復縁の冷却期間がどのくらい必要なのか、それとも冷却期間を空けない方が良いのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

こちらでは、別れた後の時間の経過と共に起こる「男性心理と女性心理の変化の違い」を別れて一週間後・一ヶ月後・三ヶ月後・半年後と、時間ごとに分けて紹介します。

お互いにどう思っているのか、おおよその気持ちの変化が分かれば、自分にはそのくらい冷却期間が必要なのか、判断をする材料になるのではないでしょうか。

ぜひ自分のケースに当てはめて、参考にしてみてくださいね。

復縁の冷却期間ごとの男性心理と女性心理

別れた後にすぐ復縁を申し込むよりも、お互いに連絡を取らない期間を作ってから、復縁を申し込んだ方が成功率は上がります。

何故なら、別れる原因はお互いに問題がある場合が殆どで、上手く行っているカップルが別れることはまずあり得ないからです。

「君のためを思うと別れた方が良いと思うんだ」、「あなたは素敵な人だから私なんかよりももっと良い人が……」、なんて別れを切り出されたとしても、それはあなたに問題があって別れを切り出された可能性が高いでしょう。

あなたに何か問題があって別れた場合、パートナーに対して不満があって別れを切り出した場合、どちらの場合でもパートナーはあなたのことを良く思っていないはずです。

それなのに、別れた直後にやり直したいなんて言われたら、不満があって別れたのに気付いてくれないと相手が不快に感じたり、そっちから別れたいと言ってきたのに勝手すぎると思われたりすることも。

そのため、別れた直後に復縁を申し込むのではなく、お互いが気持ちの整理をするための冷却期間を設けた方が、復縁成功率が上がるのです。

冷却期間を設けるときは、最大で半年間が良いと言われていて、それ以上は復縁できる可能性が低くなってしまいます。

自分にはどのくらい冷却期間が必要なのか、冷却期間1週間後・1か月後・3か月後・半年後の女性男性心理をまとめて紹介していますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

冷却期間1週間後の男性心理

冷却期間を1週間取った後、女性が想像しているよりも、男性の気持ちに変化は見られないでしょう。

女性は寂しかったり不満があったりすると、ついつい別れを口に出してしまうことがありますが、男性から別れを告げるときは、何か別れに繋がる明確な理由がある場合が殆どです。

