恋人との別れが怖い!順調な交際でも感じる不安な気持ちの正体と解消方法
※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

 
今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。
 

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

 
実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

 
それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。
 

>>大人の誕生日占いで診断する<<
 

 

今はラブラブでも「恋人と別れるのが怖い」と思うことはありませんか?

順調な交際でも不安を感じることは、誰にでもあるものです。

そんな不安な気持ちの正体と解消方法について、これから解説していきますね。

「別れ」という不安にいつも悩まされていたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

復縁メニューはこちら

別れが怖いと感じる理由が知りたい!不安な気持ちの正体とは

相手を好きすぎて、もし別れたらと思うと身震いするほど怖い

別れが怖いと感じるのは相手を好き過ぎる時です。

相手を好き過ぎて愛する人なしでは生きていけないほどなら、別れは身震いするほど怖いことなのです。

仮に別れたとしても、その後のことは何も考えられないでしょう。

自分にとって恋人とは、切っても切り離せない存在でまさに一心同体なのです。

もし別れることになったら、自分の一部をはぎ取られたように感じるはずです。

そしてそれはまるで羽を失った鳥のようです。

空高く舞い上がることができるのは、羽があるからこそです。

しかし「恋人」という羽を失った鳥は、もう一生大空へ飛び立つことはできません。

新たな羽を手に入れられるかもわからないし、まったく動けなくなってしまった自分はもちろんのこと、自分を取り巻く何もかもが不安でたまらないのです。

これから何を頼って生きていけばいいのか、暗中模索な精神状態でしょう。

不安にさいなまれた状況で、本来の自分らしさを取り戻せるまでにはどれだけの時間がかかるかもわかりません。

しかしこのままいけば相当時間がかかるのは明白です。

このような顛末が待っているかと思うと別れは恐怖でしかたないのです。

 

訪れる可能性がないとは言いきれない別れを想像すると、怖くてたまらない

別れが怖くてたまらない人の多くは「別れる可能性がないとは言いきれない」と不安に思っていたり、いつ別れが来てもおかしくないと考えています。

現実に別れが訪れたわけではないし別れはあくまで想像の産物ですが、しかし想像できるということは現実化する可能性が少なからずあるということ。

恐怖のエネルギーはとても強く、他にはない負のオーラをまとっています。

恐れたり不安に思えば思うほど、そうなって欲しくない現実を引き寄せてしまうのです。

つまり「別れが怖くてたまらない」という不安を常に抱えている人は、負のエネルギーも常に発しているために、そうなってしまう可能性が飛躍的に高まってしまうのです。

本気で別れたくないと考えているなら別れを怖がるのは当然のようですが、それこそがトラップです。

素晴らしく仲が良い2人でも、別れる可能性は絶対にないとは言い切れません。

でも別れることなどこれっぽっちも考えていないなら「別れ」という現実は意外にやってきません。

もし別れることになっても別れを前向きにとらえられる人なら、別れを恐れる必要などないとわかっています。

そういう人にとって別れとは自分の可能性が広がることを意味し、むやみに別れを怖がったりせず前に進む方を選ぶのです。

一方で別れが現実化するのは自らの思考に恐れや不安のエネルギーを溜め込んだ時で、溜まりに溜まったそのエネルギーが爆発するのが「別れ」という最後を迎える時なのです。

 

今が幸せすぎるから余計に、失ったときの恐怖を妄想してしまう

別れが怖いと感じるのは、今の幸せを失った時の恐怖を妄想してしまうためです。

このようなタイプは、幸せを存分に味わえません。

いつも幸福と不幸とが隣り合わせで、たとえ幸せな時でも一瞬にして恐怖に襲われます。

むしろ幸福を感じていない時の方が平和な気分かもしれません。

一度恐怖を感じると延々とその感情に乗っ取られてしまうので、頭に浮かぶのは悪いことばかりです。

「もしもああなったら、きっとこうなって、しまいにはきっともうめちゃくちゃになるに違いない」などと、負の妄想が尽きることはありません。

寝ても覚めても不安でいっぱいでしょう。

しかしさすがに不安な状態に疲れ果ててしまうと、やっとの思いで妄想を振り払おうとします。

これは起きもしないことにとらわれてしまった証拠です。

このように現実に起こっていないことに対して強烈な不安を感じる人は、神経質だったり心配性な一面があります。

一方で「心配しても仕方がない!」とドライに考えられる人は、マイナスな出来事が頭に浮かんでも首を横に振り、その妄想を全面否定します。

するとマイナスな妄想はそこで完全にシャットアウトできるのです。

誰にでも想定できる範囲内に多少なりともマイナス面はあるものですが、そのことばかりにとらわれているとマイナス面だけを強化し、よりマイナスを大きく膨らませてしまいます。

