」と思った次の瞬間に「できない理由」を次のように考えます。

「急がなくてもいい」

「後でやればいい」

「誰かが困るわけでもない」

このような理由を考えれば、めんどくさい行動に移さずにすみます。

めんどくさいことをいったん避けることはできますが、この時モチベーションはグンと下がっています。

このようにモチベーションが下がるような「言い訳癖」があると、必ず復縁にも支障が出ます。

 

一度に全部のことをやってしまおうとするとモチベーションを維持できない

一度に全部のことを片付けようとしたり、いっぺんに取り組もうとするとモチベーションは維持できません。

家中が汚れていてどこから手をつけていいかわからないとき、途方にくれるものです。

しかしいっぺんにきれいにすることなど、とてもできるものではありません。

仮に凄腕主婦が、まる3日かけて掃除すれば見違えるようにきれいになるかもしれません。

しかし3日間モチベーションを保つのはかなり難しいものですが、たとえば3日で10万円という対価を受け取れるなら、誰もが喜んで取り組むでしょう。

このように目的があれば実行可能です。

しかしそういう目的がなければ、いっぺんに何もかもすべて片付けるのは無理です。

復縁も同じことが言えます。

以前のようにとても仲が良かった2人に戻るためには、順を追って少しづつ問題を改善していくことが重要です。

焦っては元も子もありません。

まずは「初めの一歩から」という気持ちで復縁にのぞむのが、モチベーションを保つ秘訣です。

復縁が成功している様子がイメージできない場合

復縁のモチベーションを保つのが難しいのが、復縁が成功したイメージが湧かないときです。   

これは別れた際のシチュエーションにもよります。

元彼に浮気されてとても悲しい思いをした場合、別れた後も心の傷が癒えていないことがあります。

つらい思い出を抱えていると、そこから飛躍して楽しく明るいカップルになどなれません。

もしいまだに心の傷がうずくのなら、復縁までもう少し時間が必要です。

心の傷は「時間」が癒してくれます。

時間の経過とともにぱっくりと開いた傷が、再び閉じる日が必ず来ると信じてください。

うまくいかないことばかり考えている癖があるとき

うまくいかないことばかり考える癖がある時、復縁のモチベーションは保てないことがほとんどです。

これは毎日のように後ろ向きに考えたり、日常的にいつも悲しみに沈んだ状態にいる場合です。

ネガティブに「連絡が来ないのは嫌われたから」とか「別れてから悲しくて仕方がない」と考えていると、復縁のモチベーションは一気に下降線へと突き進みます。

逆に気楽な気分で「うまく行きっこないかもなー」とか「まぁ復縁できなくてもしょうがないかなー」と考えている人は、意外にあっさりと復縁にこぎつけます。

つまり復縁のモチベーションは、このように感情バランスによって変わるのです。

彼と別れたあととことん悲しみに沈んだら、次は一刻も早くそこから這い上がれるよう努力しましょう。

それが落ち込んだあと唯一、モチベーションを高く保てるようになる方法です。

いい方法が思い浮かばず動揺したり混乱しているとき

なんとか復縁を試みようと考えに考えてもいっこうにいい方法が浮かばない時、復縁のモチベーションは高く維持できていません。

焦ったり不安になるあまり動揺や混乱を招くだけで、これはモチベーションとしてはもっとも低いレベルです。

モチベーションを高く維持できていれば、本来なら頭であれこれ考えなくても済むのです。

しかし自分の知識や経験値だけを頼りに「なんとかしよう」としても、限界があります。

自分のことを強く信じているならいいのですが、そうでないなら復縁のモチベーションは下がる一方です。

モチベーションが低いと、顕在意識がここぞとばかりに登場し、いい方法を探ります。