そのため、一度決意した事を簡単に変えることはあまりなく、1週間経過しただけでは、別れた直後と状況があまり変わらないでしょう。

3週間以内に起こった出来事であればハッキリと記憶している人が多く、1週間くらいはあっという間に過ぎてしまいます。

したがって、1週間程度の冷却期間ではお互いにまだ冷静ではない状態で、相手が復縁したいと思っていることは殆どないと思って下さい。

また、普段怒らない人から別れを切りだされた場合は、1週間ではまだまだ怒りが収まらず、火に油を注ぐ状態になりかねません。

相手から別れを告げられた場合、相手はまだ怒っている可能性が高いので、連絡を控えるのが無難でしょう。

別れるときに相手が怒っていたかどうかも、冷却期間をどのくらい設けるか決めるときに大切なポイントです。

相手が怒っている度合いが高ければ高いほど、冷却期間は長めに取るべきで、短すぎる冷却期間はむしろ取らない方が良いといえます。

しかし、自分から別れを告げてしまった場合は、相手は落ち込んでいる頃なので、彼が変わっていなくても良いから復縁したいと思うのあれば、連絡しても良いかも知れません。

相手に反省を望んでいない場合、そして自分から相手を振ってしまった場合に、有効な冷却期間が1週間です。

冷却期間1週間後の女性心理

男性と違って、女性の場合は別れてから寂しいと感じるまでの期間が、男性よりも断然に早い傾向があります。

一人で楽しむよりも、楽しみを共有したいと考える女性が多く、気兼ねなく話せるパートナーがいるかいないかで、モチベーションが変わる女性も多くいるのです。

そのため、元彼女からフラれた場合であっても、別れてから1週間後に連絡を取ってみると、案外上手く行く可能性があるのです。

特に寂しがりやの女性の場合は、1週間も経てば彼氏がいない状態が辛くなる人や、中にはすぐに別れたことを後悔し始める人もいます。

逆に、女性は一旦気持ちを切り替えると、感情の移り変わりが早いもので、他の男性に気持ちが移ってしまうと復縁は難しくなります。

女性は結婚や出産など年齢を気にする機会が多いため、その恋に脈がないと分かると、新しい恋を探そうとする人もが多いでしょう。

早く事を進める意識を持って、行動に移さなければ、復縁を望んだ時には手遅れなんて事態に陥りかねないのです。

元彼女と冷却期間を設けるときに気を付けたいのは、時間を取り過ぎないこと。

女性が彼氏と別れを決断するときは、性格の不一致や寂しい事が理由だったりします。

寂しくさせてしまったことや、喧嘩したときに彼女が言っていた事に対して謝れば、もう一回だけ付き合ってくれるかも知れないのです。

男性の多くは用事があるときに連絡をしますが、女性の場合は特に用事がなくても連絡をする事が多いもの。

そのため、元彼からいきなり連絡が来ても、マイナスの印象を持つ女性はそこまでいません。

彼女と別れて冷却期間を取るのであれば、1週間後に一度連絡をしてみるのもアリでしょう。

冷却期間1ヶ月後の男性心理

冷却期間が1か月に差し掛かる頃には、怒りや不満だらけだった元彼の気持ちが変化し始めることでしょう。

別れた直後は、付き合っていた時に出来なかった遊びや、趣味に時間を費やしていた人でも、1か月経てば一人の時間が寂しくなる頃です。

元彼が、彼女の出来るスパンが比較的早めならば、1か月経った頃に連絡を取るのをお勧めします。

1か月間の冷却期間は、彼女が出来る頻度が早い人には有効な冷却期間ですが、一途な男性だと早めの連絡は逆効果になることも。

一途な男性の場合、あなたとの恋愛を引きずっていて、喧嘩したり別れたりするなら、恋人は暫く要らないと思っている可能性があります。

また、喧嘩別れした場合は、一か月経っても怒りが収まらず、根に持っている可能性が十分にあるでしょう。

そのため、冷却期間を取るときは、元彼がどのくらいの期間で、彼女が変わっているのかも参考にしたいポイントです。

また、女性が外見で異性を好きになる人が多いように、男性も異性を好きになるときは外見を重視することが多くあります。

したがって、元彼が他の女性を好きになる可能性を考えて、元彼好みの女性が周囲にいないか、元彼の友人関係に気を配っておく必要があるでしょう。

気の多い元彼なら、尚更、復縁を申し込むタイミングは、少し早めの方が良いかも知れません。

冷却期間を1か月置いた方が良い男性のタイプは、彼女が出来るスパンが早く、気の多い人です。

もし、1か月後に元彼と連絡を取った際、向こうに新しい彼女が出来てしまっている場合は、元彼が新しい彼女と別れるのを待ってから、再度連絡を取るのも良いかも知れません。

冷却期間1か月後の女性心理

冷却期間が1か月も経てば、女性の多くは、付き合っていた時の自分の行動を反省し始める頃。

元彼女が反省するだけで良いのか、それとも反省して直して欲しいところがあるのかで、設けるべき冷却期間が異なるでしょう。

ヒステリックな性格を直して欲しい、仕事だけでなくもう少し自分の事を気にして欲しい等々、元彼女に直してもらいたいところがある場合は、冷却期間が1か月では足りないかも知れません。

何故ならば、1か月という期間は自分を省みるには十分な期間ですが、自分の性格や行動を直すには、まだまだ時間が足りていないからです。

ようやく自分の欠点を意識しだした頃に、復縁を申し込まれれば、その後に自分の欠点を直そうという意識がどうしても低下してしまうもの。

元彼女との将来も考えているのであれば、もう少し冷却期間を空けた方が良いといえます。

ただし、元彼女が心移りのしやすい人の場合、別れてから直ぐに彼氏を作ってしまう可能性があります。

その場合は、元彼女の良い相談相手でいることを心がけ、彼女が彼氏と別れた時に、ずっと好きだった旨を伝えてみて下さい。

女性は可愛いや綺麗、好きなどのストレートな表現に弱いので、復縁を申し込む時はストレートに気持ちを伝えましょう。

ストレートに気持ちを伝えることで、あなたが彼女のことを本気で好きだと伝えられ、彼女の気持ちが少しでも貴方に傾くはずです。

冷却期間3ヶ月後男性心理

冷却期間が3か月経つと、別れた事を後悔したり、自分の悪いところを反省したりする男性が多くいます。

それは、別れてから1か月・2か月・3か月と、時間の経過とともに、男性心理が変化するため。

別れた後の1か月は自分の時間を楽しみますが、大抵は2か月目になると一人でいるのが寂しくなり、更に3か月目に入るとあなたの事をふとした瞬間に思い出す事があるからです。

あなたの事を思い出す度に、彼は自分も悪かったかもと、自分の行動や発言を振り返り、反省することが出来ます。

もちろん、お互いに良好な関係を築くためには、元彼が反省するだけでなく、あなたも反省する必要があります。

お互いが反省し、同じ事を繰り返さないよう努力し始めるために、必要な期間が3か月ということです。

ただし、これはあくまでもお互いに悪いところがあって別れた場合なので、あなたの方に非がある場合は、3か月では心の整理がつかないかも知れません。

そのため、お互いに欠点があって、復縁できる可能性が少しでもありそうなら3か月間の冷却期間を、逆にあなたが彼に申し訳ないと思うことをして、別れたならばそれ以上の冷却期間を取るのが賢明です。