幸せすぎる時も、心のどこかに潜むマイナス面を見つけ出すのが得意です。

そこにありったけのパワーを注ぎ込みフォーカスするので、パワーを与えられたマイナス面はもはや手が付けられないほどますます大きくなってしまうのです。

怖くて仕方がないのは、このように自らマイナス面にパワーを仕掛けたためなのです。

 

別れたら一人きりになってしまうのが怖くて、テンションガタ落ちになる

別れが怖かったり別れを考えたら不安になる人は、一人きりになるのが嫌いです。

元々怖がりなタイプが多いですが「別れたら一人きり」と考えただけでテンションガタ落ちなのです。

そういう人にとって一人きりとは、孤独を意味します。

どうしても孤独な自分を避けたいので「一人になるくらいだったら誰でもいいからそばにいて欲しい」とさえ思っています。

なので恋人が絶えることがないのですが、一人きりの生活は考えられないしまして恋人ともなれば離れて過ごすことすら無理なのです。

恋人と順調な時は、別れのようなネガティブな思考からはすっかり離れているのですが、ところがちょっとしたことで不安になると次々に波のように不安が押し寄せてきます。

たとえば相手の意識や行動を疑った時です。

相手の浮気が疑われたりたわいも無いもめ事でケンカした時、不安が一気に負の妄想へと走らせるのです。

こういうシーンでは、それまでの幸せが一瞬にして崩れ落ちます。

すぐさま「別れるのでは?」という不安に襲われるので、いてもたってもいられません。

なぜなら恋人と別れるということは、すなわち自分が完璧に孤独になるということを意味するからです。

この世には孤独を愛する人がいれば、苦手な人もいます。

孤独がへっちゃらならたとえ恋人と別れても、ダメージは少ないでしょう。

恋人がいなくてもさほどつらいとは感じないし、むしろ一人が気楽だったりせいせいするかもしれません。

しかし孤独が死ぬほど苦手なら別れそうになっただけで、とてつもない不安と激しい精神的ダメージを抱え込みます。

「孤独だけは避けたい」

常日頃そう思っているので仮に恋人と順調であっても、将来的に別れるかもしれないという恐怖をぬぐいきれないのです。

 

「別れてしまったら、年齢的に次の恋人が見つからないかもしれない」という不安がある

別れが怖い理由に、年齢的なデメリットを挙げる人もいます。

「もし別れてしまったら、年齢的に次の恋人が見つからないかもしれない」と不安になるので、別れが怖くなってしまうのです。

恋愛には理想の年齢があると常々思っているなら、今の彼氏との別れを怖がるのは当然でしょう。

仮に別れたとしても年齢を考えれば「次の恋人に出会う確率は絶対に低くなる」としか思えないからです。

このように年齢がネックになると間違いなく別れを恐れますが、頭にあるのはいつも「もう少し若ければ」という言葉です。

若さが恋人に出会えるための条件であれば、年齢を重ねることに多大なる抵抗を感じているはずです。

また不安も最大に高まると「ここで別れたらもう一生男性には恵まれない」とさえ思うようになるのでしょう。

恐怖や不安といったネガティブな思考は、ここまで思考を狭めてしまうのです。

このように思考にバイアスがあると現実にもそれを引き寄せることが多く、別れに対する偏見によって新たな出会いのチャンスが訪れてもそれに気づけません。

問題なのは、自ら課す制限によって行動力が欠如することです。

決めつけたり思いこむことは、無限なる可能性にフタをすることです。

たとえ輝く未来に通じる道が目の前に開けていようとも、こじ開けようにも絶対に開かないほど頑丈な扉を自ら作ってしまうのです。

 