ところがどんなに頑張って考えても、決定打は思い浮かびません。

なぜなら顕在意識だけで編み出した方法が「復縁に抜群に効く」という保証はどこにもないからです。

暗中模索しても良い結果は得られず、ますます不安や混乱を招いてしまいます。

「復縁」の意味を深く掘り下げた記事がこちら。

占い師 姫乃
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

日常に取り入れると復縁のモチベーションがアップしていく習慣

元彼を愛する気持ちを自分に向ければモチベーションがアップする

元彼を愛してやまないのならなおさらその気持ちを自分へと向ければ、モチベーションはアップします。

方法は自分を愛し、自分を大切にするだけです。

今まで自分を大事にしてこなかったら「?」と思うかもしれません。

あるいは「自分を愛するってどういうこと?」と疑問に思う人もいるでしょう。

具体的には「自分を褒めること」です。

自分の行動に対して「よくやったね」とか「頑張ったね」と、褒め称えるのです。

慣れないと恥ずかしいかもしれません。

しかし慣れるに従って自分を褒めることが上手になります。

また「人に気を使いすぎない」ということも自分を大切にすることです。

今まで友人からの乗り気じゃない誘いを断り切れないでいたら、これからははっきりと断ってください。

その時は「申し訳ない」と思うかもしれませんが、気分はとてもすっきりするはずです。

また買い物のときに、もしいくつかの商品で迷ったら「一番欲しいものを買う」ということに徹してください。

いつも二番手のもので我慢していたら、自分を愛し直すいいチャンスです。

この機会に自分のスタンスを見直しましょう。

ざっくりとした目標をノートに書けば、現実化が早まる

復縁のモチベーションが上がることで現実化が早まる方法が「ざっくりとした目標をノートに書く」ということです。

モチベーションアップには「目的意識を持つ」ことがとても重要です。

「元彼と復縁する」と書くのはもちろんのこと、「週末は必ず会って楽しい時間を過ごせる」とか、「年に2回は旅行に行って楽しむ」などはいかがでしょう。

また「復縁したら以前よりもっとお互いを理解し会える関係になる」「元彼が運命の人になる」でもいいですね。

思いつくだけの目標を書きましょう。

もし途中で目標が変化したら、更新すれば大丈夫。

将来ノートを見た時に、ほとんど現実化していることにびっくりすることでしょう。

モチベーションを上げるメル・ロビンスの5秒の法則で行動力が身につく

「メル・ロビンスの5秒の法則」は驚くほどの行動力が身に付くため、モチベーションも確実にアップします。

私たちが何かをやるために意欲を出そうとした時、それをはばむのは「思考」です。

多くの人たちは何かをやろうとした瞬間に、5秒以上思考にはまってしまうと行動に移せなくなります。

思考の内容はほとんどが行動中の失敗に対する恐れを回避するための「言い訳」です。

この言い訳を考えているうちに、気づいた時には行動できずに終わっている、というわけで、5秒経つ前に行動に移すことが重要なのです。

すぐにできる簡単な方法が「カウントダウン」です。

例えば、朝目が覚めていつまでもベッドから出られない時、自分に「5.4.3.2.1」とカウントダウンの声がけをします。

最後の「1」で、「ポーン」とベッドから飛び起きます。

この方法の最大のポイントが「考える前に行動するとどんどん行動できる」という点です。

次々に朝の支度がはかどるでしょう。

大きな声で言うと覇気が出てさらに効果的。

ぜひやってみてください。

胸を張って姿勢を正すだけでやる気を起こすセロトニンが出る

胸を張り姿勢を正すだけで、やる気が出るホルモン「セロトニン」が分泌されます。