冷却期間3か月後の女性心理

別れたときに、彼女は寂しいと言っていたり、あなたの嫌な部分を具体的に言っていたりはしませんでしたか。

もし、上記のような事を言われてフラれてしまったのなら、3か月後にポイントさえ押さえておけば復縁できる可能性はあります。

連絡がない期間が3か月続いた場合、多くの女性はもう自分との事は、とうに吹っ切れたのだろうなと思っているはずです。

そして、付き合っていた頃を思い出し、引き際があっさりとしている事に、モヤモヤとしていることでしょう。

しかし、そこであなたから真剣に思いを伝えられたら、きちんと反省してくれたのだと、好印象を受けるはず。

もしも、相手に好きな人や彼氏が出来ている場合は、待っているとだけ伝えて、彼女の気持ちが再び向くまで待っていましょう。

彼女が戻って戻ってきてくれるようなら暖かく向かい入れ、連絡が来ないようなら、諦めて新しい恋を探すのも大事です。

あなたにとっても、彼女にとっても、お互いに反省して欠点を直すための時間を取りたいなら、3か月の期間を置くことを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

冷却期間半年後の男性心理

冷却期間は半年がベストと言われていますが、これは年代によってベストな冷却期間は違います。

10代20代前半のうちは冷却期間を取るなら短めの方が良く、20代後半からは冷却期間を取るなら3か月~6か月は置いた方が良いでしょう。

若ければ若いほどライトなお付き合いが多く、恋人が変わるスパンも比較的に早いと言えます。

しかし、年を重ねれば重ねるほど、恋愛に対して慎重になっていくものです。

特に、男性は女性よりも結婚には慎重、そのため20代後半になると、次の恋愛は長く付き合えそうな人を選ぼうとします。

若い頃は意識せずに好きだと思う人と付き合えた人でも、年を重ねると好きだという感情以外にも、色々な事を天秤にかけたりするのです。

そのため、彼が結婚を意識するような年代の人であるならば、あなたに悪い印象を持っている間は、復縁を申し込むのは止めた方が良いでしょう。

半年経つと、よほどの事でなければ、彼の中で、別れた直後よりもあなたの印象は良くなっているはず。

しかし、もし彼と復縁出来なそうな場合は、半年以上冷却期間を置くことは止めた方が良いでしょう。

冷却期間がそれ以上空くと、残念ながら復縁できる確率はかなり低くなります。

冷却期間半年後の女性心理

元彼女に半年後も彼氏がいない場合は、復縁できる可能性が高いといえます。

彼女が新たな恋に巡り合うチャンスがなかったか、あなたに未練があるかのどちらかである可能性があるからです。

もし、出会うチャンスがなかったとしたら、あなたからの連絡で、彼女も期待しているかもしれません。

女性は彼氏にときめきや安心感を求めているので、突然連絡を取ってきてくれた事に、ドキドキしたりわくわくしたりすることでしょう。

半年という冷却期間を取ったおかげで、彼女の中ではあなたから再アタックされるとは、予想もしていないはずです。

半年間自分の時間を作れたことで、彼女も心に余裕が出来たはずなので、冷却期間を半年空けるのも有効な方法。

しかし、元彼女が20代後半以降なら、半年も時間を空けてしまうのは、リスクが大きいかも知れません。

次の男性を探していたり、もしくは付き合っている人がいたりするなら、当然結婚を意識していることでしょう。

そうなれば、復縁できるかも知れない方法は、あなたが彼女にプロポーズすることで、ただ付き合うことだけを申し込むのなら復縁が難しいといえます。

占い師 堀之内姫乃のワンポイントアドバイス「復縁の冷却期間を上手く利用すること」

占い師 姫乃

ここまで復縁するために効果的な冷却期間を紹介してきたけれど、結局最後は気持ちをストレートにぶつけることが大切よ。

日本人は、特に恋愛に関して奥手な人が多いから、恋愛面では損をしがちなの。

相手と復縁したいと思うなら、自分の気持ちがしっかりと伝わるように、相手に伝えなくちゃダメ。

男の人はツンデレが好きだという声も聞くけど、それはあくまで2次元の話で、現実の女性がやると引かれてしまう原因になるものよ。

「悪いことをしたらごめん」、「好きなところは好き」、と言ってくれる女性や男性の方が、好感を持てるに決まっているわ。

あなただって、好きな人には愛しているって言って欲しいわよね、それと同じで相手だってストレートに言ってくれた方がグッと来るものよ。

でも、復縁するのは簡単な事ではないから、冷却期間をおいても復縁できない事もあるかも知れないけれど、それでも何もしないよりは、ずっと心が軽くなるはず。

自分の思っていることは伝えて、あの時行動してれば良かったと、後悔することのないようにするのよ。

今回紹介した冷却期間の取り方を参考にして、復縁出来るように頑張ってみてね。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪
占いアプリuraraca(うららか)
復縁占いプリンセスおすすめのNO1占いアプリuraraca(うららか)♪

復縁成就の可能性や今の彼の気持ち、連絡が来るか来ないかなど、復縁したい女性の悩みにプロの占い師の先生がアドバイスします!

こちらを試して頂ければ、「彼とはもう戻る事ができないんじゃ…」が、「これなら私も復縁できるかも!」と前向きにな気持ちになれるはずです☆彡

面倒な会員登録不要なので今すぐ占いアプリuraraca(うららか)をお試しくださいね♪

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事