別れが怖いと思ったときに不安を解消する方法

別れることを想定内にすれば怖さを減らせる

別れが怖いなら、あらかじめ別れることを想定しておきましょう。

そうすれば怖いと思った時、その不安を確実に減らすことができます。

別れたくない時こそ重要なのは「想像力」です。

お伝えした通り物事が現実化するのは、思考の結果です。

それがたとえ起きて欲しくないことであろうとも、そればかり考えていると現実化してしまうのです。

つまり自分を取り巻く世界は、自らが生み出しているのです。

良かれ悪しかれ自分の思考が現実化するのが真実なら、自分にとってマイナスになるような思考は排除するべきです。

簡単に思考をコントロールできる人もいますが、一方で不安が強いタイプは頑固な性格も災いするため、なかなか今までの思考を手放すことができません。

常に心配や不安でいっぱいなので、何においてもうまくいかないしミスも多いはずです。

さらにうまくいかないこと続きだと自分に自信がなくなるため、ますますミスが増えるというスパイラルにはまってしまうのです。

「恐怖」という感情はこれほどまでに順調な人生のプロセスを阻むものなので、不安を感じたら一刻も早く解消することが重要です。

 

好きすぎて別れるのが怖いのであれば、相手に素直に気持ちを伝える

好きすぎて別れるのが怖いなら、その気持ちを素直に相手に伝えることも大切です。

言わずに別れる恐怖を1人で抱え込むので、なおさら怖くなってしまうのです。

相手に「別れるのが怖い」と言ったら、どんな言葉が返ってくるでしょうか?

たいてい「そんなこと心配するな」とか「何言ってんの?大丈夫だよ」といった感じでしょう。

しかし人によっては、怖いと訴えたところで馬鹿にしたり茶化してくることもあります。

こういう人は「本気で怖いと思っているわけじゃないでしょ」と思うため、真面目に考えてはくれません。

つまり共感してくれない相手に自分の恐怖を伝えても無駄ということです。

そこでせめて少しでも共感してもらうためには「怖い」という気持ちを伝える際、タイミングとシチュエーション選びが大切になってきます。

相手が忙しそうにしていたり、まったく別のことを考えているとわかっていながら伝えるのはやめましょう。

本気で「別れが怖い」と思っていることを伝えるなら「ちょっと話があるんだけど」と前置きしてから始めるのがベストです。

そうすれば相手は「どうした?」と言って、聞く耳を持ってくれます。

ところがそうやって真面目に伝えようとしても、相手が聞く耳を持ってくれなかったり心配してくれない場合もあります。

しかし「伝わってないのでは?」と不安になって、何度も同じことを相手に伝えようとしないでください。

他人と自分との間に数々の違いがありますが、それが個性です。

そして個性は感情面にも違いが現れますが、自分が怖いと思っていても相手も同じように怖いと思っていなければ、話を丸々スルーされても仕方がないのです。

不安を抱える人は何かにつけ不安を感じるうえ、その不安のやり場に困るものです。

彼があなたの不安を少しでも聞いてくれたのなら「受け止めてくれた」と信じることが大事です。

 

一人になるのが怖いのであれば、自分磨きをして魅力的になる

別れによって一人になるのが怖いのであれば、自分磨きにそのエネルギーを費やすしか方法はないと言っても過言ではありません。

怖いと感じるのも多くのエネルギーを使うし、自分磨きも同じように多くのエネルギーを使います。

自分にとってどちらがいいのかは明白でしょう。

自分磨きとは、今までの自分よりも向上させることを言います。

内容はなんでも良いのですが、それをやることによって確実に向上できたのなら自分磨きは成功です。

しかし満足してそこで終わってしまうと、今度は向上するどころか後退するのは目に見えます。

自分磨きによって向上し上昇するのは、継続するからです。

継続を中断するかもしくは完全にやめてしまうと、とどのつまりは元の木阿弥です。

自分磨きは中途半端なままで終えてしまうと、まず間違いなくその先には進めません。

いずれまた「一人になるのが怖い」と思う日がやってくることでしょう。

自分磨きは継続が大事ですが、もし今やっている自分磨きに興味がなくなったら、また新たな自分磨きを見つければ良いだけです。

自分磨きをして魅力的でい続けること。

それが恋人との別れを怖いと感じなくなる、唯一のアクションなのです。

さて自分磨きのおすすめには何があるでしょうか?