この方法なら、超簡単にモチベーションアップが可能です。

モチベーションが高い人の姿勢は「スッ」としていてとても素敵です。

背中と腰は真っ直ぐに伸び、顎を引いたスタイルは、誰が見ても好感度の高い姿勢です。

反対に一般的な「負け組」と言われる人たちの姿勢はどうなっているでしょうか。

男女問わず弱々しいイメージの人たちの多くは、背中が丸まり、顎が前に迫り出していたり、頭がガックリと前に垂れています。

この姿勢はいかにも調子が悪い、病的な印象を与えますし、感情的な不安も見てとれます。

不安になればなるほど良い姿勢の人とは反対に、セロトニンが減少していきます。

セロトニンが減っていくと、さらに不安が増強してしまいます。

このようなことを避けるには、セロトニンを出すことが必須ですが、そのためにやることはただ一つ。

「姿勢を良くするだけ」です。

今までうつむきがちな姿勢だったり「自分に自信がない」と感じていたら自分の姿を鏡に写し、どんな姿勢なのかを見直してみてください。

「人生の失敗」と「自分」を分けて考えるとネガティブな考えから抜け出せる

復縁のモチベーションをアップする習慣として、取り組まねばならないことが「人生の失敗と自分を分けて考えること」です。

たとえ過去にダメージが大きい失敗を経験していたとしても「だから自分はダメな人間だ」と考えるのは、モチベーションが激落ちするだけです。

復縁にも同じことが言えます。

「元彼に嫌われた」とか「喧嘩別れした原因は自分」というように別れた原因がもし自分にあっても、それと「自分」とを一緒に考えるのは少々危険です。

過去の経験はすでに終わっています。

つらく悲しい出来事がいつまでも忘れられないとしても、それと「自分」とは分けずに、ごっちゃにして考えるとモチベーションはアップできません。

つらい経験を忘れられないのは、実は自分だけです。

1日も早く忘れるためには「あの経験はつらかった、でも自分にとってはいい経験だった」とポジティブにとらえることです。

瞑想して心を落ち着ければ最善の案が浮かぶ

心落ち着く「瞑想」を日常的な習慣にすれば、復縁に最善の案が浮かぶようになります。

浮かんでくる最善策は、自分の頭で考えたものではありません。

心の奥深くにひそむ「潜在意識」からやってきます。

日常生活の中で、潜在意識を感じ取ることはあまりできません。

頭や心の中を占める雑音をおとなしくさせて、初めて感じ取れるものです。

瞑想のやり方はとてもたくさんありますが、いろいろやってみて自分に合うものを続けてください。

椅子に座り目を閉じ、ゆったりとしたリズムで深呼吸を続けるだけでも十分に効果はあります。

なりたい自分に近い人になりきる「モデリング」をする

「こうなりたい」という理想の自分になるための方法を試せば、必ずモチベーションアップにつながります。

「なりたい自分」になるには「モデリング」がベストです。

モデリングとは「こうなりない」と思う理想の自分に近い人を見つけ、自分がその人になったかのようにまねることを言います。

まねる対象はスタイルや趣味、嗜好などいろいろありますが、その中からできるだけでかまいませんのでまねてみましょう。

モデリングしたことで、とても気分が良くなったのなら大成功。

日常的にいつもいい気分でいられる、ということは間違いなくモチベーションが上がっているということです。

やる気が下がってきた時に復縁を頑張る気持ちを復活させるための対策

「頑張ろう」という気持ちをいったん手放す

もしやる気が下がったとき「復縁を頑張ろう」という気持ちがあるとしたら、それをいったん手放しまょう。

頑張る気持ちは大切です。

しかしモチベーションが下がってきたときに頑張るのは逆効果です。

今は頑張ることを忘れても大丈夫。

再びモチベーションが復活してくる日は、そう遠くではありません。