・語学をマスターする

・料理の腕を上げる

・ボランティアに参加する

・栄養学や心理学を学ぶ

・趣味に没頭する

・仕事の業績を上げる

・メイクやヘア、ファッションをバージョンアップする

自分磨きのキーワードは「プロ並みに極める」です。

自分磨きに熱中するうちに「プロ並みに極められてる」と実感できたら、もう以前のあなたとは違う人です。

目の輝きひとつとって見ても別人でしょう。

これが高い波動へと変化したサインです。

 

歳をとるのが怖いなら今日が一番若いと考える。好きでもない相手との付き合いはやめる

別れるのが怖いと考える人の中には「歳を取るのが怖い」という感情とリンクしている人もいます。

なのでもし歳を取るのが怖いなら「今日が1番若い」と考えるようにしましょう。

また好きでもない相手と付き合うのはやめた方がいいです。

これは真実の人が後から現れる可能性が少なからずあるからです。

別れるのが怖いからといつまでも別れられないでいれば、結局はせっかくいただいたご縁もそのまま消えてしまいます。

年齢的な焦りがあると「まぁいいか」と妥協するものですが、それはそれで仕方ありません。

しかし妥協してばかりいると、真実の縁には恵まれないのです。

物の見方に個人差があるように「好き」という感情にも人それぞれに固定観念があります。

たとえばリラックスしていられる相手がいいという人もいれば、いつもラブラブでないと気が済まないという人もいます。

いずれの場合も、大事なのは「満足感」です。

相手といる時に満足していられるか、それとも不満でいっぱいなのか。

このまま年齢を重ねながらずっと不満いっぱいで付き合ったところで、良いことは何も無さそうだし、むしろ抱えた不満がたまる一方なのは確実です。

そして恐れていた別れが、必ずいつかはやってくることになるでしょう。

しかし不満が多い相手でも、頑張れば少なからず良い面が見つかるものです。

相手の明るい部分にフォーカスしましょう。

歳を取ると考えるより、1番若い今日を目一杯楽しんで生きること。

そのプロセスを楽しめば、エネルギーもアップします。

怖いという感情が気にならなくなれば、良いことばかりが続くことでしょう。

 

占い師 姫乃
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特に大人の誕生日占いは近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「大人の誕生日占い」を初回無料でプレゼントしますね。

 

別れが怖いと思ってもやってはいけないNG行動

恐怖を減らそうとして相手を束縛する

別れが怖くても絶対にやってはいけないのは、相手を束縛することです。

束縛すればなんとなくうまくいきそうな気もしますが、逆に相手を遠くへ追いやってしまいます。

注意すべきは、束縛と思わずに束縛してしまうこと。

無意識に束縛しようとするのは、背後に大きな不安が隠れているからです。

そしてその不安が悪さを仕掛けるのです。

たとえば相手のことを信じなかったり疑ったりなど、マイナスなことばかりに目を向けます。

これではますます不安が大きく膨らむばかりでしょう。

巨大に膨らんだ不安を解消するには、相手を束縛するしか残された選択肢はありません。

人は誰もが強い束縛を受けた時、相手から「信用されていない」と感じます。

どんなに別れが怖くても束縛だけはなんとしても避けなければならないのは、お互いの信頼関係や絆が束縛によってちょっとしたこともろくも崩れ去ってしまうからです。

怖さを解消するためには、相手をコントロールするのではなく自分の意識を変えるべきです。

 

相手に期待し過ぎること。期待すればするほど反動で期待にそわない現実が訪れる

相手に期待しすぎるのは良くありません。

期待すればするほど、期待にそわない現実が訪れてしまうのです。

これが期待の反動です。

期待すると期待外れに終わるのは、期待というエネルギーの反動が起きるため正反対の結果を呼び寄せるからです。

「期待はブーメラン」と考えるとわかりやすいです。

どこまで飛ばせるかワクワクしながら、手に持った「期待」という名のブーメランを見つめる自分がいます。

次に大きく振りかぶってブーメランを遠くへ飛ばします。

空に向けて放たれたブーメランは、見えなくなるほど遠くへと飛んでいくことでしょう。

それを見つめながら心の中は満足感でいっぱいですが、しかしすぐにこちら目掛け勢いを増したブーメランがまるで襲いかからんばかりに飛んできます。

とっさによけながら「あれ?おかしいな」と思いつつ、足元に落ちたブーメランを拾い再び空に向け投げるのです。

しかし同じことを何度繰り返しても、期待というブーメランが完全に手元を離れ遠くへ飛んで行くことはないでしょう。

期待すると、必ずと言っていいほど期待外れに終わるものです。

そして期待すればするほど、まず間違いなく裏目に出ます。

さらにそれに気づかなければ、いつまでもブーメランを投げ続けることになるでしょう。

 

友達や家族を頼ろう。一人の時間を作らなければ怖さが半減する

恋人との別れが怖いと周りに目を向ける余裕はないかもしれませんが、そんな時こそ友達や家族を頼ってしまいましょう。

一人の時間を作らないようにすれば、別れる怖さは半減します。

楽しいことだけに気持ちを向けたり、何をすれば幸せに感じるかを確認しておいてください。

幸せに感じることは何でしょうか?