ここで焦っては努力の甲斐も水の泡です。

いったん「頑張ろう」を忘れてください。

自信がなければ「自信があるフリをする」

「復縁に自信がない」と感じていたら「自信があるフリ」をするだけでも、それ以上モチベーションを下げずに済みます。

さらに「フリ」をしているだけでも、なぜか不思議と自信が湧いてくるので、モチベーションは下がるどころかグングンアップします。

お伝えした通り、この場合も「姿勢」には十分注意を払います。

胸を張り、顎を引いて真っ直ぐに立ちます。

腰が引けたり反ったりしないように、正面、横向き、それぞれを鏡を見ながら練習しましょう。

鏡の中の自分が自信たっぷりに見えたら、合格です。

そのまま街に出ましょう。

以前より視野が広がりなんとなく自信がついたように感じるのは、姿勢に気をつけるだけで脳から素晴らしいホルモンが分泌されているためです。

これを習慣にしてしまえば、もう悪い姿勢をとることはできなくなります。

周囲と自分を比べて気分が下がるなら、絶対に比べてはいけない

周囲と自分を比べるのは仕方がないとして、比べたときにもしモチベーションが下がるなら、絶対に比べてはいけません。

私たちは周囲の人と比べることで「自分」を確認します。

「自分は人と変わらないか」とか「人と比べたときに変ではないか」というような不安を消すために対比します。

しかし相手が自分より優れているとき、出てくるのが「ネガティブな感情」です。

「相手と比べて自分は劣っている」という判断は、実際に劣っているわけではないのに、モチベーションを著しく下げてしまいます。

もしモチベーションが上がるとしたら自分が優位に立っているときですが、そう滅多にあることではありません。

他人と比較したとき、大抵はギャップをコンプレックスとして受け止めます。

このようなことから周囲と自分を比較したとき、もし自分のモチベーションが下がるようなら、今すぐにやめておきます。

復縁できたあかつきには、自分がどうなりたいのかをイメージする

モチベーションが下がったときこそ、改めて復縁後に元彼と自分がどうなっていたいのかをイメージすることが大切です。

イメージの持つパワーは想像以上ですし、自分自身のモチベーションアップにも役立ちます。

引き寄せの法則にもあるように、現実化するためには復縁がまるでリアルに実現したかのように振る舞います。

願望を願望のままで終わらせないためには、リアルな臨場感を持ち続けることが重要なのです。

イメージングは「寝る前」が効果的です。

これは眠りそうになる直前が、最も潜在意識に働きかけやすいためです。

元彼に向かって話しかけます。

愛を伝える言葉なら良さそう。

話しかけたとき、元彼はどんな反応をするでしょうか。

できるだけ仲が良いシチュエーションでのイメージングをしてください。

潜在意識は深層でコネクティングされていますから、イメージングしたことは元彼にハートの部分で伝わっています。

「いつでも笑顔」は、すべての幸せが引き寄せられる習慣

「いつでも笑顔」は、復縁ばかりでなく、ありとあらゆる幸せが引き寄せられる習慣です。

最近になって、いつでも笑顔でいることの効能に気づき始めている人が増えています。

口角をキュッと上げて、微笑みをたたえていれば誰もがその人に惹かれ、好感を持ちます。

もし心の中になんらかのわだかまりや、思い出したくもないイヤなことがあったら、笑顔なんてムリというものです。

しかし「困ったときの笑顔」です。

大変なときや困ったときにこそ「笑顔」を心がけます。

笑顔は人を幸せにするばかりか、自分の心の中の雑音もフェイドアウトさせてくれます。

イヤなことがあっても笑顔でいれば、より早くイヤなことから抜け出せるはずです。

それどころか、イヤでも幸せが引き寄せられてきます。

 