・ペットとたわむれること

・期間限定のスイーツを食べること

・好きなスポーツをやること

・友達とたわいもないおしゃべりをすること

・一緒に遊んだりフルコースディナーをいただくこと

・高級ホテルでホカンスを楽しむこと

ソロ活でも楽しめそうなら、ぜひ一人の時間を作ってください。

他人に気兼ねなく一人を楽しんでいるうちに「なぜ別れることなど考えてしまったんだろう?」と疑問に思うことでしょう。

別れることに意識を占領されないようにしてください。

怖くなることを考えるその思考そのものが超NGなのあって、お化け屋敷が怖いくせにあえてそこに足を踏み入れるようなものです。

お化け屋敷が怖いなら、近づかないことです。

もしくは一緒に入ってくれる友達を探すべきでしょう。

 

恋愛以外をおろそかにすると、人生そのものもうまくいかない

別れが怖いからと恋愛以外のことをおろそかにしてはいけません。

恋愛のみに意識を集中すると、恋愛関係はもちろん人生そのものもうまくいかなくなってしまいます。

「恋多き女」や「恋愛体質」という言葉があるように、この世には恋愛無くしてはいられないタイプも多く存在します。

しかし一歩間違えると、恋愛依存症になりがちです。

恋愛依存症とは、恋愛ばかりに意識を向けるために生活をおろそかにしてしまう人のことを言います。

相手のことを大事に思うあまり何もかも相手を優先したり、自分に不都合なことがあっても相手から嫌われるのが怖くてつい我慢してしまいます。

また心の中は「見捨てられるのではないか」「私のことだけをもっと見て!」という思いでいっぱいです。

つまり言動のほとんど全てが、不安が動機となっているのです。

恋愛に強く依存している人は、心の中にくすぶり続ける不安をいつも抱えています。

そのため少しでもその不安を解消しようとしてつい相手を追ってしまうのですが、これがさらに不安を煽る要素となるのです。

追われた方は必ず逃げます。

逃げられたと感じるやいなや猛烈に焦って、また必死で相手を追うしかなくなるのです。

この繰り返しは、不毛な関係をさらに助長します。

「こんなに好きなのに!」

「何で〇〇してくれないの?」

相手に対しこのような不満が出てきたら、間違いなく恋愛依存体質です。

自分の思い通りに相手を変えようとしても、恋愛がうまくいくことはありません。

むしろ相手はどんどん離れていくことでしょう。

それでも追うのをやめられないのが、恋愛依存症なのです。

恋愛依存症の人の過去をひも解くと、その多くが親から愛情をしっかり受けていないことがわかっています。

親からの愛をもらえなかった孤独な幼少期を埋めようとして、恋愛にどっぷりと依存するのです。

一時的に不安や寂しさを埋めることはできるかもしれません。

しかしそれは単に過去の傷が癒されるような錯覚を起こしているだけで、心から満たされることはないのです。

 

別れが怖いと考えすぎてしまうことで起こるデメリット

別れることばかり考えるので、今を楽しもうとしない

別れが怖いとそのことばかりに意識を向けてしまうため、今を楽しむことができません。

今を楽しめないということは、過去や未来に生きているということです。

過去や未来は、今ここに起きている現実ではありません。

別れることばかりを考えていると、無駄なエネルギーをそこに費やすことになるのです。

今、使うべきエネルギーが消費され無くなってしまうと、まず集中力が無くなります。

そうなると仕事やプライベートにおいて、アクシデント連発でしょう。

めんどうな問題が多発することもあれば、どこかに頭をぶつけたり転んだりなどケガが絶えないことも出てきます。

このような状況は「今ここに意識が無い」というサインです。

そしてこれは自らが引き寄せたものなのです。

一方で今に意識がある人は「自分は今この時にしか存在していない」と考えます。

過去や未来のことを考えすぎることがないのは、今ここに過去も未来も存在しないからです。

「別れることが怖い」というのも、未来に縛られた結果の幻想です。

起こりもしないことを恐れるということは、今使うべきエネルギーをマックスで無駄にしていることなのです。

これ以上のデメリットはありません。

 

別れを避けようとするあまり、周りの異性をすべて敵対視する

別れを避けようとするあまり、周りの異性をすべて敵対視するのは賢い行動とは言えません。

物事を一緒くたに考えてしまうと混乱を招くばかりですから、これはこれ、あれはあれというようにきちんと線引きするべきです。

中には異性というだけで偏見を持つ人もいますが、これは怖いことから身を守るための防衛本能が過剰に働いているサインです。

危険を察知し身を守る防衛本能は、あってしかるべきです。

しかし過剰な防衛本能は、幸せを棒に振るようなものです。

思い描いていた恋愛関係も幸せも、手に入れることができません。

過剰な防衛本能は、HSP(ハイリーセンシティブパーソン)が影響している場合があります。

HSPとは、生まれつき繊細で感受性が強い人のことを言います。

人一倍ストレスや精神的疲労を感じやすいのが特徴で、5人に1人はHSPと言われています。

恋愛ばかりでなく多方面において不安を感じやすいため、恋愛関係も問題を抱えることが多いです。

人を好きになって付き合うことになっても、すぐに一抹の不安を感じてしまうのです。

何も問題のないようなささいなことであっても、HSPの気質の人にとっては大問題なのです。

もし「HSPかもしれない」と不安になるかもしれませんが、個性の一つと見てください。

「繊細だけど、まぁいいいか」と自分の個性として受け入れ、気に留めないようにしましょう。

繊細さに焦点を当ててしまうとさらに繊細なところが強化されてしまいますから、別れを怖がる自分を受け入れることが重要です。

そして自分の繊細さが、恐怖から身を守っているのだと信じてください。

 

恋愛感情がないのに付き合ったところで、時間が無駄になるだけ

別れが怖いからと恋愛感情がないのに付き合っていませんか?

付き合いが長くなればなるほど、別れるのがめんどうになるものです。

しかし大事な時間を無駄にしていることに気づく必要があります。

無駄に過ごした時間を取り戻すことはできません。

また充実した時間を過ごせていないと、あっという間に時は過ぎ去ってしまいます。

今よりもっと建設的で実りある人生にしたいなら、それを望むべきです。

ただし望んだだけでは、望んだ通りの未来はやってきません。

自ら行動に移すことが重要です。

恋愛感情がないのに付き合うというこのも、行動に移していないのと同じことです。

相手にときめくこともないし、むしろ一緒にいて苦痛なことが多いなら別れた方がいいです。

相手に問題があって別れ話をしにくい状況なら、タイミングをうかがいましょう。

そして勇気を振り絞って「少しの間、離れたい」と告げてください。

「別れる」というよりも、抵抗なく伝えられれるはずです。

相手に未練があれば、抵抗されるかもしれません。

しかしもうとっくに愛情がないのに関係を続ける意味はないし、それどころかこのまま付き合っていてもお互いのためにならないのは明白です。

別れがどんなに怖くても、よくよく考えてみた時「やっぱり自分だけの大事な時間を無駄にしたくない」とわかったなら、遅かれ早かれ別れを選ぶことになるでしょう。

 

怖いのが理由で別れられないと、納得いかないまま結婚し後悔することになる

別れるのが怖いだけで、納得いかないまま結婚に持ち込むことだけはやめておいた方が良さそうです。

「きっとあとで何とかなる」と思うのは大きな誤解です。

おそらく結婚後、猛烈に後悔することになるでしょう。

何ごとも経験なのですが、わかっていながらあえて苦労を味わおうとするのは考えものです。

幸せになるためには、物事の見極めが重要です。

あらゆる選択肢がやってくるそのたびごとにどうすればベストか、どう考えれば自分にとってメリットがあるのかを考えてください。

そして自分にとって1番良い選択肢を選ぶようにします。

後でそれが間違っていたとわかっても、最終的には自分で選んだこと。

わかった時点で修正すればいいだけの話です。

結婚についても別れが怖いのが動機の場合「結婚すれば何とかなる」と思いがちです。

最初はうまくいくのです。

しかしいずれ問題が起きるのは確実です。

なぜなら今度は「離婚を迫られるのではないか?」という不安に襲われるからです。

恋人関係にある2人が別れるよりも離婚はもっと大変です。

以前よりもさらに頭を悩ませることになったり「こんなはずじゃなかった」と後悔することになるのです。

 