気にし過ぎはNO!モチベーションに捕われ過ぎて元彼とやり直せないケース

モチベーションだけにとらわれ自分を見失ってしまうとき

モチベーションアップが復縁には欠かせない要素だからと、そればかりに捕われると本来の道から外れることもあります。

確かにモチベーションアップは、叶えたい願望があるとき抜群に効果がみられるものです。

なぜならモチベーションが上がると同時にメンタルも強化されるためです。

強いメンタルは不安を寄せ付けません。

不安があるために自分の中心軸をブレさせていたのです。

しかしメンタルが強くなったと思っていたのが、実は勘違いだった、ということもあるのが現実です。

モチベーションアップがより功を奏するのは、臨機応変に対応できる力を持つ人です。

場合によってはモチベーションが下がったり不安が飛び出てしまうのなら、メンタル面が強化されているとは言いがたいです。

これはモチベーションアップすることで元彼とやり直せるには、少々難しいケースと言えます。

頑張りすぎて疲労困憊したりメンタルが病んでしまうとき

モチベーションアップを気にしすぎるあまり、頑張りすぎてしまうと逆に元彼とやり直せないこともあります。

疲労困憊はもとよりメンタルが病んでしまうこともあるため、頑張りすぎは避けなければいけません。

「モチベーションアップは頑張ればできる」というものではありません。

場合によっては、努力して頑張ってなんとかモチベーションを上げて復縁しようと考える女性もいます。

しかしその結果、疲労困憊していたのでは逆効果です。

本来のモチベーションとは「その人らしさ」がよく表れている状態です。

頑張ってモチベーションをアップしても、その人らしさはいっこうに表れません。

その上、無理してアップしたツケがいずれ回ってきます。

それが「疲労困憊」です。

メンタル面での疲労困憊はダメージが大きいので注意が必要です。

押しが強すぎて元彼が完全に引いてしまうこともある

モチベーションがアップしたことで、元彼への押しが強すぎて相手が完全に引いてしまうことがあります。

この場合、復縁は難しい状況に突入します。

モチベーションアップそのものは歓迎すべきものです。

やる気や意欲が旺盛になり、運気もアップします。

自信に満ちた性格はおそらく自分自身も驚くほどでしょう。

しかしこのような変化を歓迎しない人もいます。

それが元彼です。

なぜなら男性の中には「女性から押されるのは苦手」という人もいるからです。

モチベーションがアップしたがために押しの強さまで身に付けた元カノに、元彼は違和感を感じるだけでしょう。

もし元彼側に復縁する意思があったとしても、この時点で修復は難しいものとなります。

モチベーションに気を取られすぎたり、的確に保てていないとき

モチベーションアップに気を取られすぎたりモチベーションを的確に保てていないとき、復縁は難しいケースとなります。

これはとことんやらないと気が済まない、という女性にありがちなことです。

初めは手探りだったモチベーションアップも慣れてくると、コツがつかめてきます。

コツがつかめると以前とは性格も運気も変わるので、元彼以外に興味の対象が現れることがあります。

あれほど恋い焦がれていた元彼のことを一切忘れてしまうことも出てきます。

そうかと思うと突然モチベーションが下がると同時に元彼を思い出し、さらにモチベーションが下がります。

この状態が「モチベーションを的確に保てていないとき」です。

この辺りはモチベーションアップに慣れている人でも、コントロールするのは難しさがつきまといます。

モチベーションの上げ下げをコントロールできるようになるには、「まずは自分の感情に気づき」「落ちたら上げる工夫をする」、というシンプルな2点を実行し続けるだけです。

あなたは依存体質?それならこの記事がおすすめです。


 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「モチベーションアップはメリットだらけ。うまくコントロールできるようになれば最強!

占い師 姫乃
復縁のモチベーションについてお届けしましたが、あなたのモチベーションはどんな感じ?

モチベーションはメリットだらけだけど、アップダウンはつきもの。

でもそれを乗り越えてうまくコントロールできるようになれば最強のツールよ。

たくさんのクライアントさんを見てきて思うのは、人って落ち込んだ時いかに早くモチベーションをアップできるかにかかってる。

落ち込んだ時って誰でも自信を無くしたりネガティブに考えてしまうでしょ?

目の前に幸せがあるのに、真っ暗すぎてそれに気づけないの。

だから、いち早くそこを早く抜け出せた人が勝ち!ってわけ。

もしまたモチベーション下がったら、この記事を読み直せばもう完璧よ。

復縁までの道のりが明るく楽しいものになるよう、いつも応援しています!

【期間限定・1月26日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事