仕返しが怖くて別れられない?スムーズに別れる方法

相手の仕返しが怖いなら、まずは会う頻度を減らすこと

相手の仕返しが怖くて別れられない時、もし頻繁に会っているようならこれからは会う頻度を減らしてみてください。

同棲しているなら、怪しまれない程度に家を空ける日を増やすのです。

こうしていくうちに、相手のマイナスのエネルギーの影響を減らしていくことができます。

また相手からDVを受けるようなら、絶対に別れるべきです。

暴言などのモラハラも「付き合う価値がない相手」と考えてください。

すべては自分の行動にかかっています。

イヤなことでも受け入れてしまうから、相手が図に乗るのです。

毅然としてください。

そして「すっぱり別れる!と決断することが重要です。

一度決めたら迷わず遂行することが、次なる幸せへの入り口なのですから。

 

連絡する頻度を減らせば、相手は自動的に別れを予感してくれる

相手からの仕返しが怖くて別れることを躊躇しているなら、やってみるべきは連絡する頻度を減らすことです。

それだけで、相手は自動的に別れを予感してくれます。

このように自分から「別れる」と恐怖の告知をしなくても、相手に悟ってもらうのがどんな方法よりも簡単に別れられるコツなのです。

しかし完全に連絡を絶つのはちょっと難しいと考えてしまうと、元どおりにズルズルと連絡を撮り続けてしまいがち。

ここでポイントを紹介します。

・相手から連絡がきたら、すぐには返信しないこと

・「毎回返信する必要はない」と考える

・こちらからの連絡は一気に減らすのではなく、徐々に減らす

・数日間、連絡を減らしたら、今度はさらに期間を伸ばす

・連絡を気にしないように、自分を忙しくさせる

これらのことを頭に叩き込んでおきましょう。

大事なのは「別れる!」と自分の心に固く誓っておくことです。

 

別れ話に際し、頼れる友人や知人など第三者に付き添ってもらうこと

別れ話へと進みそうなら、頼れる友人や知人などの第三者に付き添ってもらってください。

間に人を入れることで、驚くほどスムーズな別れを可能にしてくれます。

その場はあきらめて別れを承諾してくれるはずですが、相手が粘着質な性格の場合ストーカーのような態度を見せてくることがあります。

このような時も我慢せず、第三者に相談してください。

「自分の責任だから」と、1人で抱え込まないようにすることが重要です。

ストーカーは相手によって態度を変えます。

相手にちょっと詰め寄れば落とせそうだからストーカー行為をしてくるのであって、毅然と強い態度を見せれば近寄ってきません。

どうしても困ってしまうようなら、ヘルプを頼む相手は男性にしてください。

男性が後ろ盾と知れば、すぐにあきらめてくれます。

今後のことですが、再びストーカー気質の男性を選んでしまう可能性が少なからずあります。

そうなりたくないなら、そういう相手を選んでしまう自分を変えてください。

そのためには、今までの人物像とは違うパターンの人を選べば完全に解決します。

 

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「別れが怖いのはみんな一緒!いつか別れるなら今この瞬間を楽しもう」

 

占い師 姫乃

別れが怖いのは、実はみんな一緒なのよ。

いつかは別れるかもしれないし、別れないかもしれない。

どちらになるかは、自分ではコントロールできない領域なのね。

心配するのが得意だから、先のことを考えすぎてしまうのよね。

でも心配しすぎはメンタルやられちゃう原因になるから、できるだけ考えずリラックスすることが大事。

この地球に生まれてきた人は例外なく、いつかは生まれてくる前の場所に帰る。

そう思えば別れも怖くないし、この瞬間をとことん楽しめるはず!

あと「別れたらもっと素敵なことが待ってる」と信じることも大切よ。

 

生まれた日から、あなたの本質をズバリ読み解く「365日の大人の誕生日占い」


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

今から紹介する「大人の誕生日占い」は凄まじい的中率にネットやメディアも話題騒然、普通の誕生日占いとはワケが違う話題の占いっです。

大人の誕生日占い」は最大2000文字にも及ぶボリュームの精密なメール診断です。

実力派鑑定士により、あなたの運命や才能、恋愛傾向、魅力、天職、婚期、運命のお相手、今度の運気などを徹底解明致します。

それに加えて大人ならではの複雑な恋愛や人間県警の悩みを解決に導き、願望成就へ向けて全力でサポート致します。

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「堀之内姫乃」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事